ヘッドライン

武内P「ムラムラ、ですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509540801/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 21:53:22.12 ID:cGjd5M2uo
アーニャ「ダー♪ ムルァムルァ(以下、ムラムラ)です♪」


武内P「……」

美波「……」


アーニャ「ムーラムラ♪ ムーラムラ~♪」

武内P「新田さん、あの、あまりこういう言葉を教えるのは、その……」

美波「!? わ、私が教えた訳じゃないですよプロデューサーさん!?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 21:59:54.73 ID:cGjd5M2uo
武内P「し、失礼しました」

美波「プロデューサーさんって、私の事そういう目で見てたんですね……」

武内P「い、いえ、とんでもありません!」

アーニャ「ムーラムラ~♪ フフッ♪」

武内P「ですがこれは……一体、何があったのでしょうか?」

美波「えっと、私が今日会った時にはもう、む、ムラムラって言うようになってたんです」

アーニャ「シトー? 二人とも、難しい顔をして、どうかしたんですか?」

二人「……」

アーニャ「私、二人が難しい顔をしていると、ムラムラ、出来ません」

二人「……」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:06:41.09 ID:cGjd5M2uo
美波「えっと、アーニャちゃん?」

アーニャ「? 美波、どうかしましたか?」

美波「その、ムラムラって、どこで覚えてきたのかな?」

アーニャ「シューコとフレデリカが、クローネのプロジェクトルームで、教えてくれました」

美波「そ、そうなんだ~」

アーニャ「ダー」

アーニャ「……私、リンとは違って、クローネではソロで、アー、活動しています」

アーニャ「……クローネの皆と仲良くする事、少なかった、です」

二人「……」

アーニャ「だから、二人が教えてくれた『ムラムラ』は、大切な言葉です♪」

武内P「……これは……」

美波「ど、どうしましょう……」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:12:51.84 ID:cGjd5M2uo
アーニャ「ふふっ♪ ムーラムラ~♪」

武内P「アナスタシアさん、その、歌は何でしょうか?」

アーニャ「ムラムラ、という言葉、響きがとってもカワイイ、です」

アーニャ「と、言ったらフレデリカが歌ってくれた、です♪」

武内P「……そう、なのですね」

アーニャ「ふふっ、そうしたら、シューコも、ユイも、カナデも、フミカも一緒に歌って、くれました」

美波「ふ、文香ちゃんも!?」

アーニャ「ダー。とても、楽しかった、です」

二人「……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:18:28.89 ID:cGjd5M2uo
美波「えっと、アーニャちゃん」

アーニャ「?」

美波「ムラムラって、言葉の意味は知ってるのかな?」

アーニャ「カナデが、教えてくれました」


アーニャ「……その人を見ていると、楽しくなって、もっと一緒にいたくて――」


アーニャ「――シシャースチエ……幸福、になる、と」


武内P「……これは、弱りましたね」

美波「……ですね」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:23:48.12 ID:cGjd5M2uo
武内P「……正しくはないですが、遠からず、と言った所でしょうか」

美波「……それに、とっても気に入っちゃってますよね」

アーニャ「ムーラムラ♪ ムーラムラ~♪ ふふっ!」

二人「……」

アーニャ「美波も、プロデューサーも、とってもムラムラします♪」

武内P「あ、アナスタシアさん!?」

美波「プロデューサーさん! 意味! 意味がちょっと違いますから!」

武内P「そ、そうでした」


アーニャ「美波も、プロデューサーを見ると、ムラムラ、しますか?」


美波「……」

美波「へっ!?」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:31:56.99 ID:cGjd5M2uo
アーニャ「ヤー、私、美波も、プロデューサーを見てムラムラすると嬉しい、です」

美波「え、ええと……あ、あはは」

アーニャ「私は、二人でラブライカです。美波を見ると、とってもムラムラします」

美波「……」

アーニャ「だから、美波もプロデューサーを見てムラムラして欲しいのは、ワガママ、ですか?」

美波「……アーニャちゃん」

アーニャ「シンパーチヤ、アー、共感、出来ませんか?」

美波「……」

武内P「……アナスタシアさん、あの――」


美波「……うん、私もプロデューサーさんを見てムラムラするわ!」


武内P「……」

武内P「……!?」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:40:06.69 ID:cGjd5M2uo
武内P「に、新田さん? あの、おっしゃっている意味がよく……」

