ヘッドライン

P「ほこ×たて?」 小鳥「いいえ、はる×ちはです」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:24:34.34 ID:hZlYnwyn0
小鳥「はるちは」

小鳥「――むじゅん」



P「いや、どこに矛盾の要素があるんですか」


 

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:27:40.54 ID:hZlYnwyn0
小鳥「ここにこんなことを言うアイドルがいる」

P「俺の発言は無視ですか」

春香『え? 小鳥さん、これってカメラ回ってるんですか?』

P「春香ッ? いつのまにこんなVTRを撮ったんですか」

春香『……え? 確かに最近はお仕事いっぱいですけれど、でもそれは嬉しいことだって思ってますから!』

P「今度はいったい何をしでかそうってんですか。そろそろ教えてくださいよ」

春香『でも、そうですね……、お仕事の時しか会えないですし、ちょっとだけ寂しいかも……、な、なーんて、えへへ……』

P「いったいどんな質問をしたんですか」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:33:19.93 ID:hZlYnwyn0
小鳥「一方、ここにこんなことを言うアイドルがいる」

P「さっきからその中途半端に低い声はなんなんですか」

千早『小鳥さん、これは? ……はぁ、番組の企画ですか』

P「というか春香も千早もメチャクチャ忙しいのに、よく捕まえられましたね」

千早『……今が一番頑張るべき時だと思っています。遊んでいる暇など無いかと』

P「千早は偉いなぁ。どうにかオフの日を増やしてやれればいいんだけど」

P「小鳥さんだって忙しいはずなのに、いつのまにこんなVTRを作ったんですか?」



小鳥「――ここに、一つの疑問が生じた」



P「さっきから俺は疑問が湧きまくってるわけなんですが」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:37:16.25 ID:hZlYnwyn0
春香『一日とは言いませんけど、半日でも誰かと自由時間が一緒になればいいのになぁとは思っちゃいますね///』

小鳥「誰かに構いたくてウズウズしてる春香ちゃんと」

千早『歌い手とは己が身が楽器ですから、オフの時間は遊ぶことなく休息に専念したいですね』

小鳥「遊ぶ気なんて一切無し、ストイック過ぎる千早ちゃん」



小鳥「この両者がぶつかった時、果たして勝つのはどちらかぁあ!!!」



P「あー」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:43:17.48 ID:hZlYnwyn0
P「ようやく小鳥さんのやりたいことが分かりました」

P「でも、これは千早有利じゃないですかね」

P「今のアイツは昔と違って、歌にすがるためではなく、アイドルとして輝くために自分を律しています」

P「その理由を前に出された時、春香は強く言えないと思うんですよ」

小鳥「そうですね。その可能性はおおいにあり得るでしょう」

P「あ、普通に喋った」

小鳥「この企画にかこつけて千早ちゃんとイチャイチャしようとしていた春香ちゃんが千早ちゃんの正論を受けてどんな表情を魅せてくれるのか、今から楽しみで涎が止まりません」

P「うわー」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:47:05.18 ID:hZlYnwyn0
小鳥「しかしプロデューサーさん、千早ちゃんが有利と判断するのは少し早すぎるのでは?」

P「そうですか? 今の千早は本当の意味で強いですし春香ではどうs」



小鳥「パフォーマンスタイム!!!」



P「あー」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:49:52.99 ID:hZlYnwyn0
小鳥「このVTRは以前、泊まりのロケで律子さんと同室になった時の春香ちゃんの様子を隠しカメラで撮ったものです」

P「えっ普通に犯罪を自白された」



春香『えへへー律子さんといっしょだー律子さんといっしょだー』

律子『もう、子供じゃないんだから早く寝なさい。明日も早いのよー?』



小鳥「律子さんと言えば765プロ一のしっかり者ですよね?」

P「そりゃあ、はい。それに怒ると怖い」

小鳥「そんな律子さんも……」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:54:46.65 ID:hZlYnwyn0
春香『そういえば律子さんっ、貸してもらってた小説、最後まで読みましたよっ』

律子『!』

律子『え、えーと確か「ジューンブライド」ってタイトルだったかしら? ベタ過ぎてなんだか記憶が曖昧だわ』

春香『ベタだなんてそんな! ああいう王道のラブストーリーは素敵だって思いましたよ』

春香『特に星空を望む丘でのプロポーズシーンなんて最高にときめいちゃいました』

律子『ふ、ふーん。春香ってば、随分とロマンチストなのねぇ』

律子『じゃあやっぱり、海辺で二人だけで花火をするシーンも、好きだったりするの?』

春香『あの場面も大好きです! 手持ち花火でハートマークを描いちゃうとかもう、もう!』

律子『そ、そうね。言われてみれば、悪くはなかったような気もしてきたわ』

春香『律子さんはどのシーンが一番好きでしたか?』

律子『え?』

律子『……えーと』

律子『…………』

律子『………………夏祭りで、二人が初めて手を繋ぐところ』

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:58:14.89 ID:hZlYnwyn0
小鳥「この後、二人はなんと日付けが変わるまで話し込みました」

