ヘッドライン

響「春香って、あれ絶対わざと転んでるぞー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513082098/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:35:42.21 ID:nirwndsx0

響「春香って、あれ絶対わざと転んでるぞー」

響「絶対わざとだぞー」

あずさ「うーん、そうかも…」

伊織「絶対わざとよ」

亜美「うん。そうに決まってるよ!」


響「春香はなんもない所で転びすぎさー」

あずさ「まぁ、春香ちゃんに悪気はないと思うんだけど…」

伊織「悪気あるに決まってるでしょ」

亜美「うん。きっとわざと転んでみんなの反応を楽しんでるんだよ」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:39:08.90 ID:nirwndsx0

響「実は、この前こんな事があったさー」

あずさ「え?何かあったの?」

伊織「どうしたの?」

亜美「なんかあったのひびきん?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:39:55.41 ID:nirwndsx0

響「さーって、今日も張り切って仕事するさー」

響「一発目に元気な挨拶は大事だぞー。さぁ、元気よく行くさー!」

ガチャ

春香「うあっととーーっ!?」

響「いっ!?」


ドンガラガッシャーン


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:40:21.30 ID:nirwndsx0


春香「ンーッ!?」チュゥ

響「ンーッ!?」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:42:05.81 ID:nirwndsx0

春香「あ!?響ちゃんごめん?ど、どっかぶつけなかった?」

響「あ、ああいや、どこもなんくるないさー」

春香「そ、そう良かった、目の前で急にドアが開いたから支えがなくなっちゃって…」

響「…まさか、元気良く欧米式挨拶が飛んで来るとは自分予想外だったぞー?」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:42:47.72 ID:nirwndsx0

春香「あ、そ、そうだよね…。今その唇が…ごめん」

響「ああなんくるないなんくるない。気にしないさ」

春香「そう、良かった…」

響「春香と自分の仲だもの。今さら何を恥ずかしがる事があるさー」

春香「ん?う、うんまぁ」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:43:27.64 ID:nirwndsx0

響「そんな事より、春香がたまにイヌ美の散歩してくれるかの方が問題だぞ」

春香「えっ?イヌ美ちゃんの散歩を私が?何で?」

響「あと、ハム蔵とかの世話も交代でやらなきゃダメだぞー」

春香「えっえっ?何のこと?」


響「いっしょに暮らすんだから、役割は分担して欲しいぞー」

春香「いつの間にか同棲話が進んでるぅー!?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:44:29.75 ID:nirwndsx0

響「あと、春香の手料理でハンバーグが食いたいさー」

春香「自分で作ればいいと思うよ!?」







11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:45:43.38 ID:nirwndsx0

響「…て事があったさー」

あずさ「あらあら、春香ちゃんらしいわね」

伊織「ドア開けたらいきなり春香が飛び出してきてチューとか」

亜美「もう完っ全にホラーだよホラー」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:46:37.01 ID:nirwndsx0

響「きっと、あれは扉の前で待ち構えてたに違いないさー」

あずさ「うーん、そうかも知れないわねー」

伊織「私たちも気をつけなきゃね」

亜美「うん。そうだねいおりん」


あずさ「あ、でも私もこんな事が…」

響「ん?」

伊織「何かあったの?」

亜美「なになにー?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:47:35.78 ID:nirwndsx0



あずさ「さーて、お茶にしましょうか」

あずさ「そうそう、スポンサーから事務所に届いたお菓子があったわね」

ガチャ

春香「おはようございまーす」


あずさ「あら、春香ちゃんおはよう」

春香「あ、おはようございますあずささん」

あずさ「これからお茶にするんだけど、春香ちゃんもどう?」

春香「え?いいんですか?」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:48:14.59 ID:nirwndsx0

あずさ「ええ。お菓子もあるわよ?」

春香「ほんとですか?わーい、頂きまーす」

あずさ「じゃ、ソファに座って待っててね?」

春香「はーい」スワリ

春香「…あっ!?」グラ

あずさ「えっ?」


ドンガラガッシャーン


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:49:30.47 ID:nirwndsx0


春香「ンーッ!?」チュゥ、ムニ

あずさ「ンン!?」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:50:04.10 ID:nirwndsx0

