ヘッドライン

P「例えばこんな765プロ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:06:55.40 ID:lMA9sHEUO
――765プロ事務所
――AM10:00

P「…」ハァ...

小鳥「プロデューサーさん?ため息なんかついて、どうしたんです?」クスッ

P「あのですね?小鳥さん」

小鳥「はい。何ですか?」ニコニコ

P「たとえば…たとえばですよ?」

小鳥「?」キョトン

P「小鳥さんが一日スク水を着て事務をするなんて、どうでしょうか」

小鳥「…」

小鳥「…へっ?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:07:39.71 ID:0VT1Zaj30
あーいいっすねー

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:10:43.06 ID:lMA9sHEUO
小鳥「あの…プロデューサーさん?」

P「…いいかもしれないですね」ゴソゴソ

小鳥「えっ?あの…何をしてるんです?」

P「…あった」

P「ちょっと、着てくれませんか?これ」スッ

小鳥「…?」チラッ、

小鳥「って!なんでスク水なんか持ってるんですか?しかも旧式…」

P「ははっ。たしなみですよ、たしなみ。…で、着てくれませんか?」

小鳥「いっ、いやですよ!年甲斐もなくスク水なんて…」ブンブン

P「…ふむ」チラッ、

小鳥「…?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:12:59.31 ID:lMA9sHEUO
P「…」スッ

小鳥(あ…プロデューサーさんの顔が近い…)

P「…小鳥」ボソッ

小鳥「っ!」ピクン

P「着て…くれますよね?」スッ、ギュッ

小鳥「はい…///」ポー

P(…よし。まずは、一人め)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:14:00.86 ID:HBmv8DCU0
素晴らしい

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:16:10.65 ID:lMA9sHEUO
―――
――


P「似合ってますよ?小鳥さん!」

小鳥「うぅ…恥ずかしい…」カァァァァ

P「いやいや。小鳥さんの身体は、スク水映えしますね!」ニコニコ

小鳥(でも、プロデューサーさんが嬉しそうだから…まっ、いっか♪)

――ガチャッ、

貴音「おはようございます」

――バタン

P「おう、おはよう。貴音」

小鳥「///」カタカタ、カチカチ、

貴音「…面妖な…」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:19:48.99 ID:lMA9sHEUO
貴音「なぜ、小鳥嬢がスクール水を着ているのでしょう、あなた様」

P「いや、小鳥さんにはスク水が似合うと思ってな?」チラッ、

P「見てみ?ほんの少したるんできたお腹、たわわな胸、それと…少しの色気」

P「これでスク水が似合わない筈が無いんだよ」

小鳥(プロデューサーさん…そこまで、私の事を理解してくれているんですねっ!)カァァァァ、テレテレ

貴音「…ふむ。ならば、あなた様?」

P「ん?なんだ?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:23:39.40 ID:lMA9sHEUO
貴音「わたくしには、何が似合うと思いますか?」チラッ、

P「貴音に似合う服って事か?」

貴音「はい」

P「…そうだなぁ…貴音と言ったら、胸。これは外せないな」

貴音「胸…ですか」

P「そうだ。貴音は尻のイメージが多いが、実は胸もでかい。それともうひとつ」

貴音「なんでしょうか」

P「クールや神秘的、といったイメージもある」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:26:53.79 ID:lMA9sHEUO
P「そこから計算するに、最も貴音に似合うのはな?」ゴソゴソ、ゴソゴソ

貴音「…」ドキドキ、ドキドキ

P「これだ!」バッ

貴音「…バニースーツ…」

P「そう。バニーちゃんだ!胸も強調され、尻も強調される!また、ウサギという幼いイメージが、クール・神秘的といったお前のイメージをほぐしてくれる」

貴音「…あ…あなた様…///」カァァァァ

P「さぁ!着てくれ!」ガタッ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:28:54.75 ID:lMA9sHEUO
貴音「あの…あなた様にだけ…ですからね?」チラッ、

P「もちろんだ。貴音は、大事な俺のアイドルだからな!」キリッ

貴音(あぁ…あなた様…わたくしの、あなた様…///)ポー

―――
――

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:32:19.11 ID:lMA9sHEUO
貴音「…///」チラッ、

貴音「…いかがでしょう。あなた様…」モジモジ

P「…」スタスタスタ

貴音「…?」キョトン

P「最高だよ。俺だけの…うさぎちゃん」ボソッ

貴音「~///」テレテレ、

P「ところで、貴音?」

貴音「なんでしょう?わたくしのあなた様…」

P「こいつを…知っているかい?」スッ

小鳥「ッ!」

小鳥(そっ…それはっ!プロデューサーさん…恐ろしい人ッ!)

