ヘッドライン

桃華「Pちゃまと♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512751944/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 01:53:05.86 ID:s/jy9rJW0
「ねぇねぇ桃華ちゃん!桃華ちゃんって好きな人とかいるー?」

桃華「好きな人…ですの?」

「うん!」

桃華「アイドルですからそういった事はあまり…」

「えー、気になってる人とかいないの?」

桃華「…」


桃華(Pちゃま…)


「あ、いるんだー!」

桃華「い、いえ!いませんわ!」

「だって今考えたでしょー!」

桃華「考えていませんわっ!」

「絶対考えたってー!」

桃華「もうっ!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 01:54:18.00 ID:s/jy9rJW0
キーンコーンカーンコーン

桃華「Pちゃま遅いですわ…」

「誰か待ってるのー?」

桃華「えぇ」

「誰々ー!?」

桃華「私のプロデューサーですの!」

「なーんだ、男子じゃないのかー」

桃華「だから私はそういった…」

「桃華ちゃん可愛いから絶対いけると思うんだけどなー」

桃華「…」


「あ、あの車そうかな?」

桃華「Pちゃま!?…いえ、違いますわ」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 01:54:49.03 ID:s/jy9rJW0
「…あー」

桃華「な、なんですの…?」

「べっつにー!何でもない!」

桃華「ち、違いますわ!Pちゃまはその!素敵な男性ですけどそういった」

「ひゅーひゅー!」

桃華「もうっ!知りませんわっ!」

「ごめんごめん!あ、あれは?」

桃華「あれは…そうですわね」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 01:55:49.68 ID:s/jy9rJW0
P「悪い、待たせたな」

桃華「大丈夫ですわっ♪」

P「それじゃ行こうか、桃華と話してくれてありがとね」

「桃華ちゃんをよろしくねー!」

P「うん」

桃華(絶対違う意味ですわ…)

「バイバーイ!」

バタムッ


P「今から雑誌の撮影だが…いけるか?」

桃華「えぇ、構いませんわっ♪」

P「じゃあ行こうか」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 01:56:59.34 ID:s/jy9rJW0
P「何話してたんだ?」

桃華「えーっと…その…」

P「言いにくい話か?」

桃華「…はい」

P「ま、無理にとは言わないさ。女子の秘密ってやつか」

桃華「ふふっ、Pちゃまはお優しいですわねっ♪」

P「どうも」


桃華「…Pちゃま?」

P「なんだ?」

桃華「その…いきなりで何ですけど、Pちゃまは女性との恋愛は考えていまして?」

P「恋愛?」

桃華「結婚とか…」

P「あー…考えてないな」

桃華「何故ですの?」

P「んー…あんまそういうのにいい思い出が無くてな」

桃華「いい思い出…ですの?」

P「うん、友人のを見てると彼女いてもすぐ別れてたり親も仲悪かったしなんだかなあって」

桃華「そうですの…」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 01:58:43.04 ID:s/jy9rJW0
P「まあいい人がいたらしたいんだけどな、なかなかいないよ」

桃華「…どういった人が好みですの?」

P「なんだなんだ、今日はグイグイ来るな」

桃華「…ちょっとした宿題ですわ♪」

P「変な宿題もあるもんだなぁ…まあそうだな、明るい子が好きかな」

桃華「明るい子…ですの?」

P「うん、冗談言ったら冗談で返してくれたりしてな」

桃華「冗談を…周子さんみたいな感じでしょうか…?」

P「あー、確かにそうかもな」

桃華「でしたら、Pちゃまは周子さんをお好きでして?」

P「あはは、好きって言ったら好きかもなあ」

桃華「そうですの…」

P「まあ周子もアイドル引退したらいい男見つけて欲しいな」

桃華「…もし周子さんがPちゃまとって言ったらどうするんですの?」

P「うえっ!?…それはないない」

桃華「ありますわっ!Pちゃまは素敵な男性ですもの!」

P「それは…ありがとな、お世辞でも嬉しいよ」

桃華「本心ですわっ♪」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:00:42.54 ID:s/jy9rJW0
P「あはは…そういう桃華はどうなんだ?」

桃華「私ですの?」

P「好きな人とかいないのかなって」

桃華「私は…」

P「同年代とかで結構良い奴とかいるんじゃないか?」


桃華「…明るい方や優しい方はいますけれど少し魅力に欠けますわね」

P「手厳しいな」

桃華「もうちょっと大人になって欲しいですわ」

P「まーまだ小学生だしな、来年中学とはいえまだまだだろ」

桃華「ええ、分かってますわっ♪」

P「寧ろ桃華が大人すぎるんだって」

桃華「そうでしょうか…?」

P「だって大人の俺よりマナー知ってるしさ」

桃華「それは生まれつきですもの。仕方ありませんわ」

P「人に気遣いだってできるし自分がまだ子供だって理解できるし、素敵な女性だよ」

桃華「さ、流石にここまで言われると少し恥ずかしいですわ…///」

P「本心だよ」

桃華「…悪い気はしませんけれどっ♪」

P「良かった」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:03:21.63 ID:s/jy9rJW0
P「よし、着いた着いた。撮影頑張ろうな」

桃華「えぇ、先程も言われた通り私の大人っぽさを見せてさしあげますわっ!」

P「その意気だ」

パシャパシャ


桃華「ふふっ♪」ニコッ

「いいねー!いい笑顔!」


P(うん、表情も柔らかくて衣装も似合ってるな)

「すんません、次のセッティングなんすけど…」

P「ああはいはい、何ですか?」

「実は手配の間違いで予定していた衣装と違う衣装が来ちゃったんすよね…」

P「元々の衣装が届くのは?」


「あー…それがー…そのー…」

P「…その衣装見せてもらえます?」

「えっ?ああ…はい…」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:05:10.33 ID:s/jy9rJW0
P「…ふむ」

