ヘッドライン

律子「プロデューサー、ちょっといいですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1529985207/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/06/26(火) 12:53:27.55 ID:+3pewkJr0
P「ん?律子どうした?」

仕事が全て終わったタイミングで律子が聞いてきた。

律子「あ、あの、本当に個人的なことなんですけど…」

P(なんか歯切れ悪いな)

律子「あ、あの…」

P「…」ズズッ

律子「私のおっぱいについてどう思ってますか?」

P「ブーーーーーー!!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/06/26(火) 13:02:19.47 ID:+3pewkJr0
P「ケホッケホッ…きゅ、急になに言いだすんだ律子!」

律子「い、いや、あの、その…」

P(律子のことだから何かがあったはずだが…)

P(あ、まさか…)

P「もしかして、この前のファンミーティングのユニット決め抽選会のことか?」

律子「あ、はい//」

P(やっぱりか…)

先日、ニコ生で8月に行われるファンミーティングイベントで披露するユニットの抽選会を行った。

そこで律子はあずささんと組むことになったのだが、ネット上できょういのユニットと揶揄されていた。

律子「あ、ああいう言い方されると、いやでも意識しちゃって///」

律子は基本的にネガティブで、特に体形に関しては自ら寸胴と卑下していた。

律子「それで、一回身近な男性に聞いてみようと思って///」

P「…まあ一般的には85のEだと十分巨乳だと思うが」

律子「そ、そうなんですか///」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/06/26(火) 13:09:57.59 ID:+3pewkJr0
律子「…ぷ、プロデューサー!」

P「り、律子。どうした急に…」

律子「わ、私のおっぱい触って確認してもらってもいいですか///」

P「はぁ!?」

律子「じ、自分じゃわからないから、率直な意見が欲しいんです!///」

P(やばいな…完全にてんぱってる時の律子だな…)

P(仕方ない…多少の信愛度は犠牲になるが…)

P「こ、こういうのはやっぱり直で触らないとわからないしなぁ」

律子「え?」

P(これでいい。これで律子も引いてくれるだろ)

律子「…」プチ プチ

P「え?」

律子「…」ファサ

律子「こ、これでいいですか?///」

呆気に取られているうちに、目の前には上半身裸の律子がいた。

こうなったらもう覚悟を決めるしかなかった。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/06/26(火) 13:21:35.58 ID:+3pewkJr0
外から撮られるのを防ぐため、カーテンを閉めた。

P「…じゃあいくぞ」

律子「はい///」

Pは自らの手を律子の胸へと伸ばす。

フニフニ

P「あ…」

何かに気付いたようなPの声に律子は思わず反応する。

律子「ど、どうしましたプロデューサー///」

P「あ、いや…律子のおっぱいの感触、俺結構好きだって思って」

律子「え?///」

P「なんか女の子のおっぱいって、結構柔らかいものと思ってたんだけど、律子のおっぱい、すごく張りがあって指を押し返してくる感じがして、俺、どっちかっていうと、この感触が好きだなって思って」

Pはやたら律子のおっぱいの感触が気に入ったのか、手を放そうとしない。

律子「な、なに言ってるんですかもう///」

律子は言葉とは裏腹に、Pが自分の体を気に入ってくれたことに内心喜んでいた。

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/06/26(火) 13:38:02.22 ID:+3pewkJr0
律子「…んっ……」

何度も揉んでいると、律子の口から吐息が漏れた。

それを聞いたPは興奮して、自然と手の動きが速くなった。

律子「んあ…はあ…」

おっぱいを揉むたびに律子の口から甘い声が漏れる。

そのうちに律子の身体がピクピク反応しはじめた。

律子のおっぱいから快感が全身に送られていく。

そのたびに律子の身体が痙攣する。

するとPはおっぱいを揉みながら勃起し始めた律子の乳首に触れた。

律子「はあああっ!」

今までで一番の声が出た。気をよくしたPは一気に律子の乳首を責め立てる。

律子「ああああっ!はうっ!ああああん!」

責めれば責めるほど律子の声が大きくなっていく。

律子(やばい…これ以上は…もう///)

