ヘッドライン

モバP「文香がNTRされてるだとぉ―――ッッッ!!!??」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530958139/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:09:00.03 ID:zNItM41k0

男「ククク、いけないねぇ~文香ちゃん? アイドルの癖して恋人がいるなんてさぁ~?」

文香「………ッ!」

男「しかも、相手が担当プロデューサーさんだなんてねぇ~? こんなのが世間にバレたら大騒ぎだ」

男「証拠であるこの写真を、ツイッターやSNSでバラまいたらどうなるかな~?」

文香「そ、それは………」

男「きっと世間は大騒ぎ。ネットでは炎上騒ぎが起きて、キミのアイドルとして築き上げたモノが全て無になる」

男「いや、それだけじゃない。346プロ全体の評判がガタ落ち。キミだけでなく、他のアイドル達の評判も―――」


文香「や、やめてください! そんなことするのは……!」

文香「お、お願いします……何でもしますから………」

男「ん? 今何でもするって言ったよね?」



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:10:57.32 ID:zNItM41k0

男「だったら――」抱きッ

文香「い、嫌! 触らないで下さい!」

男「おっと、そんな強気な態度でいいのかな~? 俺の持ってる写真を公開したら君のアイドル人生は終わりなんだよ?」

男「そして、君の大好きなプロデューサーさんのクビまで飛ぶだろうさ」

男「このご時世、再就職は難しいだろうしねぇ……しかも、アイドルとの火遊びが原因でクビだなんて、誰も雇ってはくれないだろうさ」

文香「うっ………」


男「大好きなプロデューサーさんが路頭で迷ってもいいのかい? ん~~?」

文香「あっ、ああっ………」

男「今晩君の身体を好きにさせてくれたら、この件は黙っておいてあげてもいいのだがね」

男「さぁ、どうする?」

文香「ぷ、プロデューサーさん………」

文香「………………」

文香「わ、わかりました………」コクリ


男「ククク、プロデューサー想いのいい子だ」ニヤリ



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:11:32.58 ID:zNItM41k0

男「それじゃあ早速始めるとしようか。ほら、ベッドの上に行きなさい」

文香「ううっ………」


男「さて、まずは最初に……この俺のイキりたったコレを何とかしてもらおうか」ヌギヌギ

男「さぁ、ご奉仕するがいい!」




男「この俺の『暴れん坊将軍』をなぁ!!」゙

文香「………」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:12:49.14 ID:zNItM41k0

男「ほら、どうした? 上様がカンカンでいらっしゃるぞ? 咥えて差し上げろ!」

文香「プロデューサーさん」

男「ほら、さっさと俺の将軍様に奉仕を――」


文香「プロデューサーさん!」

男→以下P「えっ、あっ、はい。どうした文香?」


文香「何をやっているのですか………?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ!

