ヘッドライン

春香「おうどんをチュルチュル」

1 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:38:16.62 ID:B8eiPOLlo
P「寒い夜だと格別にうまいよな」

春香「ですよねー、あ、これ終わったら一緒に食べにいきませんか?」

P「いいな、ちょっと目をつけてたうどん屋があるんだ」

春香「あ、絶対にそのうどん屋に連れていってくださいね」

P「いいぞ、一人で食べるより二人のほうがうまいからな」

春香「はい!おいしいです!」

P「春香と一緒だと特にうまそうだな」

2 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:39:02.04 ID:B8eiPOLlo
春香「えへへ、Pさんに褒められちゃった」

P「うどんか、うん、冬の食べ物だ」

春香「そうですね、もう冬、すぐに今年も終わっちゃいますね」

P「早かったな」

春香「ですね、春に春香に出会って、夏に春香と海へ行き」

春香「秋に春香と紅葉を見に行き、冬に春香とおうどんを食べる」

P「そういわれると春香中心の一年だったみたいだな、ハハハハ」

春香「来年もよろしくお願いしますね、Pさん!」

3 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:39:56.58 ID:B8eiPOLlo
P「こちらこそよろしくな春香」

春香「ポっ」

P「どうしたいきなり赤くなって」

春香「なんだか夫婦みたいなやり取りだなと思って」

P「そうだな、春香と話してると、そんな感じがしてくる」

春香「わたしもPさんとお話してると、何年も一緒のような…」

P「ともかく、この先もよろしくな、春香」

春香「はい!」

4 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:40:36.03 ID:B8eiPOLlo
P「春香…」

春香「Pさん…」

貴音「こほん」

P「貴音じゃないか、いつからそこに!」

貴音「先ほどからずっといましたよ、あなた様」

P「そうだったな、それはすまなかった」

春香「貴音さん、いるならいるっていってくださいよ」

貴音「春香、いるのが、わかっていたのではないのですか?」

5 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:41:01.55 ID:B8eiPOLlo
春香「いきなりしゃべられると、ビックリするんです」

P「春香、まーまー、貴音どうしたんだ涙目になって」

貴音「あなた様はいけずです」

P「なにがだ?」

貴音「あなた様が、そんなにうどんが好きだったなんて」

P「うどんがおいしいなって話なんだが」

春香「そうだ、貴音さんは、おうどんどうなんですか?」

貴音「うどん、すなわちラーメンのライバル、そんなもの嫌いです」

6 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:41:47.14 ID:B8eiPOLlo
春香「どういうこと?」

P「ほら両方の麺は小麦粉と塩で出来てるからだろ」

春香「ああ、なるほど」

貴音「あなた様、うどんをチュルチュルなどせずとも…ラーメン…」

P「冬に食べるラーメンもうまいよな」

春香「?っ、いいえ、冬にはおうどんですよPさんおうどん!」

貴音「ラーメンのスープに浮かぶ月がきれいですね」

P「貴音、いくらなんでもそれはどうかと思うぞ」

7 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:43:15.36 ID:B8eiPOLlo
貴音「しかし、あなた様!わたくしはあなた様に浮気をしてもらいたくないのです」

P「浮気ってなんのことだよ、うどんとラーメンだろ」

春香「…さっき、Pさんはおうどんがおいしいっていってましたよ」

貴音「はて、昼食をご一緒にしたときに、ラーメンなら毎日いけるっていってましたが」

春香「あたたかいうどん湯に入りたいといってたかも」

貴音「ラーメンのためならダシになる覚悟があるともいっておりました」

春香「うどんのためなら世界中の小麦畑を歩いて回りたいって、いってました」

貴音「豚骨のためなら養豚業に転職してもいいと」

8 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:44:31.07 ID:B8eiPOLlo
春香「うどんのような柔肌、出汁のような薄茶色が憧れだって」

