ヘッドライン

真「プロデューサーとダンスレッスン?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386790484/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 04:34:44.46 ID:8hKUYSw00
P「そうだ。今日はあいにくトレーナーの方が体調を崩したとのことでな。急遽俺になった」


真「わかりました!プロデューサーを独り占めですね!」


春香「いーなー、真」


真「うぇへへ、よろしくお願いします!プロデューサー!」


P「おう!んじゃ早速行くか。いってきまーす」ガチャ


真「あ、待ってくださいよプロデューサー!」バタバタ


春香「行ってらっしゃーい」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:35:33.68 ID:8hKUYSw00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー


P「ワンツーワンツー!真!腕が上がってない!まだ!まだだ!もっと!そう!」


真「ふっ!…っ!」


P「よーしよしよし!そうだいい子だ!っと言ったそばからもっと上げて!」


真「こう…ですかっ!」


P「ちがーう!もう俺が見せてやる!……こうだ!こう!」ビシィィィ


真「おぉ!!!」


P「おぉ!じゃなくて真も一緒に!行くぞ!」


真「はい!」


P「こういって、、こう、、からの、、、、はいぃぃぃぃ!!!」ビシィィィ


真「こうやって、、えっと、、、、こう、、はいぃぃぃぃ!!!」ビシィィィ


P「…………いいだろう。それじゃ今日はここまでにしよう」


真「はい!お疲れ様でした!」


P「真」


真「なんですか?プロデューサー」


P「あれだけ激しいダンスしたんだ。ダウンもしっかりしとけよ」


真「そうゆうプロデューサーも普段運動してないんですからしなくちゃダメですよ」


P「わかってるって。ちょっと飲みもの買って……っとと」よろっ

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:36:19.64 ID:8hKUYSw00
真「危ないっ!!」ダキッ


P「あ、ありがとう真」


真(う、うわー///とっさに抱きついてしまった…///プロデューサー案外身体引き締まってるんだな///)


P「ま、真…?」


真(プロデューサーの匂いも…すぅはぁすぅはぁ…////ってボクのバカぁ!これじゃ変態じゃないか////)


P「真…その……動いたばっかりだから汗くさいしはやく離れてもらってもいいかな?」


真「ふにゃぁ……プロデューサーの匂い…癖になりそう////……っは!?」バッ


P「正気に戻ったか」


真「ボボボボク一体何を//////」


P「俺に抱きついて匂い嗅いでたな」


真「う、うわあああああああ//////」ダッ


P「待て真!」がしっ


真「離してください!恥ずかしすぎて死にそうなんです!!/////////」


P「わかったから落ち着いて!」


真「ふぬー!ふぬー!」グイッグイッ

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:37:07.81 ID:8hKUYSw00
P「おぉ!?やっぱ力強いな…!ってこうなったら!」グイッ


真「離してくださいプロデュ…んぐぅ!?」


P「んっ!」


真「んぅーーーーー!?!?んーー!!!んー!!!ん…っぷはぁ//////」


真「はぁっ…はぁっ…!え!?え!?何今の!?き、キス!?」


P「まだ混乱しているようだ」


真「え、ちょっとプロデュんっ、んちゅっ、んん////」


P「大丈夫、俺に任せればすぐに良くなるさ」さわっ


真「っぷは//// プロデューサーもうボク大丈ってどこ触って…////」ビク


P「どうした!ここが痛いのか!?」サスリサスリ


真「お尻そんなに撫でないでください/////」


P「いけない!ここも問題があるようだ!」さわり


真「えっ!?や、ダメ/////」ガシッ


P「…そうか、まだ俺を信頼しきれてないんだな。……むむ!ここから何か匂うぞ!」脇クンクン


真「え…!?か、嗅ぐのはダメです!レッスン後で汗くさ…やめ/////」ビクッ


P「スーーーーーハーーーーーーースーーーーーハーーーーーーー」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:37:52.61 ID:8hKUYSw00
真「うぅ//////」ビクッ


