ヘッドライン

【モバマス】晶葉「できなかったぞ!」P「は?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507726999/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:03:19.82 ID:3Y+Bfaq40
ひどい
短い
キャラ崩壊

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:03:45.78 ID:3Y+Bfaq40
晶葉「我が灰色の脳細胞をもってしてもできなかった! なんてことだ!」ダンッダンッ

P「…これか? なにかのスイッチみたいだけど」

晶葉「その通り。押すとまゆが発狂して包丁で助手の髪を剃り、フランシスコ・ザビエルのそっくりさんにしてしまう愉快なボタンだ!」

P「おいコラ」

晶葉「10回くらい押したんだけどなあ。助手に髪があるということは失敗か」

P「俺、お前のこと妹のように大切にしてきたつもりなんだけど」

晶葉「そんなことはさておき」

P「そんなことって」

晶葉「失敗とはいえまゆに何か得体の知れない効果が表れているかもしれない。様子を見てきてくれ助手よ」

P「マジかよ…」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:04:20.79 ID:3Y+Bfaq40
晶葉「…………妹のままだからだよ」ボソッ

P「? 何か言ったか」

晶葉「なんでもない」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:04:50.92 ID:3Y+Bfaq40
女子寮だよぉ


P「まゆー。いるかー」コンコン

まゆ「はぁい(ガチャ …どうしたんですかプロデューサーさん」

P「ああ、見回りだよ見回り。不純異性交遊とかしてないかなって」

まゆ「うふふ…まゆの運命のひとは一人だけですよぉ。それに、両想いなので不純ではないはずです」チラッ

P「ウンソウダネ。なにか変わったことはある?

まゆ「いえ、さっきまで仮眠をとっていましたし特には…」

P「そうか、ならいいんだ。それじゃあ俺は帰るね」

まゆ「え…待ってください」ギュッ

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:05:38.60 ID:3Y+Bfaq40
まゆは俺が去ってしまうとき、いつも名残惜しそうに手を握ってくる

小さく柔らかく、そして非力なその握りはあまりにもかわいらしくて、思わず撫でまわしたくなるほど……

だった


ギュウウウウウウウ!!!(ミチミチミチ


P「」

まゆ「もう帰っちゃうなんて寂しいです…」ペキペキペキ

P(いってええええええええええええええ!!!!)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:06:29.75 ID:3Y+Bfaq40
P(なにこれ! なにこれ! 花山薫みたいなパワーなんだけど! 折れる! このままじゃ死ぬううう!)

P「まゆ! 離してお願い! マジでお願い一旦離してえええええ!!!」

まゆ「あっ…」パッ

P「ゲヒュー…ゲヒュー…(過呼吸)ま、まゆ…ちょっとおま……」

まゆ「……」ウルウル

P「あっ」

まゆ「……ごめんなさい。まゆ、迷惑でしたよね…」ウルウル

P(そんな顔するのはやめてくれえ!)

まゆ「うあああぁぁぁぁん…」グスグス

P「あぁ、違うんだ違うんだよまゆ! こんな真昼間っからまゆみたいな、な? かわいい子に手を握られると…な?」

まゆ「え…? プロデューサーさぁん…! 今まゆのこと、かわいいくて今すぐにでもお嫁さんにしたいって…!」キラキラ

P(あ、やっちゃったぽい)

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:07:09.66 ID:3Y+Bfaq40
まゆ「嬉しいです…」ダキツキ ギュウウウウ

P(うぎゃあああああ!!!)ペキペキゴキボキ

まゆ「♪」ズルズル

P(引きずられてる! でも抵抗できない! なぜならパワーすげえから!)

まゆ(されるがままになってくれてる…これって、「Yes」ですよね///)ドキドキ

P「あへ、あへ」(声も出せない)

まゆ「えい」ポイッ

P「」ドサッ

まゆ「うふふぅ…まゆと、一つになりましょうね…」ヌギヌギ

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:07:59.55 ID:3Y+Bfaq40
見た目の細さだけは、いつも見てきたまゆとなんら変わりがない

だが、その透き通るような白い柔肌の向こう、凄まじい密度に収束した赤い筋繊維を俺は見逃さなかった

遠目に見れば、湯上りのように赤く火照った色気溢れる肌だろう。しかし、至近距離で感じるのは圧倒的な「動物」としての実力差だけだった


本能『厳正なる審査の結果、こいつに勝つのマジ無理と判断いたしました。プロデューサー様の今後のご活躍とご健闘を心よりお祈り申し上げます』


P「」ガタガタガタ

まゆ「うふふ…逃がしませんよぉ…」ハァハァ


ギニャーーーー!!!

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:08:51.03 ID:3Y+Bfaq40
翌日:晶葉ラボ


コンコン ガチャ


晶葉「お、助手ではないか。どうしたんだ? 地獄のような戦場から命からがら蘇った帰還兵のような顔をして」ポチポチ

P「お前のせいだよ。まゆに二つの意味でタマ取られそうになったんだけど」

晶葉「それはよかった」ポチポチポチポチポチ

P「なんにもよくねえ……ってお前、何連打してんの?」

晶葉「ん? 新発明のボタンだけど」

P「たいがいにしろやこの小娘」

晶葉「まあまあ。また失敗みたいだしいいじゃないか」

P「…で、それはなんのボタン?」

晶葉「藍子のスーパーゆるふわタイムが発動して助手の頭髪がゆるふわになり根元からスルリと抜けるボタン」

P「俺の髪になにか恨みでもあるの?」

晶葉「特にない(お仕置きのつもりだったが、存外面白いな…)」ワクワク

P「…………」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:09:40.43 ID:3Y+Bfaq40
P「で、今度は藍子の様子見か…」コンコン

