ヘッドライン

P「美希が誕生日忘れたせいで獣人化した」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:19:12.04 ID:JJa8XBt20
美希「がるるるっっ!」

春香「きゃーっ! 美希が、きゃーっ!」

P「何故か春香が追い回されている……!」

P「こうなったのも俺のせいか……クソっ! 俺の馬鹿!」

美希「がるるんがるるん」

P「うわーっ、こっちにも来た、うわーっ!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:22:11.79 ID:JJa8XBt20
美希「がるふしゃーっ!」

ズバッ

P「いでぇぇぇええーーーッッ!」

春香「プロデューサーさん、美希の心の方がきっともっと痛いんです!」

P「あ、お前、そんな物陰から! ずるい!」

美希「がるるんーー!」

春香「きゃーっ! バレた! っていうか私関係ないし!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:26:23.87 ID:JJa8XBt20
美希「あ……ぅ……」

P「美希が人の心を取り戻しだした!」

P「そうだ、今プレゼントをちゃんとあげればもとに戻るかもしれん!」

春香「早くしてください!」

P「えーと、えーと何か……えっと……」

P「あ、これは……ぺ、……」

春香「ぺ?ペンダント?」

P「ペディグリーチャム」

美希「がるるるる!!」

ズバッ

P「痛いいいいいいい」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:31:06.15 ID:JJa8XBt20
春香「ほら、プロデューサーさん、美希が資料棚の上に昇って
    すごい背筋丸めて威嚇してるじゃないですか!」

P「ほーら、おじさんは怖くないぞー! いつもハニーだぞー」

美希「は……にぃ……?」

P「また心を取り戻しかけているぞ!」

春香「早く美希に何かプレゼントを!」

P「お、俺……っていうのは……ダメなのか?」

美希「がるるる!!」

P「うわぁぁぁ! こっち来たー!」

春香「あ、一瞬にして美希にプロデューサーが押し倒され、そして腰を振っている!」

春香「にしても振ってるのは美希だけど……」

P「し、尻にすごい、あ、なんか! うわぁぁぁ!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:37:10.22 ID:JJa8XBt20
春香「とりあえず美希は社長室に隔離しました」

P「ものすごい暴れてる音聞こえるけどな」

春香「っていうかいい加減出してくださいよ、本当に忘れたんですか?」

P「…………」

春香「え?……本当に?」

P「…………」

春香「シンジラレナイ」

P「…………」

春香「買ってもないんですか?」

P「…………」

春香「そこに跪いて! 謝りなさい!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:42:48.06 ID:JJa8XBt20
P「本当に申し訳ございませんでした……」

<がるるるっ

春香「ほら、社長室で美希も怒ってますよ!」

P「美希ーーっ!違うんだー! 許してくれぇー!」

P「あ、明日!」

<がるるるっっ!

春香「このヘタレ! 今すぐ行って来なさい!」

P「し、仕事が……片付いてなくて……」

<がるるんがるるん!

春香「仕事と美希どっちが大事なの!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:49:52.62 ID:JJa8XBt20
P「こういう時の女子の連帯感ってのは何なんだろうな?」

春香「話誤魔化そうったっていきませんからね!」

P「ここは話の通じない獣人化した美希の話がわかりそうな我那覇さんを呼ぼうぜ」

春香「響ちゃん……わかるのかなぁ?」

P「携帯取り出しポパピプペ……」

prrr

只今、電話に出ることができません

P「馬鹿な……圏外だとでもいうのか? 響のスケジュールは確か……」

P「ジャングルでのロケ……」

春香「なるほど、それは携帯かかりませんね」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:55:24.77 ID:JJa8XBt20
春香「っていうか私きてすぐに獣人化したんですけど……どういうことなんですか?」

P「あぁ……あれはな。遡ること100年前……」

春香「いや、どっからやるつもりですか!」

P「江戸時代から今の俺達にいたるまでを永遠9時間コースで語ろうと……」

春香「そんな時間あるんだったら早くプレゼント買ってきてください!」

<がるるる!!