貴音「博多ラーメンのような細く色白で、心は豚骨色が素敵だと」

春香「…うどんには生卵だと断言してました」

貴音「…ラーメンには煮卵が最高だとおっしゃっていました」

P「どっちでもいいよね?」

春香「よくないです、うどんかラーメンか選んでください」

貴音「お分かりですよね?ラーメンとうどん、どちらが美しいのか」

P「もう両方付き合ってやるから、それでよくねえ?」

9 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:45:45.69 ID:B8eiPOLlo
春香「りょ、両方って!二股ですか!?」

貴音「あなた様…わたくしはどうしたらよいのでしょう」

P「だったら、間を取って、そば食いにいこう」

春香「第三の…」

貴音「あらわれた…これがあなた様の本心なのですか?」

P「おまえらが、なにを話しているのか、さっぱりわからないんだが」

春香「Pさん、うどん、ラーメンとそばは異なる食べ物ですよ」

P「同じ麺だろ」

10 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 00:46:24.67 ID:B8eiPOLlo
貴音「そばにはそば粉が入っておりますゆえ」

春香「さすがにそれはないですよねーそ、ば、粉」

貴音「ええ、春香のいうとおりでございます、あなた様はそばなどに…」

春香「Pさん、そば粉なんていらんのですよ、偉い人にはそれが分からないんです」

貴音「そうです、月でもそば粉は悪魔の粉として嫌われております」

P「おまえらな…そばをバカにするなよ!」

春香「Pさんどうしたんですか?」

貴音「あなた様…?」

18 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:51:44.89 ID:B8eiPOLlo
P「いいだろ、これから、二人に本当のそばを食べさせる」

春香「Pさんがキレた…」

貴音「今のあなた様、とても殿方らしゅうでございますよ」

春香「…うどんより、おそばのほうがおいしいよね、貴音さん?」

貴音「春香、最初からわたくし、そう申し上げているではありませんか」

春香「そうでしたね、日本人ですもん、年越しにはそばですよね」

貴音「ええ、それ以外になにがあるというのですか、春香?」

春香「あたたかいおそばの上にえび天のせて、…幸せですよね」

19 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:52:17.57 ID:B8eiPOLlo
貴音「さすが春香ですね、至高の食べ方をしっていますね」

春香「貴音さん、至高じゃなくて究極ですよ」

貴音「そうでしたね」

春香「はい♪」

P「は?二人ともなにいってんだ?」

春香「どうしました?」

貴音「あなた様?」

P「あたたかいそば?えび天を乗せる?ハッ!なにいってんだい、こんちくしょ!」

20 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:53:00.61 ID:B8eiPOLlo
春香「まさか、Pさんは…」

貴音「ざるそば派なのですか…」

春香「…そうですよね、あたたかいそばなんて、そばの風味が飛んでダメですよね」

貴音「…ええ、わたくしも昔からラーメンより、ざるそばだと思っておりました」

春香「うちも毎年、年越しそばはざるそばなんですよ」

貴音「それは奇遇ですね、わたくしの家でも先祖代々ざるそばでした」

春香「ざるそばで年を越してこそ日本人ですよね」

貴音「ええ、ラーメンなんかで年越しするのは日本人にあらずです」

21 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:53:33.51 ID:B8eiPOLlo
P「そうだろ、そうだろ、ざるそばこそがそば日本の食文化なのだ」

春香「さすがPさん!わたしと食の好みが一緒ですね、運命を感じます」

貴音「わたくし、これからはそば道を邁進しますゆえご指導のほどを」

P「いいだろ、いいだろ!二人まとめて、そばを教える」

春香「楽しみです!」

貴音「あなた様がわたくしのために、感激です」

春香「貴音さん、違うよ、わたしのためですよ」

貴音「春香は耳が遠いのですか?わたくしのためっといいましたよ」

22 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:55:04.41 ID:B8eiPOLlo
P「…二人にはまず、そばとはなにか、そこから知ってもらうことにする」

