ヘッドライン

田中琴葉「にこにこコンクリートけいかく」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519579665/

1 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:27:46.12 ID:DnmvME1f0
百合とかかもしれない

いろいろ注意なのかも

所恵美さんと田中琴葉さんが主に出てきます

2 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:28:22.74 ID:DnmvME1f0
琴葉「恵美を独占!」

恵美「?」

琴葉「えっと……恵美ともっといたいなって」

恵美「いつも一緒にいるけど……?」

琴葉「もっと一緒にいたくて……」

恵美「んー……とりあえず琴葉さ」

琴葉「なあに?」

恵美「ここアタシの家だし、アタシ寝起きだし、まだちょっと頭回らないからもうちょっと待っててくれる?」

琴葉「わかったわ、ふふ、恵美の寝顔、可愛かったわ♪」

恵美「ありがと……? うん……?」

3 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:29:08.00 ID:DnmvME1f0
琴葉「起きた?」

恵美「起きた! おはよ、琴葉!」

琴葉「おはよう、恵美」ニコ

恵美「いや~朝から琴葉に会えるのはなんか嬉しいね!」

琴葉「本当!?」

恵美「ほんとほんと、彼女からのモーニングコールみたいな? なんかいい!」

琴葉「か、彼女……///」

恵美「あ、そういえばさっき言ってた独占……って何?」

琴葉「そんな///私が恵美の彼女なんて///」

恵美「……こーとーはー? おーい? 妄想は百合子の特権だよー? 戻ってきてー?」

琴葉「あ……ごめんなさい、えっと、な、何?」

4 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:29:51.02 ID:DnmvME1f0
恵美「アタシが寝起きのときに言ってた独占ってあれなんだったの?」

琴葉「えっと、たまには恵美と一日中一緒にいたいなって……事務所ではよく会えるけど一日中って言うのはなかったじゃない? 最近いそがしくてあんまり会えなかったからこういうのしてみたいなって」

琴葉「それで今日はずーっと恵美の隣にいてもいいかな、なんて……」

琴葉「いきなりこんなこと言ってごめんなさい、嫌よね……」

恵美「別にいいよ? アタシも琴葉となかなか会えなくて寂しいって思ってたし! 会えなかった分、たくさん一緒にいよ!」

琴葉「……いいの? ほんとに!? 迷惑じゃない? 我慢とかじゃないの……?」

恵美「そんなこと思ってないよ~アタシを信じてくれていいのに~」

琴葉「……じゃあ恵美とずっと一緒にいていいのね!?」

恵美「うん! 今日はずっと一緒!」

恵美「っと…そろそろ朝ごはん食べよっか? アタシお腹すいてきたかも!」

5 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:30:28.91 ID:DnmvME1f0
琴葉「そうね! メニューは恵美におまかせするわ」

恵美「え、アタシあんまり作れないよ? 琴葉の方がおいしいの作れそうだけど……」

琴葉「恵美の作った物が食べたいの、なんでもいいわ」

恵美「なら自由に作っちゃうね」

琴葉「待ってるわ!」





恵美「ホットサンド作ってみたよ~」

琴葉「待ってたわ! いただきます!」

恵美「めしあがれ~」

琴葉「ふー……ふー……もぐ……もぐ……中身はハムとチーズね?」

恵美「正解! なんとなーくこれ食べたくってさー、もぐ、……ん、あつ、あっつ!」

琴葉「だ、大丈夫!? お水! はい!」

恵美「んぐ、んぐ……ぷはぁ! う、あっつかったあ」

6 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:31:04.19 ID:DnmvME1f0
琴葉「落ち着いてゆっくり食べましょ? 今日はまだ時間あるし、慌てることはないわよ?」

恵美「そだね……ふー……ふー……もぐ……うん、おいしい!」

琴葉「ふふっ、とっても幸せ」にこにこ

恵美「? 幸せ!」

7 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:31:56.22 ID:DnmvME1f0
-事務所-

琴葉「こんにちは!」

恵美「こんちは~」

未来「あっ! 恵美さんだー! こんにちはのぎゅー!」

恵美「うお、びっくりしたっ」

未来「えへへ~ごめんなさい、やわらか~♪」

恵美「にゃはは、極上恵美胸だからね!」

未来「ふかふか~♪」

琴葉「…………」じー

恵美「……ん? 琴葉?」

琴葉「いいなあ……未来……ずるい…………」

恵美「え?」

8 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:32:36.70 ID:DnmvME1f0
琴葉「私も抱きついて恵美を独り占めしたい……」