アーニャ「ハラショー! やっぱり、美波もムラムラしていた、ですね!」

美波「私とアーニャちゃんは、とっても仲良しだもの、ねっ?」

武内P「お、落ち着いてください新田さん! 意味! 意味が少し違いますから!」

アーニャ「美波は、どんな時にムラムラしますか?」

美波「えっ? そうね……腕の血管が浮き立ってる所とか、かな……?」

アーニャ「私は……違いますね」


アーニャ「プロデューサー、上着を脱いで、腕を見せて欲しい、です」


武内P「!?」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:46:18.43 ID:cGjd5M2uo
武内P「いえ、それは……」

美波「上着を脱ぐの、お手伝いしますね♪」

武内P「新田さん!?」

美波「しーっ、あんまり大きい声を出すと、アーニャちゃんが変に思っちゃいます」ボソボソ

武内P「……!」

美波「ムラムラの意味をそのまま伝えたら、アーニャちゃん、凄くショックを受けると思うんです」ボソボソ

武内P「……成る程、確かにそれは十分有り得ます」ボソボソ

美波「だから、自然な流れで、ムラムラがちょっとエッチな言葉だと気付いた方が……」ボソボソ

武内P「直接言われるよりショックは少ない、と」ボソボソ

美波「……」コクリ

武内P「――わかりました。出来るだけ事はしてみましょう」ボソボソ

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 22:55:10.01 ID:cGjd5M2uo
美波「上着はどうしたらいいですか?」

武内P「すみません、椅子にかけておいて貰えると助かります」

美波「はい、わかりました」

武内P「……それで、腕、でしたか」

アーニャ「私はプロデューサーを見ているだけでムラムラします」

アーニャ「でも、美波は腕を見るとする……ンー、難しい、です」

武内P「……そういった事には、その、個人差があると思いますから」

アーニャ「プラスチーチェ……ごめんなさい、迷惑、かけている気がします」

武内P「……」


武内P「アナスタシアさん、貴女も、新田さんも、私の大切な担当アイドルです」

武内P「……この程度の事で、迷惑に思うはずがありません」


アーニャ「!」

アーニャ「……スパシーバ、プラヂューセル! 今のこの気持も、ムラムラ、ですか?」

武内P「……いえ、それは違います」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:04:13.58 ID:cGjd5M2uo
  ・  ・  ・

武内P「……」

美波「わぁ、プロデューサーさんって、結構鍛えてるんですね……」

アーニャ「アー血管が凄いですね、美波」

美波「……本当、男の人の腕って感じ」

武内P「……」


アーニャ「プロデューサー、触ってみても、大丈夫ですか?」


美波「あ、アーニャちゃん!?」

武内P「それ位でしたら……はい、構いませんよ」

アーニャ「バリショーエスパシーバ……ありがとう、ございます」

ナデナデ……

アーニャ「不思議な感じがします。美波も、触ってみてください」

美波「そ、それじゃあ…・…失礼します」

ナデナデ……

美波「……」


美波「……」ムラムラッ

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:05:52.83 ID:AuBUxcZWo
ミナミィェ…

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:10:22.05 ID:cGjd5M2uo
アーニャ「プロデューサーに触っていると、安心します」

武内P「そう、ですか?」

美波「……」

アーニャ「ダー。パーパはロシア人なので、アー、たくましい腕をしてます」

武内P「成る程……ホームシックには、なったりしていませんか?」

美波「……」

アーニャ「ニェート、少し寂しいですが、美波も、プロデューサーもいますから♪」

武内P「……そうですか。それは、良かったです」

アーニャ「ダー♪」

美波「……」


美波「……」ムラムラムラッ

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:16:44.34 ID:cGjd5M2uo
武内P「それで……あの、新田さん?」

美波「……」

アーニャ「美波? 大丈夫、ですか?」

美波「へっ!? ど、どうしたの!?」

武内P「いえ、先程から様子が少し……」

美波「だ、大丈夫です! 私、これでもシンデレラプロジェクトのリーダーですから!」

武内P「……そう、ですか」


武内P「ですが、無理はなさらないでください」

美波「えっ? ムラムラ?」

武内P「えっ?」


武内P「……」

武内P「えっ?」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:21:48.78 ID:cGjd5M2uo
武内P「申し訳ありません、今、何と……?」

