ヘッドライン

百合子「妄想爆走少女☆七尾百合子」グリP「」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369449003/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:30:04.31 ID:0okvGXIYo
百合子「どうでしょうか、この企画!」


グリP「よく分かんないから一応説明をお願いします」

百合子「この私、七尾百合子が日々行なっている妄想を実際にテレビで再現してみようという企画です!」

グリP「うん余裕で却下だから安心しろ」

百合子「酷いですよプロデューサーさん!そんなに私の妄想が変だって言いたいんですか!?」

グリP「そうとは言ってないだろ…そもそもそんな企画通ると思ったのか?」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:30:52.31 ID:0okvGXIYo
百合子「妄想の中では通ってました」

グリP「ちょっとその妄想を口で説明してみてくれ」

百合子「えっ///」

グリP「どうした?」

百合子「妄想を言うのは恥ずかしいです///」テレテレ

グリP「言えないのになんでこんな企画考えたんだよ…」

百合子「が、頑張ってみます///」

グリP「お、おう」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:32:43.26 ID:0okvGXIYo
百合子『プロデューサーさん。あの、少し相談が…』

グリP『ん?どうした?』

百合子『その、私も企画考えて見たのですが…』

グリP『ふむふむ…妄想爆走少女☆七尾百合子か…いいじゃないか!』

百合子『ほ、ホントですか!?』

グリP『ああ!百合子の素晴らしい妄想を日本に、いや世界に発信する…ああ想像、いや妄想するだけで燃えてきた!』

百合子『プロデューサーさん…!』

グリP『百合子!必ずこの企画成功させるぞ!目指せトップ妄想アイドル!』

百合子『トップ妄想アイドルー!』

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:34:07.81 ID:0okvGXIYo
百合子「こんな感じですね…///」

グリP「(俺が予想してたのと斜め上すぎて何を言えばいいのか)」

百合子「ど、どうでしたかプロデューサーさん?」

グリP「(ここは素直にかつ百合子を傷つけないようにしよう)」

グリP「いや無理があるだろ…」

百合子「」ズーン

グリP「(そのまま本音が出てしまった!)」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:35:18.33 ID:0okvGXIYo
グリP「ま、まあこの企画があまりよくなかっただけだからあまり気を落とすなよ!」

百合子「」ズーン

グリP「(アカン、このままじゃ百合子が立ち直らないぞ…)」

グリP「さ、再現はできそうにないけど俺が聞いてやるからお前の妄想!」

百合子「……本当ですか?」ウワメヅカイ

グリP「ぜひ聞かせて下さい(上目遣いは卑怯だろ…)」

百合子「それじゃあ…何から聞きたいですか?」

グリP「好きなのでいいよ」

百合子「それじゃあ…ホラーで」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:41:16.36 ID:0okvGXIYo
グリP『お疲れ様、百合子』

百合子『プロデューサーさんもお疲れ様です!もう夜中ですね…ちょっと怖いなぁ』

グリP『ホラー番組の撮影だったから仕方ないさ。親御さんには説明してあるから今日はもう近くのホテルに泊まるぞ』

百合子『プロデューサーさんと同じ部屋ですか?なーんて』

グリP『よく分かったな。部屋が空いてなかったから一部屋にしといた』

百合子『え…当たってたんですか?』

グリP『もしかして嫌か?変なことは絶対しないつもりだが』

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:42:32.55 ID:0okvGXIYo
百合子『い、いえそんな!寧ろ嬉しいかも…』ボソッ

グリP『何か言ったか?』

百合子『ななな何も言ってませんよ!今日は疲れたなー!早くホテルで寝たいなー!』

グリP『それじゃ早く車に乗ろうか』

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:44:44.32 ID:0okvGXIYo
グリP『ホテルまでカーナビが案内してくれるからな。いやーいい時代になったよ、昔は一々地図広げて探してたんだぞ?』

百合子『もう年老いたこと言わないでください!さあ出発しましょ・』

グリP『はいはい。しっかしこんな山中でもカーナビって効くのが凄いよな』

百合子『また年寄りっぽいこと言ってる…』

グリP『百合子たちからしたらお兄さんだけどな』

百合子『ふふっ、Pお兄さん♪』

グリP『悪い気分にはならないな』

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:48:36.28 ID:0okvGXIYo
百合子『あの、まだ山から出ないんですか…?』

