ヘッドライン

P「まんじゅう怖い」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 07:29:03.52 ID:/G+kbwvm0
P「小鳥さん。俺、あいつらに復讐します!」

小鳥「何ですか、いきなり」

P「あいつら、俺が買ってきた甘栗を全部食べちゃったんですよ!」

P「ひどいと思いませんか!?」

小鳥「まあ、そうですね」

P「だから復讐です!」

P「俺、鬼になります!」

P「あいつらが嫌がることをリサーチして……」

P「容赦なく、それを実行します!」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 07:31:57.06 ID:/G+kbwvm0
小鳥「と、いうことがあったのよ」

小鳥「人畜無害なプロデューサーさんだから、滅多なことはしないと思うけど、」

小鳥「みんな、一応、気をつけておいてね」

アイドルたち「はーい」

アイドルたち「……」

アイドルたち(あれ? もしかして、これはチャンスじゃね?)

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 07:34:13.07 ID:/G+kbwvm0
P「最初のターゲットは亜美真美だ」

P「あいつら、猿みたいに甘栗を食べ散らかしやがって……!」

P「絶対に許せん!」

P「と、いうわけで、早速、奴らの弱点を調査してみよう」

P「なあ、亜美真美。お前らが嫌なことって何だ?」

亜美「えー? 嫌なことー?」

真美「うーん、そうだねー」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 07:38:16.53 ID:/G+kbwvm0
亜美「亜美は、駄菓子詰め合わせを見るのが嫌かなー」

亜美「剣山みたいになってるチュッパチャップスがあるじゃん?」

亜美「あれを見ると、うえっ、ってなっちゃって」

P「なるほど……真美は?」

真美「真美はねー、プリクラが嫌いかな?」

真美「特に、スーツ着た人とは絶対に撮りたくないなー」

真美「もう、絶対に嫌だね、うんうん」

P「そうか……分かった、気をつけるよ」

亜美「うん」ニヤニヤ

真美「そうしてね」ニヤニヤ

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 07:40:43.55 ID:/G+kbwvm0
P「くくく、バカな双子め」

P「しょせんはお子様ということか」

P「手の内をさらけ出すことの怖さを知らないと見える」

P「さて、こうしてはいられない」

P「亜美に駄菓子詰め合わせを買ってやり、」

P「真美とプリクラを撮りまくるぞー!」フハハー

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 07:44:25.20 ID:/G+kbwvm0
~後日~

亜美「うあうあー。こんなに駄菓子を用意するなんてー(棒)」

真美「嫌って言ったのにプリクラ撮ってー(棒)」

双子「「ちくしょー、覚えてろよー(棒)」」スキップ

P「……ふっ」

P「思い知ったか、俺の怒り」

P「俺だってやる時はやるんだぞ」キリッ

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/07(土) 07:51:32.57 ID:/G+kbwvm0
P「さて、次は春香の番だな」

P「俺の甘栗に手を出しやがって……」

P「絶対に、後悔させてやる」

P「よし……こほん。なあ、春香。お前が嫌なことって何だ?」

春香「えっ、私ですか?」←嬉しそう

春香「そうですね……しいて言えば、ディズニーランドに行くことですかね」

春香「それも、頭にPのつく名前の人とは、絶対に行きたくありませんね!」

P「そうか。分かった、気をつけるよ」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 07:54:37.19 ID:/G+kbwvm0
P「バカめ。かかりおったわ」

P「しょせんは小娘ということか……他愛もない」

春香「プロデューサーさん! ぷーさんと写真を撮りましょう! ぷーさんと!」

春香「あれ、私、絶対にやりたくなかったんです!」

P「おお、そうか」

P「それはやらなくちゃ……いけないよなあ」ニタリ

春香「はい!」ニパー

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 08:01:07.14 ID:/G+kbwvm0
P「うおお……! これがホーンテッドマンションか」

P「こ、怖くない……怖くないぞ」

春香「きゃああっ!」ガバッ

P「どどどどうした、春香!?」

春香「鏡の真ん中に! 鏡の真ん中に!」

P「うおっ!? 幽霊がー!?」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 08:09:59.40 ID:/G+kbwvm0
春香「あー、今日は一日、色んなところを回りましたねー」

春香「とっても楽しかった……っとと、とってもグッタリしました!」

P「そうかそうか」

春香「甘栗を勝手に食べちゃってごめんなさい」

春香「これに懲りて、今後は気をつけますね」ペコリ

P「うむ、分かればよろしい」

春香「それじゃ、プロデューサーさん。また明日です!」

P「おーう、気をつけて帰れよー」

P「……よし! 大成功!」

P「ふふふ、次もこの調子で行くぞ」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/07(土) 09:20:42.05 ID:/G+kbwvm0
美希「デートがキライなの!」

P「は?」

美希「美希ね、デートがキライなの」

P「うん、だからどうした……っ!」

P(おやおや、これはこれは)

P(策を弄せずして、獲物が自分から飛び込んできたわ)

P(くくく……このチャンス、逃がさん!)

