ヘッドライン

【ガヴドロSS】ヴィーネ「お母さまじゃないわよ!!」

1 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:12:52.555 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネの家

ガヴ「ヴィネット! 宿題見せて!!」

ヴィーネ「今何時だと思ってるの!!」

ガヴ「夜の11時」

ヴィーネ「あれ終わらせるのに5時間もかかったのよ!! 今から教えながらやったら何時になるのよ!?」

ガヴ「……」

ヴィーネ「ほら、座りなさい」

ガヴ「いいのか?」

ヴィーネ「仕方がないでしょ」

ガヴ「ありがとう、ヴィーネェ~~」

ヴィーネ「後でお夜食作ってあげるからね」

2 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:13:46.527 ID:YGj7fio10.net
朝方

ヴィーネ「ふぅ! やっと終わったわ!!」

ガヴ「……」zzz

ヴィーネ「疲れて寝ちゃったのね。少し寝なさい」

ガヴ「……」zzz

ヴィーネ「おやすみガヴリール」

ガヴ「ヴィネットォ~」zzz

3 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:15:41.240 ID:YGj7fio10.net
ガヴ「ヴィーネをお母さんにしたい」

ガヴ「料理がおいしい所、世話好きな所、綺麗好きな所、全部好きだ」

ガヴ「どうにかしてヴィーネをお母さんに出来ないだろうか……」

5 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:19:29.369 ID:YGj7fio10.net
別の日 ヴィーネの家

サターニャ「ヴィネット~お腹空いた~~」

ヴィーネ「また魔界通販の使い過ぎでお金が無くなっちゃったの!?」

サターニャ「何か食べさせて~」

ヴィーネ「私だって生活きついのに……」

サターニャ「……」

ヴィーネ「ほら、昨日作った肉じゃがの残りがあるから食べなさい」

サターニャ「いいの!?」

サターニャ「仕方がないでしょ」

サターニャ「ありがとう、ヴィネットォ~~」

ヴィーネ「夜はもっと手の込んだもの作ってあげるからね」ニコ

7 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:22:27.062 ID:YGj7fio10.net


サターニャ「ねぇ、今日は本当に泊まって良かったの?」

ヴィーネ「別にいいわよ。ご飯の度に私の家まで来るの?」

サターニャ「ヴィネット……。ヴィネットの身体、温かい」ギュ

ヴィーネ「よしよし」ナデナデ

9 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:26:48.337 ID:YGj7fio10.net
サターニャ「ヴィネットをお母さまにしたい」

サターニャ「綺麗な所、優しい所、温かい所、イベント好きな所、全部好き」

サターニャ「どうにかしてヴィネットをお母さまにできないかしら」

12 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:32:11.195 ID:YGj7fio10.net
数日後

ガヴ「ヴィーネ、宿題教えて!!」

サターニャ「ヴィネット! 宿題教えなさい!!」

ヴィーネ「仕方がないわね、どこが分からないの?」

ガヴ「ここ!」

サターニャ「全部よ!」

ガヴ「……私も全部だ!!」

ヴィーネ「仕方がないわね。全部教えてあげるからほら、ここに来なさい!!」

ガヴ「!!」ペタ

サターニャ「!!」ベタ

ヴィーネ「ここが、こうで……」

ガヴ「ふんふん」

サターニャ「へぇ」

ヴィーネ「……。ガヴ、サターニャ、狭いからあんまりくっ付かないで」

ガヴ「でもこのくらいくっ付かないと分からないだろ」

サターニャ「もっと近くで教えなさい!」

ヴィーネ「分かったわよ。それでね、ここがそうなって……」

18 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:37:07.144 ID:YGj7fio10.net
放課後

サターニャ「ガヴリールっ!」

ガヴ「丁度良かった。私もサターニャに話があったんだ」

サターニャ「ヴィネットの事ね」

ガヴ「ああ。ヴィーネは絶対に渡さないからな」

サターニャ「望むところよ! 絶対に渡さないから!!! ヴィネットは私のお母さまだから!!」

ガヴ「私のお母さんだ!」

サターニャ「私のお母さまよ!」

ガヴ「私のお母さんだ!!!」

サターニャ「私のお母さまよ!!!」

ガヴ「私のお母さんだ!!!!」

サターニャ「私のお母さまよ!!!!」

ガヴ「私のお母さんだ!!!!!」

サターニャ「私のお母さまよ!!!!!!」

ガヴ「私のお母さんだ!!!!!!」

サターニャ「私のお母さまよ!!!!!!」

ヴィーネ「何騒いでるの!! みんなに迷惑でしょ!!」

ガヴ「……」

サターニャ「ごめんなさい、お母さま」

ヴィーネ「お母さまじゃないわよ!!」

20 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:40:38.329 ID:YGj7fio10.net
休日