P「いーぃ匂いだ……心が洗われる」クンクン


真「恥ずかしすぎて死んじゃいますよぉ/////」


P「下はスパッツか…」


真「やらせませんよ…!/////」ガッチリ


P「ムムム!お尻スパッツに顔を突っ込めと声が聞こえる!」むにゅ


真「え!?そんなの聞こえな…うわぁ!?/////」ビクッ


P「おぉ…!いぃ感じに蒸れて温かい…そして汗の匂い…最高だ…!」


真「ちょ!そんな顔を突っ込みながらしゃべらな…あっ……っ/////」ビクン


P「おやおやぁ?なんだか汗とは違うものもシミ出てきたぞ?舐めてみよう」ペロッ


真「ふぁ/////だ、ダメ////そんな////」ビクビク


P「おぉっとぉ?舐めても舐めてもシミ出てくるぞぉ?」


真「んんっ…そんなこと言わないでくださ…っ////あぁっ////」


真「はぁっ……はぁっ……はぁっ…もう立ってられな…//////」カクン(四つん這い


P「まったくけしからんなぁ」ボロン


P「そんないやらしいお尻を持つ真にはこうだ!」グイ


真「あぅ////」ビク

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:38:37.01 ID:8hKUYSw00
P「おちんぽスリスリの刑!」スリスリ


真「ぷ、ぷろでゅーさーのおちんぽがボクのお尻でスリスリしてる////」


P「まったくけしからん!こんな引き締まったお尻にスパッツだと!?まったく、まったくもってけしからん!」スリスリスリスリスリスリ


真「あっ////ぷろでゅーさーのおちんぽ……凄くあっつい////」


P「なんと!ワレメからシミが垂れてるではないか!反省の色を示してないここにもお仕置きだ!」にゅっ


真「んんっ/////」ビクン


真(プロデューサーのおちんぽがおまんことこすれ合って……気持ちいいよぉ////)


真「はぁっ…はぁっ…/////」フリフリ


P「自分から腰を振り始めただとぅ?イカン、イカンよこれはぁ!!!」


真「プ、プロデューサー…/////その……ボク、もう我慢できないみたいです…/////」ヌギッくぱぁ


P「!?」ズキュゥゥゥゥゥン


P「……!」プルプル


真「プ、プロデューサー…?」


P「真ぉぉぉ!!!俺は真が世界で一番好きだぁぁぁぁぁぁ!!!!」ズニュゥゥゥゥゥ


真「ボクもプロデューサーのことしゅきぃぃぃぃぃ//////」ビクビク

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:39:17.70 ID:8hKUYSw00
P「なんでっ!真はっ!こんなにっ!可愛いんだっ!」パンッパンッパンッパンッ


真「あ"ぁ"っ…ぷろでゅーさーのおちんぽおっきぃよぉ…/////」


P「真っ!真っ!真ぉぉぉぉ!!!」パンッパンッパンッパンッパンッパンッ


真「ぷろでゅーさー//////ぷ、ぷろりゅ…っんぁぁぁ////おっき…激しすぎ////」ビクビクビクビク


P「真の手はこんなに小さいのにっ!!」グイッ


パンッパンッパンッパンッパンッ


真「あぁっ////引っ張られらながら突かれるの…奥に…////だめぇ…/////」ビクン


真「あっ…あっ…もうイっちゃいましゅ……ぅぅぅ/////」


P「イイぞ!先にっ!イっても!」パンッパンッパンッ


真「あっ…あっ…あっ…あっ//////い、イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ///////」ビクンビクンビクンビクン


真「はぁっはぁっはぁっ……んくっ…はぁっ…はぁっ…/////」ビクビク


P「はぁっ…はぁっ………ふぅ」グイッ


真「!?」


P「真は俺の上に座って休んでな」(騎乗位)


パンッパンッパンッパンッ


真「イ、イッたばかりだからやめ…やぁぁぁぁ/////」ビクン


P「真!どうだ!休めてるか!」パンッパンッパンッパンッパンッパンッ


真「こ、こんなのっ……休めるわけっ…ないじゃ…ないです…かぁ……あぁぁぁん////」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:40:03.71 ID:8hKUYSw00
P「じゃぁ…こんなのもどう……だっ!!!」ズンッッ


真「んぁぁぁぁ///////これ…すご…///////さっきよりも…奥に当たって…/////」


P「喜んでもらえてなによりだ………よっ!!!」ズンッッッ


真「ふぁぁぁぁぁっ/////連続はでも……/////すぐにまたイっちゃいそうで怖いです///」


P「そうか……なら余計にしないとな」


真「…え?///」


パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ


真「ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ////////さっきと同じぃぃ奥にくりゅのおおおおぉぉっぉ//////」