P「そうかー、美希はデートが嫌いなのかー」

P「でも、苦手は克服しないとな!」

P「今度の日曜、一緒にデートに行こうな」ニタリ

美希「うんっ!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:24:05.19 ID:/G+kbwvm0
P「昼は映画を観よう」

マイケル『オー、ジュテーム』

ダリア『メルシー』

美希「あまーい恋愛映画なの」

美希「ちょっぴりアダルトで、ドキドキって感じ」

P「ほうら、これでも喰らえ」

美希「美希、キャラメルポップコーン大好きなの!」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:27:54.46 ID:/G+kbwvm0
P「自然公園でぶらぶらしてみるか」

美希「ぶらぶらするの」

P「芝生にシートをひいて、ゴロゴロしてみたり」

美希「まったりするの」

P「手製のおにぎりをふるまってみたり」

美希「とっても美味しいの!」

P「とどめとばかりに膝枕だ」

美希「あふぅ。幸せなの……zzz」

P「くくく。拒絶反応か? あっさり気絶しやがった」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:30:50.64 ID:/G+kbwvm0
P「だが、俺も業界の鬼と恐れられた男だ」

P「このP、けっして容赦はせん」

P「さあ、美希よ。味わうがいい」

P「お前のために用意した――」

P「100万ドルの夜景と、豪華フランス料理のディナーだーっ!!!!」

美希「ゆ、夢のようなの!!」

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:33:49.54 ID:/G+kbwvm0
美希「とってもムーディーなのー……」ウットリ

P「ふふふ……朦朧としてきたな」

P「だが、これは悪夢じゃない」

P「現 実 だ !」

P「その証拠に、ほら。お土産も用意しました」

P「小粒な宝石をあしらった」

P「デート記念の、アクセサリー」ニヤッ

美希「ハニー!」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:38:56.70 ID:/G+kbwvm0
~後日~

P「あれ? 今日、美希はどうしたんですか?」

小鳥「何でも、(幸せすぎて)熱が出たそうです」

P「うっ。そ、そうですか」

P(やり過ぎたか?)

P(い、いや。でも、こんなもんじゃ俺の復讐心は収まらない!)

P(俺は鬼だ! 復讐の鬼だ!)

P(非情に徹するんだ……!)

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:43:20.66 ID:/G+kbwvm0
響「はいさーい!」

P(……響)

P(俺の甘栗を、ハム蔵みたいに頬をぱんぱんにさせて貪り食った女)

P(そうだ、こいつだけは許せない)

P(復讐するは我にあり)

P(処断する。一切の躊躇なく!)

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:45:13.97 ID:/G+kbwvm0
P「なあ、響」

P「お前がされて嫌なことって何だ?」

響「ど、どうしたんだ? 急に」

P「なに、ちょっと気をつけたくてな」

P「うっかり地雷を踏むのは、嫌だろう?」

響「そうだけど……うー、次は自分かー」

P「何か言ったか?」

響「な、何でも! 何でもないぞ!」

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:47:21.87 ID:/G+kbwvm0
P「さあ、教えてくれ、響」

P「お前の嫌なことを」

P「さあ。さあさあさあ!」

響「うー、あー……そ、その」

響「自分、頭をなでなでされるのが、」

響「とってもイヤなんだぞ?」

P「……そうか」

P「でも、響」

P「嫌なことは、克服しないとな?」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:49:11.16 ID:/G+kbwvm0
P「なでなで」

響「うっ、うう」

P「なでなで」

響「ううー……」

P「なでなでり」

響「ふ、ふわっ」

P「なーでなで」

響「ううううぅ」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:51:43.84 ID:/G+kbwvm0
P「どうだ? 嫌か?」

響「あぅ……って、な、なに!?」

P「なでなでされるの、嫌かって」

響「と、当然だぞ! 嫌で嫌でたまらないさー!」

P「そうかそうか。じゃあ、まだ続けないとな」

P「克服しないといけないもんな?」

響「そうだぞ! じ、自分、完璧だからな!」

響「弱点があっちゃいけないんだ!」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:54:28.79 ID:/G+kbwvm0
P「じゃあ、遠慮なく」

P「たっぷりと、なでなでしてやろう」

響「ああっ、ぷ、プロデューサー!」

P「あごの下も」

響「うっ」

P「耳の裏も」

響「ふわっ」

P「うなじだって、なでなでしてやるぞ!」

響「う、うぎゃー……!」(小声)

響「プ、プロデューサーは、やっぱり変態だぞ……」(小声)

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:57:12.01 ID:/G+kbwvm0
~三十分後~

