ヘッドライン

P「最近寒くなってきたなー、やよいー、おいでー」やよい「はーい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:39:27.74 ID:MR3Q6KpY0
ぎゅー

P「ふー、温い温い」

やよい「うっうー!プロデューサー、寒い中お疲れ様ですー」

春香「ぷ、プロデューサー!?何を!?」

雪歩「はわわ///」

真「」←思考停止

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:40:17.22 ID:MR3Q6KpY0
P「いや、やよいに暖めてもらってるんだけど?」

春香「何当たり前のような顔して言ってるんですか!」

雪歩「そ、そうですよぅ」

真「はっ、プロデューサー!なんでやよいなんですか!?」

春香「いや、そのツッコミもどうかと思うよ」

P「いやー、やよい温かいし、なんか、なんていうんだろうなぁ、女の子独特の柔らかさがあるというか」

やよい「えへへ、私もプロデューサーさんにぎゅってされると落着きますー」

P「はっはっは、やよいはかわいいなぁ!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:41:35.34 ID:MR3Q6KpY0
真「抱き心地ならボクも」

P「あー、いや、安心してくれ、俺は嫌がる女の子を無理矢理、なんてことはしないから」

真「いや、違くt」

P「それに、ただ抱きしめさせてもらってるわけじゃないぞ」

P「代わりといっちゃあなんだが時間がある日はやよいの家にお邪魔して料理なんかも手伝わせてもらってる」

P「ギブ&テイクだな」

やよい「弟たちもすっかりプロデューサーに懐いちゃってますよー」

真「」

雪歩(真ちゃんの自爆っぷりが見るに堪えないよぅ)オロオロ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:42:44.28 ID:MR3Q6KpY0
春香「プロデューサーの言いたい事は分かりました」

春香「しかし、私たちもアイドルですので、これ以上そういったことを続けるのなら」

P「?」

春香「社長と律子さんに報告します」

P「マズイ!それはまずいぞ春香ぁ!」

雪歩「やよいちゃんを抱きしめながら言っても全然説得力が……」

春香「マズイって自覚はあったんですか?」

P「当たり前だ!俺はプロだぞ!!」

春香(えぇー……)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:44:21.89 ID:MR3Q6KpY0
P「いやぁ、ホントに、どうにかなりませんかね、春香さん」

春香「条件が一つあります…」

P「へぃ、なんでございましょう」

春香「あの、その、私も同じように…///」ゴニョゴニョ

雪歩(やっぱり恥ずかしいんだ)

真「はっ!そうですよプロデューサー!同じアイドルとして、僕たちも同じように」

ガチャ

響「はいさーい!今戻ったぞー!」

美希「ただいまなのー」

P「おお、お帰り」

やよい「おかえりなさいですー」

雪歩(何事も無かったかのように!)

P(春香、この話はまた後でな)

春香(むー)