P「み、美希がお怒りだぁぁ……! というかそろそろ社長室の扉が壊されそうだ……」

P「じゃあことの経緯を話そうじゃないか……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:00:08.27 ID:JJa8XBt20
……20分前……

美希「おっはようございますなのー!」

美希「今日はミキが一番乗りだよ、ハニー!」

P「うぃ~、そうだなぁ。弱小の765プロの~、癖に一番乗りとはな~」

美希「ねえねえミキ偉い!?」

P「うぃ、これは当たり前だぁ~」

美希「なんでさっきから黒井社長みたいな喋り方なの?」

P「こうやって彼になりきることで彼の思考を読み取っているんだ……」

美希「ミキ、なんとなくわかったけど、全然わかんないって感じ」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:06:10.38 ID:JJa8XBt20
美希「そんなことよりもハニー!」

P「んにょ?」

美希「……」

美希「今日はなんの日でしょうか~? えへへ」

P「なんだよ、やけに楽しそうじゃないか。なんかあるのォアヒィッ!?」ビクッ

美希「ん? どうしたのハニー?」

P「ん? ん? あぁ、い、いいいいや?いや?べ、べつに、なん何でもない」

P( やっちゃった……。やべええ~~~!! )

美希「ふひゅひゅ、今日のハニーは変なハニーなのっ!」ツンツン

P「こ、こら、ツンツンするんじゃないよ。ま、まだ、あ、あわわあわわ慌てる時間じゃないからな?」

P(美希の奴楽しみすぎて笑い方やばくなってるぞ……)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:12:46.98 ID:JJa8XBt20
美希「あっ! ねえハニーこの箱何!?」バッ

P「あ、コラ!」

美希「ティッシュ箱……なんだ……」

美希「もう、隠してても美希にはお見通しだからねっ」ガラッ

P「コラコラ、おもむろに俺のデスクの引き出しを勝手に開けるんじゃないよ!」

美希「書類ばかり……。じゃあハニーのカバンに!」ドサドサドサ

P「あー、ちょいちょいちょい! カバンひっくり返して探す奴があるかぁ!」

美希「ねえハニー?」

P「な、なんだ?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:17:50.58 ID:JJa8XBt20
美希「今日、何の日か……わからない?」

P「わかっている……わかっているぞ」

美希「ねえ、じゃあ言ってみて……」

P「美希の誕生日だ。お誕生日おめでとう美希」

美希「あはっ、ハニー! ありがとうなの! 大好きっ!」ギュゥッ

P「うほぁあッ!? こ、こら、苦しい苦しいって!」

P( 胸が苦しい! これでプレゼントがないとか言ったら……俺はどうなるんだ!? )

美希「んふひゅひゅ……、ねえねえハニー!」

美希「あんまりミキのこと焦らさないで? ね?」

P「くねくねするんじゃないよ! 上目遣いやめてぇーっ! 心が痛い、美希の笑顔が眩しい!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:23:57.01 ID:JJa8XBt20
P「あ、あのな……美希……聞いてくれ」

美希「はい、お引き受けします、なの。不束者ですが、よろしくお願いします」

P「違う、美希、プロポーズはしてないぞ!」

美希「えぇ!? 違うの!?」

P「よく聞いてくれ……」

美希「ハニーはお婿さんの方だよ?」

P「いや、嫁は俺な、お前、婿やれよ、とかそういう話をするんじゃないんだよ!」

美希「んもうっ、じゃあなんなの?」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:30:01.09 ID:JJa8XBt20
P「お、おでゅ、おで、で、俺……」

美希「ハニー!? 落ち着くの! ハニーが何を言いたいのか全くミキに届いてこないの!」

美希「届かないメッセージ、不可視のラビリンス!」

P「うまい具合に繋げてきたな!?」

P「お、俺な……ご、ごめん……美希」

美希「……何が?」

P「へ?」

美希「ごめんって……何が?」

P「いや、その先に謝っとこうと思って」

美希「……で? ねえハニー?」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:38:54.99 ID:JJa8XBt20
美希「ハニー?」

