ヘッドライン

モバP「千里の道も一歩から」

元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1383477572/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:19:32.78 ID:gc+JaM12o

里奈「ねーねーヒマならかまちょー」


千鶴「……」


里奈「ねーねーちづちんかまちょー」ツンツン

千鶴「……」

里奈「あちょっ、かまちょっ、かまちゃあ!」ツンツンツンツン

千鶴「……もうっ、なんなんですか」

里奈「お、つーちんやっと反応?」

千鶴「何度もほっぺたをつつかれたら反応するに決まってます!」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:25:35.52 ID:gc+JaM12o

里奈「だってつるるんアタシのこと無視してたしー」

千鶴「……無視をしていた訳じゃなくて、少し考え事をしていただけです」

里奈「とりま暇してたアタシはまっつんに構って欲しかったわけ」

千鶴「……さっきから気になっていたんですけど、どうして私の呼び方が二転三転するんですか?」

里奈「あー、どの呼び方が一番しっくりくるか探ってる、的な?」

千鶴「別に、千鶴でいいですけど」

里奈「それじゃあ面白くないっしょマーティン」

千鶴「原形すらない!」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:29:14.55 ID:gc+JaM12o

里奈「決まった! 最初のちづちんが一番しっくりきたぽよー♪」

千鶴「そうですか。それじゃあ私は用事があるので失礼します」

里奈「はやっ! ねねっ、もっとアタシと絡もー☆」

千鶴「向井さんや木村さんならその内帰ってきますけど」

里奈「そんな風に言われたらつらたん……かまちょかまちょー」

千鶴「なっ……急にひっつかないでください!」

里奈「ちづちんが折れるまでやめないし! こちょこちょかまちょ!」

千鶴「な、なんですかっ、それ……やめっ、くすぐったっ、んっ……!」

里奈「口ではそういいつつ体は正直やで?」

千鶴「なんで関西べっ、というか本当にやめっ……!」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:33:29.89 ID:gc+JaM12o

――



千鶴「ハァ……ハァ……わ、わかりました。構います、構いますから」

里奈「あとーんす♪」

千鶴「……それで、一体どうするんですか藤本さん」

里奈「………考えてなかった☆」

千鶴「帰ります」

里奈「うそうそ! んじゃここは定番のガールズトークで! ちづちん昨日はなにしてた系?」

千鶴「昨日は勉強をしていました」

里奈「一昨日は?」

千鶴「勉強をしていました」

里奈「……その前の日は?」

千鶴「勉強をしていました」




里奈「おぉう……」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:37:40.89 ID:gc+JaM12o

千鶴「……一応言っておきますけど、勉強は趣味、趣味ですから。別に寂しい女とかそういう訳じゃないですから」

里奈「コラちづちん!」

千鶴「なっ、なんですか?」ビクッ

里奈「その言い方は、アタシみたいなのは勉強=寂しいことだと思ってるって決めつけっしょ! そういうのはよくなくない?」

千鶴「……そういうつもりじゃありませんでしたが、確かに軽率でした」

里奈「そりゃアタシはバカだけど、バカなりに大切なことだって理解出来てるつもりだし。そこんとこ勘違いされたら激おこ!」

千鶴「……藤本さんも、藤本さんとして勉強を頑張っているんですね」

里奈「は? やってないけど?」

千鶴「え」

里奈「大切だとは理解できても、実際知識として理解できるかは別だし、やってるわけないぢゃーん♪」

千鶴「」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:39:57.28 ID:gc+JaM12o

里奈「うそうそ……本当は少しくらいはやってるって……」

千鶴「わかりました、わかりましたから。そんなに弁明しなくても変な風に思っていませんから」

里奈「勉強の神様の一人、ちづちんに嫌われたらもっとバカになっちゃうアタシ……」

千鶴「なんですかその設定……あともう一人って誰ですか」

里奈「輿水さん家のさっちん!」

千鶴「幸子ちゃん?」

里奈「さっちんの字ってマジきれいっしょ! あれは文字と同じでキレイな女になるよね~。アタシの予想は三割あたる!」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:43:59.05 ID:gc+JaM12o

