ヘッドライン

美琴「と、とうまー とうまー」 上条「…一体どういうつもりだ?」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 08:33:31.88 ID:VgCIadkeO
上条「いったいどういうつもりかと聞いているんだが」

美琴「よく見るんだよとうま~私はインデックスなんだよ~」

上条「本当にどういうつもりなんですか御坂さん?からかうのもいい加減にしてほしいんですが」

御坂「ううぅまったく信用してくれないんだよ」

上条「上条さんはこれから早く帰って腹を空かした獰猛な肉食獣に餌をやらないと上条さん自身が食べられてしまうかもしれないんですが」

御坂「うう~一体それは誰の事を言っているのかなぁ~?」ピキピキ

上条「え?って御坂さんなんでそんな狂暴な目つきにって」


ガブリ


上条「痛ったああああ!!!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 08:41:00.56 ID:VgCIadkeO
上条「不幸だ…」

美琴「とにかくお家に帰るんだよ、そうすれば私のかっこをした短髪が居るはずなんだよ」

上条「なんだかわからないけど御坂さん、家までついてくる気なんでせうか?」

美琴「だあ~かぁ~らぁ~」ギラリ

上条「わ、わかった!わかったから!だから、歯をギラギラさせて噛むポーズとるの止めてください!!」

美琴「まったくとうまはもの分かりが悪いんだよ」

上条「(やれやれとにかく家に連れて帰るしかないか)」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 08:49:20.43 ID:VgCIadkeO
上条「ただいま~」

美琴「ただいまなんだよ~って居た!」

イン「お、おかえりなさい、と、と、とうま///」

上条「すまんなインデックス、なんか御坂が変な事を言って家について来ちゃったんだよ」ヒソッ

インデックス「そ、そうなんだ…(耳元って近い、近いよぅ///)どうしたのかな?み、御坂さん?」

美琴「ちょっと!私のかっこしたアンタ短髪でしょ!!」

インデックス「な、何を言っているの?御坂さん?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 08:57:57.57 ID:VgCIadkeO
美琴「ううぅ~どうやって入れ替わったかわからないけど早くわたしの体を返すんだよ!」グイグイ

インデックス「ちょ、ちょっとやめて」

上条「おい、御坂無茶すんな」

美琴「いい加減にするんだよ~体を返すんだよ~」グイグイ

インデックス「い、痛い」

上条「!」

上条「御坂いい加減にしろ!!」

美琴「!」ビクッ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 09:07:59.25 ID:VgCIadkeO
上条「何がしたいのかわからないけどインデックスは俺の家族みたいなもんだ!傷つけるような事はやめてくれ!!」

美琴「…」ショボン

インデックス「…」

上条「…大きな声あげて悪かった、だが今日はもう帰ってくれ」

美琴「…とうま」グス

インデックス「…」

上条「…」

美琴「…わかったんだよ」

ガチャ

バタン

インデックス「…」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 09:13:04.07 ID:VgCIadkeO
上条「ふぅ大丈夫かインデックス?」

インデックス「…」

上条「インデックス?」

インデックス「え?えぇ大丈夫、大丈夫だよ」

上条「すまんな、今日の御坂はちょっと様子がおかしかったんだがまさかあんな事をするとは」

インデックス「そ、そうなんだ」

上条「御坂があんな奴だなんて思わなかったよ」

インデックス「!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 09:23:33.45 ID:VgCIadkeO
上条「今までは色々あって親しくしてたけどもう相手にしないほうがいいかもな」

インデックス「え!いや!嫌だよそんなの!」

上条「え?」

インデックス「え、あ、その…御坂さんだって今日はちょっと調子が悪かったからあんな感じだっただけできっとたまたまだよ!そう!」

上条「そうなのか?」

インデックス「み、御坂さんだって悪気があった訳じゃないんだと思うんだよ!だから嫌いにならないであげて!!」

上条「まぁインデックスがそこまで言うなら…」

インデックス「色々あって疲れてただけだと思うよ!うんきっとそう!」

上条「そう…だな、アイツレベル5だし色々あるからな
俺も強く言い過ぎたし今度ゆっくり話してみるよ」

インデックス「うん!そうだね!」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 09:31:42.53 ID:VgCIadkeO
上条「でもインデックスは優しいな」