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:46:04.48 ID:MR3Q6KpY0
~~~

P「それじゃあミーティングも終わったし今日はこんなもんで解散だな、お疲れ様」

美希「お疲れ様なのー、ハニー、また明日ねー♪」

P「おう、気をつけて帰れよー」

ワイワイガヤガヤ

P「さて、皆も帰った訳だが…」

春香「さっきの話の続きです!」

P「わかってるよ」

春香「その、私も、同じように……抱いてみてください///」

P「……」

春香「ちょ、ちょっとー!何で黙るんですかー!?」

P「いや、言い方に解釈の齟齬が生まれそうな感じが」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:47:03.00 ID:MR3Q6KpY0
P(黙って俯いてしまった…)

P(物陰から覗いてる雪歩の「うわぁ……」って感じの視線が突き刺さるようだ)

P「春香ー、悪かったって」

春香「そう思ってるならはやくしてください」

P「はいはい」

ぎゅー

春香(ふわぁ、本当にプロデューサーに抱きしめられてると落着くなぁ)

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:47:52.74 ID:MR3Q6KpY0
<真ちゃん!まだダメだって!
<いいやッ限界だッ!行くねッ!

真「プロデューサー!」

春香「わっ!ビックリした!」

P(気づいてなかったのか)

真「やよいや春香だけそういうことをしてもらうのは不公平です!ボクにもして下さい!」

P「真!?」

雪歩「あ、あの、じゃあ私も……」

P「雪歩まで!?」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:49:16.17 ID:MR3Q6KpY0
雪歩「あ、あの、私は男性恐怖症の克服のため……その…私、プロデューサーなら、きっと大丈夫です///」

真「ぼ、ボクは、えーっと、そのー、とにかくよろしくお願いします」

P「そんなこと言われてもだな……」

雪歩・真 ジー

P「そんな目で俺を見ないでくれ、分かったよ、ほら、春香、離れて」

春香「あうぅ…」

春香(名残惜しい……)

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:50:59.42 ID:MR3Q6KpY0
P「じゃあ雪歩からでいいか?」

真「えー」

雪歩「ゴメンね、真ちゃん、これは譲れないよ」

P「じゃあ行くぞ、辛かったら言ってくれ」

雪歩「はい」

ぎゅー

雪歩(はうぅ…私、プロデューサーに……幸せですぅ////)ポワワー

P(やよいには及ばないが雪歩も柔らかさがあっていいなー、それになんか良い匂いがする)

春香(うわー、凄く幸せそう)

真(見てるこっちが恥ずかしいよ…///)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:52:36.28 ID:MR3Q6KpY0
真「プロデューサー!次はボクですよ!ボク!」

雪歩「まことちゃん、もうちょっとだけ」

真「むー!!」

P「落着け真、ほら、雪歩も」

雪歩「はい、分かりましたぁ」

P「大丈夫か?辛くなかった?」

雪歩「はい、大丈夫でした…あのぅ」

P「なんだ?」

雪歩「また時々お願いしてもいいですか?」カァァ

P「おう!いつでも来い!」

真「プロデューサー!」

P「わかってるって、真は意外に甘えん坊だなぁ」

真「そ、そんなことないですよ…///」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:53:29.20 ID:MR3Q6KpY0
真「プロデューサー!はやくはやく!」

P(真はかわいいなぁ)

P「はいよっと」ギュー

真(どうしよう、からかわれたお返しに何かしようと思ったけど緊張でもう何がなにやら)プシュー

雪歩(わわっ、顔が真っ赤)

春香(コレは写メに残したい)

P(真は結構鍛えられてると思ったが、やっぱり女の子だなぁ……これがギャップ萌え)シミジミ

P「っと、どうだった?」

真 ポワー

春香「トランスしてる…」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:54:18.00 ID:MR3Q6KpY0
春香「なんか私、やる気が出てきちゃいましたー!」

雪歩「わ、私も、明日からもっと頑張れそう」

真「ボクも!」

P「それは良かった」

P「じゃああんまり遅くならないうちに帰れよー」

三人「はーい!」

シーン

P「帰ったか……」

P「……ヤクい、こいつはヤクいぜ」

P「うわぁあああああ!!何やってんだ俺はぁぁぁ!!」

P(やよいはまだ中学生だからアレだけど、冷静に考えれば高校生は流石にヤバかったんじゃないかぁぁあああ!?)

P(誰にも見られてないよな……)キョロキョロ

P「帰ろう」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:55:26.65 ID:MR3Q6KpY0
ガチャ
P「うー、寒い寒い」

「プロデューサー!」

P「何奴!!?」バッ

やよい「わたしですよー」

P「やよいか、どうしたんだ?」

やよい「もう!今日はタマゴの特売に付き合ってくれるって言ってたじゃないですかー」

P「あ」

やよい「むー、忘れるなんて酷いですよー!」

P「悪い悪い、ずっと踊り場に居たのか?寒かったろ?」

やよい「はい、ちょっとだけ」エヘヘ

P「ほら、ぎゅー」

やよい「わーい♪」

P(あー、柔い柔い)

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:56:40.17 ID:MR3Q6KpY0
やよい「プロデューサー、あったかいですー」

P「はは、いつもと逆だな」

やよい「ですねー」

やよい「……」

やよい「もう大丈夫ですよー、ありがとうございましたー」

P「もういいのか?」

やよい「はい!じゃあスーパーに行きましょー!」

P「おう!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 16:58:48.49 ID:MR3Q6KpY0
スーパー
やよい「わー!プロデューサー!タマゴありましたー!」トテトテ

P「おお、良かったなぁ」

P(やよいはかわいいなぁ)

やよい「プロデューサーが来てくれたので2パックも買えます!ありがとうございますー!」

P「俺でよかったら、いつでも頼ってくれよ」

やよい「はい!」ニコニコ

店員「お!やよいちゃん、今日もプロデューサーさんと買い物かい?」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:01:49.07 ID:MR3Q6KpY0
やよい「あ、おじさん!」

P「どうも」ペコリ

やよい「プロデューサーがたくさん手伝ってくれるから、助かってるんですー」

店員「はっはっはっ!そうかい!こうして見るとまるで仲良し夫婦みたいだなー!」

やよい「えっ、そ、そうですかー?」

P「ははは…」

店員「よし!じゃあ今日はいい男同士のよしみだ!半額シール二枚おまけしちゃうぞー!」

P「いいんですか?この前来たときもそんなこと言っておまけしてもらったような」

店員「ははは!まぁいいって事よ!やよいちゃんの笑顔が見られるなら安い安い!」

P(やよい、愛されてるなー)

やよい「わーい♪いつもありがとうございまーす♪」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:03:37.04 ID:MR3Q6KpY0
やよい「たくさん買っちゃいましたねー」

P「そうだな、袋一つ持つよ」

やよい「大丈夫ですよー」

P「いやいや、俺が持ちたいんだ、持たせてくれよ」

やよい「そうですかー?じゃあお願いしちゃいますねー」

P「ほいよ」

P「しかし最近は本当に冷え込んできたなー」

やよい「ですねー」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:05:47.87 ID:MR3Q6KpY0
P「手、繋ぐか?その方が暖かいだろ」

やよい「はい!」キュ

やよい「えへへ、プロデューサーの手、暖かいですー」
~~~
高槻家前
P「よし、到着したな」

