ヘッドライン

真「見つめ合うと」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:11:59.52 ID:PfKl9t8Ri
真「プロデューサー」

P「どうした?」

真「この前、アイドル達を見つめてみたんですよ」

P「ほう」

真「やっぱりみんな可愛いなぁ、なんて思いながら」

P「そうだな」

真「そしたら、突然みんなからキスされたんです」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:15:25.67 ID:PfKl9t8Ri
P「それはそれは」

真「『真が悪いんだからねっ!』みたいな事を言われました」

P「真はイケメンだからなぁ」

真「そこは、可愛いって言って下さいよ!」

P「スマンスマン」

P「可愛いよ、真は」

真「ふんっ、頭撫でられたくらいでボクの機嫌は治りませんよ♪」

P(むっちゃ良くなった)

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:18:21.92 ID:PfKl9t8Ri
P「ん?待てよ...」

真「どうしました?」

P「今、真とキスすると」

P「アイドル全員と関節キスした事になるのか」



真「引っ叩きますよ?」

P「叩いた後に言うかね...いてて」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:21:34.87 ID:PfKl9t8Ri
真「ボクといる時はボクだけ見てて下さいよ!」

P「悪かった...」



真「...何でこんな人を好きに...」

P「ん?何か言ったか?」

真「いいえ、何でもありませんっ!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:24:32.84 ID:PfKl9t8Ri
P「そろそろキツイだろ?」

P「体制、変えようか」

真「はい」

P「よっ、と」


真「...んっ」

P「痛かったか?」

真「ううん、大丈夫です」

真「だから...ね?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:31:25.49 ID:PfKl9t8Ri
P「よし、行くぞ」

真「うんっ...」




真「最近、『カッコいい』って言われる事が多くなったんです」

P「それは側で見てる俺も感じてる」

真「失礼しちゃいます」

真「ボクは...女の子、なんですから」

P「そうだな」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:38:31.28 ID:PfKl9t8Ri
真「ふぁっ!?」

P「こんなに可愛い顔も出来るのに」

真「い、今っ...そこ、触っちゃぁっ」

真「んんっ!だめ、ですっ!」

P「でも、こんな真を知ってるのは俺だけだけどな」

真「はぁっ、こんな風になるのは、プロデューサーの前だけですよっ!」

P「これからも、そうであって欲しいな」

真「ボクは一途です!後はプロデューサー次第ですけどね?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 17:57:07.38 ID:PfKl9t8Ri
P「俺の気持ちは変わらないさ」

真「プロデューサー...起き上がってもいいですか?」

P「あぁ」

真「んんっ、ょと」

真「えへへ」

P「急に抱きついてきて、甘えん坊だな」

真「そういう気分なんですっ」

P「そうか」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:03:58.96 ID:PfKl9t8Ri
真「ごつごつしてて、暖かいです」

P「男、だからな」

P「真は、やわらかくて暖かいな」

真「女の子ですから」



真「プロデューサー」

P「うん?」

真「ボク、今とっても幸せです」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:10:09.75 ID:PfKl9t8Ri
P「それはよかった」

真「プロデューサーは、ボクとこうしてて...んっ!?」


真「ぷはっ...ぷ、プロデューサー...」

P「...決まってるだろう?最高に幸せだよ」

真「ぅ...ズルいですよ」

P「ふふん、真の考えてる事なんてお見通しだよ」



真「...ていっ」

P「うぉ!?」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:16:53.43 ID:PfKl9t8Ri
真「ふふ、これは読めましたか?」

P「いや、想定外だったな」

真「今度はボクが上になりましたね?」

P「動けそうか?」

真「うーん、やってみます」



真「こう、んんっ...かな?...ぁんっ」

P「キツくないか?」

真「大丈夫っ、です!ふぁっ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:25:07.57 ID:PfKl9t8Ri
真「プロデューサー!このままっ、最後まで...」

P「...ああ」

真「も、もうっ...」

P(俺も、そろそろヤバイ)

P「真っ!まことっ!」

真「プロデューサーぁ!好き!好きぃ!」


P「っ!」

真「~~~っ!!」




P「ふぅ...」

真「はっ...はぁっ...んぅ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:32:47.72 ID:PfKl9t8Ri
真「んっ...ちゅ...ぷはっ」