律子「ダメええええ!イクぅぅぅぅぅぅ!」

そして律子は胸だけで果ててしまった。

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/06/26(火) 13:42:52.60 ID:+3pewkJr0
律子「はあああっ!・・・ああっ!・・・あうっ!・・・あああん!・・・」

律子はまともに呼吸すらできない。そのあいだも全身は絶頂の余韻でピクピク痙攣している。

P(やべぇ…やりすぎちまった…)

Pは冷静になり、自分がやったことを後悔していた。

律子「あ…///」

するとようやく落ち着いた律子はPのpが大きくなっていることに気付いた。

P「す、すまん律子…おっぱいの感触が気持ちよくて」

律子「あ、あの…私がスッキリさせますからそれ出してもらってもいいですか///」

P「え!?」

律子「だ、だってわたしのおっぱいのせいでそうなったんですよね///」

先ほどのこともあって、Pは律子の言うことに従った。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/07/01(日) 09:52:24.66 ID:6m6iYQpR0
先ほどのでPがおっぱい好きと判断した律子はパイズリすることにした。

律子「ど、どうですかプロデューサー///」

P「んっ…律子…すげえいい…」

張りのあるおっぱいでしてもらうパイズリは想像以上に気持ちいい感覚だった。

律子(どんどん固くなってる…プロデューサー、私のでイキそうになってる///)

固くなっていくPのそれに律子はどんどん興奮していく。

途中パイズリしながらPの先っぽをくわえたりした。

P「お、おいおいどこでそんなの覚えたんだ?」

律子「ね、ネットでこうしたら男性が喜ぶって書いてあって///」

律子の奉仕にPの限界が近くなってくる。

P「や、ヤバイ律子…もう出る!」

律子「は、はいプロデューサー!///」

ドピュルルルルルル

Pは律子の顔面に思いきりぶちまけた。

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/07/01(日) 09:58:35.11 ID:6m6iYQpR0
律子「…あ、あのプロデューサー///」

P「…ん?」

律子「い、挿入れてもらってくれませんか///」

P「え!?」

律子「ぱ、パイズリしてたらどんどんほしくなってきちゃって//////」

P「…でも俺、コンドームもってないし」

律子「だ、大丈夫ですよ///私今日大丈夫な日なので/////////」

見るからに律子は我慢の限界だ。

P「…わかった」

Pが覚悟を決めて律子に挿入れようとした。

その時…

ガシャン

P律子「「!!??」」

突然の物音。

音がした方向に振り向くとそこには…

あずさ「//////」

顔を真っ赤に突っ立っているあずささんがいた。

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/07/05(木) 20:14:42.95 ID:h48gWtqd0
どうやら忘れ物を取りに来たみたいだった。

言い訳不能の状態のため、経緯をすべて話した。

あずさ「そ、そういうことだったんですね。ええ///」

Pはあずささんがなんとか落ち着かせようとしているのは分かった。

あずさ「…そ、それで、あの、プロデューサー///」

P「…ん?」

あずさ「ど、どうでしたか?律子さんのおっぱい///」

P「え!?」

言うしかないと悟ったPは…

P「…すごい張りがあって、心地よかったです」

律子「/////////」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/07/26(木) 14:44:40.61 ID:LgMXuNtV0
あずさ「…」ガバッ

Pりつ「「!!??」」

突然あずささんが上半身の服を脱ぎ捨てると…

あずさ「えい!///」フニッ

P「!!!」

Pの右手をつかみ、自らの左胸に触らせた。

あずさ「ど、どうですか!91cmのおっぱいですよ///」

さっきの光景に火がついてしまったのかはともかく、こんな積極的なあずささんは見たことがない。

P(り、律子のは張りがあって押し返してたが、あずささんのは指がこれでもかっていうくらいめりこんでしまう///)

今まで経験したことのない柔らかさに、Pは思わず夢中になってしまう。

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/07/31(火) 10:58:39.38 ID:LvdQ5ME60
律子「…えい!」

フニッ

P「!?」

律子「か、感触なら負けませんよ///!」

律子もあずささんと同じくPの左手を自身の右胸に触らせた。

右手には圧倒的柔らかさ、左手には弾力に富んだ感触。

P(ああもう我慢できねえや)