P「……はい」

美希「はい、じゃなくて……話を続けて欲しいの」

美希「ミキは全然今、怒ってないの」

美希「ミキ、ハニーがもし、ミキのお誕生日プレゼント忘れたとか言っても怒らないよ」

P「え? まじ? ごめんなさい忘れました。本当にごめんなさい!」


ブチィッ

美希「ふ、ふぅぅ~~ん……」

P「み、美希、今何かすごい音が聞こえた気が……、ってめっちゃ笑顔引きつってるぞ……!?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:48:34.25 ID:JJa8XBt20
美希「じゃ、じゃあ……せめて、今日だけでもミキ、二人きりで」

P「な、な、どうした美希」

美希「ねえハニー、目、閉じて」

P「……え?」

美希「せめて……じゃあこれだけでも……欲しいの」

P「いいのかよ……そんなんで……俺で」

美希「……ハニーじゃなきゃ、や」

P「わかったよ……美希、償えるとは思ってない……」

美希「ハニー……絶対許さないの」





春香「おっはようございまーす!」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:53:06.68 ID:JJa8XBt20
P「お、おお、春香……おはよう」バッ

P(さすがに他のアイドルに見られるのは)


ブチィッ!!!


美希「がるるるるっっ!!」

P「うおおお!? な、なんだぁぁぁ!?」

美希「がるるらぁぁあっっ!」

ズバッ

P「うぎゃーー! な、なんて鋭い爪なんだ! 痛い、痛すぎる!!」

春香「えぇぇ!? み、美希!?」

P「た、大変だぁぁ! 美希が、美希が獣人化したぁぁぁ!!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:54:34.20 ID:CVu6OqGAO
いつもの春香さん

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:57:20.81 ID:JJa8XBt20
…………

春香( あれ? あっれぇぇ~~? )

春香( あっっっるるるぇええええええ??? )

春香(もしかして……もしかしなくても、もしかしちゃっても……)

春香(私のせい……?)

春香(散々プロデューサーさんのこと攻めてたけど)

春香(これ、引き金引いたの完全に私だよね?)

春香(いやいや、待って待って、でも火薬と銃と球を用意したのはプロデューサーさんでしょう!?)

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 18:58:03.19 ID:8zN562vl0
わろた

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 19:02:26.86 ID:JJa8XBt20
P「頼みの響はジャングルだし……どうしよう……」

春香「えっと、とにかくプレゼントを買ってきてあげるというのはどうでしょうか!?」

春香「私が見てますんで、早く行ってきてください!」

P「そうか、やはりそうだよな……!わかった行ってくる!」

P「すぐに戻ってくるから待っとけよ!」

<がるるっ!

春香「よ、よし……行った? 大丈夫?」

44 :保守ありがとうございます 2012/11/23(金) 19:47:19.80 ID:JJa8XBt20
春香「美希~?」

<がるるるるるるるる!!!

春香「すごい怒ってるよぉ~!」

春香「どうしよう~!」

春香「あ、あの~……いい雰囲気の所邪魔しちゃってごめんね美希?」

<がるるぁぁっ!!

春香「ひぃぃっ!」

春香「あ、あの、本当にごめんね!美希?」

<がるるる!

春香「うぅ~、ダメだぁ。まだ怒ってるよぉ……どうしよう」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 19:54:39.34 ID:JJa8XBt20
春香「と、とりあえず、今買ってきてもらってるからさ! ね?」

春香「ほら、必死に今選んでると思うから!」

<がるるもんっ!

春香「えっ!? な、何!?今何かありえない単語が聞こえたんだけど」

春香「と、とりあえず、あの……ペディグリーチャムでも食べて落ち着いてみてよ」

<ぐぎゃぁぁぁあっ!