千鶴「確かに一度清書ノートを見せてもらいましたけど、写植と思うほどの整った字でした」

里奈「アタシもあれくらいうまければもうちょっと賢くみえるのかなー。さっちんの美文字マジうらやま!」



千鶴「……そんな風に素直な言葉を言える藤本さんだって、私にとっては羨ましい……」

里奈「えっ」

千鶴「……ハッ、な、なんでもない、なんでもないです」

里奈「……ちづちん」

千鶴「あの、その、えっと」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:46:29.55 ID:gc+JaM12o

里奈「おろおろちづちんきゃわわ!!」ナデナデ

千鶴「ひゃあっ!」

里奈「まいまいもきゃわわだったけどちづちんもかわうぃーねー♪ セカンド妹になろ!」

千鶴「ふ、藤本さん……恥ずかしいからやめてくださいっ」

里奈「あ、でもまいまいと違ってちづちんだと歳近いし、妹って言うと乃々のんに借りた漫画みたいに思われちゃう系?」

千鶴「漫画みたい?」

里奈「ちづちん知らない? タイが曲がっていてよって」

千鶴「漫画はあまり読む方じゃないので……」

里奈「ま、アタシは別にそのケはないけど、ちづちんがかわいいなら愛でるしかないっしょ!」

千鶴「あわわわわわ」ガクガクガク

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:48:46.12 ID:gc+JaM12o


――




里奈「いやー満腹満足☆」

千鶴(やっと解放された……)

里奈「ちづちんテレビ! 次はテレビを一緒に見るぽよー♪」

千鶴「あれだけはしゃいだのに元気ですね……」

里奈「元気だけがアタシのとりえだしっ! とりまこっちこっち、ソファー!」

千鶴「はぁ……今行きます、行きますから」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:51:32.52 ID:gc+JaM12o


『今週も始まったわ、なるほどザ・ワールドレベル。もちろん知っているでしょうけど、レポーターのヘレンよ』




里奈「来ちゃーん! ヘレンさんイェーイ☆」

千鶴「藤本さん、この番組は録画放送ですが」

里奈「まーまー、こういうのはノリぢゃんノリ☆」

千鶴「はぁ……」

里奈「アタシこの番組好きなんだよね。どの国に行っても力技で会話できちゃうヘレンさんマジウケる!」

千鶴「通訳なしの滅茶苦茶な現地言葉とボディランゲージなのに何故か意気投合して、最後は毎回クイズ番組なのにホームステイ番組みたいな終わり方ですからね」

里奈「ちゅーか最近はクイズ部分ない放送の方が増えてきたしねー」

千鶴「それは番組としてどうなんですか……」

里奈「ま、面白ければいいんじゃない?」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:54:43.54 ID:gc+JaM12o


『……この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りしました』

     マルメターノ銀行    マルメターノ電力
     マルメターノ航空    マルメターノ生命
     マルメターノ食品        千川製薬





里奈「いやー今週もおもしろかったん☆」

千鶴「まさかヘレンさんと闘牛の闘いが見れるなんて……」

里奈「さ、他の番組はなにかやってるかにゃー……っと」

里奈「……あっ、奇妙な話特集だってちづちん! コレみよコレ!」

千鶴「奇妙な話……ですか。奇妙な……」

里奈「あれ、ちづちんそういうの苦手系?」

千鶴「べっ、別に大丈夫、大丈夫ですから。そういう藤本さんこそどうなんですか?」

里奈「アタシはへっちゃらーん♪ じゃあ次はこれを見まくりま!」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:57:58.44 ID:gc+JaM12o