真「ぷろりゅぅぅさぁぁぁだめぇぇぇぇぇぇイっちゃ……ーーーーーーっ!!!!!!」ビクンビクンビクンビクンビクン


P「はぁっ…はぁっ…はぁっ…少しやりすぎたか…?」


真「……はぁっ……っん……ぁ……////」


カンカンカンカン


P真「!?!?!?!?」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:41:07.08 ID:8hKUYSw00
P「誰か来た!?あぁ!?もうこんな時間か!!!」アセアセ


P「ヤバイこんな状況アイドルに見られたら…!真こっち来い!」


真「ちょ…!プロデューサーがあんなにしたから動けな…////」


P「なんだって!?ならば仕方ない!えぇいままよ!」


ガチャ


春香「プロデューサーさん!真ー!お疲れ様!迎えにきたよーーーってあれ?いない」キョロキョロ


P(緊急事態で真と無理やりロッカーに入ってしまった)


真「(プ、プロデューサー///もっとそっちよってくださいよ///)」


P「(無理だよ…ていうか真……スパッツまだはいてなかったのか…)」ゴクリ


真「(プロデューサーのせいです……ばか…/////)」


春香「おっかしいなー。まだプロデューサーさんの車あったのに…」


P「(と、とにかく今は春香が去るまでは耐えるしかない)」プルプル


真「(そうですね…///)」


P(………イカン、スパッツをはいてない真とゼロ距離で密着してたら…)ムクムク


真「(…?…………っ///////プロデューサーなに考えてるんですか////)」


P「(しょうがないだろ!真がえっちすぎるから!)」


真「(なっ!?////プロデューサーがボクをこんなえっちにしたんじゃないですかぁ////)」


ガタ

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:42:08.08 ID:8hKUYSw00
春香「?なにか今音がしたような…」


P「(ヤバイ!こらえろ!)」ムクムク


真「(だからプロデューサー//////)」


春香「んー、特に何もないし気の所為か」ガックリ


P「(……なぁ真。こっちはもう我慢できそうにないんだ)」グッ


真「(え…ちょ……こんな時に入れちゃ…ぁ////だめですって…ばぁ////)」ビクン


P「(なんだろう…この見つかるかもしれないっていう緊張感…興奮するな///)」ぬっちゃぬっちゃ


真「(しません…よぉ////んぁ……だめ……声でちゃ////)」


P「(ださせないよ…んっ)」


真「(あ…キス……んんっ…んちゅ……れろっ…んちゅっ…////)」


P「(真……真…///)」ぬっちゃぬっちゃ


真「(ぷろ…んっ…りゅぅ…さぁ…っん////)」


P「(出そうだ…)」ぬっちゃぬっちゃ

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:43:27.55 ID:8hKUYSw00
真「(出してください////ボクの中に…んっ…来て…////)」


カタッ


春香「ん…?なんかまた物音が……そこのロッカーかな?」


P「(出すぞ、真。………っ!出るっ!)」ドピュドピュドピュドピュ


真「(あつっ…////んっ…ふぁ……////プロデューサーのが……中に…////)」ビクンビクン


ガチャ


真「プロデューサー、大好きです////」


P「俺もだぞ、真」


ちゅぅぅぅぅ


春香「……………これは夢、そう、これは夢よ………」バタッ




真「うぇへへ////プロデューサー、これからもレッスンよろしくお願いします//////」



終わり

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 04:46:48.42 ID:8hKUYSw00
エロを書きたかっただなんだ。
真エロいな。ダンスレッスン後ってエロいよね。

読んでくださった方ありがとうございました。

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 15:15:17.55 ID:CXRuXsbY0

P「おはようございまーす」


千早「おはようございます、プロデューサー」


春香「おはようございますっ!プロデューサーさん!」


P「今日は千早と春香のボイスレッスンだ。俺が1日見張ってるから手抜くんじゃないぞ」


千早春香「「はい!!」」


ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー


千早「~~~♪」


春香「やっぱり千早ちゃん凄い!」


千早「ありがとう。ふふっ、でも春香もこれくらい出来なきゃダメよ?」


春香「はぁ~い」


P「順調順調!」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 15:23:39.12 ID:CXRuXsbY0
レッスン後


