ヘッドライン

小鳥「モンスター娘っていいと思いませんか?」P「ふむ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:22:07.67 ID:7Q/R/yP10
小鳥「プロデューサーさんなら分かってくれますよね?」

P「もちろんですとも!」

小鳥「角とか翼とか生えてる設定とかグッと来ません?」

P「獣耳、獣尾も忘れないでくださいね」



小鳥「という訳でこれを作ってきました!」ドンッ

P「…何ですかこの禍々しい色の液体は」

小鳥「小鳥特製モンスターエナジーです」

P「どう考えてもアレよりヤバそうじゃないですか」

小鳥「これを一滴飲むとランダムでモンスター属性が付きます」

P「ランダムですか…」

小鳥「さぁ物は試しです、誰に飲ませましょうか!?」


P「…じゃあ>>4で」

765プロ限定

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:23:08.71 ID:5xlXAQQg0
はるるん

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:29:32.62 ID:7Q/R/yP10
P「トップバッターって言ったら春香でしょう」

小鳥「了解です!では早速…春香ちゃんの飲みかけペットボトルに入れて…と」

P「あとは自然に飲むのを待つだけですね」

小鳥「うふふふ…楽しくなってきたわ…!」



春香「ふぅ、ダンスレッスン終わりましたー!」

小鳥「お疲れ春香ちゃん、はいこれ冷蔵庫で冷やしておいたわよ~」

春香「えへへ、ありがとございます!」ゴクゴク


P「…飲みましたね」

小鳥「…後は効果が出るのを待つのみです!」

P「え、即効性じゃないんですか?」

小鳥「残念ながら徐々に効いてくるんです…これ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:32:49.69 ID:7Q/R/yP10
P「大体どれくらいで?」

小鳥「丸一日ってとこですかねぇー」

P「…なるほど、徐々に変化していく様を見る…これはこれで…」

小鳥「流石プロデューサーさんですね」



その後…徐々に春香に異変が!         春香は何になるか>>15

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:34:13.49 ID:YwjuWuXq0
ベヒーモス

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:36:07.63 ID:udO7hlkNi
ベヒーモス…

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:40:52.12 ID:7Q/R/yP10
春香「うう…お腹すいたよぉ」ムシャムシャ

真「は、春香…それ雑草だよ…?」

春香「足りない…足りない…」ムシャムシャ

真美「はるるん、それ…街路樹だよ→」



P「な、何か雲行きが怪しいんですけど」

小鳥「うーん…あれは…ベヒーモスかしら」

P「えぇ!?ベヒーモスって確か…山に生える草木を一日で食べつくす…怪物でしたっけ」

小鳥「…不味いわね…これは」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:42:03.89 ID:YwjuWuXq0
やっちまったな

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:42:36.08 ID:udO7hlkNi
春香が街中の草や木をムシャムシャしてる所を想像して萌えた

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:49:46.23 ID:7Q/R/yP10
P「どうすんですか音無さん、責任取ってくださいよ!」

小鳥「と、とりあえず…春香ちゃんを山奥へ運びましょう、ここに居たら町中の草木が…!」

P「よ、よし…真、真美!春香を車に乗せるから、手伝ってくれ!」

真「は、はい!」

真美「病院なら双海クリニックに行ってねー」

春香「うぅー…まだ食べてるのにぃぃ…」ムシャムシャ

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:54:28.27 ID:7Q/R/yP10
小鳥「何か死体運搬してるみたいですね…」

P「しかも山奥となると…まさに死体遺棄」ブロロー

真「!?は、春香…その頭どうしたの…?」

真美「な、何か牛の角みたいなの生えてる…」

小鳥「あら本当…可愛いわぁー」

春香「つのー」アタマフリフリ♪

P「今はまだ可愛いが…一日後にはどうなってるんだか…」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 17:59:43.23 ID:7Q/R/yP10
~山奥~


春香「わーい草だー」ムシャムシャ

真「すごい食欲だね…」

真美「お姫ちんも真っ青っしょ→」

P「果たして一日後…どうなってるやら」

小鳥「い、嫌な予感しかしないです…」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:02:17.53 ID:udO7hlkNi
ベヒーモスについてggってきたら頭が痛くなったお(´・ω・`)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:06:52.23 ID:7Q/R/yP10
次の日


TV『今日のニュースです、先程○○山にて巨大な半獣半人の生物が発見されました』

P「まさかこれって…」

TV『外見は人間ですが、角や尾、体毛があり背丈は目測でも50mは…』

小鳥「ご、50m…」

TV『また、意思疎通が出来る様で、動物専門家の×○が会話を試みたそうです』

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:09:53.89 ID:wxbCyUVS0
モンスター属性どころの騒ぎじゃねえぞこれ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:10:19.32 ID:XMI0986o0
もう春香は人間社会には戻れないね…

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:11:18.45 ID:7Q/R/yP10
専門家『悲しそうな声で、「プロデューサーさ~んどこですか~?」と喋っていました』

P「…お・と・な・し…さぁん???」

小鳥「うわぁぁぁぁぁぁん!!!春香ちゃんごめんなさぁぁぁぁい!!」


おおわり

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:13:57.69 ID:0JdzRPqI0
服なんかもうビリビリだな

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:16:53.85 ID:7Q/R/yP10
響「じゃあ自分、ベヒ香に餌あげてくるぞー」テクテク

真美「いってらー」


P「…今度はいくらなんでもああなったりはしませんよね?」

小鳥「た、多分」

P「じゃあ今度は俺が仕込んできますかね」

小鳥「…>>51ちゃんとかどうですか?」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:18:10.77 ID:XMI0986o0
美希

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:24:33.52 ID:7Q/R/yP10
P「美希ですか…物によっては相当凄い事になりそうですね…」

小鳥「サキュバスとかピッタリ合いますよね…でもここは意外性が欲しかったり」


P「…よし、美希のキャラメルマキアートに一滴入れました」

小鳥「わくわく」


美希「あぁー!美希のキャラメルマキアートが開いてるー!もう、隠れて飲んだ人誰なの!?」ゴクゴク

P「少しは警戒しろっての…」

小鳥「…今度は何だろう」        美希は何になるか>>57

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:25:46.52 ID:Q92+j6vC0
ゴーレム

73 :実在してない生き物?で頼むよ 2013/09/10(火) 18:32:15.13 ID:7Q/R/yP10
~数時間後~

やよい「美希さんどうしたんですかー?」

美希「何だか体がすっごく重いの…」

P「身体が重い…か」

小鳥「それに、何か動作も遅いですね」


~さらに数時間後~

美希「よ、い、しょっ…と」ギギギ

やよい「美希さん…関節から変な音がしますよ?」

P「…これは」

小鳥「うごくせきぞうとかゴーレム系ですかね」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:36:04.61 ID:abOSJUQP0
わたべヒ香さんはかわいいなあ支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:37:12.37 ID:K2AQMStGi
>>76
かわいいなぁ!

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:38:55.05 ID:0JdzRPqI0
>>76
かわいいけど家食うなwww

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:39:57.07 ID:7Q/R/yP10
P「何だゴーレムか」

小鳥「ベヒーモスのインパクトが大きすぎてイマイチ驚けないです」


~十数時間後~

全身金色の美希「」ガコンガコン

P「何か倒したらゴールド貰えそうになりましたよ」

小鳥「ゴールドウーマンですね」

ゴールド美希「は・に・い」ギギギ

P「な、何だ…美希」

ゴールド美希「こ・れ・は・ど・う・い・う・こ・と・な・の」ゴゴゴギギギ

P「…音無さんの…せいかな」

ゴールド美希「ゆ・る・さ・な・い・の」ゴゴゴゴゴ

小鳥「ちょっとまってm」ゴガッ

つうこんのいちげき!

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:42:57.84 ID:K2AQMStGi
つうこんのいちげきwwwww

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:49:47.56 ID:7Q/R/yP10
P「その後、美希は事務所の幸運を呼ぶ置物になりました、よく動きます…大丈夫ですか音無さん」