【匿名希望、Pさんは語る】



『あれは私が仕事を終えて家に帰ろうとしていた時の話です』 ※プライバシー保護の為、音声加工とモザイクが施してあります

『いつもなら帰宅は車なのですが、とある事情で車が使えなかったその日の私は徒歩で家へと向かっていました』

『最初こそ人も行き交っていましたが、徐々に減っていき、最後は私以外に誰もいなくなった道を歩いていたんです』

『さすがに気味が悪いと思い、足早にその道を通りすぎようとしたのですが……』

『自分以外に誰もいないはずの道から聞こえるんですよ』





『…………足音が、もうひとつ』

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 20:59:59.53 ID:gc+JaM12o

『気のせいだ、自分の足音が響いているだけだ、と思い私は歩き続けました』

『足音はまだついてくる……』

『今度は走りだしました』

『すると足音も走りだす……』

『私はピタッと足を止めて、思い切って後ろを振り向きました』





『足音もまた止まり……道には誰もいませんでした』

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:03:16.59 ID:gc+JaM12o

『怖くなった私は私は耳をふさぎながら自宅まで一心不乱に駆け抜けました』

『部屋に入り、全てを忘れて眠ろう。そう自分に言い聞かせドアノブに手を伸ばすと……』


千鶴「…………」ゴクッ





『…………開いていたんですよ。朝しっかりと閉めたはずの、鍵が』


里奈「……ま、まぁなかなか驚かせてくる話ぢゃん?」






『……もう気のせいではすまされない』

『意を決した私は、廊下を進み、消したはずの灯りがついた部屋のドアを開け放ちました』

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:05:43.47 ID:gc+JaM12o

『目の前に飛び込んできたのは、部屋中に散らばる赤いリボン。そして壁には……』












『そのリボンを重ねて作られた…………オ カ エ リの文字』

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:08:15.60 ID:gc+JaM12o

『私はすぐさま仕事先の同僚でもある友人へと電話をかけました』

『もし、万が一、そちらに何かあったら……そう思うといてもたってもいられなくなったのです』




【どうしたの、[ピーーー]】

【無事ですか!?】

【きゅ、急にどうしたの?】

【何事もありませんか!?】

【……何があったのか知らないけど、私は無事だから】




【よかった……】

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:10:38.52 ID:gc+JaM12o

『次の日になってわかったことは、そのリボンは私の勤める会社で製造されている物だったということだけでした』

『それ以外は全てが謎に包まれたまま……これが私の身におこった出来事の全てです』








里奈「……ぷはー! 怖かった☆」

千鶴「あ、あまり怖がってる風には見えませんけど」

里奈「そんなことないよー。怖かったよちづちーん」

千鶴「棒読み……」

里奈「ま、最後の方ちょっと飽きてたし。ちづちんまた別のことしよよん!」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:13:37.06 ID:gc+JaM12o

――




里奈「おっ、今度はお習字すんの?」

千鶴「いつもセットを持ち歩いているんです。書道は人の心を落ち着かせますから」

里奈「落ち着きとかアタシとは一生縁のなさそうな言葉だわー」

千鶴「……そんなことはないと思いますけど」

里奈「えー? じゃ、アタシが落ち着く時ってどんな時だと思うちづちん?」

千鶴「それは…………」

里奈「うん」

千鶴「けっ……」

里奈「け?」





千鶴「け、結婚……した時……?」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:17:04.94 ID:gc+JaM12o

里奈「結婚かー。でも多分結婚して子どもができたとしてもアタシこのままだと思うわ、うん」

千鶴「そ、そうですか。そう……」

里奈「逆に、アタシ的にはちづちんは結婚したら今の自爆っ娘から落ち着いたママンになると見た!」




千鶴「わ、私が結婚!? 結婚……私が……こんなつまらない私が……?」

千鶴「ない、ない! でも……もし、もしかしたら……というか自爆っ娘って……」

千鶴「私をアイドルの世界に連れ込んで……その気にさせて……かわいいって言ってくれたのは……」





里奈「ちーづちーん」

千鶴「…………ハッ?!」

里奈「さっそく1自爆ぽよ~♪」

千鶴「―――~~~ッ!!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:19:38.22 ID:gc+JaM12o

里奈「ちづちんごめんちゃん。だからそんなさげぽよな顔しながらお習字すんのやめよー」

千鶴「私はこれ以上自爆する訳にはいかないんです……!」サラサラサラ

里奈「……ま、その話は置いといてさ。ちづちんもホント字がヤバうまだよね」

千鶴「その点は褒められて素直に嬉しいです。私の自信を持って誇れる点ですから」

里奈「ね、ちょっとアタシの名前書いてみてくれない?」

千鶴「藤本さんの名前ですか。別にいいですけど……」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:20:57.46 ID:gc+JaM12o

千鶴「……」サラサラ

千鶴「はい、どうぞ」

里奈「おぉ……なんかめっちゃご利益あり気!」

千鶴「大げさです、大げさ……普通の字ですから」

里奈「ありがたや、ありがたやー☆」







千鶴「……」

千鶴「……ふふっ」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:23:54.67 ID:gc+JaM12o