美波「それは……あの……」

アーニャ「ムラムラ、です!」

美波「あああ、アーニャちゃん!」

アーニャ「美波、ムラムラしてます♪ 私、とても嬉しい♪」

美波「……///」

武内P「そ、それでは、もう上着を着ても良いでしょうか?」


アーニャ「プロデューサー、私、もっと美波がムラムラしてるのが見たい、です」


二人「!?」

アーニャ「今の美波、とっても、カワイイです♪」

二人「……」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:30:58.51 ID:cGjd5M2uo
  ・  ・  ・

武内P「……」

アーニャ「ハラショー……! プロデューサーは、とても、鍛えていますね?」

武内P「……会場の設営等で、体を動かす事もありますから、多少は……はい」

美波「すみませんプロデューサーさん……!」

武内P「いえ、アナスタシアさんにムラムラの意味を理解して貰うためでしたら……はい……はい」


アーニャ「? 海では、男の人は、上に何も着ませんよ」

武内P「……しかし……はい、そうですね……確かに、その通りです」

美波「……」


美波「……」ムラムラムラムラッ

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:39:06.31 ID:cGjd5M2uo
アーニャ「触ってみても、良いですか?」

武内P「……はい、どうぞ」

ペタペタ

アーニャ「プロデューサー、肌、とても綺麗です」

武内P「そう、でしょうか? 自分では、よくわからないですが」

アーニャ「美波も、そう思いますよね?」

美波「……」

ペタペタペタペタ!

武内P「!? に、新田さん……!?」

美波「プロデューサーさん、筋肉が凄いし、肌が綺麗だし……」

ペタペタペタペタ!

武内P「新田さん! あの、落ち着いてください新田さん!」


美波「アーニャちゃん、私、とってもムラムラするわ♪」


武内P「!?」

アーニャ「ハラショー♪ さすが美波です♪」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:45:38.32 ID:cGjd5M2uo
美波「……でもね、アーニャちゃん」

アーニャ「シトー? どうか、しましたか?」

美波「ムラムラって言葉は、あんまり簡単に使っちゃいけない言葉なの」

アーニャ「!? どうして、ですか? ムラムラ、とてもカワイイ言葉です」

アーニャ「卯月も、かな子も、名前の中に『ムラ』あります」

アーニャ「……! ムラムラには、カワイイという意味も……!?」

美波「アーニャちゃん、今のは二人に言ったらメッ、よ?」

アーニャ「? わからないけど、わかりました」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:53:21.65 ID:cGjd5M2uo
美波「アーニャちゃん、今のプロデューサーさん、どんな顔をしてる?」

アーニャ「……?」

武内P「……」

アーニャ「……困って、いるように見えます」

美波「そうよね。ムラムラって、人によっては言われると困っちゃうものなの」


カチャカチャ!


アーニャ「アー、あまりいい言葉では、ないのですか……?」

美波「時と場合と、人にもよるかな。だから、使う時はちゃんと選ばないと」


シュルッ!


アーニャ「イズヴィニーチェ、すみません、私、二人を困らせてしまいましたか?」

美波「良いのよアーニャちゃん。私とアーニャちゃんの仲じゃない!」


ガッ!

武内P「っ!? いつの間に私のベルトを外したんですか新田さん!?」

美波「残念、もうちょっとだったんですけどね」

武内P「……!?」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:02:33.35 ID:mlPmKAgWo
武内P「に、新田さん! ズボンから手を離してください!」


美波「今は三人だけで、上半身裸で、プロデューサーさんは多分怒らない……」


武内P「困ります! あの、引っ張らないでください!」

アーニャ「美波? プロデューサー、とても困っています!」

美波「アーニャちゃん、ムラムラって、こういう時には使っても良いのよ」

アーニャ「? 何を……?」

美波「前に、お仕事でやった事あるでしょう? ほら、莉嘉ちゃんとみりあちゃんと四人で」

美波「あの時は私がされる側だったけど、今日は……美波、行きます!」


美波「よいではないか♪ よいではないか♪」

グイグイッ!


