ヘッドライン

【ガルパン】まほ「私は悪くない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501600226/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:10:26.44 ID:c+ZLYhbL0

全国大会 大洗vsサンダース戦終了後


麻子「おばあが……」

まほ「ウチのヘリを使え」

エリカ「こんな子たちの為に!?」

まほ「これも戦車道よ」

沙織「私も行く!」


バババババババ



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:11:03.04 ID:c+ZLYhbL0

みほ「お姉ちゃん、ありがとう」

まほ「……」フッ


華「あの、ヘリの様子がおかしくありませんか?」

まほ「え_」

優花里「ずっと機体が安定してないような……」

まほ「何を言って……」

グラグラ ヒューン ドバァーン 

まほ「」

優花里「墜落した!?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:11:36.69 ID:c+ZLYhbL0

みほ「麻子さん!沙織さん!エリカさん!」ダッ

華「危険です!近づいてはいけません!」ガシッ

みほ「で、でも!」

華「あの高さからの墜落ですから、恐らくもう……」

みほ「そんな……!そんなの……」フラッ

優花里「西住殿!お気を確かに!」ガシッ

華「優花里さん、みほさんのそばに居てあげてください。わたくしは通報を……」

優花里「あ、は、はい!」

まほ「通報?ま、待てっ!通報は!」

華「なぜですか?」

まほ「え?あ、いや、なんでもない。そうだな、つ、通報しないとな」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:12:12.17 ID:c+ZLYhbL0

みほ「……」ブルブル

まほ「み、みほ……その、すまない。こんなことになってしまって……」

みほ「ううん……事故だから……お姉ちゃんのせいじゃないよ」

まほ「……そうだよな!やっぱり私のせいじゃないよね!」

みほ「……え」

まほ「私のせいじゃない!私は悪くないんだ!」

みほ「お姉ちゃん?」

まほ「そうだ!エリカのせいだ!あいつがちゃんと操縦しないから!」

みほ「……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:12:50.82 ID:c+ZLYhbL0

まほ「エリカのせいでみほの友達が2人も犠牲に!!あいつめ!」

まほ「あんなやつに任せないで私が操縦すればよかったんだ!
エリカがどうしても操縦したいって言うから任せてやったのに!」

まほ「くそっ!腹が立ってきた!エリカを殴ってやりたい!でも死んでるからなー殴れないなー残念だなー!」

まほ「大体何なんだあいつは!みほが居なくかったからしょうがなく副隊長にしてやったら調子に乗りやがって!挙句の果てに事故まで起こして!最低なやつだエリカは!」

みほ「お姉ちゃん……」

まほ「ん?どうした?」

みほ「もうやめて……もういいから……」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:13:51.59 ID:c+ZLYhbL0

まほ「遠慮しなくて良いんだぞみほ!エリカは死んだんだ!お前もあいつに嫌な思いさせられてたろ?」

まほ「いちいちイヤミを言われて大変だったな!戦車道でも私と比べられたりしてさぞ窮屈だっただろう?」

まほ「当時から助けてやりたいと思ってたんだ、本当だ!
だけど隊長としてみほを贔屓するわけにはいかないから仕方なく見て見ぬふりをしてたんだ。本当だぞ!」

まほ「そもそも私はエリカの見た目からして気に入らなかったんだ!何なんだあの髪の色は!
目立ちやがってなぁもう。絶対に自分のルックスに自信あるタイプだよあいつは!あーむかつく!」

まほ「副隊長にも別にしたくなかったんだけどなぁ?他の隊員どもに比べてギリギリマシな実力だったからエリカしかいなかったんだ。
みほと比べたら本当にゴミだけど」

まほ「エリカなんかを副隊長にしなきゃいけなかったのは他の隊員どもにも問題があるな。私は悪くない。
あの成長しないクソ隊員どもがクソだから。みほも大変だったろう?」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:14:47.31 ID:c+ZLYhbL0

まほ「大洗の素人連中に戦車を教えるほうが正直楽なんじゃないか?
一番厄介なのは実力がないくせに中途半端に知識とプライドがあるやつらだからな。ウチのカス隊員どもみたいにな」

まほ「はー腹たってきた。もう黒森峰の奴ら全員死ねもう!」

小梅「あの、隊長……」

まほ「そうそう、赤星のバカが去年の決勝戦でマヌケにも水に落ちやがったのが発端で……
あの戦いは私の指揮は完璧だったのにあのヌケ星が……」

まほ「……ん?」

小梅「事故の知らせを聞いて、隊員みんなで駆けつけたんですけど……」

ザワザワザワ……

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:15:28.18 ID:c+ZLYhbL0

まほ「……どこから聞いてた?」

小梅「……副隊長を罵倒したあたりから」

まほ「……」

小梅「……」

まほ「はーーーーーはっはっはっは!!そうだよ!私はお前らが大っ嫌いだよ!ていうかみほ以外嫌いだ!基本的に!」

まほ「今回の事故だってなぁ!エリカの操縦のせいで私は悪くないことは確かだが、ヘリの整備班にも責任があるよなぁ??」

まほ「整備班は誰だ!出てこい!!」

ザワザワザワ

小梅「ここには来てません」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:16:04.16 ID:c+ZLYhbL0

