ヘッドライン

P「抱かせてくれ…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 21:53:34.06 ID:hr/XQgGa0
ベジータ『トランクス、抱かせてくれ…』


P「(やっぱりドラゴンボールの一番の名シーンはここだよなぁ)」

P「(事務所のみんなはドラゴンボールはわかるだろうか?)」

P「(この気持ちを誰かと共有したい)」

小鳥「おや?なに読んでるんですか?」

P「あぁ、これは…」

P「(…小鳥さんは世代だから当然知ってるだろうな?)」

小鳥「あぁ、ドラゴンボール…」

P「小鳥」

小鳥「…えっ?」

P「抱かせてくれ…」

小鳥「……」

小鳥「…えっ?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 21:57:47.43 ID:hr/XQgGa0
P「(さて…)」

P「(恥ずかしいよ、パパ…と返してくれるだろうか?)」

小鳥「えっ、ちょ?えっ…?」

小鳥「(こ、小鳥って…えっ?)」

小鳥「(ていうか、いきなり抱かせてくれって…なに!?セクハラ!)」

小鳥「(で、でも…)」

小鳥「…良いんですか?」

P「…ええ」

P「(そのシーンが)俺の一番なんです」

小鳥「……」

小鳥「…ぴよぉっ!?///」

P「(なんか凄い驚いてる…)」

P「(このシーンを選ぶ奴なんて、にわかってことか…?)」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:03:01.61 ID:hr/XQgGa0
小鳥「そ、そそそ…」

小鳥「そう、だったんですか…///」プシュ‐…

小鳥「(いきなりの抱かせてくれ発現はともかく…)」

小鳥「(まさか、両想いだったなんて…///)」

P「(顔を真っ赤にして恥ずかしがっている…)」

P「(同じドラゴンボールファンとして恥ずかしいってことか…?)」

P「…はぁ」

P「…もう、いいです。よくわかりましたから…」スタスタ…

小鳥「…えっ?」

小鳥「……」

小鳥「…あっ!?」

小鳥「(も、もしかして普通に抱きしめさせてくれって意味だった…?)」

小鳥「(ていうか普通そうよね!?私ったら何を…!!)」

小鳥「(いやー!?せっかく両想いだったのにドン引きさせちゃったー!?)」

P「(はぁ…小鳥さんにはにわか扱いか…)」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:05:45.85 ID:hr/XQgGa0
P「(しかし小鳥さんがダメとなると…)」

P「(年齢的に、あずささんはわかるかな?)」

P「(むしろブウ編が世代じゃないか?)」

あずさ「あっ、お疲れ様です。プロデューサーさん」

P「あっ、あずささん。ちょうどいいところに?」

あずさ「あら?私になにか…?」

P「……」

あずさ「…?」

P「あずさ」

あずさ「…えっ?」

P「抱かせてくれ」

あずさ「……」

あずさ「…えっ?」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:09:21.26 ID:hr/XQgGa0
あずさ「えっ、その…えっ…?」

あずさ「す、すみません…もう一度言ってもらっても良いですか?」

P「えっ?」

P「(あぁ…そっか)」

P「(今のはちょっと表現力が足りなかったな…)」

P「あずさ…抱かせてくれ…」

あずさ「…!!」

P「(よしっ!今のは完璧だろう!)」

あずさ「う、嬉しいですっ…!」グスッ…

P「えっ?」

あずさ「私もプロデューサーさんとずっと同じ気持ちでした!」

P「な、泣くほど(このシーンが)好きだったんですか…?」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:14:27.16 ID:SGwyCsPo0
このPは刺されても仕方ない

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:14:45.02 ID:hr/XQgGa0
あずさ「あっ、ご、ごめんなさい…」

あずさ「もちろん大好きだったんですけど…」

あずさ「何よりも「あずさ」って呼んでもらえたのが凄い嬉しくて…」

P「あぁ、なるほど…」

P「(そうだよな)」

P「(抱かせてくれ…だけじゃただの変態だもんな)」

あずさ「うふふっ…じゃあ、どうぞ…///」バッ…

P「えっ?」

P「(あずささんが両手を広げて、こちらを伺っているだろ…?)」

P「(シーンの再現を)しても良いんですか…?」

あずさ「ふふっ…///」

あずさ「プロデューサーさんから言っておいて、もう…///」

P「(そんなにも、あのシーンが好きだったのか…)」

P「(ここまでしてくれると感動だな…)」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:17:36.87 ID:hr/XQgGa0
P「じ、じゃあ…」ギュッ…

あずさ「んっ…///」ギュッ…

P「……」ドキドキ…

P「(いや、これは親子っていうか恋人同士だろ…!?)」

P「ご、ごめんなさい…!」バッ…!