グリP『んー、カーナビに従ってるんだけど中々出れないな』

百合子『何ででしょうかね…』

グリP『おっかしいなー、なんかどんどん山奥に向かってる気が…』

百合子『………!!?プロデューサーさん今すぐ車止めてください!』

グリP『え?』

百合子『早く、早くしてください!』

グリP『おおおおおう!』

キキーッ

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:49:43.46 ID:0okvGXIYo
グリP『ど、どうしたんだ百合子?』

百合子『プロデューサーさん…外見てください…』

グリP『?特に変なところは…ただ木がないなー…って……』


百合子『なんで山奥にいるのに木がないんですか…?』

グリP『…ちょ、まさかこの先…崖…!?』

…レバ…ノニ…

百合子『プロデューサーさん、カーナビから何か…』

オチレバヨカッタノニ…

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:54:53.25 ID:0okvGXIYo
百合子「キャープロデューサーさん怖いですー!」ギュッ

グリP「お前の妄想じゃねえか!だー抱き着くなまったく!」

百合子「うぅ…怖かったよぅ…」グスッ

グリP「まったく…ほら俺はここにいるから大丈夫だぞ」ナデナデ

百合子「うん…」ギューッ

グリP「(妄想で自爆してるじゃないか…でも可愛いなぁ)」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:55:38.91 ID:0okvGXIYo
グリP「落ち着いたか?」

百合子「は、はいっ。もう大丈夫だと思います」

グリP「ならよかった。どうする、続けるか?」

百合子「不完全燃焼は嫌です!本は最後まで書き上げてこそ本なんです!」

グリP「これ本じゃなくて妄想だけどな」

百合子「次はバトル物ですよバトル物!」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 11:58:46.87 ID:0okvGXIYo
百合子『はぁ…はぁ…!』

???『遅かったですね百合子さん…いや風の戦士とでも呼びましょうか?』

百合子『あ、あなたは…まつりさん!』


グリP「なんでまつりが出てくるんだよ!」

百合子「私の中でまつりさんは闇の軍勢の、しかも七皇の一人…という設定です!」

グリP「確かに中身ブラックぽいけど…ってか七皇ってなんぞ」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:01:55.31 ID:0okvGXIYo
百合子「それは考えてませんでした」

グリP「ちゃんと設定考えとけよ…」

百合子「ふと思いついたシチュだけで妄想してるので…」


百合子『な、なんでまつりさんが…』

まつり『ほ?まつりが敵である理由が必要です?…ね?』

百合子『えっと…と、とりあえずそこを退いてください!早くしないと学園が!』

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:02:28.37 ID:0okvGXIYo
まつり『ほ!ダメなのです!まつりは七皇としてダークな世界を広めるのです!』

百合子『くっ…学園にまで、闇の侵食が!』


グリP「前のドラマじゃんか」

百合子「ちょうどよかったので…えへへ」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:06:06.54 ID:0okvGXIYo
まつり『百合子さん、まつりはあなたを傷つけたくありません…一緒に闇の軍勢に加わりましょう…ね?』

百合子『…嫌です』

まつり『ほ?』

百合子『私は学園のみんなを、世界を守りたいんです!残念ですけど断らせていただきます!』

まつり『本当に残念なのです…百合子さんには…消えてもらわなければならないなんて…ほ!』ブンッ

百合子『キャッ…』

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:07:54.26 ID:i4BG5lUYo
???『危ない、百合子!!ぐあっ!』

百合子『あ、あなたは…プロデューサーさん!』

グリP『だい…じょうぶか…百合子…』ドサッ

百合子『プロデューサーさん!?どうしたんですか!?』

まつり『ほ!ほ!ほ!まつりの必殺技、ポイズンウミウシを食らって生き残った者はいないのです!』

百合子『そんな…プロデューサアアアアアッッッ!!!』

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:10:11.63 ID:0okvGXIYo
グリP「俺ェェェェェェ!!」

百合子「ひっ」ビクッ

グリP「ってなんで俺が死ななきゃならないんだ!」

百合子「大丈夫です!この後私が真の力を目覚めさせ、Pさんを生き返します!予定ですけど!」

グリP「ゆ、百合子さま…!」

百合子「えへへ///」

グリP「でもポイズンウミウシはないと思うぞ」

百合子「私もそれ思いました」

グリP「あとなんでさっきの妄想といい二回とも死にかけてるの俺」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:11:11.20 ID:0okvGXIYo
百合子「何ででしょうかね?」