「イメージと大分違うんすけど…」

P「いや、大丈夫です」

「ええ!?」

P「桃華ならこれを着ても大丈夫です」

「撮影の日を改めるとかは…」

P「雑誌の掲載に間に合わなくなるよりかはこっちを着た方がいいかと」

「…すんません」

P「謝ることは無いです、寧ろチャンスですから」

「…?」


「はいオッケー!その調子で次いこうか!」

桃華「ありがとうございますっ♪」

P「桃華、話がある。仕事の話だ」

桃華「えぇ、分かりましたわっ♪」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:06:04.01 ID:s/jy9rJW0
P「実は向こうの手違いで紅いドレスを着てもらう予定が青いドレスが届いててな」

桃華「青…ですの」

P「…いけるか?」

桃華「勿論ですの!」

P「そうか、話は通してあるから後は頼んだ」

桃華「お任せくださいましっ♪」



桃華「よろしくお願いしますっ!」

「はい、撮るよー!」

パシャパシャ

桃華「…」キリッ


「…さっきの笑顔とは打って変わって凛々しい表情っすね…」

P「名監督と名選手、でしょ?」

「はは…そっすね」

P(いらん事言ってしまったな…)

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:07:25.04 ID:s/jy9rJW0
「はいオッケー!お疲れ様ー!」

桃華「お疲れ様ですのっ♪」

P「お疲れ様、すごく良かった」

桃華「たまにはこういった衣装も良いですわね♪」

P「怪我の功名だな」



P「さて、帰るか」

桃華「ふぅ…少し疲れましたわ…」

P「寝てっていいぞ?」

桃華「…大丈夫ですの」

P「無理しなくていいからな」

桃華「無理はしていませんわっ♪」

P「ならいいんだけど」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:09:06.79 ID:s/jy9rJW0
桃華「…Pちゃま?」

P「何だ?」

桃華「撮影の日を改めなかった理由を教えてくださいます?」

P「桃華ならいけると思った、それだけ」

桃華「予定とかでは無くて…?」

P「それもあるけど…この衣装も着こなしてくれると思ったから」

桃華「そうでしたの」

P「正解だったな」

桃華「えぇ、流石は私のPちゃまですわっ♪」

P「読者の反応が楽しみだな」

桃華「きっと驚くと思いますわっ♪」

P「違いない」


桃華「それと、Pちゃまからはどうお見えになったか聞いてもよろしくて?」

P「俺からか?うーん…」

桃華「正直に言ってくださいな♪」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:10:10.32 ID:s/jy9rJW0
P「綺麗…だなって」

桃華「綺麗…ですの?」

P「うん、立ち振る舞いとかもあるんだろうけど…青のドレスと相まってよりそう見えた」

桃華「ふふっ…Pちゃまったら♪」

P「今度からはああいうのもいいなって俺は思うけどどうだ?」

桃華「私はPちゃまの判断ならどんなお仕事でも付いて行きますわっ!」

P「…そうか」

桃華「えぇ、信頼していますもの」

P「俺も桃華ならどんなことでもできるって思ってる」

桃華「Pちゃま…」

P「…なんてちょっと臭かったか」

桃華「…いえ、私もそう思いますっ♪」

P「良かった」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:12:08.73 ID:s/jy9rJW0
P「少し寄っていきたい場所があるがいいか?」

桃華「大丈夫ですわっ♪」

P「悪いな、疲れてるのに」

桃華「これぐらいなら平気ですわ♪」

P「助かるよ」

桃華「それより、どこに寄りますの?」

P「秘密」

桃華「着くまでのお楽しみって奴ですわね♪」

P「そんなとこ」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:12:53.85 ID:s/jy9rJW0
P「よし、着いたぞ」

桃華「まぁ…綺麗なクリスマスツリー…」

P「まぁ…なんだ、デビューして大分経つからその祝いというか、な」

桃華「ふふっ、相変わらずお下手ですわね」

P「悪いな、キザなセリフ吐けなくて」

桃華「Pちゃまらしいですわ♪」


P「クリスマスツリーを見るとあの衣装を思い出すな」

桃華「あれは中々チャーミングな衣装でしたわね…」

P「今思えばあれが始まりの衣装なのか…」

桃華「私も衝撃的でしたわ…」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:13:30.90 ID:s/jy9rJW0
P「…」
桃華「…」


P「ははは」
桃華「ふふっ」



P「これからもよろしくな」

桃華「こちらこそ、ですわっ♪」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:14:26.62 ID:s/jy9rJW0
「ねぇねぇ桃華ちゃん!」


桃華「…」ボー


「桃華ちゃん!!」


桃華「はっ!な、なんですの?」

「もー、絶対あの人の事考えてたでしょー!」

桃華「な、なんで分かりましたの!?」

「恋してる顔だったよ♪」

桃華「そ、そのような顔はしておりませんわ!」

「うっそだー!なんかいい事あったんでしょー?」

桃華「うっ…えぇ、そうですわ」

「なになにー!?」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:15:00.25 ID:s/jy9rJW0







桃華「…Pちゃまと繋がれましたの♪」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:15:36.56 ID:s/jy9rJW0
「…えっ!?」

桃華(いつかきっと…心だけではなく…)

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/09(土) 02:18:12.55 ID:s/jy9rJW0
終わりです

6周年おめでとうということで書きました、6年後の桃華も書こうかなと思ったんですけどサザエさん空間という事でぼかしました
ありがとうございました



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 桃華「Pちゃまと♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512751944/


[ 2017/12/09 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/21123-c51d18ed