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:35:56.63 ID:lMA9sHEUO
貴音「…たて笛…ですか?」

P「そうだ。たて笛だ。よく知ってたな、偉いぞ?」ナデナデ

貴音「えへへ…」キュンッ

貴音「で、それがどうしたのです?」

P「これをな?こうするんだよ」

――ズボッ

貴音「…ひゃっ!あ、あなた様っ!?」

P「言ったろ?貴音は、胸も魅力的なんだ。そこに、たて笛というオプションが付いたらどうなる?」

P「…最高だろ?」キリッ

小鳥「だ…だからといって、何も胸の谷間に差さなくても…」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:40:24.94 ID:lMA9sHEUO
P「…で、だ。貴音」クルッ

貴音「な、なんでしょう…」ドキドキ

P「…吹いてくれ」

貴音「…はっ?」キョトン

P「そのたて笛を、吹いてくれ!」

貴音「…仰っている意味が、よく分かりませんが…」

P「だからな?谷間に差したたて笛を、吹くんだよ。曲なんか関係ない!お前の熱い、アイドルの頂きに立つ!という気持ちを!そのたて笛に込めるんだ!貴音なら出来る!俺は…俺はそう信じてる!」ババーン!

貴音「…あっ、あなた様っ!」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:44:40.67 ID:lMA9sHEUO
貴音「…分かりました。あなた様のその気持ちに、お応えします!」

P「あぁ!頑張るんだ!貴音!」

貴音「…では、参ります。…んっ…あむっ…」ピチャッ、チュッ、

貴音「~♪」ピーヒョロロー、ピュー、

P(…やはり…エロいな…)

小鳥(貴音ちゃん…エロいわ…)

貴音「…あっ…んぐっ!?」ツルッ

貴音「…けほっ…こほっ…」

P「ありがとう、貴音。ありがとう」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:47:02.89 ID:lMA9sHEUO
貴音「…では、わたくしはいつもの服に着替えて参ります」

P「あぁ。ありがとな?貴音。可愛かったぞ?」ナデナデ、ナデナデ

貴音「ふふっ。あなた様のためならば」クスクス

貴音「では」トテトテトテ、ガチャッ、バタン

P「やはり、俺の目は狂ってはいなかった!」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:50:32.69 ID:lMA9sHEUO
千早「…プロデューサー?そんな嬉しそうな顔をして、どうしたんです?」

P「あぁ、千早か。おはよう」

千早「おはようございます。…音無さん?どうしたんです?そんな格好をして…」ハァ...

小鳥「あ、あはは…プロデューサーさんがね?似合う、って言ってくれたから///」テレテレ、

千早「…むっ!」ジトー

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:54:26.91 ID:lMA9sHEUO
千早「プロデューサー!またあなたはそうやって!」ポカポカポカ

P「ははっ。こいつめ」ナデナデ

千早「んっ…そうやってなでなでしても…許して、あげないんですからね?えへへ…」デレデレ、テレテレ
P「そうそう。千早にもちゃんと考えてきてるぞ?」ナデナデ

千早「えっ?それって…音無さんみたいな格好をしろ…と?私にも?」フルフル、

P「うん。そう」

千早「…」

P「いいか?千早…」スッ、ギュッ

千早「…っ」カァァァァ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:57:55.76 ID:lMA9sHEUO
千早「…話だけ」ボソッ

P「ん?」

千早「…話だけなら、聞いてあげます…」モジモジ

P「ありがとな?」ナデナデ

千早「…///」

P「まず、千早のイメージだな。千早は貴音と同じく、クール系にあたる。また、ストイックに…一途に歌を追い求めているな」

千早「歌が…私の全てですから」

P「それなんだよ!千早!」バッ

千早「えっ?えっ?」アセアセ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:00:50.53 ID:lMA9sHEUO
P「普段、クールなイメージに囚われて隠れがちだが、千早は一途なんだよ!歌が全て、そう。今のお前はそうなんだ!」
P「だがな?千早…」