インデックス「え?」

上条「普通なかなか自分に攻撃してきたやつを許せないもんなんだぜ」

インデックス「そ、そんなことないよ」

上条「いや~上条さんはインデックスさんが優しい子に成長してくれてホント嬉しいですよ」ナデナデ

インデックス「ひっ!///」フニャー

上条「おわっ大丈夫か?」

インデックス「フニャー///

」上条「あっ、腹減って倒れそうだって?すぐご飯作るな~」

インデックス「アタマナデナデサレチャッタ…///」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 09:41:18.82 ID:VgCIadkeO
美琴「グスン…とうまが全然信じてくるなかったんだよ…」


黒子「あれは…お姉さまじゃないですの?」

黒子「!」

黒子「お姉さまが泣いてる…」

シュン

黒子「お姉さまあああ!一体何があったんですの!!」ダキッ

美琴「うぅ…とうまが…とうまが…うわああん」

黒子「とうま?あの類猿人のことですの?」

美琴「うわああん!!」ギュウウ

黒子「(こんな子供の様に泣きじゃくるお姉さまを見るのは初めてですの…)」

黒子「(とにかくこれはチャンスですの!早く部屋でお姉さまを『慰め』ないと!!)」

シュン

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 10:04:43.93 ID:VgCIadkeO
美琴「グス、ヒック…ここは?」

黒子「あらあらお姉さま、涙で綺麗なお顔がグシュグシュですのよ、シャワーでも浴びてきたらいかがです?」

美琴「どこかわからないけどとにかく疲れたからシャワー借りるんだよ…」

黒子「お姉さま、大丈夫ですの?何があったかわかりませんがとにかくシャワー浴びて気を落ち着かせてくださいまし」

美琴「…うんなんだよ」


シャアアア


美琴「…とうまに嫌われちゃったかな…なんだかまた悲しくなってきたんだよ…グス」


シュン

「お姉さまお背中流させて頂きますわ」


美琴「ひゃっ!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 10:18:45.23 ID:VgCIadkeO
美琴「ど!どこから入ってきたんだよ!ドアは開いてないんだよ!」

黒子「あらあらあらおねーさまお忘れですの?黒子はレベル4のテレポーターですのよ?」サワサワ

美琴「ひゃあぁ!ど、どこさわっているんだよ!!」

黒子「まぁいやですのお姉さま、そんな事を黒子の口から言わせたいんですの?痴辱ぷれいですの?
でもお姉さまがお望みならいくらでも答えてさしあげますわ!」

美琴「そんな事まったく望んでないんだよ!!」

黒子「おっぱいですの!黒子は今お姉さまの慎ましいおっぱいを揉みしだかせていただいてますのよ!」モミモミハァハァ

美琴「だからそんな事を聞きたいわけじゃないんだよ!」


ガブリ

黒子「!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 10:35:00.77 ID:VgCIadkeO
黒子「お、お姉さま…」

美琴「渾身のちからで腕に噛みついたんだよ、これ以上噛まれたくなければサッサと離れるんだよ!」

黒子「お、お姉さま…」

美琴「?」

黒子「お姉さまの歯形ゲットですのおおお!!」」

美琴「!」

黒子「わたくしの体にお姉さまの歯形がっ!正に愛の証!!痛みすら愛くるしい聖なる証!!!」

美琴「ひぃっ!」

黒子「見てくださいお姉さま!お姉さまの歯形のところから血がっ!!今わたくしは処女をお姉さまに奪って頂きましたの!!あぁ!夢にまでみたお姉さまとの喪失!!
もっとお姉さまから痛みを頂きたい!はっ!それにはもっともっと揉まなくては!!慎ましい神々しいお姉さまのお胸を!!
わたくしがお姉さまを揉み!お姉さまがわたくしに痛みを!!揉み!噛む!揉みしだき!咬みしだく!あぁ!これが初めての共同作業なのねっ!!さぁお姉さまわたくしに愛の痛みをっ!!!」

インデックス「いやああああ!!!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 10:36:54.80 ID:e8e0JTyV0
こりゃトラウマだwwwwwwwwwww

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 10:46:52.58 ID:VgCIadkeO
…ビリッ…シュウゥゥ