P「実は乙女趣味なりっちゃんかわいい」

小鳥「ちなみに話題は、好きな恋愛小説の場面→理想のデート→好き人に言われたい台詞、と移り変わりました」

P「実は乙女趣味なりっちゃんかわいい」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:02:54.58 ID:hZlYnwyn0
小鳥「ご覧頂いたとおり、春香ちゃんの“構いたいスキル”にかかれば律子さんですらダウンです」

小鳥「最強の矛の実力、お分かり頂けたでしょうか」

P「たしかに、あんなに楽しそうにしてる春香を前にすると黙っているのは難しい」

P「相手の好きな話題を自然に振ってあげられるのも春香は得意ですしね」

P「律子をこんなに簡単に下すんじゃ、少なくとも765プロでは敵無しなのでは?」

小鳥「プロデューサーさんは、うちの事務所では律子さんが一番厳しいと考えてるんですか?」

P「そりゃそうですよ。アイドルのスケジュールや体調の管理で律子以上にしっかりしてる奴は業界全体を見てもなかなk」



小鳥「パフォーマンスタイム!!!」



P「あー」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:06:37.77 ID:hZlYnwyn0
小鳥「このVTRは以前、泊まりのロケで美希ちゃんと同室になった時の千早ちゃんの様子を隠しカメラで撮ったものです」

P「美希かー」

小鳥「ご存知のように、テンションが高い時の美希ちゃんはそりゃあもう元気です」

P「ギアがローの時は立ったままでも寝やがるんですけどね」

小鳥「起こすのが大変でもあれば、寝かしつけるのも大変なんですよねー」

P「そうなんですよ。アイツももうちょっと物分かりがよくなってくれれば助かるんですが」

小鳥「そんな美希ちゃんも……」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:09:41.98 ID:hZlYnwyn0
美希『千早さんと一緒なのー! 千早さん、ガールズトークなの、ガールズトーク!』

千早『春香みたいなことを言ってないで早く寝なさい。明日も早いんだから』

美希『せっかく千早さんと一緒なのにそんな勿体無いことはできないの。今夜は寝かせないよ?』

千早『まったくもう。美希、こっちに来なさい』

美希「やーん千早さん怒っちゃやーなのー」トコトコ

千早『怒ってなんてないわよ。ほら、ここで寝なさい』スッ

美希『へ? ……千早さんと、一緒に?』

千早『寂しいと言うのなら一緒に寝てあげるから、ね?』

美希『え、あっ、はい、失礼します……///』

千早『? なんで急に敬語を使ってるのかしら。ほら、リラックスしなさい』ナデナデ

美希『あ……なでなで気持ちいいの……あふ……』

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:15:27.83 ID:hZlYnwyn0
小鳥「千早ちゃんのベッドにお招きされてから美希ちゃんが眠るまでの時間、実に30秒です」

P「攻めてる時は強いけど受けに回ると弱くなっちゃう美希かわいい」

小鳥「美希ちゃんが寝た後も微笑みながら撫でる千早ちゃんの女神力の高さと言ったらもう」

P「攻めてる時は強いけど受けに回ると弱くなっちゃう美希かわいい」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:17:46.84 ID:hZlYnwyn0
小鳥「ご覧のとおりです」

小鳥「765プロで一番防御力があるのは誰か、と問われればそれは確かに律子さんでしょう」

小鳥「しかし、千早ちゃんには、このような攻撃力もある!」

小鳥「迎撃砲台を備えた防壁! それこそが最強の盾、千早ちゃんなのです!」

P「千早は密かにお姉さん属性の持ち主でもありますもんね」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:21:56.88 ID:hZlYnwyn0
小鳥「ルール説明!!!」

P「お願いします」

小鳥「今、春香ちゃんと千早ちゃんを含むアイドルの子たちは遠出のロケに出ており、二人一組でホテルの同室に宿泊をします」

小鳥「そこで、春香ちゃんと千早ちゃんにも同室に泊まってもらい、日付けが変わっても千早ちゃんが起きていたら春香ちゃんの勝利。日付けが変わる前に千早ちゃんが寝たら千早ちゃんの勝利とします!」