P「えっ、いや、あの!」ビクッ


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:13:53.94 ID:zNItM41k0

文香「途中から……脚本にはない台詞を言っているではないですか?」ギロッ

P「あっ、ごめん………その、ついアドリブを入れちゃったんだけど………ダメだった?」

文香「はい。控えめに言って……最悪でした」

P「そ、そんなに?」

文香「暴れん坊将軍とか………ないですね」

P「な、ない?」

文香「松平健さんに土下座する案件だと思います……」

P「そんなにないかぁ………」


文香「はぁ~………萎えました」

P「!?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:15:21.11 ID:zNItM41k0

文香「最初の方はアイドル顔負けの迫真の演技でしたのに………何故『暴れん坊将軍』だなんて………」

P「いやでもほら、よく言うじゃない? 股間の事を暴れん坊将軍ってさ?」

文香「でも、あのシチュエーションで言う事ではないと思うのですけど?」

P「た、確かに………」

P「思い返すと、かなり間の抜けた感じになってしまったか?」

文香「はぁ~……最悪な気分です………凄く、萎えました………」

P「ご、ごめんよ文香! 本当に悪かった! 許してくれ!!」

P「二度とクッソ寒いアドリブなんて入れないから許してくれ!! 頼むぅ~!」

文香「………」


文香「………仕方ないですね」

P「おおっ!!」


文香「では、今度は別のシチュエーションで……やりましょうか」

P「おおっ、流石は文香! 愛してるぅ!! チュチュチュ!」


文香「も、もう…///」




7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:16:38.53 ID:zNItM41k0

文香「では今度は、この脚本でお願いします」スッ

P「ふむふむ、今度は人妻モノか………配達員(俺)が荷物の届け先にいた人妻(文香)に欲情して襲いかかるというシチュか」

文香「割と古くからある……王道的なシチュエーションだと思います」

P「ふむふむ、ふむふむ、ふむふむ」ペラペラペラ


P「よし、台詞は全部暗記したぞ! 今度はアドリブなんて入れないから安心してくれ!」

文香「では、始めましょう」


文香「3、2、1―――」

P「はーい、よーいスタート」パチンッ


――――――――――

―――――――


文香「キャアッ! な、何するんですか!? 警察を呼びますよ!?」

P「そうつれないこと言わないでくださいよ奥さん~! ええやろ? な、ええやろ?」

文香「い、嫌! 来ないでッ!」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:17:38.60 ID:zNItM41k0

P「昼間に一人じゃ暇も身体も持て余すでしょう?」

P「俺がご主人の代わりに相手してやるって話ですよ~~~ぐへへへ」

文香「い、嫌ぁ………や、やめて………」

P「ぐひひひ、さぁ、おとなしく観念するんだよ!」

P「あんたの御主人の代わりに―――」ヌギヌギ


P「この俺の『チューバッカ』が相手してやるぜぇ~~www」

文香「………………」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:18:26.35 ID:zNItM41k0

P「ほら、奥さん口を開けなって! 俺の相棒(意味深)であるチューバッカを慰めてくれよぉ~」

文香「プロデューサーさん」

P「ほら、どうした? 早く俺のチューイの相手を――」


文香「プロデューサーさん!」

P「えっ、あっ、はい」ピタッ


文香「………………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ


P「もしかして………また?」

文香「………………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

P「ご、ごめんなさい………」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:19:35.43 ID:zNItM41k0

文香「なんでいきなりチューバッカなのですか? 喧嘩を売っていらっしゃるのですか?」

P「いやその、ほら、今ってハンソロ公開してるじゃん? それでつい………」

文香「それで何故チューバッカが?」

P「いやほら、俺のムスコはチューバッカ並に立派だからさぁ~」

文香「………せいぜい、ジャージャービンクスぐらいだと思いますが?」

P「酷いぞ文香!! いくら何でもジャージャーはないだろ!!」


※スターウォーズファンの皆様、本当にごめんなさい



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:20:55.01 ID:zNItM41k0

文香「ハァ~………また萎えました………」

P「す、すまない文香! 本当にすまない!」


P「次こそはちゃんとやるから!! だからワンモアチャンス!」

文香「………」

P「お、お願いだぁ~……頼むよ文香ぁ~~」

文香「………」


文香「ハァ……仕方ないですね」

P「おおっ!! ありがとう文香ぁ~~愛してる! チュチュチュ」

文香「も、もう…貴方はそればかりなのですから……///」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:21:41.20 ID:zNItM41k0

文香「では…今度はこの脚本でお願いします」スッ

P「ええと、どれどれ」ペラペラッ


P「ふむふむ、大学の新人歓迎コンパにやって来た後輩(文香)を無理矢理酔わせて持ち帰ろうとする先輩(俺)というシチュか!」

文香「これもまた……王道と呼ばれるシチュエーションでしょうね」

P「ってか現実でもいっぱいありそうなシチュだよなこれ………お前は大丈夫か? 大学で変な先輩に絡まれてない?」

文香「ふふっ、心配には及びません」


文香「だっていつも……守ってもらってますから………貴方に///」

P「ふ、文香………!!」


P「あ、当たり前だよなぁ! もう一生守ってやるよなぁ!」

文香「ふふふっ……///」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:23:51.21 ID:zNItM41k0

文香「ではプロデューサーさん……今度こそ、お願いしますね?」

P「わ、わかった! 今度こそ上手くやってやる!!」


P「俺はチャラくてヤリチンな大学生……俺はチャラくてヤリチンな大学生………」ブツブツブツ

P「そんでもうアドリブはやらない………アドリブはやらない………」ブツブツ


P「よしOKだ! いつでもバッチコーイ!!」

文香「では、始めましょう」


文香「3、2、1――」

P「はーい、よーいスタート」パンッ!