黒子「…これがレベル5の力…ですのね…」ガクッビクンビクン


美琴「体から電撃が…」

美琴「完全にわたしは今『御坂美琴』になっているだね…」

美琴「危うく貞操も奪われそうになったし…」

黒子「…」ビクンビクン

美琴「やっぱりとうまをちゃんと説得して元に戻る方法を探さないと!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 11:03:44.82 ID:VgCIadkeO
上条「インデックス本当に今日はもう食べないのか?」

インデックス「うんもうお腹一杯だよ。と、とうまごちそうさま、えへへ///」

上条「どういたしまして、さてと今日は早めに寝るとしますか」

インデックス「えっ!寝る!?」

上条「今日のインデックスさんは調子が悪そうですからね、上条さんはその辺ちゃんとお見通しですよ」

インデックス「だ、大丈夫よ(ね、寝るってベット一個しかないじゃない!心の準備ってものが!///)」

上条「はいはいよい子は早く寝ましょうね」ヒョイッ

インデックス「(ひゃあ!お、お姫さま!だっこ!)」

上条「よいしょっと、じゃあ上条さんはバスルームで寝るとしましょうか」

インデックス「へ?」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 11:12:42.82 ID:VgCIadkeO
上条「じゃあおやすみな、インデックス」

インデックス「バ、バスルームで寝るつもり?」

上条「ん?」

上条「いつもなら冗談で文句の一つも言うかもしれませんが具合悪いインデックスさんに心配させるようなことは言いませんよ?
というより大分慣れてきたからバスルームも案外快適なんですよってさりげなく安心させる事も言える空気の読める男子ですから、上条さんは」

インデックス「え、あの」

上条「明日は具合良くなってるといいな、おやすみインデックス」

インデックス「ちょっと待ったあああ!」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 14:35:05.84 ID:VgCIadkeO
上条「うおっ!どうしたインデックス!」

インデックス「いや…あの…その…」

上条「熱でも出てきたのか?」

インデックス「う、うん…そうみたいなんだ」

上条「どれちょっとオデコ出してみろ」ペタッ

インデックス「えっあ!」

上条「うーん熱はないみた…いや!なんか熱くなってきたぞ!」

インデックス「(あうぅ…オデコとオデコがぺったんこだよぅ///)」カアァ

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 14:42:13.10 ID:VgCIadkeO
上条「ほら!早く布団の中入れ!風邪は引きはじめが肝心なんだぞ!」

インデックス「ふにゃ~///」

上条「ちょっと布団の中で待ってろインデックス!すぐ医者連れてきてやるからな!」

インデックス「ふにゃ~って、え!」

上条「ちょっと病院まで行ってくる!」

インデックス「ま、待ってとうま!(風邪ひいてない上に医者に色々調べられたらまずいかも!)」

上条「すぐ帰ってくるから!」

インデックス「行かないでとうま!一人にしないで!!」

上条「…インデックス」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 14:52:14.45 ID:VgCIadkeO
インデックス「えっと…あの…ちょっと疲れただけだから本当に心配しないで、お医者さんとか本当に大丈夫だから」

上条「インデックス」

インデックス「…お医者さんよりとうまが居てくれたほうがわたしは元気になるのよ///
(いいつも言えないような事が言えた!でも恥ずかしいよぅ///)」

上条「くっ(インデックスのやつ、ウチの家計を心配して…自分が辛い時に無理ばっかりしやかって…)」

上条「わかったよ、インデックス」


インデックス「ホント?!」

上条「あぁこんな事くらいしかできないけど
寂しいのが嫌ってインデックスが言うなら今日オレはインデックスと一緒に寝てやる」ダキッ

インデックス「え」

インデックス「えぇ!?」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 14:59:42.66 ID:VgCIadkeO
上条「ホントにインデックスは馬鹿だな」ギュゥ

インデックス「あわわ///」

上条「辛い時には何時だって頼ってくれよな」

上条「地獄の底だろうが救い出してやるよ」ギュウウ

インデックス「ぷしゅうう///」



ガチャン

美琴「とうまやっぱりちょっと話を聞いて欲し…ってああああ!!!」

上条「うわっ!ビリビリまた来たのか!!」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 15:10:08.43 ID:VgCIadkeO
美琴「ちょっとなんで二人で抱き合っているんだよ!」