P「その一途さが…たった一人の御主人様に向けられたらどうなる…?」

P「無敵だ…」キリッ

千早「…」

P「で、そんな千早にはこいつだ」ゴソゴソ、ゴソゴソ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:04:22.09 ID:lMA9sHEUO
千早「…メイド服…?」チラッ、

P「そうだ。メイド服だ!一途な愛情、一途な奉仕!千早のイメージは…これで変わる」キリッ

千早「プロデューサー!」カァァァァ

P「さぁ…着てくれ」スッ、

千早「…でも…」

P「俺の…メイドさん」キリッ

千早「…御主人様///」キュンッ

―――
――

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:09:45.15 ID:lMA9sHEUO
千早「…その…ど、どうでしょうか…ご、御主人様///」カァァァァ

P「いい…いいよ。千早!」

千早「ふふっ。ふふふっ。たまにはこういうのも、いいかもしれません」テレテレ

P「で、だ。千早」クルッ、スタスタスタ

千早「はい?なんでしょうか、御主人様」

P「今のお前は…俺の、なんだ?」ガサガサ、ガチャッ、パタン

千早「(冷蔵庫開けて、なにやってるんだろう…)メイド…です」

P「メイドは、御主人様に何をするんだっけ?」カチャカチャ

千早「…ご…ご奉仕、です…///」

P「よし、これをくわえてくれ」スッ、

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:12:41.82 ID:lMA9sHEUO
千早「…スプーン…ですか?あ、ヨーグルトを食べさせてくれるんですか?でも、取っ手をくわえたら食べれないじゃないですか」

P「違うよね?千早」ハァ...

千早「…えっ?」

P「今の千早は俺のメイド。なら、することはひとつ。あ~んで食べさせてくれ」

P「口を使って!」

千早「ッ!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:16:59.95 ID:lMA9sHEUO
千早「あの…でも…」モジモジ

P「…」ギュッ

千早「…っ」カァァァァ

P「一途な千早は…可愛いんだよ。それをな?俺は見たいんだ」ギュッ

千早「…プロデューサー…」グスッ、

千早「分かりました!プロデューサーの期待に応えてみせます!」

P「よく言ったな。偉いぞ?」ナデナデ

千早「…ふふっ///」

千早「…では、くわえますね?」

千早「…あむっ」パクッ、フルフル、フルフル

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:20:23.06 ID:lMA9sHEUO
――ボタッ、ボタタッ、ピチャッ

千早(んっ…スプーンが短いし、不安定で震えるからヨーグルトが服に零れて…)

千早「…まま、へふか?ふろふゅーひゃー///」フルフル、ボタッ、ボタタッ

小鳥(白濁まみれの千早ちゃん…メイド服がプロデューサーさんの白濁にまみれて…)

P「あむっ…」パクッ

千早「…んっ…ふっ…(プロデューサーの顔が…凄く近い…)」ドキドキ、ドキドキ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:23:48.16 ID:lMA9sHEUO
千早「…ぷぁっ!」カランカラン、

千早「…うぅ…ヨーグルトまみれです…」

千早「…プロデューサーの…ばか」フルフル、チラッ、

P「」ズキューン

P(予想以上でした…)

P「ごちそうさま。千早」ナデナデ

千早「…私、着替えてきますね?」トテトテトテ、

P「あぁ。ありがとな?」ニカッ

千早「…」トテトテトテ、

P「ん?」

千早「また…ご奉仕させてくださいね?」ボソッ

P「えっ?」

千早「…ふふっ。何でもありません。では」スタスタスタ、ガチャッ、バタン

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:27:16.39 ID:lMA9sHEUO
P「いいよいいよ!テンション上がってきたよ!次は誰が来るかな?」

――ガチャッ、

亜美「みんな→!おっはよ→ん!」

真美「はよ→ん!」

P「おう!亜美、真美、おはよう!」

亜美「あっ!兄(C)!おっは→!」

真美「おはよ!兄(C)!」

P「…」

亜美「ん→?どったの→?」

P「二人とも、ソファに座ってくれ。話がある」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:30:00.56 ID:lMA9sHEUO
P「…」キリッ