未来「……!」ぴこーん

未来「琴葉ちゃんも恵美さんに抱きつきたいんですか? じゃあかわりばんこです! どうぞ!」

琴葉「え、え?」

恵美「みらいー? 何勝手に決めてるのー? ……まあいいけど♪ おいで! 琴葉!」

琴葉「え……うぅ……///」

恵美「迷ってるならアタシから! ぎゅ!」

琴葉「ふぇ!?」

恵美「うりうり~どう?」

琴葉「あ……ぅん……やわらかい……なんか悔しいけど幸せ……」

恵美「悔しい……??」

琴葉「ううんこっちの話」

9 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:33:15.11 ID:DnmvME1f0
琴葉「……ふふっ、なんか逆に恵美に独占されてるみたいでこれも……」

恵美「アタシが琴葉を独占……琴葉の全部アタシのもの? んー……」

琴葉「それでもいいかも……」

恵美「!?」





未来「なんか混ざれなくなっちゃった」

翼「みーらいっ! 何してるの?」

未来「つばさ~! ね、私にぎゅーして?」

翼「いいよ! あっちで静香ちゃんと一緒にしてあげる!」

未来「…………わーい!」

10 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:33:58.63 ID:DnmvME1f0
恵美「アタシが琴葉が独占……?」

琴葉「誰かに必要とされたくて……独占されてるってことは嫌われないってことでしょ……? それってとっても安心できて……」

恵美「琴葉のこと嫌いな子なんてここにいないと思うけど……?」

琴葉「でも……そんなの表に出さないだけかもしれないし……」

恵美「にゃはは、琴葉は心配性だなあ~大丈夫、アタシは琴葉のこと大好きだから!」

琴葉「……ふふっ、恵美がそう言ってくれて嬉しいわ」にこ

琴葉「信じるわね」

恵美「ありがとー!」

琴葉「……」

11 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:34:29.49 ID:DnmvME1f0
琴葉「………ねえ、恵美?」

恵美「なあに?」

琴葉「もうちょっと抱きしめてもらってても良いかしら……?」

恵美「いいよ! お仕事に行く時間まででもいいよ」

琴葉「……♪」にこにこ

12 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:35:11.37 ID:DnmvME1f0
恵美「琴葉ー!撮影おつかれさま!」

琴葉「恵美! お迎えに来てくれたの!?」

恵美「うん、プロデューサーのお迎えが他の人とかぶっててさー、アタシ頼まれちゃった!」

琴葉「恵美と一緒にいる時間が増えるなんて……うれしいわ♪」にこ

恵美「あはは、一緒のお仕事だったらもっとよかったけど……それは仕方ないよね」

琴葉「……こんどプロデューサーに恵美と一緒のお仕事が良いですって頼んでみようかな」

恵美「いいねー! アタシもモチベあがったりするかも!」

琴葉「ふふっ、恵美のために頑張るわ!」にこにこ

恵美「ありがと! …………帰ろっか?」

琴葉「ええ」

13 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:36:00.72 ID:DnmvME1f0
-電車-

恵美「…………」

琴葉「……」

アナウンス「マモナクーキサラギチョーキサラギチョーオデグチハミギガワデーッス」

恵美「……あ、最寄り駅着いた……琴葉、また明日ね~」

琴葉「えっ、待って!」ひっぱる

恵美「ちょ、うおぅ!?」

琴葉「恵美……一日独占、忘れないで」

恵美「あれ? もしかして明日まで……?」

琴葉「そのつもりだったけど……」

琴葉「ごめんなさい、うまく伝えられなくて……ごめんなさい……」

恵美「あ、謝らなくていいのに~……大丈夫だから、ね?」

琴葉「………」

14 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:36:50.01 ID:DnmvME1f0
恵美「えとえと……じゃあアタシはどうすればいいかな? 教えて?」