サターニャ「ヴィネット、お腹空いた」

ガヴ「なんか作って」

ヴィーネ「はいはい、待っててね」

サターニャ「ガヴリール、絶対に負けないから」

ガヴ「私の方がヴィーネに甘えてる」

サターニャ「私の方がヴィネットをよく知ってるわ」

ガヴ「私の方が手のかかる子だ」

サターニャ「私の方が手のかかる子よ」

ガヴ「私だ」

サターニャ「私よ」

ガヴ「私だ!」

サターニャ「私よ!」

ガヴ「私だ!!」

サターニャ「私よ!!」

ガヴ「私だ!!!」

サターニャ「私よ!!!」

ヴィーネ「もう、うるさい!!! どうして二人はいつも喧嘩ばっかりするの!?」

サターニャ「ガヴリールが生意気だからよ!!」

ガヴ「サターニャが負けを認めないからだ!!」

ヴィーネ「喧嘩ばっかりしてるともうご飯作ってあげないわよ!!」

サターニャ「! ごめんなさい、お母さま!」

ヴィーネ「お母さまじゃないわよ!!」

21 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:43:19.623 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネ「ほら、ご飯出来たから食べなさい」

ガヴ「……いただきます」

サターニャ「いただきます」

ヴィーネ「もう、早く仲直りしなさい。せっかくのご飯が美味しくなくなっちゃうわよ」

サターニャ「さっきは意地張ってごめんなさい」

ガヴ「私こそごめん……」

ヴィーネ「よし、仲直りできたわね。二人とも偉い偉い」ナデナデ

ガヴ「///」

サターニャ「恥ずかしいわよ、お母さま///」

ヴィーネ「お母さまじゃないわよ!!」

23 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:46:09.088 ID:YGj7fio10.net
翌日

ガヴ「サターニャ、ヴィーネを傷つけるからもう喧嘩はやめよう」

サターニャ「ええ、分かってるわ。でも、絶対にヴィネットは渡さないから」

ガヴ「私もだ。絶対に渡さない」

サターニャ「実は私、来週のバーベキューでヴィネットに告白しようと思ってたの。ガヴリールもしなさい、これでフェアでしょ」

ガヴ「奇遇だな、サターニャ。私もその日に告白しようと思ってた」

サターニャ「……。私達こんな形で出会わなかったらいい友達になれていたかもね」

ガヴ「だな」

24 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:48:58.654 ID:YGj7fio10.net
ジュウ ジュウ

ヴィーネ「ほら、お肉焼けたわよ。食べなさい」

ガヴ「ヴィーネ、もっとお肉焼いて!!」

サターニャ「おかわり!!」

ヴィーネ「はいはい、ちょっと待って」

ジュウ ジュウ

ラフィ「こっちも焼けましたよ」

ガヴ「ヴィーネ以外のお肉はいらない!」

サターニャ「……私もよ!」モグモグ

ラフィ「ガーン!」

27 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:52:04.207 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネ「お肉ばっかり食べてたら駄目よ、お野菜も食べなさい!!」

サターニャ「嫌! 野菜なんて食べてくないわ!」

ヴィーネ「わがまま言わないの。ちゃんと食べなさい」

サターニャ「お母さまの意地悪」

ヴィーネ「お母さまじゃないわよ!!」

ガヴ「私はお野菜食べる!!」モグモグ

サターニャ「ガヴリールばっかりずるいわ!! 私も食べる!」

ガヴ「(おい、喧嘩はもうしないって言っただろ)」コソコソ

サターニャ「(あ、そうだったわ)ヴィネット、私にもお野菜ちょうだい」

ヴィーネ「二人ともちゃんとお野菜食べれて偉いわね」

ガヴ「うん!」

サターニャ「当然でしょ!!」

28 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:55:54.824 ID:YGj7fio10.net
ラフィ「ヴィーネさん、私の焼いたお肉食べますか?」