あずさ「あっ…」

P「すいませんでしたー!」ダッ…

あずさ「……」

あずさ「うふふっ…ウブなんですから…///」

P「(いやーでも、あずささんはわかってくれる人で良かったなぁ)」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:19:04.71 ID:tZOSCJik0
さすがにドラゴンボールの話って言わないとまずわからないだろw

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:21:40.49 ID:hr/XQgGa0
P「(あずささんとくれば次は律子あたりか?)」

P「(律子もブウ編から入ったってぐらいだろうし)」

律子「おや?顔を真っ赤にしてどうしたんです、プロデューサー殿?」

P「律子…」ハァハァ…

律子「心なしか息も上がってて…」

P「(さっきまで全力疾走してたからな…)」

律子「もしかして熱でも…」

P「…律子」

律子「は、はい?」

P「抱かせてくれ…」

律子「……」

律子「はいっ!?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:26:35.43 ID:hr/XQgGa0
律子「ちょ、えっ!?はいっ!?」

律子「だ、抱かせてくれって…ええっ…!?」

律子「(い、今…私に向かって言ったのよね…?)」

律子「(な、名前も呼んでたし…)」

律子「(もしかして顔が赤いのや息が荒いのって…!?)」

律子「み、見損ないましたよ、プロデューサー…!?」

P「えっ?」

P「(このシーンは)ダメだったか…?」

律子「だ、ダメも何も…!」

律子「ば、場所と相手の気持ちを考えてくださいっ!」

律子「どう考えても(セクハラだし)変態じゃないですか!」

P「…!?」

P「(変態的にダメなのか…!?)」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:30:48.24 ID:hr/XQgGa0
律子「ま、まぁプロデューサーも殿方ですから…」

律子「そういう気持ちになるのもわかりますが…」

P「…わかった、もう良い」トボトボ…

律子「あっ、ちょっと…!?」

律子「(すぐに意気消沈しちゃったけど…)」

律子「(別に言い過ぎじゃ無いわよね…?)」

律子「(ていうか、落ちこみたいのはこっちの方よ!)」

律子「(プロデューサーのことは嫌いじゃなかったのに…)」

律子「(あんな告白…なんて…)」

P「(あずささんでやめておくべきだったか…)」ズーン…

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:34:58.20 ID:hr/XQgGa0
P「(はぁ…あずささんのところに戻ろうかな…)」

貴音「…あなた様?」

P「貴音…」

貴音「浮かない顔をして一体どうされました?」

貴音「もしやお身体の方が優れないのですか…?」

P「……」

P「(貴音はドラゴンボール、わかるかな…?)」

P「…貴音」

貴音「は、はい。何か私に出来ることがあれば…」

P「抱かせてくれ…」

貴音「……」

貴音「なんと!?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:38:18.04 ID:hr/XQgGa0
貴音「……」

貴音「…よろしいのですか?」

P「(おっ、貴音もドラゴンボールは知ってたか…)」

P「あぁ…」

P「(そのシーンじゃなきゃ)俺はダメなんだ…」

貴音「……」

貴音「…そのように自分を卑下することはありません」ギュッ…

P「わっ…!?」

P「(た、貴音の方から…?)」

P「(貴音はベジータが好きだったのか…!)」ジーン…

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:44:08.25 ID:hr/XQgGa0
貴音「(あなた様は)とても素晴らしいのです…」

P「貴音…」

P「(そうだよな…やっぱりあのシーンは最高だよな…!)」

貴音「ですから、そのようなお顔は見せないでください…」

貴音「とても、心が痛むのです…」

P「…貴音」

貴音「…あなた様」

P「ありがとう」ニコッ

貴音「…!!」ドキッ…

貴音「いえ、私は当然のことを…///」テレテレ…

貴音「私は…いつまでもあなた様をお慕いしていますから…///」

P「あぁ、俺もお前のことを信用しているよ」

貴音「…なんだか照れてしまいますね///」

P「そうだな…」

P「(女の子がベジータ役…しかも俺がトランクスだもんな…)」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:48:19.37 ID:hr/XQgGa0
P「(いやー貴音のおかげで元気出たな)」