上条「ビリビリには関係無いだろ!」

インデックス「…」

美琴「わたしと二人の時はそんな事してくれなかった!イチャつこうとしてもいつも、いつも!とうまに拒否されたのにいいい!!」

上条「あ、当たり前だろ!っていうかイチャつこうとなんてされたことねぇぞ!あっ!インデックス誤解だぞ!!この御坂はおかしいんだ!!」

インデックス「…」

美琴「わたしはおかしくなんかないんだよ!とにかく離れるんだよ!!」グイグイ

上条「ちょやめろって!御坂さん!!」

インデックス「…」

インデックス「…痛たっ」

上条「!」

上条「御坂いい加減にしろ!!」

美琴「!」ビクッ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 15:17:30.38 ID:VgCIadkeO
上条「さっきといい今といいなんなんだ!そんなにインデックスが嫌いなのかよ!」

美琴「違う!違うんだよとうま!!」

上条「なにが違うんだよ!さっきから言ってる事とやってることが滅茶苦茶じゃないか!!」

美琴「とうま!わたくしの話を聞いて!!」

インデックス「…」

上条「大丈夫かインデックス?顔色さっきより悪くなってきてるぞ」

美琴「とうま!とうまってば」


インデックス「…」


インデックス「…」


インデックス「…とうまこの人帰ってもらって」

美琴「!」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 15:23:52.92 ID:VgCIadkeO
上条「ほら御坂!今日はホント帰ってくれ!インデックスの具合が悪いんだよ!!」

美琴「嘘だっ!そこのインデックスもどきは嘘をついているんだよ!!」

上条「無茶苦茶言いやがって…インデックスは具合悪いんだってば!なぁインデックス!!」

インデックス「…」


インデックス「…」






インデックス「ケホッ」

上条「ほら!!」

美琴「ああああぁぁぁ!!!」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 15:24:33.41 ID:Zg/seNDS0
ケホッ、ってwwwwww

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 15:26:46.70 ID:Nt8B+7WA0
ワロタwwwwwwwwwwwwwww

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 15:33:13.72 ID:VgCIadkeO
上条「帰れ!帰れっば!!」グイグイ

美琴「ちょっと!とうま!目を覚まして!!」

上条「目を覚ますのはお前のほうだあああ!!!」グイグイグイグイ


インデックス「…」


インデックス「…」


インデックス「ケホッ」

上条「ほら!インデックスの具合を見なきゃなんないんだってばああああ!!!」グイグイグイグイ

美琴「話を…聞いて…とうま…」グググ

美琴「!」

美琴「わかった出る!出てくから!!」

インデックス「…ホッ」

美琴「出てくから一つだけ質問させて!」

上条「…なんだよ」ピタッ

インデックス「!(ここで話を聞くの!?)」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:03:05.56 ID:VgCIadkeO
上条「なんだよ早くしろよな」

美琴「あそこのインデックスもどきを偽者だって証明してやるんだよ!」

上条「はいはい早くしてくださいね」

美琴「(、わたしととうましか知らない事をインデックスもどきに質問してボロを出させてやるんだよ
二人しか知らない…二人しか知らない事…)」

上条「まだですか~御坂さん?」

インデックス「ケホッ…な、なんかさっきより具合悪くかも…」

上条「ほら!インデックスが具合悪いんだってば!」

美琴「くぅ~」

美琴「!」

美琴「閃いたんだよ!」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:12:01.92 ID:VgCIadkeO
美琴「そこのインデックスもどき!わたしととうまが初めて出会った場所は何処!?
ホントのインデックスなら答えるの簡単なんだよ!!」

インデックス「え」

上条「…」

美琴「ほら!答えられない!こいつは偽者インデックスなんだよ!真実はいつも一つなんだよ!」

インデックス「く…」

上条「インデックス…」

美琴「勝った!偽者インデックスを倒したんだよ!!」

インデックス「い、いや…そんなたいした出会いじゃないから…忘れただけ…そう!忘れただけなのよ!」

上条「…」

美琴「くひひwそれも残念で~すwwわたしととうまは運命的な出会いだったんだよww」

インデックス「ぐ…」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:12:58.50 ID:gleAISpY0
なんかワロタ

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:14:16.29 ID:aGFqaMGU0
だいじょうぶ!上条さんもわすれてるから!