千鶴「……そろそろ休憩しましょう。お茶でも入れてきます」

里奈「んじゃ、ちょっちその墨液借りるしー☆」

千鶴「藤本さん、指になんてつけたら汚れますよ」

里奈「まーまーいいからいいから!」







里奈「こうして、こうやってー……」

千鶴(藤本さん、後ろを向いて何をしているんだろう……)ズズズッ

里奈「……よしっ!!」

千鶴「何か終わったんですか?」

里奈「ぢゃーん☆」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:27:40.84 ID:gc+JaM12o




里奈「ちづちん!!」















千鶴「」ブーーーッッッ

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:29:50.84 ID:gc+JaM12o

千鶴「ゲホッゴホッ……わ、私はそこまで太くないです、ないですから!」

里奈「うん、確かにおおげさすぎた。これじゃ早苗さんの元同僚の人みたいだし」

千鶴「……それに、アイドルなんですからそういうことは控えた方がいいかと」

里奈「汚れなんか気にしたら力仕事やってられないっしょー?」

里奈「それに、芸人は体を張ってナンボだって瑛梨華っちも言ってたし!」

千鶴「私達は芸人ではないですけど……」

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:06:42.57 ID:H2MiygBao

里奈「話変わるけどさ、ちづちんって単車乗ったことある?」

千鶴「私、まだ免許を取れる年齢じゃありません」

里奈「あ、そだった。んじゃ一緒に単車転がせるのは早くても来年かー」

千鶴「転がす……? 坂道かどこかで転がすんですか?」

里奈「キャハハ! ちづちんギャグセン高いっ☆」

千鶴「?」

里奈「あ……素だったん。転がすってのは、要は走るって意味ね」

千鶴「そういう意味だったんですか……でも、私はそういうのはあまり……」

里奈「まぁ、ちづちんが単車乗ってる姿ってのも確かに想像しにくいけどねー。でも、風を切って走るのってマジ気持ちいいから!」

千鶴「……何となく、そうなんだろうなとは思います」

里奈「なんだったら練習してみる? この前も拓海や夏樹と一緒にりーなと遊んでたんだけど」

千鶴「練習……練習ですか?」

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:08:00.83 ID:H2MiygBao


事務所内 廊下


里奈「ドルルンドルルン!」

千鶴「……」

里奈「ほらちづちん! ドルルン!」

千鶴「…………あの」

里奈「はやくはやくっ☆」





千鶴(うっ……)


千鶴「ド…………ドルルン///」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:09:47.40 ID:H2MiygBao

里奈「じゃ出発☆ 風にーなーれー!!」ビュン

千鶴「はっ、はやい」




『おぉっ!! ランニングですか!! 私も一緒にいいですかっ!!!』
『おー茜っち! じゃあいっちょ勝負しよっか!』
『負けません!! 日野茜、全速前進です!!!』






千鶴「日野さんも一緒に……あの二人、どこまで行くの……?」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:11:47.72 ID:H2MiygBao


――



里奈「……ただ今帰りました」

千鶴「お、おかえりなさい」

里奈「清美ちゃん激おこぷんぷんだったわ……」

千鶴「まぁ……風紀委員として廊下で爆走は流石に見逃せないでしょうし……」

里奈「とりま、少しはイメトレもできたしあとは来年を待つだけかな」

千鶴「来年……来年ですか。来年の私はどうなっているのかな……」




里奈「……来年、16といえば結婚もできる歳だしねー☆」ニヤニヤ

千鶴「さ、さっきの話は忘れて下さい! 忘れて!」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:14:25.77 ID:H2MiygBao

里奈「お断りにゃーん♪」

千鶴「なんでそんな事言うんですか!」

里奈「忘れてほしかったらアレ使えばいいぢゃーん☆」

千鶴「アレってなんですか……」

里奈「ほら、忘れて忘れてちーちゃんラブリービームってやつ」




千鶴「っ!!」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:16:30.50 ID:H2MiygBao

千鶴「わ、私はそんなこと言ってないですし、そんなビームも知りません!」

里奈「え、そなん? プロデューサーから聞いたんだけど」

千鶴「忘れての方は本当に言ってません、言ってませんから!」








里奈「……忘れての『方は』?」

千鶴「………………ハッ!?」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:17:21.25 ID:H2MiygBao