春香「あ、ご、ごめんなさい、大丈夫でしたあずささん!?」

あずさ「あ、え、ええ平気よ」

春香「はぁ、良かった…。私ってばドジ過ぎ…」

あずさ「ふふ…。もう、春香ちゃんはおっちょこちょいねー」サスサス

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:50:38.56 ID:nirwndsx0

春香「あ、あのそれで今唇が…あと胸も…私ったらごめんなさい…」

あずさ「あらあら、偶然触れただけじゃない。気にしないで」サスサス

春香「そ、そうですか…って、おなかさすってどうしたんですか…?」

春香「まさか、ぶつかった時に痛めました?」

あずさ「ああ、これ?」サスサス


あずさ「いつごろ生まれるかなーって。あ、動いた」サスサス

春香「想像妊娠しちゃってるぅー!?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:51:19.30 ID:nirwndsx0

あずさ「ほら、春香パパでちゅよー」サスサス

春香「幸せそうな笑顔でそういう事言うのやめてーっ!?」






19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:52:16.80 ID:nirwndsx0

あずさ「…っていう事があって」

響「ソファに座った瞬間転ぶって、ありえないさー」

伊織「普通のイスならまぁわからなくもないけど」

亜美「本っ当、わざとらしいよね」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:53:08.82 ID:nirwndsx0

あずさ「きっと、タイミングを計ってたんだと思う…」

響「あー、春香ならやりかねんさー」

伊織「悪知恵だけは働くんだから」

亜美「ズル賢いからねはるるんは」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:53:41.67 ID:nirwndsx0

伊織「そうそう、私もこの前階段ですれ違った時…」

響「階段で?」

あずさ「伊織ちゃんも?」

亜美「なんかあったのいおりん?」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:54:25.48 ID:nirwndsx0



春香「あ、伊織ー」



伊織「あら、春香じゃない」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:55:40.02 ID:nirwndsx0

春香「これから仕事?」


伊織「そう、これからロケよ。春香は?」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:56:17.53 ID:nirwndsx0

春香「私は帰りー。今日は撮影がスムーズに行ってさー」

伊織「ふーん、珍しい事もあるじゃないの」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:56:52.95 ID:nirwndsx0

伊織「春香がNG連発しないなんてね」

春香「もー、私だってたまにはNG出さない事ぐらいあるよー」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:57:19.78 ID:nirwndsx0

伊織「今からロケなのに雨が降っちゃうじゃない」


春香「もう伊織ってば。じゃ、仕事頑張ってねー」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:58:07.78 ID:nirwndsx0

伊織「あんたに言われなくても頑張るわよ…って春香!?」



春香「わわっ!?」グラ

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:58:41.40 ID:nirwndsx0

伊織「危な…って、何!?」

春香「あらら!?」ゴロロ


ドンガラガッシャーン

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:59:11.49 ID:nirwndsx0


春香「ンーッ!?」チュゥ

伊織「ンンッ!?」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 21:59:47.17 ID:nirwndsx0

春香「あ、い、伊織ごめん!?何ともない!?」

伊織「…まったく、今のは何なのよ。ええ大丈夫よ」

春香「そう、良かった…。それであの、ごめんねいま唇が…」

伊織「ああ平気よ。犬にでも舐められたもんと思えば」

春香「い、犬ってひどいな…。まぁ、でも良かった。ごめんね伊織」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:00:32.51 ID:nirwndsx0

伊織「うん。あ、ちょっと今電話するから」ピピ

春香「ん?電話?うん」

伊織「…あ、もしもし?日本グランドキングダムセレモニー?予約をお願いしたいんだけど」

春香「な、何だかすごそうな所に電話してるね」

伊織「ええ、水瀬家と天海家で。あんたの所、日本一豪華なんでしょ?」

春香「え?ちょ、ちょっと伊織何の電話を…」


伊織「式は明後日ね。…え?外国の王族の結婚式の予約が入ってる?」

春香「式場を抑えてるぅー!?」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:01:06.08 ID:nirwndsx0

