ヘッドライン

真「嘘ですよね」「ああ嘘」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382960440/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:40:41.08 ID:qd3EGB9P0
変態SS以外を書くの初めてなんである程度は勘弁して欲しい




真「ふぅ…この辺にしとこう」

日課のジョギングを終わらせて帰ろうとした

「そこのお兄さん、焼きそば食べない?」

辺りを見回してもお兄さんと呼べるような人間は居なかった。

「君だよ君、ジョギング終わりの君」

真「やっぱりか...」

男と間違われるのは慣れた。けど嬉しいものじゃない

真「ボクは女の子ですよ!」

「あ~ごめんごめん、で、焼きそば食べない?」

「お嬢ちゃん可愛いから負けとくよ」

真「さっき男と間違えたクセに...」

「そうだっけ?まあ気にすんな。ホレ」

頭にタオルを巻いてサングラスを掛けた屋台のお兄さんは焼きそばを差し出した

真「紅しょうが多めでお願いしますね」

「仕方ねえなぁ」

「お嬢ちゃんいつもこの辺走ってるよな、部活でもしてんの?」

真「いえ、運動が好きなだけですよ」モグモグ

「へー関心関心」

真「て言うかいつも見てたんですか?」

「いんや?二日目」

真「調子狂うなぁ...」

「よく言われる」

真「でしょうね」

「まあ今初めて言われたんだけどな」

真「」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:42:56.69 ID:qd3EGB9P0
「で、お嬢ちゃん名前は?」

真「名前?」

「おう、また話したいし。」

真「菊地真です」

「真ちゃんね、覚えた」

焼きそば屋のお兄さんは毎日夕方に公園で屋台をしていた。

「おっす真ちゃん、焼きそば食べない?」

真「じゃあ紅しょうが多めで」

「ほらよ」

真「お兄さん夕方しか居ないんですか?」

「ああ、夕方なら真ちゃんと会えるからな」

真「嘘ですよね」

「ああ嘘」

「そういやあ真ちゃんって何歳?」

真「中3ですよ」

「へー、受験生じゃん。将来の夢とかあんの?」

真「まあ...一応」

「なんだよ一応って」

真「笑いません?」

「人の夢を笑うような人間じゃないよ」

真「ボク、アイドルになりたいんです」

「なんだ、いい夢じゃん」

真「でも、なれますかね...」

「なれるなれないじゃねーよ。絶対叶う夢なんて面白くないだろ。」

「大事なのは気持ち。絶対アイドルになってみせる!って言う意志だ」

真「...へへっ!お兄さん、結構熱い人ですね」

「俺もまだ夢追いかけてるからな」

真「どんな夢ですか?」

「世界一の焼きそば屋」

真「嘘ですよね」

「ああ嘘」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:44:12.13 ID:qd3EGB9P0
お兄さんは昼間は違うところで働いているらしい。

夕方は毎日ジョギングしてからお兄さんと喋るのが日課になっていた。

そしてある日、お兄さんは夕方なのに公園に居なかった。

真「風邪でも引いたのかな...」

真「今日は帰ろう...」

何故かモヤモヤする。一日会えなかっただけなのに

翌日、今日もお兄さんは居ない

真「どうしたんだろう...」

次の日も、その次の日も、お兄さんは公園に居なかった。

真「ジョギングのコース、変えようかな...」

気分転換に今日は河川敷の方を走ることにした。

真「ん?ソースの匂い...」

「おお、真ちゃん。久しぶり!」

見慣れた屋台、タオルにサングラス、間違いない

真「お、お兄さん!?」

「どうした?」

真「どうしたじゃないですよ!いきなり公園に来なくなって!」

「悪い悪い、場所変えたんだ。」

真「どうして河川敷に?」

「焼きそばが焼きやすそうだったから」

真「嘘ですよね」

「ああ嘘」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:45:24.06 ID:qd3EGB9P0
真「こんにちは!お兄さん」

「ん?あー真ちゃんか」

お兄さんは川原で寝ていた。

真「店ほったらかして良いんですか?」

「まあどうせあんまり人来ないし?」

真「て言うかこんな場所で売れるんですか?」

「昨日は山ほど売れたぞ?」

真「嘘ですよね」

「ああ嘘」

真「今日も売れてないんですか?」

「失礼な、今日はなんか黒い人が買ってくれたぞ?」

真「黒い人?」

「ああ、全身黒かった」

「真ちゃんも買う?」

真「昨日買ったじゃないですか」

「毎日買ってくれてもいいんだぞ?」

真「今日は遠慮します」

「俺の焼きそば美味いぞ?」

真「知ってますよ」

「真ちゃん、かけっこしようぜ」

真「はい?」

「俺が勝ったら焼きそば買ってくれ」

「俺が負けたらなんか奢ってやろう」

真「本当ですか!?わかりました!」

「ふふん、こう見えても足の速さには結構自信があってな」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:46:34.64 ID:qd3EGB9P0
「ぜぇ...ぜぇ...速すぎんだろ」