響「zzz」

P「終わった……」

響「もう食べられないさー……zzz」

P「響もまた、あまりの責め苦に気絶してしまった」

響「えへ、そんな、やめるさ、プロデューサー……zzz」

P「……夢の中でまで、苦しんでいるのか?」

P「さすがにやり過ぎたか」

P「いや、しかし、これは俺が望んだことだ」

P「いや、しかし……」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 09:59:50.13 ID:/G+kbwvm0
P「虚しい」

P「復讐は何も生まない。俺の心は満たされない」

P「虚しさばかりが広がっていく……」

P「――戻ろう」

P「昔の俺に戻るんだ」

P「みんなと笑い合っていたあの頃へ、戻るんだ」

P「甘栗のことは、もう、忘れるんだ」

P「そうだ。今こそ、大いなる赦しを抱こう――」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:03:51.50 ID:/G+kbwvm0
~またまた後日~

春香「ふふふ、見て見て。この写真。プロデューサーさんとぷーさんとの3ショット」

真「あー! いいなー! ボクにも早く声がかからないかなー」

美希「真くんは奥手なの! 美希みたいに、自分から声をかければいいの」

美希「そうしたら、幸せなデートが待ってるの……」ウットリ

雪歩「……そ、そうだね! 今こそ、勇気を!」

貴音「ええ。大きな一歩を、踏み出しましょう!」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:06:52.47 ID:/G+kbwvm0
P「おはようございまーす」

伊織「あっ、あいつが来たわ」

あずさ「あらー。タイミングがいいわね」

春香「プロデューサーさん! おはようございます!」

真「おはようございまーす!」

P「ああ、おはよう」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:08:40.37 ID:/G+kbwvm0
雪歩「ぷ、プロデューサー!」

貴音「あなたさま。少々お話が……」

真「あっ、抜け駆けだっ!」

P「ん? 何のことかは知らんが……まあ、待て待て」

P「まずは俺の話を聞いてもらおう」

アイドルたち「???」

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:12:50.22 ID:/G+kbwvm0
P「みんな、デートしたり、プリクラをとったりするのは嫌いか?」

アイドルたち「っ!!」

雪歩「は、はいっ!」

真「もう、だいっきらいです!」

あずさ「できれば、遠慮したいですね」

P「撫でられたり、駄菓子をおごられたりするのもか?」

伊織「え、ええっ。止めてほしいわね、そんなの」

やよい「お菓子は自分で買うものかなーって」

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:14:07.92 ID:/G+kbwvm0
P「そうか……やはり、そうだったのか」

P「なら、俺がすることは一つだな」

アイドルたち(わくわく)

P「みんな――」

P「すまなかった!!」ドゲザー

アイドルたち「!?」

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:16:26.97 ID:/G+kbwvm0
P「甘栗ぐらいで復讐だなんて、考えてみればおかしなことだったんだ」

P「俺、もっと広い心を持つよ」

P「みんなの嫌がることなんて絶対にしない!」

P「デートもプリクラもなでなでも、絶対にしないからな!」

P「それだけは覚えておいてくれ!」

アイドルたち「ちょーっ!?」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:20:26.81 ID:/G+kbwvm0
真「そんなのって、そんなのってないですよ、プロデューサー!」

P「ああ、いまさらすぎるよな。でも、俺は」

雪歩「そういうことじゃないですぅ!」

P「ああ、そうだな。言われたことしか気をつけられないようじゃ、まだまだ」

伊織「違うでしょ!? わ、私はまだ!」

P「え? 伊織は甘栗食べてなかったのか!? それはすまなかっ」

貴音「あなたさまはいけずです!」

美希「もうハニーとデートできないなんてあんまりなの!」

春香「しまったー!? 読みを間違えたー!」

響「うがー! もうわけがわからないぞー!!」

やよい「うっうー!」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:22:38.28 ID:/G+kbwvm0
<ギャーギャー!

律子「やっぱりこうなりましたね」

小鳥「まあ、なるべくしてなったということで」

律子「プロデューサー殿の性格を考えれば、予想はできたでしょうに」

小鳥「うふふ」

小鳥「まあ、まだまだみんなもお子ちゃまってことですね!」ドヤァ

~劇終~

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:24:02.71 ID:+akXDC+Xo
乙!P含めみんなきゃわわ
ピヨちゃんドヤってるけど、まったく得してないよ!

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:24:49.19 ID:/G+kbwvm0
~おまけのif~

小鳥「あー、私、結婚したくない! 結婚したくないです!」

P「はあ、そうですか」

小鳥「……あれ?」

おしまい

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 10:39:27.45 ID:3f3aZ9cto
甘栗をハム蔵みたいに頬をぱんぱんにさせて食べるひびきん見たい



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386368943/

THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -COOL&BITTER!-
765PRO ALLSTARS+
日本コロムビア (2013-11-20)
売り上げランキング: 170

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2328-74c426e5