まほ「ふーん??そうか、じゃあ誰が責任を取るんだ誰が!?エリカは死んでしまって責任をとれないからなぁ?責任者を用意しないとなぁ!」

シーン

まほ「……赤星ィ!!」

小梅「!!」ビクッ

まほ「お前、ヘリを使ったことはあるよな?」

小梅「はい……何ヶ月も前ですけど……」

まほ「お前のせいだぁ!!」

バキィッ!!

小梅「きゃっ!!」

ドサッ

みほ「小梅さん!!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:16:46.32 ID:c+ZLYhbL0

まほ「数ヶ月前だか何だか知らないがその時ちゃんと点検しておけば今回事故は起きなかったんじゃないかぁ?ん?」

小梅「……」

「そんな無茶な……」ヒソヒソ

まほ「そこ!!何か言いたいことがあるのか?」ギロッ

「なんでも……ないです」ソソクサ

小梅「……」

まほ「んー何だぁその目は?不満なのか?」

小梅「いえ……」

まほ「ふん。当然だな。去年あれだけ私達に迷惑をかけたんだからなぁ」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:17:54.26 ID:c+ZLYhbL0

まほ「エリカは無能だがお前よりは役に立ってたよ。はぁ、惜しい人材を亡くしたものだ」

まほ「アイツの代わりにお前が墜落すればよかったんじゃないか?お前の得意技だろ?転落事故はなぁ!」

小梅「……」プルプル

まほ「は?まさか泣いてるのか?泣きたいのはこっちだよ!!せっかく今年こそは優勝って思ってたらこの事故だぞ!?
みほが抜けた後、使えない副隊長と使えない隊員を引っ張ってきた私の苦労がわかるか?!わかるわけないよなぁお前らには!」

小梅「……」

まほ「ほら、メソメソしてないでみほに謝れ。お前のせいでみほは友達を失ったんだぞ」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:19:02.09 ID:c+ZLYhbL0

まほ「土下座してみほに詫びろぉ!!」

小梅「……ご、ごめんなさい」グググ

まほ「頭をちゃんと地面に擦り付けろ!」ゲシッ

小梅「ふぐぅっ」ベチャッ

小梅「み、みほさん……ごめんなさい……」

みほ「……」

華「良いんですか。みほさん。こんなことさせて」

優花里「これはあまりにも……」

みほ「……」フルフル

華「震えてる……」

優花里「西住殿もお姉さんが怖いんだ……」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:19:50.68 ID:c+ZLYhbL0

まほ「ほら!!隊員ども!お前らも土下座しろ!連帯責任だ!私以外の全員に責任がある!!」

華「っ」スタスタ

優花里「五十鈴殿!?」

華「申し訳ありません。もう限界です。みほさんのお姉様でも、わたくしはこういう人間が許せないんです!!」スタスタ

バッ

まほ「!!」

パシィンッ!!!


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:20:42.48 ID:c+ZLYhbL0

華「……!」

まほ「お前、今、何をしようとした?」

グググググ

優花里「防御された!?」

まほ「この私に、ビンタしようとしたな!?」

バシィ!!

華「うぐっ!」

まほ「無名校のザコが!!みほの友達だからって調子に乗るんじゃあない!私を誰だと思っている!!」

ドカッ!!バキッ!!

華「うぐっ!!ぐえっ!!」

まほ「日本最強の高校戦車道選手!!!西住まほだぞ!!」

バキッ!ボカッ!!

華「うがぁっ!ぐはぁっ!!」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:21:17.65 ID:c+ZLYhbL0

まほ「お前らとは日頃から鍛え方が違うんだ!!戦車の外だろうとな!素人のビンタなんか食らうか!!」

優花里「五十鈴殿!!!!」

みほ「はっ……華さん!お姉ちゃんやめて!」

まほ「みほ。これは正当防衛だ。みほの友達を傷付けたくはないがこれは身を守るために仕方のないことなんだっ!!」

バキィッ!!

