ヘッドライン

幸子「なんでもない日とクリスマス」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 22:00:38.13 ID:2RJ3J/8To

どっかのライブハウス


幸子「はぁ……はぁ……」


P「ライブお疲れ、幸子」

幸子「お、お疲れなんて……これくらいのライブで疲れるようなボクじゃないですよ!…………ふぅ」

P「息上がりっぱじゃないか。ほら、タオルとドリンク」

幸子「わっ……とと」

幸子「もう、投げないでちゃんと渡してくださいよ」

P「悪い悪い、つい癖で」

幸子「まあ、ありがたく受け取っておきますよ!……んくっ」

P「素直に受けとることはできないのかお前は」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 22:06:00.67 ID:2RJ3J/8To

幸子「ぷは…………ふぅ」

幸子「プロデューサーさん、これいつものドリンクじゃないじゃないですか」

P「ついさっき、スタッフさんがくれたヤツだからな。あまり文句は言わないでくれよ」

幸子「むーっ……仕方なくないですよ!用意しておくくらいは出来るでしょう?」

P「言った矢先にこれか、コイツ」

幸子「ボクはこういった一見どうでも良さそうなところにだって、一切妥協は許さないんです!……んくっ」

P「せめて態度と行動を合わせようとは思わないのか」

幸子「今回だけは許してあげます!」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 22:14:57.57 ID:2RJ3J/8To

P「さて、そろそろ戻らないと……ちゃんと汗ふいたか?」

幸子「もうしましたよ」

P「忘れ物もしてないか?」

幸子「それだって確認しました!」

幸子「まったく……プロデューサーさんはボクを子供か何かだと勘違いしてるんじゃないですか?」

P「子供じゃないか……そうでなくても、確認はしとかないと」

幸子「それくらいの自己管理、ボクには出来て当然なんです!」

幸子「ふふん、プロデューサーのその姿勢には感心しますけど!」

P「どの立場から言ってるんだお前は」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 22:25:59.68 ID:2RJ3J/8To

幸子「じゃあ、ボクは先に車の方に行ってますから!早く来てくださいね!」タタッ

P「さっきまでヘトヘトだったくせに……あの妙な元気はどこから来るんだ」

P「電気消した、イスも戻したし、鍵かけて……よし」ガチャ

P「あとはこれを返して……ん?」

幸子「…………」ガタガタ

P「どうした幸子?車に行ってるんじゃ……」

幸子「い、いやぁボクはうっかりさんですね!楽屋にコートを忘れちゃうなんて!」

P「おいこら、確認したんじゃなかったのか」

幸子「こ、これはボクのカワイさをアピールするためにしたわけで……」ガタガタ

P「そんな回りくどいアピールはしなくていい」ガチャ

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 22:36:46.01 ID:2RJ3J/8To

そと


P「数時間 中に入ってただけなのにもうこんなか……寒っ」

幸子「同じ失敗は繰り返しませんよ!早く乗りましょう、プロデューサーさん!」モフッ

P「ちきしょうこの野郎」


バタン


P「幸子ー、ちゃんと忘れずに乗ったかー」

幸子「乗ってなかったら答えられないじゃないですか、それ」

P「一応な、一応」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 22:46:41.87 ID:2RJ3J/8To

ブロロロ…


幸子「……本当に、すっかり冬って感じですよね」

P「暗くなるのも早いもんな、もう12月だったか」

幸子「はい……あっ!プロデューサーさん!」

P「どうした?」

幸子「あそこ、イルミネーションがありますよ!」

P「ちょっと運転中……待ってくれ、どこ?」

幸子「ほら右側ですよ、右側」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 22:56:25.78 ID:2RJ3J/8To
P「あ……あー、見えた。クリスマスまだ先なのになぁ」

幸子「きれいな物が見られるんですから、いいんじゃないですか?」

P「気が早いもんだとは思うけどなー」

幸子「つまり、冬だけじゃなくて一年中カワイイボクを見られるプロデューサーさんは幸せ者、ってことですね!」

P「何がつまりなんだ」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:05:19.68 ID:2RJ3J/8To

P「しかし、今年もクリスマスがやって来るのか……」

幸子「イヤなんですか?」

P「イヤというか、クリスマスってやっぱりイベント多いじゃないか」

P「そのせいで、特に一、二週間くらい前から当日まではかなり辛いわけで……」

幸子「大変そうですねぇ……まあ、ボクをトップアイドルにするためなら仕方ないですよね!」

P「トップアイドルになったら同じ気持ちを味わうことになるぞ?」

幸子「なんてことを言うんですか!」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:17:00.43 ID:2RJ3J/8To
幸子(それにしてもクリスマスかぁ……)

幸子(ここでボクが何かしてあげても……あ!)

