ヘッドライン

【モバマス】卓の下のぼの【もりくぼ】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386840128/

2 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:23:18.30 ID:vqAMy6IX0
~ある日の夜、事務所にて~


里奈「じゃねープロデューサー、おつぽよー☆」

P「おーぅ、おつかれー」

ちひろ「あんまり根詰めちゃダメよ?」

P「大丈夫ですよ、ちひろさん。今日はやる事少ないんでんで」

ちひろ「そうですか…それじゃあ、戸締りお願いしますね」

P「はーい、お疲れ様でーす」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 18:23:57.02 ID:vqAMy6IX0
P「…」



P「さって仕事仕事っと…」


P「その前にコーヒーでも淹れるかぁ」


P「~♪」


P「まっしゅまぁ~ろホッペ♪ゆびぃさき~でぷ~にぷに♪」



P「さっ!!やるかぁ」

5 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:26:54.67 ID:vqAMy6IX0
ギシッ



P「ん?俺の机の下に何か…」




乃々「…」

6 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:28:48.37 ID:vqAMy6IX0
P「どおぅわあああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!!!!!!!!?????????!」

乃々「!?」ビクゥッ

P「なっ!!???何何何ぃ!!!!!!?????」

乃々「森久保ですけど…」

P「知ってるわ!!!!何やってんだ!!!!???」

乃々「別に…」

P「別にじゃねぇよ!!!!???俺の机だぞ!!??」

乃々「いいじゃないですか…別に…」

P「なっ…!?おまっ………はぁぁ…俺仕事あるんだけど…」

乃々「森久保の居場所はここです…けど…」

7 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:29:26.13 ID:vqAMy6IX0
P「いや、仕事できないし…」

乃々「机の上は使ってないですし…」

P「俺の足の行き場は!?」

乃々「…」

P「おまえなぁ…」

乃々「森久保は動きません……けど…」

P「…」

P「よし、仕事しよう」

8 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:30:20.40 ID:vqAMy6IX0
乃々「え…」

P「さぁて、さっさと仕事して帰らなきゃなー」ドスンッ

乃々「えぇっ…!?あの…ちょ…っとぉ…!!??」

P「おお、どうした森久保ー、俺の足の間で縮こまって」

乃々「プロデューサーさん……こんなところに閉じ込めて…いぢめですか…」

P「いやぁあ?森久保があんまりにも俺の机の下を気に入ってくれたみたいだからなー、俺の仕事が終わるまでゆっくりしていってくれ」

乃々「うぅ…狭いぃ…臭いぃ…」

P「あぁんっ!!!??」

乃々「うぅ…」

P「しばらくそこで大人しくしてろっ」

乃々「…」

9 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:30:53.42 ID:vqAMy6IX0
********************************





P「…」カタカカタカタ…

乃々「プロデューサーさん」

P「…ん?どしたぁ?」カタカカタカタ…

乃々「アイドル…」

P「やめさせねぇぞ」カタカカタカタ…

乃々「まだ何も言ってないのに…」

10 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:31:30.95 ID:vqAMy6IX0
P「…で?」カタカカタカタ…

乃々「…引退したいです」

P「却下」カタカカタカタ…

乃々「…隠居したいです」

P「却下」カタカカタカタ…

乃々「活動休止に…」

P「無理」カタカカタカタ…

乃々「普通の女の子に…」

P「不可能」カタカカタカタ…

11 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:32:00.57 ID:vqAMy6IX0
乃々「もりくぼは普通の女の子にすら戻れないんですか…」

P「少なくとも今はなー…」カタカカタカタ…

乃々「…責任とってくださいぃ…」

P「おう、責任持ってお前を立派なアイドルにしてやるぞー」カタカカタカタ…

乃々「うぅ…」

12 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:33:08.56 ID:vqAMy6IX0
********************************



P「えーっと…あの資料どこいったっけ…引き出しかな」ガラッ


ゴンッ


乃々「あうっ!!」

P「うわっ、わりぃ!?大丈夫か…?」

乃々「…うぅ……プロデューサーさんから暴力を受けました…もう着いて行けないです…引退しま…」

13 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:34:00.80 ID:vqAMy6IX0
ゴンッ!!!