華「……」ドサッ


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:22:10.83 ID:c+ZLYhbL0

まほ「五十鈴華とか言ったな?もしかして華道の五十鈴流の娘か?所詮は花屋だな。西住流には足元にも及ばん」

まほ「せいぜい友達の墓前に供える花でも選んでろ」

華「……ゆ、許せません。貴女だけは」ギリッ

まほ「ほう?物分りが悪いようだな」

みほ「華さん!もういいから!優花里さんも、ありがとう。今日は帰ろう?ね?」

優花里「は、はい」

まほ「ふん。まあいい。もう二度と私の前に現れるなよ。田舎で戦車ごっこを楽しみながら一生を終えてくれ」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:23:05.19 ID:c+ZLYhbL0

まほ「みほ!お前はこっちに戻るんだ!ちょうど副隊長のポストも空いたし、どうだ?」

みほ「そ、それは」

まほ「なんだ、嫌なのか?ふーん、そうか、それなら誰を副隊長にしようかなぁ、赤星、どうだ?」

小梅「……!」

まほ「嬉しいか?大出世だろ?みんなの足を引っ張るヒラ隊員が副隊長だぞ!ほら喜べ!」

まほ「早速仕事を任せよう。海に落ちたヘリを回収して来い」

小梅「えっ……」

まほ「聞こえなかったのか副隊長!!海に飛び込んでヘリの残骸を運んでこいって言ったんだよ!!」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:24:31.72 ID:c+ZLYhbL0

小梅「そ……」

まほ「なんだ?せっかく仕事を任せてやろうってのに……ほら、早く飛び込め!お前の大好きな水中だぞ!」

小梅「で……出来ません」

まほ「なんだその態度は?だったら私が叩き落として……」

みほ「やります!!」

まほ「ん?どうしたみほ」

みほ「私が黒森峰に戻って、副隊長やるから……小梅さんにひどいことしないでください」

まほ「そうかぁーー!それは良かった!!自主的に戻ってきてくれるなんて嬉しいな!」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:25:32.93 ID:c+ZLYhbL0

小梅「みほさん……」

みほ「これでいいの。これでお姉ちゃんがおさまるなら……」

まほ「はっはっは!!はーーーはっはっはは!!ふはははは!!」

エリカ「楽しそうですね」

まほ「ああ!こんなに楽しいのは初めてだエリカ!!」


まほ「……エリカ?」

みほ「エリカさん!無事だったの!?」

エリカ「まあね」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:26:12.34 ID:c+ZLYhbL0
タッタッタッ

沙織「みぽりーん!」

麻子「心配かけて済まなかった」

優花里「武部殿!冷泉殿!」

華「この匂いは!皆さん本物です……!」

沙織「墜落寸前にみんな脱出して、近くを通った漁船に助けてもらったの」

麻子「その後、おばあの様子を先に見に行って戻ってきた。おばあも無事だった」

みほ「みんな!良かったぁ、良かったぁ……」ヘタッ

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:26:57.71 ID:c+ZLYhbL0

まほ「は、ははは、よかったよかった」タラー

まほ「エリカ!!会いたかった!お前が死んで私は生きる希望を失ってたんだ!」

エリカ「……」

まほ「やはり私の副隊長はお前だけだな!さあ黒森峰に帰るぉおお!?」ボカァッ!!!

エリカ「あなたの言動は全部携帯を通して聴かせてもらったわ!!」

まほ「な、殴ったな!この高校戦車道最強の西住まふぉおお!!?」ボカァッ!!!

エリカ「近寄るな汚らわしい!!」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:28:07.30 ID:c+ZLYhbL0

まほ「なんだと!!事故を起こしたやつが偉そうに!!」

エリカ「事故の調査であなたがヘリの燃料にカレーを混ぜてたことはわかってるのよ!!」

まほ「ぎくっ!!あ、違うんだあれは!
賞味期限切れのカレーの処分場所に困って近くにあった燃料缶に捨てただけでぬぼぉっ!!!」ボカァッ!!!

エリカ「もうあなたは必要ありません!!!これから黒森峰は私たちだけでやっていきます!!」

まほ「ほーう?知らないぞ?私なしでお前ら無能が勝てるのか?
そういうこと言うなら私も大洗に転校しちゃおっかなー?みほー?私が副隊長になってやろうか?」

みほ「ごめんなさい、どなたでしたっけ?」ニコッ

まほ「」

エリカ「帰るわよ。決勝で会いましょう」

みほ「はい!!」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:28:38.54 ID:c+ZLYhbL0

次回予告

こうして大洗と黒森峰は良好な関係になった

大会は激戦の末、大洗が優勝する

文科省の陰謀で再び廃校の危機が迫った時、

みほは実の姉のしぶとさを知ることになる



まほ「大学選抜チーム、島田まほです」

みほ「こやつ……!」






おわり

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:29:04.93 ID:c+ZLYhbL0
以上です。ありがとうございました

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 11:41:14.02 ID:GSBfyt/70
勢いで草生えた



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ガルパン】まほ「私は悪くない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501600226/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/20334-1f42c308