亜美(兄(C)…マジメな顔してどしたんだろ…)ドキドキ

真美(兄(C)…カッコいい…)ドキドキ

P「あのな?二人とも…」

亜美「う、うん。なに?」ドキドキ

真美「…」ドキドキ

P「お前たちのイメージはな?その元気さや、無邪気さだ」

P「そこを踏まえた上で、足りないものは何か…分かるか?」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:32:50.40 ID:lMA9sHEUO
亜美「ん→、なんだろ。ね、分かる?真美!」チラッ、

真美「なんだろ→。…あっ!」

P「分かったか?」

真美「う、うん…なんとなく…///」

P「よし、言ってみろ」

真美「…真美たち…あんまり恥ずかしいって気持ちが…無かった…」

亜美「えっ?」

P「真美、よくわかったな」

真美「…真美、もう子どもじゃないし…」ドキドキ

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:36:10.49 ID:lMA9sHEUO
亜美「え→?じゃあ真美は兄(C)にぎゅーってしたら恥ずかしいの→?」

真美「…さ、最近は…ちょっとだけ///」テレテレ

亜美「へんなの→!亜美はぜ→んぜん恥ずかしくないYO!」ニコニコ

P「そう!真美の言う通り、まだまだお前たちには恥ずかしさや照れるといった感情・気持ちが足りないんだ」

P「だからな?こんなものを用意してきた」ゴソゴソ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:40:22.86 ID:lMA9sHEUO
亜美「うわっ!なにそれ→!兄(C)、オタクだったの→?」キャッキャ

真美「兄(C)…」

P「お前たちの為だ!」

P「亜美にはこっちの白いヤツ!真美にはこっちの黒いヤツ!」

P「さぁ、着てくれ!」

真美「どうする→?亜美」ボソッ

亜美「チョ→おもちろそ→!亜美は着るよ→!」スッ、タッタッタッタ

真美「あっ!待ってよ→!亜美→!」スッ、タッタッタッタ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:44:19.88 ID:lMA9sHEUO
P「リリカ~ルマ~ジカ~ル♪ハ~トの~ち~から~♪すてきにむてき こ~の~ま~ほう~♪」

――ガチャッ、

亜美・真美「お待たせ!兄(C)!」」

P「おぉ…似合うとは思っていたが、まさかこれほどとは…」

亜美「へっへ→ん!兄(C)!亜美、かわいいっしょ→!」

真美「ま、真美だって可愛いよね?兄(C)!」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:48:00.35 ID:lMA9sHEUO
P「うん。亜美は白の衣装が似合ってきたな。清純そうにも見え、元気いっぱいにも見える」

P「真美は、ちょっぴり露出度が多いが黒い衣装もバッチリだ。最近は大人びてきた真美にピッタリだ」

真美「えへへ…兄(C)が喜んでくれて良かった///」

亜美「んっふっふ→!兄(C)?亜美にホレるとヤケドするぜぃ?」ニコニコ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:52:20.77 ID:lMA9sHEUO
P「ははっ。似合ってるんだから仕方がない」ニカッ

亜美「でも、かわい→だけで恥ずかしくないよ→?ね→、真美!」

真美「うん!真美のはちょっぴり露出が多いから、ちょっとだけ恥ずかしいけど…///」

P「ふっふっふ。さっき渡した衣装の中にスパッツがあったろ?ちゃんと、履いてきたか?」

亜美・真美「「うん!」」

P「今からお前たちには…」

亜美・真美「「…」」ゴクリ

P「窓掃除をしてもらう!」

亜美・真美「「へっ?」」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:55:44.34 ID:lMA9sHEUO
亜美「そんなのラクショ→だよ!ね→!真美!」チラッ、

真美「ねぇ、兄(C)?」フルフル、

P「…ん?なんだ?(お、真美は気付いたな?)」

真美「…何で、拭くの?」

亜美「え→?そりゃ、ぞうきんっしょ→!」キャッキャ

真美「亜美は黙ってて!」

亜美「あ、ごめん…」シュン
真美「ねぇ、兄(C)?まさか…」

P「ふっ…そのまさか、だよ。真美」

真美「はぁ…やっぱり…」ハァ...