乃々「痛い!!??」

P「おっ、あったあったぁ♪さーてと…」

乃々「…ぅぅ…」

P「…」カタカカタカタ…

乃々「…」

P「…」カタカカタカタ…

乃々「…」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 18:34:36.26 ID:vqAMy6IX0
ブチッ


P「いでっ!!!!???」

乃々「うわっ…いっぱい毟っちゃった…」

P「てめぇ!!??スネ毛抜きやがったな!!??」

乃々「お返し…です…」

P「あのなっ!!?」


ブチッ

ブチッ

P「痛い!!痛い!!やめっ…やめろって…!!」

乃々「…」プクゥー

P「あぁ…もう、悪かった!悪かったよ!!」

15 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:36:58.77 ID:vqAMy6IX0
********************************




乃々「…プロデューサーさん」

P「あぁん…?」カタカカタカタ…

乃々「童貞ってなんですか…?」

P「」カタ…

乃々「…童貞って…」

P「聞くな」

乃々「えっ…あ…はい…」

16 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:37:29.96 ID:vqAMy6IX0
P「…」

乃々「…」

P「…だいたいどこでそんな言葉を聞いてきた」

乃々「漫画で…あとはクラスの女の子達が…」

P「あー…そっかぁ中学生だもんなぁ…」

乃々「会話に…着いていけない時があって…あと…ふぇ…ふぇちら…ふぇらち…?」

P「待てっ、待て待て待て」

17 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:38:30.09 ID:vqAMy6IX0
乃々「…?」

P「いいか、その言葉を決して口に出すな…プロデューサーさんとの約束だ…いいな?」

乃々「…別に…いいですけど……」

P「よぉし、いい子だ」カタカカタカタ…

乃々「…」


ゴソゴソ…

乃々「…」

18 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:39:57.24 ID:vqAMy6IX0




乃々「…ふぇっ!!!!!?????」

ドガンッ!!!!


P「うおっ!!??どうした!?乃々?大丈夫か…?」

乃々「だ…だだだだ大丈夫…大丈夫です…から……」

P「そ…そか…」

P「(顔が真っ赤だ。よっぽど頭打ったのが恥ずかしかったのか…)」

乃々「(うぅ…私のバカバカぁ…何でこんな言葉をプロデューサーさんに……調べなきゃよかった…)」

乃々「ぅぅ…」

P「?」

19 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:42:13.80 ID:vqAMy6IX0
********************************





カタカタカタカタ…ペラッ…カタカタカタ…


乃々「…プロデューサーさん…」

P「んん…?どうしたー…?」カタカカタカタ…

乃々「狭いです…」

P「そっかー…」カタカカタカタ…

乃々「臭いです…」

P「そっかー…」カタカカタカタ…

乃々「…」

P「…」カタカカタカタ…ズズズ…

20 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:43:37.97 ID:vqAMy6IX0
乃々「まっしゅまぁろホッペ…♪」

P「ブッッハアァッ!!!!!!!!?????」

乃々「!?」

P「ああああああああ!!!!????書類が!!!!!!!!?????」

乃々「プッ…クククゥ…プフッ…」

P「お前必死に笑い堪えてんじゃねえよ!!!!????」

21 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:46:16.46 ID:vqAMy6IX0
乃々「プッ…フフッ…」プルプル

P「…あ、森久保、パンツ見えてるぞ」

乃々「ッ!!??」

P「うっそだよーん♪」

乃々「…セクハラ」

P「かっかっかっか♪」

乃々「…早苗さん…早苗さんに電話しなきゃ…」

P「やめてええええええええええ!!!!???それだけはぁぁああああああ!!!!!!」

24 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:50:43.40 ID:vqAMy6IX0
*********************************



P「…」カタカタカタ…

乃々「…プロデューサーさん」

P「んん…?」カタカタカタ…

乃々「…森久保はどうですか…?」

P「は?」

25 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:52:42.64 ID:vqAMy6IX0
乃々「その…評判、とか…人気…とか……」