ヴィーネ「食べるわ。ガヴとサターニャも食べるでしょ」

ガヴ「食べる!」

サターニャ「私もよ!!」

ガヴ「(勢いで言ったけど……)」

サターニャ「(ラフィエルの焼いた肉なんていらないわ……)」

ヴィーネ「私の焼いたお野菜と一緒にお皿に持っておくから食べてね」

サターニャ「……」

ガヴ「……(まずはサターニャにラフィエルの焼いたのを片付けさせよう)」

サターニャ「ん……」

ガヴ「サターニャ、(ラフィエルの焼いたお肉)あーん」

サターニャ「(それラフィエルの焼いたお肉じゃないの……)」ジロ

ヴィーネ「ん?」

サターニャ「(ヴィネットの見ている前じゃ断れないじゃない)あーん」モグモグ

ガヴ「どうだ?」

サターニャ「お、美味しいわ。お返しね、ガヴリール、お肉あーん」

ガヴ「(私があーんした分より多い……)」ジロ

ヴィーネ「なに?」

ガヴ「(ヴィーネの見ている前だと断れないだろ)あーん」モグモグ

ヴィーネ「二人とも偉いわね。ついこの前まで喧嘩ばっかりしていたのにもう仲直りしてね」

ガヴ「当然だろ(早くヴィーネの焼いたお野菜が食べたい)」

サターニャ「ねぇ」モグモグ

ヴィーネ「お野菜もあるからちゃん食べてね」

ガヴ「(まだラフィエルの焼いた分がある)サターニャ、あーん」

サターニャ「ガヴリール、あーん」

ガヴ「おいしいな」モグモグ

サターニャ「美味しいわね」モグモグ

ガヴ「(全部食べ終わったな。ヴィーネの焼いた野菜!)」ガツガツ

サターニャ「(ヴィネットの焼いた野菜!)」ガツガツ

ヴィーネ「もう、お野菜食べてくれるのは嬉しいけど、そんなにがっつかないの」

29 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 22:58:11.248 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネ「ふぅ、疲れたわね」

ラフィ「少し休みましょうか」

サターニャ「(来た! 好感度を上げるチャンスよ!!!)」

ガヴ「(美味しいお肉をいっぱい焼いてヴィーネを喜ばせるんだ!!!)」

サターニャ「ヴィネット! 次は私がお肉を焼くわ!!」

ジュウ ジュウ

ヴィーネ「もう、私達が焼いたお肉あるからガヴとサターニャは焼かなくていいのよ」

サターニャ「そんなわけにはいかないわ!!」

ガヴ「そうだ! 焼かせてくれ!!」

31 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:00:59.470 ID:YGj7fio10.net
サターニャ「……」モクモク

ガヴ「……」モクモク

ラフィ「見事に焦げてますね」

サターニャ「ごめんなさい」

ガヴ「精一杯作ったんだが……」

ヴィーネ「どれどれ」バリボリ

ラフィ「食べるんですか!?」

サターニャ「ヴィネットやめて!!」

ガヴ「腹壊すぞ!!」

ヴィーネ「うん、二人が一生懸命作った味がしてとってもおいしいわ」

ガヴ「ヴィーネ……」ギュウ

サターニャ「ヴィネット」ギュウ

ヴィーネ「え? 急に抱き付いたりして」

サターニャ「なんでもないわよ」

ガヴ「なんでもない」

32 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:05:00.273 ID:YGj7fio10.net
ラフィ「ガヴちゃん、ヴィーネさん、サターニャさん、焼き芋が焼けましたよ!」