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:00:35.45 ID:lMA9sHEUO
P「お前たちの尻で拭いてもらう!」

亜美「え→!」

真美「…うぅっ…///」

P「ほら、俺に見せてみろ。お前たちの恥じらいを!照れた、赤い顔を!」

亜美「おもちろそ→!亜美、い→っぱいキュッキュしちゃうよ→!」

真美「亜美っ!?」

亜美「よいしょっ!きゅっ♪きゅっ♪(こうすれば、兄(C)も亜美を見てくれる!)」

真美「…亜美…うんっ!真美もっ!えいっ、きゅっ♪きゅっ♪」

――キュッキュッ、ピチャッピチャッ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:04:08.24 ID:lMA9sHEUO
―――
――


亜美「うぇ→!スパッツがびちょびちょだよ→!」

真美「ぐしょぐしょ…///」

P「お疲れ様。お前たちの照れた顔、恥ずかしそうな顔、最高だった」

亜美「んっふっふ→ん!兄(C)?亜美にホレると…収束魔法ぶちかますぜぃ?」

真美「真美だって頑張ったんだからね→!真美にホレると…なんだろ?」キョトン

P「ははっ。じゃあ着替えたらその服は返してくれ」

亜美・真美「「は→い!」」トテトテトテ、ガチャッ、

P「いいなぁ…可愛かったなぁ…」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:07:14.95 ID:lMA9sHEUO
――ガチャッ、

あずさ「あらあら~。また道に迷ってしまって、事務所に来るのが遅くなってしまいました~」

P「あぁ、あずささん。おはようございます」

あずさ「うふふ~♪おはようございます~。それと、遅れてごめんなさい…」

P「ははっ。いいんですよ。それとですね?ちょっと話があるので、ソファに座ってください」

あずさ「…?分かりました~」トテトテトテ、ストン

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:11:02.70 ID:lMA9sHEUO
あずさ「それで、お話って何ですかぁ?」クスクス

P「今のあずささんには、足りないものがあります」

あずさ「…足りないもの、ですか?」

P「すみません、あずささん。今日は、言わせてもらいます」

あずさ「…はい…」

P「今のあずささんのイメージは、良くも悪くも大人・お姉さん・団地妻なんです」

あずさ「…大人…お姉さん…」

P「はい。それで、俺が思うに今のあずささんに足りないもの…それは…」

あずさ「…そ、それは?」ドキドキ、ドキドキ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:13:29.24 ID:lMA9sHEUO
P「…ふぅ。とりあえず、これを見てください。あずささんなら、分かると思います」ゴソゴソ、スッ、

あずさ「名札に、スモッグ…くれよん、ですか。ふふっ。分かりました」クスクス

P「さすがあずささん。そうです!今のあずささんに足りないもの…それは」

P「子どもっぽさなんです!」

あずさ「あらあら、うふふ~♪」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:16:19.96 ID:lMA9sHEUO
―――
――


あずさ「…ど、どうですか~?うふふ、ちょっぴり胸元がキツいですけど、なんとか着れました~♪」クスクス

P「よく似合ってますよ、あずささん。あ、ちゃんと名札に名前書いてくれたんですね」

あずさ「うふふ~♪子ども時代に戻ったみたいで楽しくなってきちゃいました」

P「ははっ。それはなによりです」

あずさ「…」クスッ

P「?」

あずさ「…せんせっ♪」ニコッ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:19:36.29 ID:lMA9sHEUO
P(斜め上の展開!)

あずさ「あずさ、おえかきしたいなぁ~♪せんせ、おえかきしよ~?」ニコニコ

あずさ「はいっ!せんせはおとこのひとだから、あおー!あずさはおんなのこだから、ぴんく!」ニコニコ

P(あずささん、ノリノリだなぁ)

あずさ「~♪」カキカキ、カキカキ

あずさ「んー?せんせはかかないのー?」

P「あ、あぁ。描くよ。描く」

あずさ「うふふ~♪」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:22:41.84 ID:lMA9sHEUO
あずさ「できたー!」

P「ん?あずさは何を描いたの?」チラッ、

あずさ「や!」バッ

P「えっ?」

あずさ「見ちゃ、やー!」ムスー

P「ははっ。ごめん。ほら、これあげるから機嫌直して?」スッ、

あずさ「…あずさだー!せんせ、じょずだねー!」ニコニコ

P(あずささんはかわいいなぁ…)ホッコリ

―――
――

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:26:54.72 ID:lMA9sHEUO
あずさ「…ふふっ。どうでした?プロデューサーさん」クスクス

