ヘッドライン

伊織「あっ、今日は豚肉の特売日じゃない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:04:47.50 ID:WBAF4u6v0
伊織「早く行かないと、売り切れちゃうわ」

伊織「じゃあ、私は今日はもう帰るから、お疲れ~」

やよい「じゃあね伊織ちゃん」

律子「あれっ、伊織帰っちゃったの?」

やよい「はい、スーパーの特売日だからって」

律子「もー、この後打ち合わせだって言ってたのに」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:11:22.34 ID:WBAF4u6v0
伊織「今日はどうしようかしら、ワイン煮……って薄切り肉じゃできないわよね」

伊織「確か、玉ねぎがあったし生姜焼きでいいわよね」

伊織「って早くしないと時間が」
ダッ

──────
────
──

伊織「はぁ、あの主婦達のパワーはなんなのかしら」

伊織「豚肉買うだけで、ダンスと同じくらい疲れちゃったわよ」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:19:26.21 ID:WBAF4u6v0
伊織「あっ、そういえば電気料金払うの忘れてたわね。コンビニ寄っていかないと」

ガサガサ
伊織「えっと、金額は……」

伊織「げぇ、手持ちじゃあ足りないじゃないの」

伊織「……」

伊織「はぁ、また来る事にしよ……」

伊織「引き落としの手続きしてもらわないと、めんどくさいわね」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:30:35.51 ID:WBAF4u6v0
伊織「はぁ……」

千早「伊織?」

伊織「あら、千早じゃない」

千早「何かうな垂れているようだったけど、どうかしたのかしら?」

伊織「……いや、なんでもないわ。ちょっと荷物が重かっただけよ」

千早「スーパーって事は、ご飯は伊織が作っているの?」

伊織「そうよ、まぁ上手くはないけど少しずつはね……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:39:17.11 ID:WBAF4u6v0
千早「大変じゃない?」

伊織「えっ?」

千早「その……仕事と家事を一緒にやるっていうのは?」

伊織「……まぁ、思っていたよりも大変だったわね──」

伊織「けど、自分で決めた道だからしょうがないわね」

千早「……そう」

伊織「それに、案外知らない事をやるってのも楽しいわよ」ニシシ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:47:49.34 ID:WBAF4u6v0
千早「そうね、そうかもしれないわね」

伊織「っと、そろそろ行くわね」

千早「えぇ、また事務所で」




ガチャ
伊織「ただいま~」

伊織「ふぅ、やっぱりちょっと買いすぎたわね」

伊織「それとも、体が鈍ってるのかしら」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 10:55:14.40 ID:WBAF4u6v0
伊織「ふぅ、ちょっと休憩っと……」

ピッ
伊織「あっ、あずさと亜美じゃない」

伊織「確かこの番組、生放送よね」

伊織「なによ、頑張ってるじゃない」

伊織「ふふっ、さて私もそろそろ晩御飯作らなきゃ♪」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:03:55.39 ID:WBAF4u6v0
伊織「えぇっと……生姜と醤油を……」

伊織「分量は……」

ジュー
伊織「よしっ……あとは付け合せのキャベツを」

トントントントン……
伊織「つっ……」

伊織「うぅ……絆創膏……」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:11:06.52 ID:WBAF4u6v0
伊織「これで、出来上がりッと」

伊織「……」

伊織「これで大丈夫よね? ちゃんと出来てるわよね?」

伊織「ちょっと味見」パクッ

伊織「んー、まぁまぁかしら」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:17:46.28 ID:WBAF4u6v0
トスッ
伊織「ふー」

伊織「ちょっと今日は……疲れたわね……」

伊織「……」

伊織「……スー……スー……」


──
────
──────

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:28:29.93 ID:WBAF4u6v0
「……お……り」

伊織「…………んん……」

「……い、……おり」

伊織「……んっ」

P「伊織……ふぅー」

伊織「わっ、何!? 何今の!?」

P「おーさすが耳ふぅーの力、直に起きたな」

伊織「ちょ、ちょっとー」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:35:51.45 ID:WBAF4u6v0
伊織「もー、ったく子供じゃないんだから……」

P「はは、ただいま伊織」

伊織「はいはい」

P「……あるぇー? お帰りって言ってくれないのー?」

伊織「ふんっ」

P「へこむなー、伊織の為に頑張って仕事してきたのになー」

伊織「……お、お帰り」

P「んー?」

伊織「お帰りなさい!」

P「ん、ただいまー」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:45:23.72 ID:WBAF4u6v0
P・伊織「いただきます」

P「そういえば、今日はあずささんと亜美が生放送出たんだぞ」

伊織「あっ、それならちょっと見たわよ」

P「どうだった?」

伊織「まぁ、頑張ってるんじゃないの」

P「だよなー」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:47:19.37 ID:WBAF4u6v0
伊織「……」ウズウズ

P「ん、どうかしたか?」

伊織「へっ?」

P「いや、なんかじっとこっちを見てたから」

伊織「べ、別に」

P「ふーん」

伊織「……」

P「……」

伊織「……ご、ご飯どう?」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:52:31.00 ID:WBAF4u6v0
P「あぁ! そう言うことか」

伊織「ど、どうなのよ?」

P「美味しいよ。伊織が作る物はなんでも美味しいな」

伊織「と、当然でしょ…………二ヒヒ」



P「……そういえば、さっき寝てたけどさ」

伊織「うん」

P「やっぱり、仕事と家事の両立は大変なんじゃないか?」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 11:59:31.13 ID:WBAF4u6v0
伊織「別にそうでもないわよ、仕事って言っても小鳥や律子の手伝いだし」

P「そっか……けど律子が今日の打ち合わせの前に帰ったって怒ってたぞ」

伊織「あぁ、忘れてたわ。まぁ、明日謝っておくわ」


P「それと、伊織の家の事なんだけど……」

伊織「いいのよあんな家、縁が切れて清々してるわ」

P「でもな……」

伊織「いいの! 私は……」

伊織「私はこうして、あんたと暮らせるのが一番いいの」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:04:37.46 ID:WBAF4u6v0
P「だがなー……」

伊織「もう、何度も言わせないでよね」

伊織「私はあんたと一緒に暮らしたいの」

P「……あぁ、そうだな」

P「俺もこんな素敵なお嫁さんを手放したくはないしな」

伊織「な、何言ってるのよ///」

P「ん、もう一回言おうか?」

伊織「ちょ、ちょっと……」

P「いおりー、好きだー」

伊織「も、もー///





私もあんたの事が大好きよ///」

おわり

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:06:20.55 ID:VwjqAZYP0

いおりんが可愛過ぎて生きるのが楽しい



元スレ: 伊織「あっ、今日は豚肉の特売日じゃない」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349312687/

THE IDOLM@STER MASTER PRIMAL POPPIN' YELLOW
星井美希、水瀬伊織、三浦あずさ
日本コロムビア (2017-12-22)
売り上げランキング: 717

[ 2017/12/15 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/21208-c37b8a95