琴葉「恵美とお泊りしたい……とか」

恵美「……琴葉の家で?」

琴葉「嫌だった……? ごめんなさい……」

恵美「全然嫌じゃないよ! むしろ楽しみ! 琴葉とお泊りってしたことなかったし!」

アナウンス「マモナク-カタハヒガシーカタハヒガシーオデグチハ-ガワデーッス」

琴葉「恵美……ありがとう……大好きよ」

恵美「えっ」

琴葉「私……恵美が優しくしてくれるのが幸せで……ぐす……」

恵美「ちょっ……琴葉!?」

15 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:37:37.80 ID:DnmvME1f0
恵美(電車の中! 電車の中!!! みんなこっち見てる……!///)

琴葉「恵美……愛してるわ……」

恵美「あああ!/// 琴葉! 一旦降りるよ! ほら!」

琴葉「えっ……? め、恵美?」


-電車降りる-


琴葉「ちょっと、ねえ、恵美……?」

恵美「もー琴葉! 電車の中であんなこと言ったらだめじゃん! みんなこっち見てたよ!?」

琴葉「あんなこと……?」

16 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:39:23.76 ID:DnmvME1f0
恵美「ああいうのは二人の時……え?」

琴葉「あんなことって……私は本気だったのに……ひぐっ……うえぇぇん…」

恵美「え、あ……こ、琴葉……?」

恵美「その……ごめん……」

琴葉「……から」

恵美「な、なに?」

琴葉「わかってもらうまで恵美を独占し続けるから……」

恵美「……琴葉がそれで許してくれるなら……いいよ、好きなだけ一緒にいるから」

琴葉「本当? 信じていいの……?」

恵美「うん、琴葉……泣かせちゃってごめん……」

17 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:40:10.26 ID:DnmvME1f0
琴葉「…………」

恵美「琴葉……?」

琴葉「もう一つお願いを聞いてほしいの」

恵美「いいよ、なんでも聞くから」

琴葉「……今ここで抱きしめてほしいの」

恵美「え……人、ちょっといるけど……いいの?」

琴葉「お願い」

恵美「じゃあ……」ぎゅ
琴葉「あ………ふぁ……めぐみ///」

恵美「ごめんね」

琴葉「ううん……いいの……」

18 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:40:51.99 ID:DnmvME1f0
琴葉「ねえ、恵美」

恵美「なあに……?」

琴葉「私、今とっても幸せよ」にこ

恵美「しあわせ……?」

琴葉「恵美の隣にいられて、恵美に抱きしめられて、とっても独占してるって感じられて幸せよ」

恵美「そっか……琴葉が幸せならアタシも嬉しいよ」にこ

琴葉「……ふふっ、今日恵美がお家に来るなら何をしようかしら」

恵美「あ、お泊り……へへ、琴葉のお料理食べてみたいな……」

琴葉「恵美のためなら……満足させてあげられるかわからないけど、頑張ってみるわね!」

恵美「やった! 琴葉大好き!」にこ

琴葉「ふぇ!? あ……えっと……私の家、行きましょ///」

19 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:41:46.33 ID:DnmvME1f0
-ことはのおうち-

恵美「おじゃましま~す」

琴葉「いらっしゃい、ふふっ、お家でも恵美を独占しちゃうわ!」

恵美「いいよ~琴葉のお願いとかなんでも聞いちゃう!」

琴葉「…………ほんとに?」

恵美「ホントのホント! もっと琴葉に幸せになってもらうよ!」

琴葉「でも私は恵美が隣にいてくれるだけでも十分幸せよ」

恵美「アタシは琴葉に最高レベルの幸せを感じて欲しいの!」

琴葉「なら、ひとつお願い、いい?」

恵美「なんでも叶えてあげる!」

20 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:42:24.17 ID:DnmvME1f0
琴葉「じゃあ……」

琴葉「私の前では」

琴葉「どんなときでも」

琴葉「笑っていてほしいの」

琴葉「恵美が幸せなら私は幸せ……私が幸せなら恵美も幸せ……」

琴葉「そうでしょ? 恵美?」にこ

恵美「もちろん!」

琴葉「ふふっ、それならお願いしても大丈夫ね」

恵美「あたりまえじゃん! 琴葉と一緒にいたら自然に笑顔に笑顔になっちゃうもん! 琴葉幸せ?」

琴葉「ええ、とっても幸せよ」にこ

恵美「にゃはは~そしたらアタシも幸せ!」

21 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:42:59.63 ID:DnmvME1f0
琴葉「ふふっ♪」