―――――――――――――――――

――――――――――――



文香「あっ、もう大丈夫ですので………は、離してください………」

P「そんなことないと思うよ文香ちゃ~ん? ほた、まだ千鳥足だし。全然お酒抜けてないっしょ?」

P「だからほら、遠慮することないって。俺の家に泊まりなよ」

文香「け、結構です………は、離してください!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:26:31.54 ID:zNItM41k0

P「ああもう、うるせぇぞゴルァ!!」ブンッ

文香「キャアッ!」

P「おとなしく先輩の言う事聞いてればいいんだよ! オラッ、布団に入れや!」

文香「い、嫌っ! や、やめてください! キャア!!」

P「ふっふっふっ、さぁ、文香ちゃ~ん? 俺が親切に泊めてやるんだからさ~。何か見返り欲しいよねぇ~?」

文香「な、何を………!」


P「わかってるくせにぃ~♪ もう子供じゃないんだからさぁ~?」

P「さぁ、宿泊料代わりに俺のこの――」ヌギヌギ

文香「い、嫌ぁ………」



P「俺のタンクフルボトルとベストマッチしてもらおうか!」

文香「………は?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:28:20.85 ID:zNItM41k0
P「ほーれ、どうだ~? 俺のタンクフルボトルは? もうヤベーイでツエーだろう?(意味不明)」

文香「………………」

P「フルフルマッチブレイク~! フルフルマッチブレイク~!」

文香「………………」

P「さぁ、勝利の法則は決まった!(意味不明)」

文香「………」


P「俺とベストマッチ……しよう!! はははははっwww」

文香「………………」


P「はははははははっ――――」

P「あああああああああ! またやっちまったぁぁぁぁぁ!!!」



P「ごめんよ文香ぁぁぁぁぁ!!! あああああああああああ!!!!」

文香「ハァ~~~~~!!」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:29:06.59 ID:zNItM41k0

文香「………何で仮面ライダービルドが出てくるんですか?」

P「すみません! 本当すみません!」ヘコヘコ

文香「フルボトル? ベストマッチ? バカじゃないでしょうか?」

P「お、おっしゃる通りでございます………」


文香「何がタンクボトルですか………その砲身を……ひしゃげてあげましょうか?」ギロリ

P「ひえっ!?」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:32:03.96 ID:zNItM41k0

文香「ハァ……またまた……萎えました」

P「ごめんなさい! 本当、マジでごめんなさい!!」Orzドゲザッ

文香「なんなのですか? もしかして……私とするのが嫌なのですか?」

P「そんなわけない!! むしろ早くベストマッチしたいです!!」

文香「なら、どうして………」

P「いや、本当ごめん! 自分でも何故かわからんが、ついついアドリブいれちまって………」

文香「まるで声優の千葉繁さんみたいですね……」


P「メガトロンが二日酔いで目がトロ~ン……なんちってwww」

文香「は?」

P「ごめんなさいごめんなさい!」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:34:45.43 ID:zNItM41k0

文香「ハァ………今日はもう、やめにしますか?」

P「それだけは勘弁してくれ!!」


P「もうこんな生殺しのままで終わるなんて耐えきれない! それだけは許してくれ! 頼むぅ~~!」

文香「私だって似たような状態です………でも、プロデューサーさんが…萎えさせてくるのですから………」ジロリ

P「本当すみません! もう弁解のしようもないです!」


P「でももう一度チャンスをくれ! 今度こそアドリブ言わないから! 3度目の正直ということで!」

文香「もう4度目になるのですが………それに、仏の顔も三度までという言葉もあります」

P「そこをなんとか~~~! お願いします文香ァ~~~!!!」


文香「………………」


文香「仕方ないですね」

P「おおっ! ありがとう文香~! 愛してるぅ~! チュチュチュ」

文香「もう……次はありませんから……///」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:35:52.75 ID:zNItM41k0