小鳥「まだ若干顎が外れてる感じが…」


~~~~~~~~~~~~~~

P「とりあえず春香レベルではなかったので良かったです」

小鳥「…」

P「気を取り直して次行きましょう」

小鳥「じゃあ今度は私が…>>94ちゃんでいきます!」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:50:49.35 ID:0JdzRPqI0
伊織

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 18:58:20.90 ID:7Q/R/yP10
P「伊織ですか…あいつは警戒心強いですよ…どうします?」

小鳥「うふふ、まぁ任せてください…これ、何だと思います?」

P「…こ、これは…!」

小鳥「やよいちゃんが伊織ちゃんの為に一生懸命絞ったオレンジジュースです!」

P「…コップに絶対飲まないで!って書いてある…」

小鳥「ここに一滴いれてしまうのです」ポタ

P「な、なんて残酷な…!」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 19:00:07.52 ID:BkTuaqdU0
これは殺られてもおかしくなお

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 19:04:18.40 ID:7Q/R/yP10
小鳥「科学に犠牲は付き物なんです!」

P「くそっ…純粋な気持ちを弄ぶと罰があたりますよ!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊織「…よかった、減ってないわ…うふふ、やよいの手作りジュース…!」ゴクゴク

P「あぁ…飲んでしまったかっ!」

小鳥「そんな事言ってますけど、止めればいいじゃないですか」

P「それはしません」キリッ

小鳥「さてさて…伊織ちゃんはどうなっちゃうのかなぁ~…」  伊織は何になるか 飯なので遠目に>>111

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 19:05:43.92 ID:mFsQVkNb0
ネコミミ吸血鬼にゃん!!

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 19:09:36.26 ID:kU9FDJYM0
ただのコスプレなんじゃねぇか・・・・な

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 19:53:07.96 ID:7Q/R/yP10
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊織「やよい、オレンジジュースごちそうさま、美味しかったわよ」

やよい「えへへ~…頑張って絞ったから、きっと伊織ちゃんも喜んでくれたかなーって!」

伊織「ええ、もちろん…ありがと、やよい」

P「やよいおりですね」コソコソ

小鳥「やよいおりですねぇ」コソコソ

伊織「今度は私がやよいにジュース作るから、楽しみにしてなさい!にひひっ」

やよい「伊織ちゃんの手作りジュース…すっごく楽しみかも!」

P「良い子だぁ」

小鳥「心が洗われるわ…」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:00:40.84 ID:7Q/R/yP10
伊織「んっ…あれ?また喉渇いてきちゃった…」

やよい「伊織ちゃん、お水飲む?」

伊織「うん、おねがいね…やよい」

伊織(…さっきジュース飲んだばかりなのに、おかしいわね)

やよい(…ジュース足りなかったのかなぁ…今度からもっといっぱい作ろーっと!)



小鳥「ん?何かしら効果が出始めたみたいですよ…」コソコソ

P「やけに早いですね」コソコソ

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:10:50.06 ID:7Q/R/yP10
~数時間後~

伊織(あれから何回か水を飲んだけど、またすぐのどが渇く…)

伊織「私、どうしちゃったのかしら…」

やよい「伊織ちゃん、大丈夫?」

伊織「い、いいの!やよいは気にしないで」

やよい「うん…」



~さらに数時間後~

伊織「うう…水が喉に入っていかない…!」

やよい「伊織ちゃん、体調悪いの…?背中さすってあげるね!」スリスリ

伊織「ううん、なんでも…な」

伊織(…やよいの、うなじ…白くて、綺麗だわ…血管の色も…よく分かる)

伊織「うぅ…っ」ブルブル

やよい「い、伊織ちゃん、どうしたの!?」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:21:38.82 ID:7Q/R/yP10
伊織「や…や、よい!」グアッ

やよい「わあっ!?」ガッ

伊織「はぁ…はぁ…うぐっ」ギリッ

やよい「伊織…ちゃん?」

伊織「う、ごかないで…その、まま」ブルッ

やよい「いお…りちゃ」

伊織「ふ、ふふふっ」ギラッ

やよい「!?」ビクッ

伊織「はぁ…はぁ…はぁっ(やよいの…血…やよいの血が…飲みたい)」ジリジリ

やよい「う、ううっ」ジワッ

伊織「!?」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:28:11.94 ID:7Q/R/yP10
伊織「わ、私やよいに何てことを!」バッ

やよい「ごめん…ごめんねぇ…い、おりちゃん」グスッ

伊織「謝るのはこっちよ!ごめんなさい、やよい…」

やよい「私が…私が、変なジュースを作って伊織ちゃんが飲んだから、おかしくなっちゃったんだよね」グスッ

伊織「ち、ちが!」

やよい「私のせいで、ごめんねぇ…伊織ちゃん…うわぁぁん!!」ビエーン

伊織「…ごめんなさい、やよい…私先に、帰るわ…」バタン

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:37:24.30 ID:7Q/R/yP10
小鳥「こ、これは不味いですね…」

P「だから忠告したのに…っ!」

小鳥「わ、私は…お先に退散しまーす!」

P「あ、ちょ、ちょっと逃g




伊織「あんた達の仕業だったのね…」ヒュッ

小鳥「ひいっ!?」

P「お、俺は違うぞ…!音無さんが勝手に!」

伊織「あんたも同罪よ!でも、その前に…私、喉カラカラなの…だから」

小鳥「あ、あぁぁぁぁ…」ブルブル

伊織「あんた達から貰う事にするわっ!!」ガブリッ

小鳥「はぎゃああああああ!!?!」

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:44:34.19 ID:7Q/R/yP10
~後日~

やよい「伊織ちゃん、病気とかじゃなくてよかったねー!」

伊織「え、ええ…そうね」ピコピコ

やよい「ねこさんの耳もとーっても似合ってるかなぁーって」

伊織「もう!何でこんなのまで生えてくるのよぉーっ!」ピーン


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小鳥「貧血で死にそうなんですけど」ゲッソリ

P「俺もです」ゲッソリ

小鳥「でもこれを使いきるまでは死ねないですよ!」

P「まだ全員終わってないですしね…次は>>186にしますか」

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:45:42.27 ID:V5kG6WCn0
律子

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:52:37.02 ID:7Q/R/yP10
P「律子にしますかね」

小鳥「律子…さんですか、手ごわそうですね…」

P「ふっふっふ…こんなこともあろうかと用意しました」ガサッ

小鳥「何ですそれ」

P「いつも律子が使ってるマグカップの底にアレを塗ったものです」

小鳥「毒殺でもしそうな勢いですね」

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:57:11.90 ID:7Q/R/yP10
P「おーい律子、コーヒー飲むか?」

律子「飲みますけど…変な物入れないでくださいね?」

P「大丈夫だよ、律子の見てる前でコーヒー作るから信用してくれ…」

律子「そ、それならいいですけどね」

小鳥「ちょろい」コソコソ

P「おまたせー」ゴトッ

律子「ありがとうございます、長時間仕事してるとコーヒー欲しくなりますからねー」ゴクッ

P(よしっ!)

小鳥(かかったな)      律子は何になるか>>198

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:57:48.57 ID:BZJVz/l70
ラミア

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 20:58:41.65 ID:ozseeKFv0
ラミアとかわかってんな

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:08:14.84 ID:7Q/R/yP10
P「そ、それじゃー」ピューン

律子「…何か怪しいわね」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小鳥「さて、今回はどうなりますかね」ボソッ

P「今のとこ大事件は起きてないですが…」ボソッ

律子「ちょっと二人とも!仕事してください!」バンッ

小鳥&P「「すいませ~ん」」

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:14:46.29 ID:7Q/R/yP10
~十数時間後~

律子「じゃ、私先に帰りますねー」バタン

P「はーい、お疲れさま」

小鳥「…はっきりとした効果、分かりませんでしたね」

P「むう…まさかミスった…か?」

小鳥「明日に期待ですかね」

P「そうですねぇ…」


~その夜~

律子「はぁ…ストッキングって疲れるわねぇ、よいしょっ…と?」

律子(…?何か足に違和感が?)

律子「…え、何、これ…う、うろこ…?」ツルツル

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:22:35.87 ID:7Q/R/yP10
律子「いやぁぁぁぁぁぁ!!!」



~同時刻Pの家~

P「最近小鳥さんと例のアレで遊んでるから、帰りが遅いや…ハハッ」

P「今日は特に何もなかったから寝よっかな…っと電話だ」

P『はい、もしもしPです』

律子『プロデューサぁ…』ワナワナ

P『げっ、律子!』

律子『…なんで電話してきたか、お分かりですよねぇ…?』

P『な、何の事かなぁ?』

律子『とぼけないでください!とにかく、一回私の家に来てください!早く!』ガチャッ

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:23:10.71 ID:dlv6HsBq0
お泊まりかな?

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:23:57.71 ID:NKdGADqZ0
あっちゃーP捕食されちゃうのかー

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:30:25.19 ID:7Q/R/yP10
P「今頃になって…律子どうなったんだろう…?」

P(…怖いけど、怖いもの見たさで見たいって感じだ)



~同時刻律子の家~

律子「…もぉ、どうしてくれんのよ!」

律子(何だか、さっきよりも足が鱗に覆われてる感じが…それに、何か足が癒着してる気もする)

律子「何かこういうモンスター居たような…」

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:36:33.18 ID:7Q/R/yP10
P「移動めんどくさいな…あ、そうだ!この笛を吹けば…」

ピィィィィィ

ベヒ香「プロデューサーさぁぁぁぁぁぁん!!!」ズモォォォォォ

P「春香ー!夜分遅くに申し訳ないが、律子の家まで送ってくれ~!」

ベヒ香「りょうかいですぅぅぅぅぅ~~~!!!」ズモォォォォ



近所の人「うるさいけど春香ちゃんなら仕方ないね」