千鶴「……」

里奈「ち、ちづちん?」

千鶴「もう、自棄だし……自棄になるし……」

里奈「おーい?」

千鶴「私、行きます……行きますから!」






里奈「めんごだってちづちん。もういいか」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:19:09.71 ID:H2MiygBao



ガチャ



拓海「うーっす」


夏樹「帰ってきたぜー」


里奈「あっ」









千鶴「忘れて、忘れて、忘れてちーちゃんラブリービーム……!!」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:22:00.34 ID:H2MiygBao


拓海「……」

夏樹「…………」




千鶴「…………………」プルプル

夏樹「な、なぁ千鶴」





千鶴「わ…………」


千鶴「…………忘れて」







拓海「…………おう、考えてやるよ」

ガチャバタンッ

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 01:33:03.76 ID:H2MiygBao

千鶴「……」グスッ

里奈「元気だしなってちづちん……ホラ、これ見てみ?」

千鶴「これ……なんですか?」

里奈「これ、たくみんの以前の仕事の写真なんだけど」


里奈「『た、たくみんスマイル☆』とか」スッ



里奈「『はーい、たくみせんせーだぞ☆』とか」スッ



里奈「ちづちん以上にやらかしてるし! ホラホラちづちんとたくみん恥ずかし仲間! イェーイ☆」





千鶴「…………それ、慰めになっていませんけど」

里奈「うん、ごめん」

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:16:56.47 ID:H2MiygBao

里奈「ま、たくみんも夏樹も他人に言いふらすようなヤツじゃないから安心しなって」

千鶴「……別に、二人をそういう人だとは思っていません」

里奈「それにいざとなったらアタシも巻き込まれてあげるし!」

千鶴「?」

里奈「こんな感じで……りーにゃんラブリービーム☆」

千鶴「……」

里奈「あれ、コレ結構アタシいけんじゃん? 新境地開拓の予感!」






千鶴「……」

千鶴「……藤本さん、ありがとうございます」

里奈「へ? なにが?」

千鶴「……いえ、なんでも……なんでもないです」

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:18:58.62 ID:H2MiygBao


――




里奈「そろそろお腹すいたし、ちづちんお菓子食べよー☆」

里奈「アタシこれ持ってきたから……えーっと」ガサゴソ

里奈「じゃじゃーん☆ シンデレラガールズパン!」

千鶴「あっ……そのパン、最近販売が始まった商品ですか」

里奈「おまけで事務所の皆のシール付いてるし、パン自体もうまいしねー」

里奈「さーて今回は誰のシールが入ってるかなーっと」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:34:53.18 ID:H2MiygBao


里奈「……」モグモグ




千鶴「……」モグモグ




里奈「……」モグモグ







千鶴「……どうして純粋な笑顔が一人もいないんでしょうか」

里奈「いやコレさっちんはしゃーないっしょ。輝子は多分これが純粋ぢゃん?」

千鶴「……乃々ちゃんは?」

里奈「……次食べよう!」

千鶴(諦めた……)

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:39:16.77 ID:H2MiygBao

里奈「……」パクパク
千鶴「……」モグモグ
里奈「……」パクパク










里奈「アタシ達もこれくらいになれんのかなー」

千鶴「私は別に胸の大きさは気にしていませんが、大きくても肩が凝って大変だと思いますけど……」

里奈「でも大きい方が色々な事に役立つでしょ?」

千鶴「い、色々なことってなんですか!」

里奈「そりゃ、エロエロな事に決まってんぢゃーん♪」

千鶴「///」

里奈「ちづちん顔真っ赤できゃわわ☆」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:43:33.35 ID:H2MiygBao

里奈「ちづちんシークレットでたシークレット!」






里奈「ウチのプロじゃないけど一緒にやってくれるとか嬉しいよねー。まぢむねあつ!」

千鶴「なるほど……こういう角度でやった方が……さすが如月千早さん、参考になる……」

千鶴「ふりふりのかわいい衣装……私もこんな風に……」






里奈「……」ジー

千鶴「…………ハッ!?」

千鶴「違います違います、練習なんてしてません!」

里奈「じゃそのポーズってなにやってるん?」



千鶴「このポーズ……このポーズは……」


千鶴「……そう、のぞき穴です!」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:53:02.35 ID:H2MiygBao

