ヘッドライン

【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524492522/

1 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:08:42.66 ID:GLpK2+WE0
キャラ崩壊


【劇場の事務室】


小鳥「お疲れ様、美咲ちゃん」



美咲「むにゃ……ふわっ!?お、音無先輩?お、おちゅかれ様でしゅっ」



小鳥「ふふふっ。美咲ちゃん今寝てたでしょ?」



美咲「うぅ……すみません、お仕事中なのに」



小鳥「ふふっ、いいのいいの!美咲ちゃん、とっても頑張ってるもの、少しくらい居眠りしてたって誰も怒ったりしないわよ」



美咲「えへへぇ、ありがとうございます音無先輩。あの、ところで今日はどうしてここに?」



小鳥「社長におつかいを頼まれてね~、ちょうどシアターの近くに来たから寄ってみたのよ。はいっ、これ差し入れのプリン」



美咲「わぁっ、ありがとうございます!美味しそ~♪」



小鳥「うふふっ、どういたしまして。誰かに食べられる前に、早く食べた方がいいかもね」



美咲「はいっ、今すぐいただきます!あむっ……ん~、幸せ~っ♪」



小鳥「あら?ところでプロデューサーさんの姿が見えないけど、営業中?」



美咲「ぷふぉひゅーひゃーはん、にゃひゃ……」モグモグ


2 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:10:55.04 ID:GLpK2+WE0
小鳥「美咲ちゃん美咲ちゃん、大丈夫よ?プリン食べ終えてからで」



美咲「ごくんっ……えっと、プロデューサーさんなら健康診断で病院に行ってます!」



小鳥「ああ、そういえば今日行くって言ってたっけ」



美咲「ところで音無先輩、ミリシタの新しいガシャもう引きましたか?」



小鳥「ええ勿論よ!無事にSSR朋花ちゃんをお迎え出来たわ♪」



美咲「おめでとうございます!」



小鳥「うふふ、ありがとう。でもプロデューサーさんがねぇ……」



美咲「プロデューサーさんもガシャ引いたんですか?」



小鳥「ええ、そうなの。昨日メールで聞いてみたのよ『プロデューサーさん、ガシャ結果どんな感じですか?』って」



小鳥「そしたらね……」

3 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:13:06.53 ID:GLpK2+WE0
紬「ふぅ、やっと劇場に到着しました」




紬「東京の電車の乗り換えというものは、未だによくわかりません……」



紬「はっ、いけない。こんな事を聞かれたらまたプロデューサーに小馬鹿にされてしまいます!」



紬「この前だって」




ミリP(以下P)『じゃあ、スマホの乗り換えアプリとか使ってみたらどうかな?金沢から出てきたばかりの紬には、都内の電車の乗り換えは難しいと思うし』




紬「などと、まるで金沢を辺境にある田舎みたいに!」ツムッツムッ



紬「金沢は歴史と伝統に彩られた素晴らしい街です。大きなイオンもありますし、十二分に都会です」



紬「まったくあの方は……ええ、今日はプロデューサーに特に語らねばなりませんね、金沢の素晴らしさと奥深さ、更にその魅力について」



紬「そうです、まず金沢駅から語りましょう。ふふっ、プロデューサーもきっと私の金沢講義を聞けば、今までの金沢への認識を改めるはずです」



ドアガチャ



紬「おはようございまーー」




美咲「わぁ、プロデューサーさん爆死しちゃったんですか?」



紬「……」



紬(……えっ?)

4 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:15:26.30 ID:GLpK2+WE0
小鳥「そうなのよ昨日ね~。あっ、ごめんなさい、そろそろ私行くわね!プリン余ったのは皆で食べちゃって」



美咲「ご馳走様です、音無先輩!また遊びに来てくださいっ♪」



小鳥「さてさて、早いとこ社長のおつかいを終わらせな……きゃっ!?つ、紬ちゃん?ど、どうしたの?そんなドアの前で…」



紬「お、音無さん……あのっ、い、いまっ」アタフタ



小鳥「今?」



紬「いまっ、されていたお話は……」



小鳥「今してた話って、ああ…プロデューサーさんの話?」



紬「そ、それです!プロデューサーが……ば、ばばっ、爆死したというのは」



紬「う、嘘……なのですよね?」



紬(プロデューサーが爆死だなんて、死……だなんて、そんな事ありえません!だってあの人はいつも……昨日だって帰る時も能天気に笑ってーー)




