ヘッドライン

モバP「うちの事務所で風邪が流行っている」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530010172/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:50:26.56 ID:Yb5dhclVO
P宅

P「...」ピピピ

P「...37.8℃か、完全に風邪だな」

P「参ったなあ、どこで貰って来ちゃったんだろ...ゲホッゲホッ!」

P「...こりゃ事務所には行けんわ、電話電話」ピポパ

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:51:15.32 ID:Yb5dhclVO
事務所

千川ちひろ「はい、というわけでPさんは風邪でお休みです!」


ザワザワ...

ちひろ「みんなも体調管理には気をつけてね!暑いからってアイス食べすぎたりしちゃダメよ?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:52:14.19 ID:Yb5dhclVO
「Pさん大丈夫かなあ...」

「お見舞い行けばいいんじゃない?」

「あっ、わたし行きたい!」「私も!」「いえ、ここは私が!」

「...公平にいこっか?」

「「「.........」」」

「「「じゃーんけーん...」」」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:52:57.64 ID:Yb5dhclVO
「か、勝っちゃった...!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:53:37.54 ID:Yb5dhclVO

P宅

ピンポーン

P(うわっ誰だよこんな時に...)ゲホゲホ

P「宗教勧誘とかだったら思いっきり咳して伝染してやるからな!」フラフラ

P「はーい」ガチャ

高森藍子「おはようございます、体調はどうですか?」ニコッ


P「...はい?」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:54:28.54 ID:Yb5dhclVO

P「...見舞いにでも来てくれたのか?」

藍子「はいっ♪」

P「気持ちは嬉しいんだけどな~、お前はアイドルなんだからこんなところに来ちゃ...」

藍子「...私だって、そのくらいわかってますっ」

P「えっ」

藍子「だけど、どうしてもPさんが心配で...」

P「あ、藍子...」

藍子「もちろん、絶対にダメだって言われたら帰りますけど...」ショボン

P「うっ...」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:55:26.96 ID:Yb5dhclVO

藍子「お邪魔します♪」パタパタ

P「頼むから伝染らないでくれよ…」

P(入れてしまった...)

藍子(い、入れてもらえた...)ドキドキ


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:57:33.47 ID:Yb5dhclVO

P(すげぇ、藍子が来ただけでむさ苦しい部屋がいいにおいに!)

P「...まあせっかく来てもらったけどさ、特にやることなんてないだろうし早めに帰っ

グゥゥゥゥ

て...」

藍子「...」

P「あっ...」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 19:58:16.79 ID:Yb5dhclVO

藍子「...Pさん、今日は今までに何を食べましたか?」

P「...ナニモタベテナイデス」

藍子「...来て正解でした」グッ

P「でもね?栄養満点(千川曰く)の怪しいドリンクなら飲んだしたぶん大丈夫...ゲホッゲホッ!」

藍子「ダメに決まってます!キッチンお借りしますね、Pさんは大人しく寝ててくださいっ!」グイグイ

P「あ~、力が入らない~...」グイグイ


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:00:09.88 ID:Yb5dhclVO

藍子「~♪」トントントントン

P(俺の家にまともな食材がないこともお見通しだったらしい、ちゃんと買ってきてくれた)

藍子「~♪~♪」グツグツ

P(...しかし、エプロンをしてキッチンに立つ藍子。とても絵になるな、かわいい)

藍子(視線が気になる...)

P「...おっ、いい匂いがしてきた」ゲホゲホ

藍子「もうすぐできますよ♪」カチャカチャ


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:01:21.12 ID:Yb5dhclVO

P(...にしてもなんかアレだな、まるで藍子がお嫁さんみたいに見えるな」

バッターン!

P「!?どうした藍子、大丈夫か!?」バタバタ


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:02:43.65 ID:Yb5dhclVO

藍子「...大丈夫です、ちょっとつまづいただけですから」

P「怪我はしてないな、よかった...」

藍子「...」ポスン

P「えっ、なに?」

藍子「...もうっ!もうっ!急にあんなこと言って!もうっ!!」ポカポカポカポカ

P「痛...くは全然ないけど、もしかしてさっきの声に出てた?」

藍子「出てましたよ!!もぉ~~~!!!」ポカポカ

P「牛さんかな?(かわいい)」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:03:42.03 ID:Yb5dhclVO

