ヘッドライン

モバP「渋りん」 凛「違う。しぶりんだよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525096389/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 22:53:09.55 ID:AuCkEg+I0
卯月「ゴメンね、凛ちゃん……」

凛「……」

卯月「私、ダンス苦手で……」

凛「……」

卯月「さっきから何度も同じ所で失敗しちゃってて……。せっかく凛ちゃんが一緒に練習してくれてるのに……」

卯月「……ゴメンね」

凛「……」

凛「かまわんよ」

卯月「え?」

凛「というか、もともと覚悟してたし」

卯月「そんなぁ~」

凛「だから……」

卯月「……?」

凛「卯月が納得いくまで付き合うよ」

卯月「凛ちゃん!」パァァ!

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 22:55:20.52 ID:AuCkEg+I0
加蓮「……ゴメン、凛」

凛「……」

加蓮「急に体調崩れちゃって……」

凛「……」

加蓮「オフ一緒だから買い物行こうって約束してたのに……。それに連絡遅れちゃったから今、待ち合わせ場所にいるよね?」

加蓮「……ゴメン」

凛「……」ガヤガヤ

凛「かまわんよ」

加蓮「え?」

凛「大丈夫だよ、加蓮」

凛「私もちょっとごたついててまだ家だから」

加蓮「……嘘つき」ボソ

凛「それに……」

加蓮「……?」

凛「加蓮の身体の方が大事だから」

加蓮「凛!」パァァ!

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 22:57:58.42 ID:AuCkEg+I0
未央「ゴメン、渋りん……」

凛「……」

未央「もう……自信ないんだ、私」

凛「……」

未央「渋りんはさ……トライアドとか、クローネとか……。もう私たちのことなんて、なんとも思ってないよね……。だから……」

未央「もう解散しよう」

凛「……」

凛「かまわんよ」

未央「っ!!」

凛「なんてね」

凛「未央、まだまだ甘いよ?」

未央「ちぇー、騙せなかったかー」

凛「あと……」

未央「……?」

凛「私にとって卯月も未央も、大切な仲間だから」

未央「渋りん!」パァァ!

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 22:58:00.04 ID:gbZH084L0
渋い

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:00:28.41 ID:AuCkEg+I0
奈緒「ゴメンな、凛」

凛「……」

奈緒「昨日夜更かししちゃってさ……」

凛「……」

奈緒「完全にあたしの落ち度だ! さっきまで凛が力説してた、プロデューサーさんの良いところ其の346まで全部聞いてなかった!」

奈緒「本当にゴメン!」

凛「……」

凛「かまわんよ」

奈緒「……いいのか?」

凛「いいよ、別に」

凛「奈緒の子守唄代わりになったのなら幸いだよ」

奈緒「ま、まあ、若干洗脳されてたのかもなんて、思ったり思わなかったり……」アハハ

凛「まあ……」

奈緒「……?」

凛「ライバルは少ないに限るしね」

奈緒「凛……」トオイメ

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:03:12.11 ID:AuCkEg+I0
美嘉「ゴメン! 凛!」

凛「……」

美嘉「ちょっと油断しててさ……」

凛「……」

美嘉「まさか更衣室で着替えてる最中だったなんて……。そ、それに……は、裸も見えちゃって……///」ゴニョゴニョ

美嘉「とにかくゴメン!」

凛「……」

凛「かまわんよ」

美嘉「えっ……許してくれるの?」

凛「いや……。同性の、ましてやアイドル仲間なら別に大したダメージにならないし」

凛「それよりも美嘉……、そんなんじゃ異性と付き合うなんて夢のまた夢だよ?」

美嘉「は、はあぁぁ!? プ、プロデューサーと付き合うぅぅ!?」

凛「誰も相手がプロデューサーだなんて言ってないけど……」

美嘉「……///」プシュー

凛「はぁ……純情すぎる」トオイメ

美嘉「……///」プシュー

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:06:12.60 ID:AuCkEg+I0
かな子「ごめんなさい! 凛ちゃん!」

凛「……」

かな子「つ、つい手が伸びちゃって」

凛「……」

かな子「凛ちゃんが手作りしたチョコレート、食べちゃいました! テーブルの上にあったやつ全部!」

かな子「本当にごめんなさい!」

凛「……」

凛「かまわんよ」

かな子「えっ、いいの?」

凛「うん」

凛「特別な1個は渡せたし」

かな子「そっか! 渡せたんだね!」

凛「まあね。ああ、そうだ……」

かな子「……?」

凛「また作ってきてあげるよ。ちょっとハマっちゃったし、お菓子作り」

かな子「凛ちゃん!」パァァ!

