ヘッドライン

千早「できました」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:30:24.45 ID:+aP3AM2T0

P「なにが?」

千早「お腹、触ってください 」

P「………」

千早「ほーら、パパですよー」

P「っ?!」

千早「私……もっと頑張ります」

千早「いい奥さんになれるように……いいママになれるように…」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:33:22.20 ID:+aP3AM2T0

P「……そもそも俺と千早は恋人同士とかでもないんだけど……」

千早「そうですね」

千早「でも、私は大好きです」

千早「その証拠はこの子ですよ」

P「………」

千早「もし、あなたが春香や美希を選ぶのなら仕方ありません」

千早「でも……」

千早「ちゃんと帰ってくれると信じてます」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:36:38.50 ID:+aP3AM2T0

P「いや、俺はアイドルとは……」

千早「それではご飯の用意をしますね」

P「………」

千早「あなた、包丁はどこですか?」

P「っ!!」

P「よし、食べに行こうそうしよう!」

P「俺の家には食材とかないしっ!」

千早「ご心配ありません、ちゃんと用意してます」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:40:27.49 ID:+aP3AM2T0

P「それでも、ほらっ……」

千早「もしかして私の料理の腕を心配してるんですか?」

千早「それなら安心してください」

P「……そういう問題でも……」

千早「パパはわがままねー」

P「………」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:42:45.71 ID:+aP3AM2T0

千早「何が食べたいんですか?」

P「………っ、カレー!そう、レトルトカレーが食べたい!!」

千早「……?」

千早「カレーならちょうど作れま……」

P「レトルト!のカレーが食べたいんだ」

千早「………」

千早「………わかりました」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:44:41.73 ID:+aP3AM2T0

グツグツ

千早「………」

グツグツ

P「………」

P(俺は千早とは何もないし、様子が明らかにおかしい……)

P(料理になにか入れそうだし……包丁ももってのほかだな……)

グツグツ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:46:33.55 ID:+aP3AM2T0

千早「もういいでしょうか?」

P「………あっ あぁ」

・・・

P「ごちそうさまです」

千早「意外と美味しいんですね」

P「だろ?」

千早「でも次は私のカレーと食べ比べてくださいね」

P「おっ、おう……」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:48:10.63 ID:+aP3AM2T0

P「とりあえず、今日は帰ってしっかり寝たらどうだ?」

P「きっと疲れていろいろおかしな考えになってるんだろ」

千早「……?」

千早「私の家はここですよ?」

P「………」

千早「パパとママはずっと一緒なんです」

P「………」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:50:19.01 ID:+aP3AM2T0

P「っ!!」

千早「……携帯がなってますよ、出ないんですか?」

P「いや、そんなにたいしたもんじゃないから……」

千早「そうですか」

千早「………」

千早「春香ですよね」

P「っ!!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:53:54.42 ID:+aP3AM2T0

千早「最近気付いたんですが、春香だけ着信音変えてますもんね」

P「……それは、ただの試しで……」

千早「早く出てあげてください」

P「……………」


P「もしもし……」

春香『あっ、プロデューサーさん! やっと出てくれたんですね!』

P「…………すまん」

春香『いえ、ぜんぜんいいんですけど、今夜は家にいるって言ってたのに、電話に出ないからまだお仕事場なのかなって驚いちゃいました』

P「…………悪いな」

千早「………」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 12:58:00.59 ID:+aP3AM2T0

春香『プロデューサーさんはご飯ちゃんと食べましたか?』

P「……今カレーをな」

春香『またインスタントですか? ちゃんとしたもの食べないとだめですよー』

P「………悪い」

千早「………」


春香『ちゃんとしたもの作るように、あとで私からも言っときますね』

P「お前!ちは……」

春香『………やっぱり………』

春香『千早ちゃん……居るんですね……』

P「っ!!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:00:32.33 ID:+aP3AM2T0

P「いっ、いるわけ無いだろ……?」

P「ちょっとした言い間違いで……」

春香『…………』

春香『へぇ』

春香『とっさに千早ちゃんの名前が出るぐらい大好きなんですね』

P「………」

春香『わかりました』

春香『電話……切ります……』

ツーツー

P「………」

千早「………どうでした?」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:03:41.35 ID:+aP3AM2T0

P「いや……ちゃんとしたもの食べろって……」

千早「くすっ……春香らしいですね」

千早「私も言われちゃいました」

P「……なにを……?」

千早「このメール……」



春香『いまからいく』



P「………」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:04:51.61 ID:+aP3AM2T0