小鳥「えっ?いやいや、本当にプロデューサーさんなら爆死したわよ?」



紬「そ、そんな……っ」フラッ ドサッ



小鳥「きゃっ、紬ちゃん!?」

5 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:17:08.42 ID:GLpK2+WE0
紬「プロデューサーが……プロデューサーが爆死だなんて……」



小鳥(プロデューサーさんがガシャで爆死したのが、そんなにショックだったのかしら?ふふっ、紬ちゃんってば優しいわね)



紬「な、何故……?何故プロデューサーは爆死を?」



小鳥「何故って、うーん……まぁ、こればっかりは運が悪かったとしか言えないわよね」



紬「運……?と、という事は、事故に巻き込まれたという事ですか?」



小鳥「そうね、事故みたいなものね」



紬「事故……あ、あのっ、その事故はどのような事故だったのですか?」



小鳥「どのようなって、昨日朋花ちゃん(ガシャ)のやつで、もう盛大にドカーンと!」



紬「なっ!?と、朋花さんのやつでドカーン!?」



紬(ど、どういう事ですか、音無さんはいったい何を……も、もしや!)



紬(朋花さんはボム兵だった……?)



紬(そう、それが何かの拍子に爆発してしまって、一緒に付き添っていたプロデューサーも巻き添えに……)

6 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:19:24.89 ID:GLpK2+WE0
紬(そ、そんなっ…ではプロデューサーだけでなく、朋花さんまで爆死して……)



紬「こ、こんな事って…うち、どうしたら……」



小鳥「まぁ、私は無事に引けたんですけどね!」ドヤァ



紬「なっ!?」



紬(無事に退けた?退けたということは、逃げれた。つまり、音無さんも爆発現場に居たという事?)



小鳥「ふふっ、プロデューサーさんには申し訳ないけど本当に運が良かったわ~、なんせ単発60ジュエルーー」



紬「音無さんっ!」キッ



小鳥「は、はいっ!?なっ、なんでしょうか?」



紬「貴女は……貴女には、人情というものが無いのですか?自分が運良く退けたからといって、そのようにさも自慢するかのごとく!」



紬「一歩間違えれば貴女も爆死していたかもしれないのですよ!?」



小鳥「そ、そうね、紬ちゃんの言う通りだわ!反省しますゴメンなさい」

7 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:21:14.66 ID:GLpK2+WE0
紬「う、ううっ……ひぐっ……グスッ」ポロポロ



小鳥「え、ええっ、ちょっ!?紬ちゃん?どうしたの急に泣いて、どこか痛いの?」



紬(な、泣いたらダメ……耐えなきゃ、耐えないと)



紬「グスッ……す、すみません。急に取り乱してしまって」



小鳥「いえ、私は大丈夫だけど、紬ちゃんこそ大丈夫?」



紬「はい、お気遣いありがとうございます。もう大丈夫です、すぅ……はぁ」



紬「全て、全て……理解しました」



紬「それで、その……プロデューサーと朋花さんは?」



紬(せめて、ご遺体に手を合わせないと……)



小鳥「プロデューサーさんなら○○病院だけど、朋花ちゃんはどうだったかしら?ちょっと美咲ちゃんに聞いてーー」



紬「そうですか、教えて頂きありがとうございます音無さん。では……」タッタッタ



小鳥「あれっ?ちょっと、紬ちゃん?健康診断だし、行ってもすぐに終わるからここで待ってた方が……行っちゃった」



小鳥「あんな必死に走って行くなんて、よっぽどプロデューサーさんに会いたかったのかしら?きゃっ、かわいい♪」

8 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:23:42.84 ID:GLpK2+WE0

【○○病院】



ナースさん「はい、それじゃあ点滴の針刺しますよ~」チクッ



P「うっ」



ナースさん「それじゃあ一時間くらい経ったら、また来ますからそれまでゆっくりしててください」



P「はい…」



P(はぁ、健康診断だけ受けて帰るつもりが、色々あってまさか点滴までする事になるとは)



P(まぁ、ちょっと体調も良くなかったし仕方ないか……)



P「ふわぁ……」



P「いいや寝よ。でも、部屋の灯りが明るすぎてどうも……おお、この枕シーツを顔に被せればいいかもな」



P「うん、これなら眠れそうだ。おやすみなさい……」



タッタッタッタ
タッタッタッタ



ガラッ!