近所の春香ファン(春香ちゃんがでっかくなった後、アパートの窓からでも春香ちゃんが見れるので幸せです)

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:38:14.90 ID:YwjuWuXq0
ファンって凄い

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:44:45.45 ID:7Q/R/yP10
P「律子ぉ~!!来たぞぉぉぉ!」

律子「もう、遅いですよ!ってわぁ!?」

ベヒ香「こんばんはぁぁぁぁ!律子さぁぁぁん」ズモォォォォ

P「春香に送ってもらったんだぁぁぁ!!」

律子「それ、近所中にすごい迷惑だからこの前やるなって言ったじゃないですか!!!」

P「律子だってこの前乗ってたじゃないかぁぁぁ!!」

律子「なぜそれを!?」



近所の人「春香ちゃんが喋るとちょっとした怪獣映画見てるみたいね」

近所の春香ファン(春香ちゃんがでっかくなった後、ファンイベントで春香ちゃんの上に乗れて幸せです)

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:49:24.35 ID:0JdzRPqI0
ファンイベントに参加すれば春香ちゃんに乗れるんですか!

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 21:50:22.68 ID:7Q/R/yP10
ベヒ香「それでは…ごゆっくりぃぃぃぃぃ」ズモォォォォ



~律子の家~

律子「まったく…夜中なんですから気を付けてくださいね!」

P「すまん律子…って…お前足が…!」

律子「そうそう、足がって…うわ!?」

律子(さっきまでは足の原型が残ってたのに…これじゃもう完全に蛇じゃない…!)

P「律子…お前」

律子「…何です?」ガックリ

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:00:34.96 ID:7Q/R/yP10
P「なんて素敵なんだあぁぁぁ!!!」

律子「へ?」

P「ラミアっ娘とか…マジ最高じゃないかっ」

律子「えっ、えっ?」オロオロ

P「ただでさえ可愛いのに…まったく、モンっ娘は最高だぜ!」

律子「…そ、それって誉めてるんですか?」

P「もちろんだとも!!」

律子「へ、変なプロデューサーですね…こんなのが好きだなんて」シュルシュル

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:09:04.66 ID:7Q/R/yP10
P「こんなのだなんて…素晴らしいじゃないか」

律子「…じゃ、じゃあ」

P「ん?」

律子「こ、こんなのとか…どうですか?」シュルルルル

P「おぉぉぉぉ…ロールミー…だとっ!?」ギュッ

律子「嫌じゃ…ないですか?」

P「ととととんでもない!!!こんなご褒美いやなわけあるまい!」

律子(まぁプロデューサーが喜んでくれてるっぽいし…今回の件は許してあげるかな…)

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:11:32.18 ID:2SNlKVoAi
チョロい

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:19:02.33 ID:7Q/R/yP10
P「いやぁ、まさか律子がこれを引き当てるとはなぁ…」ギュッ

律子「ほ、他のアイドルに被害が及ばなくて良かったですね!」シュルッ

P「…ところでさ、律子」

律子「何です?」シュル

P「この身体の場合、どこら辺にアソコあるんだ?」

律子「な、何でそれを聞くんですかあぁぁぁぁぁ!!!!」ギュウゥゥゥゥゥゥゥゥ

P「じ、じぬぅぅぅぅぅぅ」ベキベキパキ




ベヒ香「わたじもプロデューサーさんといちゃいちゃしだいよぉぉぉぉぉ」ズドォォォン

近所の春香ファン「春香ちゃんドンマイ!!!」

近所の春香ファン「春香ちゃん落ち込まないでぇぇ!!」

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:21:05.60 ID:TtG65rLL0
こんなファンになりたい

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:21:21.55 ID:2SNlKVoAi
ファンも凄いが春香かわいいな

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:27:37.34 ID:7Q/R/yP10
小鳥「な、何ですかこの状況」

律子「今日一日グルグル巻きの刑です」ギュッ

P「ぐぁっ」ミシッ

ゴールド美希「り・つ・こ・さ・ん・ぬ・け・が・け・は・ゆ・る・さ・な・い・の」ギギギギ

律子「べ、別に抜け駆けなんてしてないわよ…!」

ゴールド美希「く・や・し・い・の」ギギギギ

小鳥「気を取り直して…>>281ちゃん行きましょうか…」

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:28:23.05 ID:TtG65rLL0
まこ

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:36:55.40 ID:7Q/R/yP10
真「えー嫌ですよぉ!僕、春香みたいになりたくないですし」

小鳥「でもでも、もしかしたら伊織ちゃんや律子さんみたいに…可愛いのになれるかもよ?」

真「か、可愛い…」

小鳥「世の中の男性がイチコロされちゃうくらいの…それはそれは飛びっきり可愛いのになれるかもよ?」

真「で、でも僕怖いなぁ…」

小鳥「じゃあこの飲み物は要らないわね」ガタッ

真「あぁぁんもう!僕チャレンジします!しますからっ!」ゴクッ

小鳥「流石真ちゃん…男らゲフン!潔い決断ね」    真は何になるか>>296

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:37:18.69 ID:T+Wi7quT0
ウェアウルフ

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:38:20.39 ID:EC9M3qnj0
犬耳か

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 22:45:03.51 ID:7Q/R/yP10
真「…急には変わらないんでしたっけ」

小鳥「そうよー…まぁ徐々に変化してくるから、そこは気を付けてね」

真「どうか可愛いのになりますよーに!」

P「りつこーりつこー、俺仕事できないよー」ギュウ

律子「残業してやっていけばいいでしょ!」ギリ

P「きゃうん」ギュウ



ゴールド美希「ま・こ・と・く・ん・は・か・こ・い・い・の・が・に・あ・う・と・お・も・う・な」ギギギギ

伊織「あんたあんまり動くと関節すり減るわよ…」ピコピコ

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 23:33:54.83 ID:7Q/R/yP10
~数時間後~

真「ぷ、プロデューサーぁ!」

P「うおっ、どうした真」

真「見てくださいよ、これ!」ファサ

P「おおお、尻尾かこれは…フワフワで可愛いじゃないか!」

真「えへへ…可愛い尻尾、嬉しいなぁ!」フリフリフリ

P(尻尾かぁ…なんだろ、獣形かな…)

律子「手ぇ、止まってますよ」ギュ

P「わ、分かってるって!足締め付けるのやめてくれ!」

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 23:42:10.79 ID:7Q/R/yP10
~さらに数時間後~

真「じゃっじゃーん!プロデューサー、けもみみですよぉ!」ミミピーン

P「ほうほう…獣耳か、あ、元々あった耳が獣耳になってるんだなこれ」

真「僕の可愛さ、上がってますか!?」キャピ

P「うん、それはもうバッチリ」

P(嬉しくて耳ピンと立っちゃってるところとかいいわぁ)

小鳥「ほーら真ちゃ~ん!おいでおいで~!」

真「うぉん!」フリフリ

律子(…中々やるじゃない)ギリッ

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 23:46:42.36 ID:swN5Xapd0
ラミアのせいで嫉妬深くなっててわろた

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 23:53:15.86 ID:7Q/R/yP10
P(しばらく真は獣耳と尻尾に喜んでいたが、日が沈むにつれ…様子がおかしくなった)

~夕方~

真「何か落ち着かないよぉ…ううっ背中がゾワゾワするっ!」ブルッ

P「大丈夫か…?」

真「怖いです…プロデューサ…」

P「大丈夫、皆が付いてるからなぁ」ナデナデ

真「えへへ…」フリフリ

律子「うぐぐ…」ビターン!

伊織「律子!抑えて抑えて!」

小鳥「なるほど、多少性格にも変化が…っと」メモメモ

365 :1 2013/09/11(水) 00:02:09.17 ID:2s5gouL50
~1時間後~

真「く、くるしいっ…」

P「…一向に良くならないな」

小鳥「…うーん、これってもしかして」ピッピッピッ プルルルルル

貴音『どうしたのですか小鳥?』

小鳥『今日ってもしかして満月だったりする?』

貴音『えぇ、そうです今私は春香の頭上で、月見を楽しんでおります』

小鳥『なるほどねぇ…』

貴音『ふふっ、たった今日が完全に落ちたところですよ』



真「ぐあぁぁぁっ!?」ビクッ

P「真っ!大丈夫かっ!?」

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:10:29.70 ID:2s5gouL50
小鳥『ありがとう貴音ちゃん、それじゃ!』ピッ

貴音「…春香、今宵の満月は綺麗ですね」

春香「おおきくなってから…そらがちょっとだけすきになりましたぁ」ズン

貴音「私も…この広い夜空は大好きですよ」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小鳥「プロデューサーさん!」

P「お、音無さん…真が、真がぁ!」

小鳥「今すぐ離れてください…!真ちゃんからっ!」

P「えぇ?ど、どうしてです!?」

小鳥「真ちゃんは…おそらくウェアウルフです」

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:17:07.47 ID:2s5gouL50
P「う、ウェアウルフって…狼人間ってことですか?」

小鳥「あの獣耳と尾は狼だったんですよ、ほら…空を見てください!」

P「…満月…ですね」ゾクッ

真「うぐるぁぁぁっ!」ミシッ

伊織「ちょ、ちょっと…大丈夫なの…あれ」

美希「ま・こ・と・く・ん・い・た・そ・う・な・の」ギギギ

律子「プロデューサー、ついでに小鳥さんも私の後ろに…!」

真「ぐおぉぉぉぉっ…」バキバキ

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:18:20.70 ID:YwH0wPzp0
律子頼もしい

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:26:33.04 ID:2s5gouL50
P「ううっ…真…無事でいてくれぇ…」

小鳥「…」ゴクリ

真「う、ぐるォォォォォ」ミシミシ バキバキ

伊織「か、顔が…」ミミタレ

律子「もう原形とどめてないわね…」

美希「」ギギギ オロオロ

真「グォォ…ァ」パキッ

P「…お、納まったか…?」

小鳥「…ま、真ちゃ」




真狼「ウォォォォォォォォォーーン」

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:33:37.25 ID:2s5gouL50
伊織「っつ!」ミミビクッ

律子「…下がっててくださいっ!」

美希「…こ・わ・い・の」ゴゴゴッ

真狼「…グォッ」クルッ

P「…っ!」

真狼「ワォォォン!」ダッ

小鳥「き、来たっ!」

律子「こんのぉぉっ!」ビタァン

真狼「グォオッ」シュッ

律子「は、速い…!」

