ヘッドライン

【ガルパン】ブラックボックス展 in アンツィオ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507346781/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:26:21.04 ID:HQ/QoWN3O
ペパロニ「いいっすか、ドゥーチェ、このブラックボックスアトラクションにおいて最も大切なのは──『ルール』を守ることっす」

アンチョビ「ルール?」

ペパロニ「そう、お客さん自らがきちんとルールを守ること──それがこのアトラクションの最大のキモっす」

アンチョビ「ほう」

ペパロニ「第一のルール。お客さん達はこの三畳一間のこの部屋に入ったら──絶対にこの耳栓をはずしちゃいけません」

アンチョビ「耳栓?」

ペパロニ「これっす、特殊カーボンでできた、遮断率100%のすげー耳栓です」

アンチョビ「100%って、なんにも聞こえなくなるのか?」

ペパロニ「そっす、試しにつけてみます?」

アンチョビ「うん」


 きゅぽきゅぽ


アンチョビ『うわっ、なんだこれは……ごぉぉぉっていう耳鳴りと、時々、自分の心臓の鼓動みたいな音と……おーいペパロニ、なんか喋ってくれ』

ペパロニ「      」

アンチョビ『おぉ全然聞こえないぞ』

ペパロニ「      」

アンチョビ『あはは、口をパクパクさせて。ぜんぜんわかんないぞ。自分の声は聞こえるのに、変な感じだなぁ』

ペパロニ「      」

アンチョビ『……ん? あぁ、耳栓をはずせ、か』

 ……きゅぽん

ペパロニ「──どーっすか、ぜんぜん聞こえないでしょ」

アンチョビ「うん! すごいな!」

ペパロニ「でしょー? そしてですね、さらに──この部屋を真っ暗にするっす! おーい、カルパッチョ」


 <『はいはーい』


 カチ!



アンチョビ「わぁっ、真っ暗だ。自分の手さえ見えない。……ぺ、ペパロニ? そこにいるか?」

ペパロニ「いるっすよぉ。目の前っす」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:26:41.74 ID:HQ/QoWN3O
アンチョビ「そか……、……ひゃぁっ!?、こらぁ! いきなり触るな! びっくりするだろ!」

ペパロニ「えへへへぇ」

アンチョビ「もー。だけどすごいな、本当に真っ暗だ……」

ペパロニ「でしょー。そしてですね、この状態で、さぁ、耳栓をするっす。ただし──灯りが付くまで絶対に耳せんを外しちゃだめっすよ」

アンチョビ「む……。なんか、ちょっと怖くなってきた」

ペパロニ「はやくはやく~」

アンチョビ「わ、わかった……」


 ──きゅむきゅむ




アンチョビ「──────。」




アンチョビ(うわっ、暗闇で──頭の中の音だけがごぉぉぉってなんだか──深い海の底に突き落とされたみたいな。)

アンチョビ(すごいな……ペパロニは、こーいう遊びの時にだけは頭が働くんだなぁ……もっと普段からこれくらい──)

アンチョビ(……。)

アンチョビ(……。)

アンチョビ(……うぅ、なんか、平衡感覚がなくなってきあ……)

アンチョビ(……ッ、ぺ、ペパロニ! いるか! そこにいるのか? どこだペパロニ!)


 ……ぎゅっ
 

アンチョビ(あっ、……これペパロニの腕か……よかった。)

アンチョビ(ちょっとだけほっとした)

アンチョビ(……。)

アンチョビ(……。)

アンチョビ(なぁ、おい、もういいぞ。そろそろ灯りをつけてくれ)


 ──────。 

アンチョビ(……っ)

アンチョビ(おい、おいってば、おーい! 聞こえないのか!)

アンチョビ(カルパッチョ電気をつけてくれ! おーい! カルパッチョぉ!!)


