ヘッドライン

P「伊織に好きな人が出来たらしい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:42:04.23 ID:2CGutM84i
P「誰だろうか…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:47:01.23 ID:2CGutM84i
P「最近伊織の様子がおかしくないか?」

律子「おかしい……と言うと?」

P「遠くを見つめて溜息をつく事が多い」

律子「ふむ…それはきっと」

P「きっと?」

律子「好きな人でも出来たんじゃないですか?」

P「」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:50:59.47 ID:2CGutM84i
P「あばばばば」ガタガタ

P「伊織に好きな人が……」

律子「そんなに動揺しなくても」

P「これが動揺せずにいられるか!!」

律子「そもそも憶測ですから」

律子「真偽は定かではありませんよ」

P「なんだ良かった」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:54:12.49 ID:2CGutM84i
律子「それとなく聞いてきてあげますよ」

P「さすが律子だ! 頼りになる!」

律子「はいはい」

P「じゃあ俺は営業に行ってくるよ」

律子「お気をつけて」

P「おーう」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:00:04.11 ID:2CGutM84i
~後日~

伊織「最近、アイツの様子がおかしいの」

律子「アイツ? ……ああ、プロデューサーの?」

伊織「ん…」

律子「おかしいって…?」

伊織「遠くを見つめて溜息なんかついて…」

律子「……」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:06:34.29 ID:2CGutM84i
律子「…好きな人でも出来たんじゃない?」

伊織「」

伊織「あわわわわ」

伊織「アイツに好きな人が……」


律子(デジャヴ?)

伊織「どこの誰なの!? ねぇ!!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:14:23.26 ID:2CGutM84i
律子「これはあくまで憶測よ」

伊織「そ、そうよね!」

律子「そうよ」

伊織「でも…本当にそうかも知れないし…」

伊織「それとなく聞いてみてくれない?」

律子(えー…)

律子「はいはい」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:19:47.44 ID:2CGutM84i
……




P「はぁ……伊織…」

律子(声に出てる…)

律子「プロデューサー?」

P「うひゃあ!?」ビクッ

律子「そんなに驚かなくても…」

P「どどどうした?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:22:51.43 ID:2CGutM84i
律子「単刀直入に聞きます」

P「…?」

律子「伊織の事が好きでしょう?」

P「…は?」

P「え、ちょ……なっ…!」

律子「……もう結構です」

律子「今の反応で概ねわかりました」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:25:54.28 ID:2CGutM84i
律子(プロデューサーは伊織の事が好き、と)

律子(さて、伊織は…)


伊織「はぁ…プロデューサー…」

律子(もう聞くのも面倒な気がする…)

律子「ねえ、伊織」

伊織「ひゃあ!」ビクッ

伊織「ななな何よ!?」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:29:55.58 ID:2CGutM84i
律子「単刀直入に聞くけど…プロデューサーの事が好きでしょう?」

伊織「…は?」

伊織「え、ちょ……なっ…!」

律子「もういいわ…」

律子(反応まで同じ…)



律子(もう結婚しちゃえばいいのに)

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:35:53.99 ID:2CGutM84i
P「どうだった?」

律子「好きな人がいるみたいです」

P「」

P「ど、どこの馬の骨だ!」

律子「鈍感で、頼りなさそうで、実は頼りになる、眼鏡をかけた人です」

P「断言しよう、ロクな奴じゃない!」

律子「たった今私もそう思いました」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:42:02.76 ID:2CGutM84i
伊織「ど、どうだった?」

律子「間違いなく好きな人がいるわ」

伊織「」

伊織「ど、どこのどいつよ!」

律子「強がりで、素直になれなくて、甘えたがりな人ね」

伊織「そんな面倒臭そうな奴、やめたほうがいいわよ!」


律子「頭痛くなってきた…」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:50:56.88 ID:2CGutM84i
律子「告白したらどうです?」

P「え」

律子「好きなんでしょう?」

P「いやいやいや……プロポーズだなんて」

P「アイドルとプロデューサーだぞ?」

律子「その辺の常識はありましたか」

P「遠くから愛でるだけで満足なんだ」

律子「へえ…」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:57:26.53 ID:2CGutM84i
律子「告白したら?」

伊織「え」

律子「好きでしょう?」

伊織「いやいやいや……プロポーズだなんて」

伊織「アイドルとプロデューサーよ?」

律子「その辺の認識も一緒か」

伊織「それに、遠くから見つめてるだけで…幸せだし……」


律子「…もどかしい」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:09:06.09 ID:L1RCl+2ri
律子「作戦があります」

P「え、どんな?」





律子「……というのを」

P「いやいやいや!! 無理だって!」

律子「頑張ってー」

P「何でそんなに投げやり!?」

律子「気のせいです」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:13:48.51 ID:L1RCl+2ri
律子「明日は印鑑を持って来て」

伊織「え、どうして?」

律子「必要な書類があるのよ」

伊織「ふぅん…わかったわ」

律子「じゃあ、また明日」

伊織「ええ」




律子「これで良し…と」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:18:01.17 ID:L1RCl+2ri
伊織「律子…はいない…」

伊織「何だったの…?」



P「あの、伊織?」

伊織「ひゃい!?」ビクッ

P「ひょう!?」ビクッ

伊織「どど、どうしたの?」

P「あ、あああの! この書類にサインと印鑑を!」



律子(二人ともぎこちない…)

小鳥(なんか初々しいですね)

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:24:24.28 ID:L1RCl+2ri
伊織「ええと……これ…!!」

P「しゅきです!」


律子(噛んだ)

小鳥(噛んだ)

伊織「……え?」

P「」



P「もうアレだ、死にたい」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:30:11.33 ID:L1RCl+2ri
伊織「い、今…私のこと、しゅきって」

伊織「…っ!!」


律子(通じた…)

小鳥(伊織ちゃんも噛んだのでは?)

律子(そうかも…)


P「好きだ!!伊織!」

伊織「私も、だいすき!」

P「いいや、俺の方が好きだぁ!」

伊織「なによ! 私の方が!」



~以下ループ~

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:34:18.72 ID:L1RCl+2ri
小鳥「さて問題です」

律子「はい」

小鳥「二人は何回『好き』と言ったでしょうか」

律子「数えたくないです」

小鳥「同感です」


伊織「好き…」

P「俺も、好きだ…」


律子「まだやってる」

小鳥「放っておきましょう」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:35:40.06 ID:L1RCl+2ri
おわり

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:36:55.11 ID:3lbG1lSd0



元スレ: P「伊織に好きな人が出来たらしい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347889324/

THE IDOLM@STER MASTER PRIMAL POPPIN' YELLOW
星井美希、水瀬伊織、三浦あずさ
日本コロムビア (2017-12-22)
売り上げランキング: 623

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/21166-f87a1e2d