伊織「だあっ!」ガッ

真狼「ガウッ」ギュウン ドガッ

伊織「きゃあっ!」ズザザ

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:42:35.79 ID:2s5gouL50
P「まずいな…元々戦闘力のある人間にさらに能力プラスした感じだから…これはっ…!」

小鳥「…私達、罰があたったんですかね…」

律子「馬鹿言わないでください!っつ…」

美希「…み・き・の・う・し・ろ・か・く・れ・て」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春香「…いま、へんなこえがきこえたようなぁ…」

貴音「凡人の私には聞こえませんでしたが…それがどうかしたのですか?」

春香「いかなきゃ…いかなきゃぁぁぁぁ!!」ズォォォォ

貴音「きゃああ!そんなに急に動かれては…!」

春香「たかねさんはそこでまっていてくださぃぃぃぃ」ズォォォォ

貴音「は、春香…ふふっ、いってらっしゃいませ」

春香「いってきまあぁぁぁぁぁぁぁすぅぅぅぅ!」ドガドガドガ

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:44:48.89 ID:HHf7feI80
やった!
僕らのベヒ香さんが助けてくれる!

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:46:18.47 ID:Ae2mWFa60
メインヒロインきた!

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:50:33.39 ID:2s5gouL50
近所の人「あらあら、今日も春香ちゃん大忙しねぇ」

近所の春香ファン(今日も春香ちゃんが頑張っています、あの姿を眺められて俺はとても幸せです)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律子「ぐあっ!」

P「り、律子ぉ!」

律子「ご、ごめんなさい…プロデューサーぁ…」ボロボロ

真狼「グルルルル」ジャキン

P「…もう…お終いk



春香「けんかはだめですよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」デコピン



真狼「ギャイン」ドガァァァァァッ

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 00:52:58.77 ID:vsf8G0iM0
ベヒ香強ぇぇぇ

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:00:29.45 ID:2s5gouL50
P「助かったんだけど…」

小鳥「事務所も半分砕け散ったわねぇ」

春香「ちょっとやりすぎちゃいましたぁぁぁぁぁ」ズオォォォ

P「いや、良いんだ春香…ちょっと顔見せてくれ」

春香「こうですかぁぁぁぁぁぁ!?」ゴォォォォ

P「春香…その…何だ、ありがとうな!」チュ

春香「!?」ビクゥゥゥン

P「元に戻ったら…その時もう一回してやるよ!」テレッ

春香「や、やっ…やっだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ズガン ズドォン


近所の春香ファン(春香ちゃんが跳ねて喜んでます、俺の部屋は振動でめちゃくちゃですが幸せです)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

真狼「さっきはすいませんでした!」

P「いやぁまさか叩いて治るとは…」

小鳥「よく死ななかったわね…」

律子「おのれ春香…美味しいところをぉぉぉぉぉっ!!」ビタァンビタァン

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:06:32.83 ID:2s5gouL50
真「満月の時には、誰かに頭を思いっきり殴ってもらえばいいんですね」

P「…殴れそうな人材が一人しかいないんだが」

律子「自分で殴ればいいんじゃないの?」シレッ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「ついに、命の危険にさらされましたねぇ」

小鳥「それでも諦めないでやっちゃうのが私たちなんですよねぇ」

P「次誰にしましょうか…>>445なんてどうでしょう?」

小鳥「ばっちこーい!」

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:07:27.36 ID:3vMVYOBi0
やよいをアルラウネで

454 :>>445 やよいはおkだけどモンスターも安価で決めたいのごめんね 2013/09/11(水) 01:12:36.55 ID:2s5gouL50
P「やよいにしまっすか」

小鳥「いいですね」

やよい「うっうー!やりましょう!」

P「や、やよい何でそんな乗り気なんだ…」

やよい「伊織ちゃんたちが羨ましくて…美希さんなんて黄金ですよぉ!すごいですぅ!」

小鳥「…やよいちゃんどうぞ」コト

やよい「ありがとうございます小鳥さん!」ゴクゴク    やよいは何になるか>>460

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:13:14.60 ID:3vMVYOBi0
アルラウネ

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:14:16.45 ID:vsf8G0iM0
結局アルラウネwwww

472 :>>460 よくやったすごい 2013/09/11(水) 01:20:35.07 ID:2s5gouL50
やよい「えっとー…効果が完全に出てくるまでは、一日くらいかかるんでしたっけー?」

P「そうだぞ、やよいだからなぁ…うーん想像つかん…」

小鳥「ま、まぁ春香ちゃんレベルのはもう流石に…」

やよい「えへへー、楽しみですぅ!」

律子(…やよいまで増えるの!?…丸飲みしてやろうかしら)ギリリッ

美希「り・つ・こ・さ・ん・か・お・に・で・て・る・の」

伊織「や、やよいまでこっち側に…大丈夫かしら、やよい…」

雪歩「真ちゃん…何で犬の耳付いてるのぉぉぉ!」ズシャァ

真(…雪歩がひざから崩れ落ちた)

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:25:29.65 ID:2s5gouL50
~数時間後~

やよい「うわわ…」

伊織「や、やよい…それって」

やよい「しょくしゅっていうんだっけ、伊織ちゃん」ウネウネ

伊織(やよいの背中から緑色の触手が2本…いえ、3本生えてる)

やよい「うねうねー!」ウネウネウネ

伊織「そ、そうね…うねうねしてるわね」

伊織(でも可愛い)

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:33:46.51 ID:vU6eEOyP0
ラミ子、さん可愛いのしえしえ


482 :>>480 感謝感激ですわぁ ありがとう! 2013/09/11(水) 01:36:00.75 ID:2s5gouL50
~さらに数時間後~

やよい「はわっ!」ウネッ

伊織「きゃっ!?な、何!?」ミミピン

やよい「もっと増えましたーしょくしゅー!」ウネウネウネウネ

伊織「す、すっごいいっぱい生えたわね…腰にも肩にも…」

やよい「あ、そうだ伊織ちゃん!」

伊織「え、何?やよい」

やよい「やよい特製ジュースだよー!」ウネッ

伊織「…こ、これは…」

やよい「えへへーしょくしゅから出てきたんです!甘くておいしいですよー!」

伊織「う、うん…い、ただくわね」チビッ

伊織(…やよいからの贈り物を断るわけにはいかない…ってこれ…美味しい!)

やよい「伊織ちゃんが好きそうな味にしてみたんだぁ!」

伊織「やよい…」ウルッ

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:37:08.83 ID:Ae2mWFa60
やよいジュースだと…

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:45:49.29 ID:2s5gouL50
~一日後~

やよい「皆さんもどうぞー!!」ウネウネウネウネウネ

P「なにこれ…超上手い」

小鳥「ドリンクサーバーねぇ」

伊織「私、血しか飲めなかったのに…不思議だわ」

貴音「…言葉に表すことの出来ない美味しさとは…まさにこの事ですね」

真美「やよいっちの優しさが詰まってる味だねっ!」

亜美「そういえば、やよいっちそのお花スカートは何?」

やよい「あ、これですか?えへへ、実は私の身体から生えてるんですぅ!」バサバサ

真「何か光合成できそうだなぁ」フリフリ

春香「やよいぃぃぃぃぃぃぃぃわたしのはぁぁぁぁぁぁ???」ズモォォォォ

やよい「後で果物の木を生やしますねー!」ウネウネ

美希「き・ま・で・は・や・せ・る・な・ん・て・す・ご・い・の」ガゴゴゴ

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:49:31.84 ID:2s5gouL50
小鳥「さて、やよいちゃんはとても良い結果となりましたね」

P「エロい展開を予想した人!ごめんね!」

小鳥「この勢いのまま次行きましょう!」

P「ほいさっ!」

小鳥「誰かこの小鳥特製モンスターエナジードリンク飲む人いる!?」

>>505「はいっ!」

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:50:33.33 ID:3vMVYOBi0
小鳥

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:51:22.62 ID:Zk31YkHRi
自分で聞いて自分で答えたのか……
なんか悲しいな。流石ピヨちゃん

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:53:27.30 ID:2s5gouL50
P「作った人本人じゃないですか!」

小鳥「もういい加減人間卒業してもいいかなって思ったんです!」

P「…変な結果だったら…ドンマイです音無さん」

小鳥「…いきますっ!」ゴクゴク     小鳥は何になるか>>520

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:54:06.66 ID:3ONLPi4t0
ヨルムンガンド

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:54:39.41 ID:xcpzaH8L0
またエラいのがきたな…

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:54:42.03 ID:vU6eEOyP0
でけえ

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:56:05.49 ID:WeT0JRT80
永遠の象徴やんけ

539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 01:56:54.53 ID:jJAVk2nr0
人間辞めるとか言うレベルじゃねえwww

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:01:35.55 ID:2s5gouL50
小鳥「…私ってつくづく運ないですよね」ゴォォォォォォォォ

P「いや、モンスター娘好きにはたまらんですよ」

小鳥「私成分ってどのくらいですかね」ゴォォォォォォォォ

P「うーん…蛇の頭から生えてる人間のちっこい上半身ですかね」

蛇「シャギャーッ」

小鳥「はぁ…これからどうしよう」ゴォォォォォォォォ

P「春香の3倍はありますしね…空に浮いておけばいいんじゃないですか?」

小鳥「そうですね…そうします…会話は脳内に直接お話ししますので」ゴォォォォォォォォ

P「小鳥さん…人間卒業っていうか…もう生物卒業って感じだな」

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:03:09.35 ID:xcpzaH8L0
