ヘッドライン

【アニデレss】Вы хотите что-нибудь сказать ?

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448114080/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 22:54:40.75 ID:bSicwYsw0
「なんだこいつでけぇ…」

「ヤバそうっすよ先輩」

「…チッ、いくぞお前ら」



武内p「…大丈夫ですか?見た限りお怪我などはなさそうですが」

奏「!?っ、えぇ私は大丈夫…だけど」


奏「…その…助けてくれてありがとう」

武内p「いえ、大したことはしていません」

奏「…」

奏「…お礼といってはなんだけど…キス、してあげようか?」

武内P「!?っ私は、その…」

奏「フフっ冗談よ…いい反応するわね、あなた」

武内P「…はぁ」

奏「ごめんなさい、あまりにも見た目不相応に堅物さんだったから面白い反応しそうだと思ってつい」

奏「それにあなた凄くチャーミングだしね」

武内P「チャーミング…ですか?」

奏「フフフっ」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 22:55:31.59 ID:bSicwYsw0


奏「私の名前は速水奏、あなたは?」

武内P「あぁ、私はこう言う者です」メイシサシダシ

奏「…346プロダクション、プロデューサー…ふーん」

武内P「…あの、アイドルに興味ありませんか?」

奏「…」

奏「…私を助けたのはこれが目的?」

武内P「!?っ…いえ、そう言うわけでは」

奏「…もういいわ、私アイドルとか興味ないから」

武内P「せめて話だけでも」

奏「…ふぅ」

奏「…残念ね、私本気であなたのこと気に言ってたのよ?」

武内P「…」

奏「…」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 22:56:33.80 ID:bSicwYsw0


武内P「…私は貴方にアイドルの可能性を感じました、例え私に失望なされたとしても貴方に少しでも興味があるのなら」

奏「ごめんなさい、しつこいのは好きじゃないの」

武内P「…」クビサワル

奏「でも一つ興味がわいたわ」

武内P「…?」

奏「貴方が私のどこに可能性を感じたのか、私の何を見てアイドルにしようと思ったのか聞かせてもらえないかしら」

奏「さぁ、口説き落としてみてよ私を」

武内P「…」

武内P「…笑顔です」

奏「…笑顔…ね」

武内P「笑顔です」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 22:57:32.37 ID:bSicwYsw0

奏「…」

奏「帰るわ、初対面でも口下手とは思ってはいたけど赤点以下よ」

武内P「待ってください!せめて資料だけにでも目を」

「お前か!真っ昼間から女子高生に絡んでいる暴漢は」

武内P奏「え?」

警察「ちょっと署まで御同行願おうか?」手錠カチャ

武内P「いえ、その私は!」

警察「言い訳なら署で聞く、こい!」

奏「」


奏「…あ、ちょっと待ってその人は!」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 22:59:04.27 ID:bSicwYsw0




今西部長「そのまま交番まで連行されたと」

武内P「…申し訳ありません」

今西部長「で?彼女はスカウトできたのかい?」

武内P「…いえ、誤解だけ説くとそのまま行ってしまわれました」

今西部長「君は本当にその見た目のおかげで損しているね」

武内P「…」クビサワル

今西部長「諦めるのかい?彼女を」

武内P「…」

武内P「…いえ、彼女以外ありえません」

今西部長「…そうか、しかし今の君の口説き文句ではまた門限払いだと思うが」

武内P「…返す言葉もありません」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 22:59:55.94 ID:bSicwYsw0

今西部長「…焦る気持ちもわかるさ、待たせているものもいる」

武内P「…」

今西部長「君なりに情熱を精一杯伝えようとしたのもわかる」

今西部長「だけど焦ってしまっても空回りするだけだろう、もう少し落ち着いて言葉を選んでみたらどうかね?」

武内P「…落ち着いて…ですか」





武内P「笑顔です」

奏「…馬鹿にしてるの?」

武内P「いえ、そのようなことは」

奏「それとも貴方それしか言えないの?貴方の国では笑顔が標準語なの?」

武内P「…言葉が足らなかったでしょうか」

奏「笑顔しか言ってなくて足りる言葉って何、会話ですらないし」

奏「…もういい、今日は帰るわ」

武内P「!?、待ってください!せめて話だけでも」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:01:24.09 ID:bSicwYsw0