 ──んぱっ(明りがついた)


アンチョビ「! ふはぁ……!」


 きゅぽんっ


アンチョビ「はー……はー」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:28:20.33 ID:HQ/QoWN3O
ペパロニ「さすがドゥーチェっす、よく最後まで耳栓を外さずに我慢できましたね、今ので三分間です」

アンチョビ「うーん、……こんな感覚初めてだった」

ペパロニ「お客さんには一回2分くらいっすかね」

アンチョビ「うん、そうだな……そのほうがいいかもしれない」

ペパロニ「一組、500円で2分。けっこう回転率いいっす」

アンチョビ「ふむふむ……なかなかいいんじゃないか。よし、今度の学園祭の戦車道チームの出し物は決まりだな」

ペパロニ「おっけーっす! って、あ!」
アンチョビ「ん?」

ペパロニ「肝心な事を、まだ説明してなかった。大事なのは──ルールっす、さっきも言った通り」

アンチョビ「うん。」

ペパロニ「第二ルール……これがもっとも大切なルールっす」

アンチョビ「ほう」

ペパロニ「外にでたら──中で起こったことは忘れる!」

アンチョビ「うん……?」

ペパロニ「この暗闇の中で起こったことは、お互いに絶対に部屋の外には持ち出さない。」

アンチョビ「でも、そんな事言われても、って感じじゃないのか?」

ペパロニ「そこれはほら、お客さんの心掛けっすよ。そーゆーのがいいんすよ!」

アンチョビ「ふぅん……?」
 

 ──────────。







 ワイワイわいわい……ガヤガヤガヤガヤ




 <「はぁー、すっごくドキドキした……」「500円は高いと思ったけど──でもなんか面白かったねぇ、あとでもっかいこよっかぁ」



ペパロニ「ありあとあんしたぁ~、またおまちしてまぁ~す!」

安斎アンチョビ「なかなか盛況だな!」

ペパロニ「うす! 楽しんでもらえてるみたいで嬉しいっすね。」

アンチョビ「だな」


まほ「──安斎」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:28:57.13 ID:HQ/QoWN3O
アンチョビ「お、西住じゃないかぁ」

まほ「ブラックボックス展──面白そうな事を考えるな、お前達は」

ペパロニ「へへー私の案っすよ」

まほ「ほぉ」

アンチョビ「西住もどうだ、面白いぞ。ほんとに真っ暗で何も聞こえないんだなんだ。他では味わえないぞ」

まほ「ふむ。どうする──エリカ?」

エリカ「え……私はなぁ、はい、隊長が入られるのでしたら、お供します」

まほ「そうか。では二人。頼む」

アンチョビ「おうっ」

ペパロニ「まいどあり~」


 チャリーン♪


ペパロニ「ではでは~、当アトラクションには大切なルールがありまして──」

まほ「ふむ……?」



まほ「──ほう、つまり、中で起こったことは全部忘れる、ということか?」

ペパロニ「そのへんのニュアンスはお客さんにお任せです!」

まほ「ふむ……だそうだぞ、エリカ?」

エリカ「はぁ」

 ──────。

ペパロニ「それでは、いってらっしゃいませ~」

まほ「少し、ワクワクするな」

エリカ「まぁ、そうですね」



 とことことことこ……



ペパロニ「……黒森峰の副隊長さん、相変わらずぶっきらぼうな人っすねぇ」 

アンチョビ「黒森峰っぽいじゃないか」





 ~2分後~





ペパロニ「──はぁい、お疲れ様! お楽しみいただけましたか~?」

アンチョビ「お疲れ~……って……ん?」


まほ「──なかなか面白かったな、エリカ」

エリカ「……っ、は……はい……。はぁっ……」


アンチョビ「……??」


ペパロニ(姉さん、姉さん、副隊長の人なんか顔が赤いっす。息も乱れてる)

アンチョビ(暗闇に負けたのかな?)

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:29:24.35 ID:HQ/QoWN3O
アンチョビ「おーい、もし暗闇で気分が悪くなったのなら──」