無茶しやがって…

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:11:16.22 ID:2s5gouL50
近所の人「あらぁ~今度は、おっきい蛇さんがお空に浮いてるわぁ」

小鳥(テレパシー)「えー町のみなさん、これから…そのよろしくお願いしますね!765プロの音無小鳥でした!」

近所の人「まぁ765プロならよくあることなんで」

近所の春香ファン(765プロの音無小鳥さんも大きくなりましたが、春香ちゃんと良い感じの大きさなので
遊び相手になってくれそうです…僕は幸せです)

近所の小鳥ファン(僕の小鳥ちゃんが大きくなって空に浮いています、僕はヘリウム風船に「いつもお疲れ様です」と書いた
紙をくくりつけて渡したいと思います)

近所の人「何かもう色々ありすぎで…もう何があっても驚けないですから大丈夫です」

小鳥(テレパシー)「ほんっとすいません!皆さん…なるべく晴れの日は日光を遮らないよう、遠くに行くつもりですので…」

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:13:18.71 ID:1SNfi5Hy0
近所の人順応しすぎだろwww

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:16:03.57 ID:vU6eEOyP0
ベヒ香と同じくらいって案外小さいな世界蛇

555 :>>553 春香の3倍だから150mほど っていうかそれくらいが限界www 2013/09/11(水) 02:17:49.70 ID:2s5gouL50
P「さて、音無さんが離脱してしまったみたいだ」

小鳥「声は届きますから!」

P「何かもうモンっ娘とか離れて行ってるようですが…」

小鳥「人間の女性要素があればおkです!」

P「次これ飲みたい人だーれ?」

>>560「はいっ!」

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:18:42.67 ID:1SNfi5Hy0
真美

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:21:46.76 ID:2s5gouL50
真美「んっふっふ~!真美もどうせ飲むならはるるんみたいにスケールヤバいのがいいかも→!」

P「やめろ真美、本当にそうなった時、真の辛さが分かるみたいだから」

小鳥「そうです…あぁ…空ってこんなに寒いんですね…」

真美「んっじゃ…いっくよー!!」ゴクッ     真美は何になるか>>571

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:22:22.11 ID:xcpzaH8L0
サキュバス

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:23:30.13 ID:vsf8G0iM0
ついにこの時が・・・ゴクリ

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:29:32.71 ID:2s5gouL50
真美「…あれ、何も起こらない」

P「ふぅ…とりあえず小鳥さんルートは免れたようだ…」

真美「ちぇー…でも、これから真美何になるんだろうー楽しみだなぁ」

小鳥(…何か神通力みたいなので分かっちゃったんだけど…真美ちゃんにこれは…犯罪ねぇ)

律子(…ちっ、小鳥さんみたいになれば良かったのに…これは要監視ね…)ギリリリッ

伊織(私の御馳走、勝手に奪われちゃ嫌だわ…目を光らせておきましょう)カッ

やよい「な、何か二人とも目つきが怖いですぅぅ…」ウネウネ

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:37:48.49 ID:2s5gouL50
~数時間後~

P「よーし、久々のダンスレッスンだー!」

小鳥「何かもう…アイドルしなくても色々なとこからお金入ってくるんですけどね」

P「その分抜けて行くんですよ…」

真美「兄ちゃんも一緒に踊るんだよ→」

やよい「おどりましょー!」ウネ

伊織「たまにはアイドルっぽい事しないと、自分が何だったのか…忘れそう」

亜美「あぁ…いずれ亜美も人間卒業するんだろうなぁ」

美希「そ・う・い・え・ば・あ・と・に・ん・げ・ん・な・の・つ・て・だ・れ・だ・つ・け?」ギガガガガ

律子「えっと、響と千早、亜美に雪歩貴音あずささんってとこかしら」

P「大分卒業したなぁ」

594 :大分前から美希にゴールド付け忘れてたけどもういいや 2013/09/11(水) 02:44:24.70 ID:2s5gouL50
~さらに数時間後~

P「はーい今日のレッスンは終わりだー」アセビッショリ

真美「ふぃー…疲れたよぉー」

やよい「この身体になってから、疲れしらずになりましたー!」

伊織「精神的にはかなりダメージあったけどね」ミミグッタリ

P「まぁいずれ皆が卒業した暁には俺も卒業するんだろうなぁ…」

小鳥「オチ要因ってことですね、分かります!」

ワイワイ ガヤガヤ




真美(…なんか、兄ちゃんから良いにおいする…)

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 02:52:56.95 ID:2s5gouL50
~さらに数時間後 Pの家にて~

P「あーぁ疲れたぁー…久々だなぁ身体動かしたの、シャワー浴びよう…」

真美「やっほー!兄ちゃん!」マドガラッ

P「おー真美かぁ、空でも飛べるようになったか」

真美「さ、流石にもうこんなレベルじゃ驚かないよね…」パタパタ

P「…随分と青い肌色だなぁ、それにその角、春香よりは立派じゃないが…」

真美「っても兄ちゃん青肌のモンっ娘好きって言ってたじゃん、忘れたの?」ハァ

P「サキュバスって奴か、真美は…」

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 03:04:07.40 ID:2s5gouL50
真美「へぇ、そうなんだ…真美、サキュバスなんだぁ」

P「うん、俺の経験上真美はサキュバスだね」

真美「だから、兄ちゃんのにおいにつられてここまで飛んできちゃったんだね…」

P「サキュバスはエッチな悪魔だからなぁ…俺を追いかけてくるのは当たり前か…?」

真美「兄ちゃん、何かすごい冷静だね…真美がこれから何をしようか、考えてるの分かる?」

P「あぁもちろんだとも、俺の精を奪うつもりなんだよな」

真美「…んふふ、分かってるんならさっさと」

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 03:05:23.96 ID:2s5gouL50
P「俺も精奪われたいってのは思ってるんだが、残念ながらサキュバスは…遅すぎたんだよ真美」

真美「え、それってどういう」



小鳥「真美ちゃーん、抜け駆けは」ゴォォォォォォォォォ

律子「駄目よ?」ピキピキ

伊織「それ一応私の輸血パックなのよ…許して、真美?」

やよい「えへへー伊織ちゃん達と一緒に小鳥さんに乗ってきちゃいました!」ウネッ



P「こいつらを倒してからってことになるな」

真美「ええっ!?」

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 03:13:27.83 ID:2s5gouL50
P「サキュバスって戦闘力はあまりないんだよなぁ…残念だ」

真美「ちょ、ちょっとなにそれ!」

小鳥「私の上でゆっくり真美ちゃんをお料理しましょう♪」

P「もっと早く真美がサキュバスになっていれば…っ!」

律子「真美ぃ…ロールミーって知ってるかしら?」ピキピキ

真美「い、いやぁ」ビクッ

伊織「サキュバスの血って…どんな味がするのかしらねっ?」ミミピン

真美「こ、こんなの」

やよい「私の触手って、一つ一つ違った動きができるんですよぉ!」ウネウネウネウネ

真美「いやぁぁぁぁぁぁぁ…!!!」

P「真美…頑張れよ」キリッ

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 03:24:02.91 ID:2s5gouL50
本当に寝る前にまとめ

人間卒業した方達

小鳥 ヨルムンガンド

春香 ベヒーモス

やよい アウラウネ

真 ウェアウルフ

律子 ラミア

真美 サキュバス

美希 ゴーレム

伊織 猫耳ヴァンパイア

それではおやすみなさい

738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 14:57:48.46 ID:2s5gouL50
真美「」チーン

P「おお、真美よ死んでしまうとは情けない」

小鳥「死んでないですから」

P「さて…真美はとりあえず人型だから…当たりかな」

小鳥「もう、当たりとか外れとかどうでもいいですけどね…」ハァ

P「さぁ、誰かこれを飲む者はおるのか」

>>743「…」スッ

744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 15:01:26.56 ID:5u60We/B0
亜美

749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 15:10:23.87 ID:2s5gouL50
亜美「んっふっふ~!ここは真美の意思をついで、亜美がチャレンジするよぉ!」

P「いいのかぁ~!?真美の二の舞になっても知らんぞ!」ゴトッ

亜美「望むところっしょ→!」ゴキュゴキュ

律子(また真美みたいなのになったら…返り討ちにしてやるわ!)ニヤリ

亜美「ぷはぁーっ!」         亜美は何になるか>>754

754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 15:12:01.09 ID:5u60We/B0
猫娘

766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 15:23:38.53 ID:2s5gouL50
~数時間後~

P「いやぁ、伊織といい真といい…獣耳っていいよなぁ」サワサワ

伊織「…まぁシンプルで分かりやすい可愛さってのは分かるわ」ミミピク

真「へへっ、もっと撫でてくださいよぉ!プロデューサー!」グイグイ

P「こらこら真、そんなにグリグリしたら髪の毛乱れちゃうぞ」サワサワ

亜美「あ、み、も…仲間にいーれてっ!」タタッ

P「お、亜美か…なるほど猫耳か…ちょっと伊織と被り気味かな」

亜美「それが違うんだなぁ…兄ちゃんよぉ、ほら、これを見給え!」ニョロン

P「猫しっぽか!狼尾と違ってぴょろぴょろしてて面白いな…」

771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 15:36:02.26 ID:2s5gouL50
伊織「ちょっと亜美!私の真似しないでくれないかしら」ミミイカク

亜美「別に亜美がまねしようと思ったわけじゃないも→ん」フンス

真「…猫のしっぽって確か性感帯だったような」ギュッ

亜美「ふにゃぁん!?」ビクッ

伊織「あら、そうなの…?じゃあ私も…えいっ!」ギュッ

亜美「にゃ、にゃめてぇ…」ビクッ

P「…じゃあ、俺もっ」ツゥー

亜美「にゃう…兄ちゃんまでぇぇ!」ビクンッ

775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 15:48:22.02 ID:2s5gouL50
伊織「亜美、覚悟しなさい…!」ギロッ

真「面白いしっぽだね…ふふふ僕がいじり倒してあげようか…?」ジリッ

亜美「い、いやにゃー!!!」バビュン

P「あ、おいこら二人とも!亜美が怖がって逃げちゃったじゃねーか!」

伊織「ふん、まだまだ半人前ね」

真「半人前っていうか半獣前っていうか…何だろうね」

P(…二人ともほぼ完全にこの姿に慣れてるんだな)

782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 16:06:59.93 ID:2s5gouL50
~さらに数時間後~

亜美「うわーん!真美ぃ…いおりんとまこちんにいじめられたよぉー!」

真美「あ、亜美!…もう、探しちゃったよ…」フラッ