武内P(…)

武内P(…またやってしまった)

武内P(自分でも口下手なのは理解していたはずだ、しかし私が彼女に興味をもった理由に嘘一つない
しかし私の言葉が足らないあまり彼女には伝わらないのかもしれない)

武内P(…自分には時間もない、スカウトで時間をかけている暇などないのに)


武内P(どうしたら彼女に少しでも)ガチャッ


「…プリヴェート…おかえりなさい」

武内P「…ただいま帰りましたアナスタシアさん」

アーニャ「ハイ、ヴラガダリューヴァスザハローシュユラボートゥ…お疲れ様です」


アーニャ「今日もプロデューサーがいない間にたくさんレッスン?ガンバりました」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:03:10.78 ID:bSicwYsw0

武内P「…そうですか、いつまでもお待たしてしまって申し訳ありません」

アーニャ「ニェット…いえ、レッスン楽しいですよ?」

武内P(私の担当するプロジェクトの残り人数は二人、会社としては二人揃って初めて会社に名前を登録するとのことらしい
数日前まえ北海道に出張に出掛けたときにスカウトしたのが彼女だ
スカウトして連れてきたものの会社に登録されないのでは寮を利用することができない
なんとかならないものかと上層部に問いかけたものの会社の決定だからレッスン室は貸すが寮の理由はできないと一掃されてしまった

仕方がない事だと思い、ご両親方に費用は私持ちでホテルなどに登録されるまで過ごしてもらうと電話すると「私たちは貴方を信頼してアナスタシアをあずけたのだから最後まで貴方が責任を持つべきだ」と謎の信頼の本私が預かるよう説得され今に至る)

武内P(…私の力が至らないばかりに彼女に窮屈な生活をさせているのではないか、と今西部長の言う通り私は焦っていたのかもしれない)

アーニャ「?どうかしましたか?」

武内P「…いえ、今日もお疲れ様です…出来合いですが夕飯にしましょう」

アーニャ「ダー♪ハイ、つくえ拭きますね」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:04:42.27 ID:bSicwYsw0

武内P(彼女も早くレッスンではなくステージにたちたいだろうに…
時にこの彼女の笑顔ですら見ていて自分がなさけなくなる)

武内P「…」クビサワル

アーニャ「…?」チラッ

アーニャ「プロデューサー、ごはんのまえにズヴィズダ…星をみませんか?」

武内P「…星ですか?」

アーニャ「ベランダからでもキレイに見えますよ?今日は特に」

武内P「…はぁ」

アーニャ「ちひろから聞きました…日本ではアイドルのことをスター…?星…と呼ぶらしいですね」

武内P「アイドルに限らずですがそうとも呼びますね」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:05:47.68 ID:bSicwYsw0

アーニャ「私も、あの星みたいに輝けますか?」

武内P「…」

武内P「…はい、絶対に輝かせて見せます」

アーニャ「ふふっ、スパシーバ♪」

アーニャ「…だから」

武内P「…?」

アーニャ「プロデューサーを待ってます、ニェールヴニチャチ…焦るのよくない」

アーニャ「何かありましたか?話して欲しいです」

武内P「…アナスタシアさん」

アーニャ「…私は貴方にうまく伝えられましたか?」

武内P「…えぇ、とても心に響きました」

武内P「…実は」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:06:46.69 ID:bSicwYsw0


