ヘッドライン

麦野「レ○プに飽きた」絹旗「えっ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389863358/

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:09:18.93 ID:b5PKX5vU0
麦野「はぁ~最近マンネリだわ」

絹旗「どうしたんですか麦野、超溜息ついちゃって」

麦野「浜面とのセックスよ!セックス」

絹旗「セックスというより超レイプじゃないですか」

絹旗「浜面泣いて超嫌がっているんですから」

麦野「あんたに言われたくないわよ、あんただって浜面襲っているじゃない」

絹旗「私のは超和姦ですよ!」


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:11:13.21 ID:b5PKX5vU0
絹旗「滝壺さんにバラされたくなければ大人しくしてくださいってお願いしているだけですよ」

麦野「同じような物よ」

絹旗「愛がありますよ」

麦野「あっ?愛なら私の方あるんだよ!浜面のためなら何でもする覚悟できてんだよ!」

絹旗「私だってもう浜面の遺伝子超貰う覚悟できています!」

麦野「……」

絹旗「……」

麦野「……はぁ」

絹旗「……はぁ」

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:13:40.90 ID:b5PKX5vU0
麦野「問題は浜面がー」

絹旗「肉食じゃないんですよ……」

麦野「だから私が誘惑してやっているのに」

絹旗「誘惑通り越してレイプじゃないですか」

麦野「うっさいわね、まぁ…浜面マグロでマンネリなのよ」

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:14:07.79 ID:b5PKX5vU0
   




絹旗「そうですね…むしろ浜面が超レイプしてくれたらいいんですけど」

麦野「!_?」














5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:14:34.12 ID:b5PKX5vU0

絹旗「どうしました、驚いた鶏みたいな顔して」

麦野「それよ!浜面にレイプしてもらえばいいんだよ」

絹旗「出来るわけないじゃないですか、私のこと超大切にしてくれてるんですから」

麦野「時と場合によるんじゃない?」

絹旗「どういうことですか?」










7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:15:06.84 ID:b5PKX5vU0
麦野「ちこうよれ」

絹旗「なんですか」

麦野「かくかくしかじか」

絹旗「ふむふむ」








8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:15:35.53 ID:b5PKX5vU0
麦野「どう?」

絹旗「いいですね、でも下手したら妊娠しちゃいますよ」

麦野「私はいいけど」

9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:16:04.96 ID:b5PKX5vU0
絹旗「私だっていいですよ」
麦野「じゃあ一週間後実行ね」

絹旗「私は色々と人手を当たります」

麦野「私は交渉するわ」


10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:16:30.82 ID:b5PKX5vU0


~~一週間後~~
浜面「はぁ~休みもらってもやることねぇ~なぁ」


御坂「あんたが浜面ね」

御坂「ちょっとここに来てもらうわ」

浜面「はっ?お前……、ぐっ」

黒子「いっちょ上がりですの」

11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:16:58.79 ID:b5PKX5vU0
浜面「…………」

浜面「んっ……んんっ……」

黒子「目覚めましたの?」

ジャラ

浜面(!?……手錠?)
浜面(それに足にも鎖)

12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:17:25.56 ID:b5PKX5vU0
黒子「猿には相応しい格好ですわね」

浜面「こんな姿にしてどういうつもりだ!」

黒子「あなただけじゃありませんのよ、初春」

初春「はぁ~い」


浜面「!?」

13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:18:43.84 ID:b5PKX5vU0
絹旗 「んごんご」

麦野「……」

浜面「麦野!絹旗」

黒子「あなた方のグループは捕まえさせていだだきました」

初春「えい」げしっ

絹旗「くっ」ドンッ

麦野「ん!」ドサッ

14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:20:42.73 ID:b5PKX5vU0
初春は二人を蹴った後中央の柱に繋がれてる鎖と二人の手錠を交差させる


浜面「麦野…絹旗、俺はともかくなんで絹旗や麦野が……」

黒子「私たちにもレベル5の仲間がいますの」

15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:21:11.19 ID:b5PKX5vU0
黒子「その人にかかればその二人のなど雑魚ですの」