亜美「真美…どったの?」

真美「兄ちゃんから精奪い損ねてさぁ…お腹すいてたんだぁ」フラッ

亜美「えっ、そ…それと亜美に何の関係があるの…?」ビクッ

真美「…精って、別に男じゃなくても…奪えちゃうんだよぉ?」ガシッ

亜美「い、いやぁ…放してぇ!こんなの真美じゃないっ!」

真美「冷たいなぁ亜美ぃ…妹なのにその言い方は無いっしょ→」

783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 16:09:23.81 ID:re1oFkhli
モン百合とはまた
いいですね

786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 16:15:45.97 ID:2s5gouL50
亜美(あ、そうだ!猫の爪で…引っ掻いちゃえ!)

亜美「あ、あれ…身体が…動かない」ギシッ

真美「念の為のかなしばりだよ…さぁーて、亜美の精はどんなお味かなぁーっ!?」

亜美「い、いやにゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

真美「あむっ♪」チュッ

亜美「んぅ!?」モゴモゴ



…アッー!

小鳥(この姿だと何か凄い力で何でも見放題だわぁ…眼福眼福)

P「凄い力を無駄遣いしないでください!」

789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 16:27:12.28 ID:2s5gouL50
亜美「ま、真美の…バカっ!…も、もう亜美お嫁にいけないのにゃー!」ビエーン

真美「ご、ごめんってば!」アセアセ

P「何かあったみたいですね」

小鳥「私、ヨルムンガンドになって初めて良かったって思いました」

律子「こんなのが永遠の象徴だなんて…全然ありがたみが無いわ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「エロいシーンはキングクリムゾンさせてもらった」

小鳥「全員終わったら番外編として書くかも!」

P「それじゃあ、もう半分切ったんだし…次、いってみるか>>793

>>793「えっ…」

793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 16:28:26.83 ID:dwaOqb6Z0
あずさ

805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 16:48:22.40 ID:2s5gouL50
P「あずささん…あなたが俺達を避けていたのは知っています」

あずさ「…そうですか、分かってたんですね」

P「なぜですか、あずささん…」

あずさ「私、人のまま…人間のままが好きなんです」

小鳥「…なるほど、そういう考えもありますよね」

あずさ「だって、春香ちゃんや小鳥さんみたいな姿になったら…まるで見世物じゃないですか!そんなの…
私、嫌なんです!」

小鳥「あずささん…」

あずさ「何がモンスター娘ですか!あんなの唯の怪物ですっっ!」




春香「そんなこと…ないとおもいますぅぅぅぅぅぅ!!!」ズゴゴゴゴ

あずさ「春香ちゃん…」

821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:13:27.59 ID:2s5gouL50
春香「わたし、たくさんのひとたちにぃ…はげまされておうえんされるたびぃ…このからだに
なってよかったってぇ…おもうんですぅぅぅぅ!」ゴゴゴゴ

小鳥「不本意ながら、この身体凄い便利でしてね…逆に出来ないことの方が少ないですね」

やよい「それに、ここに住んでる皆さんはもう慣れちゃってますから…いまさらって感じですー!」

美希「み・き・も・そ・う・お・も・う・な」ギギギ

イマサラダヨネー ウンウン ダッテ ワタシタチ ミンナ ナカマダモン ゲ!

あずさ「ごめんなさい…皆、私勘違いしてたみたいだわ…」

P「皆意外と慣れて普通に生活してますしね」

小鳥「案外私たちより町の人が化け物かもしれないです」




あずさ「私も、皆と一緒にっ!」ゴクッ      あずさは何になるのか>>826

826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:14:47.52 ID:WAu9zvIs0
スライム

834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:16:36.41 ID:vU6eEOyP0
よっしゃスライムや!

836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:17:58.21 ID:7gfqA+mC0
美希はもう少し不満を言っていいと思うの……

839 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:23:48.70 ID:2s5gouL50
P「…でこうなったんですか」

小鳥「あずささんらしいですねぇ」

あずさ「うふふ、これでいつでもお肌しっとりですよ~」プルプル

真美「あずさお姉ちゃんが徐々に溶けてく姿は…」

亜美「かなりグロかったにゃん…」ミミタレ

律子「一部分だったプルプルが、全体的にプルプルになりましたね」

伊織「プルプルっていうかブヨブヨっていうか…」

あずさ「プロデューサーさん、私スライムになっちゃいましたけど…どうですかぁ?」プヨヨーン

P「反則級の柔らかさを手に入れたと思います」グッ

真「水さえあればどんな形にでもなれるのかぁ…羨ましいなぁ」

846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:27:39.89 ID:2s5gouL50
あずさ「スライム生活…楽しみですねぇ」プルンプルン

P(…今度は石の隙間とか土の中とかでも迷子になるのか、それはいやだぁ…)

あずさ「…>>851ちゃん、そろそろ出てきたら?」

>>851「!」ビクッ

851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:28:27.02 ID:BJu9oMnL0
たかね

863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:36:42.95 ID:2s5gouL50
貴音「これは、随分と面妖な姿に…」

あずさ「貴音ちゃんもどうかしら~?」

貴音「…不安ですが、この流れを止めるのは…期待外れということになりますね」

P「うん、だって全員やるもん」

小鳥「それは初期の段階から言ってましたしね」

貴音「…空気など読むな、と言いたいところですが…ここは皆の期待に答えねば…いざ!」ガボガボ

P「いい飲みっぷりだ」         貴音は何になるか>>867

867 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:37:07.17 ID:ucAuUTLr0
九尾の狐

880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:39:34.37 ID:7gfqA+mC0
インドで生まれ、中国日本を席巻した大妖怪やで!さすがお姫ちん!

884 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:40:12.68 ID:JPlvwu3V0
結構な強豪がでてきたな

888 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:44:59.07 ID:z5ed28iT0
765プロの戦力が増強されてく・・・

892 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:48:06.83 ID:2s5gouL50
~十数時間後~

貴音「私は…狐の妖怪、九尾の狐…なのですね?」ファサッ

P「9本の尾、とがった耳…そして何よりのこの妖しさ…まさに九尾だな」

貴音「九尾の狐…美女に化けて王を誘惑し、堕落させて、治安を悪化させ国を滅ぼした…あの妖怪ですか」ファサ

P「…何だか妙にピッタリで…怖いな」

貴音「ふふっ、あの液体を使わずとも…私は、九尾の狐だったのかも…しれません」ニヤリ

P「そう、かもなぁ…」



律子(何でココでいきなりボス級が来るのよぉぉっ!!敵が…敵が多すぎるっ!!)ピキピキ

亜美「亜美から見ればりっちゃんだってボス級だけどねー」

898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:54:40.36 ID:2s5gouL50
P「さて、残り3人となったわけだが」

貴音「…中には私達の中に混ざりたいのに、言い出せない娘も居るようです」

小鳥「ほーら、隠れてないで出てきなさい>>903ちゃん」

>>903「…」ピョコ トテトテ

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 17:55:17.61 ID:ZAnLER0HP
そろそろユキポをニャルラトホテプにするための準備を始めるか…

909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:00:33.66 ID:2s5gouL50
雪歩「あ、あのぉ…」

P「やぁっと、出てきたな雪歩」

雪歩「…ず、ずいぶん遅くなっちゃいましたけど…私も、皆の中に混ざりたいです!」

P「いいんだよ雪歩、今こうやってここに来てくれたんだからな」ビシッ

雪歩「プロデューサー!」

貴音「雪歩…その湯呑に一滴だけ…さぁ、後は飲み干すだけです」ポタリ

雪歩「え、えいっ!」グイッ          雪歩は何になるか>>914

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:01:06.40 ID:3vMVYOBi0
スキュラ

921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:01:56.53 ID:KM8BKcPP0
スキュラって言うと犬の方とイカっぽい方があるよね

923 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:02:50.68 ID:ucAuUTLr0
>>921
そりゃ犬っぽい方だろ+蛇か

924 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/09/11(水) 18:03:18.50 ID:JPlvwu3V0
スキュラってどうなるんだ?
最近は蛸が主流だけど原種は下半身魚に犬の首だよな

926 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:04:28.83 ID:oyiqB50A0
魚の下半身に犬の首した奴にお茶とスコップ持たせとけばいいだろ

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:10:59.13 ID:vU6eEOyP0
>>926
うう、ひどい~

934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:12:01.95 ID:bVCqR1mW0
>>933
ひでえwww

937 :>>933 吹いた 2013/09/11(水) 18:15:55.19 ID:2s5gouL50
~十数時間後~

雪歩「いやぁぁぁぁぁ!!!」

P「ど、どうしたんだ雪歩!」

雪歩「狼が、狼が追いかけてくるんですぅぅぅ!」

P「な、何っ!?真が!?」

真狼「あ、僕もうコントロール出来るで」キリッ

雪歩「こないでくださいぃぃぃ!」

P「一体どうなって…」チラッ

P(雪歩の腰辺りから狼の首が3つ生えてる…)

943 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:23:03.21 ID:2s5gouL50
雪歩「どうして追いかけてくるんですかぁー!」ダダダ

P「それ、追いかけてるんじゃない…生えてるんだ!」