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:08:32.11 ID:AuCkEg+I0
杏「いや~、ごめんね~」

凛「……」

杏「もう動く気力がなくってさ~」

凛「……」

杏「今日はきらりと一緒じゃなかったからね~。レッスンルームからここまで、運んでくれてありがとね~」

杏「ほんと、迷惑かけたよ~」

凛「……」

凛「かまわんよ」

杏「そっか」

凛「まあそんなに重くなかったしね」

凛「ちょっと疲れたけど」

杏「あっ、じゃあアメあげるよ」

凛「いや、いいよ」

杏「……?」

凛「運搬の対価はプロデューサーに払って貰うから」

杏「なるほどね」ナットク

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:11:05.02 ID:AuCkEg+I0
みく「ゴメンね、凛チャン」

凛「……」

みく「みく、どーしてもダメだから……」

凛「……」

みく「凛チャンに用意されてたハンバーグ弁当、勝手にみくのと交換しちゃったのにゃ。みく、お魚苦手で……」

みく「ゴメンにゃさい!」

凛「……」

凛「かまわんよ」

みく「っ! ありがとにゃ!」

凛「まあプロデューサーがわざと、魚料理の弁当を手配してる節があるからね」

凛「でも、少しくらい食べられるようになった方がいいと思うよ」

みく「えぇ~」

凛「それと……」

みく「……?」

凛「プロデューサーにかまって欲しくてそうやってるんだったら……、かまわなくないかもね」ジロリ

みく「に゙ゃぁ!」ギクリ

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:14:00.03 ID:AuCkEg+I0
仁奈「忍びねーでごぜーますよ、凛おねーさん」

凛「……」

仁奈「事務所に人がいやがらねーですよ」

凛「……」

仁奈「だから、このうさ耳をつけて一緒にうさぎの気持ちになるですよ! 是非遊んでくだせー」

仁奈「ダメでごぜーますか?」

凛「……」

凛「かまわんよ」

仁奈「やったー!」

凛「年少組の面倒を見るのも私たちの役目だからね」

凛「それにしても、事務所に誰もいないなんて珍しいね」

仁奈「ほんとでごぜーます! うさぎは寂しいと死んでしまうですよ!」

凛「そうだね。……でも」

仁奈「……?」

凛「私がいるから大丈夫だね」

仁奈「っ! ポカポカするでごぜーます♪」ルンルン

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:17:51.62 ID:AuCkEg+I0
楓「うぅ~、ごめんなさいね、凛ちゃん」

凛「……」

楓「最近プロデューサーが全然かまってくれないから……」

凛「……」

楓「やけ酒してたら久し振りに酔っちゃって……。気がついたらプロデューサーのデスクで寝ちゃってました」

楓「ソファまで連れてきてくれてありがとね♪」

凛「……」

凛「かまわんよ」

楓「ふふ♪」

凛「でも、お酒のにおいがする状態で事務所には来ない方がいいと思いますよ?」

凛「それと、川島さんがもうすぐ迎えに来ますから、大人しくしていてくださいね」

楓「はーい♪」

凛「……」

楓「……?」

凛「ちなみにプロデューサーは今、会議が長引いてていないから」バチバチ

楓「まぁ、それは残念でした♪」バチバチ

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:20:24.60 ID:AuCkEg+I0
まゆ「うぇぇ、ごめんなさい……凛ちゃん」

凛「……」

まゆ「私、夢中になっちゃって……」

凛「……」

まゆ「凛ちゃんに借りていたプロデューサーさんのワイシャツ……、本当に落ち着く匂いで……。気づいたらもう匂いがなくなっちゃってました!」

まゆ「ごめんなさい!」

凛「……」

凛「かまわんよ」

まゆ「凛ちゃぁん!」ダキッ

凛「まゆ、それは仕方のないことだよ」

凛「プロデューサーのワイシャツに顔を埋めて気がついたら朝だった、なんてことはよくあるし」

まゆ「うふふ、同感です♪」

凛「……改めて考えると」

まゆ「……?」

凛「こんな話が出来るのはまゆくらいだよ」

まゆ「私たち、気が合いますねぇ♪ ライバル同士ですけど♪」フフフ

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:24:02.92 ID:AuCkEg+I0
P「ゴメンな~、凛」

凛「……」ギュー

P「最近ずっと忙しいからな~」

凛「……」クンカクンカ

P「凛とはしばらくの間、まともに話す時間がなかったな……。でも聞いてるぞ! 年少組からは慕われてて、同年代からは憧れられている、立派なアイドルやってるってな!」

P「でも、凛もまだまだ子供だ。ちゃんと話す時間を作って、様子を確かめる必要があったな……ゴメン」

凛「……」ギュー

凛「……かまわなくない」ギュー!

P「……凛」

凛「わかってる……、プロデューサーが忙しいことくらい」

凛「だから頑張ってるんだ……。プロデューサーに余計な心配をかけないように……」

P「そうだったのか」

凛「そうだよ。……だからね」

P「……?」

凛「こうして2人っきりの時は、いっぱい私にかまわないとダメなの」ギュー

P「……はいはい。仰せのままに、シンデレラ」ナデナデ




おわり

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:28:49.57 ID:AuCkEg+I0
みんなの前ではかっこよくて、優しくて、紳士で(ん?)、渋い凛ちゃん。略して渋りん。でも……、プロデューサーの前ではしぶりんに大変身!

そんな感じのSSでした!
読んでくれてありがとね!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「渋りん」 凛「違う。しぶりんだよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525096389/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20(1) (サイコミ)
半 二合 T.I.Planning
講談社
売り上げランキング: 1,836

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23098-4276c91f