伊織「そんなのキャンセルさせなさいよ。金に糸目はつけないから」

春香「あ、あの伊織、そういう国際問題に発展しそうな冗談は…ねぇ聞いてる?」






33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:01:41.13 ID:nirwndsx0

伊織「…って、事があって」

響「春香、階段の下にいたんだよな?」

あずさ「まぁ、さすが春香ちゃんね」

亜美「階段を転がり落ちたんじゃなくて?」


伊織「あんなのわざと以外考えられないわよ。階段を転がり上がるなんて」

響「そうかもなー」

あずさ「確かにねー」

亜美「わざとじゃなかったら、妖怪だよもうそれ」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:02:24.87 ID:nirwndsx0

亜美「あ、でも亜美もこんな事があって…」

響「ん?どんな?」

あずさ「何があったの?」

伊織「亜美も?」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:03:10.20 ID:nirwndsx0



ガチャ

亜美「おっはよー…おっ?」

春香「…」スースー

亜美「はるるんが、ソファで横になって寝てる?」

亜美「しめしめ、寝てる間に顔にラクガキのチャンス…って、えっ?」

春香「…」グラ


ドンガラガッシャーン


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:03:57.02 ID:nirwndsx0

亜美「…あ、危なかったー。巻き込まれるとこだった…」

春香「…」スースー

亜美「はるるん、床に落っこちてもまだ寝てるし。よっぽど疲れてるんだね」

亜美「これじゃ、ちょっとやそっとの事じゃ目を…って」

春香「…」グラ

亜美「ええっ!?」


ドンガラガッチャーン


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:04:30.27 ID:nirwndsx0


春香「…ン?ンーッ!?」

亜美「ンンーッ!?」


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:04:56.82 ID:nirwndsx0

春香「…な、何?あ、亜美!?もしかして巻き込んじゃった?ごめんどっか打なかった!?」

春香「私、寝相悪すぎ…。それとごめん、今唇が…って」

春香(…そういえば、前真美と同じような事があった時)

春香(真美、小鳥さんみたくなっちゃったよね…?まさか、亜美は大丈夫だよね!?)

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:05:38.28 ID:nirwndsx0

亜美「…」

春香「…」

亜美「…」

春香「あ、亜美?」


亜美「…そしてはるるんは、戸惑う亜美のほほにそっと手を触れ…」

春香「やっぱりダメだったー!?」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:06:57.00 ID:nirwndsx0

亜美「そして二人は手を取り合い…。タンガロニア共和国へ…」

春香「だから、タンガロニア共和国ってどこそこー!?」

亜美「そこは今…軍事クーデターの真っ最中…」

春香「政情が不安定ー!?」

亜美「けど二人は…力を合わせて、争いを収め…」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:07:46.87 ID:nirwndsx0

亜美「島の女王として君臨し、いつまでも、仲良く幸せに暮らしましたとさ…」

春香「お、お願い亜美、戻ってきてーっ!?」






42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:09:09.72 ID:nirwndsx0

亜美「…って事があったんだよー」

響「ソファから落ちて床からさらに転ぶって全然イメージできないぞー」

亜美「亜美もあの二段オチは予測不可能だったよ。けど絶対わざとだねあれ」

あずさ「春香ちゃん、ちゃんと夜寝れるのかしら…」

伊織「きっと、人のいないとこなら転ばないのよ」

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:09:43.26 ID:nirwndsx0

響「まぁとにかく、転ぶのはいいけど人を巻き込むのは勘弁さー」

あずさ「ええ、そうよね」

伊織「本当よ」

亜美「そうそう」


亜美「それに、転んだあとのはるるんのフォローがひどいんだよねー」

響「そうそう」

あずさ「うーん…。まぁ、気は使ってくれるけど」

伊織「ひどいなんてもんじゃないわよあれは」

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:10:37.48 ID:nirwndsx0

亜美「冗談をあんな真に受けられると、こっちが余計恥ずかしくなるよ」

響「そうだぞー。自分、春香と同棲したいなんて思った事もないぞー」

あずさ「そうね。私も春香ちゃんとの間に子供できちゃったら困るわ…」

伊織「春香と挙式なんて冗談じゃないなわよ。しかも日本一豪華な式場で」

亜美「亜美も。はるるんと二人でタンガロニア共和国でいつまでも幸せにとか」

亜美「だからさ、今度はるるんが転びそうになったら絶対近づかないで」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:11:17.56 ID:nirwndsx0