雪歩「えっ」ピタッ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「ということがありましてね」

小鳥「それはスキュラって奴ですかね」

P「スキュラ…となるとアレですね」

ガチャ

雪歩「プロデューサー…」ワンワンワン!

P「うん、足がイカっぽい触手になるんだよね」

雪歩「これ…歩きにくいです…」ペッタペッタペッタ

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:30:52.72 ID:2s5gouL50
~一日後~

P「雪歩の為に水槽を買いました」

小鳥「私と春香ちゃんで運びました」

雪歩「水の中気持ちいいですぅ~」ゴボゴボゴボ



P「もう残り2人ですよ」

小鳥「よくここまで残りましたね」

P「っても、もう観念してここに来てるけどな」

>>951「…」

951 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:32:00.57 ID:bVCqR1mW0
千早

961 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:38:09.11 ID:2s5gouL50
P「やっと登場したな」

千早「本当です…まぁあと一人残ってますけども」

P「お前何してたんだよ今まで…」

千早「海外レコーディングですよ、ついさっき帰ってきたら事務所が魔物の巣窟になってて驚きました」

P「お前、春香と音無さん見たか?」

千早「見ました…心臓止まりかけたけど大丈夫です」

P「じゃあはいこれ飲め」

千早「時間が勿体ないですし飲みます」ゴクッ     千早は何なるのか>>966

966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:39:03.22 ID:3vMVYOBi0
セイレーン(鳥に近いほう)

976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 18:45:05.65 ID:2s5gouL50
~数時間後~

千早「羽毛が生えてきたんですが」

P「…鳥型か?」


~さらに数時間後~

千早「下半身が鳥っぽくなったんですが」

P「…これは、セイレーンか…千早にピッタリだな」


~さらに数時間後~

千早「空飛べるようになったので…ちょっと飛行してきます」

P「いってらっしゃい」


~一日後~

千早「生みたての卵です、どうぞ」

P「えっ?」

小鳥「何…だと…!?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 19:57:13.14 ID:3oEFF4e90
P「今朝、千早が生みたての卵をくれました」

小鳥「なお、総排泄口ではないそうですよ皆さん」

P「ところで音無さん」

小鳥「何でしょうか」

P「あと一人、まだ残ってますよね」

小鳥「えぇ、そうです」




千早「捕まえてきました、プロデューサー」バッサバッサ

響「んぎゃー!!!放せぇぇぇー!放すんだぁぁぁ!」

千早「はい」パッ

響「何で今放すんだぁぁぁぁ!!!」ヒュウウウ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 19:58:23.67 ID:bVCqR1mW0
総排泄口ではないなら、いったいどこから出したの?(純粋な眼差し)

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:00:31.83 ID:bSStVeUR0

49 :>>42 オトメサンバだね 2013/09/11(水) 20:11:16.53 ID:3oEFF4e90
P「最後の一人だな」

小鳥「まさか響ちゃんがラストだなんて」

千早「真っ先に選ばれるかと思ったんですけどね…」

美希「ひ・び・き・つ・て・い・が・い・と・か・げ・う・す・い・の」ギギギ

響「じ、自分も…やらないと駄目なのか…?」

P「そうだ、だって響…よく考えてみろ…現在、人間なのは響だけだ」

小鳥「これじゃ仲間外れになっちゃいますね」

響「うぅっ…仲間はずれは嫌だぞぉ」

P「そう思うなら、はいこれどうぞ」コトッ

響(…遂に自分も人間卒業する日が来たんだなぁ)

響「よし、じゃあ…頂くぞっ」           響は何になるか>>54

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:13:35.28 ID:iT8NqizY0
ベルゼブブ

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:14:08.49 ID:oGGGhm8l0
響は大魔王だったのか

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:14:09.80 ID:bVCqR1mW0
蠅の王wwwwwww

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:14:42.56 ID:ywNzikmv0
また神レベルが来たww

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:15:30.04 ID:bVCqR1mW0
いや、でも元は異教徒の神だったからって
こんなんばっちいハエの魔王だよってされただけだよな?
本物はハエじゃねえよな?

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:17:13.36 ID:TVh1XTL20
ベルゼバアル→偉大な神 を異教の神だから
ベルゼブブ→ハエの王に変えたんだっけ?

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:24:10.14 ID:3oEFF4e90
響「ジブン、いいタいコトあるんだケド」ブブブブ

P「ごめんなさい」ガタガタ

響「ナンデ、じぶンだケ…ムシっポいのサ?」ブブブブ

P「ごめんなさい」ガタガタ

響「アヤまッてスム、もんだイじゃないッてオモウんだ」ブブブブ

P「」ガタガタ

響「でも、コレデジブんもナカマはずレになラナいんダヨね」ブブブブ

P「」ガタガタ

響「とくベツに、ゆルシテあげルぞ」ブブブブ

P「あぁぁぁ…ありがとうございます!!!」ドゲザー

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:38:20.80 ID:3oEFF4e90
小鳥「かなりヤバいのが誕生しちゃいましたね」

P「あぁ…死ぬかと思った」

小鳥「ビジュアルは虫系の可愛い子なんですけどね」

P「ランクがヤバいですよ…って音無さん、余裕ですね」

小鳥「神レベルですからね…達観してますよ」

P「そういえば、今までテレパシーで会話してましたけど…音無さん今どこに居るんですか?」

小鳥「大気圏です」

P「宇宙行けちゃうじゃないですか」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:40:01.25 ID:lSr2yoyO0
宇宙・・・

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:43:14.32 ID:re1oFkhli
ピヨちゃんますます貰い手がなくなっちゃうじゃないか

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:43:55.22 ID:bVCqR1mW0
小鳥さんってもう酸素とか必要ないんじゃね

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:51:12.96 ID:3oEFF4e90
~あくる日~

小鳥「私、そろそろ美希ちゃんを救済してあげるべきだって思うんですよ」

P「ゴーレムは身体の自由が利かないし可哀そうですよね」

小鳥「…そこで私の神力を使ってあの液体を改造しました」

P「だったら美希自体に神力つかってあげるべきなんじゃ…」

小鳥「それじゃつまらないですよ」

P「いじわるですね!」



小鳥「という分けで美希ちゃん、どうぞ!」

美希「こ・ん・ど・は・ふ・つ・う・に・う・ご・け・る・や・つ・だ・と・い・い・な」ビシャッ

P(頭にかけるんかい)    美希は改めて何になったか>>105

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:53:08.27 ID:LERyiAzY0
ティアマト

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:57:07.14 ID:G4+FS1da0
地母神とかまた凄いのが来やがったwww

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 20:58:05.22 ID:l3BjF5Bh0
元961メンバーが強すぎる

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:02:00.77 ID:3oEFF4e90
美希「動ける…動けるけどね」

美希2「こういう」

美希3「意味じゃない」

美希4「って思うな!!!」

美希5「しかも」

美希6「なんで」

美希7「首7本もあるの!?」

P「あんたどんだけ神力込めたんだよ!!!」

小鳥「やりすぎちゃったです☆」

P「神増えすぎだろ…」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:02:35.92 ID:Z+e8tPuci
もんっ娘というより神っ娘だな

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:10:47.56 ID:3oEFF4e90
P「さて、これで本当に全員終わりましたねぇ」

小鳥「最後にもう一度確認しますか」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「ベヒーモスの春香です」

春香「こんにちはぁぁぁぁぁ!!あまみはるかぁじゅうななさいですぅぅぅぅぅ」ズドォォォォ

P「ちなみに春香はあくまで普通に喋ってますが、サイズがあまりにも違うのでこんな感じに聞こえます」

春香「しんちょうはぁぁぁぁろくじゅうめーとるぐらいですぅぅぅぅぅ」ズモォォォ

P「最初は50mでしたが、記録更新中です」

春香「こんどぉ、ぷろでゅーさーさんとぉふたりでやまへ、ぴくにっくにいくんですぅぅぅぅ」ドンドン

P「中身は全然変わってません、可愛い奴です」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:13:18.66 ID:Z+e8tPuci
べひ香まだ成長してんのか

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:14:04.38 ID:plvmMRLi0
あれベヒ香かわいい?

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:19:27.14 ID:3oEFF4e90
P「元ゴーレム、現ティアマトの美希です」

美希「ミキだよー☆」

美希2「前はのろまな」

美希3「ゴーレムで」

美希4「事務所の置物」

美希5「だったんだけど」

美希6「今は、事務所に居られなくて」

美希7「小鳥と一緒に空飛んでるの…」

P「ゴーレム→ティアマトという超絶進化をしました、大きさは100メートルくらいですかね」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:29:19.11 ID:3oEFF4e90
P「吸血鬼(猫耳付き)伊織です」

伊織「吸血鬼になっても可愛い水瀬伊織でーす!」ミミピーン

伊織「半分プロデューサーと小鳥に騙されて、吸血鬼になったんだけどね…」ミミタレ

P「でもそのお陰で、ファンからの支持率もアップしたけどな」

伊織「…献血パックに自分の血を詰めてもってくるファン根性は認めるわ」

