ヘッドライン

孤独のグルメ~2018冬~

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523012255/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 19:57:35.89 ID:dK43SOXf0
・ドラマの方の五郎さんのイメージ

・「場所どこだよ」とか言わんでください

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:25:15.53 ID:dK43SOXf0
五郎「うーっ、寒っ」

五郎(昼を食いそびれて夕方になってしまった・・・)

五郎(腹が減った、すぐに何か食べたい所だが牛丼って気分じゃないな)

五郎(何かあったまる物・・・かといって鍋なんかじゃ食べるまでに時間が掛かってしまう)

五郎(すぐに食べれて腹の底からあったまるような・・・)


ガラガラガラ

キマリ「おいしかった~♪」

結月「寒い日の味噌ラーメン美味しいですね」

日向「寒ければ旨いなら、南極でも食べたいよね」

報瀬「南極で味噌ラーメン・・・いいかも」


五郎(味噌ラーメン!すぐ出てきてあったまる、よし、これだな)

五郎(・・・・・・南極とか聞こえた気がしたが・・・)

五郎(女子高生が南極に行くわけないよな)

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:26:34.14 ID:dK43SOXf0
ガラガラガラ

店員「らっしゃいませ~」

五郎(先客はカウンターに一人)

小泉さん「・・・」ジッ

五郎(ずいぶん真剣にメニューを見ているな、どれどれ)

五郎(ん?メニューの最初が味噌ラーメン・・・味噌がメインの店なのか)

小泉さん「すいません、味噌ラーメンを」

五郎(やはり味噌ラーメンか、まぁ俺も最初から味噌のつもりだったし)

五郎「味噌ラーメン、と・・・餃子を」

店員「はい、餃子少々お時間掛かりますが・・・」

五郎「後からでいいですよ」

五郎(とにかく早く腹に何か入れたいからな)

五郎「ふぅ」

五郎(レトロな内装、古きよきラーメン屋って感じだな。落ち着く、が・・・)

小泉さん「・・・」

五郎(女子高生が一人で来る感じの店じゃないと思うんだが)

ブルルルル キキッ

ガラガラガラ

リン「・・・」

五郎(ん?また女の子?一人で飯を食うのが流行ってるのかな)

リン「・・・すいません、味噌を」

五郎(こっちも味噌ラーメンか、やはり味噌の店なのか)

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:28:27.06 ID:dK43SOXf0
店員「はい、味噌ラーメンお待たせ!」

小泉さん「・・・」ジッ

小泉さん「・・・っ!」カッ

ズルズルズルッ

五郎(良い食いっぷりだ、相当ラーメンが好きなんだな)

店員「はい、こちらも味噌お待たせ!餃子少々お待ちください」

五郎(こっちも来た、どれどれ)

五郎(ずいぶん味噌の色が濃い・・・こってり系かな?うん、味噌のいい香りが・・・)


さっちゃん「うんこーーーーっ」ダダダダ


五郎「ブフッ!」


琴葉「来るな斉藤」タタタタ

斉藤「待ちやがれガキども~っ」ドダダダ


五郎(近所の子供か?まったく・・・)


結衣「・・・みんな、・・・待、って・・・」トテトテ

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:29:47.06 ID:dK43SOXf0
五郎(気を取り直して・・・)ズルズル

五郎「!」

五郎(う、うまい、こってりめのスープにパンチのある味噌が合う!これには・・・)キョロキョロ

五郎(あった、胡椒だけじゃなくちゃんと一味を置いてあるのがえらい)パッパッ

五郎(・・・うん、ピリッと引き締まってうまい、さらに中からあったまる)

店員「はい、こちらさんも味噌ラーメン!」

リン「・・・」イタダキマス ズルズル

リン「ん~~っ♪」モグモグ

五郎(何だか俺と同じような匂いを感じる子だなぁ)