アーニャ「…そんなことが」

武内P「…やはり問題は私の言葉が足りないこと、でしょうか」

アーニャ「モージェッドブィッヂ…、プロデューサーはお話、苦手ですね?」

武内P「…そう…ですね、自分でも直すべきだと考えてはいますが」クビサワル

アーニャ「でも私はプロデューサーの言う笑顔?…大好きです」


武内P「…ありがとうございます」

アーニャ「ハイ♪」

アーニャ「…もしかしたらその人はきっとアジダーニイ…待っているのではないでしょうか」

武内P「?、待っている…ですか?」

アーニャ「ンー、難しい…ですね」

アーニャ「彼女は言いました、アイドルではなくプロデューサーの理由に興味があると」

武内P「はい」

アーニャ「きっとプロデューサーに言われたい言葉?があるのではないでしょうか」

武内P「私に…?」

アーニャ「…ママがパパに言われて…ヤラッド…うれしい言葉、少ししってます」

武内P「…?」

アーニャ「力になれますか?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:08:15.32 ID:bSicwYsw0



奏「今日は開口一番笑顔とか言わないのね」

武内P「…はい、今日こそは貴方に少しでもアイドルに興味を持って貰おうと思いまして私なりに言葉をまとめて来ました」

奏「ふーん、それで?今日はどんな口説きを見せてくれるのかしら」

武内P「…」ペラペラ

奏(…メモ帳?)

武内P「名前は奏って言うのか、世界で一番素敵な日本語だ」

奏「…私の名前は万国共通よ」

武内P「ならば奏と呼ぼう、ダー可愛い君によく似合うスヴークだ」

奏「ずぶ?…ごめんなさいうまく聞き取れなかったんだけど」

武内P「地上に降りたズヴィズダ、ナーヴェルナエ君のことだよ」

武内P「プリヴェッタークハラショーヴィーグリャジャシ、それにとても輝いている」テヲニギル

奏「っ?!何、いきなり//」

武内P「ヤーナフスゥグダースタボイ」カオチカヅケ

奏「////」カァアア

警察「…」

武内P「」

警察「…」ニッコリ

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:09:41.07 ID:bSicwYsw0


今西部長「で今に至ると」

武内P「…申し訳ありません、やはり私自身に問題が」

今西部長「うん、それには同意するがね?それ以前に問題があると思うんだよ」

武内P「…はぁ」

今西部長「…ふむ、そうだね一つ試して見てはどうかな」

武内P「試す…ですか?」

今西部長「今度彼女に会ったらこう言いなさい」


今西部長「御託はいい、いいから黙って俺についてこいってね」

武内P「…は?」

今西部長「難しいことは考えなくていいさ、そのまま伝えればいい」

武内P「しかし
今西部長「部長命令だ」

今西部長「…いいね?」

武内P「…はい」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:12:40.20 ID:bSicwYsw0


武内P(…もう時間もない、このままじゃあアナスタシアさんまでも切り捨てる対象に入れられる
彼女は私を信じてずっと一人でもレッスンを続けていたと言うのに)

武内P(私はもうアイドルやめる…そうやって去っていった彼女の表情がリプレイする
…あの表情を彼女にさせるのか?)

武内P(…見切りをつければいい、ただそれだけで彼女を裏切らずにいられる)

アーニャ『ふふっ、スパシーバ♪』

アーニャ『私も、あの星みたいに輝けますか?』

アーニャ『私はプロデューサーの言う笑顔?…大好きです』

武内P(…迷っている暇なんて…ない)


「何か面倒な女に捕まったみたいじゃんプロデューサー」

武内P「…塩見さん、おはようございます」

周子「幸薄そうなか押してるよー?、主に女運の」


武内P「はぁ」クビサワル

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:14:54.86 ID:bSicwYsw0

周子「なんかたいへんそうだね、すっごくやつれてるし」

周子「…でもまぁそんなに面倒な娘ならあきらめちゃえば?」

武内P「…」

周子「正直な話、このままじゃあいつまでたってもプロジェクト開始できないよ?」

周子「そ・れ・に、常務はいつまでまってくれるんだろうねー?」

武内P「…わかっています」

周子「常務は言ってたよ?最悪今のメンバーだけでもプロジェクトは始められるって」

周子「そうなったらいつもレッスン室で君を待ちながら一人でも頑張りつづけるあの娘はどうなるのかな?」

周子「そのプロデューサーをおちょくって楽しんでいるだけかもしれないそいつを待ち続け、プロデューサーを信頼してるあの娘とともに時間切れ~なんてバカらしいでしょ?」

武内P「それは…」

周子「切り捨てなよ、そして適当にめぼしい娘連れてこればいいじゃん」

武内P「っ?!」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:16:50.09 ID:bSicwYsw0