春香「ひぃぃぃ! 聞いたことない声で怒ってるよぉ……」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 19:59:08.84 ID:JJa8XBt20
……5分後……

春香「ぷ、プロデューサーさん、遅いなぁ……」

P「お待たせっ! 帰ってきたぜ!」

P「さぁ、美希ー! お待ちかねのプレゼント・タイムだーー!」

美希「がるるるぁぁあ!」ズドォーン

P「うおっ!?ドアぶち破ってきたぞ!」

P「さぁ、最高のプレゼントだ! この俺とおそろいのTシャツだ!」ババーン

春香「うわぁ……」

P「お、おいなんだその目は」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:04:16.89 ID:JJa8XBt20
美希「ふしゃー!」

ズバッ

春香「いでぇぇぇ!!」

P「なんだ……一体、何がいけなかったんだ」

P「わからない、美希が一体何を欲してるのかがわからない」

春香「じゃ、じゃあ私はお邪魔みたいなんで……そろそろこれで」

P「待ってくれよ春香! 俺を一人にしないでくれよ!」

P「こんな所で獣人化した美希と二人でいたら俺、たぶん食われちゃうから!」

春香(まぁ、いろんな意味で)

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:09:47.42 ID:JJa8XBt20
美希「がるるるっ!」

P「うわぁぁぁ!」

春香「きゃーっ!」

美希「がるるぁあ!」

春香「きゃーっ! 私!? ごめんなさいごめんなさい!」

P「春香が襲われている……! こんなこともあろうかと、もう一つ別のプレゼントを買っておいたのさ」

春香「早くだしてください!」

P「これだ! おにぎり入れケース!」ジャジャーン

美希「がるぅ~」

P「おお、美希の動きが止まったぞ!」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:15:34.90 ID:JJa8XBt20
美希「ぐるる……」チラッ

春香「さっきから美希が私のことすごい牽制してくるんですが」

prrrr!

P「あ、俺の携帯があんな遠い場所で光っている!」

春香「私が近いんでとりますね!」

春香「プロデューサーさんは美希を見張っていてください!」

春香「あ、もしもし、こちら765プロです」

響『はいさい! プロデューサー? ん? その声、春香か?』

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:20:23.10 ID:JJa8XBt20
春香「あ、響ちゃん! ジャングルにいるんじゃなかったの!?」

響『今、休憩中で電波の入るところまで戻ってきたんだ! そしたらプロデューサーから何回かかかってきてたからかけ直したんだけど、プロデューサーは?』

春香「ああ、それが今、大変なの……美希が獣人化しちゃって」

響『え? ……春香、大丈夫か?』

春香「何その私の頭を心配する言い方! 本当なんだってば!」

響『でもさすがにそれはないぞ……』

春香「じゃあ、ちょっと声聞いてみてよ! ほーら、美希~?」

春香「響ちゃんだよ~」

美希「がるるぁあ!」

P「春香、遊んでないで早くなんとかしてくれ!」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:25:15.19 ID:JJa8XBt20
響『今の、美希か!? なんかすごい怒ってたぞ!?』

響『春香、また何かしたのか?』

春香「のワの」

響『あーっ! 今のワのになっただろ! 電話越しでもわかるからな!』

響『とぼけたって無駄だぞ! ちゃんと謝ったのか?』

春香「謝ったし、ここからとりあえずは立ち去ろうとはするんだけど、プロデューサーさんが……」

P「春香ぁー! 美希が、すごい舐めてきて、あっひょぅほぉ!」

響『まったく……しょうがないなぁ。春香、美希に自分の声が聞こえるところまで電話持って行って』

春香「えぇー! だって怖いよぉ」

響『つべこべ言わない!』

春香「ふえぇぇ~」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:30:10.51 ID:JJa8XBt20
美希「がぶっ!」

春香「痛いいいい!」

響『美希ー!?聞こえるかー?』

響『春香も謝ってるし、何があったかはよくわからないけど許してやってよ』

美希「がるるるっ」

響『えぇ!? そりゃ確かにプロデューサーは悪いし足は臭いけれど……』

P「足臭いのは関係ないだろ! やめろよ! やめろよ!」

美希「がるるるん」

響『あー、うん、それは春香が悪いな……』

響「とりあえず、春香は帰りなよ」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:31:49.49 ID:5STYWIOi0
流石響さん頼りになる

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:33:32.80 ID:JJa8XBt20
P「待ってくれよ響! 春香がいなくなったら俺は骨になるまで食われちまうだろうが!」

P「うわぁぁぁ! きっとダシを取られてじっくりコトコトクリームシチューだぁぁ」

響『何わけわかんないこと言ってるんだプロデューサー? とりあえず落ち着きなよ』

春香「じゃ、そういうことなんで私、帰ります! 美希、本当にごめんね!」ダッ

美希「がるるっ」ドギャッ

春香「きゃぁぁ!? ってうわぁぁぁ~~!」ドンガラガッシャーン

P「帰る春香に追い打ちをかけるように背中からタックル食らわせて事務所から追い出したぞ……」

美希「……」

P「み、美希……?」


パァァァ……!