P「(今度、俺のおごりでラーメンを好きなだけ食べさせてあげても…)」

やよい「う?」

やよい「プロデューサー!なんだかご機嫌ですねっ!」

P「あぁ、やよい」

P「……」

P「(やよいはGTぐらいなら、わかるか…?)」

P「(いやでも、長介が案外ブックオフとかで全巻立ち読みしてたり…)」

やよい「なにかうれしいことでもあったんですかぁ?」

P「やよい…」

やよい「はい?」

P「抱かせてくれ…」

やよい「……」

やよい「…ふぇっ!?」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:50:04.07 ID:LVnNvj7w0
アウト

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:52:27.67 ID:hr/XQgGa0
やよい「え、えっとぉ…?」

P「(やよいが考えてる…)」

P「(一応わかるのかな…?)」

やよい「うー…///」

やよい「ど、どうぞ…?///」バッ…

P「…!」

P「(まさかのやよいまでシーン再現…!)」

P「(やよいの年齢だと、俺の演技にも力が入っちゃうな…)」

P「やよい…お前のことは生まれてから一度も抱いてやったことがなかったな…」

やよい「う、生まれてから…?」

P「やよい…」ギュッ…

やよい「あうっ…///」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:56:15.24 ID:hr/XQgGa0
P「長介達を…」

やよい「えっ?」

P「家族を大切にしろよ…」

やよい「……」

やよい「は、はいっ…!」

やよい「もちろんですっ…!」

P「……」ナデナデ…

P「(芝居に付き合ってくれて)ありがとな、やよい」

やよい「い、いえ…」

やよい「イヤじゃ、ありませんでしたし…///」

P「(やっぱり、ブウ編は多くの世代に受け入られてるんだなぁ…)」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 22:59:52.34 ID:hr/XQgGa0
P「(今まで小鳥さんと律子以外はみんなよくわかってくれてるな)」

P「ていうか、みんなドラゴンボール好きなんだなぁ」

真「ドラゴンボールですか?ボクも好きですよ?」

P「おっ、真」

P「確かに真は好きそうだなぁ」

真「ちょっと男の子っぽいですけど…やっぱり燃えちゃうんですよねぇ」

P「(この様子なら真もわかってくれそうだな…)」

P「真…」

真「はい?」

P「抱かせてくれ…」

真「……」

真「え、ええっ!?」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:01:06.31 ID:K2/t38/J0
意志疎通が全くできてない・・・

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:04:19.00 ID:hr/XQgGa0
真「ちょ、ちょっ!?」

真「(ドラゴンボールの話だったのに)いきなり何を言っちゃってるんですかっ!?」

P「!?」

P「(そうか…真は感動よりは熱い展開…)」

P「(フリーザ編でのスーパーサイヤ人になる場面の方が好みだったか…)」

P「でも(ブウ編も)良いだろ?」

真「い、良いって…」

真「ぷ、プロデューサーにはガッカリですっ!」

P「なっ!?」

P「(ブウ編は全然好きじゃないのか…!?)」

真「(女の子扱いしてくれるのは嬉しいけど…)」

真「(もっと言い方ってものがあるでしょ…)」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:07:32.67 ID:hr/XQgGa0
P「す、すまなかった…」

真「あっ…いえ…」

真「わかってくれれば良いんですけど…」

P「お前の(シーンの)好みをちゃんとわかってやれてなかったな…」

真「えっ!?」

真「あ、あの!?別にプロデューサーが嫌いってわけじゃ…!?」

P「それじゃあな…」トボトボ…

真「……」ポカン…

真「(う、うわー!?これ、もしかしてやっちゃったかもっ!?)」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:10:57.91 ID:hr/XQgGa0
P「(でも、そうだよな…)」

P「(人それぞれの好みはあってもおかしくはないよな…)トボトボ…

美希「ハニーっ!」

P「美希…」

美希「ん?そんな暗いお顔してどうしたの?」

美希「もしかしてミキに会えなくて寂しかったとか?」

P「(美希なら俺の好みに合わせて話をしてくれそうだな…)」

P「美希…」

美希「ん?なぁに?」

P「抱かせてくれ…」

美希「……」

美希「ハニーっ!!」ギュッ!