千早「ふぅ…もうこんな時間」


春香「1人で居残りトレーニングしてる時も時間が進むの早いって感じてたけど、千早ちゃんといるともっと早く感じちゃったー」エヘ


P「千早、ちょっと来てくれないか?」ちょいちょい


千早「?はい」テテテテ


ガチャ


春香「私はシャワー浴びてこよーっと」


ーーーーーーーー

P「レッスン中、春香の指導よりも俺の方ばっか見てたよな?」


千早「そんなこと…」


P「俺も千早ばかり見てた……いや、千早しか見てなかった」


千早「え…///」ドキッ


P「千早の一生懸命レッスンしてる姿も、春香に指導してる姿も、そして俺と2人きりになった時少しばかり緊張する姿も…大好きだ」ギュ


千早「んぁ////」ビク



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 15:28:58.34 ID:CXRuXsbY0

千早「だ、ダメです…こんなところで///」


P「いいじゃないか。千早は俺のこと嫌いか?」ペロ


千早「ひゃぅ///嫌いじゃない…です///むしろ…///」


P「なんだって?」ペロペロ


千早「んっ///そんな首筋ばかり舐めないで////」


P「千早が可愛いのがいけないんだよ」


千早「そんなこと言ったってダm....んんっ///」


千早「は、春香が戻って来ちゃ…///」ビクン


P「その時はその時だ」ペロペロ


千早「そんないい加減な…!」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 15:37:48.53 ID:CXRuXsbY0
P「千早のここは欲しがってるみたいだぞ」クチュ


千早「ぁ///」ビクン


P「千早のジャージ姿のまま犯すのも興奮するな」ゾクゾク


千早「ま、待って///せめてシャワーを浴びさせてくださ…っ!!!」ビクビク


P「なんだもうイったのか。千早は変態だなぁ」クンクン


千早「はぁっ!はぁっ!そ、んな…わたしは…変態じゃな…んんんっ/////」プシャァ


P「あーぁ、ジャージの下がびちゃびちゃだ」


千早「もぅ…だめ……休ませて…////」くたぁ


P「休んでたら春香戻ってくるよ?いいの?」


千早「それは…」


P「欲しいんだろ?これが」ボロン


千早「…////」コクン


P「じゃぁお尻出してプロデューサーのおちんちん下さいって言いいな」


千早「…くっ!/////」ヌギッ


くぱぁ///

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 15:45:30.63 ID:CXRuXsbY0
千早「プ、プロデューサーのおち…んくださ…///」


P「聞こえない」ペシ


千早「くっ!///」


千早「プロデューサーのおちんち……ください////」


P「なんの為のボイスレッスンだったんだ?」ペシペシ


千早「プロデューサーのおちんちん下さいっ!///」


P「はいよく出来ましたー」ズブッ


千早「はぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ//////」ビクンビクン


P「入れただけでイったのか。千早はエロいなぁ」パンッパンッパンッパンッ


千早「んっぁぁああああ/////プロデューサー////きてますぅぅぅ////」


P「俺も千早の中感じてるよ」スッ


千早「あっその、私胸無いですから…」隠し


P「胸の大きさは関係無いんだよ!必要なのは愛だ!」パンッパンッパンッパンッ


千早「プロデューサー////は、はい///触ってください!私の胸を///」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 15:51:06.86 ID:CXRuXsbY0

P「千早ぁぁああああ」揉みスカッ


P「あれ?」


P「もう一度!」揉みスカッ


ピタッ


千早「んっ、あっ、、プロデューサー//////、、、プロデューサー?」


P「くっ!!!!!!」パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ


千早「ぁぁぁぁぁぁぁ////いきなり激し、、、い、/////」


P「胸なんか関係ねぇんだよ!!!」パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ


千早「プロデューサー、、、わた、、わたしまた、、!!!」


P「俺も………イクッ!!!」


ドピュルルルルルルルル


千早「んあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ///////」ビクンビクンビクンビクンビクン


P「はぁっ!はぁっ!はぁっ!はぁっ!」


春香(あわわわわわ/////シャワーから出てきたら凄いもの見てしまった/////)

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 16:02:15.01 ID:CXRuXsbY0

春香(今日はこっそり帰ろうっとととぉ!?)