琴葉「あ、ところで……」

琴葉「ごはんにする? お風呂にする? それとも……」

恵美「琴葉とお風呂がいいなー」

琴葉「……えっ」

恵美「外寒くてさ……まず温まりたい気分かなーって」

琴葉「えっと……うぅ……そうね……入りましょ」

恵美「んー? なになに? 琴葉実は一緒にお風呂入るの恥ずかしかったり?」

琴葉「べ、別にそういうわけじゃないわ!!! ち、違うから……!! も、もう! 入りましょ!」

22 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:43:55.60 ID:DnmvME1f0
-お風呂-

ちゃぷん

琴葉「……」じー

恵美「………?」

琴葉「……む」じろじろ

恵美「どしたの?」

琴葉「…………ぺたぺた」

恵美「琴葉……? あっ」

琴葉「むぅ……」

琴葉「えいっ」もみ

恵美「ひゃっ!?」

23 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:44:35.63 ID:DnmvME1f0
琴葉「これは……」もみもみ

恵美「ちょ、琴葉!」

琴葉「ずるい!」

琴葉「なんで私はこんな……うぅ」

恵美「い、いやーなんでだろうね……あはは……」

琴葉「もう大きくならないのかな……」

恵美「もしかしたら大きくなるかもしれないし……ね?」

琴葉「希望は少ないわ……ぐすん」

恵美「にゃは……」

24 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:45:15.52 ID:DnmvME1f0
琴葉「……ねえ恵美」

恵美「んー?」

琴葉「恵美のを私に分けて」

恵美「ええっ……そ、それはちょっと難しいんじゃない……?」

琴葉「……じゃあ恵美のは私のものにしてもいい?」

恵美「うーん……」

琴葉「…………」

恵美「……いいよ! アタシのあげる! 琴葉お願いだし!」

琴葉「恵美……! ありがとう、ほんとに大好き……!」だき

25 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:46:17.01 ID:DnmvME1f0
恵美「あー……えっと……琴葉琴葉、ちょっと裸のまま抱き合うのは恥ずかしいかも……/// あは……///」

琴葉「あっ……///」かぁ

恵美「わぁ、まっかっか」

琴葉「の……のぼせたわ! さ、ささ、先に上がってるわね!!!!!」

恵美「んー……? じゃあアタシも上がろうかなー?」

琴葉「えっ!?!? ま、待って!」

恵美「にゃはは、なんで?」

琴葉「は、恥ずかしいっ/// 真っ赤な顔見ないでっ……///」

26 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:47:03.10 ID:DnmvME1f0
恵美「いいじゃーん見せてよー?」

琴葉「うう……めぐみぃ……///」まっかっか

恵美「真っ赤な琴葉かわいー♪」

琴葉「も、もうっ!!」ぷくー

恵美「あは、ごめんごめん~」

琴葉「からかわないでよ!」ぷくぷく

恵美「にゃは~悪かったって~……」

恵美「……体、ふこっか? 寒いし……裸だし……」

琴葉「! ……そうね」

27 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:47:36.81 ID:DnmvME1f0
恵美「えっと、タオルはどこ?」

琴葉「タオルは……」がさごそ

琴葉「はい、これ使って」

恵美「ありがと! あ、琴葉の匂いっぽいのする」

琴葉「!?!?///」

28 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:48:14.36 ID:DnmvME1f0
恵美「ふーお風呂暖かかった~」

恵美「それと琴葉のゆでだこまっかっかが可愛かったなあ」

琴葉「もうっ!!! それはもう忘れて!」

恵美「琴葉がかわいいのがいけないのに~」

琴葉「そ、そうかしら……」

恵美「うんうん、琴葉かわいい! すっごくかわいい!」

琴葉「……えへへ」

恵美「琴葉かわいいよ~!」ぐー

恵美「あっお腹なっちゃった……」

琴葉「! すぐご飯にするわね!」

恵美「ほんと!? やったあ! メニューはなあに!?」

琴葉「ふふっ、内緒! できてからのおたのしみ!」

29 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:48:41.94 ID:DnmvME1f0
恵美「なんだろ!? 楽しみ~!」





ジュージューコトコトコネコネチチクワー

琴葉「できたわ!」

恵美「わー!」

恵美「何作ったの!? 教えて!」

琴葉「今持っていくわね!」

恵美「早く早くー!」





琴葉「はい、お夕飯!」

恵美「これは……美味しそう! いただきまーす!」

琴葉「召し上がれっ! ……私もいただきます!」

30 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:49:14.82 ID:DnmvME1f0
恵美琴葉「「ごちそうさまでした!」」