真「やっりぃー!かけっこなら負けませんよ!」

「あー辛...流石に数年まともな運動してねーからな」

「折角ジョギング後狙ったのに...」

真「ボクの体力を甘く見ましたね!約束通り奢ってもらいますよ!」

「仕方ねえ、また今度な」

真「あ、ズルいですよ!」

「今日奢るとは言ってないからな、はっはっは!」

真「じゃあいつですか?」

「えーっと、真ちゃんがトップアイドルになった時、好きなだけ好きな物食わしてやるよ。何がいい?」

真「うわー...ホントズルい」

「約束は守るからさ、何でも言ってみ?」

真「それじゃあ、お兄さんの焼きそば、お腹いっぱい食べさせて下さい!」

「それでいいのか?」

真「はい!そのかわり目の前で焼いて下さいね!」

真「あと」「紅しょうが多めで。だろ?」

真「はい!」

「オッケー、約束だ」

真「その頃お兄さんはどこにいるんですかね」

「さあね。まぁ、夢が叶ってると嬉しいかな」

真「前も言ってましたね。夢があるって」

「ああ、気になる?」

真「適当に誤魔化されそうなんでいいです」

「ははっ!間違いない」

「悪いけどまだ言えないかな」

「安心しろ、約束は守るからな」

真「期待しないで待ってますよ」

「でも真ちゃんがトップアイドルになれたらの話だぜ?」

真「安心してください!絶対トップアイドルになるんで!」

「おっ、言うねぇ」

真「大事なのは気持ち!ですよね?」

「ああ、その通りだ」

真「あの台詞聞いた時からお兄さんのファンですから!」

「え、マジ?」

真「嘘ですよ」

「うわ...やられた」

真「へへっ!いつものお返しですよ!」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:48:25.23 ID:qd3EGB9P0

9月、まだまだ暑い日が続く

真「うわ、暑いなぁ。あ、かき氷売ってる」

「ほれ、こぼさねぇようにな」

子供「お兄ちゃんありがとー!」

真「あれ?お兄さん?」

「おう真ちゃん、かき氷食べる?」

真「何やってるんですか?」

「見りゃわかるだろ、バイトだよバイト」

真「昼間はかき氷のお兄さんなんですね」

「まあな、売れない焼きそば屋だけじゃ食ってけないし」

真「ちゃんと就職しないんですか?」

「まあ、夢の為にな」

真「なるほど、頑張って下さいね!」

「ありがとよ」

「...もうそろそろだな」ボソッ

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:50:10.96 ID:qd3EGB9P0
真「え?」

「ん?何でも無いよ。さあ、今日の仕事ははお終いだ!」

真「あれ?焼きそば屋はしないんですか?」

「ああ、用事があってな。丁度伝えられてよかったよ」

真「そうですか、まあボクはいつものようにジョギングしますけどね」

「おう、頑張ってな」

夕方、いつも通り河川敷をジョギングする。でも1つだけ違うものがある。

焼きそば屋の屋台が無いことだ。

真「うーん、用事って何なんだろう。明日聞いてみようかな」

翌日の夕方、そこにはいつものように焼きそば屋の屋台があった。

真「お兄さ...」

男性「いらっしゃい、どうしました?」

真「い、いえ、いつもここで屋台やってたサングラスのお兄さん、知りませんか?」

男性「...貴女が真さんですね?」

真「あ、はい」

男性「彼から手紙を預かってます。どうぞ」

真「なんだろう...」

『真ちゃんへ

突然で悪いけど、店辞めました。

昨日言いたかったんだけど言い出せなくてな

多分暫くは会えないと思う。

泣くなよ?また会えるから!

ここ数ヶ月、真ちゃんと出会ってから楽しかったよ

真ちゃんも頑張ってアイドルなれよ

んじゃあな』

真「嘘...ですよね」

いつもの返事は帰ってこない

真「そんな...いきなり過ぎますよぉ...!」グスッ

涙目で手紙を見る。『泣くなよ?また会えるから!』

真「また...会えるから...」

真「...へへっ!泣きませんよ、お兄さん!」

真「ボク、絶対トップアイドルになりますから!」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:51:41.49 ID:qd3EGB9P0
二年後、今ボクは765プロダクションというプロダクションでアイドル活動をしています。

そしてついに...