文香「では、今度はこの脚本でやってみましょう」スッ

P「わかった! ええと――………」


P「今度は兄妹設定でやる近親プレイか!」

P「俺が兄で、実妹である文香に欲情して、襲いかかるって流れか………」

文香「これもまた……古くからある……王道的なシチュエーションという物でしょう」

P「よしわかった! 台本を即暗記するから待ってくれ!」


文香「プロデューサーさん……わかってらっしゃると思いますが」

文香「今度こそ、お願いしますね?」

文香「これが………最後ですよ?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


P「わ、わかった! 今回こそ余計な事言わないから!」




20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:37:27.66 ID:zNItM41k0


文香「では、始めましょう………3、2、1――」

P「はーい、よーいスタート」パンッ


―――――――――――

―――――――


文香「だ、ダメです兄さん! やめてぇ!」

P「そんなこと言うなよ文香ァ! 俺は、お前の事を妹以上に――!」

文香「は、離して……もうすぐ、お母さんが帰って来てしまいます………」

P「そんなこと気にせずに、俺とレッツ背徳………しよう!」

文香「だ、駄目ぇ………///」


P「ヨすがりたい! ヨスがりたい!!」

文香「あっ、あっ、あああっ……///」ゾクゾクゾク






早苗「なに………やってんの………!?」


P「ファッ!?」

文香「ひゃあ!?///」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:39:00.16 ID:zNItM41k0

早苗「何やってんのかしらぁ~~?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


P「さささささ早苗さんッッッ!?!?!?」

文香「ひゃあああああああああ!!??///」


早苗「自分の担当アイドルに不埒な悪行三昧………退治してくれる!!」

P「桃太郎侍!?」


P「待ってください早苗さん! これは――」

早苗「問答無用!! 成敗ッ!!」


P「うわあああああああああああッッ!?!?!?」

サグッ グフッ ドムッ ダブルオダイバー!

ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!?!?!?


――――――――――――――――

――――――――――――

――――――――

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:40:38.57 ID:zNItM41k0

早苗「つまり、そういうプレイをしていただけってこと?」

P「は、はい………そうれふ」ボロッ

早苗「なんとまぁ………というか、そもそも付き合ってたということ自体驚きなんだけど」

文香「色々ありまして………一年ほど前から……です///」

早苗「い、一年も………」クラクラ


早苗「つ、つまりその間毎日、その……事務所でしていたと?」

文香「はい……///」ポッ

早苗「うわぁ~……な、なんてこと………」


文香「ちなみに昨日は……今、早苗さんが座ってらっしゃるソファーの上で………しました///」

早苗「キャアアアアアッッ!?!?!?」ピョン

P「うわっ、飛び跳ねた」


早苗「おい……」ゴゴゴゴゴゴゴ!!!

P「ご、ごめんなさい………新しいソファー買うので許して下さい!」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:43:33.14 ID:zNItM41k0

早苗「そもそも何でわざわざこんな設定やら脚本やらを用意してやってるの!?」

P「いやまぁ、その、これもまた所謂エチュード(即興劇)の一環というかなんというか………」

早苗「エチュードねぇ………つまりこれで演技のレッスンも兼ねてるとでも言いたいの?」

P「いやまぁ、その、はい………」

早苗「ただの建前じゃないのかしら? ん?」

P「そ、そのようなことあろうはずがございません!」


文香「でも、やっぱりこういうプレイを設定している方が………盛り上がるといいますか、燃え上がると言いますか……///」


早苗「やっぱり………!!」ゴゴゴゴゴゴゴ

P「ひぃぃぃぃぃ!!??」ガタガタガタ

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:46:10.49 ID:zNItM41k0

早苗「ま、まぁいいわ。この際、アイドルと付き合ってるという事に関しては目を瞑るわ」


早苗「でもこのいかがわしいプレイを認めるわけにはいかないわ! 全くもって不健全じゃない!」

文香「ふ、不健全………」ガーン!

早苗「それにこの脚本の内容も酷く下品だし!!」

文香「下品………!」ガーン!

早苗「下劣以外の何物でもないわ! どういう神経してんのよ!?」

文香「げ、下劣………!」ガーン!ガーン!

