ヘッドライン

鷹富士茄子「繋がりと呪い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445254521/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/19(月) 20:35:21.16 ID:PGItV+TAO
多分茄子さんといちゃつく?だけの内容です
途中からR18予定

前スレ
上条春菜「エロメガネ」【R18】


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/19(月) 20:57:52.35 ID:PGItV+TAO

「おいおい、あまりくっつき過ぎるなって」

「大丈夫♪減るものじゃありませんし~」

あなたは気づいているでしょうか
私がどれだけ勇気を出して、あなたに触れているのかを
あなたは気づいているでしょうか
少しずつ、少しずつ、私とあなたの縁を強固なものにしていることを

「ご縁があるようにって良くいいますけれど、想いに勝るものはありませんよ~」

「つまり…どうせなら二人分の想いを込めようってこと?」

「さっすが~♪話がわかりますねっ」

今度は私からではなく、お互いに手を出して握りしめる
この縁が、途絶えぬように
まじないと、のろいを…


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/19(月) 21:21:23.15 ID:PGItV+TAO

「ちゃんと栄養取ってます?」

「どーしてもこう、手抜きになってしまうことはあるからな…」

「ふふっ♪私も手伝いますが、自分でも管理してくださいね~?」

手料理を振る舞う口実で、距離をまた縮めていく
あなたに触れた結果を積み重ねる
最初からしっかりとした繋がりなんて、そうそうないんですから

「はい、茄子の天ぷらです、私だと思って食べちゃってください♪はい、あーん」

「いやまて、その例えはよろしくないだろっ」

「…食べてくれないんですか?」

「…ありがたくいただきます」

「~♪」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/19(月) 21:33:53.42 ID:PGItV+TAO

「しかし最近は順調だな…順調過ぎて怖いくらいだ」

「運もあるでしょうけど、結局は頑張った結果なんですから。もっと自分を、皆を信じましょう♪」

「不思議だな、茄子となら何でもできそうな気がする」

「…出来ますよ、私たちなら」

私は、あなたを災厄から遠ざける注連縄
だけど私はモノじゃない、神でもない
たとえ、神だと言われたとしても…
神と人の差は何なのか、わからない
…確実に言えることは
この胸の痛みと、もっとあなたと繋がっていたいという気持ちは…
偽りじゃない



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/20(火) 00:37:53.97 ID:7kjOI2oAO

「あ、長居しすぎちゃいましたね。じゃあそろそろ…あら?」

「あれ、今日雨なんて言ってたっけ…」

妙な音がし始めたと思ったら、外は豪雨
入り口からでもはっきりわかる、視界すら遮る激しさ
雨雲レーダーを見ると…絶望的なほどの赤が広がっていた

「んー…これでは身動きが取れませんね?止みそうもないです」

「…参ったな。だが仕方ない、無理に送る方が危ないし」

「ではお言葉にあま…きゃっ!?」

外と彼を交互に見やって、それとなくアピール
滞在延長の許可を貰った直後…辺りを包む閃光を感じ、急いでドアを閉める
轟く雷鳴に紛れて、彼に強く…強く抱きついた


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/20(火) 00:49:58.97 ID:7kjOI2oAO

「はあ…プロデューサー、あったかいですね♪」

「…茄子」

「…本当は怖いんです。怖くて仕方ないんです…。私のわがまま…聞いてもらえますか?」

嘘はついていないけれど、本当の事も口に出せていない
何が怖いのかを伝える勇気を、まだ振り絞れない
優しさに、温もりに甘えるのが、今の私の限界
だんだん、彼の力が強まっていく…

「わがままでもなんでもいいさ。俺だって鈍感じゃないつもりだ」

「…私は…あなたに…」

「…いや、鈍感なら鈍感なりに…俺は、お前を」

愛したい、愛してほしい
どちらが先か、わからないくらいのタイミングで
言葉と唇を、重ねた


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/20(火) 01:03:33.08 ID:7kjOI2oAO