浜面「なんだって……」

浜面(そんなに強いのかよ)

浜面「た、滝壺はどうしたんだ」

黒子「滝壺?ああ……もう一人のお仲間ですか」

黒子「残念ながら捕まえる前に逃げられましたの」

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:22:16.69 ID:b5PKX5vU0
浜面「そ、そうか」

浜面「それでなんで俺ら集めた」

黒子「ふん、私たちのリーダー……レベル5のお母様を殺そうとしたスキルアウト探していまして」

浜面「!?」

黒子「それがあなたですわよね、浜面仕上さん」

浜面「……」

浜面「暗部に落ちたら頼まれたら誰でも殺るからな、悪いと思ってねーけど反省はしている」

17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:22:56.24 ID:b5PKX5vU0
黒子「じゃあやられても文句言いませんわよね」

浜面「ああ……でもこいつらは関係ねぇだろ、離してくれ」

初春「そういう訳にもいかないんですよー」

浜面「あっ?」

初春「その二人は依然私達の仲間を殺そうとしましてね、まぁその復讐を兼ねていますから」

浜面「!?」

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:24:09.25 ID:b5PKX5vU0
浜面「そ、そんな」

黒子「まあ安心されてまし命までは取りませんの」

黒子「ただ私たちに二度と手を出さないように屈辱と制裁を加えないといけませんから」

浜面「な、なにすんだよ」




初春「浜面さん、その二人レイプしてください」



19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:25:17.00 ID:b5PKX5vU0
浜面「…はぁ?」

黒子「そこのお二人をレイプしてくださいそしたら三人とも無傷で返します」

浜面「なっ……そんな事してなんの意味が……」

初春「あなたがその二人の下僕という事は調べています。奴隷に犯されるなんて最大の屈辱ですよね」

浜面「た、確かに俺はこいつらの奴隷だけど……そんな事できるかよ」

黒子「ふぅ~猿かと思ったら種無しでしたの」

20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:25:49.34 ID:b5PKX5vU0
御坂「はいはい~」ガチャ

浜面「なっ!?」

御坂「あんたは早く脱ぎなさいよ、そこのおばさんとやりなさいよ」

御坂「この子がどうなっても知らないわよ」カチャ

フレメア「ん~ん~」

フレメアは麦野達同様テープで口を塞がられていた。

21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:26:17.06 ID:b5PKX5vU0
浜面「フレメア」

フレメア「ん~んんんっ!」

フレメアは恐怖心からか既に目は赤く腫れていた

浜面「くっ……そ」

浜面「わ、わかったよ」

初春「そうですか、頑張ってください」ピッ

22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:27:01.99 ID:b5PKX5vU0
初春はそう言うとリモコンのようなものを触れた

おそらく学園都市の開発した電子手錠なのだろう

黒子「あっテープは取らないでくれます、その女性はお下品で五月蝿いので」

麦野たちはテープに口を塞がれていた


浜面は服を脱ぎ始めたパーカーとTシャツを脱ぎ上半身があらわになる


23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:27:38.40 ID:b5PKX5vU0
その様子を初春はぼっと眺めていた。そのことを御坂は叱る

御坂「初春さん、何しているの撮って」

初春「あっ……はい」

初春はビデオカメラに電源を入れて録画を始める

その時にちょうど浜面の下半身が露出した。

黒子「あらお粗末ですの」

初春「本当ですね」

24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:28:19.14 ID:b5PKX5vU0
浜面は二人の声を聞き、目を尖らせて二人にらめつける

御坂「何?このビデオなら別に公開したりしないから安心して、報復を抑える為だから」

浜面は麦野を近くに寄せた

麦野は黙って浜面を見る。

浜面が麦野のセーターを脱がそうとすると

御坂「こらこら誰が和姦にしろと言ったの?」

初春「レイプしろって言ったんですよ、服破ってください」

浜面「えっ…」

御坂「はやくして 」

25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:28:54.30 ID:b5PKX5vU0
浜面は苦々しく重いながら麦野の胸を触り、そのセーターを破った
すると濃い紫のブラジャーが露出した。