エリカ「っ……だ、大丈夫」

アンチョビ「そうは見えないんだけど……」

まほ「安西、改めて確認しておくが──」

アンチョビ「? なんだ?」

まほ「中で起こったことは外には持ち出さない──それがルール、だな?」

アンチョビ「え、あぁまぁ、そんな感じかもだが」

まほ「だ、そうだ。いいな、エリカ?」

エリカ「そのっ……は、はい、隊長……」

まほ「──では、私達は行くよ、また会おう安斎。」

アンチョビ「お、おう、また……」


 すたすたすたすた……


アンチョビ「……。」

ペパロニ「……。」


アンチョビ「中で何が起こってたんだろ」

ペパロニ「……確認してみます?」

アンチョビ「へ?」

ペパロニ「録画データがあるはずですけど」

アンチョビ「は!? お前カメラなんかしかけてたのか!?」

ペパロニ「一応は中のことチェックしとかないと、お客さんが倒れたりしたらまずいですし……なのでカルパッチョがチェックしてます」

アンチョビ「姿が見えないと思ってたら。……ていうか、カメラを買うような予算があったのか?」

ペパロニ「整備課の連中に、サーモグラフィーを借りたっす。」

アンチョビ「サーモグラフィー!」

ペパロニ「赤外線カメラとかがよかったんすけどねぇ」

アンチョビ「うーん……だけど、これ、お客さん達がしったら……」

ぺパロニ「秘密にしときゃ問題ないっすよ。おぉーい、受付頼む、私達はちょっと用事だ」

モブ子「はーい」

アンチョビ「うーん、いいのかなぁ……」





6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:29:56.19 ID:HQ/QoWN3O
ペパロニ「さっきの動画データーは~──あったこれだ、」


 カチカチ(クリック)


ペパロニ「今、お二人が入ってくるとこです」

アンチョビ「おぉ……こーゆー感じの映像、わたし映画でみたことがある」

ペパロニ「『プレデター』っすね」

アンチョビ「それだ」

ペパロニ「精度があんまりよくないカメラだから、余計にそれっぽいなぁ」

アンチョビ「にしても、意外と二人とも、動きがしっかりしてるなぁ」

ペパロニ「この時はまだ部屋の明かりがついてますから」

アンチョビ「あそっか」

ペパロニ「もう少しして──今、電気が消えたはずっす」

アンチョビ「お……あはは、二人とも、手の平を顔の前に持っていってる。私と一緒だ」

ペパロニ「やっぱ皆、やっちゃうっすよねー」

アンチョビ「それでー……エリカのほうは、なんだかソワソワしてるな。キョロキョロ周りをみてるっぽい」

ペパロニ「隊長さんは──腕をおろして、なんかジッとしてますね。すげぇ、ぜんぜん動揺してない……」

アンチョビ「やるなぁ西住」

ペパロニ「……で……今のところはあんまり変化ないっすねぇ」

アンチョビ「そうだなぁ」

ペパロニ「副隊長さんは相変わらずもぞもぞしてて、隊長さんはじーっとしてて……」

アンチョビ「このままなはずはないんだけど──あ」

ペパロニ「お」

アンチョビ「西住が、急に、エリカの頭のほうに腕を。……。……ん? 何やってるんだ、これ?」

ペパロニ「これって……頭をなでなでしてるんじゃないっすか……?」

アンチョビ「はぁー? ……いやでもたしかに、そんな感じだ、西住の伸ばした腕、少し左右に揺れてる……何やってんだ西住」

ペパロニ「副隊長さん、なんかすっごい戸惑ってるっぽいっす、動きが、おどおどしてる──と思ったら、あ、だんだん動きが消えて行った。あきらめたんっすかね」

アンチョビ「西住は──お構いなしにひたすらなでなでだな。」

ペパロニ「……。黒森峰って……意外と、仲良しなんすねぇ……」

アンチョビ「だなぁ……」


 ──────。










ダージリン「──ごきげんにょう──面白い事をしてらっしゃるわね?」

アンチョビ「お、ダージリン」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:31:22.52 ID:HQ/QoWN3O
オレンジペコ「皆さんが面白いことをしているとお聞きしまして」

ペパロニ「えへへへー評判っすねぇ」

アンチョビ「どうだ、二人もやってくか」

ダージリン「もちろん、そのつもりで来ましたのよ」

ペパロニ「毎度あり~~~~」


 ちゃり~~~ん♪


ペパロニ「ではですね、いくつか大切な決まりがありましてぇ~──」

 カクカクシカジカ

ダージリン「──へぇ……中で何が起ろうと決して他言無用、ですってペコ」

オレンジペコ「その言い方はなんだかぶっそうな感じが……」

ペパロニ「ではでは、いってらっしゃいませぇ~」

オレンジペコ「もう、変なことしちゃいやですよ、ダージリン様」

ダージリン「あら、わたくしは淑女ですもの」

オレンジペコ「不安です……」



アンチョビ「まぁ、あの二人はそうそう変なことはしないだろ」

ペパロニ「っすねぇ」







 ────────。



ペパロニ「はいお疲れ様ぁ──って、うわっ!?」

アンチョビ「お、お前ら……?」


アンチョビ「二人とも、どうして髪の毛をおろしちゃってるんだ……?」


ダージリン「……おほほ」

オレンジペコ「……あぅ……」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:31:50.92 ID:HQ/QoWN3O
ペパロニ「うわー、二人とも綺麗なロングヘア―っすねぇ。そのスタイルも似合ってます」