ガヴ「焼き芋!?」

サターニャ「食べる!!」

ガヴ「私の焼き芋だぞ。寄こせよ!!」

サターニャ「私の焼き芋よ~!!」

ヴィーネ「ちょっと、二人とも喧嘩しないの!! さっきまで仲良くしてたのに、も~」

ガヴ「私の焼き芋だ!」

サターニャ「私の焼き芋よ!」

ガヴ「私のだ!!」

サターニャ「私のよ!!」

ガヴ「私のだ!!!」

サターニャ「私のよ!!!」

ガヴ「私のだ!!!!」

サターニャ「私のよ!!!!」

ガヴ「私のだ!!!!!」

サターニャ「私のよ!!!!!」

ヴィーネ「やめなさい!! 焼き芋は二人で半分擦ればいいでしょ!!!」

ガヴ「はっ……」

サターニャ「ごめんなさい、お母さま」

ヴィーネ「お母さまじゃないわよ!!」

34 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:06:52.950 ID:YGj7fio10.net
サターニャ「ガヴリール」

ガヴ「ああ」

サターニャ「ヴィネット、ちょっと話があるの。来てくれる?」

ガヴ「ラフィエルは来ないでくれ」

ラフィ「ええ」

ヴィーネ「何?」

36 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:10:01.390 ID:YGj7fio10.net
ガヴ「私達、ヴィネットにずっと言いたかった事があるんだ」

サターニャ「真剣に聞いて」

ヴィーネ「改まっちゃって、一体どうしたの?」

ガヴ「料理がおいしい所、世話好きな所、綺麗好きな所、全部好きだ。ヴィーネだ好きだ!」

サターニャ「綺麗な所、優しい所、温かい所、イベント好きな所、全部好き。ヴィネットが好き!」

ヴィーネ「え、好き? という事は……」ドキドキ

ガヴ「私のお母さんになって下さい!」

サターニャ「私のお母さまになって下さい!」

ヴィーネ「………………? お母さま?」

ガヴ「私、ヴィーネをお母さんにしたい!」

サターニャ「お願い、私のお母さまになって!」

ヴィーネ「だから、お母さまじゃないっていってるでしょ!!!!!! 告白されるのかと、思ったら……。真面目に聞いて損したわっ!」

ガヴ「ヴィーネ違うんだ!」

サターニャ「私達は本気なのよ!!」

ヴィーネ「……」

ガヴ「お願いだ! 私のお母さんになってくれ!」

サターニャ「私のお母さまになって下さい!!」

ヴィーネ「……」

ガヴ「駄目か」

サターニャ「ヴィネット」

ヴィーネ「お母さんなんて嫌よ」

ガヴ「クソッ!」

サターニャ「そんな……」

ヴィーネ「でも! それでも、私は……」

38 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:14:45.284 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネ「私はガヴを子供にしたい」

サターニャ「どうして!?」

ヴィーネ「初めてあった時、一目見た時から思ってたの。この子は私が育てたいって」

ガヴ「ヴィーネ……」

ヴィーネ「本当は恋人が良かった。でも、ガヴが子供になりたいって言うなら……。お願いガヴ、私の子供になって」

ガヴ「もちろんだ、ヴィーネ」ギュウ

ヴィーネ「ガヴ」ギュウ

サターニャ「そんな……」ポロポロ

ヴィーネ「ごめんね、サターニャ。本当はサターニャも子供にしてあげたいけど、私にはそんな余裕ないから」

ガヴ「お母さんの身体、温かい」スリスリ

ヴィーネ「もう、ガヴは甘えん坊ね」

ガヴ「もっと甘えていい?」

ヴィーネ「当然よ。だって私達はもう親子なんだから」

ガヴ「お母さん、大好きぃ~」スリスリ

ヴィーネ「私もよ、ガヴ」

Gabriel END

39 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:19:08.096 ID:S34MoKhX0.net

これはサターニャを恋人にしてガヴを子供にすればいいと思う
その逆もしかり

40 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:19:18.327 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネ「私はサターニャを子供にしたい」