P「わっ!?」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:14:48.74 ID:hr/XQgGa0
P「(やっぱり美希は俺に合わせてくれて…)」

P「でも(ベジータ役で)良かったのか?」

美希「あったりまえなの!」

美希「ミキが(ハニーのこと)大好きなの知ってるでしょ?」

P「…!」

P「(そんなにドラゴンボールが好きだったのか…)」

P「(前にどこかで話したっけな…?)」

P「(全く覚えてないぞ…)」

美希「~♪」スリスリ…

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:19:12.37 ID:hr/XQgGa0
P「(でも、ミキがここまで熱演してくれているなら…)」

P「は、恥ずかしいよ(パパ)…」

美希「えーっ?」

美希「ハニーの方から言ったんじゃない?」

P「ま、まぁ…そうなんだが…」

P「(ていうか、あずささんの時もそうだったが…)」

P「(アイドルってプロデューサーが演技でも抱き合ってるのはまずいよな…)」

P「は、はい!もうおしまい!」

美希「えー!?や!」

P「どんだけ(ドラゴンボールが)好きなんだよ…」

美希「そんなの、いつも言ってるの!」

P「……」

P「(あれ?なんか違和感が…?)」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:19:56.37 ID:AZati2po0
ダメだこのP

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:33:17.73 ID:hr/XQgGa0
P「うーん…」

P「(やっぱり美希がドラゴンボールが好きだなんて言った記憶は…)」

真美「およ?」

P「あぁ、真美か?」

真美「難しい顔して、どったのさ兄ちゃん?」

P「……」

P「(真美は完全に世代じゃないけど…)

P「(ゲームとか好きだし、もしかすると…)」

真美「兄ちゃん?」

P「真美…」

真美「ん?」

P「抱かせてくれ…」

真美「……」

真美「…へっ?」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:36:35.86 ID:hr/XQgGa0
真美「え、えっ?」

P「……」

P「(流石に真美の世代じゃ、わかんなかったか…)」

真美「兄ちゃん…?」

P「ん?」

真美「それ本気で言ってるの?」

P「ああ(シーンの中で)一番好きだからな」

真美「…!?」

P「(…もしかして、わかるのか?)」

真美「……」

真美「…は、恥ずかしいよ」

P「…!!」

P「(わかってたー!)」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:38:32.47 ID:LVnNvj7w0
うまいことはまったな

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:41:52.89 ID:hr/XQgGa0
真美「そんな、いきなりさ…」

P「(よく考えてみればドラゴンボールは最近でもゲームが発売されたりもするもんな)」

P「(知ってても何の不思議も無いな)」

P「(しかも真美は最年少だ)」

P「(シーン再現にはもってこいだな!)」

P「真美…」

真美「な、何さ…?」

P「お前のことは生まれてから一度も抱いてやったことが無かったな…」

真美「…!?」

真美「(ま、まぁ…確かに…)」

真美「(いつもは真美や亜美が兄ちゃんに…って感じだったし…)」

真美「(うあー!?でもでも、恥ずかしいよぉ!!)」

真美「(兄ちゃんも同じ気持ちだったのかな…?)」チラッ…

P「(このアイコンタクトは…)」

P「(そうか…真美も俺と同じ(ブウ編が好きだという)気持ちだったのか…)

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:44:39.51 ID:hr/XQgGa0
P「真美」

真美「は、はいっ!」

P「ありがとな」

P「それじゃ」スタスタ…

真美「へっ?」

真美「……」

真美「……」ヘナヘナ…

真美「(良かったのか…良く無かったのか…)」

真美「(びっくらこいて、腰抜けちゃった…)」ペタン…

真美「(うあうあー!?でもでも、やっぱりギュッてしてもらいたかったかもー!)」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:46:16.43 ID:WzceTRK7O
なぜギュッとしないんや!