恵美「いやぁやっぱり琴葉の料理はおいしいね~」

琴葉「そう言ってもらえるとうれしいわ……恵美、ありがとう」

恵美「こんなに美味しいの食べれるなんてとっても幸せ! 琴葉好き!」

琴葉「恵美に喜んでもらえて私もとっても嬉しいわ」

琴葉「あは、幸せ同士……」

恵美「あーまんぷくになったら眠くなってきちゃった……」

恵美「……もしかして睡眠薬とか入れたり……」

琴葉「してないわよ! いきなり変な妄想しないの!」

31 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:49:58.25 ID:DnmvME1f0
恵美「にゃはは~小鳥さんとか百合子の妄想癖が移っちゃったのかな~」

琴葉「……」

恵美「でも今日なら琴葉に何されても許しちゃったり……」

琴葉「!」

恵美「琴葉のお願い事叶えるって言っちゃったもんね! なんでもいいんだよ! 琴葉に独り占めされる日だから!」

琴葉「それなら……恵美と一緒に寝たい! ……ダメかしら?」

恵美「え、それは元からそのつもりだったのに……というかアタシから誘おうと思ってたんだけどな……」

恵美「まあ……うん! 一緒に寝よ!」

琴葉「わ、私、寝相悪いかもしれないけど……それでも大丈夫かしら……?」

恵美「大丈夫大丈夫気にしないから!」

32 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:51:04.98 ID:DnmvME1f0
琴葉「ありがとう、それなら私も安心して寝れるわ! 寝てる間のことは

自分じゃわからないから……」にこ

琴葉「恵美が優しい人でよかったわ……私にわがままにも付き合ってくれて……幸せよ」

恵美「そう喜んでくれるならアタシも嬉しいよ!」

琴葉「恵美、愛してるわ」

恵美「にゃは……あは……えっと……/// その、とりあえずは、歯磨きしてねよ! うん!」

琴葉「そうね! ……あ、歯ブラシが今ひとつしか無いんだけど……私のでも大丈夫かしら……?」

恵美「全然問題ないよ~! あ、アタシ先でもいい?」

琴葉「いいわよ! 終わったら歯ブラシはコップと一緒に置いといて!」

恵美「はーい」

33 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:52:07.41 ID:DnmvME1f0
しゅこしゅこー




恵美「琴葉ー歯磨き終わったよ~次琴葉の番ね!」

琴葉「わかったわ、恵美は私の部屋でゆっくりしててね」

恵美「はいさ~」





恵美「……」

恵美「琴葉の部屋」

恵美(何か変なの無いかな♪ にゃは♪)

恵美(まあ無いと思うけど♪)

恵美(部屋きょろきょろ!)

恵美(ベッドの下がさごそ……あるわけないって)

恵美(琴葉がそんなの持ってるわけないよね……)

34 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:52:46.92 ID:DnmvME1f0
恵美(! 琴葉の昔の写真とかないかな?)

恵美(本棚見てみよ!)

恵美「……ん、あの写真立ては」

<琴葉と恵美がステージいる写真>

恵美(わー! これ琴葉と一緒の初ステージの写真だ!)

恵美(……)

恵美(二人だっけ?)

恵美(………うん、二人、二人だ)

恵美(ステージ登る前琴葉緊張してたなあ……ほんと懐かしいなあ……)

恵美(アタシとプロデューサーで緊張ほぐして……アタシとプロデューサーだけだっけ?)

恵美(あれ……)

35 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:53:29.43 ID:DnmvME1f0
琴葉「恵美? どうかしたの?」

恵美「あっ琴葉! 懐かしい写真があって!これ初ステージのやつだよね!?」

琴葉「…………ばよかった」

恵美「琴葉?」

琴葉「あ、その写真のこと?」

恵美「そうそう、二人で……二人で? 二人で頑張ったやつ!」

琴葉「そろそろ寝ましょ?」

恵美「え?」

琴葉「そろそろ」

琴葉「寝ましょ?」

恵美「え……うん、いいけど……」

36 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:54:03.85 ID:DnmvME1f0
琴葉「ねえ恵美」もぞ

