ヘッドライン

ミリP「俺はハイタッチがしたいのに桃子がロー○△してくる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507470178/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:42:59.25 ID:JaOJBbLX0
P「桃子! お仕事お疲れ様! はい、た~っ……」

桃子「てぇぃっ!!」□○△ーッ!!!

P「ぐはぁああぁっ!!!」グサアァアア

桃子「ぅ……ほ、ほんっと、お兄ちゃんって何考えてるの!? バッカじゃないの!?」ダッ



P「……くぅ……痛い……ちくしょうっ……!」ズキズキ


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:46:38.78 ID:JaOJBbLX0
──────

桃子「……もう……呆れた……」


桃子「でも……お兄ちゃん、ちょっと痛そうだったな……悪い事したかも……」

春香「あれ、桃子ちゃん。こんなところでどうしたの?」

桃子「春香さん……」

春香「プロデューサーさんは?」

桃子「……それがね、春香さん…………」



春香「えぇっ!? プロデューサーさんについついロー○△を!?」

桃子「うん……」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:49:12.82 ID:JaOJBbLX0
春香「いやいやいやいやいや待って。待って! そうじゃないよ、変なリアクションしちゃった! えっそれって技の名前なの!? 新曲じゃなく!?」

桃子「わかんないよ……体が勝手に繰り出してるんだもん……」

春香「勝手に出ちゃう技に新曲の名前つけるんだ……」

桃子「もう、そんなのどうだっていいでしょ!」

春香「うーん……正直全然飲み込めないんだけどそればっかりはどうにも、見てみないと……どういう状況で出るの? それ」

桃子「最近、お兄ちゃんが桃子とハイタッチしたがるの」

春香「うん。ホワイトボードに書いてたね、それ。月間目標って」

桃子「………………。 まぁ桃子も、一回くらいはしてあげてもいいと思ってるんだけど。後輩の頼みだし?」

春香「それで、付き合ってあげようとすると」

桃子「……出ちゃう」

春香「えぇ……何それ……どういうシステム……?」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:53:12.92 ID:JaOJBbLX0
春香「とにかく、桃子ちゃんはプロデューサーさんとハイタッチがしたいと」

桃子「べ、別にしたいとは言ってない!」

春香「まぁまぁ。試しに私とやってみる?」

桃子「……うん」

春香「はい、たーっ」

桃子「ち」パチン

春香「……うん。大丈夫みたいだね」

桃子「うん……」


P「あっ、桃子いた」

春香「プロデューサーさん!ちょうどいいところに」

桃子「お兄ちゃん!」□○△ーッ!!

P「ぎゃあぁぁぁああ!!!」グサアァァァア

春香「!?!??!!?」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:56:19.94 ID:JaOJBbLX0
P「ふんぬぅぅぅ……!!」ズキズキ

春香「桃子ちゃん!? どうしたのいきなり!?!?」

桃子「……もうっ、お兄ちゃんはこっち来ないでよ!」ダッ


春香「今のが!? えぇ~刺す系の技なんだ! うわなんてすばやい動き!! いやいや、プロデューサーさん、大丈夫ですか!?」

P「……うぐぅ……、ヘソかよ……!!」ズキズキ

春香「ぅゎ、痛そう」

P「痛いのはハートのほうだよ!」

春香「そうですか……で、桃子ちゃんに何したんですか?あそこまでされるなんて相当怒らせたとしか」

P「いやいやわかんないんだよ……第一アレを怒ってやってると思うわけ……?」

春香「んー……どうだろう……?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:58:40.08 ID:JaOJBbLX0

──────

桃子「なんであんなにしつこいんだか……ああなるって分かってるのに……」

桃子「…………」

桃子「……これ、治らないのかな……」


千早「あら……桃子。どうかしたの?」

桃子「……千早さん。その……」



千早「えっ!? プロデューサーについついロー○△を!?」

桃子「うん……」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:01:34.92 ID:JaOJBbLX0
千早「……待って。聞き流したけど……あなた新曲の名前と同じ必殺技を持っているの?」

桃子「桃子だって知らないもん! 頭が追いついてないんだよ……」

千早「一体どういうことなの……? さっぱりわからない……」

桃子「桃子が聞きたいよ……」

千早「とにかく、ハイタッチしようとすると起こるのね。なぜかは分からないけど……試しに、私とやってみる?」

桃子「……やってみる」

千早「はい、たーっ」

桃子「ち」パチン

千早「……問題なさそうね」

桃子「そうだね……」



P「……俺が説明する!」

千早「プロデューサー」

桃子「もう、だから言ったのに!!」□○△ーッ!!

