ヘッドライン

P「おーい、あずさー」 あずさ「はーい」

1 :南蛮戦時 アケマスなんて知らない 2012/08/31(金) 01:42:59.13 ID:BFhO58ML0
春香「!?」

P「ん? どうした春香、急に固まって何かの練習か?」

春香「い、いえ……何でもありません」

P「そうか? それならいいんだけど」

春香(今、何か違和感が……なんだろう……)

あずさ「プロデューサーさん、準備できましたよー」

P「わかった、すぐ行くから待っててくれよ。あずさ」

春香「!?」

P「ん? また固まってどうした?」

春香「プロデューサーさん、今……あずささんのこと、呼び捨てにしました?」

P「ああ、そうだけど……あずさを呼び捨てにしてなんか問題でもあるのか?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 01:46:14.23 ID:BFhO58ML0
春香「だ、だって、つい最近まであずささん、って呼んでたじゃないですか」

P「ああ、それが変わっただけだけど……おかしいのか?」

春香「い、いえ……そういう訳では。でも……」

あずさ「プロデューサーさん? どうかしたんですか?」

P「いや、何でもないよ。春香、悪いけど話は事務所に戻ってからでいいか?」

春香「は、はい……わかりました」

あずさ「早くしないと遅れちゃいますよ、プロデューサーさん」

P「悪い悪い。よし、急ぐぞあずさ」

あずさ「はーい♪」


春香「……怪しい」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 01:49:36.14 ID:BFhO58ML0
真「あれ? どうしたの、春香?」

春香「……真、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

真「聞きたいこと?」

春香「プロデューサーさんはあずささんのこと、どう呼んでるかわかる?」

真「プロデューサーがあずささんのことを? えっと、あずささん、じゃないの?」

春香「そう、そうなんだけど……」

真「……何かあったの?」

春香「プロデューサーさんがあずささんのことを……呼び捨てにしてた」

真「なーんだ、そんなこと…………えっ?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 01:53:04.08 ID:BFhO58ML0
真「よ、呼び捨て? それ、本当……?」

春香「本当だよ! この耳で聞いたんだから……」

真「……あずささんを、呼び捨て」

春香「しかも……『おーい、あずさー』って感じで」

真「えっ!? 敬語でもなくなってる!?」

春香「うん……ねえ、真。どう思う?」

真「プロデューサーと、あずささん……これは……」

美希「とっても怪しいニオイがするの……」

春香「そうだよね……って美希!?」

真「い、いつの間に……」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 01:58:39.23 ID:BFhO58ML0
春香「美希、いつからそこにいたの?」

美希「それはどうでもいいの。それより……これは由々しき事態なの」

真「由々しき事態? 美希にしては難しい言葉を……」

美希「それ位大変なことって意味だよ。……あずさとハニー、今までは敬語で大人の関係を保ってきたの」

春香「お、大人の関係!?」

真「そ、それって、その……えっと……」

美希「? どうして二人とも顔を紅くしてるの?」

春香「だ、だって、美希が……」

真「大人の関係とか、言うから……」

美希「大人の関係って、お仕事の関係ってことだよ? 二人とも何を考えてたの?」

真「な、何でもないよっ!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:02:48.74 ID:BFhO58ML0
美希「話しを戻すよ。あずささん、プロデューサーさん、って今までは呼び合ってたの」

春香「うんうん。それで二人とも敬語で話してたね」

真「でも、それが変わった……ってことは」

美希「……二人の関係も」

春香「変わったってこと!?」

真「か、変わったってどういう風に!?」

美希「真クン、そんなこともわからないの? 決まってるの、大人の関係だよ」

真「えっ? 大人の関係って、仕事上の関係ってことなんじゃ……」

美希「もー、これだから真クンはダメなの。大人の関係っていうのは……そういう関係のことなの」

春香「そ、そういう関係って……まさか……」

美希「……そういう関係なの」


真(……さっきと言ってることが違うのに、なんでボクが駄目だしされてるんだろう)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:07:25.40 ID:BFhO58ML0
P「……あずさ、今日も可愛いよ」

あずさ「も、もう……プロデューサーさんったら。褒めても何も出ませんよー?」

P「いや、当たり前のことを言っただけだろ? 褒められるのが嫌いだったらもう言わないけど」

あずさ「……いじわる。可愛いって言われたら……嬉しいです。も、もう……これでいいですか?」

P「ははっ、あずさのそういうところが好きなんだ」

あずさ「す、好きだなんて……」


―――――――――


春香「とか、そういう関係なの!?」

真「春香……ベッタベタだね」

美希「春香らしくて安心するの」

春香「そ、そう言うんだったら二人はどう思うか言ってみてよ!」

真「えっ? そ、そうだなあ……ボクだったら――」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:11:32.19 ID:BFhO58ML0
あずさ「はあ……今日もあの方は現れなかった……」