P「でも春香の家と、事務所近くの俺の家じゃ……」


ピンポーン

千早「はーい」

P「………」


千早「いらっしゃい、春香」

春香「えへへっ、きちゃったっ」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:08:22.45 ID:+aP3AM2T0

P「………春香……どうやって……」

春香「あれ? 言ってませんでした?」

春香「私と千早ちゃん、一緒に隣の部屋に住んでるんですよ?」

P「………えっ……」

春香「帰ってきたら千早ちゃんが居なくってびっくりしちゃたもん」

千早「ごめんね、春香」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:13:53.82 ID:+aP3AM2T0

春香「でも、千早ちゃんのクローゼット見たらお気に入りの服がなくなってたし」

千早「また散らかしたの?」

春香「あはは……」


春香「いやー、でも良かった」

春香「もし電話に出なかったら……」

P「………」

春香「はい、この話しは終わりっ」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:17:56.39 ID:+aP3AM2T0

春香「うーん、お腹空いちゃったなぁ」

千早「春香も何が食べる?」

春香「あっ、そうだ」

春香「今日は私がカレーを作って食べますね」

春香「保存しておけば明日プロデューサーさんも食べれるし!」

千早「でも、調理器具が……」

春香「この棚にあるよ」

千早「あら、そうなのね」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:20:27.03 ID:+aP3AM2T0

P「………どうやって……」

春香「?」

春香「大家さんに、プロデューサーさんが彼氏ですって言ったら合鍵を作れちゃいました」

春香「あっ、でもたまにしか入ってませんよ?」

千早「春香、そんなことより」

春香「うんっ! 一緒に作ろうね」

P「………」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:26:57.28 ID:+aP3AM2T0

千早「早速作りましょう」

千早「……んっ……」

春香「………私もロングにしようかなぁ……」

千早「………できた…、どうして?」

春香「だってプロデューサーさん、ロングの髪を1つにまとめてるの大好きだもん」

千早「あぁ、そうね」

春香「千早ちゃんが髪を切ってくれたらなぁ……」

千早「別に春香が伸ばせばいいじゃない」

春香「うーん……」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:30:11.32 ID:+aP3AM2T0

春香「でも、私一人だけってのがプロデューサーさん喜びそうじゃない?」

千早「そんな事言われても、私はあずささんみたいに切らないわよ」

春香「あっ、バレてた?」

千早「春香が怖いって言ってたわよ」

春香「次は美希か…… 貴音さんは大変そうだなぁ……」

千早「力ずくはやめなさい」

春香「はーい」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:36:32.43 ID:+aP3AM2T0

・・・
・・


春香「それじゃあ、また来ますね」

春香「冷蔵庫にあるんで、また温めて食べてくださいね」

P「お前たちは……一体何を……」

春香「……?」

千早「パパはちょっとお疲れみたいなのよ」

春香「もう、しっかりしてくださいよ」

春香「あなた」

P「……あな……た………」

春香「ほらっ、ここに……」

千早「それは、もうやったわ」

春香「えー、千早ちゃん、お腹もうナデナデされたの? いいなー」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:41:06.23 ID:+aP3AM2T0

P「………あっ………えっ………」

ドサッ

春香「あっ、そっか、もうそろそろ効く時間だった」

千早「とりあえず、ベッド運びましょう」

P「………なっ……なにが……うごかな…っ……」

千早「レトルトカレー、美味しかったですか?」

P「………なっ………」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:45:46.65 ID:+aP3AM2T0

春香「この間来た時もペットボトルのお茶にちょっとだけ」

千早「眠くなる薬と、気持ちよくなるための薬を」

P「………はっ……はるか…………ちはや……」

春香「だめですよー、私は奥さんで」

千早「私はママなんですから」


P「…………」

フッ


春香「……気を失ったのかな」

春香「あっ、でも、玄関なのにもうこんなに大きくなってる」

千早「ここでもいいんじゃないかしら」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:49:41.97 ID:+aP3AM2T0

 ピンポーン

  ピンポーン

雪歩「プロデューサー」

春香「あっ、お嫁さんがきた」

雪歩「こんばんは」

雪歩「今日は私の番……だよね……?」


千早「………はぁ」

春香「しょうがないよ」

春香「だってまだなんだから」

雪歩「えへへっ」




おわり

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 13:51:22.16 ID:qTGkltgV0
ワイフと妻と家内はまだですか乙



元スレ: 千早「できました」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351222224/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/24819-8c351113