P「ふごんごっ!!!」ズボフォァアァ

千早「!!!?!?」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:04:44.24 ID:JaOJBbLX0
P「ふぉごっ!げおふぉっ!!ヴぉぇっ……え゛え゛ぇっ!!ゲホッ、ゴホッ……」

千早「もも……桃子!?!?」

桃子「うぅ……」ダッ


千早「あんなに飛距離のあるロー○初めて見た……一気に間合いを詰めていたわ」

千早「そんなことより……プロデューサー、大丈夫ですか?」

P「……千早……ゴホッ」

千早「さっきの桃子……類まれなる跳躍力で、プロデューサーの喉仏を……」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:08:07.32 ID:JaOJBbLX0
千早「しかし……桃子はハイタッチなんてする柄ではないように思います。なぜわざわざ……?」

P「……そろそろ打ち解けてきたかと思ったんだよ……」

千早「ハイタッチといえばそれこそ、高槻さんなら喜んで付き合ってくれると思いますが」

P「……」

千早「それにしても……あの小さな体から、あんなに重さとスピードをのせた指突攻撃、私は初めて見ました」

千早「加えてあんなに飛距離のあるロー○の後、流れるようなカエル跳びアッパーからの△突き」

千早「超人的な身体能力というよりほかはありませんね……」

P「何さっきから冷静に分析してるの……」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:11:16.53 ID:JaOJBbLX0
──────

桃子「…………はぁ……」

桃子「……あんなことしちゃうのに、何でいちいち構ってくるの……」


やよい「あれ、桃子? 大丈夫? 元気ないの?」

桃子「やよいさん……」

やよい「悩み事なら聞くよ?」

桃子「……」

やよい「?」


桃子「実は……」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:17:10.22 ID:JaOJBbLX0
 


やよい「プロデューサーに……なんて?」

桃子「だから、お兄ちゃんとハイタッチしようとするんだけど、そしたら……ロー……ゴニョゴニョ……」

やよい「ハイタッチしようとしたら、ロー……っ……」ズキン

桃子「ろーりんぐ、さんかくを……やよいさん?」

やよい「……ううん、なんでもない。ごめんね、ちょっと頭が……」

桃子「大丈夫……? とにかく、自分でも分からなくて……」


やよい「じゃあじゃあ、プロデューサーじゃなくて他のみんなとハイタッチしたときはどう?」

桃子「……みんなは、わかんない……桃子、事務所の人とそういうことしないもん」

桃子「でも、さっき春香さんと千早さんとやったときは、普通に上手くいったよ」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:24:06.06 ID:JaOJBbLX0
やよい「私ともやってみる?」

桃子「……うん」

やよい「はい、たーっ」

桃子「ち」パチン

やよい「ち!」パチン


やよい「……上手く行くね?」

桃子「うん……でもそれは、やよいさんだから……」

やよい「私とプロデューサーの違いって何だろう? 同じ事務所の仲間だよ?」

桃子「……それは、そうだけど……」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:29:16.18 ID:JaOJBbLX0
やよい「多分なんだけど、桃子はプロデューサーと仲良くするの、照れくさいんじゃない?」

桃子「……」


やよい「アイドルとプロデューサーだから、ビジネスらいくな関係? じゃないとダメって桃子、いっつも言ってるもんね」

桃子「だって、そうじゃないと、芸能界では……」

やよい「桃子の言ってることも分かるよ。えらいと思う……でも、それって仲良くしたい人と仲良くしちゃダメってことじゃないでしょ?」

桃子「……」

やよい「プロデューサーも、そういうこと分かって桃子とハイタッチしてみたいんじゃないかな?」

桃子「……やよいさんが言ったら、なんかそんな気がするけど……」


やよい「ほら! プロデューサーのところいこっ!」グイッ

桃子「あっ待って……」

やよい「大丈夫! 私がついてる!」グイグイ

桃子「ちょ、ちょっと……あんまり引っ張らないで……」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:37:03.12 ID:JaOJBbLX0
──────


  「なんでこう上手く行かないんだろうな……やっぱり俺は桃子の相方にはふさわしくないのか……」

  「まあまあプロデューサーさん、そんなに落ち込まずに……」

  「そもそも、なぜ桃子なんです? 照れくさがって避けられるのは分かりきったようなものです」

  「照れくさくてアレやるかな……」



やよい「ほら、プロデューサーたちいたよ。桃子の話してる」ヒソヒソ

桃子「もう、別にいいのに盗み聞きなんて……」ヒソヒソ



  「俺はな……桃子にはもっと子供っぽくあってほしいんだ……」

  「……」

  「あの子は本当にプロ意識高くて、仕事もきっちりこなしてくれるし……でも、芸能界に対してシビアな考えでずっと臨みつづけるのはあの歳の女の子にはきっと辛いはずなんだ」