ダージリン「どうもありがとう」

アンチョビ「ていうか、中で何があったんだ……」

ダージリン「あら……部屋の中で起こったことは、他言無用ではなくって?」

アンチョビ「あ、そ、そうか……そうだった……」

ダージリン「うふふ……それで、申し訳ないけれど、しばらく、お部屋をどこか貸してくださる?」

アンチョビ「うん?」

ダージリン「二人でお互いの髪を結ってまいりますわ。このままではあまり──優雅とは言えないものね」

アンチョビ「そ、そうか……じゃあ、私達の更衣室を使ってくれ。この棟の二階の一番端の──」

ダージリン「感謝いたしますわ。──行くわよ、ペコ」

オレンジペコ「はい……では、お二人とも、また」

 ぺこり

ペパロニ「あ……ありあとあんしたぁ~……。」


アンチョビ「……。」

ペパロニ「…………。」


アンチョビ「……ペパロニ、動画チェックしよう」

ぺパロイン「あいあいさーっ」

 ──────。






ペパロニ「電気が消えて、お決まりの動きをして──。……あれ、なんかダージリンさん、ペコさんのほうに手探りで両腕を伸ばしていってる……」

アンチョビ「この動きの感じ……くすぐろうとしてないか、これ」

ぺパロニ「そんな気がするっす。あ、腕がふれた!」

アンチョビ「おー、オレンジペコ、びっくりしてるなぁ」

ペパロニ「うわぁダージリンさん、つつきまくりじゃないっすかぁ。ダージリンさんって、意外とお茶目なんすねぇ」

アンチョビ「何が『淑女』だ」

ペパロニ「お、ペコさがん逃げた。………おぉ、完全にお互いを見失ってる。二人ともすごいへっぴり腰で、手を突き出してる」

アンチョビ「暗闇でしかも耳も聞こえないからなぁ。って、……ペコがなんかもぞもぞしてる……?」

ペパロニ「あ、これ、髪をほどいてるんですよ」

アンチョビ「??? なんでそーなるんだ?」

ペパロニ「うーん、……あっ、わかった!」

アンチョビ「? どういうことだ?」

ペパロニ「ペコさん、ダージリンさんをびっくりさせようとしてるんですよ!」

アンチョビ「あん?」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:50:56.07 ID:HQ/QoWN3O
ペパロニ「自分の髪の毛で、ダージリンさんの顔をなでて、びっくりさせようって」

アンチョビ「えぇ……なんだかんだ、あの子もちょっと変なんだなぁ」

ペパロニ「でも私、いいと思うっすよそーいうの」

アンチョビ「何が」

ペパロニ「この部屋の中だけは、本性をさらけだして心のままに──狙い通りっす。嬉しいっす」

アンチョビ「心のままに、かぁ」





 ──────。

アンチョビ「結局──ダージリンはまんまと脅かされて、いきおい自分も髪をほどいてやりかえす、と」

ペパロニ「すんごい楽しそうでしたね、二人の動き」

アンチョビ「まぁ、楽しんでるなら、それでいいか」

ペパロニ「そですよっ。……、……えい」ペシペシ

アンチョビ「うぷっ……、こらぁ、サイドテールを私の頬にぶつけるな」

ペパロニ「えへへへぇ」

アンチョビ「──こんにゃろお」バサバサ

ペパロニ「うぶぁっ!? ちょっとぉ、姉さんの髪型は卑怯っすよぉ」

アンチョビ「あはははは」

 ばさっばさっ

ペパロニ「うぶっ、口にはいったぁ……」


 ──────。





ペパロニ「ん~」

アンチョビ「腕くんでどうした?」

ペパロニ「いやぁ、ルールをちょっとだけ変更しよっかなって」

アンチョビ「?」

ペパロニ「『中で起こったことは忘れる』だけじゃなくて──『暗闇の中ではありのままの自分をさらけだすこと!』って、追加しよっかなって」

アンチョビ「ふうん?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:52:06.25 ID:HQ/QoWN3O
ペパロニ「さっきの二人を見るにそのほうがおもしろそうっす」