周子「常務の言うこの城にふさわしい娘?それがどんなものかわかんないけど、とりあえずはあの娘はプロジェクトに登録されるから」

武内P「…」

武内P「…それでも」

周子「?」

武内P「…それでも私は彼女の可能性を信じたい」

周子「…ふーん、まぁいっか」

周子「私はプロデューサーのそう言う所嫌いじゃないよ?せいぜい頑張って」

武内P「…塩見さん!」

周子「ん?」

武内P「ありがとうございます」

周子「…ふふっじゃーね♪」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:18:23.29 ID:bSicwYsw0

武内P(…どちらにせよ次で最後にしよう)

武内P(つぎでだめなら諦めて、新しい原石を探す
…だから、せめて後悔のないように)

アーニャ「…どうかしましたか?プロデューサー」

武内P「いえ、少し考え事を」

アーニャ「…」

アーニャ「…そうですか」ウツムキ

武内P「…?どうかしましたか?アナスタシアさん」

アーニャ「明日、プロデューサーはお休みでしたね?」

武内P「?えぇ、明日は部長から休みを取るよう言われています」

アーニャ「なら私と…ズヴィダーニ…デートしてくれませんか?」

武内P「!?、デートですか?しかし」

アーニャ「私はまだアイドルではないです、ならだいじょうぶですね」

武内P「そう言う問題では」

アーニャ「…やはり私とではいや、ですか?」ウワメヅカイ

武内P「っ?!…わかりました、しかし…デートではなくお出掛けです」

アーニャ「スパシーバ♪、楽しみですねプロデューサーとデート」

武内P「ですからデートではなく…」

アーニャ「デートです♪」

武内P「…」クビサワル

武内P「デートですね」

アーニャ「ダー♪」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:19:47.87 ID:bSicwYsw0

奏(…今日は来ないのねあの人)

奏「…もう帰ろうかしら」


奏(この間はなにを言っているのか分からなかったけど私の事を本気でアイドルにしたいんだって思いは伝わった
…まぁ初めから勧誘の為に私を助けるほど器用な人とはおもわなかったけど)

奏(今まで私の事をここまで考えてくれた人はいたかしら、しかも完全な赤の他人なのに)

奏(あの人言う笑顔、信じて見るのも悪くないって思った
…それにアイドルになればこんな退屈な日常からも抜け出せるなんて)


奏(でもそれじゃあ嫌なのよ)

奏(…私をつれだすなら王子様でいてくれなきゃ)

奏「…ふぅ、我ながら面倒な女ね」

「プロデューサー、クリームついてますよ」

「っ?!大丈夫です、自分でとれますから」

「ンー、取れました♪」

武内P「…ありがとうございます、ですがもう少し周りの目にも気を使って下さい」

奏「」


奏「…え?」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:21:25.79 ID:bSicwYsw0


奏(…誰よあれ、外国人?いやハーフかしら
担当アイドル?…それとも彼女…?凄くキレイ…)

奏(…何にせよ)

アーニャ「プロデューサー、それもフークス…味気になります」

武内P「しかし、これは私の食べかけで…」

アーニャ「はむ…オーチンフークスナ…美味しいです♪」

武内P「あ、アナスタシアさん!?」

奏(なぜかしら…凄く気に入らないわ)ズキッ


奏「…昨日まで必死に私を口説いていたのにもう鞍替え?以外と女癖わるいのね貴方?」

武内P「速水さん!?」

アーニャ「?」モキュモキュ

奏「デート中お邪魔だったかしら」

武内P「貴方は勘違いしてます!これはデートなどでは」

アーニャ「デートです」モキュモキュ

武内P「」

奏「…らしいけど」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:22:40.10 ID:bSicwYsw0