やよい「……ほら。聞いてる?」ヒソヒソ

桃子「……」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:42:06.64 ID:JaOJBbLX0
  「だからさ……せめて事務所でくらい、くつろいで、童心に帰ってほしいんだよ……」

  「プロデューサーさん……」

  「あの子が本心から無邪気に楽しそうにしてるところは、それはそれは可愛いんだろうよ……俺はそれをもっと引き出してやりたいだけなんだよ……グスッ……」

  「もう、泣くことはないでしょう……」


やよい「……ほらね?」

桃子「…………お兄ちゃん……」

やよい「だからね、ほら!」グイッ

桃子「わっ!?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:50:34.41 ID:JaOJBbLX0
やよい「プロデューサー!」

P「あっ……! やよい、桃子もいたのか……」ゴシゴシ

桃子「…………」

やよい「プロデューサー、桃子がプロデューサーとハイタッチしたいって言ってますよ!」

桃子「もう、ちょっと……!」

P「本当か?」

春香「もう大丈夫なの?」

桃子「大丈夫じゃないよ! どうせハイタッチしようとしても、またロー……ゴニョゴニョ……」

桃子「……あれしちゃうもん。抑えが利かないんだもん!」


やよい「ハイタッチしようとしても、またロー…………うっ……」ズキン

千早「高槻さん? 大丈夫?」

やよい「うぅ……いえ、なんでもないんです……前に似たような夢を見た気がして……」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:53:42.73 ID:JaOJBbLX0
春香「でも、プロデューサーさん……仮にですよ? また桃子ちゃんがあのロー○△を繰り出してきたら、避け切れます?」

千早「そうですよ。ただでさえ数発食らって、プロデューサーの体内に蓄積された肉体および精神へのダメージは確実に次の一戦に影響しますよ?」

やよい「い、一戦って……」

桃子「……そうだよ。やめたほうがいいよ……次はホントに怪我するかも……」


P「心配は要らないよ。桃子の攻撃なら全部受け止めてやる」

桃子「…………」


P「だからさ、やろうぜ」

桃子「…………分かった……!」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:58:13.80 ID:JaOJBbLX0


春香「いくよ、はい、たーっ」

桃子「ち!」パチン

千早「たーっ」

桃子「ち!!」パチン

やよい「その調子! はい、たーっ」

桃子「ち!!!」パチンッ

桃子「いけるかも……! あとは……!」



ガチャ

小鳥「あ、プロデューサーさん、こんなところに。ちょっとこれ、見てもらえます?」

P「あっ、何でしょう?」クルッ





桃子「お兄ちゃあぁあぁぁああぁん!!!!」□○△ーーーーーッ!!!!!!!

P「あぎゃおおぉぉおおぉぉおぉぉんっ!!!?!?!?」ズボンヌ!!!!

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:02:19.27 ID:aUpo+HI00
──────



P「…………ん……ここは……?」

春香「あっ、プロデューサーさん!」

千早「目が覚めた!?」

やよい「大丈夫ですか? 痛くありませんか!?」

P「痛く? 何が……」




P「うぉっ……!? えっ待って、何で!? あいぃんっ!??」ジンジンジンジン

春香「うぅ……口で説明するのもはばかられるね……」

P「いひっ!? ちょっ、これっ!? いたた、痛いって言うか、うおぉぉん!?」モジモジ

千早「オブラートに包んで言いましょうか?」

P「言わなくていい!! いいからっ!!」モジモジ

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:08:11.91 ID:aUpo+HI00
亜美「兄ちゃんさぁ……亜美たち一部始終見てたんだけどね。かわいそうに……」

真美「もう二度とウンコできないねぇ」

P「うるせっ!? うっふ、それだけ言いに来たのか!! あぉうっ」モジモジ


やよい「……プロデューサー……ごめんなさい……」

P「うぅっ……べ、べ、べ、べ、べつにぇっ、やよいが謝るこた、うん……うっ」モゾモゾ


P「……ちょっとマシになってきた……」

千早「なんというか、その……高木社長が、軟膏を」

P「…………あぁ、そうなんだ……」



P「で……桃子は……?」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:15:48.96 ID:aUpo+HI00
千早「それが……その」

春香「部屋を飛び出しちゃって……」

やよい「あのっ、私追いかけてきます!」ダッ

P「あ、あぁ……気にしないでって言っといて……」モゾ



──────

桃子「…………」

桃子「…………グスッ……」


桃子「……最低……」


コンコン

ギギィ…


桃子「!?」ゴシゴシ

やよい「屋上にいたの……?」

桃子「やめてよっ……こないでよ……」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:21:08.70 ID:aUpo+HI00