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:48:20.89 ID:hr/XQgGa0
P「まぁ、真美がドラゴンボールわかるってことは…」

亜美「ドラゴンボールがどったの兄ちゃん?」

P「おお、亜美」

亜美「オッス!オラ、双海亜美!」

P「(まぁ、そういうことだろうな)」

P「(亜美にも試してみるか…)」

P「亜美…」

亜美「んだ?なんだべ、プロデューさ」

P「(チチのマネか?)」

P「抱かせてくれ…」

亜美「……」

亜美「おおっ!?」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:53:56.78 ID:hr/XQgGa0
亜美「兄ちゃん…」

P「亜美…」

亜美「亜美を…真美を大切にしろよ…」

P「おおっ!?」

亜美「さらばだ…兄ちゃん…真美…そして竜宮小町…」

P「いやー亜美もわかってくれるか!?」

亜美「んふふー♪やっぱ、ここっしょ!」

P「いやーわかってるなぁ、亜美と真美は!」

亜美「兄ちゃん、ビーデルさんは髪切ったあとと切る前どっちが好き?」

P「えっ?切ったあとだろ?」

亜美「えー!?切る前の方が可愛いっしょ!」

ヤイノヤイノ…

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:56:52.24 ID:LVnNvj7w0
さすが亜美

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:57:15.96 ID:6XW5f28g0
やっぱ切る前だよな

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 23:57:18.46 ID:hr/XQgGa0
亜美「まぁ、ちなみに一番好きなのはGTなんだよね」

P「GTなのか」

亜美「いや、最終回めっちゃ感動もんじゃん?」

P「あぁ。あのEDの入り方は最高だな」

亜美「…って、もうこんな時間じゃん!」

亜美「ごめんよ!兄ちゃん、亜美もう行くね!」

P「あぁ、ありがとな」

亜美「いあいあ!亜美も楽しかったよ!」タタッ…!

P「(いやー亜美も真美も理解してくれるだなんて765プロ始まってるなぁ)」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:01:17.83 ID:a3HRDO9V0
P「DANDAN心ひかーれてーく♪」

千早「あら、懐かしい歌ですね」

P「おっ、千早か」

千早「素敵な歌ですよね(ドラゴンボールは知らないけど)」

P「そうだな」

P「(千早もドラゴンボールは知ってるのか…)」

P「千早…」

千早「はい?(ドラゴンボールの話は出来ませんよ?)」

P「抱かせてくれ…」

千早「……」

千早「…はい?」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:05:36.04 ID:hr/XQgGa0
千早「……」ポカン…

千早「えっと…いきなり何をおっしゃっているんですか…?」

P「…あれ?」

P「……」

P「(しまった…千早はGTしか知らない系か…!)」

P「す、すまん…今のは忘れてくれ…」

千早「いや、忘れてくれと言われても…」

千早「いきなりそんなことを言われて…」

P「(ま、まずいな…)」

P「(これじゃあ完全にただのセクハラじゃないか…!)」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:07:44.36 ID:LVnNvj7w0
元から・・・

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:09:29.69 ID:a3HRDO9V0
千早「……」

千早「あの…」

P「えっ?」

千早「少しだけ…」

千早「少しだけなら…構いませんよ…?///」

P「千早…」

P「(わからないネタに無理して合わせてくれようと…)」

P「(俺って奴は…)」

P「いや、良いんだ千早。無理はしなくても」

P「すまかったな…」テクテク…

千早「…あっ」

千早「……」

千早「(あまりに唐突でびっくりしちゃったけど…)」

千早「(別に…良かったのに…)」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:14:16.35 ID:a3HRDO9V0
P「(うーん…)」

P「(千早には悪いことをしてしまったなぁ…)」ペラッ…


ベジータ『さらばだブルマ…トランクス……そしてカカロット…』


P「……」

P「…ベジータ」

雪歩「プロデューサー、お茶が入りまし…」

P「……」グスッ…

雪歩「!?」

雪歩「(な、泣いてる…!?)」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:17:36.42 ID:a3HRDO9V0
P「あぁ…雪歩か…」

雪歩「あっ!?ご、ごめんなさい…!」

雪歩「わ、私…」

P「みっともないとこ見せちゃったな…」

雪歩「そ、そんなこと…」

雪歩「(ど、どうしたんだろう…プロデューサー…?)」

P「……」

P「(雪歩もブウ編はわかるかな?)」

P「雪歩…」

雪歩「は、はい…?」

P「抱かせてくれ…」

雪歩「…!」

雪歩「(何かつらいことがあったんだ…)」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:21:53.41 ID:a3HRDO9V0
雪歩「ぷ、プロデューサー…」ピトッ…

P「…雪歩?」

雪歩「……」

P「……」

雪歩「(プロデューサーの…力になりたい…)」

P「(くっつくってことは…トランクス側を演じているのか…?)」

P「(しかし雪歩の表情…)」

P「(これもまた…演技に熱が入るな…)」

P「…雪歩」

雪歩「はい…」

P「真を…友人達を大切にしろよ…」

雪歩「…えっ!?」

雪歩「(そんな…まるで永遠の別れみたいな台詞…)」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:25:27.05 ID:a3HRDO9V0
P「(もう、このまま最期のシーンまで貫くか!)」

P「さらばだ…」

雪歩「!?」

P「真…雪歩…そして765プロ…」

雪歩「いやぁ!!」ギュゥッ!!