ガラガラガラ

あおい「えぇほんまに~?」

千明「あの色のやつめっちゃ売れてるらしいぜ」

なでしこ「え~絶対そうだもん。あっ!やっぱりリンちゃん!」

リン「おっ」モグモグ

あおい「あ、ほんまやった」

千明「何食べてんだ?」

リン「味噌、ウマいよ」

あおい「この店の味噌結構有名やしなぁ」

なでしこ「そうなんだぁ~おいしそうっ」

千明「テーブル空いてるしこっちにしようぜー」

なでしこ「うん、じゃあねリンちゃん」

リン「ん」ズルズル

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:31:15.02 ID:dK43SOXf0
あおい「で、なんにするん?私は味噌やけど」

千明「じゃあ私はあえての醤油で。味比べてみようぜ」

なでしこ「じゃ私は・・・味噌ラーメン大盛とネギチャーシューご飯の並で!」

千明・あおい「「食うねぇ~」」

なでしこ「お、お腹空いちゃって」エヘヘ

五郎(ネギチャーシューご飯!そういうのもあるのか)


店員「餃子お待たせしましたー!」

五郎(お、来た来た)

五郎(ずいぶん皮が厚い・・・皮から手作りか!これは期待できそうだ)パクッ

五郎「っ!あふっ!」ハフハフ

五郎(たっぷりの肉汁が厚い皮に包まれて熱い・・・が、うまいっ!米が欲しくなるな)


店員「お待たせしました、味噌と醤油、それから味噌の大盛とネギチャーシューご飯の並ですね」

千明「お、来たな」

なでしこ「おいしそう~!」

な・あ・千「「「いただきま~~す」」」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:33:22.36 ID:dK43SOXf0
あおい「味噌めっちゃウマ~や」ズルズル

なでしこ「こってりスープに太めの麺が合うよぅ」ズルズル

千明「ん!醤油もめちゃめちゃうまいぞこれ!」ズルズル

小泉さん「・・・」ピクッ

あおい「え、ほんまに?どれどれ・・・うまっ!」

なでしこ「味噌と違ってあっさりだけど、コクがあっておいしいねぇ」

五郎(醤油もうまいのか、ちょっと気になるな)

五郎(・・・しかし)


なでしこ「ん~~っ♪」ズルズル

なでしこ ゴクゴク「ぷはっ!」(≧ワ≦)

なでしこ「ネギチャーヒューごふぁんもおいひいよぅ」(≧~≦)モグモグ


五郎(・・・ずいぶんうまそうに食う子だな)

五郎(・・・)

五郎「すいません、ネギチャーシューご飯の並を」

店員「はい!ネギチャ並ね」

五郎(思わずつられてしまった・・・)


リン「ふぅ・・・ごちそうさま」

店員「はーい、ありがとうございます」

リン「じゃ」

なでしこ「っ!(モグモグゴックン)じゃあね~リンちゃん」

千明「ふあめ」モグモグ

あおい「バイクやろ?気ぃ付けてなぁ~」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:34:24.86 ID:dK43SOXf0
五郎(あれ、そういえば俺より先に入ってた子は・・・)

小泉さん「・・・」ジッ

五郎(食べ終わってるみたいだが・・・またメニューを睨んでいる)

小泉さん「すいません、醤油ラーメンを」

店員「えっ、あ、はい醤油ですね」

五郎(二杯目行った!確かにさっきの聞いてて気になったけど、そのまま二杯目とは・・・相当ラーメン好きなんだな)


店員「はい、ネギチャーシューご飯の並お待たせしました」

五郎(・・・ずいぶんネギが多い、ん?てっきり薄切りのチャーシューがのってるかと思ったら、これチャーシューの切れ端をタレで煮てあるのか!)

五郎(味が濃そうなチャーシューにたくさんのネギ、そしてご飯・・・)

五郎(やはり混ぜて・・・いや、ここはまずそのまま)パクッ

五郎(!濃い味のチャーシュー、そこにネギのさっぱり感が合って米が進む・・・これはうまいぞ)

五郎(全体をよく混ぜると・・・うん、ネギでいい感じに薄まったタレの味とご飯がちょうどいい・・・餃子といいサイドメニューにも力を入れているとは、良い店じゃないか)


ガラガラガラ

花名「はぁ~外寒かった」

たまて「お、テーブル席空いてますよ」

栄依子「じゃそっちにしよっか」

冠「・・・」

五郎(また女の子・・・なんだかすごいアウェイ感が出てきたぞ、本来俺みたいなおっさんのホームのはずなのに)