アーニャ「……」

アーニャ「……」ムラムラッ

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:09:43.12 ID:mlPmKAgWo
美波「よいではないか♪ よいではないか♪」

武内P「落ち着いてください新田さん! よくありません!」

アーニャ「……」

武内P「あ、アナスタシアさん! 新田さんを止めてください!」


アーニャ「美波、とっても楽しそう、です」


武内P「あ、アナスタシアさん……!?」

美波「よいではないか♪ よいではないか♪」

アーニャ「……」


アーニャ「ム~ラムラ♪ ム~ラムラ♪」


武内P「ぐ、っお!? や、やめてください! 二人共、手を離してください!」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:15:18.89 ID:mlPmKAgWo
美波「よいではないか♪ よいではないか♪」

アーニャ「ム~ラムラ♪ ム~ラムラ♪」

武内P「ふっ、ぐ……お……!」


ガチャッ


蘭子「我が友、そして、翼を同じくする者達の声が我をここに召喚せしめん! 一体、何事――……」



武内P「か、神崎さん! た、助けて、助けてください!」

美波「よいではないか♪ よいではないか♪」

アーニャ「ム~ラムラ♪ ム~ラムラ♪」


蘭子「……」

蘭子「あ……う……あ……!?///」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:25:04.83 ID:mlPmKAgWo
蘭子「あの……なんで……ぷ、ぷ、プロプロ……!?///」


武内P「事情は、事情は後でご説明します! ですから、今は早く……!」

美波「よいではないか♪ よいではないか♪」

アーニャ「ム~ラムラ♪ ム~ラム――蘭子?」

蘭子「む、むらむ蘭子!?」

アーニャ「? 蘭子も、一緒にムラムラ、しましょう♪」

蘭子「い、一緒に!?///」

武内P「!? いけません、神崎さん!」

アーニャ「こういう時は、アー、ああ、そうでした!」


アーニャ「――闇に呑まれよ!」


蘭子「……」

武内P「……か、神崎さん……?」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:32:37.87 ID:mlPmKAgWo
武内P「あの、神崎さん……?」


蘭子「――……い~つか~このそ~らの~下~♪」


武内P「!?」


美波「夢をつ~かむ~ため~♪」


武内P「!? どうして、どうして歌い出すんですか!?」


アーニャ「ずっと~♪ 前にむ~かってゆ~く~か~ら~♪」


武内P「いい歌なのに! どうしてこの状況で歌ってしまうんですか皆さん! いい歌なのに!」


武内P「誰か、誰か助けてください!」

武内P「お願いします! 誰か、誰か――!」


コンコン!


武内P「!」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:41:01.41 ID:mlPmKAgWo
武内P「助かっ――」


楓「……」



三人「あ~した~出会え~るえ~がお~♪」


武内P「いえ、あの、これは……」

楓「大きな声が、聞こえたので……」


三人「信じて~い~る~から~♪」


武内P「高垣さん、これは……誤解です」

楓「後輩達が頑張っていると……」

武内P「……?」


三人「もっと~♪ もっと~♪ 頑張れ~るよ~うに~♪」


楓「後輩達が頑張っていると、私も交配したくなっちゃいます♪」


武内P「……」

武内P「――申し訳ありません、新田さん、アナスタシアさん、神崎さん、少々お待ちいただけますか」

三人「え、あ、はい」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:48:07.11 ID:mlPmKAgWo
武内P「高垣さん」

楓「? はい」

武内P「高垣さんの魅力は、ルックスと歌唱力も勿論あります」

楓「? ありがとう、ございます」

武内P「ですが……それ以上に、神秘的な雰囲気と、駄洒落を好むという親しみやすさ」

武内P「私は、それが高垣さんの……他には無い、特別な魅力だと思っています」

楓「……」

武内P「しかし、先程の駄洒落は正直……宜しくない類のものです」

楓「……」

武内P「私は貴女の担当プロデューサーではないですが、そう思います」


武内P「――貴女が階段を一緒に登っていきたいという、ファンの一人として」


楓「!」

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:55:57.83 ID:mlPmKAgWo
武内P「……すみません、お待たせしました」

三人「……」

楓「――後輩達が頑張っていると……」

三人「……?」


楓「――後輩達が頑張っていると、こう、ハイになります♪」


武内P「……良い、笑顔です」

三人「……!」コクリ


三人「あの星~にね~がお~う♪」


武内P「……さて、それでは――」


武内P「助けてください千川さ――ん!!」




おわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 武内P「ムラムラ、ですか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509540801/


コメント
8560: 2017/11/06(月) 16:00
何でちゃんと戻ってんだよ(笑)
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/20610-1c03b15a