「数多の縁、特に最初の縁は、とても弱いものなんです。…だけど」

「だけど、俺たちは今…こうしてる、な?」

「一目見た時に感じたんです♪細いけれども、絶対に千切れない縁を…あなたに」

互いの心の熱を分け合うように二度目、三度目を交わす
それが新たな火種となって心を燃やす

「運命…という言葉では、片付けたくないですよね」

「難しいことは知らん。お互いに好きなら…それでいいんだよ」

彼の手で、想いを引きずり出されていく
胸に触れた彼の手が、心を掴んで…離さない
離さないで、欲しい


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 19:15:47.96 ID:1SrVCS8AO

「プロデューサーとしては失格だろうな。…それでも」

「ふふっ♪ちょっと待ってくださいね~」

躊躇いなく服のボタンを外し、もう一枚中…下着越しに胸へ触れてもらう
あなたの理想を、目指した体

「アイドルは恋愛禁止って、誰が決めたんでしょうか?」

「……」

「間違ってるとかそういう話でなく…『偶像』を一つの見方に絞る必要って、あるんです?」

そっと、壁に押し付けられる
胸のピンク色を外気と視線に晒されて、額と掌に汗が滲む
今まで一歩一歩積み重ねてきた歩みを尻目に…焦がれる思いに任せて、絡み付く肌
吐息が、交錯する


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 19:43:24.43 ID:1SrVCS8AO

「寝たい、食べたい、エッチしたい。代表的な欲ってよく言いますけど♪…それでもいいじゃないかって」

「ん、…よほどたまってたんだな、お前」

「やん、私だって『人間』ですからね~? この際だから…ぶっちゃけちゃいます♪」

まるで、さっきの雷を直に浴びたような衝撃
数十分前までの私なら絶対口に出せないようなフレーズが、次々湧き出てくる
それが現実的な提案かどうかなんて、知らない
私そのものが塗り替えられそうなほど、彼の愛撫は強烈だった
…あまりにも

「私のおっぱい、どうですか? 好きなだけ味わってくださいね~」

「こういうのも、平気?」

「んやあうううっ♪…ひうっ!ちゅーちゅーして、いいですよ?」

体の表面に溢れた想いを、彼に吸い上げられていく幸せ
胸の先が、ピクッと固まった
生地を揉むように強く、乳房の形が歪まされる
…下半身の湿り気が、隠し切れない
いっそ、早く見て欲しい


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 20:00:12.63 ID:1SrVCS8AO

「きゃひうっ!噛んじゃダメえっ♪」

「あ、ごめん。痛かった?」

「ダメ、ですっ、感じすぎちゃいます…からあっ…♪」

雷鳴の合間に、彼を誘惑する言葉を挟む
噛む代わりとばかりに、両方の乳首を一緒に指で引っ張られ…たまらず、体がのけぞった

「あ、ダメ…あなたが、好きすぎて…ダメに、なりますっ…」

スカートをたくしあげて、ショーツを
そして…
布地越しの自慰を見せつける
それが、知識と本能…それぞれが導いた、私の行動だった


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 22:33:35.28 ID:1SrVCS8AO

「ふあ、う…私、普通よりかなりエッチかも、しれませんね~♪」

「どれくらいエッチなのが普通なのやら…」

今度は、下をすぐに暴いてくれない
その代わりに私の手に絡めながら、触れてくれる
じっくりと快感を煮込まれ、濃くされていく

「茄子は味が薄めですから、あなた好みの味に…仕上げてくださいね?」

「いきなり本格的な料理は作れないからな。まずは…そのままいただく」

お互いに舌を出して、当たり前のように結びあう
たぎる欲望を行動に移して…息苦しくなるほどキスをした


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/22(木) 23:53:23.02 ID:OY0zjWyAO