店員「醤油ラーメンお待たせしましたー」

小泉さん「・・・」ズルズル

小泉さん「はぁ~~~」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:35:13.35 ID:dK43SOXf0
たまて「ここは味噌がおいしいんですよう!」

栄依子「へぇー、醤油ラーメンはどうなの?」

たまて「え、知りません。味噌の事しか聞いて無いですねえ」

栄依子「えー気になるんだけど」

たまて「そう言うならちょうど醤油ラーメン食べてる方がいますから聞いて来たら良いじゃないですかね」

栄依子「ん、それもそうね。すみませ~ん」ガタッ

花名「え、栄依子ちゃん行っちゃったよ」

たまて「まさか本当に行くとは・・・なんかすごい話し掛けるなオーラを出してる方でしたけど」


栄依子「 」

小泉さん「 」


花名「普通に話してるよ・・・」

たまて「普通に話してますねえ・・・」

冠「・・・」ジッ

たまて「かむちゃんメニュー見詰めすぎですよう」

花名「すごく真剣に見てる・・・」

たまて「そういえば外に居た人何だったんでしょうねえ?」

花名「看板に隠れてた人?なんか中をうかがってたみたいだったけど・・・」

たまて「誰か待っているのでしょうか・・・あ、えーこちゃん帰って来ましたね」

栄依子「ただいま、なんか味噌はこってり、醤油はあっさりだけどどっちもおいしいって」スマホポチポチ

たまて「・・・さりげなく連絡先交換して来ましたねこの人は」

栄依子「小泉さんいろいろラーメン食べ歩いてるみたいだから、また今度おすすめとか聞こうかと」

たまて「こうしてえーこちゃんの攻略対象がまた一人増える訳ですな」

栄依子「なによ攻略対象って」

花名「栄依子ちゃんはすごいなぁ」

冠「ん」ドヤァ

栄依子「何で冠がドヤ顔?」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:36:32.37 ID:dK43SOXf0
たまて「で、注文はどうしますか?わたしとしては味噌は譲れませんが」

栄依子「別に譲んなくていいわよ、私は聞いて来ちゃったし醤油かな」

花名「わたしも醤油かなぁ、冠ちゃんは?」

冠「・・・味噌ラーメン大盛とネギチャーシューご飯の大、それと餃子二皿」

花名「わ、冠ちゃんすごい」

冠「これくらい余裕、あと餃子はみんなで食べる」

たまて「良いですね餃子・・・あ、でもえーこちゃんは今後の予定次第では食べない方がいいかもですねえ」

栄依子「何いってんだかこの子は・・・今日は別に困らないわよ」

花名「今考えてたよね」

たまて「というか『今日は』というのが気になります」

栄依子「アハハ」



五郎(ふぅ食べたな・・・)

五郎「ごちそうさま~」

店員「はい、ありがとうございます!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:37:30.66 ID:dK43SOXf0
ガラガラガラ

五郎「ふぅ」

悠「っ!」ササッ

五郎(なんだ今の子、看板に隠れたけど・・・まぁいいか)

シュボ フゥーーー

五郎(どれも旨かった・・・今度は醤油を食べに来てみるか)

ーーendーー













ピピ美「おい出番がねーぞ」

ポプ子「さてはアンチだなオメー」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 20:41:58.15 ID:dK43SOXf0
以上です。なんか勢いで書きました。
〇〇がない・・・とか言われるかも知れませんが、これしか知らんので・・・

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/07(土) 03:17:13.06 ID:LS6ZpZVw0
いいじゃないかいいじゃないか
春になったらまた書いて欲しいSSだ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 孤独のグルメ~2018冬~
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523012255/


[ 2018/04/10 10:25 ] その他 | TB(0) | CM(3)
コメント
9586: 2018/04/10(火) 13:31
キマリは通さない
9594: 2018/04/11(水) 01:33
ハクメイ「わたし達の」
ミコチ「出番は」
コンジュ「ないんですの?」
9595: 2018/04/11(水) 08:37
ハクミコはさすがにサイズ感が・・・
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/22808-6b975e8b