やよい「あの、いつも本当にありがとうございますー」

P「いいよいいよ、俺も家に帰ったらやることがないんだ、こっちが助かってるくらいだよ」

やよい「晩御飯も一人で食べてるんですよね?」

P「ああ、暗い部屋でテレビをつけながら死んだような目で食べているぞ」

やよい「ちゃんと部屋を明るくしてみないとダメですよー」

P「あはは、気をつけるよ」

やよい「そうだ、良かったら今日もうちで晩御飯食べていってください」

P「いや、俺としては有難いんだが、なんか最近頻繁にお邪魔してるような気がする、大丈夫なのか?」

やよい「はい!お料理の手伝いとか、弟たちのお世話も手伝ってもらってますし、大助かりですー」

P「そうか、じゃあお邪魔しちゃおうかな」

やよい「はい!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:08:44.46 ID:MR3Q6KpY0
P(確かに料理の手伝いとかはしてるんだけど、食費は大丈夫なのか?増えるのが一人の夕食分とはいえこうも頻繁だと少し心配だ)

P(だからこそ『時間のある日』にしか来てなかったんだが……)

やよい「プロデューサー!はやくー!」

P「はいはい」


やよい「ただいまー!」

長介「おかえり、やよい姉ちゃん」

浩太郎「あー、プロデューサーだー!」

かすみ「おかえりなさい」

浩司「プロデューサー!あそぼー!」

P(毎回総出で出迎えてくれるなんて、なんて温かい家庭なんや……)ジーン

やよい「? プロデューサー?どうしたんですか?」

P「いやぁ、家庭っていいなーと思ってなー」シミジミ

長介(プロデューサーも大変なんだなぁ……)

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:10:24.02 ID:MR3Q6KpY0
やよい「じゃあご飯の準備しちゃうので、弟たち見ててもらっていいですかー?」

P「おう、任せとけ!」

浩太郎「遊ぼうぜー!」

浩司「ぜー!」

かすみ「あの、わたしも」

P「よし、今日は何して遊ぼうか」

ワイワイワイワイ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:11:46.58 ID:MR3Q6KpY0
長介「みんなすっかり懐いてるな」

やよい「長介はプロデューサーのこと、どう思う?」

長介「んー、いい人なんじゃないかな、俺は好きだよ、姉ちゃんは?」

やよい「うん、わたしもプロデューサー大好きだ…よ…」カァァ

長介「ふーん」ニヤニヤ

やよい「もう!変な事聞いてないでこうぞうにミルク持っていって!」

長介「先に聞いてきたのそっちじゃん」

やよい「うるさいのー!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:13:49.32 ID:MR3Q6KpY0
やよい「はーい!みんなー!ごはんできたよー!」

浩太郎「わーい」

浩司「はやく食べよー」

かすみ「もー、皆揃ってからだよー」

長介「ゴメンゴメン、こうぞうがグズっちゃって」

やよい「大丈夫だった?」

長介「うん、今は良く寝てるよ」

やよい「そっか、じゃあプロデューサーも席についてくださいねー」

P「はいはい」

みんな「いただきまーす!」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:15:36.30 ID:MR3Q6KpY0
みんな「ごちそうさまでしたー!」