「…あっ♪料理、しちゃいます?」

「寝床でな」

抱き上げられ、あれよあれよと連れ去られる
私がまだ知らない、彼だけの領域だった場所へ

「…あら、敷きっぱなしなんですね」

「…たまたまだよ」

「ふふっ♪全部見られちゃうんですね、私…」

柔らかな場所でスカートを脱がされ、足を広げられ
…ショーツまで、すっと引き抜かれる
下半身を隠すものが、一気に失われた
指先が、…私の、…私に、触れて…


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 00:04:09.64 ID:pVQIGXgAO

「は、初めてですよ?こんなに、なってますけど」

「じゃあ、ゆっくり見せてもらっていいかな」

「…えっち♪」

視線が突き刺さる
一番深い繋がりを求めている場所が、彼の指に湿り気を移す
奥がどうなっているか、私にもわからない

「プロデューサー専用の、私のおまんこ…好きなだけ召し上がれ♪」

「食べ放題とは、贅沢だな」

「っっ!…すごっ…いっ!いいいっ!?」

クリトリスに舌が触れる
くすぐるように…なぶられる
キスされて、吸い上げられて
それぞれの刺激を受ける度に…
はしたなく体が弾けていた


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 23:28:36.02 ID:pVQIGXgAO

「はっ…ふう、はあ、はあ…ひゃひうっ…」

「茄子、子供は…当然産むつもりなんだろう?」

「…ん、そうですね、赤ちゃんできたら…ふふっ♪」

「…それなら」

ぐっと大きく襞が広がった
彼は私の純潔を、ひたすらに舌で緩めている…
強く妊娠を意識して、鼓動が勢いづいていく

「流石に負担もでかいからな、タイミングは考える必要がある」

「それっ…て、えっ…!」

「…年明けに、お前を孕ませる。それまでは我慢してくれ」

心臓を叩かれるような衝撃を感じて、軽くめまいを覚えた
近い将来の受胎を宣告されて
喜ぶ私と、悶える私がせめぎ合う
今すぐ彼が欲しい、けど…赤ちゃんも産みたい…!


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 23:44:11.78 ID:pVQIGXgAO

「気持ちは一緒さ、俺だって抱きたいし…孕ませたい」

「ひっ!いっひゃっ、いっひゃああっ♪」

彼の布団に、私の汗と愛液の匂いを刻み込んだ
イく所を、しっかり見られて…酔いしれていた

「無理させて、ごめんな」

「…はふ…無理を言ったのは私ですからね~。ハードなお仕事は、赤ちゃんにも良くないでしょう?」

達したばかりの、えっちなピンクを…隅々まで観察される
さっきまで見られ続けていたのに、まだまだ気持ちよくされている
様々な方向に襞を引っ張られて、何故か急に恥ずかしくなってきた

「いいっ、…やああああっ♪」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 23:57:17.69 ID:pVQIGXgAO

「ん…今でこれじゃ、私、どうなっちゃうんでしょうね?」

「…大丈夫だろ、きっと」

私だけほぼ裸の状態で、抱きしめあう
少しズルい気もしますが、おちんちん出しちゃったら…ついつい入れてしまうかもしれませんし…
私だけ散々見られて…まだ、見てませんけど

「茄子…また今度、触っていいかな?」

「もちろんいいですけど、次はプロデューサーのおちんちんも食べさせてくださいね♪」

男と女としての気持ちは、確かめたから
今は、それで十分です♪
幸せは、色々な形があると思いますから、ね



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 21:46:27.15 ID:+hpm2xRAO

「やん…あっ、はあ、はあっ…」

あの人に触られるのをイメージして、自分の体を慰める
誰にも言えない、見せられない秘め事…だった

「わ、私のオナで…たくさんシコシコして、くださいね♪」
「まさか本当に見せてくれるとはな…」

…そのイメージしていた本人に今、見られている
お互いに、オカズにしている
まだ直接繋がれない雄と雌の欲望を、やり過ごすために
…もっと、見てほしい


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 21:59:26.57 ID:+hpm2xRAO

「他の子で抜く暇なんて、あげません♪…あ、おまんこ…くるっ…!」

「…すごいな」

今まで内に溜め込んでいた分、大胆にまさぐる
胸を激しく歪めて、乳首を様々な方向に引っ張る
男を求めるピンク色は、食べ頃になったかのように濡れて、熟していく

「撮影もいいですけど~、そろそろ一緒に食べましょう?」

「んじゃ、お言葉に甘えようか」

待ち焦がれていたモノが、目の前に現れた
…プロデューサーのおちんちん
私をいずれ孕ませる、生臭いおしべ


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:12:37.16 ID:+hpm2xRAO

「これが、私の中に…うふふっ♪」

「お手柔らかに頼むよ?」

「…ダメです♪私のおまんこに遠慮してくれましたか?」

そびえ立つ肉へ、イメージのまま口づけをする
チュッと吸って、舌を少し出して…味見
…ゾワリと、背筋が震えた

「…プロデューサー、ここ…洗ってます?」

「一応は」

「私はちゃんと洗ってますからね?…出来る範囲で」

雄の匂いを、大きく鼻呼吸して堪能する
洗ってないおちんちんも、食べてみたくなる
次の味見は…亀頭と竿の間の窪み
舌の先端でくすぐりながら…一方でおまんこがぱっくり開かれていくのを感じていた