ガチャ

春香「おはようございまーす」


響「…」ダッ

あずさ「…」バッ

伊織「…」タタッ

亜美「…」シュバッ


春香「え?な、なに?みんなどうしたの?」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:12:13.86 ID:nirwndsx0

春香「…」



響「…」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:12:44.01 ID:nirwndsx0

春香「…響ちゃん。なにそれ?」



響「…」

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:13:16.04 ID:nirwndsx0

春香「その、輪っかにしたロープと、吊り上げる仕掛け…」



響「…」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:14:20.96 ID:nirwndsx0

春香「それ、あれだよね。引っかかると足がグイーンって吊り上げられるやつ?」

春香「もしかして、それで私を転ばす気?」



響「…」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:15:35.09 ID:nirwndsx0

春香「けどまず、丸見えだったら引っかかるわけないよね?」

春香「そして、万が一それに引っかかったとしたら逆さ吊りになるわけで」

春香「別に、転ぶってわけではないよね?」



響「…」

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:17:51.50 ID:nirwndsx0

春香「ま、まぁ奥に荷物置きに行くから。当然よけて通らせてもらうけど…」スッ



響「…」グイーン

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:18:54.45 ID:nirwndsx0

響「…」?


春香「その、『あれ?何で獲物がかかってないんだ?』みたいな顔は何?」

春香「そもそも、響は私を逆さ吊りにしてどうするつもりだったの?」

春香「響ちゃんって実は沖縄じゃなくて、人食い人種の島出身とかじゃないでしょうね?」

春香「…そして」

53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:19:46.83 ID:nirwndsx0

春香「あずささん…」



あずさ「…」

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:20:44.49 ID:nirwndsx0

春香「ブルース・リーっぽい格好に、いかにも今適当に考えたカンフーっぽい構え…」



あずさ「…」

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 22:22:05.02 ID:nirwndsx0

春香「それ、私知ってますよ。鉄拳のマーシャル・ロウですよね」

春香「確か、ドラゴンテイルってものすごい足払い技を繰り出すゲームキャラですよね?」

春香「あれ、生身の人間にはとても出せる技じゃないと思いますよ?」


あずさ「…」

56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:20:36.72 ID:nirwndsx0

春香「中途半端に繰り出そうとして、腰でも痛める未来しか見えませんよ?」

春香「そうなっても責任は持ちませんからね?それじゃ、通りますけど…」スッ



あずさ「…」バッ、グキリ

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:21:29.30 ID:nirwndsx0

あずさ「…」ウーン、ウーン…


春香「ほ、ほら、だから言ったんですよ?」

春香「出そうとした瞬間あっダメだってなりませんでした?でも止まらなかったんですか?」

春香「今荷物置いたら、サロンパス持ってきますからね?」

春香「…そして」

58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:22:21.79 ID:nirwndsx0

春香「伊織…」



伊織「…」

66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:52:03.67 ID:F1SNDoyU0

春香「…あー、何か見たことあるその格好。歴史の教科書で」

春香「多分、あれだよね?」

春香「コロンブス…」


伊織「…」

67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:53:03.88 ID:F1SNDoyU0

春香「…そもそも、何で?コロンブスの格好すれば私が転ぶと思った?」

春香「だとしたら伊織、それ何かの末期症状だよ?恐らく」

春香「今までの人生で、コロンブスの格好が人を転ばした事ってあった?」


伊織「…」

68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:54:05.19 ID:F1SNDoyU0

春香「あったのかも知れないけど。あとコロンブスって、転べブスとか言われてるみたいで…」

春香「気分が悪いよ?もしかしてそういう意味?まぁ、普通に通らせてもらうけど…」スッ



伊織「…」ギリッ

69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:55:06.95 ID:F1SNDoyU0

伊織「…」キッ


春香「だ、だからそんな顔されてたってね」

春香「伊織。もし、コロンブスの格好した人の横を素通りしただけでそんな顔されたら」

