ヘッドライン

果南「ダイヤの一番嬉しかったプレゼント?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513237652/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:47:32.01 ID:K34WSHzDO
千歌「そうだよ!ダイヤさんの誕生日が近づいて来てる…」


千歌「大イベントドンピシャ、クリスマスにも近い…きっと三つまとめて済まされて来たのでしょう…」


花丸「完全に勝手な想像ずら」


千歌「そんな今だからこそ!ここをしっかり調べてダイヤさんの喜ぶプレゼントをあげたいと思うんだよ!」


曜「動機だけはいっちょ前だね…」


千歌「えへへ…よく言われます…」


梨子「よく言われるんだ…」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:48:12.47 ID:K34WSHzDO

千歌「というわけで!重要参考人の登場です!」


ルビィ「あ…の……どうも…?」


鞠莉「まあ、そうなるわよね」


果南「一つ屋根の下に住んでるんだから…そりゃあ…何か…」


ルビィ「でも…お姉ちゃんが何貰ってるか…ルビィ殆ど見たことなくて…」


千歌「あー……もうお手上げだ」


善子「打つ手少なすぎでしょ」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:49:17.31 ID:K34WSHzDO
千歌「そうだ!ルビィちゃんは何かあげた事ある?」


ルビィ「ルビィは…スクールアイドルのグッズとか…ライブのブルーレイなんかをあげたりしました」


果南「あ、私もあげた」


鞠莉「私も」


曜「えぇ…そんなにアイドルグッズ貰ってたの」


鞠莉「いや…なんていうか中学の頃のダイヤ…めちゃくちゃ熱入ってたから…」


果南「うん…なんていうか…一筋っていうか…」


千歌「2人は何をあげたの?」


果南「絢瀬◯里さんのポスター」


鞠莉「絢瀬絵◯さんのフィギュア」


千歌「あ……うん」


梨子「聞いたんだからもう少し興味持って」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:50:17.90 ID:K34WSHzDO

果南「正直結構喜んでくれたけど…一番ってなると…難しいね…」


鞠莉「もう本人に聞けば?」


千歌「いやあ…でも今朝から見つからなくて」


花丸「ダイヤさんが?」


千歌「うん…生徒会室にいるかなって思ったけど…居なくて」


ルビィ「今日はお姉ちゃんと出たから学校にはいると思うけど…」








善子「さっきから聞いていれば…全員大甘よ!!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:51:03.41 ID:K34WSHzDO
曜「うわっ、急に喋り出した」


善子「いいじゃない!別に!好きに喋らせなさいよ!」



千歌「甘いって?」


善子「調べるならちゃんと調べるのよ!過去数年誰からどんなプレゼントを貰ったか、どれが一番嬉しかったかリストアップしなさい!」


梨子「いや……なんていうか…」


曜「そこまでするのは…」


花丸「ドン引きずら」


善子「ちょっと!?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:51:33.99 ID:K34WSHzDO

果南「まあ、リストアップするのは引くとして何貰ったか聞くのはいいかもね」


鞠莉「そうね…リストアップは引くけど」


善子「うぅ…何よ…寄ってたかって…」


花丸「ドンマイずら、善子ちゃん」


善子「アンタのせいよ!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:52:08.67 ID:K34WSHzDO

ルビィ「ルビィはやっぱり、アイドルのブルーレイだと思うんです…お姉ちゃんアイドル大好きだから」


千歌「それって…ルビィちゃんがあげたやつ?」


ルビィ「う……そうです…」


善子「ルビィがあげたのをダイヤが一番大切にしてる、そう言いたいのね?」


ルビィ「……そ、そうです!!きっとお姉ちゃんはルビィがあげたアイドルのブルーレイを一番大切にしてくれてるんです!」


花丸「おお…珍しく強気なルビィちゃんずら…」


鞠莉「wao!珍しいわね…!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:52:36.53 ID:K34WSHzDO

ルビィ「ーー!!ーーーー!!!」


千歌「ー!ーーー!!ーーーーー!!!」







善子「なんかあっちは白熱してるけど…埒が明かないわね…」


果南「もうこの際……」







ガチャ


ダイヤ「すみません、先生の手伝いをしていて遅くなりましたわ」






鞠莉「あ…」

果南「今来たら…」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:53:10.92 ID:K34WSHzDO


千歌「ダイヤさん来た!確保!」ダッ


ルビィ「お姉ちゃん!!」ダッ



ダイヤ「え…は?ちょっ…なんなんですのーー!?」ダッ









曜「みんな走って行っちゃったね…」


梨子「何やってるんだか……」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:54:26.99 ID:K34WSHzDO
ダイヤ「はぁ……はぁ……なんなんですか…出会い頭に追い回して…」