恵美「んー?」

琴葉「そっち、寒くない? 布団からちょっと出てたりしない?」

恵美「大丈夫だよ! 琴葉と一緒だと暖かいし! ……琴葉が布団からちょっと出てたりはしてない?」

琴葉「私は大丈夫だから……よかったわ、狭かったりして我慢もしてない?」

恵美「ぜーんぜん! その……琴葉がぎゅーしてるし……」

琴葉「恵美に抱きしめられるのは幸せだけど恵美を抱きしめるのも安心できてとっても幸せで……」にこにこ

恵美「ん、んー?」

琴葉「恵美はどう? 私が幸せだから恵美も幸せよね?」にこ

恵美「えっと、琴葉の隣にいられるのは幸せだけど……」

37 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:54:40.16 ID:DnmvME1f0
琴葉「そう………」ぎゅうう

恵美「え、琴葉? ちょ、ちょっと強くない? く、苦しいんだけど……」

琴葉「……約束破った」

恵美「あ、え? アタシなんか破っちゃった……?」

琴葉「私といるときはずっと笑っていてって言ったのに……」

琴葉「どうして笑ってくれないの?」

恵美「だって苦しいし……」

琴葉「どうして笑ってくれないの……?」

恵美「ご、ごめん、琴葉……」

琴葉「………」ぎゅううう

恵美「こ、琴葉……くるし……」

38 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:55:19.44 ID:DnmvME1f0
琴葉「笑ってよ……」

恵美「だって……苦しいから……」

琴葉「私は恵美を独占できてて幸せよ?」ぎゅううう

恵美「琴葉……く、苦しいから……やめて……」

琴葉「なんで? 私は幸せよ? なら恵美も幸せよね?」

恵美「く、苦しいのは幸せじゃないし……」

琴葉「私が幸せなら恵美も幸せって言ってくれたのは嘘だったの……?」

恵美「確かに琴葉が幸せならアタシは幸せだけど……苦しいのは嫌だな……」

琴葉「やっぱり嘘ってこと……?」

恵美「ことは……」

琴葉「違う……違うもん……こんなの恵美じゃない……恵美は私のこと全部愛してくれるもん……」

39 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:55:53.03 ID:DnmvME1f0
琴葉「ふふっ、大丈夫よ、私が元に戻してあげるから……」ぎゅううう

恵美「ぁ……くるしい……」

琴葉「そんなに苦しそうな顔しないで……恵美は私と一緒にいるから幸せでしょ? ほら、笑ってよ」

恵美「琴葉……やめてよ……」

琴葉「恵美……そんなに嫌? 私と一緒にいて嬉しくない……?」ゆるめる

恵美「う、はぁ……はぁ……」

琴葉「恵美が幸せじゃないと私も幸せじゃない……」

琴葉「幸せじゃないのは嫌……」ぎゅう

恵美「また……ぅ……苦しいのは嫌だ……」

琴葉「ねえ……恵美、私を幸せにしてよ……笑ってよ……」ぎゅうう

40 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:56:50.25 ID:DnmvME1f0
恵美「あ、あは……」

琴葉「恵美?」

恵美「あはは……もうわかんなくなっちゃった……」

恵美「琴葉が幸せならアタシがどんなのでも幸せなのかも……」

琴葉「ほんと……? 恵美が幸せなら私も幸せよ! えへ」にこ

恵美「あは……」

41 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:57:34.09 ID:DnmvME1f0
琴葉「おはようございます!」にこ

恵美「にゃは、おはよ~」にこにこ

海美「琴葉! おはよーっ!」

昴「恵美もおはよう!」

琴葉「む……二人とも……ここで暴れてたりしてないわよね?」

海美「……えっ!? いやいやいや今日は何もしてないよ!」

昴「そうだぞ! 流石にオレらが一緒にいただけで疑われるのはおかしい!」

恵美「あはは、迷惑はかけてないみたいだし、ね?」にこにこ

琴葉「恵美がそう言うなら……でも、ここで暴れたりするのはダメだからね! いい?」

海美昴「「はーい」」

恵美「あはは」にこにこ

琴葉「ふふ」にこ

42 : ◆VlC8r8Zzak 2018/02/26(月) 02:58:22.56 ID:DnmvME1f0
おしまいまいかぶり

ねむ眠

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/26(月) 08:40:19.76 ID:MaT9awcPO
乙ことめぐ好き



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 田中琴葉「にこにこコンクリートけいかく」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519579665/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/22229-712c5ad5