やよい「プロデューサーも、気にしてないって言ってるから……戻って謝りにいこ?」

桃子「イヤ! いやだよ……」

やよい「桃子……」


桃子「あんなことホントはしたくないのに! 会ったらまたお兄ちゃんに怪我させちゃうかもしれないでしょ!?」

やよい「……」

桃子「なにがロー○△なの、バカみたい! こんなことになるなら新曲なんていらない!……グスッ……」

やよい「……落ち着いて、桃子……」

桃子「……ヒック……やよいさんだって、心の中では『何なのコイツ』って思ってるに決まってる……!」

やよい「そんなことないよ……!」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:25:29.52 ID:aUpo+HI00
桃子「次はもっとひどいことするかもしれないんだよ!?ハイタッチしようとしただけで、ロー……ローリング……」


やよい「……んぅっ…」ズキン

やよい「桃子、いいから……!」

桃子「次は何!? 頭にハイキックでもやっちゃうかも!!」

やよい「キック…………ううぅっ……!!」ズキズキ


桃子「それとも、なに?!ローつながりでローキックだなんて!! ほんとばかみたいでしょ!?」

やよい「ロー……ううああぁぁっ!!」

桃子「!!?!?」



やよい「ああぁぁあああっ……!!!!」ズキズキ

桃子「えっ……なに、やよいさん……!? どうしたの!?」


やよい「……ううううぅぅううぅっ……も、もこぉ……っ……」ズキズキズキ

桃子「頭いたいの!? 大丈夫なの!? 早く下に……」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:27:36.90 ID:aUpo+HI00
 











 
   「 そ れ は も う 私 が や っ た ん だ よ 」ブンッ











桃子「うああぁっ!!!?!?」ガバッ

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:30:38.81 ID:aUpo+HI00
桃子「……はぁっ……はぁっ…………はぁっ……」ドキドキ



桃子「…………はぁっ…………はぁっ……」ドキドキ


桃子「……ふとん……」バサバサ


桃子「……ゆ、ゆめ……?」


桃子「…………はぁっ……うぅっ……こわかったぁ……グスッ……」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:33:35.40 ID:aUpo+HI00
──────



桃子「……おはよーございます……」

やよい「あ、おはよう桃子!」

桃子「!!」ビクッ

やよい「? どうかした?」

桃子「やよいさ……ううん……なんでも……なんでもないの……」


P「おう、二人ともおはよう」

やよい「おはようございます、プロデューサー!」

桃子「!!」ビクッ

P「? なに、どうかしたのか?」

桃子「……お尻だいじょうぶ……?」

P「???」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:38:41.01 ID:aUpo+HI00
P「……よく分からんが、なんだか元気ないなぁ桃子は」

やよい「仕方ないですね。プロデューサー、朝の挨拶のあれ、やりましょう!」

P「ほいきた。はい、たーっ」

やよい「ち! いぇい!」パチン


桃子「…………」

やよい「ほら、桃子もやってみて! ちょっとは元気出るんだよ?」

桃子「や、やらない! 桃子絶対やらない……!」

やよい「……?」


P「いいじゃんか。いっぺんくらい、ハイタッチ。ほら、はい、たーっ」

桃子「しない! しないったらしない!」

P「……気難しいなぁ」

桃子「……」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:41:49.94 ID:aUpo+HI00
桃子「今日はさ、ほら、歌を歌って盛り上げたい気分なの!」

P「そうなのか?」

桃子「そんなことも察せられないなんて、お兄ちゃんはまだまだ桃子のプロデューサーとして半人前ってことなの!」

P「むぅ……」

桃子「さぁほら、一緒に歌うの!”コロコロ転がる三角形……♪”」

P「お、おう……」

やよい「私も新曲大好き! ”なんでかなーつまづいちゃうー♪”」


P「……むぅ」

P「俺はハイタッチがしたいのに桃子がローリング△さんかく歌ってくる……」


終わって


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:44:40.92 ID:aUpo+HI00
思いついちゃったもんだから書かなきゃいけないのかなと思って


一応つながっているお話↓
P「俺はハイタッチがしたいのにやよいがローキックしてくる」


お付き合いありがとう

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 01:53:06.78 ID:qROgskYno
懐かしすぎて笑った

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 07:24:32.60 ID:ctP126hl0
ご褒美、って言いたかったけどローキックより更にヤバそうな技ロー○△

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/17(火) 01:53:58.95 ID:VC5DRplSo
ロー○△…いったいどんな技なんだ……



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: ミリP「俺はハイタッチがしたいのに桃子がロー○△してくる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507470178/


コメント
8606: 2017/11/12(日) 03:16
なんでちょっぴりホラー風味なんですかねえ?
それにしても5年ぶりの続編か…
8609: 2017/11/12(日) 19:24
昔似たようなの見たなと思ったら5年前か
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/20730-3fb8f698