P「んー…まずまず、ってとこかなぁ。まだまだ新人だしそんなに大きな反響は無いけど、仕事は増えてきてるし」

乃々「…そう…ですか……」

P「…どうした?」

乃々「…怖い…です」

P「…?」

27 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:55:39.35 ID:vqAMy6IX0
乃々「…人気出るの…怖いです……」

P「まぁなー…人気が出ると色々あるし、実際美嘉なんかも結構危ないファンレター来てたり、現場で共演者から絡まれたりあったみたいだしなぁ」

乃々「…」

P「なぁ…俺が言うのもアレだけど、なんで俺のスカウトについてきたんだ?」

乃々「…」

28 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:56:10.47 ID:vqAMy6IX0
P「…いや、すまん。こんな事聞くなんて…」

乃々「…怖かった…んです……」

P「へ…?」

29 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:58:04.08 ID:vqAMy6IX0
乃々「…学校で…ひとりぼっちで…教室にいても…ひとりぼっちで……自分の部屋でも…ひとりぼっちで…」

乃々「…親とか…友達と話しても…一人になったら…一人ぼっちで…」

乃々「誰も…私の事を知らないみたいに…」

P「…」

30 :○掘り人 2013/12/12(木) 18:59:08.92 ID:vqAMy6IX0
乃々「…アイドルになれば…みんなに私の事知ってもらえて…みんな私を置いてったりしないと思って…」

乃々「でも今は…みんなに見られるのが怖いんです」

乃々「…目立つと…目立った分だけ嫌われる……美嘉さんも…楓さんも…凛さんも…嫌な手紙いっぱいもらってる…」

乃々「…どうしたらいいか…わから…なくて……」

乃々「…うぅ……」

P「…」

31 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:01:25.26 ID:vqAMy6IX0
乃々「…?」

P「確かにお前の言う通りだ。みんなファンレターをいっぱいもらってるが、ネットで調べてみればアンチも多いよ」

P「アイドルってのは孤独なもんだ…人気が出ればそれだけファンの無責任な期待も大きくなって、ファンが勝手に求めるアイドル像を演じきらなきゃならない訳だし…」

P「裏切ったら…捨てられる」

乃々「…」

34 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:03:41.97 ID:vqAMy6IX0
P「そんなもんだ」

乃々「…」

P「でもな…」

乃々「…?」

P「俺はいるぞ…?いつも…今も…」

乃々「…」

35 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:04:53.81 ID:vqAMy6IX0
P「お前の周りを見てみろよ。輝子がキノコ押し付けてきたり、里奈が絡んできたり…お前の周りには…ん?」

乃々「…」ピトッ

P「なぁ…どうして俺の脚にくっついてるんだ…?」

乃々「…」スリスリ

P「おい…内腿に顔を擦り付けるな。くすぐったい」

36 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:06:30.92 ID:vqAMy6IX0
乃々「…プロデューサーさん」

P「んぁ…?」

乃々「…責任とってください」

P「おぅ、お前に沢山のアンチと星の数ほどのファンと大事な友達をしこたま作ってやる」

乃々「…」コクッ

P「分かったから、離れてくれ。仕事を早く終わらせるから」

乃々「…」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 19:07:23.33 ID:vqAMy6IX0
*********************************



乃々「…プロデューサーさん…」

P「あぁん?」

乃々「…彼女…とかいないんですか…?」

P「よし、森久保を殴ろう」

乃々「えっ…ちょっ…暴力は…嫌です…けど…」

38 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:08:06.54 ID:vqAMy6IX0
P「ならば、黙れ…」

乃々「…」

P「…」

乃々「…守備範囲は…」

P「18から25。巨乳」

39 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:08:52.76 ID:vqAMy6IX0
乃々「…」

乃々「…あの」



Prrrrrrrrr…


P「あれ?…もしもし?どうしたんですか川島さん」

乃々「…ぁ」

40 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:11:09.77 ID:vqAMy6IX0
P「えぇ?やだなー違いますよー。あはははっ。え?あぁ例の…えぇ、えぇ…」