グリP「もしかして恨んでる?」

百合子「そんなまさか!プロデューサーさんには感謝してもしきれないほど感謝してます!」

グリP「ならよかった。早く次の妄想行こうぜ」

百合子「少し楽しくなってませんか?」

グリP「割りと」

百合子「それじゃあ次は推理物とかいかがですか?」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:14:39.82 ID:0okvGXIYo
百合子『皆さん、今日はわざわざお集まりいただきありがとうございます』

琴葉『犯人が分かったって言われれば誰だって来ますよ!』

志保『一体誰なの…犯人は…』

桃子『まさか桃子達の中にいるとでも言いたいの?』

百合子『……はい』

まつり『プロデューサーを殺害した犯人…誰なのです?』


グリP「またか百合子!ってか今度は既に死んでるじゃないか!」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:18:05.86 ID:0okvGXIYo
百合子「すすすすいません!アイドルを被害者にするのは不謹慎かと」

グリP「だからって俺じゃなくていいだろ、社長とか音無さんとか!」

ウオッホン!

ヘンナモウソウシナイデクダサイピヨ!
マッタク…グヘヘコトハチャントエレナチャン…ピヨ

グリP「…ま、俺でもいいや」

百合子「ごめんなさい…」

グリP「いや、続けていいぞ」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:18:54.69 ID:0okvGXIYo
百合子『それでは事件のおさらいをしましょう。死因は失血死、口や鼻から大量の血が出ました。警察は毒殺と疑いましたが毒物は検出されず、そもそも死因が失血死なのです。その線はまったくないでしょう』

琴葉『外傷もなかったそうですね…一体どうやって…』

百合子『簡単ですよ、日頃のプロデューサーさんを見てた私ならね』

百合子『それでは他の情報を。プロデューサーさんの手にこんなものが握られてました』

志保『これは…何かの布切れですね、青色の』

百合子『はい。他にもサングラスが落ちていました』

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:20:01.53 ID:0okvGXIYo
桃子『お兄ちゃんが着けてたものって話だったよね』

百合子『いいえ。サングラスはプロデューサーさんの足元にありました。わざわざ死ぬ前にサングラスを取りますか?倒れた衝撃で取れたとしても足元にはいきません』

まつり『それでは犯人が着けてたのです?』

百合子『その通りです。サングラス、青い布…それから導き出せる犯人は…あなたです』

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:22:51.93 ID:0okvGXIYo
百合子『北沢志保さん』

志保『…!?なんで私になるのよ』

百合子『まあまあ落ち着いてください、順を追って説明します。まず殺害方法ですが…言って信じられないでしょうが、彼は「極度の興奮状態になると吐血、鼻血する」という変態だったのです』

一同『』

百合子『今でも思い出します…私が間違えて借りてしまったら官能小説を読んで死にかけたんですよね…』

一同『』

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:24:18.74 ID:0okvGXIYo
グリP「」

百合子「どうしましたか?」

グリP「なんで俺が変態なんだよ」

百合子「なんとなく、そんなキャラかなーと」

グリP「俺はアイドルの衣装で興奮しないし官能小説読んでも鼻血出したりしねーよ!」

百合子「プロデューサーさんはきっとウブですから鼻血出しますよ!」

グリP「何冊読んできてると思ってるんだ!」

百合子「………」

グリP「あっ」

百合子「…サイテーです」

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:29:26.39 ID:0okvGXIY0
百合子『確かに信じられないと思いますが、でなければ死因に矛盾が生じてしまいます。そして次の証拠の青い布ですが』

百合子『皆さんもう一度よく見て下さい。この布に見覚えがありませんか?』

琴葉『と言われても…』

桃子『ねえ百合子お姉ちゃん、これ黄色も混ざってない?というかこれスカートでしょ』

百合子『そうです!これはスカートなんですよ!さらにこのサングラス!そしてここに一枚の写真があります!くらえ!』

志保『…!!!』


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:30:27.90 ID:0okvGXIYo
まつり『お、同じスカート、同じサングラスを着けてます!あめいじんぐです!』

百合子『これで決まりましたね…あなたがプロデューサーさんを…』

志保『ちょ、ちょっと待って!確かにこの写真には私が着てるけどだからって私が犯人なのは』

百合子『そうはいかないんですよ…これは特注品、志保さんにピッタリ作られている。志保さんと同じヒップ、バストの持ち主はいないんですよ…』

志保『くっ…』

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:33:29.92 ID:0okvGXIYo
百合子『恐らくプロデューサーさんに気があった志保さんはこの前のレースクイーン衣装を見せたのでしょう。しかし、彼の体質が爆発してしまった…そうですね』