ドア(ガチャ

藍子「……?」

P「おはよう藍子(うん、見た目は変わってないな)」


藍子「おう、こんな朝っぱらから汚えアホ面見せに来やがって何の用だ?」ニコッ

P「えっ」

藍子「ただでさえ不味い朝飯がよけい不味くなっちまうだろうが。クソみてえな頭にもわかる言葉でいってやるよ。食い終わるまで待ってろ」ニコニコ

P「晶葉あああああああああああ!!!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:10:16.79 ID:3Y+Bfaq40
藍子「♪」コポコポ

P(いつものような聖母の笑みでお茶を淹れてくれている藍子)

藍子「おら飲め。乾燥した草を湯で戻した汁だが、お前さんにゃあお似合いだな」

P(口を開けばハートマン軍曹)

藍子「んで、用件はなんだ? 便所でクソ垂れたときうっかり脳味噌も流しちまったのか?」

P「あ、いえ…ただ、女の子の一人暮らしなのでちょっと見回りに来た次第で御座います…」

藍子「おいおいブラザー、そんな旦那に浮気がバレたビッチみてえな口調やめろ。いつも通りでいいじゃねえか」

P(敬語はやめろと言ってるのだろうか…)

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:10:48.87 ID:3Y+Bfaq40
P「と、とにかく異常はないみたいだなだから俺はそろそろ帰るぞじゃあな藍子(超早口)」

藍子「待てよ。そんなチェリーボーイ以下の早漏じゃメスイキのマイケルすらイかせらんねえぞ」ギュッ

P(メスイキのマイケルって誰だよ!)

注:「もう帰っちゃうなんて寂しいです…もっと一緒にいてください」と言っています。

藍子「おらっ」ドンッ

P「」ドサッ(仰向け)

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:11:30.29 ID:3Y+Bfaq40
藍子「どうせチェリーならアタイで練習してきな。酒の肴にナイスなジョークが欲しかったとこだしな」ヌギヌギ

注:「抵抗しないということは、そういうことでいいんですよね…?」と言っています

P(こええんだよ! なにが怖いって顔はいつも通りの聖母のような顔なところが!)

藍子「【ピーーーーーーーーー】」(即規制レベルのド下ネタ)

注:逃がさないと言っています

P「」


アンギャーーーーー!!!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:12:07.16 ID:3Y+Bfaq40
また翌日:晶葉ラボ


P「…………」グリグリグリグリ

晶葉「痛い痛い助手! なんでグリグリするんだ! 皆目見当がつかな痛い痛い痛い!!」

P「俺さぁ…俺さぁ…童貞だったんだよ…」

晶葉「ちゅ、中学生にそういうこと言うな!」カァァ

P「でもな、お前のせいで初めて相手は見た目がかわいいだけな刃牙の登場人物。二人目は見た目がかわいいだけなアメリカ映画のタフな軍人だった…」

晶葉「あ、うん」

P「もうどうにでもなれだ! 晶葉! どうせまたボタン作ったんだろ! 押せよ押しちまえよ!」アハハハハ!

晶葉「え、いいのか!? 後悔するなよ?」

P「どうせ失敗なんだろう!? いいよ! 俺の貞操なんざいくらでもくれてやるよ!」

晶葉(助手の貞操かぁ。ちょっともったいなかったかな…)ポチッ

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:12:40.22 ID:3Y+Bfaq40
https://www.youtube.com/watch?v=FfcC9f6HyI0

ペー ペーペペペー♪
ペペッペペーペー ペーペーペーペー ペペー♪
テェン!

P「え、なにこの曲」

ウサミン星からの電波「あぁ~懐かしいですねー!」


バァン!

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:14:02.22 ID:3Y+Bfaq40
凛「……」

P「ビクッ」


デデデデデーデーデ デーデーデ デーデーデ♪
デデデデデーデーデ デーデーデ デーデーデ♪


凛「♪」ヒョコヒョコ

P「凛!? なぜ踊る!?」

凛「♪」ヒュババババ

P「ちょ、こら凛! 踊りながら軽快なフットワークで距離を詰めちゃいけませ…」

凛「♪」ポンッドガン!(Pの頭を押さえつけた音)

P「ぐえっ! こいつも力強くなってるし! 晶葉止めろ! お願いだから!」

晶葉「……」ブルブルブル

P「…晶葉?」

藍子「ついに…ついに完成したぞ!」

P「あ、聞いちゃいねえ」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:14:40.98 ID:3Y+Bfaq40
凛「♪」キラーン

P「……え、ちょっと待て待て待て凛お前左手に何持ってるんだ!」

カミソリ「やあ」

P「」

P「ま、待ってくれ! 貞操ならくれてやるけど髪だけは」

デデデデデーデーデ デーデーデ デーデーデ♪
デデデデデーデーデ デーデーデ デーデーデ♪

凛「♪」ジョリッジョリッジョリッジョリッジョリッ


ギョエエエエエエエエ!!!!!

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:15:06.23 ID:3Y+Bfaq40
凛「♪」ガチャバタン

P「……」ピカピカピカ

晶葉「……」

P「……」



晶葉「できたぞ! 凛がヒゲダンスのBGMに合わせながらカミソリで助手の髪を剃り、志村けんのそっくりさんにするボタンだ!」バァーーーーーーz______ン!!!!

P「…だっふんだ」ガクッ




19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:16:06.11 ID:3Y+Bfaq40
終わり!閉廷!

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:30:10.59 ID:1qgaYJIuo
クソワロタ

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 22:36:47.35 ID:a7pgRgojO
このりんちゃん絶対笑顔でノリノリだ
おつおつ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】晶葉「できなかったぞ!」P「は?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507726999/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/20311-bde395f5