麦野の顔が赤くなる。

御坂「見た目通りの下着ね」

黒子「派手ですの」

浜面は麦野の胸の谷間の接合部の部分を手に掴み
力を込めて引っ張った。
その豊富な胸部が現れ

麦野の顔が羞恥に頂点達した

浜面はその感触を確かめようと右手でその感触を味わった。

麦野「んっ……あっ」

26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:29:22.37 ID:b5PKX5vU0
すると麦野は敏感に感じ始め、浜面の右手の動きと共に
自らも振動し始めた。

その振動に自らの意思とは違い男子の本能として
浜面は親指と人差し指で麦野の乳首自然とをいじり始めた。

麦野「!?」

浜面の不器用な手がより麦野に快感を与えた。

麦野が快感を体に覚え始めた時に
浜面は麦野の下半身に触れる

麦野「……!!」

27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 18:30:09.17 ID:b5PKX5vU0
麦野は内側から感じ始め、もぞもぞと体を動き始めた

浜面はその動く股に自らのシンボル差し込み
腰を動かし始めた。

麦野は痙攣し始めてビクビク体を揺らした。

浜面は快感を体に覚えた

だから麦野を離そうとすると
御坂「ダメよ、浜面さんちゃんと妊娠させなきゃ面白くないでしょ」

43 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:23:08.87 ID:ovGwHWGq0
浜面「なんだって?」

黒子「その粗末な物で性欲を吐き出して下さいまし」

浜面「そ、そんなことできる訳……」

初春「ノリノリでヤってたクセに何言ってるんですかぁ」

御坂「この子がどうなってもいいの?」

御坂はナイフをフレメアの喉に付けた。

フレメアはひんやりとした感覚が理解し、目が黒く重くなった。

44 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:24:07.46 ID:ovGwHWGq0
浜面「クソッ」

再び挿入し、行為を続けた

麦野の豊かな右ももを持ち上げて腰を動き始める

麦野は激しい浜面のシンボルの動きに下半身が熱くなる。

浜面は数を忘れるほど早く動き、溜まっていた欲望を吐き出した。

麦野「…!…!…!!」

浜面「…んっ!んっ!」

45 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:24:35.28 ID:ovGwHWGq0
浜面は麦野の子宮に全て注ぐと

ずぽっと自らのシンボルを取り出した。

そして浜面に精液がドロッと麦野の性器から溢れた。

黒子「はぁ~すごい量ですの」

初春「猿並みですね」

浜面「……これでいいだろ」

焦燥しきった麦野の上で浜面はいう。

46 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:25:30.79 ID:ovGwHWGq0
御坂「まさかもう一人残っているじゃない」

浜面「えっ?」

御坂「そっちの小さい子」

黒子「あなたは少児趣味がおありのようなので良いのでわ?」

と言うとフレメアの頭を撫でた。

浜面「そ、そんなぁ絹旗はまだ子供で……」

御坂「大丈夫よ!中一ぐらいじゃバンバンやれるように女子はできているから」

御坂「安心して犯しなさい」b

47 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:26:36.02 ID:ovGwHWGq0

浜面「……」

浜面は諦めて反対の絹旗の元に来た。

さっきと同じように絹旗の服を破る。

絹旗の服をワンピースなので破くとすぐに下着姿になった。

さっき射精したばかりの浜面は

さすが10代の男根というべきかまだまだ元気であった。

むしろ先ほどより大きく見えたのは絹旗の気のせいだろうか

浜面はスポーツブラを力任せに引っ張ると

薄赤い乳首が現れた

49 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:28:30.47 ID:ovGwHWGq0

浜面はまだ実を付け始めたいちじくのような乳首触れた。

絹旗「…!」

大きな浜面の手が小さな乳首に雑に触れたため
絹旗はその不器用な乱暴さに興奮した。

絹旗(いつもの……!や、さしい!浜面と、ちがいま、す!!)