早苗「本当これだから男ってのは! 文香ちゃんが従順なのをいい事にこの――」


文香「うっ、ううっ………」ポロポロ

早苗「ん?」チラッ


文香「うえぇぇぇぇぇ……うぇぇぇ………」ポロポロポロポロ

早苗「えっ、あれ? ど、どうしたの文香ちゃん!?」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:47:20.74 ID:zNItM41k0

P「あの、実はですね早苗さん……」


P「このプレイ、元々は文香から言いだしたことなんですよ」

早苗「えっ、それじゃあまさか―――」

P「はい」


P「脚本は全部文香の書き下ろしなんです………」

早苗「」


文香「うぇっ、えっぐ……ううっ……うぇぇ………!」ポロポロ


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:48:25.89 ID:zNItM41k0

早苗「ご、ごめんなさい文香ちゃん! お姉さん、てっきりPくんが全ての元凶だとばかり………」

文香「や、やはり……グスッ……ふ、不健全ですよね……こ、こんなこと………ううっ」ポロポロポロポロ

早苗「いや、その」

P「よしよし。ほら、涙を拭いて」

文香「うううっ…」グスリ


P「そう自分を卑下しないの。誰だってこういうこと頭の中で考えてたりしてんだから普通だって」

P「ねえ、早苗さん?」

早苗「そ、そうよ! うん! 人間誰しも考えてる事だわ! だからある意味健全よ!」


文香「ほ、本当…ですか?」

早苗「ほ、本当だって! 私だって、まぁ、少しは――その……か、考えてたりするし?」

文香「早苗さんも? では、一体どういったプレイがお好きなのですか?」

早苗「えっ、いや、あの」アセアセ


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:49:17.04 ID:zNItM41k0

早苗「い、言わなきゃダメ………?」

文香「………………」ジーッ

早苗「ううっ……! わ、わかったわよ! 言えばいいんでしょ!?」


早苗「そ、それじゃあ文香ちゃん。耳貸して!」


P「………」ソローリ

早苗「Pくんは向こうに行ってなさい!!」

P「は、はいぃ!!」



早苗「―― ……… ―――」

文香「………! ………!」


P「なんて言ってるんだろうな。気になる………」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:50:33.44 ID:zNItM41k0

文香「なるほど………早苗さんはそういう性癖をお持ちだったのですね」

早苗「ちょ、そんなまじまじと言わないで頂戴!///」

文香「警察や教師といった公務員の方々は、普段抑圧されてる分、物凄い変態的な嗜好を持っているケースが多いと聞いたことありますが……」

文香「まさか早苗さんまでもが………あんな情熱的で変態的な性癖をお持ちでしたとは………」

早苗「うぅぅ~~! そんな目で私を見ないでぇぇ~~!///」


P(一体どんな性癖持ちなんだ!?)



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:52:12.59 ID:zNItM41k0

早苗「と、とにかく!! やはり事務所でこんな事をするのはいただけないわ!」

早苗「他の子とかち合う危険性があるし、そもそもうちには小さい子もたくさんいるのよ?」

早苗「今後は控えるように。いいわね?」

文香「でも……プロデューサーさんは……上手…なんですよ?///」ポッ

早苗「いや聞いてないから!!」


文香「毎回激しくも優しく抱いてくれて……私の事を……き、気持ち良くしてくれますし……///」

早苗「だから聞いてないっての!」


文香「プロデューサーさんは…俗に言う………テクニシャンというものだと思います///」ポッ


早苗「テクニシャンねぇ……」チラッ

P「いやぁ~~」テレテレ


早苗「………なんかムカつくからやっぱり〆る!!」

P「ぬわ――ッ!?!?」メキメキメキッ


文香「ああっ、Pさん………」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:54:42.96 ID:zNItM41k0
――――――――――

―――――――

―――


P「ううっ、早苗さんめぇ……中々に痛かった」

文香「大丈夫ですか?」

P「なんか肩の間接の辺りに違和感あるけど大丈夫」


文香「早苗さんに見つかってしまいましたね………」

P「そうだなぁ~。今までは上手い事見つからずに済んでたんだがなぁ」

P「今後は事務所でやるのを控えた方がいいかもなぁ~…うーむ………」

文香「………」


P「とりあえず今日はお開きにするか………かなり名残惜しいが」

文香「………」ギュツ


P「ん? どうした文香?」

文香「あ、あの………」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:56:30.14 ID:zNItM41k0