真「プロデューサーぁ」

P「真...」

P「大好きだぞ、真」

真「ボクも、大好きですよ」




P「流石に、ちと疲れたな」

真「今日だけで三回目ですからね」

真「ボクも、腰が抜けちゃいました」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:41:39.79 ID:PfKl9t8Ri
P「このまま寝ちまおうか」

真「そうしましょう」

P「ん、ほら」

真「ん...」

真「プロデューサーの腕枕、好きですよ」

P「そうか、気に入ってくれて何よりだ」



真「...抱きついても、いいですか?」

P「何を今更...いいぞ」

真「やたっ!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:48:10.61 ID:PfKl9t8Ri
真「ん~、えへへっ」

P「真...そのままでいいから聞いてくれ」

真「なんですか?」

P「その、いつ事務所の皆に言う?」

P「俺達の関係を」




真「それ、本気で言ってますか?」

P「へ?」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 18:52:22.88 ID:PfKl9t8Ri
真「みんなとっくに気付いてますよ」

P「そうなのか?」

P「うん?いや、待てよ...」

真「どうしたんです?」

P「いやな、真が事務所の皆にキスされたって言ってたろう?」

真「言いましたね」

P「『真が悪いんだからね』と言われたと」

真「言われました」



P(ひょっとして...)

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 19:00:23.98 ID:PfKl9t8Ri
P「確認したい事がある」

真「何ですか?」

P「真から見て、事務所に俺に気がありそうだった人はいるか?」

真「全員ですよ、全員」

P「え?」

真(気付いて無かったんだ)

真「ボクを含めて、みんなプロデューサーと結ばれたかったんですからね」

P「そう、だったのか」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 19:05:48.28 ID:PfKl9t8Ri
真「気付かなかったんですね」

P「気付いてても、俺は真と一緒にいたいと思ってたさ」

真「...そう言われると、照れますね」



P「...話を戻そう」

真「ちぇっ....はい」

P「まぁ拗ねるなって」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 19:10:42.84 ID:PfKl9t8Ri
P「事務所の皆は、真とキスしたら俺と間接キスした事になる」

P「そう思ったんじゃないか」

真「え?」

P「『真が悪いんだからね』という言葉も」

P「『プロデューサーを独り占めしてる真が悪い』という意味を込めて言ったんだろう」

真「そう、だったのかなぁ」

P「そうだったんじゃないか?自惚れてるみたいで気分は良くないけど」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 19:15:57.15 ID:PfKl9t8Ri
真「じ、じゃあ」

P「ん?」

真「カッコいいって言われるのが多くなったのは...」

P「それは、まぁ言葉通りだろう」

P「裏はないと思うぞ」

真「う、なんかショックです」

P「嫌か?」

真「嫌ではないですけど...」

真「やっぱり、可愛いって言われたいです」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 19:25:17.46 ID:PfKl9t8Ri
P「でもな」

真「?」

P「俺は、真のそういうカッコいい所は好きだぞ?」

真「本当ですか?」

P「あぁ」

P「それに、『可愛い真』は出来ることなら俺にだけ見せて欲しいんだ」

真「え?何ですか?」


P「その、何だ、真に惚れる奴が増えてしまう」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 19:32:07.44 ID:PfKl9t8Ri
真「もしかして嫉妬しちゃうんですか?」

真「えへへっ、いつもと立場が逆転ですね」

P「ぬぅ...」

真「わかりました」

真「プロデューサーが望むなら、ボクはカッコいいボクであり続けます」

P「うん」

真「でも、本当のボクは」

真「プロデューサーが、受け止めて下さいね?」


P「あぁ、約束するよ」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 19:36:43.61 ID:PfKl9t8Ri
真「ふあぁ~、眠くなってきちゃいました」

P「そろそろ寝ようか」

真「あ、そうだ」

真「お休みの、キス」

P「はいはい」



真「...ん、お休みなさい」

P「あぁ、お休み」



FIN



元スレ: 真「見つめ合うと」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338970319/

【早期購入特典あり】THE IDOLM@STER STELLA MASTER 01 Vertex Meister(ジャケット絵柄ステッカー付)
如月千早、秋月律子、菊地真、四条貴音、我那覇響
日本コロムビア (2018-02-07)
売り上げランキング: 98

[ 2018/02/20 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/22149-ef8058e1