Pの理性は完全に吹き飛び…

P「」チュルルルル

あずさ「はぁっ///!」

あずささんの乳首を吸い始めた。

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/07/31(火) 14:02:14.52 ID:LvdQ5ME60
あずさ「ぷ、プロデューサー、やめ…ああっ///!」

吸ってはなめ、なめては吸い、Pの舌技に翻弄されるあずささん。

律子「プロデューサー、あずささんだけでなくて、あの…私にも…///」

P「ああわりい」

次は律子に標的を定め…

律子「ああっ!やっぱり…気持ちいい///」

待ち焦がれた感覚に律子は思わず酔いしれる。

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/07/31(火) 14:06:07.62 ID:LvdQ5ME60
P(さて、とどめといきますか)

Pは律子の左胸とあずささんの右胸を寄せると…

チュウウウウウウウ!

あずさ「ああああああ//////!」

律子「同時に吸うなんて…はああああ//////!」

2人の乳首をこれでもかと責め立てる。

そしてわずか30秒で…

あずりつ「「あああああああああああああああああああああ////////////!!!!!!」」

2人は激しく果ててしまうのであった。

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/02(木) 12:57:23.19 ID:/M/yYhEL0
P(それじゃあそろそろ…)

P「おい律子…」

律子「ハア…ハア…な、なんですか///」

P「挿入れるぞ」

律子「!?//////」

律子「…は、はい。プロデューサー//////」

ついに待ちわびてた瞬間が訪れ、律子はPに体を差し出す。

P「あずささん、ちょっと待っててください」

あずさ「は、はい///」

律子「もう!今は私だけを見てください///」

P「ああ悪い」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/02(木) 18:53:01.09 ID:/M/yYhEL0
Pは少しずつ、少しずつ律子に挿入れていき…

律子「んん!//////」

ついにすべて挿入った。

P「律子、痛くなかったか?」

律子「だ、大丈夫です//////」

P「それじゃあ律子、動くぞ」

律子「はい/////////」

まずはゆっくりと律子を突いていく。

律子「ああ!はうっ/////////」

律子の中はとてもきつく、Pの精液を搾り取ろうとする。

少しずつスピードを上げていく。

律子「あああっ!!だめっ!!はああ!!/////////」

律子の85cmのおっぱいがリズミカルに揺れる。

Pはまた律子のおっぱいに手を伸ばす。

律子「プロデューサー、さわらな…ああっ!!」

突きながら律子の乳首を指先で転がしていく。

P「律子!膣内にだすぞ!」

律子「は、はい!あああ!//////」

Pも律子も限界に近かった。

そして…

律子「ああああああああああああああああああああああ!!!!!!////////////」

中だしと同時に律子は激しくイった。

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/03(金) 19:50:57.87 ID:rmujG4h70
続いてあずささんの出番。

先ほどと同じように攻めていく。

反応も似たようなものだった。

唯一違っていたのは…

あずさ「ああ!!はあん!!////////」バルン バルン

律子のはリズミカルに揺れていたのだが、これが91cmの力なのか。もう激しく揺れる揺れる。

もうこうなったら手を伸ばすしかない。

あずさ「んん!!//////」

ここまでくると揉むだけでは飽き足らず、吸ったりなめたりしながらついていく。

そして…

あずさ「ああああああああああああああああああ!!!!!!////////////」

あずささんも激しくイった。

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/03(金) 19:54:26.91 ID:rmujG4h70
その後は3人とも満足するまで互いに求め合った。

これがきっかけになったのか、律子は自信を持つようになり、堂々とパフォーマンスをするようになった。

あずささんも色気が増したと評判になり、この数年間グラビアクイーンの名をほしいままにすることになるのだがそれは別のお話。

終わり

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/03(金) 19:55:11.37 ID:rmujG4h70
やっぱ3Pは難しいですね…

でもプロミに間に合ってよかったです。



SS速報Rに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 律子「プロデューサー、ちょっといいですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1529985207/


コメント
10438: 2018/08/05(日) 07:59
3Pが難しいとか以前に文章がちょっとね…
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/24255-f501d2f1