ヘッドライン

P「五年後の伊織」伊織「ちょっと一人でなに言ってるの!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:25:49.39 ID:CErvuLuS0
P「おはようスーパーアイドル伊織ちゃん」

伊織「ちょっとやめてよね!今更そんなこというの」キィー

P「ごめん、ごめん」

伊織は一年前の18歳の時にアイドルを引退した
彼女は人気の絶頂にあるにもかかわらず驚くほどすっぱりと

P「今日の味噌汁おいしいなぁ」

伊織「にひひ、でしょ?いつもより頑張ったんだから」

P「ありがとうな、伊織」

アイドルを引退した伊織はすぐに俺と結婚した
つまり俺と結婚するためにトップアイドルをやめてしまったのだ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:27:02.22 ID:CErvuLuS0
ちなみに今日は休日なので伊織と出かける約束をしている

P「今日はどこへ行く?」

伊織「そうねぇ、海に行きたいわ」

P「今冬だぞ?行っても泳げないしいいのか?」

伊織「そんなのわかってるわよ!馬鹿ねぇ…」ハァ

P「じゃあ行くか、出かける準備しよう」

伊織「にひひ」ニコ

なんで伊織は海に行きたいんだろうな?
行っても寒いだけだし誰もいないだろうに…

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:30:43.36 ID:CErvuLuS0
伊織「お待たせ」

いつもよりも動きやすそうな気の抜けた服装だ

P「じゃあ行こうか」

俺たちは車に前の座席に乗り込む
伊織の実家みたいにリムジンとはいかず庶民的な車だ

P「せまくないか?ほらリムジンじゃないし」

伊織「は?なに言ってんのよ、私はこっちの方が好きなんだから」

P「え?なんでだ?リムジンの方が広いしいいだろ」

伊織「まあいいじゃないそんなことは早くいきましょ」

P「はいはい…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:31:02.08 ID:CErvuLuS0
海へ向かう途中で伊織が小さなパン屋を見つけた

伊織「あのパン屋に寄りたいわ」

P「ん、わかった。お昼でも買うか」

伊織「そうね」

パン屋に入るとパンの焼けたいい香りがした

P「おいしそうだなー」

伊織「どれにしようかしら…」

しばらく昼食のパンを選んだあとまた海へと車を走らせた

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:31:21.74 ID:CErvuLuS0
P「ついたぞー」

伊織「にひひ、いい風ね、でもちょっと寒いわ…」

P「はは、だから言っただろ?」

伊織「まあいいわ、あそこに座りましょ」

伊織が指差した先におんぼろなベンチがあった
そこに座る前に椅子の砂を少し払ってやる

伊織「ふふ、ありがとね」

P「ど、どういたしまして」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:31:58.32 ID:CErvuLuS0
伊織のいろんな顔を見てきたけれど
最近はドキッとするような大人っぽい表情をすることがある
出会ったころはただの生意気な子供だった伊織と結婚するとはな…
人生どう転ぶかわからないもんだ

しばらく黙ってそんなことを考えていると
伊織がかじかんだ手で俺の手を握って
覗き込むような目で問いかけてくる

P「なんでもないよ」

笑って答えてみる

伊織「そう、ならいいわ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:32:20.75 ID:CErvuLuS0
このまま十年先も二十年先も伊織といられるのかな?
二人でずっと一緒に生きていけたら幸せだけど
でも愛想尽かされたりしないかな?
俺甲斐性ないしなぁ…
伊織と結婚してからそんなことばっかり考えてるな

でも伊織の心の思うままに過ごしていって
俺といることで伊織が不幸になるなら一緒にはいれないな

伊織「おなかすいたわね…」

P「パン食べるか?」

伊織「そうしようかしら」

パンを食べている伊織に聞いてみる

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:33:02.62 ID:CErvuLuS0
P「なぁ伊織」

伊織「なによ?」

P「ずっと俺と一緒にいてくれるのか?」

伊織「は?なに言ってんのよ…」ハァ

伊織「あたしがそうしたいと思ったから結婚したんじゃない」

P「いや俺って甲斐性ないだろ?」

伊織「別にいいわよ、初めっから分かってるじゃないそんなこと

   私はあんたがお金持ちかだなんて気にしないわ

   今の狭い家もせまい車もあんたの近くにいれるでしょ
   
   その方ががうれしいのよ」
   

伊織「だから、考えすぎよ」

ふふっと伊織が笑う

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:33:19.09 ID:CErvuLuS0
P「ありがとう、愛してる」


伊織「なっ…、わ、私も愛してるわ」



伊織「だから、ずっと一緒にいてよね…」

P「ああ、約束するよ」

このまましばらく過ごしたら家に帰ろう

でもこのまましばらくは…

終わり


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 01:35:14.92 ID:CErvuLuS0
ミスチルの歌詞をところどころに混ぜてみた

不自然だったかな?



元スレ: P「五年後の伊織」伊織「ちょっと一人でなに言ってるの!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1331396749/


[ 2018/09/30 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/24955-0082fbec