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:17:14.37 ID:VgCIadkeO
美琴「わたしととうまはそれはとっても、とっても運命的な出会いだったのwね~wwとうま!!言ってやってw言ってやってww」

上条「…」

インデックス「うぅ…」

上条「…」

上条「…」




上条「いや…まぁでも…忘れちゃうって事もあるには…あるよな…、いや!記憶喪失とかそういうんじゃなくて!ねっ!!」

インデックス「!」


美琴「ええええええ!!!!」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:26:51.48 ID:VgCIadkeO
美琴「ちょっと!とうま!!忘れちゃったの!?あんな出会いだったんだよ!!」

上条「いや…忘れ…たと言うか…でも記憶は喪失したわけじゃないんだけどね!」

インデックス「あ、あぁわかるわかる!わたしもちょっと忘れちゃったのよね~」

上条「だろ!一緒にいつも住んでるから似てきちゃうんだろうな~はははは」

インデックス「そうね!そうよね!!あははは」


美琴「だってベランダだよ!そこのベランダ!わたしがベランダに引っ掛かって二人は出会ったんだよ!覚えてないのとうま!!」

インデックス「!!そう!ベランダ!!たしかベランダだったわよ!偶然思い出した!!」

上条「あ!あぁ~あれは上条さんも驚きました!っていうのを今思い出しました!」

美琴「きいいいい!!!」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:34:15.30 ID:LAefxwCZ0
記憶喪失を隠していたばっかりにインペライザーさんが不幸に・・・

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:39:15.85 ID:WZLagK480
インデックさんは自分の記憶能力に突っ込めよwww

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:47:21.37 ID:VgCIadkeO
美琴「もういい加減にして!!」

上条「!」

インデックス「!」

美琴「グスッ…どうしてとうまはわたしの事を信じてくれないんだよ…」

美琴「グス…ほら覚えてない?とうま?とうまの右手でわたしの歩く教会が壊れちゃったんだよ?…グスン」

上条「…」

インデックス「…」

美琴「インデックスは…」

美琴「インデックスは…」



美琴「…とうまの事大好きだったんだよ!!」

上条「!」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:54:11.75 ID:VgCIadkeO
上条「…わかったよインデックス」

美琴「とうま…」

インデックス「…」



上条「お前はインデックスなんだな」

美琴「ど、どうまあぁぁ…」ポロポロ

美琴「うれしいよ…うれしいよぅ…とうまぁ~うわあああん」ギュゥ

上条「悪かったなインデックス…疑って本当にすまなかった…」キュ

美琴「いいんだよ~信じてくれてうれしいんだよ~」ポロポロ



インデックス「…」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:55:55.62 ID:Zg/seNDS0
美琴ピンチwwww

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 16:57:58.04 ID:VgCIadkeO
上条「で、だ」

インデックス「!」ビクッ

上条「こちらのインデックスさんは御坂さんって事でよろしいのでせうか」

インデックス「…」


インデックス「…」


インデックス「…」コクン


上条「ふぅ…やれやれ」

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:10:42.33 ID:VgCIadkeO
インデックス「でも違うの!この入れ替わりはわたしが何かしたとかじゃなくて!!」

上条「そういうことじゃねぇだろ!!」

インデックス「!」ビクッ

上条「てめぇずっと待ってたんだろ!?インデックスを消さなくてもすむ、インデックスの敵にまわしても問題なくすむ…そんな御坂もが笑って、御坂が望む最高なハッピーエンドってやつを!
今まで待ち焦がれてたんだろ?こんな展開を…何のためにここまで歯を食いしばって似ても無いシスターキャラ演じてきたんだ!?
本当はてめぇのその手でたった一人の男の子を騙してみせるって誓ってたんじゃねえのか!?
お前だって主人公の方がいいだろ!?脇役なんかで満足してんじゃねえ、って事で外伝の主役にまで命を懸けてなりやがって!
たった一万人の女の子を守りてぇって話で終わったんじゃないかったのよ!?
だけど、それで全然終わってねぇ、始まってすらいねぇ…ちょっとくらい人気の出た外伝ので浮かれてんじゃねぇよ!手を伸して主役まで食っちまおうてか!?いい加減に正直になれよ!この詐欺師!!」

インデックス「ううぅぅ…」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:13:28.69 ID:e8e0JTyV0
今までの雰囲気ぶち壊したwwwwwwwwwww

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:15:43.25 ID:52h/3vR10
つまり・・・どういうことだってばよ・・・?