藍子「さて、気を取り直して...」コホン

藍子「できました、たまご粥です♪」

P「おおー、うまそう...じゃあ早速」スッ

藍子「」スッ

P「!?」スッ

藍子「」スッ

P「えっ、くれないの!?」

藍子「もちろん食べてもらいますけど...ちょっと待っててくださいね」カチャカチャ

藍子「ふー、ふー...」

P「!?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:04:31.85 ID:Yb5dhclVO

藍子「はい、あーん?」

P「いやいやいや、1人で食べられるから!」

藍子「...食べて、くれないんですか?」ショボン

P「ぐっ...藍子のそれ、ずるいよなぁ...」

P「...わかったよ、あーん」パクッ

藍子「!!!」

P「...うん、おいしいよ」モグモグ

藍子「よかったあ...」ホッ

P「でも、やっぱ自分で食べちゃダメか?いや、藍子に食べさせてもらえるのは嬉しいんだけどさ、ほら、ね?」

藍子「そ、そうですね...」テレテレ


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:05:05.69 ID:Yb5dhclVO

P(実は一口目は味なんてわかってなかったよ、藍子がふーふーしてくれたお粥なんて味わう余裕ないわ...あっうめえ)パクパク

藍子(思った以上に恥ずかしかったな...)///


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:05:41.84 ID:Yb5dhclVO

数日後、事務所

P「その後藍子はちゃんと家に帰りました。何もなかったですよ、ええ何も、神に誓って!」

ちひろ「誰に何を言ってるんですか?」

P「いや、ただの独り言です...そんなことより」

ちひろ「ええ、困りましたね…」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:06:32.08 ID:Yb5dhclVO

P・ちひろ「まさか今度は藍子(ちゃん)が風邪とは」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:07:19.38 ID:Yb5dhclVO

ちひろ「藍子ちゃんは自己管理はできてそうなイメージがあったんですけど...Pさんなにか心当たりありませんか?」

P「サァ、オレニハケントウツモカナイデスネ」

ちひろ(怪しいなあ...)


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:08:08.41 ID:Yb5dhclVO

P「さーて、お返しにお見舞いに行ってやりたいけど俺がアイドルの家に行ってもいいものか...」

?「お困りのようだねP!」

P「おっ、お前は...」

?「あーちゃんのお見舞いなら私に任せて!行ってきまーす!」スタコラサッサ

P「お前まで伝染されないようになー!」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:09:07.97 ID:Yb5dhclVO

P「まああいつなら適任だな、今回は任せるか...」

ちひろ「...」チョイチョイ

P「おっ、どうしました?」

ちひろ「『お返しに』ってなんですか?」ゴゴゴゴ

P「やべえ、やっちまった!ごめんなさい許しtギャアアアアアアアア!!!!!!!!!!」

おわり


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/26(火) 20:10:06.67 ID:Yb5dhclVO

とりあえず完結です。
高森さんちには誰がお見舞いに行ったのかなあ(バレバレ)、続きは気が向いたら書くかもしれません。
いらっしゃるかどうかわかりませんが読んでくださった皆さんありがとうございました。


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 16:27:49.92 ID:hH9NAyp/0

高森家

藍子「コホッコホッ...完全に伝染っちゃった...」

藍子「...」

藍子(この家、今は私しかいないから退屈だな...それに)

藍子「...寂しいな、ちょっとだけ」ボソッ

ピンポーン

藍子「...誰だろう?」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 16:28:38.75 ID:hH9NAyp/0

藍子「コホンコホン...はーい」ガチャ

本田未央「やっほ~!お見舞い来ちゃった☆」


藍子「み、未央ちゃん?」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 16:29:48.83 ID:hH9NAyp/0

藍子の部屋

藍子「ごめんね、わざわざ来てもらっちゃって...今お茶持ってくるから」フラフラ

未央「ストーップ!病人は大人しく寝てて!」

藍子「でも、せっかく来てくれたのに何もしてあげられなくて...コホンコホン!」

未央「こんな時までいい子だねえあーちゃんは...」

未央「私たち、いっつもあーちゃんに癒してもらってるからさ!今日くらいはそのお返しさせてよね!」

藍子「未央ちゃん...」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 16:30:47.78 ID:hH9NAyp/0

未央「それに、あーちゃんが家で1人だって聞いたからさ、寂しくないかな~って」

藍子「!」

未央「それは親友としては見過ごせないよね!だって私、友情番長の本田未央ちゃんだもん!」

藍子「...」

未央「...あー、ごめんね?風邪なのにいきなり押しかけてきて、1人で盛り上がっちゃって」

藍子「ううん、来てくれてありがとう...あと」

未央「あと?」

藍子「...」ギュッ

未央「ど、どしたのあーちゃん?いきなりハグなんて情熱的だね…」

藍子「...やっぱり何でもない。でも、少しの間だけこうさせて♪」ギュウ

未央「???」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 16:32:06.31 ID:hH9NAyp/0