幸子「ふふ、いいことを思いつきました!」

幸子「プロデューサーさん!事務所まで急いでください!全速力で!」

P「赤信号なんだけど」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:25:35.75 ID:2RJ3J/8To
事務所


ガチャ


千川ちひろ「あ、ライブお疲れさまー、幸子ちゃん」


幸子「ふふーん、ありがとうございます!」

幸子「それとちひろさん、画用紙ってどこかにありませんか?」

ちひろ「画用紙?うーん……コピー用紙ならそこにあるんだけど……」

幸子「むぅ……この際仕方ありません。一枚もらいますね!」

ちひろ「はーい」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:35:53.78 ID:2RJ3J/8To
ガチャ


ちひろ「あ、プロデューサーさんもお疲れさまです」

P「どうも、ありがとうございます」


幸子「かえ……どういう字だっけ……」キュキュッ


P「何してるんですかアイツ?」

ちひろ「さあ……紙に何か書いてるみたいですけど……」

P「おーい幸子、何書いてるんだ?」


幸子「プロデューサーさんはこっち来ちゃダメですよ!」


P「本当に何してるんでしょうね……」

ちひろ「さあ……」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:39:02.80 ID:2RJ3J/8To

幸子「赤と緑で……よしっ」キュッ

幸子「プロデューサーさん!こっちに来てください!」

P「なんだ、終わったのか?」

幸子「ええ、仕事漬けのクリスマスを送るであろうかわいそうなプロデューサーさんに、ボクからのプレゼントです!」スッ

P「言い回しやめて。それより何だこれ……」


P「『ボクのプレゼント引き換え券』?」


幸子「ふふーん!」ドヤァ

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:41:34.54 ID:2RJ3J/8To

幸子「ボクから直々にその券の使い方を教えてあげますね!」

P「そもそも名前以外書いてないんですけど」

幸子「その券は名前の通り、ボクのプレゼントと交換できる券です!」

幸子「有効日は12月25日の一日限定!」

幸子「つまり、それを使えばボクからのクリスマスプレゼントが確実にもらえるってことです!」フンス

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:44:17.81 ID:2RJ3J/8To
P「だったら普通にくれればいいことじゃ……」

幸子「もちろんこれだけじゃありませんよ!裏側もちゃんと見てください!」

P「裏側?」ペラッ


『使う時にはボクへのプレゼントも必ず用意しておくように!』


幸子「まあ、プロデューサーさんがボクにプレゼントをくれることは当たり前だと思いますけど!」

P「お前絶対ハメようとしただろ」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:46:49.02 ID:2RJ3J/8To

P「でも別に使わなくたっていいんだよな?」

幸子「ええっ!?」

P「だってなー、こっちも用意しなきゃいけないんじゃなー……」

幸子「それはズルいですよ!もらった以上は使わないとダメです!」

幸子「もったいなくて使えないっていうのは……それもあまりダメです!」

P「ああ言えばこう言う……分かった、ちゃんととっておくよ」

幸子「ふふん!分かればいいんです!」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:49:20.64 ID:2RJ3J/8To
幸子「これ以上遅くなるといけませんから、そろそろボクは帰りますね!」

P「オーケー、ストレッチ忘れるなよー」

幸子「プロデューサーさんこそ、ボクの引き換え券無くさないでくださいね!」

P「だから分かってるって」

幸子「それじゃ、お疲れさまでした皆さん!」

ちひろ「はーい、お疲れさまー」

P「お疲れさまー、気をつけて帰れよー」


パタン


P「ふぅ……」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:57:30.41 ID:2RJ3J/8To

P「全く……素直に言うってことは出来ないのかアイツは」

ちひろ「ふふ、でも幸子ちゃんらしいプレゼントじゃないですか?」

P「そんな、結局は自分へのプレゼントがもらえるか心配だけですよ」

P「こんなことしなくたってあげようとは思ってましたけど……最近頑張ってますし」

ちひろ「へぇー」ニヤニヤ

P「ちひろさんも、ニヤついてないで仕事に戻ってくださいよ」カタカタ

ちひろ「はーい」クルッ

P「全く……」





P「ところでちひろさん、幸子みたいな子が喜ぶプレゼントって何だと思います?」

ちひろ(プロデューサーさんも素直じゃないなぁ)



おしまい

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 23:59:46.31 ID:2RJ3J/8To
見てくれた人いたらありがとう

久々に書いたらこんなもんだよ
幸子Pすまぬ

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 00:33:12.92 ID:1MujNd+Ro
幸子はかわいいなぁ!
おつです

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 03:25:08.58 ID:Ge81bJFkO



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385902837/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2271-92a25a85