ギャップに興奮したのである

浜面は絹旗覆い被さり
左の乳首を舐め始める

その間に右の乳首を右手でこね始める

絹旗「…!…!」

絹旗はまるで拷問ような感覚にさらされた。

50 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:28:57.03 ID:ovGwHWGq0
浜面はさっきと同じようにショーツを破き
下半身を露出させると、浜面は右手で絹旗の首を掴みながらシンボルの挿入を始める。

絹旗「…!!!!!」

徐々に入ってくる浜面のシンボルに絹旗は耐えた。

一瞬が幾分にも思える時間に思えた。

そして浜面が二呼吸した時に絹旗は奥まで感じした。

浜面はそうすると奥に入ったシンボルを動き始める

絹旗は腰を振ると自然と浜面に動きを合わせた。

最初はゆっくりと次は激しく動いた。

51 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:29:52.26 ID:ovGwHWGq0
絹旗は歯を食いしばり浜面の衝動を中で感じた。

そしてよいよ、浜面が全身で動き、欲望を全て吐き出した

どくどくと音を鳴らせて絹旗の中に精液が挿入される。

そして浜面は全部出したあと男性のシンボルを取り出す

絹旗「~~~~!っ!」

浜面「はぁ……はぁ……」

52 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:30:19.26 ID:ovGwHWGq0
初春「は~い!よく出来ましたね~」

黒子「いいですわよ、この子を離しますの」

御坂はナイフを外すと、フレメアの背中を押す。

フレメア「にゃぁ!?」

浜面「フレメア!」

浜面は少女を受け止める

浜面「大丈夫か?」

フレメア「うん…大体」

53 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:30:57.25 ID:ovGwHWGq0
御坂「じゃね、その二人の手錠は後で外してあげる」

黒子「暴走されたら困りますから」

初春「ではでは」

バタン!

浜面「…………くっそ」

54 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:31:31.90 ID:ovGwHWGq0










~後日~

麦野「いや~あんたは中々の女優じゃない」

御坂「よく言うわよ!あんただってあんなカマトトぶって」

麦野「なっ!浜面とヤル時はいつもあんな感じなのよ!」//

御坂「そんな乙女にならなくても……」

55 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:32:01.75 ID:ovGwHWGq0

麦野「あっ!?おかしいかよ?」

御坂「凄まないでよ、それでえっ…とそれで浜面さんとはどうなの?」

麦野「あっ?あれからオスに目覚めたみたいで毎日夜這いしてくれるわよ」

御坂「あら良かったじゃない、セックスレス解消ね」

麦野「やりすぎて股がいてーよ」

御坂「でも嬉しいくせに」

麦野「けっ、それでそっちは大丈夫なの?」

御坂「ん?」

56 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:32:33.66 ID:ovGwHWGq0
麦野「あんたらの仲間風紀委員だって聞いたけど」

麦野「ばらさないわよね」

御坂「まさかあいつらは私の奴隷よ」

麦野「えっ?」

御坂「私のこと大好きだから何でも言うこと聞くように教育しているの」

御坂「今回だって本当に私がやられた報復だと思っているんだから」

麦野「よくやるわね!常磐台のお嬢様が」

御坂「ふんっ、私はごく普通の中学生よ」

57 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:34:11.43 ID:ovGwHWGq0
絹旗「遅れましたーすみません、浜面がしつこくて、しつこくて」

フレメア「3Pしてた、にゃあ」



御坂「やっぱあいつロリコンでしょ」

と御坂は吹き出した

麦野「チッ、あいつ……」

御坂「あらじゃあ対価といて働いてもらいましょうか」

58 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:37:08.72 ID:ovGwHWGq0
麦野「同じことてめーの男にやればいいんだろ」

フレメア「ねーまた私人質役?」

麦野「あんたが要求した、浜面いちゃいちゃ温泉デート一日券はそれぐらいかかるのよ」

絹旗「本当は私が代わりたいですよぉ」

フレメア「この疲れは浜面にマッサージしてもらう、にゃあ」

御坂「ふぅん、じゃあ行きましょうか」
おしまい

59 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 22:37:12.82 ID:GTz9YG2Bo
フレメアもグルかよww



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 麦野「レイプに飽きた」絹旗「えっ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389863358/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25073-28abc69a