ビターン


P千早「「!?」」


春香「痛た…」


千早「は、春香!?」


P「いつからそこに!?」


春香「えっと……////プロデューサーさんがはいよく出来ましたーって言ったところから///」


千早「ほとんど見られてたのね////」


P「……お?」ムクムク


P「春香、そこでちょっと見ててくれないか?」


春香「な、何を…?」


千早「プロデューサー、もういいでしょう?シャワー浴びさせてんぁぁぁ////だ、だめ////」ビクン


春香「え?え…?えぇ!?/////」


P「なんかさ!春香に見られてるって思うと興奮してきてついな!」パンッパンッパンッパンッパンッ


千早「そ、んな///今したばっかで、、春香が見てるの、、にぃ/////」ビクビク


春香「千早ちゃん…」


千早「だめ!春香見ないで!!!ぁあああ////」ビクンビクン


P「さっきよりも締まりがいいぞ!千早も春香に見られて感じてるんだな!」パンッパンッパンッパンッ

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 16:10:03.19 ID:CXRuXsbY0
千早「ち、ちがっ!んぁぁぁ////」キュンキュン


P「うぉ!すげえ締まり!」


春香「千早ちゃん凄い表情してる…////あんな顔私でも見たことない///」


千早「は、るかぁ!!だ、だめぇぇぇ!!!」ビクンビクン


P「ほらっ!もっと近くでエロい顔見せてあげな!」グイっ


千早「やだぁ///んっ、はぁっ、、ぐぅ、、っ////」


春香「ち、千早ちゃ…////」クチュ


千早「見ないでっ!!はるかぁ、、、!/////」


春香「はぁっ…はぁっ…千早ちゃん…////」


P「また、、イクッ!」


ドピュルルルルルルルル


千早「んぁぁぁぁぁぁ//////」ビクンビクンビクンビクンビクンビクンビクンビクン


春香「んんっ/////」ビクンビクン


くたぁ

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 16:18:46.24 ID:CXRuXsbY0

P「ふぅ、イったイった」賢者タイム


千早「私……もうダメ、立てない////」


春香「はぁっ…はぁっ……////」トロン


P「さてー、帰るぞー」


ハッシ


P「ん?」クルッ


春香「私も……してください/////」カァァ


P「いや、でもその、、もう2回も出しちゃったし、、ムスコもあれだから、、」


春香「じゃぁ私が元気にしてあげます////」ヌギッ ボイーン


春香「確かこう、、やって、こう、かな…?///」シュッシュッ


P「お、おおぅ////パイズリ///」ビクン


千早「……くっ!!!!!」


春香「んっ、どうっ、ですか?プロデューサーさん///」シュッシュッ


P「これ、、は、、、!」ムクムクムクムク


春香「あ///おっきくなってきましたね///」

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 16:31:12.61 ID:CXRuXsbY0

春香「はむっ、ほぉれふかふろひゅうひゃぁはん」はむはむ


P「ちょ!咥えながらしゃべるなって!」ビクビク


春香「んっ、じゅぶっ、じゅるる、んっ、じゅぼぼぼぼ」


P「おまっ!どこでそんなバキューム覚えた…!やべぇ…!」ビクビク


春香「んっ…っぷは!今なんとなくやってみただけです///初めてですよ?///」チロチロ


P「もう出そう…」


春香「じゃぁ…///」くぱぁ


P「入れま~す」ズブッ


春香「んっ…、、プロデューサーさんが入って////」ビクン


P「春香の中はヒダヒダが凄いな」パンッパンッパンッパンッ


春香「や、やだ///恥ずかしいですよぉプロデューサーさぁん///」ビクビク

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 16:39:33.75 ID:CXRuXsbY0
千早「春香…凄い///」ジュン