紬「プロデューサー!!」

9 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:25:40.68 ID:GLpK2+WE0
P「」(白い枕シーツを顔に乗せて睡眠中)



紬「……そう、ですね……っ……わかっていた事です……ですが」



紬「もしかしたら、と……ドアを開けたら、いつもの顔で微笑んで……私を笑ってくれるのではと……グスッ」



紬「すぅ……はぁ、お顔を拝見させて頂きます。本来であればご遺族のご許可を頂かなければいけないのですが、無礼を承知で……っ!」



P「」



紬「…………こんな安らかな表情で……ふ、ふふっ、これではまるで本当に生きているみたいではありませんか…?」フラッ



紬「……プロデューサー?本当は私をからかっておいでなのでしょう?」ユサユサ



紬「これは…ドッキリというもので、本当は内心、しめしめと思ってほくそ笑んでいるのでしょう?」ユサユサ



紬「もうわかりました。充分です、さぁ早く
……早く」ユサユサ



紬「っ……うっ、ううっ……!!」ポロポロ



紬「目を……あ、開けてください……っ、ぷろでゅーさーぁ……」ポロポロ

10 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:28:32.25 ID:GLpK2+WE0
P「」(爆睡中)




紬「ぐすっ、今……確信しました……」



紬「あ、あなたは……グスッ…バカ…ですっ。それも……だ、大が付く…大バカ者ですっ」



紬「ぐすっ……こ、こんなに担当アイドルを……っく…か、悲しませるような方がっ、有能な……プロデューサーなはず……」



紬「うちを……うちの……手ぇを引いて……くれた……のにっ……」



紬「アイドルに……って……!」



紬「ここ……までっ……その気に…グスッ…させておいて……勝手に……いってしまうなんて……なんて、わるい……ひとなんっ……?」ポロポロ



紬「……こんなっ……こんな……こと…っ、なら……貴方のことなんて……」ポロポロ



紬「うち……好きに……好きになるんじゃ……っ」ポロポロ



ガラッ!



ナースさん「はーいPさーん、起きてくださーい。点滴終わりましたよー」



P「んぁ?もう…終わったすか」

11 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:30:58.64 ID:GLpK2+WE0
紬「ぐすっ……えっ?えっ?」



ナースさん「はーい終わりましたよ。針抜きますね~、あら?付き添いの方ですか?ダメですよPさん、患者さん以外はここに入れちゃ!」



P「えっ?いや、俺一人で来たんですけ……わあっ!?紬じゃないか、どうしてこんな所にいるんだ?」



紬「…………っ」



P「どうした?なにか急ぎの用事でもあったかな?」



紬「う、ううっ……ひぐっっ……!!」ポロポロ



紬「ぷろ、ぷろでゅーさぁ……っ!!」ポロポロ



P「わっ、ど、どうした!?」



紬「ぷろ……でゅさぁ……っ…グスッ……うぅっ……」ギュゥゥッ



ナースさん「ちょっとなに抱き合ってるんですか!?病院ですよここ!!」



P「いや、あのっ、わかってるんですけど……ほら紬?手を離してくれないかな?ナースさん困ってるから」



紬「ぐすっ、ぷろでゅーさぁ……ぷろでゅーさぁ……っ!!」ギュゥゥッ



小鳥「く、来るのが……一歩遅かったですか……はぁ、はぁ……」

12 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:32:08.29 ID:GLpK2+WE0
ーその後ー



紬「……っ///」プルプル



P「ま、まぁまぁ、紬、そういう勘違いは誰にだってあるさ」



小鳥「本当にごめんね紬ちゃん!」



紬「なっ……」



紬「なっ、なんやいねっ!」



P「あいたたっ、紬それ痛い痛いよ」



紬「うぅ~っ、なんやいねっ、なんやいねっ///」ポカポカポカポカ



小鳥「うんうん、仲が良くて結構!これでめでたしめでたし!」



P「音無さん?」



小鳥「あっ、す、すいません。勿論私も反省しますですはい」

13 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:34:25.02 ID:GLpK2+WE0
ー翌日ー