P「最高でした。その感覚、輝きを忘れないでください」

あずさ「うふふ。はい!では、私は着替えてきますね?」クスクス

P「あ、はい」

あずさ「ふふっ。それと、はい」スッ、

P「?」

あずさ「せんせに、あげるっ!///」トテトテトテ、ガチャッ、バタン

P「なんだ?…あ…」

P「あずささん…」グスッ、
絵【せんせと、あずさ】

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:33:06.28 ID:lMA9sHEUO
P「あずささんは一撃の破壊力が凄まじいな…さしずめ、プラズマ・ブラストといったところか…」ボソッ

律子「プロデューサー?どうしたんです?涙目で画用紙なんか眺めて…」

P「あ、あぁ。律子か。そうだ律子、こっちゃこい。話がある」

律子「話?なんですか?」スタスタスタ、ストン

P「…」キリッ

律子「…」ドキドキ

P「律子……」ジッ

律子「は…はい…///(なに?なんなの?今日のプロデューサー…なんか、ヘン…)」ドキドキ

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:36:33.91 ID:lMA9sHEUO
P「律子…前から言いたかったんだ…律子、俺な?」

律子「…(告白?まさか、告白?)」ドキドキ

P「…」キリッ

律子「…あの…///」モジモジ

P「お前はな?真面目すぎるんだよ」ハァ...

律子「…へっ?」

P「だからな?真面目過ぎるって言ってんのさ」

律子「はぁ!?」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:40:50.93 ID:lMA9sHEUO
P「そんな律子に、こんなものを用意してきた」ゴソゴソ、ゴソゴソ

律子「…Yシャツ?」

P「そうだ。律子はいつも、ピシっとしたスーツを着こなしてるだろ?」

律子「当たり前です。元アイドルとはいえ、今はプロデューサーなんですから」

P「それなんだよ!律子!」

律子「えっ!?」ビクッ

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:45:33.46 ID:lMA9sHEUO
律子「それと、この少しヨレたYシャツとどう関係が…って、これ誰のなんです?」ハァ...

P「俺の」

律子「えっ!?」ドキッ

P「俺の」

律子「プロデューサーの…///」キュッ、ポー

P「なぁ、着てくれないか?それ」

律子「へっ!?」

P「今は、俺と律子の二人きりだ。俺は、見てみたいんだよ…誰も知らない、秋月律子を」キリッ

律子「プロデューサー…///」

律子「んっ!んんっ!しっ、仕方がないですね!分かりました。着ましょう」キュッ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:48:05.31 ID:lMA9sHEUO
―――
――


律子「ど、どうです…か?(これっていわゆる彼シャツってやつじゃ…)」モジモジ、ドキドキ

P「…似合ってるよ、律子」ナデナデ

律子「えへへ…(*´ω`*)」モジモジ

P「今日は、そのままで仕事をしてくれないか?事務仕事だけでいいから」ナデナデ

律子「しっ、仕方がないプロデューサーですね!」スタスタスタ、ガチャッ、バタン

P「りっちゃんかわいい」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:48:50.71 ID:vS0b1Hxz0
律子は可愛いなあ!

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:50:59.18 ID:lMA9sHEUO
雪歩「うぅっ…今日も犬がいて遠回りをしてしまいましたぁ><」ガチャッ、

P「あぁ、おはよう。雪歩」

雪歩「おはようございますぅ。プロデューサー。どうしたんですか?ソファに座って難しい顔して」

P「あー、雪歩?」

雪歩「はい?」

P「ちょっと、こっちおいで」

雪歩「あ、はいー」トテトテトテ、

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:54:06.13 ID:lMA9sHEUO
P「あのな?雪歩…」キリッ

雪歩「は、はい…(真面目な顔のプロデューサー、カッコいいよぅ…///)」ドキドキ

P「雪歩のその健気さ、儚さは確かに大きな武器だ」

雪歩「えへへ…///」

P「でもな?」

雪歩「えっ?」

P「それだけじゃ、生き残れないんだよ。ゆきぽ」

雪歩「ふえぇ…」フルフル、

P「今の雪歩に足りないもの…それはな?」

雪歩「…」ドキドキ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 02:57:26.19 ID:lMA9sHEUO
P「ちょっぴりの勇気と、少しの力強さだと思う」

雪歩「?」キョトン

P「ちょっと、こいつを見てくれないか?」ゴソゴソ、ゴソゴソ

雪歩「わぁ~!きれいなお洋服ですぅ!」パァァァ

P「これを、着て来てくれ」

雪歩「えへへ…分かりましたぁ」

―――
――

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:01:11.78 ID:lMA9sHEUO
P「わんとぅすりぃふぉ~♪いいよっ?♪」