P「わっ!?」

雪歩「うっ…ひっく…!」グスッ…

P「……」

P「(確かにその場にトランクスやブルマがいたら、こうなるかもな)」

P「(雪歩の演技力にも磨きがかかってきたなぁ)」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:31:14.06 ID:a3HRDO9V0
P「大丈夫だ。最後にはみんな一緒だから」

雪歩「で、でもぉ…」グスッ…

P「まぁ、流石にあの時はもうダメだと思ってたけどな」

雪歩「…!」

雪歩「(そっか…)」

雪歩「(プロデューサーは今、重い病気と闘っているんだ…!)」

雪歩「……」

雪歩「…約束してください」

P「ん?いきなりどうした?」

雪歩「絶対に…みんな一緒ですからね」

P「(こういうIfストーリーがあっても面白かったかもな)」

P「あぁ…必ず奴を(ブウ)倒してくる…」

雪歩「はい…必ず(病気に)勝ってくださいね…」ギュッ…

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:31:18.80 ID:RxcZ6b7x0
Pがアホすぎて笑いが止まらない

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:35:15.70 ID:a3HRDO9V0
P「(しかし、やっぱりあのシーンは人気だなぁ)」

P「(けど、そろそろ違うシーンの方が良いって子も…)」

伊織「あら、お疲れ様」

P「伊織…」

P「(伊織はどうだろう?)」

P「(どちらかと言えば感動より燃える展開側か?)」

伊織「…ちょっと?」

伊織「この伊織ちゃんが声をかけてあげてるのに何難しい顔してんの?」

伊織「ホントにアンタは…」

P「俺は怒ったぞー!!!(フリーザぁぁぁぁぁ!!!)」

伊織「ひっ!?」ビクッ

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:39:04.14 ID:a3HRDO9V0
P「(さて、伊織の反応は…?)」チラッ…

伊織「(生意気な口を聞いて)ご、ごめんなさい…」グスッ…

P「!?」

P「(しまった!?)」

P「(伊織もブウ編が好きだったのか!?)」

P「(しかも謝らせちゃってるし…)」

P「(これはなんて酷いことをしてしまったんだ…)」

伊織「……」ビクビク…

P「伊織…」

伊織「ひ、ひっ…」ビクビク…

P「抱かせてくれ…」

伊織「……」

伊織「…えっ?」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:44:10.68 ID:a3HRDO9V0
伊織「わ、私のことキライになったわけじゃないの…?」

P「(ブウ編好きな子を)キライになんてなるわけないだろ…」

伊織「で、でも…さっき…」

P「あぁ…それは(伊織はフリーザ編が好きだろうと思った俺の)勘違いだ」

伊織「……」ポカン…

伊織「(わ、私に怒ったわけじゃなかったのね…)」

伊織「…めなさいよ」

P「えっ?」

伊織「抱きしめてよ…今も(怒られたと思ったから)震えが止まらないの…」

P「…!!」

P「震えるほど(ブウ編が好き)だったのか…」ギュッ…

伊織「うん…バカっ…」

P「すまなかった…」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:47:43.26 ID:aNFccgvu0
強引すぎるだろw

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:49:03.13 ID:a3HRDO9V0
伊織「でも…ごめん。(早とちりした)私も悪かった…」

P「伊織は何も悪くないよ」ナデナデ…

伊織「ちょっ…気安く…///」

伊織「……」

伊織「…まぁ、良いわよ///」

P「そうか」ナデナデ…

伊織「(…にひひ♪)」ポスッ…

P「(いやー感動の共有っていいなぁ…)」

伊織「(あっ、でも…そろそろ時間ね…)」

伊織「プロデューサー…私そろそろ…」

P「あぁ、時間か…」

伊織「あの、今度また…」

P「あぁ、ゆっくりとな(ブウ編について語ろう)」

伊織「う、うんっ!」

P「(好きなことには素直だなぁ)」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:53:48.14 ID:a3HRDO9V0
P「うーん…」