里奈「のぞき穴かー。んじゃ外になに見える?」

千鶴「……」クルッ

千鶴「……空と街の景色が見えます」

里奈「他には?」



千鶴「ベンチに座っている東郷さん」




千鶴「別のベンチで絵を書いている由愛ちゃん」




千鶴「シートの上でお弁当を広げている月宮さんが見えます」




里奈「さっき食べたパンのシールと同じ風景が見えるなんて、ちづちんののぞき穴マジすごいねー」

千鶴「そうですね」






里奈「ちづちん」

千鶴「はい」

里奈「練習、するぽよー♪」

千鶴「……はい」

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:54:49.57 ID:H2MiygBao


――




里奈「もう夕方かー」

千鶴「いつの間に、そんな時間に……」

里奈「ねぇ、ちづちん」

千鶴「なんですか藤本さん」

里奈「今日、アタシと一緒にいて嫌じゃなかった?」






千鶴「…………えっ?」

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:56:31.74 ID:H2MiygBao

千鶴「……どうして、そんな事を聞くんですか?」

里奈「だって、今日はずっとちづちんを振り回してたし」

里奈「ちづちん優しいから言い出せなかったけど、アタシみたいなのと居るのホントは嫌だったかもなー……なんて」

千鶴「……」

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 17:58:18.99 ID:H2MiygBao

千鶴「……藤本さん」

里奈「うん」








千鶴「……コラッ」ポカッ

50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:00:14.10 ID:H2MiygBao

里奈「え……え? どしたんちづちん?」

千鶴「その言い方は……私みたいなのは藤本さんの様な人をよく思っていないという決めつけです」

千鶴「確かに世の中にはそういう関係性があるのも事実ですが……今日一日一緒にいてよく感じられました」

千鶴「藤本さんは……里奈さんは、ちょっと強引だけど、やさしくて素直で素敵な人だって……」





里奈「ちづちん……」

千鶴「だから、またそんな事を言ったら怒ります……本当に怒りますから」

里奈「うん。もう言わない」

千鶴「はい」

里奈「……それにしてもちづちん、アタシのこと里奈さんって呼んでくれたねー」

千鶴「……駄目ですか」

里奈「いいに決まってるぢゃーん☆ どうせなら里奈って呼んでみホラホラ♪」

千鶴「それは……それは駄目です! 里奈さんは年上なんですから、そこは譲れません!」

里奈「ちづちんマジ固いわー。でもそんなところがやっぱりきゃわわ!」ワシャワシャ

千鶴「はわわわわ」ガクガクガク

51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:02:21.11 ID:H2MiygBao

――



P「ただいまー」

里奈「ちづちん! プロデューサー帰ってきたし!」

千鶴「里奈さん……やっと放してくれた……」

P「ちづちん? 里奈って千鶴の事そんな風に呼んでたっけ?」

里奈「今日から呼び始めたぽよ~♪」

P「そうかそうか。じゃあ俺も千鶴のことちづちんって呼ぼうかな!」

千鶴「あ、プロデューサーは駄目です」

P「え、ひどくない?」



千鶴「今日は……今日のところは、里奈さんだけの呼び方ですから」

里奈「……あと、ちづちんはプロデューサーに別の呼び方されたいってのもあるし☆」

千鶴「なっ……! 里奈さん、まだそれを引っ張るんですか!」

里奈「だって面白いし! んじゃおつかれーっす☆」

千鶴「逃げ……忘れて下さい、忘れて!」

52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:03:11.16 ID:H2MiygBao

P「……」



P「……うん! やっぱり仲が良いっていいな!」

53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:06:49.25 ID:H2MiygBao

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:08:06.71 ID:V7iH6p3do
おっつ!
ほっこりした

55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:13:23.41 ID:H2MiygBao

自分の文だと口調も展開もなかなかうまくいかなくて悔しいので
みんなもかわいいこの二人をもっと書いて、どうぞ



56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:25:49.81 ID:kEQNr6iDO
いちおつ。

ヘレンさんの番組超見てぇ。

58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/04(月) 18:28:19.35 ID:aGtZDe17o
乙。こういう意外な組み合わせっていいよな



魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION
TVサントラ
アニプレックス (2013-12-25)
売り上げランキング: 54

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2140-fe7519af