乃々「…」

P「はい、それじゃあそういうことでお願いしますー。はい、お疲れ様でーす」

乃々「…」

P「どした?」

41 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:12:13.63 ID:vqAMy6IX0
乃々「…プロデューサーさん。目…瞑って…ください……」

P「は?」

乃々「…ちょっと…ちょっとだけ…で、いいので…」

P「もうちょっとで終わるから待って…」

乃々「…」

P「分かった…ちょっとだけな…」

乃々「…」

42 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:12:45.53 ID:vqAMy6IX0



ギュッ…


43 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:14:08.99 ID:vqAMy6IX0
乃々「…」

P「あー…乃々さんや…何故俺の腰に抱きついてるんですか…」

乃々「…別に」

P「いや、別にじゃなくて…」

乃々「…」

P「(胸が腿…というか股間に当たってるんだが…)」

44 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:14:43.00 ID:vqAMy6IX0
乃々「…プロデューサーさん」

P「な…何かな…?」

乃々「…ありがとうございます」

P「ん…何が?」

乃々「…………けど…」

P「なんて?」

乃々「…」

P「…」

P「(いい加減離れてくれないかな…)」

45 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:15:37.25 ID:vqAMy6IX0
乃々「…」スッ

P「…満足したか?」

乃々「…」コクッ

P「…」

乃々「…帰ります」

P「おぉ…」

乃々「…それじゃあ…」

46 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:16:09.07 ID:vqAMy6IX0
P「あー待て待て」

乃々「ぇ…?」

P「送ってくよ。こんな遅い時間に中学生を一人で帰すわけにもいかないし…それに」

乃々「…それに?」

P「一人にさせたくないし…な」

乃々「…////」カァッ

47 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:17:17.11 ID:vqAMy6IX0
****************************



~翌朝~


乃々「おはよう…ございます…」

里奈「ちょりーっす☆ぼののん♪」

乃々「ぼののん…って何ですか…」

輝子「フヒッ…トモダチ…卓下仲間…」

乃々「あの…別に机の下が好きな訳じゃない…ですけど…」

48 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:18:24.74 ID:vqAMy6IX0
里奈「ねーねー、夕べはお楽しみぃ?お楽しみだった?」

乃々「…!!??なっ…なんの事ですか…」

里奈「だってぇ~LINEでぼののんとしゃべろーと思ったら、全然LINE見てくんなかったじゃーん」

乃々「…昨日は…その…」

49 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:19:14.29 ID:vqAMy6IX0
P「おう森久保ッ。おはよう」

乃々「…おはよう…ございます」

P「今日のスケジュールだけどな、昼からのバラエティの収録が1時間前倒しになってるから、早めに出発してくれ。打ち合わせは帰ってきてからな」

P「今日の収録はやっと掴んだチャンスだ。緊張するかも知れないが、バッチリ頼むぞ!!」

乃々「はい」

50 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:21:00.06 ID:vqAMy6IX0
P「………よしっ」

里奈「ぼののーん。行くよー」

輝子「フヒヒ…収録…楽しみ…フヒヒヒヒ…」

P「ほらっ、二人が呼んでるぞ」

乃々「プロデューサーさん…」

P「ん?」

乃々「頑張ってみます…けど」

P「ダメだったら帰って来い。何回でも帰って来い。何回でも待っててやる」

乃々「…」コクッ



トテテテ…

51 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:21:38.87 ID:vqAMy6IX0
里奈「あれぇ?だいじょーぶ?顔赤いよ?」

輝子「…カエンタケ…みたい…フヒッ」

乃々「大丈夫です…けど…」

里奈「けど…?」

乃々「…心臓バクバクで吐きそう…ぉぇ…」

里奈・輝子「「大丈夫じゃない!!!???」」

53 :○掘り人 2013/12/12(木) 19:24:35.53 ID:vqAMy6IX0
おしまい。


女の子の顔を股の間に挟んでみたいです。かしこ

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/12(木) 19:25:51.44 ID:rS9VJolq0
乃々は可愛いなあ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】卓の下のぼの【もりくぼ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386840128/


[ 2018/04/30 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23083-201e6700