P「眩しい! 聖なる光が美希を!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:38:14.10 ID:JJa8XBt20
美希「ハニー……ごめんなさいなの」

響『お、美希、戻ったのか!?』

響『自分からも電話で申し訳ないんだけど、お誕生日おめでとう!』

響『あ、あと バキッ! 

P(俺の携帯破壊した!?)

美希「響……ありがとう。でも今はもううるさいの」

美希「……ねえハニー」

P「は、はい」

美希「わがまま言って……ごめんなさいなの」

P「いや、美希が謝ることなんてないんだ! 俺が悪いんだから……」

P「プレゼント……さっき買ってきたけどさ、あれ以外にも」

P「見てくれ! この毛糸の帽子を! 市販なんだけど、美希にピッタリだと思って」

美希「……可愛いの」

P「美希、俺も本当にごめん……」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:41:04.31 ID:JJa8XBt20
美希「ううん、いいよ。ハニー、今日あとの時間、ミキと一緒にいてくれる……?」

P「う、うん……え? き、キスすればいいのか?」

美希「あはっ、もう! ハニーは本当にお馬鹿さんなの……」

P(そんな儚い笑顔見せないでよぉ!心が壊れそうだよぉぉぉぉお!)

美希「そーゆーのはもっとロマンチックに言わないとだめなんだよ?」

P「……そーゆーのわかんねーし」

美希「ねえ、ハニー。ミキのことずっとプロデュースしてくれる?」

P「美希がアイドルである限りはな」

美希「それってミキがアイドルやめたら放って置くってこと? それとも」

美希「ううん、なんでもないの」

美希「でも……どんなハニーでもハニーはハニー」

美希「ミキ、ハニーが大好き……」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:46:12.21 ID:JJa8XBt20
美希「ミキ、最近怒ったりすると獣人化しちゃうんだ……こんなミキでもハニーは愛してくれる?
    ううん、愛してくれなくてもいいの! プロデュースしてくれる!?」

P「いいぞ……もちろんさ」

美希「ホントに!?」

P「でも……なんで獣人化するの?」

美希「それはミキにもよくわからない……」

P「そっか……まぁ、でも」

P「美希、お誕生日おめでとう」

美希「うん、ありがとう……」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:50:36.05 ID:JJa8XBt20
美希「ハニー、今日はごめんなさいなの……大好き」

P「ああ、俺もごめん」

美希「ハニー……」ギュゥッ

P「……」

P「美希……」

P「……」

美希「……なぁに?」

P「じゃあ、一緒に散らかった事務所、片付けよっか?」

美希「………………うん」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:55:32.97 ID:JJa8XBt20
……後日……

美希「ハニーのお昼ごはんだよー! はい、あーん!」

P「もがぁ!? もぐもぐ、うまいなこれ、何味だ?」

美希「えへへ、響が『やっぱり自分で作る方がいいし使わないから』って言ってた奴を
   もらったんだけど、ペディグリーチャムっていうよくわかんないやつ」

美希「最近ミキ、これおにぎりの具にするのハマっててね、ハニーにも食べて欲しかったの!」

P「ぶぅぅーーーッッ!!」

P「うわぁぁぁ!! お、お前ふざけ、ちょっ、おい! なんてもん食わせやがるるるるるる!!」

美希「きゃーー! ハニーが獣人化したのーー!!」

END

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 21:00:01.78 ID:JJa8XBt20
書き溜めてなかったから何がやりたかったのか自分でもよくわかんなかったけど
言いたいことは美希ハッピーバースデー!これだけ。

短いですが終わりますね。ありがとうございました。



元スレ: P「美希が誕生日忘れたせいで獣人化した」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353658752/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23591-ac42b252