――ガチャッ、

雪歩「あ、あの…プロデューサー?///」モジモジ

P「おっ!着替えたか?」

雪歩「は、はいぃ。だけど…着てみたら…その…///」モジモジ

P「ん?どうした?」

雪歩「は、恥ずかしくて…」スッ、

雪歩「ど…どうです、か?///」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:04:32.37 ID:lMA9sHEUO
P「…えっちな犯罪…」ボソッ

雪歩「は、はいっ?」

P「あ、いや…なんでもないんだ。なんでもな」

雪歩「見たときは水色とかあって綺麗って思いましたけど…可愛いですぅ。…恥ずかしいけど」

P「そんなことはないさ。よく似合ってる。まさに天使だ」

雪歩「て、天使だなんて…えへへ///」テレテレ

P「あのな?雪歩…」

雪歩「なんですかぁ?」

P「えっちな犯罪許しません!って、言ってくれないか?これも、お前のためなんだ!」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:06:10.53 ID:tXbxyhoZ0
ジブリールゆきぽ…

ふぅ…

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:09:23.35 ID:lMA9sHEUO
P「なっ?これもお前が、愛と勇気と力を身に付けるために必要なんだ!」

雪歩「…う、うぅ…恥ずかしいですけど…頑張りますぅ…」

P「よし!その意気だ!」ワクワク、テカテカ

雪歩「…すぅ…」スゥ...

雪歩「年端もいかぬアイドルに!
えっちな衣装で羞恥責め!
だけど耐えちゃう貴方のために!
えっちな犯罪許しません!
アイドル天使マジカルゆきぽ!
さんじょうっ♪」キラキラキラ

P「お、おおぅ…」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:09:57.09 ID:G2FJoOF/0
おおぅ・・・

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:12:46.65 ID:lMA9sHEUO
雪歩「はぅ…恥ずかしいですぅ///」テレテレ

P「うん。可愛かったぞ?マジで(くっ!俺のエターナルワームが…)」

雪歩「えへへ…気に入ってくれたのなら良かったですぅ///」

P「その衣装…雪歩にプレゼントするよ。似合いすぎだし」

雪歩「ほんとですかぁ?えへへ…プロデューサー専用にしちゃいますぅ///」モジモジ

P「ははっ。こいつめ」ナデナデ

雪歩「じゃあ、私は着替えてきますね?」トテトテトテ、ガチャッ、

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:15:04.19 ID:lMA9sHEUO
P「…っと、今は何時だ?」チラッ、

――PM13:00

P「もうこんな時間か…続けるか、残りは止めるか…どうするかなぁ…」
――ガチャッ、

P「ん?」チラッ、

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:17:39.72 ID:lMA9sHEUO
春香「お疲れ様でーす!ただいま帰りました~」

P「おう!春香、お疲れ様」ナデナデ

春香「えへへ…ただいまですっ♪プロデューサー///」ポワポワ

P「…春香」

春香「はい?」

P「話がある。座ってくれ」

春香「は、はい」ドキドキ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:20:47.80 ID:lMA9sHEUO
P「なぁ、春香?」

春香「は、はい…」ドキドキ

P「お前の良さは、なんだと思う?」

春香「私の、良さ…?」ドキッ

P「あるか?コレは負けないっ!っていうポイント」

春香「…」

P「思い付かないか?」

春香「家庭的なところ…とか?」チラッ、

P「響も家庭的だな。料理も美味いし裁縫もプロ並みだ」

春香「…う、うぅ…」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:23:44.73 ID:lMA9sHEUO
P「そこなんだよ、春香!」

春香「ふぇっ!?」

P「お前の良さは、どのようなイメージにも当てはまらない天性の才能!天性の無個性!それが…」

P「天海春香なんだ!」

春香「プ…プロデューサーさん…!」

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:28:41.49 ID:lMA9sHEUO
P「だからな?突き進むんだ!この果てなく険しいアイドル坂を!」

春香「は、はい!そうですよね!まだ私は登ったばかりなんですよね!」

P「あぁ、そうだ!だから、いつか俺に見せてみろ。たったひとりの天海春香を!」

春香「はい!」

――今はまだ登ったばかりのアイドル坂
道は険しくゴールは果てなく
だけど登るの。夢だから。
だから見ていてください。この私
たったひとりの天海春香を!