【劇場の事務室】


P「あの~紬さん?」



紬「なんでしょうプロデューサー?」ピッタリ



P「そんなに、くっつかれると仕事できないというか……出来れば、もう少し離れて貰えます?」



紬「離れろ?離れろと仰いましたか?貴方はまた私に…あ、あの様な恥ずかしい」



P「い、いや、すまんすまん!もういいです、そのままで」



紬「ええ、それで良いのです。常日頃から貴方の側にいれば、あの様な恥ずかしい勘違いをせずに済みますので」



P「とほほ……」



紬「あ、あの……プロデューサー、これを」



P「お弁当?」



紬「美味しいから揚げ専門店のお弁当です……えっと」



紬「が、ガシャ?というので、お金が無くて食べる物に困っているのではと思いまして」



P(そこまでの爆死はしてないぞ!?でも……)

14 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:37:23.88 ID:GLpK2+WE0
P「心配してくれてありがとう紬、嬉しいよ!お昼になったら、ありがたく頂きます」



紬「ほ、本当は……自分で作ってこようかとも思ったのですが……男性に手作りというのは……うぅ」モジモジ



P「そうなのか?」



P(ああ、これはアレだな作ってこようとして失敗しちゃったパターンかな?そんなの気にしなくていいのに)



P「じゃあ次は紬の作った弁当が食べてみたいなー、なんて図々しいよな?あははっ」



紬「えっ?つ、作ってきたら……食べてくれるのですか?」



P「お、おう?そりゃ、もちろん」



紬「で、では…あのっ、明日作ってきます」



P「わぁ、嬉しいな!これは楽しみだ」



紬「うち…いや、私は……そ、その……毎日でもいいですよ?」



P「えっ?紬が毎日お弁当作ってきてくれるってことかい?」

15 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:39:38.44 ID:GLpK2+WE0
紬「っ……///」コクコク



P「いや、それは流石に……ん?」



P(いや、待てよ?ここで、毎日は作って来なくていいよ。とか言うと紬の事だから)




紬『毎日は作って来ないでいい?つまり、貴方は私が作る料理は、一日で舌が飽きるくらいのものだろうと仰りたいのですか!?』



P(とか言いそう……つまり、ここでは)



P「じゃあ、これから毎日お願いしようかな!でも紬が作れる日でいいからな?無理しないように」



紬「は、はわわわわ……っ///」プシュ-



紬「ほ、本当……ですか?あのっ、ほ、本当に作ってきてしまいますよ?」



P「うん。ありがたいよ」



紬「う、うぅ~……///」プシュ-



P「つ、紬?」



紬「は、はい?にゃっ、な、なんでしょうかっ!?」



P「いや……」

16 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:41:46.06 ID:GLpK2+WE0
P(なんか嫌な予感したけど……まぁ、大丈夫かな?)



P「ちょっと俺、近くのコンビ行ってくるよ」



紬「はい……はい……」ポケ-



P(あれ、着いてこないのかな?)



P「紬、コンビニ行くけど着いてこなくていいのかな?」



紬「ま、待ってます!……今はちょっと、あの……心の準備がっ」



P「そう?じゃあ行ってきます」



ドアバタン 



P「どうしたんだ、紬?なんか顔赤くて、潤んだ目でこっち見てたけど」



P「ふぅ……にしても、今回の事で色々学んだし、紬には出来るだけ勘違いさせないような言動を心がけないといけないな」



P「まぁ、同じような間違いは起こさないし。大丈夫だろう!うんうん」

17 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:43:49.03 ID:GLpK2+WE0
一方その頃のつむつむ




紬「毎日お弁当作ってきてくれなんて……ほっ、ほんなのプロポーズやろ…っ!?」



紬「う、うち…どうしたら?……ま、まだ学生やのに、お嫁さんなんて……///」





おわり

20 : ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:51:42.51 ID:GLpK2+WE0
読んでくださってありがとうございます
イチャイチャつむつむSSもっと増えろ!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524492522/

ミニッチュ アイドルマスター ミリオンライブ! 白石紬 アクリルキーホルダー
ファット・カンパニー(Phat Company) (2018-06-25)
売り上げランキング: 1,918,586

[ 2018/04/24 00:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(4)
コメント
9697: 2018/04/24(火) 08:32
なあ白石、大きなイオンってのはな……田舎に有るんだよ
9701: 2018/04/24(火) 12:39
ツムッ っていう擬音と なんやいね って連呼してる所がかわいいとおもいました(粉ミカン)
9702: 2018/04/24(火) 17:58
Mマスク「唐揚げ弁当と聞いて」
9709: 2018/04/25(水) 22:30
※1
その考えは誤りだ。関東最大のイオンは高崎にあるんだぞ。
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/22985-1440f117