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:16:52.61 ID:HRJa/xqE0
つまり上条さんはご立腹だ

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:19:21.09 ID:VgCIadkeO
インデックス「ご…ごめんなさい…うわあああん」

上条「ハァハァ…」

インデックス「うわあああん」

上条「…」

美琴「とうま、ちょっと言い過ぎなんじゃないかな?」

上条「インデックス…」

美琴「短髪もわたしと同じでとうまの事を大好きだったんだよ」

美琴「だから許してあげて欲しいんだよ」

インデックス「ごめんなざああいうわあああん」

上条「…そうだな」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:32:38.42 ID:VgCIadkeO
ランララーランララーラー

上条「ほら立てよインデッ…いや美琴」

インデックス「…え?」

上条「まぁこの入れ替わり自体はお前のせいじゃないだろうし、オレもまったく気が付かなかったからな、まぁおあいこってとこだな」

インデックス「…許してくれるの?」

上条「いやだからおあいこって事で手を打ちませんか?」

インデックス「うん」

インデックス「あ、ありがとう///」

上条「ほらしっかり立てよ」

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:39:12.64 ID:VgCIadkeO
上条「しっかしどうするかね~コレ」

美琴「そうなんだよ、とうまに信じてもらっても問題自体は解決しないんだよ」

インデックス「そうね」

上条「右手で触ってみても…」

シーン


上条「やっぱり反応無いですよねぇ」

美琴「ん~とりあえず今日から短髪はここに住めばいいんだよ」

インデックス「え?」

上条「え?」

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 17:58:21.48 ID:VgCIadkeO
美琴「まぁお互いこんな姿だしいちいちとうまみたいに説明して納得させるのも大変そうだしお互い入れ替わり生活するしかないんだよ」

インデックス「アンタ案外に冷静ね」

美琴「で、わたしもここに引っ越してくるんだよ」

上条「は?」

インデックス「でもわたしは全寮制の所に通っているから…」

美琴「そんなのレベル5なんだから学園に融通きかせるんだよ!短髪にわたしの体を使ってとうまと変な事をされても戻ったとき困るんだよ!だからわたしもここに住めばいいんだよ!」

上条「え」

インデックス「いや変な事をされてもって…わたしととうまが!?でも!そんなの困る!い、いやなわけじゃないんだけどね、でも…でも…でも…とうまとならいいかな…」ブツブツ

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 18:14:38.71 ID:VgCIadkeO
上条「二人ともここに住むって…」

美琴「とうま!これはもう決まったんだよ!決定事項なんだよ!
(あの黒子って娘から受けたテクニックとそのテクニシャンを痺れさせた(感電的に)電気があればとうまなんてイチコロなんだよ、だからしばらくはこの体でもいいんだよ、ふひひ)」

インデックス「わ、わたしもそれでいいかも…って!べ、別に一緒に住みたいわけじゃなくて、元に戻る方法を探すときに一緒にいた方が良さそうなだけなんだからっ!
(とうまと同居!これはチャンスよ美琴!幸い頭の中の10万3000冊にけっこうエッチィ本が混ざってたからこれで知識をつけてとうまを落としてやるんだからっ)」

上条「なんだから()内の内容がかなり長いと言うか恐ろしいような気がするんですが…」

美琴、インデックス「とうま!わたしと一緒に住みたいの?住みたくないの?どっちなの!?」ジリジリ



上条「ふ」

上条「ふ、不幸だああああ!!」


おしまい

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/06(日) 18:15:21.84 ID:Ar9mWP4i0
おつ



元スレ: 美琴「と、とうまー とうまー」 上条「…一体どういうつもりだ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1275761766/

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(13) (電撃コミックス)
冬川 基
KADOKAWA (2017-11-27)
売り上げランキング: 236

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/20776-54f0e189