おわり!

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:30:05.24 ID:lMA9sHEUO
はい。ありがとうございました

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:31:03.59 ID:tXbxyhoZ0
打ち切りエンドじゃないですかーやだー


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:41:08.73 ID:lMA9sHEUO
――雪歩の部屋
――PM22:00

雪歩「わぁ…可愛い…」カタカタ、カチカチ、

――エンジェルアモーレー

雪歩「…あ、このお洋服!プロデューサーがくれたやつですぅ!」

――アハハ、ブザマネ!ヤッテオシマイ!エターナルワーム!

雪歩「…ふわっ!ふわぁっ!///」キュンキュン

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:42:45.78 ID:aOQc+vg+0
まて雪歩、それ以上はイケナイ

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:43:42.42 ID:lMA9sHEUO
――あずさの部屋
――PM22:00
あずさ「…ふふっ。たからものが、また増えたっ♪」

あずさ「プロデューサーさんが描いてくれた私の絵…うふふっ」

あずさ「いつか、気付かせちゃいますからね?プロデューサーさん♪」

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:51:21.13 ID:lMA9sHEUO
――番外編

アイドル天使マジカルゆきぽvsアイドル悪魔ミスティミキ

雪歩「きゃあ!プ、プロデューサー!にゅるにゅるが!にゅるにゅるが!」アセアセ

P「雪歩!くっ…仕方がない!変身だ!変身するんだ、雪歩!」

ミスティックミキ「あはっ!そんなもんなの?マジカルゆきぽ!そんなのじゃ、ハニーはミキが頂いちゃうの!」アハハハ

雪歩「…ない!」

ミスティックミキ「なに!?」

雪歩「…わたさない!プロデューサーは、アナタなんかに渡さない!」

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:53:53.43 ID:lMA9sHEUO
ミスティミキ「なにぃっ!?名前間違えるほど異様なテンションですって!?」

雪歩「うぅ!へんしーん!」キラキラキラ、キラキラ

ナレ:説明しよう!アイドル天使マジカルゆきぽは…(以下略

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 03:58:26.61 ID:lMA9sHEUO
マジカルゆきぽ「
貴方とひととき 大事な時!
だけどにゅるにゅるやってくる!
いやです!だめだめ!そんなとこ!
えっちな犯罪許しません!
アイドル天使マジカルゆきぽ!
さんじょうっ♪」

ミスティミキ「くっ!出たなの!?マジカルゆきぽ!」

マジカルゆきぽ「ミスティミキ!あなただけは許さないですぅ!」

ミスティミキ「あはっ!やっておしまいなのっ!ミキのわんこちゃんたちっ!」

犬「わんわんお!わんわんお!」ワンワン ハッハッハッハ

マジカルゆきぽ「いっ、犬ですぅ!><」ガタガタ、ブルブル

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 04:03:02.82 ID:lMA9sHEUO
ナレ:さぁ、この後マジカルゆきぽはどうってしまうのか!?
たくさんのにゅるにゅるがマジカルゆきぽを責め立てる!

マジカルゆきぽ「あひぃっ!つっ、つっついちゃだめですぅ!あひっ!んひぃっ!」グチョッグチョッ、ジュルッジュルッ

ナレ:マジカルゆきぽの運命は!続きは今度!
…良い子は、お母さんかお父さんに聞いてから続きを見ようね!

【アイドル天使マジカルゆきぽ】またみてね☆

おわり

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 04:05:36.11 ID:lMA9sHEUO
はい。ここまでありがとうございました

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 04:12:51.86 ID:lMA9sHEUO
ちなみにジブリール2が最高傑作な?

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 04:05:50.45 ID:ggNo4fWb0



元スレ: P「例えばこんな765プロ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342883215/

【早期購入特典あり】THE IDOLM@STER STELLA MASTER 03 そしてぼくらは旅にでる(ジャケット絵柄ステッカー付)
天海春香、萩原雪歩、高槻やよい、三浦あずさ
日本コロムビア (2018-04-18)
売り上げランキング: 54

コメント
9887: 2018/05/16(水) 01:03
このPにはどこぞのK1が憑りついてますね
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/22878-363e70d0