あずさ(攫われてもう三日は経ったかしら……誰か、助けに……)

あずさ「……お願い、誰か」

P「待たせたかい、あずさ?」

あずさ「ぷ、プロデューサーさん! ここまで、どうやって……」

P「山を越え、谷を越え、必死の思いでたどり着いたんだ。……遅くなって済まなかった」

あずさ「……いいんです、あなたがそばにいてくれれば」


―――――――――――


真「と、とかどうかな!?」

春香・美希「…………」

真「あ、あれ……? どうしたの?」

春香「真、それはないと思う」 美希「ないと思うの」

真「じゃ、じゃあ美希だったらどういうのだと思うのさ!」

美希「えっ? ミキだったら?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:15:17.02 ID:BFhO58ML0
美希「ハニー……二人っきりだね」

P「お、おい、抱き着いてくるなっていつも言ってるだろ」

美希「でも、嫌そうな顔してないよ、プロデューサーさん?」

P「……急に呼び方を変えてどうしたんだ?」

美希「えー? 別になんでもないよー? ねえねえ、どっちで呼ばれたいか教えて?」

P「そ、それは……」

美希「そ・れ・は?」

P「は、ハニー……の方が……いい」

美希「あはっ☆ ハニーは素直な方が可愛いの」

―――――――

美希「はい」

真「はいじゃないよ! これあずささんじゃなくて美希じゃないか!」

春香「そうだよ! 一人だけずるい!」

美希「もう……二人は文句が多いの」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:19:51.15 ID:BFhO58ML0
美希「ともかく、ハニーとあずさの関係が怪しいのは間違いないの」

春香「うん……私もそう思う」

真「……どうすれば真相がわかるのかな?」

美希「決まってるの。直接ハニーを問い詰めるしかないと思うな」

春香「ええっ!? で、でも……」

美希「いいよ、美希一人で聞いてみるから。二人はそのままうじうじしててね」

真「ぼ、ボクも一緒に聞くよ!」

春香「真まで……じゃあ、私も」

美希「よーし、三人でハニーをとっちめるの!」

三人「おー!」



小鳥(……しまった、妄想の流れに乗り遅れた。この妄想ニスト音無小鳥、一生の不覚……ッ!)

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:23:41.19 ID:BFhO58ML0
一方 車内

あずさ「くしゅっ……」

P「ん? どうしたあずさ、風邪か?」

あずさ「い、いえ、急にむずむずして……」

P「冷房が強かったかな……少し弱めるか」

あずさ「でも、それだとプロデューサーさんが」

P「気にするなって。あずさが良い状態で活動できるようにするのも俺の仕事だからさ」

あずさ「……お仕事、だけですか?」

P「えっ……? あ、いや……」

あずさ「ふふっ。ちゃんと前は見てくださいね?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:27:23.51 ID:BFhO58ML0
戻って765プロ

P「ただ今戻りましたー」

小鳥「プロデューサーさん、あずささん、お疲れ様です。冷たいお茶でも用意しましょうか?」

あずさ「ありがとうございます。八月も終わりそうなのに、まだまだ暑いですね~」

小鳥「本当ですねえ。……で、この後なんですが」

P「この後? 急な仕事でも入りましたか?」

小鳥「い、いえ……そうではなくて、あっちあっち」

P「あっち? ……っ!?」


美希「…………」

春香「…………」

真「…………」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:30:39.68 ID:BFhO58ML0
あずさ「あらあら……あの三人はいったいどうしたのかしら?」

P「音無さん……何があったんですか?」

小鳥「えっと……とりあえずお茶を飲んだらお二人で三人の前に座ってください」

P「は、はあ……わかりました」

あずさ「三人とも、凄い顔をしてますね……」

小鳥「ええ、若い女の子は色々難しいですからね……気持ちはわかるわ」

P「えっ?」

小鳥「『えっ?』ってどういう意味ですか、プロデューサーさん!?」

P「い、いえ、他意はありません」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:35:39.80 ID:BFhO58ML0
P(さて、お茶を飲んでこうして座った訳だが……)

美希「…………」

春香「…………」

真「…………」

あずさ「あの、三人とも……どうかしたの?」

美希「……あずさ」

春香「……あずささん」

真「……あずささん」

あずさ「は、はい」


美希・春香・真「ハニーはどうして別に王子様と急に敬語じゃお姫さまって美希のだよ!あずさにはなくなったんですか!? 関係も悪くないですよね!?渡さないの!説明してください!」


あずさ「え、ええっ……?」

P「お、落ち着け! 何言ってるかわかんないだろうが!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:38:29.78 ID:AxUPQcSI0
美希「ハニーは美希のだよ!あずさには渡さないの!」
春香「どうして急に敬語じゃなくなったんですか!?説明してください!」
真「別に王子様とお姫さまって関係も悪くないですよね!?」

こうかな?