アンチョビ「いいんじゃないか。お前の判断に任せる。こーいうことには頭が働くみたいだからな」

ペパロニ「えへへぇドゥーチェに褒められたっす」

アンチョビ「100%褒めてるわけじゃないぞ」


カチューシャ「──やーアンチョビ! 来たわよ!」


アンチョビ「おっ、カチューシャ!」

ノンナ「皆さんが面白いことをやっているときいえ」

カチューシャ「私達も入るわよ!」


 ちゃり~~~~ん♪


ペパロニ「毎度あり~! で、ルールがありましてぇ~」

 かくかくしかじか

カチューシャ「ふぅん、暗闇の中ではお互いありのままに、かつ、中でのできごとは中だけに留める、ねぇ……?」


ノンナ「ありのままに……他言無用……」

ノンナ「……。」


アンチョビ(……ん?)


ペパロニ「じゃ、楽しんできてくださいね~」

カチューシャ「おっけーい……」 

 とことことことこ


アンチョビ「大丈夫……だよなぁ?」

ペパロニ「姉さん?」

アンチョビ「ノンナっていつもいつもカチューシャに肩車させられて、実は結構不満がたまってるんじゃ」

ペパロニ「えぇ? まさかぁ」

アンチョビ「気にしすぎなのかなぁ。なんか一瞬表情が」

ペパロニ「気にしすぎっすよぉ」




 ──────。



アンチョビ「……。」

ペパロニ「……。」


カチューシャ「……っ、っぐ、……ひぐ……うぅ、い、行くわよノンナ……」

ノンナ「はい、カチューシャ。……カチューシャ、……その……中でのことは」

カチューシャ「……っ、うるさいっ、うるさいうるさいうるさぁい!」

ノンナ「あぁあ……」



アンチョビ「……。」

ペパロニ「……。」


アンチョビ「……動画チェック」

ペパロニ「了解っす」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 16:51:55.34 ID:UP7Mfx0tO
 ──────。



ペパロニ「二人が入ってきました」

アンチョビ「手をつないでるな。けど、こーしてみるとホントに母親と子供だなぁ」

ペパロニ「ちっちゃいっすねぇ、カチューシャさん。あ、今、電気消えたっぽいですね」

アンチョビ「うん。……お、ノンナが繋いでいた手を離した?」

ペパロニ「わー、カチューシャさんめっちゃきょどってる。ノンナさんこれ、意地悪してわざと手を放したんですかね」

アンチョビ「多分……。あぁ、カチューシャが、恐る恐る動きながらノンナを探してる。……見ていて心がいたくなる映像だなぁ」

ペパロニ「なんか可哀想になってきたっす。ノンナさんは……あ、すげぇ、カチューシャさんから、上手に逃げてる」

アンチョビ「え、これ、もう電気消えてるんだよな? 耳せんしてるから音も声も聞こえないはずだよな?」

ペパロニ「は、はい。でもこれノンナさん、完全にカチューシャさんのいる場所把握してるっす……」

アンチョビ「つねに一定の距離をおいて、カチューシャのいる方向をじっと見てる……」


ペパロニ「……。」

アンチョビ「……。」


アンチョビ「こわっ! ノンナこわっ! なんなんだこいつは」

ペパロニ「そういえば以前ノンナさんが、『例え目をつむっていても、私は常にカチューシャを感じています』って……」

アンチョビ「えぇ……。あ、カチューシャが、とうとうへたりこんだ」

ペパロニ「これ、この肩の痙攣する感じ……カチューシャさん泣いてるんじゃ……」

アンチョビ「あぁ、たしかに私も危うくパニックになりそうだったしなぁ」

ペパロニ「そろそろ二分経過するはず──あ、電気ついた感じですね。……ノンナさん、なんかびっくりしてるっぽい」

アンチョビ「めっちゃ慌ててる動きだな。カチューシャが泣いてるのに気づいたか」

ペパロニ「軽いイタズラのつもりだったのに相手がガチ泣きしちゃって慌てるパターンっすね……」

アンチョビ「あ、ノンナがカチューシャをすっごい抱きしめてる」

ぺパロ二「この映像だとtこのなんか同化しちゃったみたいに見えるっす……あ、カチューシャさん、ノンナさんをポカポカ叩いてる」

アンチョビ「ほんと母親と娘みたいだなぁ……」


──────。






 「こんにちわ」


ペパロニ「はいこんちわ~」


 「大人でも入れるのかしら」


ペパロニ「もちろんですよぉ~、二名様っすか?」


 「ええ。500円ね」「あら、お金なら私が」

 「いいわよ。気にしないで」「いえだけど──」


アンチョビ「──ただいまぁ。ふー、トイレすっごいこんでるぞぉ。漏れるかと思った」

ペパロニ「あドゥーチェお帰りなさい。ちょうど新規のお客さんっすよ。今度は大人のお客さんっす」

アンチョビ「おぉそうかそうか。どうもこんにちわー……っえ゛!」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 16:53:06.63 ID:UP7Mfx0tO
ペパロニ「? ドゥーチェ?」