志保『…負け、だわ。そうよ、全部そう』

百合子『…彼女はただ振り向いて欲しかっただけだったのです。彼女もまた被害者なのです』

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:37:08.29 ID:0okvGXIYo
グリP「おぉー…おぉー?」

百合子「わ、私シャーロック・ホームズになった気分です…」ウットリ

グリP「俺の知ってる推理物と違う」

百合子「残念だよワトスン君」

グリP「あんた誰だよ」

百合子「でもなんかこの妄想は…」

グリP「なにか不服か?」

百合子「いえ…何だろう、このモヤモヤ」

グリP「それじゃあ次行ってみよー」

百合子「は、はいっ。と言っても最近のは次で最後ですけど…学園物、日常物ですね」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:39:55.00 ID:0okvGXIYo
ロコ『皆さんグッドモーニングです!』

百合子『おはようロコちゃん!』

昴『おう、おはようロコ』

美希『おはようなのー…あふぅ』

伊織『あら、おはようロコ』

ロコ『皆さん毎日アーリーな登校ですね!』

伊織『あんたが遅すぎるのよ。ギリギリまで家でアートしてるなんて…もう中3なのよ?』

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:42:33.63 ID:0okvGXIYo
ロコ『中3だからこそ、日々のファチーグをアートでキャンセレイションしなければいけないんです!』

美希『ミキ、朝からお勉強はヤなの…あふぅ』

百合子『美希ちゃんさっきから大きな欠伸してるけど大丈夫?』

昴『美希の欠伸なんていつものことだろー?授業だってよく寝ちゃうし、なのに点数取れるから驚きだよ』

美希『むー、ミキだって家でちゃんと勉強してるよ?』

伊織『アンタ気を抜く時と気を引き締める時逆なのよ…』

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:47:39.11 ID:0okvGXIYo
ロコ『伊織さんも伊織さんで凄いです!どのサブジェクトもアベレージ以上のスコアばかりでワンダホーです!』

伊織『ロコ、少しまつりが混ざったわよ』

美希『ロコは美術と英語が得意だよね。それ以外はまあまあって感じだけど』

ロコ『そ、それは…』

昴『なあなあ勉強の話やめようぜ?な?』

伊織『アンタが一番危ないじゃない。昴はもう少し真面目に勉強するべきよ、野球と同じくらいね』

昴『それができたら苦労しないよ・。野球は自然と体が動くし楽しいから続けられるんだよ!野球とアイドルは俺の青春なんだ!』

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:49:06.22 ID:0okvGXIYo
美希『昴くんなんかかっこいいの!』

ロコ『でもハイスクールエグザムをパスしなければベースボールをプレーすることは難しいと思います』

昴『野球のために勉強…それだったらやれそうだよ』

伊織『ちゃんと頑張りなさいよ?それよりも…』

百合子『』ポケー

伊織『さっきから話に入ってこないと思ったら…』

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:53:04.90 ID:0okvGXIYo
ロコ『いつものデリューションタイムですか?』

美希『百合子・?起きてる?』

昴『美希に言われたくないな…』

百合子『』ポケー

昴『こういう時は…起きろ、わよ?』

百合子『』ハッ

百合子『私またボーッと…』

昴『オレが女の子っぽくするとすぐ起きるもんなぁ、なんか悲しい』

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:53:46.69 ID:0okvGXIYo
美希『ミキ的には、昴くんは男の子っぽい方が似合うって思うな』

昴『それもそれで…うーん』

伊織『アンタもしかして、またプロ


百合子「わあああぁぁぁ!!!」

グリP「いきなりどうした!?」

百合子「すいません!何でもないです!」

グリP「は、はぁ…」

百合子「(妄想の中でプロデューサーさんのこと考えるってもしかして私…)」

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 12:57:32.72 ID:0okvGXIYo
伊織『アンタもしかして、またアイツのこと考えてたの?』

百合子『////』カァァッ

ロコ『図星みたいですね』

美希『今回はどんな妄想だったの?』

百合子『えっ…と…言わなきゃダメ?』

美希『言わなきゃヤなの』

百合子『えー………あの人と本屋でデート……うぅ///』

伊織『前もそれじゃなかった?』

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:03:23.84 ID:0okvGXIYo
百合子『前回とはシチュエーションか違うんですよ!前回は私の方だけ彼のことを意識してたんです。けど今回は私も彼もお互いに意識してるいわば相思相愛なんです!相手のことを気遣ってるせいか少し堅くなってるのがミソです』