やよい「ほら、ご飯食べたらお風呂入っちゃいな、明日も学校でしょ?」

長介「わかったよ」

浩太郎「長介兄ちゃん、一緒にはいろー!」

浩司「ぼくもー!」

やよい「さて、後片付けしちゃいますかー」

P「俺も手伝うよ」

やよい「水冷たいですし、いいですよー」

P「冷たいから手伝うんだろ、作業時間は短い方がいい」

かすみ「あっ、じゃあ私も手伝うね」

P「かすみちゃんは偉いなー」ナデナデ

かすみ「えへへ」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:17:46.57 ID:MR3Q6KpY0
P「うわー、こりゃ確かに冷たいな」ジャブジャブ

やよい「大丈夫ですかー?」

P「ああ、やよいはいつもこんなのやってるのか?」

やよい「はい、もう馴れちゃいましたけど」

P(子供っぽくて可愛いところもあるけど、家ではしっかりお姉ちゃんやってるし、家庭的だし、ええ娘や)


P「ふぅ、こんなもんか」

やよい「もう大体終わっちゃいましたのでプロデューサーはあっちで休んでてください」

P「そうか?悪いな」

やよい「かすみも、お風呂空いたら呼ぶから部屋に戻ってていいよー」

かすみ「うん、わかった」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:19:36.66 ID:MR3Q6KpY0
P「休んでてって言われても、こう何もしないで居ると眠くなるな、やっぱ疲れてんのかなー、それとも歳か……」ウトウト

P「まぁ…りょうほうか……むつかしいことはあとで考えよう」ウツラウツラ

P「Zzz」

やよい「うっうー!プロデューサー!洗い物終わりましたー!」

P「zzZ…」

やよい「あれー寝てますー」

やよい「……」キョロキョロ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:20:40.20 ID:MR3Q6KpY0
P「ぅん……」

P(ん?なんだこの後頭部の柔らかな感触…)

やよい「あ、プロデューサー?起きましたかー?」

P「……」

P(テーブルに突っ伏してた筈なのにやよいの声が真上から聞こえる)

P(そしてわずかに目の奥を刺激する電気の光……が、遮られたりまた入ってきたり…)

P(まさかこれは…HI☆ZA☆MA☆KU☆RA?あの伝説の……?)

P(……もう少し楽しもう)

P「Zzz」

やよい「まだ起きてなかった、よかったですー」ホッ

P(良かった……?)

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:26:36.56 ID:MR3Q6KpY0
やよい「プロデューサーさん、わたし、今日は一つごめんなさいしないといけないことがあるんです……」

P(……? なんだろう、思い当たる節がない)

やよい「今日、プロデューサーが事務所から出てくる前に…その、春香さんたちを、ギュってしてたところ…見ちゃって……」

P()

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:29:00.36 ID:MR3Q6KpY0
P(こいつはヤクいぜ……)

やよい「それで……その後、ギュってしてもらったときに、女の子の良い匂いがして……」

やよい「いい匂いなのに……なんだかちょっといやな気分になっちゃって……」グスッ

P(えっ、これ泣いてる?や、ば、い、泣いてるぅうううっうえっうえっ)

P(しかもかなり堪えてる感じの泣き方ぁぁああ!こんなとき如何すればいいのよ!教えて神様!)

やよい「変ですよね…わたし、イヤな子ですよね…」グスン

P(大丈夫だよぉおお!起きて今すぐ抱きしめてやりたいよぉおお!!でも起きれないィ!起きられるわけがないいいいい!!)

やよい「でも、気付いたんです……これが人を好きになるってことなんだなぁって……」グスッ

P(え?何言ってんのこの娘?ダレガダレヲスキダッテ…?ダメだ…視界が真っ暗…目ぇ閉じてるから当たり前か)

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:34:38.38 ID:MR3Q6KpY0
やよい「そんなことがあってちょっと悔しい気持ちになったので今日は大好きなプロデューサーさんにちょっといたずらしちゃおうと思ってます」

P(ん?なんか気配が近づいてきてるような?いかんいかん、いかんよー、やよいちゃーん!)

P(うわぁぁ!!吐息が!吐息がかかってるよーい!マズイマズイ!)

P(ンーンンーンンンンンンーンーンンーンンーンーンー)テーンケテーンケテケテケテーン テーンケテーンケテーテーテー

チュッ

P(ラヴィッ(゚∀゚)!!)