アンチョビ「ペパロニ、お客さんってこの人達か」

ペパロニ「そっすけど、お知り合いっすか?」

アンチョビ「お前なぁ……」


しほ「こんにちわ」

千代「ごきげんよう」


アンチョビ「ど、どうもこんにちわ……」


千代「あら貴方、北海道の選抜戦に参加していた子ね。髪型が可愛いから良く覚えています」


アンチョビ「は、はぁ、ありがとうございます」

ペパロニ「私もいたっすよ」

千代「あらそう」

アンチョビ「その節はどうも……えっと、お二人とも仲がよかったんですね……?」


しほ「……? さぁ、どうなのかしらね」

千代「よく分からないわね」


アンチョビ(じゃあなんで一緒にきたんだ……)

ペパロニ「あ~っと、じゃあ、ルールを説明させてもらってもいいっすかぁ?」


しほ「ルール……?」


 かくかくしかじか


千代「……へぇ、部屋の中では思いのままに、ねぇ」

しほ「ふぅん……。外にでたら忘れる……ね」


アンチョビ(……。)

ペパロニ(……。なんか不穏な空気が)


千代「では、いきましょうか」

しほ「えぇ」



アンチョビ「い、いってらっしゃいませぇ」

しほ「ええ」

 すたすたすた……

アンチョビ「驚いた……というかなんであの二人が」

ペパロニ「これじゃないっすかねぇ」チラシピラー

アンチョビ「あん? ──連盟主催の講演会……うちの公会堂でか。あ、ゲストが西住姉妹になってる」

ペパロニ「へぇ~、さすがっすねぇ」

 ──────。


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 16:53:45.20 ID:UP7Mfx0tO
しほ「──ふう」

千代「あぁ、外の景色がまぶしい」


アンチョビ「あ、お疲れ様ですー」

しほ「まれな体験をさせてもらったわ。……黒森峰でも精神鍛錬用に設備を組んでみようかしらね」

千代「面白い考えね」

アンチョビ「はぁ」

しほ「では、失礼するわ」

千代「ごきげんよう」

ペパロニ「さよなら~」


アンチョビ「……。特に何事もなく、あっさり帰って行ったなぁ」

ペパロニ「そっすね、意外と……」


<カルパッチョ「ねー二人とも~、ちょっときてください~」


アンチョビ「んー?」

ペパロニ「どした?」

カルパッチョ「今の二人すごかったですよ。これ、この動画」

アンチョビ「む……?」


 カチっ(動画開始)


アンチョビ「わ、なんだこれ」

ペパロニ「二人で……ゆっくりと殴りあってる……?」

カルパッチョ「私しってますこーいうの。テレビでみたことがある。空手の訓練です。」

アンチョビ「でも、暗闇の中でどうやって……わ、、今、島田流の突きを西住流が手で払ったぞ」

ペパロニ「すげー、二人ともノンナさんみたいだ」

アンチョビ「その比較はなんかおかしい気がするけどなぁ……」

 


 ──────。

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 16:55:22.45 ID:UP7Mfx0tO

アンチョビ「ふぅ~、稼いだ稼いだ。さてぇ、そろそろ終わりかなぁ」

ペパロニ「姉さん! 最後にもっぺん、私らで一緒に入りませんかぁ?」

アンチョビ「え~」



しほ「──あら、もうお終いなの?」

アンチョビ「え」

ぺパロニ「あ、家元さん……と、あれぇ、西住さんじゃないっすか」


みほ「あの……こんにちわ」

しほ「もっと堂々と挨拶をなさい」

みほ「っ、は、はい……」


アンチョビ「えっと、まだ入れますけど……えと、二人で?」


しほ「そうです。」

みほ「……。」


アンチョビ「そ、そうですか」

ペパロニ「ルール説明は──どうしましょ」


しほ「必要ないわ。私が説明します」

ペパロニ「あ、はい」


しほ「みほ、よく聞きなさい。」

みほ「う、うん……。」

しほ「ここから先は光も音も無い空間──この部屋の中は、外界とは切り離された特別な空間です。」


ペパロニ(……そーだったんだ……)