伊織『ご、ごめんなさい』

昴『なんか怖いぞ百合子…』

美希『そういえば百合子勉強できるよね』

ロコ『美希さんと同じでオールサブジェクトできますね!』

百合子『本なら何でも読みますよ!小説、古文、評論、参考書、英文、ラノベなどなど…』

昴『すげー、まさしく本の虫だな…』

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:07:31.64 ID:0okvGXIYo
伊織『そろそろHR始まるから席につきましょ』

昴『今日も勉強尽くしの日が始まるのか…』

ロコ『アート…アートのサブジェクトを…』

美希『今日は美術ないよ?』

ロコ『あんまりです…』

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:09:21.32 ID:0okvGXIYo
グリP「ふむふむ…」

百合子「どうでしたか?」

グリP「一番妄想らしい妄想だったな、掛け値なしに」

百合子「そうでしょうか?私としては現実的すぎて妄想としては」

グリP「現実的でも同じ学校にはなれない、けど一番望んでることだろ?そういうのが妄想なんじゃないかな」

百合子「なるほど。確かにみんなと同じクラスになれたら楽しそうですし」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:11:28.10 ID:0okvGXIYo
グリP「それはそうと百合子の妄想デートの相手ってもしかして…」

百合子「え、えーっと…」

グリP「クラスの気になる子か」

百合子「え?」

グリP「百合子もそういうお年頃だしな…うんうん」

百合子「…もう知らないです」プイ

グリP「え?俺何か悪いこと言った?」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:12:53.40 ID:0okvGXIYo
グリP「いやーそれにしても百合子がこんな子だったとは…」

百合子「私どんな風に思われてたんですか?」

グリP「THE・文学少女。最初会った時のこと覚えてるか?」

百合子「もちろんです!あの日からただのTHE・文学少女からアイドルに変わったんですから!」


百合子『は、はじめまして!七尾百合子といいます!歳は15歳です!』

グリP『はじめまして、君のプロデューサーを担当することになった者だ。今日は顔合わせだけだしリラックスして』

百合子『は、はいっ』

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:16:08.86 ID:0okvGXIYo
グリP『そうだな、趣味に読書ってあるけど具体的にどんな本を?』

百合子『全部です!SF、恋愛、ホラー、日常、推理とか!』

グリP『おお、雑食だな。俺もちょくちょくは読むんだ』

百合子『プロデューサーさんはどんな本を読むんですか?』

グリP『俺も特に決まったジャンルはないよ。表紙見て、中身ざっと見て、気に入ったら買ってるし』

百合子『今はどんな本を?』

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:19:02.66 ID:0okvGXIYo
グリP『百万ドルを取り返せ、かな。と言ってもまだ読み始めたばかりだけど』

百合子『私もそれ読みました!ロンドンが舞台の話ですよね!作者自身が詐欺にあったことから執筆されたんですよね』

グリP『ほぅ、そうなのか。なんかロンドンって神秘的なイメージあるから行ってみたくなってきたな』

百合子『霧の街ロンドン…響が素敵ですね…』

グリP『よし!トップアイドルになれたら連れてってやろう!』

百合子『本当ですか?私、物凄く頑張っちゃいます!』

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:21:21.40 ID:0okvGXIYo
グリP「あの約束今でも覚えてるからな?」

百合子「覚えてもらわなきゃ困ります」

グリP「俺の目標も百合子をロンドンに連れてくことだからな!」

百合子「ふふふっ。それで次の妄想なんですが…」

グリP「え?さっきので最後じゃないのか?」

百合子「ええーっと…とっぷしぃくれっと、です!」

グリP「教えてくれたっていいじゃんか」

百合子「ダメです!ぜーったい言いませんからね!」

百合子「(この妄想は絶対言えない…プロデューサーさんには絶対…)」

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 13:24:33.83 ID:0okvGXIYo
百合子『…あ、あなた…』

百合子『どうですか?私のウェディングドレス…キレイですか?』

百合子『そう言ってもらえると嬉しいです!ちょっと、自信なかったから…』

百合子『え?ハネムーンですか?そうですねぇ…』

百合子『ロンドンとかどうですか?あなたも行きたかったんですよね?』

百合子『まだトップアイドルになれてませんけど…いいですか?プロデューサーさん?』

おわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 百合子「妄想爆走少女☆七尾百合子」グリP「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369449003/


[ 2018/06/06 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23505-e0966067