文香「私……もう、身体が疼いて……あの……///」

P「もしかして我慢できない?」

文香「………///」コクコク

P「えっ、いやでも、さっき釘刺されたばかりだし―――」



文香「好きなプレイでしていいですよ?」

P「」ピクリ



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 19:58:44.52 ID:zNItM41k0

P「………………」

P「いやいや! 流石にほんの数分前に言われたばかりで――」


文香「好きなプレイでしていいですよ?」

P「何で二回も言う必要があるんですか」


文香「私を……プロデューサーさんの好きにしていいってことですよ?///」ポッ

P「ぐおおおおお………!!」


P「早苗さんの言ったことなど忘れたァッッ!!」キリッ

文香「ふふふっ……流石は私のプロデューサーさんです」



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:01:11.81 ID:zNItM41k0

文香「では、どういうプレイにしますか? 何でもしますよ?」

P「それなんだけどさ………その、普通にやらない?」

文香「普通? つまり台本や設定はなしということでしょうか?」


P「まぁ、ああいうエチュードもどきでプレイするのもいいけどさ。たまには普通にするのもいいじゃん?」

P「それに今日はどうも、変なアドリブ入れちゃうみたいだしさ………だからどうかな?」

文香「確かに……これならプロデューサーさんのつまらないアドリブを聴いて……萎えることはありませんね」ニコリ

P「確かにその通りだが、ひどくなーい?」


文香「ふふっ、それでは………普通に……しましょうか///」

P「あ、ああ!」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:02:31.32 ID:zNItM41k0

P「よっしゃあ! お前を俺色に染め上げてやるぜ!! ル―――ブッッ!」

文香「………また、変な台詞言ってますよ?」

P「あっ、ごめん………萎えちゃった?」

文香「………今回は、大丈夫です……///」


P「おおっ! 文香ぁ~~! 愛してりゅぅ~!! チュチュチュ」抱きっ

文香「ふふっ、私もです……///」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:03:36.03 ID:zNItM41k0

P「文香………」抱きッ

文香「プロデューサーさん……///」


P「んちゅ――………」








美城「な、何をしてるのだ………」


P「ぎゃああああああああああああああああああああああああ!!??」

文香「せ、専務!?」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:05:11.39 ID:zNItM41k0

美城「じ、事務所の中で、こ、こんな………!」

P「お、お待ちください専務! これには深い事情が――」

美城「く、く、く」


美城「クビだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」

P「うわあああああああああああああああああ!?!?!?」



その後、どうにかクビは免れたものの、
アイドルに手を出した罪として、Pは一週間もの間ベトナムのハノイに飛ばされましたとさ。



おしまい

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:10:40.57 ID:zNItM41k0
これで終わりです。駄文失礼しました

ハノイは有名な観光スポットの多い画期的な街でしたが、どうにも食事が口に合わなくて大変でした
私はハーブとかが苦手なもので、香草を多く使用するベトナム料理との相性が最悪で苦労しました。
フォ―――ッ!!という麺料理は中々美味しかったですが、やはり食事が合わないと外国で滞在するのは辛いものですね


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:11:45.43 ID:zNItM41k0

>>1の前作です。よろしければどうぞ?

モバP「加蓮が再び病弱になってしまった」

モバP「美玲がデレてくれないんだよな」

モバP「うわへへwwww」

モバP「アイドルをスカウトするぞぉ!!」

モバP「だりーなとキス。略して―――だりキス」

モバP「楓さん(二十五歳児)との生活、プライスレス」

モバP「申し上げます!!」

モバP「晴と一緒にラブホに行きたい。否、行くぞ!!」

モバP「そのようなことあろうはずがございません!」

モバP「ダニィ!? メガシンカじゃと―――ッッ!?」

モバP「私はプロデューサーなどではございません。サンタクロースでございます」

モバP「俺こそ伝説の超モテないプロデューサーそのものだった………」

モバP「今日も頑張って仕事するぞぉ!!」

モバP「ヒーローだぁぁぁぁぁッ!!!」

モバP「その気になってた愛海の姿はお笑いだったぜ」

モバP「すまんな晴……俺は死ぬかもしれん……」

モバP「俺がJK大好きの変態野郎だと? ふざけるな―――ッ!!」

モバP「文香がドッキリを仕掛けてきやがったッ!!」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:12:34.53 ID:zNItM41k0
モバP「スーパー寛大なプロデューサー、略してSKP」

モバP「ダニィ!? 晴の誕生日じゃと―――ッ!?」

モバP「わひゃはははははははははははwwwwwww」(閲覧注意)