P「(やっぱり勝手に決め付けるのはよくないな…)」

P「(ブウ編のベジータは屈指の名シーンだもんな)」

P「好きな子が多いのは当たり前だよな」

響「何が好きなんだ?」

P「おぉ、響か」

P「ドラゴンボールの話だよ」

響「おおっ!ドラゴンボールかー!」

響「にぃにと一緒によく観てたぞー!」

P「(響は真と同じタイプに見えるが、ここは直球勝負だ!)」

P「響…」

響「うが?」

P「抱かせてくれ…」

響「……」

響「うぎゃぁっ!?」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 00:57:57.53 ID:a3HRDO9V0
響「い、いきなり何を言い出すんだ!?」

響「だ、抱かせてくれ…だなんて…(セクハラだぞ…)」

P「…!」

P「(しまった…やっぱり響も真と同じタイプだったか…)」

P「でも(ブウ編も)良いと思わないか?」

響「えっ?あ、う…」

響「た、確かに…」

響「(にぃにと似てるから)良いとは思うけど…」

P「おお、そうか」

P「やっぱり響も(ブウ編が)好きか?」

響「!?」

響「(ひ、響もって…)」

響「(じゃ、じゃあ…プロデューサーは自分のことが…!?)」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:02:53.74 ID:a3HRDO9V0
響「そ、その…」

響「自分も…」

響「(プロデューサー)好き…かも…///」

P「そっか、嬉しいよ!」

響「で、でもでも!いきなり抱かせてくれだなんて…!」

P「あぁ、そっか」

P「(ベジータの色々シーンがあってこそ、そのシーンがあるんだから)響は段階を踏みたい派か」

響「ふ、普通はそうだぞ…(恋人同士って…)」

P「確かにそうだな…俺が間違ってたよ」

P「ありがとな、響」テクテク…

響「あっ…」

響「……」

響「(でも、別にギュッってされても良かったかなぁ…)」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:07:23.11 ID:a3HRDO9V0
P「(確かに響の言う通りだ…)」

P「(「抱かせてくれ…」だけじゃ足りないよな…)」

P「(もしかして小鳥さんや律子が怒ったのも…)」

春香「お疲れ様です、プロデューサーさん!」

P「(となると、どこからだ?)」

春香「…プロデューサーさん?」

P「俺は…」

春香「…?」

P「昔の俺に戻りたかったんだ!!!」

春香「!?」ビクッ

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:10:07.67 ID:qH2BGQHh0
この展開はワロタ

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:12:49.08 ID:a3HRDO9V0
春香「(む、昔のプロデューサーさん…?)」

P「残忍で冷酷な…!」

春香「…!?」

P「(サイヤ人に…えーと…続きの台詞なんだっけ…)」

春香「(残忍で冷酷…?)」

春香「(ど、どういうこと…?)」

P「…あっ、春香」

春香「…!」

P「いたのか…(1人で演技なんて)恥ずかしいとこ見られちゃったな…」

春香「ぷ、プロデューサーさん…」

春香「(一体…過去に何が…)」

春香「(私の知らない…プロデューサーさん…)」ジワッ…

P「!?」

P「(な、泣くほど俺の演技が下手だったのか…!?)」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:12:56.21 ID:21kTag6B0
ワロタ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:16:51.97 ID:a3HRDO9V0
春香「(残忍で冷酷…)」

春香「(それはきっと、私なんかが触れちゃいけない重い重い過去…)」

春香「(でもっ…!)」ギュッ…!

P「は、春香?」

春香「私の知っているプロデューサーさんの優しさは本物です…」

P「は、春香…?」

春香「…お願いです」

春香「今は抱かせてください…」グスッ…

P「……」

P「(そうか!)」

P「(春香はブルマ役でIfストーリーを演じているのか!)」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:21:36.03 ID:a3HRDO9V0
P「春香…」

春香「プロデューサーさん…」グスッ…

P「(魔人ブウを倒すために)死を決意したんだ」

春香「なっ…!?」

P「俺は初めて自分自身以外の為に闘おうとしているんだ…」

P「(ピッコロのセリフだがIfストーリーだから良いだろう)」

春香「そ、そんな…!命をかけるだなんて…!」

P「そう…」

P「愛する奴らの為にな…!」

春香「…っ!」

バチン!