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 01:58:48.94 ID:4A7xpMCAO

「っ!…ん…!…くっ!」

不慣れな質量に、口の中へ収めるのが苦痛に感じる
同時に、意地でもこれを収めていたいと思う欲望が渦巻く
この前、彼に愛液を奪われた分くらいは…精液を体の中に取り込みたい
2人で…一つに…

「…茄子っ…!」

「んぐううっ…?!」

舌を這わせ…なぞって刺激する度に、大きく震える雄の象徴
彼も負けじと、私の淫核を執拗に揺さぶってくる
ままならない呼吸と、引き出される快楽の板挟みによって…意識が朦朧としてきた


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 02:14:35.37 ID:4A7xpMCAO

「…ぐっ!……っっ!!」

「やば、すぎっ…」

最高の瞬間に、流れ込んできたもの
おちんちんとは明らかに違う感触…精液と思わしき液体を、何とか飲み干した
心地よいしびれは、まるで抜ける気配がない

「はーっ、はーっ、はーっ、はーっ…まだ、精液…出ます?」

「…マジか。さっきの、かなりキたんだがっ…!」

呼吸のついでに彼の匂いを楽しんで、おちんちんに強く息を吹きかける
煽って、煽って、煽り続けて、絞り出す
容赦しないのは…お互い様です♪


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 21:34:51.90 ID:4A7xpMCAO

「あなたに出会えて、本当に良かったです」

「…気になる言い方するな。俺たちはこれから…だろ?」

「ええ♪だけどお礼はちゃんと言わないと」

お正月の大きなお仕事とその他諸々を終えて…
ようやく迎えた2人きりの打ち上げ
特別なことはしないで、2人で作った料理を食べさせあう…当たり前の日常

「…幸せすぎても、罰はあたりませんから♪」

「たくさんいただこうかな、幸せを」

今までで一番長く、濃い口づけだった気がした
高まる期待だけで、私の体は受け入れる支度を済ませていた


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 21:45:33.18 ID:4A7xpMCAO

「ずいぶん練習したせいか…あっという間だったな、あれから」

「…改めて考えると、恥ずかしい…」

下着も湿らせてしまった私の場所を、我が物顔で視察する彼
いえ、彼のものには違いありませんけど

「…赤ちゃんを作らない、というだけでしたからね♪」

「慣らした分、これからは毎年産ませるからな…緊張してる?」

「…少し。ん…それ以上に、楽しみで仕方ないです♪」

ペロリと、一舐め
ジワリと、滲む
それぞれの呼吸、そして雄と雌の証を合わせて…
…思いを絡め、交わっていく


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 21:54:07.15 ID:4A7xpMCAO

「あっ!…くっ…ふうううっ!?」

「…茄子」

「かふっ、ちょっとビリッとキましたが、大丈夫っ…♪」

貫かれた場所よりも…腰から背中にかけて痛みが強く走った
短い間に体が何度も跳ねて、喜び過ぎたせいでしょうか

「は、入って…るっ、あなたが、私の中っ♪」

「たまらないなっ…動かしたく、なるっ」

肉の槍が動く度、体がよじれる
心地よい、痛み
2人の気持ちが、肉体を借りてぶつかり合っている
今度は、子宮がしびれるような感じがした…

「あううううっ!?」


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 22:03:40.32 ID:4A7xpMCAO

「すごっ、お腹が、赤ちゃん産みたいって、言ってるみたいっ…♪」

「はあ、はあ、茄子の出産、楽しみにしてるぞっ」

「産みたいっ、たくさん産ませてっ…♪」

初めての交わりなのに、易々と馴染んで結びついている
私を引き裂けそうな固さだった彼の象徴は
私の肉を優しく、力強く広げていく
もうすぐ、もうすぐ…妊娠、するっ…♪