モバP「せ、積極的になった……文香…だとォッ!?」

モバP「プロデューサーでございました(過去形)」

モバP「俺と蘭子の息子です」

モバP「文香にスキャンダルだと!? おのれぇぇッッ!!」

モバP「俺はKENZENにプロデュースするだけだァッ!!」

モバP「アーニャの部屋にXXXXが表れただとォッ!!??」

モバP「今日は文香のデビューライブというわけだぁッ!!」

モバP「私は―――股間が痒かったので、ムスコにキンカンを塗った」

モバP「ダニィ!? 『復活のF(文香)』じゃとぉ―――ッッ!?」

モバP「イクッ! イクッ! イッテしまえ―――ッ!!!」

モバP「と ば さ れ ま し た」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:13:25.61 ID:zNItM41k0
モバP「晴の結婚相手は―――ッ!! この俺だぁ―――ッッ!!」

モバP「楓さんが俺をスルー(無視)するぅッ!!」

モバP「ムスコがムラムラしてる時に晴が甘えてくるぅッ!?」

モバP「早速デレステでリセマラしに出かける! 後に続くんだど―――ッ!!」

モバP「ムスコです。何なりとお使いください」

モバP「今日はクリスマス・イヴだぁぁぁぁぁぁッッッ!!!!!」

モバP「オーディション会場に結城晴ちゃんが現れましたぁ!!」

モバP「愛を知らない悲しい飛鳥だとぉ―――ッ!?」

モバP「俺のムスコが喋ったぁ―――ッッ!!??」

モバP「俺と楓さんが付き合ってるなどと………滅相もございません」

モバP「ヤンデレタイプチェ―――ックッッッ!!!!

モバP「拓海とセンテンススプリング!?」

モバP「もしも飛鳥が、俺のこと好きじゃなかったら」

モバP「もしも文香が、とんでもなく面倒くさい性格だったらだとぉ――ッッ!?」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:14:35.47 ID:zNItM41k0
モバP「アイドル達とポケモンカード交換するぞぉ―――ッッッ!!!」

モバP「文香がゴーカイジャーのステマをしてくるだとぉ――ッッ!!??」

モバP「もしも美波が、ラノベ主人公並に鈍感だったらじゃとぉ―――ッッ!!??」

モバP「クッソ面倒くさい飛鳥との日常じゃとぉ――ッッ!?」

モバP「メリー・クソスマスッッ!!!」

モバP「乃々がやけくぼになってるだとぉ――――ッッ!!!??」

モバP「究極の救世主、Cuレンジャーだとぉ―――ッッ!!!??」

モバP「ぴにゃハザードじゃとぉ―――ッッッ!!??」

モバP「晴ちゃん!! キミに決めた!!」

モバP「クリスマスイヴだけど、懺悔するぞぉぉぉぉッッッ!!!!!」

モバP「晴に声がついたぞぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!」

モバP「人狼ゲームじゃとぉーーーッッッ!!???」

モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:16:01.38 ID:zNItM41k0
浴衣ふみふみが出なくてつらいです………

駄文失礼しましたぁぁぁぁぁッッッ!!!!!!

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:16:22.17 ID:7CfuYk4+0
乙。マータ飛ばされたのか……

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 20:20:21.75 ID:IBmlf5p/O
どうしてそんな国に行ったんだろ……あっ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「文香がNTRされてるだとぉ―――ッッッ!!!??」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530958139/


[ 2018/07/07 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(9)
コメント
10220: 2018/07/07(土) 21:28
何だかんだでこの作者は割と優秀なキャリア持ちじゃなかろうか
10221: 2018/07/07(土) 23:32
パラガスP、雑用なのか優秀なのか分からんけど、生きててよかった
10222: 2018/07/08(日) 00:35
こいついつも飛ばされてんな
10223: 2018/07/08(日) 01:09
一週間で良いのか?
10224: 2018/07/08(日) 10:50
あれ…
本編がないんだけど
10226: 2018/07/08(日) 18:41
ちょっと待って、ほんへが入ってないやん!
ほんへが見たくて開いたの!
わかる?この罪の重さ
10227: 2018/07/09(月) 01:15
今度はハノイか
10230: 2018/07/09(月) 08:32
まるでSS界のさっちゃんみたいに色んなとこ行ってんな(笑)
11291: 2018/11/23(金) 12:47
ともかくおかえり、そしてありがとうパラガス
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23899-d639f462