春香「伊織はどんな気分になる?伊織、冷静になろ?」

春香「…そして」

70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:56:25.87 ID:F1SNDoyU0

春香「亜美…」



亜美「…」

71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:57:10.41 ID:F1SNDoyU0

春香「両手を半端なガッツポーズみたいにして、得意げな顔…いわゆるドヤ顔して…」

春香「私、それ知ってるよ?あれだよね?」

春香「コロンビア…」


亜美「…」

72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:57:48.61 ID:F1SNDoyU0

春香「だから何?それ伊織のとほぼ一緒だよ?ネタ切れ感が甚だしいよ連続でダジャレって」

春香「それに、中途半端に伊織と似たようなネタで微妙な空気漂わすくらいなら…」

春香「伊織と全く一緒のやつやった方が、いっそすがすがしいよ?」



亜美「…」

73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:58:39.85 ID:F1SNDoyU0

春香「ていうか今までので一番手間がかかってないよ?亜美がドヤ顔してるだけだからね?」

春香「どうせ何もない所で転ぶオチだから、手抜いてやろうって意識が見え見えだよ?」



亜美「…」

74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 22:59:15.19 ID:F1SNDoyU0

春香「…まぁ、いつまでもこうしてても仕方ないね。じゃあ、通らせてもらうよ」スッ



亜美「…」ニッ

75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:00:56.20 ID:F1SNDoyU0

亜美「…」ドヤァ


春香「だ、だから何でドヤ顔なわけ?何か成し遂げた?」

春香「今までの亜美の行動で、意味の通じるものが1つもないからね?」

春香「ヤケクソになるのもほどほどにね?」

76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:01:33.34 ID:F1SNDoyU0

響「…」?

あずさ「…」ウーン、ウーン…

伊織「…」キッ

亜美「…」ドヤァ


春香「な、何なのこれ?この事務所どうなっちゃったの?」

春香「響は空っぽの罠見上げてるしあずささんは腰抑えてうなってるし」

春香「伊織はコロンブスの格好で睨んで来るし亜美はドヤ顔してるし」

春香「まぁ、何とか無事に荷物置き場に到着できたから…あっ!?」グラ


ドンガラガッシャーン


77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:02:10.40 ID:F1SNDoyU0

響「あ、転んだぞー」

あずさ「あら、そうね」

伊織「何もない所でね」

亜美「やっぱりね」


春香「い、いったー…」


78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:08:22.05 ID:F1SNDoyU0

春香「…もう、だから何でそんなのん気に眺めてるんですか」

春香「みんなちょっとぐらい、心配してくれたって…」

春香「…そして、何かやな予感が…って」

79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:08:54.83 ID:F1SNDoyU0

響「ん」チュゥ

春香「ンーッ!?」


あずさ「んっ…」チュゥ

春香「ンンーッ!?」

80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:09:22.99 ID:F1SNDoyU0

伊織「んーっ」チュゥ

春香「ンーーッ!?」


亜美「んっ」チュゥ

春香「ンンーーッ!?」

81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:10:25.66 ID:F1SNDoyU0

春香「ちょ、ちょーっと待ってってば!?」

春香「だから、これどういう事!?」

82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:11:01.57 ID:F1SNDoyU0

響「だって自分、春香と同棲したいぞー」

あずさ「二人くらいは欲しいわね…」

伊織「思いっきり豪華な式あげちゃうから」

亜美「はいこれ。タンガロニア共和国行きの航空券」


春香「全っ然、言ってる意味がわからないんだけど!?」

83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:11:43.65 ID:F1SNDoyU0

響「はー…。まったく春香ってば」

響「わざとらしいぞー」


春香「だ、だから何の事…ンンーーーーッ!?」


おわり

84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/14(木) 23:12:34.90 ID:F1SNDoyU0
以上でした
依頼出してきます



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 響「春香って、あれ絶対わざと転んでるぞー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513082098/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/21204-e118cc45