P「春香、上に乗って自分で腰振って」


春香「は、はい、、、こう、、です、か?」クイックイッ


P「んーまぁそうなんだけど、、、」


春香「んっ…ん…ここ…キモチイイかも///」


P「………」ガシ


春香「えっ…?プロデューサーさん?」


パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ


春香「はにゃああああああああああああああ////////」ビクビクビクビク


P「このぐらい激しくないと!!!」


春香「ぷぷぷぷぷろりゅうしゃああしゃんんんん激しすぎましゅううううううう/////」ビクンビクンビクンビクン


春香「イっちゃいましゅううううううう!!!!!」プシャァァァァァァァァ


P「…ふぅ、休憩」


春香「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…/////」くたぁ

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 16:48:42.93 ID:CXRuXsbY0

春香「千早ちゃんとの見てて凄いとは思ってましたけど…///こんなになんて///」カクカク


千早「春香…よく堪えれたわね。私じゃ失神してしまうわきっと」


春香「えへへ////千早ちゃんこそすっごいえっちな顔してたよ?」


千早「それは言わない約束よ////もう////」


春香「プロデューサーさん、これからも…お願いしてもいいですか?////」


P「なに言ってるんだ?まだ終わってないぞ」グイ


春香「え…?ひゃぁ!」


P「春香だけイって終わるなんてズルいじゃないか」ズブッ


春香「あっ、ちょっと待っ////私もう限界でぁぁぁぁぁぁああ//////」


P「千早もこっちおいで」パンッパンッパンッパンッパンッパンッ


春香「あっ、壊れちゃ、、、ぷろでゅうさぁさん凄すぎぃぃ////」


千早「プロデューサー///んっ、ちゅっ、んちゅ、れろっ、じゅるる、んんっ/////」


P「千早の唇はふにふにしてて気持ちいいな」


千早「…ありがとうございまんんんっ/////」


春香「あぁ!千早ちゃんズルい!私もキスした…ぃぃぃぃっ!!!やん、そこっ、当たって、はぁぁぁぁん////」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 16:56:44.18 ID:CXRuXsbY0
P「千早のここまた濡れてんのか」クチュ


千早「あっ///だって春香とプロデューサー見てると…////」


P「寂しがりだなぁ」クチュクチュ


千早「ぁ////プロデューサーの指が入っ////」ビクン


春香「ちは、やちゃ、、んんんっ/////」


千早「春香///んっ、ちゅっ、れろっ、じゅっ、ちゅ///」


P「ここではるちはが見れるとは…!わっほいわっほい!」パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ


春香「んちゅっ、ッんっ、っふぁ、ちはやちゃ、気持ちいいよぉぉぉ/////」ビクンビクンビクンビクン


千早「はるか…!はるかぁ…!////」クチュクチュクチュクチュ


P「ヤバいそろそろ…!」


春香「私またイっちゃいますぅぅぅ////」


千早「春香///プロデューサー///一緒に////」


春香千早P「イクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ///////」


ドピュルルルルルルルル


プシャァァァァァァァ


春香「はぁっ…はぁっ…はぁっ…もぅ無理ぃ…////」


千早「私も…////」


P「枯れ果てた」チーン

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 17:10:32.67 ID:CXRuXsbY0
春香「あの、、プロデューサーさん///」


千早「プロデューサー///」


P「ん?」


春香「またお願いしていいですか?///」カァァ


千早「春香、その時は私も一緒よ///」


P「あぁ。じゃぁまた今度な。レッスンの予定見直しておく」


春香「こんなレッスンなら毎日でもしたいな///」


千早「私はそんなこと…///」


春香「またまたー!」


千早「プロデューサー…その…///」


P「千早となら毎日したい」


千早「はぅぅぅ////」プシュゥゥゥ


春香「あ、ズルい!わたしはどうですか!?プロデューサーさん!」


P「春香は別にいいかな」


春香「ひどーい!」ガーン


P「じゃぁ帰るぞー」


千早「はい、プロデューサー」ピトッ


P「どした千早」


千早「ダメ…ですか?///」


P「構わない。それじゃいこうか」


春香「春香さん!春香さんを忘れてますよー!おーい!」


ガチャバターン


春香「……置いてけぼり!オチとか思いつかない!」


春香「うわーん!待ってよー!」ダッ



終わり

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 17:14:05.23 ID:CXRuXsbY0

いかがでしたか?「…ふぅ」と言っていただけたら嬉しいです。
ボイスレッスンの希望があったので書いてみました。
歌と言ったら千早。千早といったら春香。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 真「プロデューサーとダンスレッスン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386790484/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23084-5033c1bc