やよい「えへへ、ちゅー、しちゃいました」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:37:51.29 ID:MR3Q6KpY0
P(そんな甘栗剥いちゃいましたみたいに言われてもさぁぁあああああ!!つーかなんで俺こんなにテンパッてんのぉおおおお!!!?相手はまだjcだから!!華の女子中学生ですからぁぁああああ!!)

やよい「ずるいですよね、こんなの……でもいつかは……」

P(いかん、これ以上は……俺はッ!!起きるっ!!)

P(何事もなかったように……)

P「う、うーん」パチッ

やよい「あっ、プロデューサー!やっと起きましたねー!」

P「あ、あれ?寝ちゃってた?」

やよい「はいー、寝ちゃってましたー!」

P「やよいの膝枕か……どうりで寝心地がいいわけだ」

やよい「えへへ、ちょっと足が痺れちゃいそうかもですー」

P「悪い悪い」

<姉ちゃん!タオルはー!?

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:39:08.09 ID:MR3Q6KpY0
やよい「あっ、出し忘れてた、ちょっと待っててー!!」トテテテ

P「危機は脱したか……いや、そうでもないな」

P「かすみちゃーん、今の皆には内緒なー」

!! だ、だれもいませんよー!>

P「そうか、居ないなら安心だなー」

はーい、安心ですー>

P(やれやれ……)

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:45:45.15 ID:MR3Q6KpY0
P「それじゃあ、お邪魔しましたー」

やよい「また遊びに来てくださいねー!」

長介「また今度ー」

浩太郎「じゃーねー!」

浩司「またねー!」

かすみ「あ、あの、プロデューサーさん……」トテテ

かすみ(お姉ちゃんの事、大切にしてあげてくださいね)ボソッ

P「!」

P「ははは(こやつめ)、わかってるよ」ナデナデ

やよい「かすみー?どうしたのー?」

かすみ「えへへ、ナイショー、ですよね?プロデューサーさん?」

P「ああ、内緒だな」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:48:36.14 ID:MR3Q6KpY0
次の日
春香「あの、プロデューサー!」

P「ん?なんだ?」

春香「あの…その…昨日のあれ、もう一回してくれませんか?///」モジモジ

P「あー、うん、すまんがこれで勘弁してくれ」ナデナデ

春香「え?」

P「まぁ俺も色々思うところがあってだな……」

雪歩「そんなぁ……」

真「抱きつき魔のプロデューサーが…まさか…!」

P「人聞きの悪い事を……じゃあ真にはしてやーらない」

真「あわわっ!嘘!嘘ですよプロデューサー!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:53:57.04 ID:MR3Q6KpY0
P「じゃあ三人とも、気をつけて帰れよー!」

春真雪「はーい!」

P「さて、俺も帰るか…」

ガチャ

P「やよいー?居るかー?」

やよい「あれー?今日は何も約束してなかったのに、何で居るって分かったんですかー?」

P「さぁ、なんでだろうな」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:55:38.22 ID:MR3Q6KpY0
P(これから色々考えなきゃいけないことが出てくるんだろうなー)

P(……まぁ、いいや、今はこのひと時を、大切にしよう)

やよい「うっうー!なんだかプロデューサーと分かり合えてる気がして嬉しいですー!」

P「そうか、しかしまた踊り場で待ってたのか、寒かったろ?」

P「ほら、おいでー」

やよい「はーい」

2人「ぎゅー♪」

おしまい

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:59:34.33 ID:MR3Q6KpY0
おまけ
「と、いうようなことがあってな」

「んー?」

「ちょっ、ちょっと!子供に何言ってるんですかー!」

「はっはっは、まだ赤ちゃんじゃないか」

「もう、それでも恥ずかしいものは恥ずかしいんですー!」

「そっか、恥ずかしいかー、じゃあもうお前の事抱きしめられないなー、本人が恥ずかしがってるんだもんなー」

「えぇ!?べ、別に嫌なわけじゃ……うぅ…いじわる…」

「悪い悪い、ほら、おいで」

「もう、子ども扱いして」

ぎゅー

ほんとにおしまい

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 17:59:50.48 ID:O3FyXR9Q0
お疲れ様
やよいはかわいいなあ!



元スレ: P「最近寒くなってきたなー、やよいー、おいでー」やよい「はーい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350632367/


[ 2018/10/27 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25278-aa37fe79