武内P「…だとしても私とアナスタシアさん…この方とは貴方の思っている関係ではありません」


奏「そんな可愛らしい彼女さんの前にして前の女に弁解する姿、とても情けないわよ?」

武内P「話を聞いてください!」

奏「もういい!!」

武内P「!?」

アーニャ「…」モキュモキュ

奏「…」

奏「…貴方みたいな人は初めてだったの」

武内P「…初めて…ですか?」

奏「男なんて下心丸出しで近づいて来るのが普通なんだって思ってた」

奏「だから私の事を本気で考えてくれる貴方がとても新鮮で…特別な存在だった」

奏「貴方なら私を本当に退屈なこの日常から連れ出してくれるって信じてもいいっておもえるくらい」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:23:39.80 ID:bSicwYsw0

武内P「…なら」

奏「でもそれじゃあ嫌なのよ…」ツー

奏「私って面倒くさい女だから連れ出してくれるなら誘うんじゃなくて拐って欲しいの」ポロポロ

奏「…本当に身勝手ね、今までそんな我が儘に付き合わせてごめんなさい」ポロポロ

武内P「…待ってください」ガシッ

奏「…」

武内P「…私などでは貴方のいう人物像にはなり得ないですし私は貴方の思っているような人間ではない」

奏「…そうかしら」

武内P「それでも貴方の魅力を大衆に伝えたいという気持ちに偽りなどありません」

武内P「…アイドルの世界も貴方にとっては未知の世界だ、素晴らしいものとは言い切りません」

武内P「しかし、その世界には貴方に夢中になれるなにかがあるかもしれません」

奏「…私に夢中になれるなにか?」

武内P「はい」

武内P「…その世界に少しでも興味があるのでしたら、この日常に飽き飽きしてたのなら」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:24:43.76 ID:bSicwYsw0







武内P「御託はいいから黙って俺についてこい!!」






奏「?!」

アーニャ「ハラショー!」パチパチ

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:25:41.66 ID:bSicwYsw0



武内P「…」

武内P「…です」

奏「…はい」

武内P「…よろしいのですか?アイドル、やって頂けるのですか?」

奏「…ふふっ、そんなふうに男見せられたんだからこれで落ちなきゃ狡いでしょ?」

武内P「はぁ」

奏「…だけどそうね」

奏「今、ここでキス…してくれたらなってもいいよ?」

武内P「?!」

奏「…なーんてね」

武内P「…そう言う冗談は(チュッ…っ!?」

アーニャ「?!」ガタッ

奏「…今は頬っぺたで我慢してあげる」

奏「私を本気にした代償はしっかり払ってもらうわよ?
…今度は…唇で…」

武内P「…勘弁してください」クビサワル

アーニャ「…むぅ、ズルいです…」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:26:41.30 ID:bSicwYsw0



美城常務「…これで人数はそろったか」

武内P「えぇ、随分お待たせして申し訳ありませんでした」

美城常務「それに関しては気にする必要はない、妥協して半端者を連れて来られたのでは敵わないからな」

武内P「…はい、では彼女らは」

美城常務「やはり君に任せて正解だった、素晴らしい逸材だよ」

武内P「ありがとうございます」

美城常務「それでは予定通りプロジェクトを開始する」

美城常務「プロジェクト名はプロジェクトクローネだ!」


くぅ疲

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:28:37.78 ID:bSicwYsw0
短い駄文ですまん
次回気が向いたら第二話一期一会でスレ立てる

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 23:53:18.09 ID:chGLEnYR0
おつ!よかった
ちなみにスレタイはなんて言ってんの?

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 00:06:04.09 ID:mybJuCqm0
貴方は何をいってほしい?ですが拾った単語だしあってるかわからんです

他にも半端で書き貯めたやつあんでそのうち投稿したら見てくれると嬉しいどす
スレタイは莉嘉「お姉ちゃんの妄想彼氏がP君なんだけど」アニデレ(ヤンデレ)ssです



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: Вы хотите что-нибудь сказать ?アニデレss
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448114080/


コメント
12308: 2019/05/19(日) 01:12
良かったけど続きなしかぁ……
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/24838-e314bc61