P「真、IU大賞おめでとう!」

真「やりましたよ!プロデューサー!」

P「これで真もトップアイドルだな!」

真「はい!プロデューサーのおかげですよ!」

P「いや、真も俺も、全力だったからこその結果だ!」

真「それで、帰りに少し寄りたい場所があるんですけどいいですか?」

P「おう、時間もあるし構わないぞ」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:53:23.29 ID:qd3EGB9P0
P「河川敷、か」

真「ボクがアイドルになる前、ここでよく変なお兄さんと喋ってたんですよ」

P「へ、変なお兄さん?」

真「はい!ここで焼きそばの屋台をしてたんです」

P「へぇ、具体的にどんなお兄さんなんだ?」

真「嘘つきです。物凄く」

P「ははは...」

真「あと凄い気まぐれなんですよ。突然居なくなるし」

真「でも、あの人今どうしてるんですかね...」

P「大切な人なのか?」

真「まあ...その」

真「居なくなって凄い悲しかったです。多分、あの人の事が...す、好き、だったんだと思います」

P「そうか。もういいか?」

真「あ、すいません!」

P「今日はご馳走してやるよ。たらふく食ってくれ」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:55:32.30 ID:qd3EGB9P0
真「あの、プロデューサー」

P「どうかしたか?」

真「ここ、プロデューサーの家ですよね?」

P「ああ、金がないから俺の手料理を食わせてやろうかと思って。」

真「はぁ...」

P「ところで真」

真「はい?」

P「さっき言ってたお兄さんって」ギュッ

P「こんな風に頭にタオル巻いて」スチャ

P「こんなサングラス掛けた奴じゃなかったか?」

真「はい、よく知って....ってええええ!!!!?」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:56:45.23 ID:qd3EGB9P0
P「おっす真ちゃん、元気?」

真「な、ななななななおおおおお兄さん!?」

P「はっはっは!やっと気付いたか?」

P「俺の夢、正解はプロデューサーでした!」

真「...」

P「言っただろ?また会えるって」

真「...」

P「ん?泣いてんの?」

ゴスッ

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 20:57:47.56 ID:qd3EGB9P0
P「ぐおおおお...見事なボディブロー」

真「どうしていきなり居なくなっちゃうんですか!」

P「ゴメンゴメン」

P「でも、約束はずっと覚えてたから」

真「はい、今回は嘘つきのお兄さんじゃないですね」

P「真ちゃん、注文は?」

真「...焼きそば大盛り、紅しょうが多めで!」

P「はいよ!」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 21:00:25.12 ID:qd3EGB9P0
真「ご馳走様でした!」

P「おう、よく食べたな」

真「やっぱり美味しいですね!お兄さんの焼きそば」

P「ああ、真ちゃんに食べさせる為に修行したからな」

真「嘘ですよね」

P「ああ嘘」

真「お兄さん、居なくなってからの事、話して下さいよ」

P「おう、その前にだ」ニヤニヤ

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 21:02:49.72 ID:qd3EGB9P0
真「な、なんですか?」

P「さっき河川敷で言ってたこと、覚えてるか?」

真「え?...」

『す、好き、だったんだと思います』

真「うわああああああ!!!///」

P「いやー嬉しかったなぁ、トップアイドルに好きっていってもらって」

真「あ、アレは!その...」

P「本心って事で受け取っていいか?」

真「は...はい///」

P「そっか!」

真「も、もう忘れて下さい!」

P「俺も好きだよ、真ちゃんの事」

真「へっ?」

P「て言うかさ、初めて話した時から好きだったぜ?真ちゃんの事。気づかなかった?」

真「嘘...ですよね」

P「ははっ...これはホント」


おわり?

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 21:09:25.07 ID:Sg+Bj19jo
乙でしたっ☆
まこりんは可愛いなあ。

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 21:04:01.16 ID:pW+Yz5oko
パンツの人?

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:43:41.61 ID:7AQW11ERo
さらっと読めて後味よかった
変態作者なのか。前作おせーて

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/31(木) 22:47:56.22 ID:bmKNFOxl0
>>21
P「アイドルに男物のパンツを穿かせる」



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 真「嘘ですよね」「ああ嘘」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382960440/


[ 2018/08/06 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)
コメント
10460: 2018/08/08(水) 09:49
ええやんええやん
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/24274-508172db