???「やあ」ポン


ダイヤ「ひぃっ!」







果南「あはは……怯えすぎだよ」


ダイヤ「なんだ…お二人ですか…」


鞠莉「ダイヤは相変わらず隠れんぼ下手ね~」


ダイヤ「……うるさいですわ、大体なんですの…部室に着くなり質問責めにしたり追いかけ回したり…」


果南「あー…それなんだけどさ…」








鞠莉「ダイヤが、今までで一番嬉しかったプレゼントって何?」


ダイヤ「……はぁ…?」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:54:54.40 ID:K34WSHzDO

ダイヤ「嬉しかったプレゼント…?」


鞠莉「無い…?」


ダイヤ「いや…ある事にはありますけど…その…」


果南「なにさ、歯切れの悪い」


ダイヤ「いや…でも………」



鞠莉「…………」



ダイヤ「その…なんというか……」


果南「……………」


ダイヤ「ええと…あの……………」


鞠莉「もー!早く話しなさいよー!!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:55:25.81 ID:K34WSHzDO

ダイヤ「………笑いませんか?」


果南「絶対に笑わない!」


鞠莉「私も!」


ダイヤ「…………で、でしたら…」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:56:07.17 ID:K34WSHzDO

『はい、ダイヤにプレゼントよ』


『ありがとう!おかーさま』


『うん、ちゃんとお礼が言えて偉いわね~ダイヤは』


『えへへ……』


『そんなダイヤにはね、もう一つプレゼントがあるの』


『ほんとうですか!?』


『ええ、ダイヤはとってもいい子にしてたからよ?』


『やったー!』


『うふふ……あのね』










『ダイヤは、お姉ちゃんになるのよ』

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:56:38.05 ID:K34WSHzDO
果南「……」


鞠莉「……」


ダイヤ「……笑いますか」


果南「いや…笑うというか…よくそんな昔のこと覚えてたよね…」


鞠莉「ちょっと引くわ」


ダイヤ「なんでですか!?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:57:54.00 ID:K34WSHzDO
鞠莉「うそうそ…冗談よ、素敵な思い出じゃない」


果南「うん、ダイヤらしくていいと思う」


ダイヤ「鞠莉さん…果南さん…」









鞠莉「実はね、今度のダイヤの誕生日の為に、ってちかっちが張り切ってたの」


ダイヤ「……そんなことを…」


果南「きっと今までで一番は超えられないけど…でも、私達も精一杯用意するから、楽しみにしててよ!」


鞠莉「飛びっきりのモノを用意するわ!」


ダイヤ「ええ、楽しみに待ってますわ」


果南「ふふ…ダイヤにそう言われちゃ手が抜けないね」


鞠莉「ええ、もちろんデース!」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:58:44.42 ID:K34WSHzDO
翌日
果南「結局、皆に話せる情報はなしか…」


鞠莉「まぁ…いいんじゃない?」


果南「どうして?」


鞠莉「だって…とっても素敵な話が聞けたじゃない…でしょ?」


果南「うん……そうかもね」










果南「後は…」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 17:00:13.19 ID:K34WSHzDO

ルビィ「やっぱりお姉ちゃんはアイドルが好きなんです!ルビィがあげたアイドルのBDを何回も見てくれてて…」


千歌「いやいや!もっと昔…黒澤家長女たるダイヤさんには一家に伝わる秘宝がきっと…」


花丸「そんなものないずら」


善子「ククッ……ダイヤもやはり黒の名を冠する者…やはりこのヨハネが授ける黒のエンブレムを…」


曜「それダサいからやめた方がいいよ」


善子「ちょっと!?」


梨子「早く練習するわよ!!」









果南「すごい、文字通り千歌の目の前に答えがある」


鞠莉「……現実から目を背けないで、皆をどう言いくるめるのよ」


果南「………任せた!」ダツ 


鞠莉「あ、ちょっと!待ちなさいよ!果南!」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 17:00:45.28 ID:K34WSHzDO
おわり

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/15(金) 05:21:09.22 ID:v4fNAGI8o
乙ー



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 果南「ダイヤの一番嬉しかったプレゼント?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513237652/

ラブライブ!サンシャイン!! 黒澤ダイヤ マグカップ
アルマビアンカ (2018-03-25)
売り上げランキング: 47,498

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/21427-767a3e74