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:40:58.23 ID:rAfstHAB0
>>44
そうっぽいな
真だけ関係ねえwww

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:42:36.86 ID:BFhO58ML0
P「と、とりあえず春香、代表して喋ってくれ」

春香「はい。えっと……どうしてあずささんと話す時に敬語じゃなくなったんですか?」

あずさ「えっ? 敬語……?」

美希「そうなの! あずさに対してハニーは前まであずささん、って呼んでたり」

真「プロデューサーもあずささんには~~ですか、って感じで丁寧に話してました」

P「ああ、それが急に変わったのはなぜか、って話か?」

春香「は、はい! ……プロデューサーさん、はっきり言ってください」

真「あずささんの王子様はプロデューサーなんですか!?」

P「……はあ?」

美希「真クン、ちょっと黙ってて欲しいの」

真「えっ? ど、どうして?」

春香「さっきから真だけちょっと違う気がするから……」

真「そんなつもりはなかったんだけど……」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:45:47.87 ID:BFhO58ML0
P「……春香、引き続き頼む」

春香「は、はい。えっと……つまり、プロデューサーさんとあずささんは」

あずさ「私が?」

春香「こ、恋人同士じゃないんですか!?」

P「……へっ?」

あずさ「あら……」

美希「どうなのハニー!?」

真「ど、どうなんですか!?」

P「えっと……あずさ、お前から言ってくれるか?」

あずさ「ええ、わかりました。あのね、実は――」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:53:23.06 ID:BFhO58ML0
あずさ「――ということなのよ」

美希「えっ? じゃあ……」

春香「つまり、敬語じゃなくなったのは」

真「あずささんを……年相応にするため、なんですか?」

P「ああ、そういうことだ」

あずさ「ふふっ。ごめんなさい、勘違いさせちゃったみたいで」

春香「い、いえ……でも、どうしてそんなことを」

P「あずさはまだ21だけど落ち着いた雰囲気を持っている。それは一つの魅力だ」

真「ふんふん」

P「でも、歳を重ねれば雰囲気は自然と出てくる。それなら年相応の扱いを今はすべきでは、って話になってな」

あずさ「ドラマで21歳の女子大生の役の話があって、私を監督さんが見たのだけれど」

P「少し落ち着き過ぎている、って言われてな。このままだと演技の幅も狭まるかもしれない、と社長とも相談したんだ」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 02:58:34.26 ID:BFhO58ML0
美希「だからあずさを若返らせようってことなの?」

P「わ、若返らせるっていうのは違うだろ。少しアイドルとしての扱いを見直す、ってことだ」

春香「じゃ、じゃあ、別にお二人が、その……特別な関係になったとかでは」

あずさ「プロデューサーさん、答えてあげてくれますか?」

P「えっ? あ、ああ……別にそういうのじゃない」

真「な、なーんだ……」

春香「良かったー……」

美希「安心したの……」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:01:52.09 ID:BFhO58ML0
あずさ「あらあら、どうして三人は安心しているの?」

美希「決まってるの。それはハニーと美希のもがふがが!?」

春香「な、なんでもありません! 真、美希、遅くなってきたし帰ろう!?」

真「そ、そうだね! 忙しいのにありがとうございました! さようなら!」

美希「もがふがが!」


P「……いったいなんだったんだ?」

あずさ「ふふっ、気付かないんですか?」

P「気付く……?」

あずさ「さーて、撮影のスケジュール、詳しく打ち合わせしたんですよね?」

P「あ、ああ。それを伝えて今日は終わりだ。竜宮小町の打ち合わせは?」

あずさ「今日はありませんよ。ちょっとその前に飲み物を買ってきますね」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:06:49.93 ID:BFhO58ML0
小鳥「プロデューサーさん」

P「どうかしましたか?」

小鳥「あずささんを呼び捨てにして、敬語をやめて年相応の雰囲気を出そうと知るじゃないですか」

P「はい」

小鳥「ということは、私も呼び捨てにされれば若返る可能性が……」

P「どんなレベルであっても存在しませんよ、音無さん」

小鳥「……ノリ、悪いですね」

P「気のせいですよ」

小鳥「……乙女心が傷付いたので今日は定時で帰ります」

P「わかりました。気を付けて帰るんだぞ、小鳥」

小鳥「……っ!?」

P「んー……やっぱりちょっと変ですね。言ってて違和感がある……って、あれ?」

小鳥「さ、さようならー!」


P(……律子も今日は帰ってこない。最後は俺とあずさだけか)

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:11:45.22 ID:BFhO58ML0
あずさ「戻りましたよー。あら、他のみんなはどうしたんですか?」