春香「そばはそばですよ」

貴音「春香、ラーメンが奥深いようにそばもまた奥深いものなのですよ」

春香「また、それですか、そのいいかた便利ですよね」

貴音「ざるそばですよプロデューサーさんざるそば!と一緒ですよ」

春香「今のいいかた、ちょっとグサって来ましたよ」

貴音「それは、痛いでしょう、少しむこうでお休みになられたらどうですか?」

春香「貴音さんのいじわる」

23 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:57:01.74 ID:B8eiPOLlo
P「そうだな、まずは駅前にある立ち食いそばから始めるか」

貴音「そばなら下のたるき亭にあるのでは?」

P「たるき亭のだるんだるんに伸びたそばに、なにを学ぶんだ?」

貴音「それは…」

P「いいか貴音、そばにはいいそばと、悪いそばの二種類があるんだ」

貴音「と、いうと、たるき亭のそばは悪いそばだと?」

P「違う、全然違う!どっち付かずのそばだ、そんなもの食べるに値しない」

貴音「さすが、あなた様です、凡庸なそばを食さない、ごもっともです」

24 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:57:56.35 ID:B8eiPOLlo
P「精進したまえ」

春香「Pさん、わたしにもそばの教えを…」

P「つゆを甘くみるな、甘くすればそばが台無しになる」

春香「なんだか、奥深そうなこといってますけど、ただの好みのような」

P「春香の作るクッキーは甘くていい、それはうまいからだ」

春香「ありがとうございます」

P「しかし、そばつゆは甘すぎてはダメなのだ」

春香「甘すぎてはいけない…」

25 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 09:59:14.47 ID:B8eiPOLlo
P「かといって、あまりにも甘くないのもダメなんだ」

春香「どうすればいいんですか?」

P「なにごともほどほどにしろという、先人の教えだ」

春香「そば道、すなわち人の生きる道、人生そのものなんですね」

P「そう!そばのように細く長く、つゆのように世の中の甘さ辛さを知れということだ」

春香「すごい!おそばにそんな意味があったなんて、感激です!」

P「だろ?だろ?これから駅前の立ち食いそば屋で、初歩の初歩を教えるぞ」

春香「あの…Pさん」

26 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 10:00:10.92 ID:B8eiPOLlo
P「なんだ、春香?」

春香「さすがに今からは、ちょっと無理ですよ」

貴音「そうですね、今からだと無理があるかと…」

P「?」

春香「忘れちゃったんですか?みんなで大掃除中ですよ」

貴音「そのあと、みんなで鍋パーティです」

春香「鍋の〆でうどんの話になって、うどん屋に連れて行ってくれる話ですよ」

P「そういえば、そうだったな」

27 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 10:01:12.48 ID:B8eiPOLlo
貴音「すみません、わたくしがつい余計な口を挟んだばかりに…」

春香「わ、わ、貴音さんは悪くないですよ、謝らないでください」

貴音「春香…」

P「〆にうどんか、そばじゃダメかな?」

春香「鍋にそばは合わないと思いますよ」

貴音「あなた様がどうしてもとおっしゃるなら、わたくしは…」

春香「貴音さんはそうやってすぐに純情ぶるんですよね!」

貴音「わたくしは純情ぶってはおりません、本心をいったまでです」

28 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 10:02:16.43 ID:B8eiPOLlo
春香「どうだか」

貴音「春香は、すごくあざといことをいったり、したりしてますよ、Pの前で」

春香「なっ!そんなことないです、えーん、Pさん!貴音さんが…!」

貴音「それをあざといというのですよ」

P「おいおい、喧嘩はそのあたりでやめなさい」

春香「はーい」

貴音「あなた様のご命令ならば」

ジッーガヤガヤ

P「で、なんでみんなこっちをにらんでるんだ?」

春香「さーなんでですかね」

貴音「それは、わたくしたちが大掃除をしていないからです」

29 : ◆Z6F.wcm4u6 2013/12/19(木) 10:02:43.83 ID:B8eiPOLlo
おわり

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 11:50:27.10 ID:3YTQlDXCo
???「春香さん!うどんなら私も呼んで欲しかったです!」



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387381096/

THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -COOL&BITTER!-
765PRO ALLSTARS+
日本コロムビア (2013-11-20)
売り上げランキング: 155

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2435-e9935ac8