ガヴ「なんでだよ!?」

ヴィーネ「魔界で出会った時からずっと思ってたの、この子は私が育てたいって」

サターニャ「ヴィネット……」

ヴィーネ「本当は恋人が良かった。でも、サターニャが子供になりたいって言うなら……。お願いサターニャ、私の子供になって」

サターニャ「もちろんよ、ヴィネット!」ギュウ

ヴィーネ「サターニャ……」ギュウ

サターニャ「ヴィネット!」ギュウ

ガヴ「何でだよ!! ヴィーネ……」ポロポロ

ヴィーネ「ごめんね、ガヴ。本当はガヴも子供にしてあげたいけど、私にはそんな余裕ないから」

サターニャ「ヴィネット、ガヴリールが可愛そうよ。たまにはガヴリールにも甘えさせてあげて」

ヴィーネ「サターニャは優しいわね。偉い偉い」ナデナデ

サターニャ「えへへへ。ヴィネットの身体、温かい」

ヴィーネ「サターニャは甘えん坊ね。よしよし」ナデナデ

サターニャ「もっと甘えていい?」

ヴィーネ「もちろんよ。だって私達はもう親子なんだから」

サターニャ「お母さま、大好きぃ~~」スリスリ

ヴィーネ「私もよ、サターニャ」

Satanichia END

41 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:25:08.343 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネ「やっぱり無理!」

サターニャ「なんで!?」

ガヴ「どういう事だよ!」

ヴィーネ「私にはもうタプちゃんっていう子供がいるから」

タプリス「そうですよねぇ、ママ」

ヴィーネ「ええ。タプちゃん」

サターニャ「??」

ガヴ「タプリス、どこから出てきたんだよ!!!」

ヴィーネ「ごめんね、二人も育てたいけど、これ以上は無理よ」

タプリス「すいません、天真先輩、胡桃沢先輩」スリスリ

ヴィーネ「タプちゃん、お腹空いたでしょ。早く帰りましょう」

タプリス「はい! 早くママの作ったシチューが食べたいです!!」ギュ

ヴィーネ「はいはい。タプちゃんは甘えん坊ね」ギュ

タプリス「当然ですよ。だって私はママの子供なんですから!!」

ガヴ「……」

サターニャ「……」

ガヴ「……」

サターニャ「……」

ガヴ「タプリスが子供になってたなんて……。一体どういう事なんだよ!!」

サターニャ「もうヴィネットなんて知らないわ!!」

ガヴ「次のお母さんを探すぞ!!!」

サターニャ「委員長なんて良いんじゃない!?」

ガヴ「よし、次のターゲットは委員長だ!! さっそくアタックするぞ!!」

サターニャ「今夜は飲むわよ!!」

ガヴ「ああ、ヤケジュースだ!!」

Tapris END   BAD END

43 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:27:38.161 ID:YGj7fio10.net
ヴィーネ「私は……。どっちかなんて選べないわ!!」

サターニャ「え!?」

ガヴ「じゃあどうするんだよ!!」

ヴィーネ「決まってるでしょ!! どっちも子供にするのよ! どっちかなんて選べない!!」

サターニャ「ヴィネット!!」ギュウ

ガヴ「ヴィーネ!!」ギュウ

ヴィーネ「ガヴ、サターニャ。私ね、本当はどっちかとお付き合いしたかったの。でも、どっちかなんて選べないからずっと告白できなかったのよ。本当は恋人が良かったけど、でも、二人が子供になってくれるって言うから、私嬉しいわ。だって二人を同時に愛せるんだから……」

ガヴ「ずっと私達のお母さんでいてくれ」

ヴィーネ「もちろんよ。私達ずっと親子だからね。姉妹喧嘩したら駄目よ」

サターニャ「うん!」

ガヴ「もう喧嘩しない」

ヴィーネ「偉いわ!!」ギュウウ

サターニャ「お母さま苦しいわ」

ガヴ「ちょっと、お母さん」

ヴィーネ「ごめんね、つい二人が可愛くて」

サターニャ「いいのよ、お母さま」

ガヴ「ねぇ、お母さん。もっと甘えていい?」

サターニャ「私も甘えたい!」

ヴィーネ「もちろんよ。だって私達は親子なんだから!!」

ガヴ「お母さん大好き!」

サターニャ「お母さま大好き!」

ヴィーネ「私もよ! ガヴ、サターニャ」
 
Satanichia & Gabriel END!   HAPPY END!!   CONGRATULATIONS!!!!

44 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:29:06.145 ID:YGj7fio10.net
これが本当の終わりです。

48 :以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:47:26.782 ID:YGj7fio10.net
ちなみに、タイトルおよびヴィーネの「お母さまじゃないわよ」の元ネタは東京皇帝☆北条恋歌のりせです。



元スレ: 【ガヴドロSS】ヴィーネ「お母さまじゃないわよ!!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1509109972/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/20542-46b2e0ac