P「…っ!」

春香「ばかっ!!」

P「(おお…ブルマっぽい)」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:22:11.74 ID:8BMl2ev+0
ぶたれたのにこいつ…

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:22:44.55 ID:21kTag6B0
おお・・・じゃねえよ

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:26:42.43 ID:a3HRDO9V0
春香「そんなの…認めないから…」ギュッ…

P「春香…」

P「(これはもう…トランクスを春香に置き換えても問題ないな…)」

P「春香…」

春香「……」

P「抱かせてくれ…」

春香「…!」

春香「…死んじゃったりなんかしませんよね?」

P「(死を覚悟してるベジータにはキツいセリフだろうな…)」

P「…約束は出来ん」

春香「…!!」

P「だが…その言葉、覚えておくからな…」

春香「……」

春香「(もう、何を言ってもダメなんですね…)」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:28:58.31 ID:X5ftDoI70
ええ…既に手遅れですね

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:31:09.36 ID:a3HRDO9V0
春香「プロデューサーさん…」

P「なんだ?」

シュルッ…

春香「これ…」スッ…

P「リボン…」

春香「お守り代わりですっ…!」

春香「勝手に死んじゃうなんて許さないんだからっ!」ニコッ

P「…!!」

P「(これはかなり感動的だな…)」

P「(春香は想像力豊かだなぁ…)」

P「…ありがとう、春香(ここまで芝居に付き合ってくれて)」

春香「いいえ…こちらこそぶったりしてすみませんでした…」

P「いや(臨場感あったし)気にしてないよ」

春香「…それじゃあっ!」ダッ…

P「えっ?」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:33:41.02 ID:a3HRDO9V0
P「お、おい!春香!?」

P「……」

P「(リボン、まだ返してないのに…)」

P「(まぁ、あとで返せば良いか…)」




小鳥「……」

律子「……」

アイドル達「……」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:34:12.39 ID:NrbWTGfb0
修羅場ktkr

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:37:29.00 ID:1neFN7m20
\(^o^)/

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:38:46.25 ID:a3HRDO9V0
小鳥「ど、どういうこと…?」

律子「まさか…抱かせてくれって…」

あずさ「自分の命がもう残りわずかだってことを…」

貴音「私達に伝える為の最期の…!」

伊織「あ、あのバカっ…!」

やよい「ぷ、プロデューサー死んじゃうんですか…!?」

千早「そ、そんなのって…!!」

美希「ハニー!!!」

真「ボ、ボクも行ってくる!」

真美「ま、真美もっ!」

響「じ、自分もだぞ!」

雪歩「す、スコップあれば大丈夫かな…?」

亜美「……」

亜美「(おいおい、兄ちゃん…)」

亜美「(なんか大変なことになっちょるよ…)」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:39:15.14 ID:fXygH3Vo0
みんなアホの子だった

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:39:41.19 ID:oAzYZfEOO
亜美がいるから大丈夫…大丈夫なはず…

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:44:22.32 ID:a3HRDO9V0
『プロデューサー!!(さん、ハニー、兄ちゃん)』ダッ…

P「おわっ!?」

春香「あっ!?」

春香「ちょ、ちょっとー!?」

春香「そんなことされると、私もまた…」グスッ…

春香「ぷ、プロデューサーさーん!!」ダッ…!

P「な、な…」

P「(一体なんなんだ…!?)」


亜美「ドラゴンボールの話してたんだよね?」

亜美「兄ちゃん、他のみんなとどんな会話をしてたのさ…?」



P「(このあと、みんなの話を聞いた後…)」

P「(俺がドラゴンボールのワンシーンを演じていたということを改めて説明したら)」

P「(何故だかわからないが亜美以外の子達から全員にビンタの荒らしを受けた…)」

おわり

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 01:47:15.45 ID:pfkDvidMO
強引過ぎて逆に清々しい



元スレ: P「抱かせてくれ…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345121614/

アイドルマスター ステラステージ ぴたコレラバーストラップ (BOX)
角川書店 (2018-06-30)
売り上げランキング: 18,980

[ 2018/04/27 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] アイマス 765プロ
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/23022-2f65fab8