未央「...やっぱりまだ熱あるみたいだね、あーちゃんすごくあったかいや」

藍子「あっ...ごめんね、こんなことしたら伝染しちゃうかもっ」パッ

未央「大丈夫っ!私、体力には自信あるし!それに...」

藍子「それに?」

未央「これで私に伝染っちゃったら、今度はあーちゃんがお見舞いに来てくれるもんね?」

藍子「!...うん、任せてっ!」

藍子「...って、風邪なんて引かないのが一番だよ~!」

未央「えへへっ、それもそうか!」テヘペロ


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 00:05:37.84 ID:HRqD2jaIO

藍子「...でも、特にすることもないなぁ」

未央「ごはんは?」

藍子「さっき食べたよ」

未央「汗かいてない?」

藍子「お母さんが出かける前に体拭いてくれたから...」

未央「と、トイレ行きたくない?」

藍子「待って!行きたいって言ったら何をしてくれるつもりなの!?」



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 00:06:47.96 ID:HRqD2jaIO

藍子「コホンコホン...無理して何かしてくれなくても、こうやってお話してくれるだけですごく嬉しいよ?」

未央「あーちゃんマジ天使!じゃあ、この前の仕事の話なんだけどさ~...」

数時間後

未央「...そしたらねー、そこでしまむーがさ~...」

藍子「うん...うん...」ウツラウツラ

未央「おやっ、あーちゃんもしかしておねむですかな?」

藍子「うん...少しだけ...」

未央「そっか、じゃあ私はそろそろ帰ろっかな!あとはゆっくり休んで早く治してね!」

藍子「あっ...あの...」

未央「ん?どしたの?」

藍子「あのね、もしよかったらでいいんだけど...」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 00:08:15.30 ID:HRqD2jaIO

藍子「私が寝るまで...手、握っててほしいな...なんて」

未央「!...」

藍子「すぐ帰っちゃうなら、いいんだけど...」シュン

未央「...」ギュッ

藍子「み、未央ちゃん...?」

未央「手なんていくらでも握っててあげるよ!未央ちゃんの元気パワーで、早く良くなってね!」

藍子「未央ちゃん...ありがとう...」パアア



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 00:08:54.66 ID:HRqD2jaIO

藍子「...ほんとはね、未央ちゃん...」

未央「うん?」

藍子「未央ちゃんが来てくれるまで...私、寂しかったんだ」

未央「...うん」

藍子「だからね、そんな時に未央ちゃんが来てくれて、びっくりして...」

未央「...」

藍子「...でも、ほんとうに嬉しかったんだ...」

未央「...そっか」

藍子「だから未央ちゃん...来てくれて...ありがとう......Zzz」

未央「...おやすみ、あーちゃん」ナデナデ


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 00:10:15.89 ID:HRqD2jaIO


未央(あーちゃん、私が来てから謝ってばっかりだったけど...)

未央(やっぱり、こんな時はごめんなさいよりもありがとうだよね!)ウンウン

未央「...って、うわっ!?もうこんな時間...ゆるふわオーラ恐るべし...!」

未央「じゃあ今度こそ未央ちゃんは帰りま~す...バイバイ、あーちゃ...」

藍子「Zzz...」ギュッ

未央「...困ったなーもう、これじゃ帰れないじゃん」

未央「まあ、いっか...えへへ...」ニコニコ

藍子「Zzz...♪」ニコニコ



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 00:11:10.66 ID:HRqD2jaIO

数日後、事務所

P「その後どうにか手を離してもらうまでさらに数時間かかり、未央が家に帰りついた頃にはすっかり深夜になっていた…もちろん俺が責任持って家まで送ったぞ」

ちひろ「だから誰に何を言ってるんですかって...」

P「独り言っすよ独り言...しかし、困りましたね」

ちひろ「ええ、まさか...」


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 00:12:47.44 ID:HRqD2jaIO

P・ちひろ「「今度は未央(ちゃん)に伝染ったとは」」

藍子「ごめんなさいっ、私が未央ちゃんの手を離さなかったから...」

P「いや、別に藍子のせいじゃない...とも言い切れないかもな、ずいぶん伝染りやすい風邪みたいだし」

P「さて、未央の見舞いに行ってやりたいが...」

ちひろ「ダメですよ?」ニコッ

P「ですよねー...」

藍子「じゃあ私が...!」

P「ダメダメ、お前はまだ病み上がりなんだからぶり返すかもしれないぞ?」

藍子「そう、ですか...」


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:00:02.05 ID:HRqD2jaIO

?「大丈夫!ここは未央ちゃんのズッ友の私に任せてください!」

P「いやそれは中の人のネタだから...まあいいや、お前バカだから伝染らなそうだし適任かもな」

?「なにをー!」プンスカ


おわり


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:01:33.75 ID:HRqD2jaIO

はい、今度こそ終わりです
もしかしたら誰かさんが続き書くかもしれませんけど

読んでくださった皆さんありがとうございました!




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「うちの事務所で風邪が流行っている」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530010172/


[ 2018/06/29 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23780-dbc48b32