P「今日はもう誰も戻って来ないな。さっさと打ち合わせをして帰るか」

あずさ「そうですか。……ねえ、プロデューサーさん?」

P「な、なんだ……?」

あずさ「今日は、どうしますか? お疲れでしょう?」

P「た、確かに疲れたけど……」

あずさ「では、……どうぞ」

P「だ、だからそれはもう流石に……」

あずさ「あら、本当にいいんですか?」

P「そ、それは……」

あずさ「ふふっ。プロデューサー、さん?」

P「……あずささん、お願いします」

あずさ「ええ、どうぞ♪」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:17:18.37 ID:BFhO58ML0
P(……結局、今日も誘惑に負けてあずささんに膝枕をしてもらうとは)

あずさ「急に黙ってしまってどうしたんですか?」

P「いえ……またこうなってしまっている自分が情けないというか」

あずさ「今更、ですよ。それとも……こういうのはもう嫌ですか?」

P「い、嫌ではないですけど……また甘えてしまって、何と言うか」

あずさ「気にしちゃダメですよ~。今だけは、ね?」

P「は、はい……」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:17:50.75 ID:rAfstHAB0
やっぱりデキてるじゃないですかー!やだー!

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:20:25.74 ID:BFhO58ML0
あずさ「えっと、買ってきた飲み物は……あっ、あった」

P(ぬおっ!? 物を取ろうとするということは……つまり前屈みになる訳であって)

あずさ「よいしょ、っと……あら? どうかしましたか?」

P「あずささん……その、胸がですね」

あずさ「ええ、わかってますよ?」

P「か、勘弁してください……」

あずさ「嫌ならやめますけど、良いんですか?」

P「……参りました。そのままで……お願いします」

あずさ「は~い。プロデューサーさんは相変わらず甘えん坊ですね」


P(情けないけど……そう言われるのは、嫌じゃない自分がいる……)

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:25:57.47 ID:BFhO58ML0
あずさ「プロデューサーさん、さっきのお話ですけど」

P「さっきの? どの話ですか?」

あずさ「私たちが特別な関係かどうか、って春香ちゃんが言ってましたよね」

P「え、ええ」

あずさ「あの答え、別にそういうのじゃないって答えてましたけど……」

P「それが……どうかしたんですか?」


あずさ「……嘘にしても、いいんですよ?」

P「えっ!? そ、それは……」

あずさ「ふふっ、今日はここまでですよー」

P「へっ……? あ、ありがとうございました……」

あずさ「いえいえ、またいつでも言ってくださいね?」

P「……はい」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:30:44.02 ID:BFhO58ML0
P「さ、さーて、打ち合わせをしないと…………ひいっ!?」

あずさ「どうかしたんで――ええっ!?」


美希「……むー」

春香「……ううー」

真「……ぬー」

響「……ぐー」


P「ふ、増えてる!? っていうかお前達、いつから見てたんだ!?」

春香「……あずささんが飲み物を取ってるところからです」

あずさ「ほ、ほとんど見てたのね……」

美希「……ハニー、鼻の下伸ばしてデレデレしてたの」

P「そ、それは……」

真「あずささん! どういうことか説明してください!」

響「プロデューサーもだぞ!」

あずさ「あ、あらあら……」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:40:56.87 ID:BFhO58ML0
美希「……ハニー」

春香「……あずささん」

響「……プロデューサー」

真「……あずささん」

P・あずさ「は、はい!」


「ハニーはミキのものだからアイドルとの恋愛は白馬の王子様を自分だって甘えたいのに禁止ですよ、禁止!
誰にも渡さないの!我慢してるんだぞ!探してもいいですよね!?
で、でもどうしても胸だってミキの方がそれなら自分もプロデューサーに女の子だったらそういうのに
 アイドルとお付き合いしたいなら、その……大きくなるからわ、私なんて甘えてわしわしーって
 それまで待ってて欲しいの!してもらいたいんだからね!憧れていいですよね!? どうですかね!?
 っていうかボクは女の子ですからね!?」


あずさ「……長くなりそうですね」

P「……はい」


終わり

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 03:42:41.67 ID:BTnPScHr0

あずささんかわいい

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 04:01:39.03 ID:+pD5rnQkO
白馬の王子様を探してもいいですよね!?
女の子だったらそういうのに憧れていいですよね!?
っていうかボクは女の子ですからね!?


自分だって甘えたいのに我慢してるんだぞ!
それなら自分もプロデューサーに甘えてわしわしーってしてもらいたいんだからね!


アイドルとの恋愛は禁止ですよ、禁止!
で、でもどうしてもアイドルとお付き合いしたいなら、その……わ、私なんてどうですかね!?


ハニーはミキのものだから誰にも渡さないの!
胸だってミキの方が大きくなるからそれまで待ってて欲しいの!


とにかく乙でござった!



元スレ: P「おーい、あずさー」 あずさ「はーい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346344979/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/22997-93c1fc44