アンチョビ(……。)


しほ「精神を研ぎ澄ませなさい。雑念を捨て、記憶をもすて、今この瞬間のみに己の意識を集中なさい」

みほ「はぁ……。」


アンチョビ(アトラクションの趣旨が変わってるなぁ)

ペパロニ(西住流ぱねぇ)


しほ「では入るわよ。あなたもこの感覚を経験しておきなさい。」

しほ「……。」

しほ「戦車の中に閉じ込められればこれに近い感覚を経験することになる。……動揺をしないように」

みほ「! お母さん、それって……どういう意味ですか」

しほ「自分で考えなさい」

みほ「……。」

 すたすたすた。

ペパロニ「……どういう意味なんでしょーね」

アンチョビ「わかんないけど、でも……忘れたわけじゃないんだろうなぁ去年の決勝の事……二人とも、いろんな意味で」

ペパロニ「……。」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 16:57:47.05 ID:UP7Mfx0tO
アンチョビ「よし、受付はもう今の二人で終いだ。……カメラみにいくぞ」

ペパロニ「っす。姉さんもすっかりワルっすねぇ」

アンチョビ「うーん言い返せないや」




 ──────。


カルパッチョ「──今、電気を消しました」

アンチョビ「西住は、やっぱりおどおどしてるな。キョロキョロしてる。」

ペパロニ「家元は──微動だにしてないっすねぇ」

カルパッチョ「ドゥーチェ? みほさんって、あんまりお母さんとうまく行ってなかったはずですよね」

アンチョビ「だなぁ。たぶん今も、あんまり居心地良くないだろうな」

ペパロニ「あっ、家元が動いたっすよ。えっとt、体をみほさんのほうに向けたっす。」

アンチョビ「なんか……じっーと西住を見つめてる?」

ペパロニ「まただ、ノンナさん状態っす」

カルパッチョ「何をしてるんでしょう?」

アルパッチョ「うーん──あっ、西住に向かって、腕を伸ばしてるぞ。ゆっくり、ゆーくり……あれ、この感じ、どこかで──」

カルパッチョ「西住まほさんの時と……」

アンチョビ「それだ。一緒だよなぁ。あぁ、ほらやっぱり、頭に手を置いた」

ペパロニ「……ナデナデ……してるっすねぇ。これは」

カルパッチョ「……。」

アンチョビ「みほ、固まってるなぁ」


アンチョビ「……。」

カルパッチョ「……。」

ペパロニ「……。」


ペパロニ「この部屋の中のことは、部屋の中だけにとどめておく……でも、なんで頭をなでてるんすかね……」

アンチョビ「私達は他人だもん……わかんないよ……」


 ────────。

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 16:58:13.33 ID:UP7Mfx0tO




アンチョビ「お疲れ様です~」

ペパロニ「ありがとうございました~」



しほ「どうも」

みほ「……アンチョビさん、ペパロニさん、またね……」



アンチョビ「お、おう、またな……」


 てくてくてくてくてく……。


ペパロニ「……。なんかちょっぴり、西住さんの目が赤かった気がするっす……」

アンチョビ「そうだなぁ……。」

ペパロニ「……。」

アンチョビ「はぁ~、なんか、いろいろあったなぁ」

ぺパロニ「そっすねぇ……」




 ──────。

ペパロニ「ね、ドゥーチェ、閉める前にやっぱ私達ももう一回一緒に入りましょうよ」

アンチョビ「えぇ? いいけど、変なことするなよぉ?」

ペパロニ「さぁ、それはどおっすかねぇ。この部屋に入ったら──私達はありのままの自分っすよ! ドゥーチェへの想いが暴走しちゃうかもしれないっす」

アンチョビ「私も不満が爆発しちゃうかもなぁ。色々我慢してんだぞぉ、私も」

ペパロニ「えぇ~? そうなんすかぁ? 私も頭を撫でてほしいんだけどなぁ」

アンチョビ「そうか、ほれほれほれ」グリグリ

ペパロニ「むぎゃぁ、ちょっとぉ髪型がくしゃくしゃになっちゃうっすよぉ……」







おわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ガルパン】ブラックボックス展 in アンツィオ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507346781/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/20470-c73dd0bf