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 22:14:08.57 ID:4A7xpMCAO

急に抜かれて、また刺して、荒々しくなって
慣れ始めた私を新鮮な快楽で苛める
後はもう、孕ませて…孕むだけ

私たちは、何だって…できるんですから

「俺の子を産めっ、茄子っ!」

「…あっ!ああっ!産みますっ♪あなたの赤ちゃん産みますううっっ♪」

2人一緒に、絶頂で揺れ動いた
一番奥、子を産むための場所に
彼の化身が向かっていくイメージが湧いてくる
彼の子を産めると…確信していた
…私が何者であろうとも


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 00:49:37.13 ID:sV56JQ5AO

「…あっ♪まだおちんちん、元気ですね、もう一回中出しキメちゃいますか?」

「どうするかなあ…明日以降やる余裕も欲しいし」

「んやうっ、手は正直じゃないですか♪」

彼の圧力を胎内に残したまま…
胸に迫る別の圧力
膨らみの形を好き放題に歪める、10本の指
潰されて、揺さぶられて、引っ張られていく

「うふふっ。いくら絞っても、赤ちゃん産む前じゃミルクはでませんよ~?」

「…茄子の母乳って、どんな味なんだろうな」

「んんっ…ひうっ!ちょ、強く、しすぎですっ♪」

両乳首が一緒に潰されて、引っ張られる
私が特に好きな…彼の愛撫
緩やかな痺れと幸せが湧いてくる
…次から次へと


54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 01:01:32.98 ID:sV56JQ5AO

「しかしまあ、夏の仕事でも申し分ないスタイルなんだがな」

「今年からは、お腹でちゃってますよ?きっと」

「違いない」

お尻、腰、脇腹、へそ周り、肩甲骨、そして…改めて胸
彼は私の身体のラインを、丁寧に撫であげていく
私は何回も、嬉しさで震えていた

「なので、水着姿はあなた専用ですね~」

「…撮らせてくれる?」

「…えっち♪」

彼をからかいながら、唇を当てて吸い上げる
胸板に、すぐには消えないキスマークを…刻み込んだ
消えたらまた、結びつける
そう、私たちの繋がりのように


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 22:43:17.22 ID:DOGqpv3AO

「ん、ふふっ、ピクピクしてますね~」

「ふう…これも、なかなか…っ」

「さっきのお返しです♪」

今度は自分の手で胸を歪める
間に彼の肉を挟み、ぐいっ、ぐいっと力を込めて…
視線で煽るように彼を見上げながら、時折しゃぶる

「かけたいです?また、飲んでもいいですけど」

「そうだな…茄子にぶっかけてみたいかな?」

「…お任せあれ~♪」

亀頭への強いキスを合図にして、動きのペースをあげる
口の中へ入れないように、舌を転がしてひたすら先端をなぶる
…唾液と先走りが溶け合っていく


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 22:52:28.54 ID:DOGqpv3AO

「…出…るっ…!」

「…んっ!…ああっ…すごい匂い。元気なおちんちんですね♪」

ちょっと位置をずらして、眉間の辺りに白濁を浴びる
私はまとわりつく男の香りを、しばらく堪能していた
ぶっかけられた顔の記録を残した後、指で精液を掬って…おまんこへ塗りつける

「んっ、んっ、んっ…んんうっ!!」

「くっ、そろそろ一回休ま…せっ…」

「んふふっ♪」

自慰をしながら、肉棒を口の中に取り込む
支配しながら、支配される悦び
時間を忘れて…夢中になっていた


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 23:06:39.19 ID:DOGqpv3AO

…数ヶ月後
私は『新たな繋がり』によって大分大きくなったお腹をアピールしながら
水着姿を見せつけていた

「ほら、あなたが楽しみにしてたマイクロビキニですよ~」

「おお…すげえ。エロいな…」

「だけど無理はダメですよ?お父さん♪」

お腹をマッサージしてくる彼の手に、私の手を繋げる
…息苦しさと安らぎの狭間で、自分がどんどん母親になっていくのを感じていた


59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 23:18:53.20 ID:DOGqpv3AO

「久しぶりに、生でしたいんですが…ダメ?」

「無理しないって言ったばかりだろ」

「ん、そうでしたっけ、うふふっ♪」

キスや愛撫で温もりの補充はしているけれども
体によくないとわかっていても、精液を浴びたくなる
鬱憤晴らしに、彼の股間へ手を伸ばす

「…ちょっとくらいは、いいかな」

「ちょっとでもいいですっ、…しましょ?」

欲望にまみれる前に、そっとお腹の子へおまじないをする
大切な繋がりが、ずっと続きますように

私に出来る、何よりも強固な、縁結びの…『呪い』


60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 23:23:16.61 ID:DOGqpv3AO
これで茄子スレ終了です
依存型っぽくなってれば幸いです
日が変わったら美世スレ立てて依頼だそうと思います

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 23:37:12.38 ID:5Wrpm2tO0
乙です



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 鷹富士茄子「繋がりと呪い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445254521/


[ 2018/06/29 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23787-adffad38