伊織「でも…血の中に変なもの混ぜてもってくるのはやめなさいっ!!」ミミピーン

P「伊織にはバレてるのでファンの方々、自重してくださいね」

伊織「この、変態っ! ド変態っ! der変態っ!」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:33:49.37 ID:l3BjF5Bh0
変態で済ますいおりんマジ心広い

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:35:44.28 ID:3oEFF4e90
P「ラミアの律子です」

律子「秋月律子です!プロデューサー兼アイドルやってます!」シュル

P「一見下半身が蛇になっただけかと思いますが」

律子(…プロデューサー、今日も伊織と仲良くしてる…っ!お、のれぇ…!)ビターン

P「俺がほかのアイドルと話していると、高確率で律子が嫉妬します」

律子「…プロデューサー?今日一日ぐるぐる巻きの刑ですから」ギュッ

P「と、なぜか俺がおしおきされてしまいます」

P(どう考えても御褒美ですけどね)

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:37:19.33 ID:re1oFkhli
りっちゃんに巻かれたい

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:41:24.44 ID:ja6ojpGU0
りっちゃん嫉妬可愛い

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:42:56.55 ID:3oEFF4e90
P「ウェアウルフの真です」

真「へへっ!僕、菊地真ですっ」

P「狼耳と、狼尾が生えて、さらに可愛さが増しました」

真「僕、可愛いですかっ!?」キャピ

P「普段はいつもこんな感じですが、変身すると…」

真狼「グルォォォォォ!!」

P「ガチムチで2足歩行のでかい狼になります」

真狼「こんな姿ですけど…僕、可愛いですか?」ギュッ

P「ウンカワイイヨ」

P(なんて硬い胸板…筋肉しか感じない)

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 21:56:59.81 ID:3oEFF4e90
P「アウラウネのやよいです」

やよい「高槻やよいです!」ウネウネウネ

P「肌の大部分が緑色で、光合成をしています」

やよい「ごはんが無くても平気です!」ウネウネ

P「また、身体に生える無数の触手でテキパキと家事をこなし…」

やよい「やよい特製、あうあうえジュースです!」ババン

P「自家製のジュースを御馳走してくれます、でも相変わらず滑舌が悪いです…アウラウネだよ、やよい」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:04:12.61 ID:3oEFF4e90
P「ヨルムンガンドな事務員、音無さんです」

小鳥「こんにちは、事務員の音無小鳥です!」

蛇「シャギャァァァッ」ズオオオオ

P「全長は約150mで、765プロメンバー最大の大きさです」

小鳥「そして神でもあります!」

蛇「シュゥゥ」ズアッ

P「いつも空から俺達のことを覗き見しています」

小鳥「覗きだなんて失礼な、見守っていると言ってください!」

P「あっ、すんません」

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:13:12.21 ID:3oEFF4e90
P「サキュバスの真美と猫娘の亜美です」

真美「んっふっふ~ん、双海真美だよ→ん」バサッ

亜美「にゃっふっふ~ん、双海亜美でぃ→す」ピョコ

P「普段はいつも仲良し双子兄弟ですが…」

真美「…亜美、お腹すいたよぉぉ!」ガバァ

亜美「え、えぇ…またぁ…?」ドサッ

P「最初、真美は俺の精を狙っていましたが、ガードが堅すぎるのでメンバーの中で最も弱い
妹に狙いを定めたようで…」

真美「あ、みっ…おいひい…よぉ」チュッチュッ

亜美「う、あはぁっ…」ビクッ

P「おっと…この動画は今は見せられんな」カチッ

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:18:48.20 ID:l3BjF5Bh0
実にけしからんな

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:21:21.86 ID:3oEFF4e90
P「スライムのあずささんです」

あずさ「三浦、あずさですぅ~」プヨォ

P「おっとりしっとりお姉さんです」

あずさ「あらあら、ここは…どこかしら~?」ツチノナカ

P「スライムになったことにより、余計迷子になりやすくなりました」

あずさ「プロデューサーさん…あずさのウォーターベッドで一休みしませんか?」プヨヨン

P「冷たくて、柔らかくて気持ちいいです」

あずさ「うふふ、スライムも悪くない…ですねぇ」プヨン

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:32:34.09 ID:3oEFF4e90
P「九尾の狐の貴音です」

貴音「こんにちは、四条…貴音です」ファサ

P「雰囲気はさらに妖しく、妖艶になりました」

貴音「私に少しでも恋心を抱いている殿方は…気を付けてください」ファサ

P「…」

貴音「…一夜のうちに、貴方は全てを奪われてしまうのかも…しれないのですよ?」ニコリ

P「本当にしそうで怖いです」ゾクッ

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:40:14.48 ID:3oEFF4e90
P「スキュラの雪歩です」

雪歩「は、萩原雪歩…です!」ワンワンワン

P「彼女の下半身には、3本の狼の首が生えています」

雪歩「こらっ!吠えちゃダメでしょっ!」キャウン

P「最初は怯えてましたが、今はもうすっかり慣れてしまいました」

雪歩「水の中じゃ、お茶が飲めないよぉ…」ザパァ ペタペタ

P「足の変わりにイカのような触手で歩きます」

雪歩「…どうせなら水槽の水をお茶に変えれば…!」

P「足が乾燥するといけないので、普段は水槽の中に居ます」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:45:38.30 ID:3oEFF4e90
千早「セイレーンの千早です」

千早「如月千早です…」バサッ

P「背中には2枚の真っ青な羽が生えています」

千早「…ちょっと歩きにくいのよね…この足」

P「下半身は鳥とそっくりで、足には鱗と鍵爪があります」

千早「!う、うまれそう…」バサッバサッ

P「一日一回、卵を産み落とします…もちろん無性卵です」

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 22:57:40.05 ID:3oEFF4e90
P「ベルゼブブの響です」

響「…はイさーい、がなハひびキダぞ!」ブブブブ

P「彼女は虫型の身体で、下半身は虫のお腹っぽくなってます」

響「このショっかく(元アホ毛)で、ひとノココろがよメちゃウんだゾ…」ブブブブ

P「怒らせると、イナゴを大発生させたり、疫病を蔓延させたり色々してくるかもしれません」

響「ファンのミンなは、ジぶンのコトおうエんしてクレるよな?」ブブブブ

P(頼むからファンの皆さん、響を裏切るようなことは…しないでくださいね)

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:05:39.46 ID:3oEFF4e90
P「こんなもんですか…」

小鳥「全員決まるまで長かったですねぇ」




小鳥「…プロデューサーさん、一つお聞きしていいですか?」

P「…何です?」

小鳥「これ、使わないんですか?」

P「…正直、迷ってるとこなんですよ」

小鳥「というと?」

P「モンスター娘はあくまで娘が対象じゃないですか、俺までそれ使っていいのかと…」

小鳥「私は別にかまいませんけどね…」

P「…じゃあ、俺は」

1 使わない
2 使う

>>216

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:09:34.51 ID:z/DZaekS0
全部飲む

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:12:52.57 ID:1fwSRwh4i
全部w

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:15:22.42 ID:3oEFF4e90
P「…音無さん、今どれくらい余ってましたっけ」

小鳥「えーっと…この瓶に入ってる分だけですね」

P「…えええいっ!」ゴクッ

小鳥「思い切りましたね…!」

P「…!?うおぉぉぉぉぉぁぁっ!!???」ゴゴゴゴゴゴ



Pは何になったか>>224

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:15:45.26 ID:bVCqR1mW0
でいだらぼっちになってでかいみんなといちゃいちゃする

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:18:25.44 ID:re1oFkhli
なんだこの会社

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:19:25.24 ID:bVCqR1mW0
でいだらぼっちも国造りの神だよな

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:26:42.67 ID:re1oFkhli
これなら小鳥さんでも大丈夫か

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:28:17.97 ID:3oEFF4e90
P「でっかくなっちゃいましたぁ!?」ズォォォォ

小鳥「えええええええ!?」

美希1~7「「「「「「…これは…美希達大勝利なの!」」」」」」」

春香「プロデューサーさん!」ドガッドガッドガッ

P「春香ぁ!」バッ

春香「…ぐすっ、もう、こうやって抱き合う事とか、ムリかと思ってました…っ!」ダキッ

P「俺もだよぉ…春香ぁ」ダキッ

春香「私、角とか色々生えてますけど…嫌じゃないですか…?」

P「何言ってるんだ、俺そういうの大好きだって言ったろ…?」

春香「プロデューサーさん…!」ニコッ

小鳥「ちょ、ちょっと何いい雰囲気になってるんですか!私も混ぜてください!!」ズォォォォ

美希1~7「「「「「「み、美希も混ぜてなのーっ!」」」」」」」



ちっちゃいの達「なんだこれ…」


                                  おわり

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:40:22.30 ID:3oEFF4e90
書いててベヒ香がどんどん好きになっていったよ

あの時ベヒーモスにしてくれた奴に感謝

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11(水) 23:56:23.36 ID:z5ed28iT0

出かけたから最後まで読めるか不安だったけど
完結してよかった



元スレ: 小鳥「モンスター娘っていいと思いませんか?」P「ふむ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378801327/
小鳥「モンスター娘っていいと思いませんか?」P「ふむふむ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378893179/

THE IDOLM@STER STELLA MASTER ENCORE shy→shining
THE IDOLM@STER STELLA MASTER ENCORE shy→shining
日本コロムビア (2018-06-13)
売り上げランキング: 170

[ 2018/06/06 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23503-e2bdb08b