小鳥「二人にはこの勝負のルールは伝えてあります。ただ、相手だけは知りません」



小鳥「天性の愛嬌と相手に応じた話題提供ができる最強の矛、春香ちゃんと」

小鳥「誰よりもストイックで相手を寝かしつけることにも長けた最強の盾、千早ちゃん」



小鳥「果たして勝つのはどちらなのかぁああ!!!」



P「俺もちょっとずつ楽しみになってきましたよ」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:26:01.57 ID:hZlYnwyn0
P「……最初は千早有利と言いましたが、訂正します。勝つのは春香ですね」

小鳥「ほう、どうして考え直されたんですか?」

P「二人のスケジュールを思い返してみたんですけど、ここ一カ月は生すかの収録くらいでしか会っていないはずなんですよ」

P「だから、案外と千早も春香と話したいんじゃないかなと思って」

P「アイツも結構な寂しがり屋ですし」

小鳥「なるほど! 寂しがり屋ちーちゃんとお節介焼きはるかさんの正統派な絡みですね!」

小鳥「OK!!」

P「あ、はい」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:30:04.07 ID:hZlYnwyn0
小鳥「でも私は千早ちゃんが勝つと思っています」

P「その理由は?」

小鳥「単純ですよ」

小鳥「千早ちゃんはこの勝負にあたり、相手が誰かということ以外の全てを知っています」

小鳥「つまり、“自分が負けた場合、自身の意思の弱さがカメラを通して第三者に知られてしまう”ことも知っているのです」

小鳥「そんな状況で、千早ちゃんが自分を甘やかすと思います?」

P「なるほど。本当に春香と二人きりであればちょっとは緩むかもしれませんが、」

小鳥「はい。部屋にはカメラとマイクが設置されています。その状況下で千早ちゃんが怠惰な行動に出ることはあり得ません」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:33:17.48 ID:hZlYnwyn0
春香『べつに寝かせないのが得意ってわけじゃないですよ! でも、ちょっとお話をするくらいならいいんじゃないかなぁって』

千早『誰が来ても私の姿勢は変わりません。アイドル活動に対し不真面目でありたくはないんです』

P「意気込みコメントもちゃんと撮ったんですね」

春香『あぁでも、電話で話し続けてたらいつの間にか深夜になってたってことは結構、あったり……』

千早『仲間と過ごす時間は大切だとは思います。しかし、べつに、寂しいと思うわけではありません』

P「どっちも結構やる気出してるな」

小鳥「事前に撮っておいたVTRはここまでです」

小鳥「今、春香ちゃんが千早ちゃんの待機しているホテルに着いたとの情報が入りました」

P「えっ、対決は生でやるんですか?」

小鳥「はい! 春香ちゃんと千早ちゃんは生でやるんです! 春香ちゃんと千早ちゃんは生でやるんです!!」

P「なんで二回言ったんですか?」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:36:01.01 ID:hZlYnwyn0
小鳥「それじゃあ現在のホテルの映像を映しますね」ピッ

P「うわぁ……、春香のやつ、めっちゃウキウキしながら廊下を歩いてる」

小鳥「この企画を持ちかけた時も、春香ちゃん嬉しそうにしてましたからねぇ」

小鳥「一方、既に部屋にいる千早ちゃんの様子は」ピッ

P「……千早、なんでベッドの上で正座してるんだ?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:40:17.74 ID:hZlYnwyn0
春香『えーと720号室、720号室は……、あった』

小鳥「さぁ、いよいよ開幕の時です!」

P「時刻は、23時ですか。……時間に余裕は無いですね」

小鳥「千早ちゃんにとっては長い夜になるのか、それとも、春香ちゃんにとってあまりに短い夜となってしまうのか!」

春香『インターホンを鳴らせばいいのかな? ……いったい誰なんだろう』

小鳥「今、運命のインターホンが」

春香『まぁいいや、押しちゃおうっ』ピンポーーン

小鳥「高らかに鳴ったぁああああ!!』

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:45:21.88 ID:hZlYnwyn0
千早『はい』ガチャッ



春香『……』

千早『……』



小鳥「そして二人は出逢ったぁあああ!!」

P「いやーどっちも良い表情をしてますねー」

小鳥「目と目が逢う瞬間好きだと気付いたぁあああああ!!」

P「小鳥さん、飛ばし過ぎです」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:49:09.76 ID:hZlYnwyn0
春香『千早ちゃん! 千早ちゃんだー!』ダキッ

小鳥「おっと先に仕掛けたのは春香ちゃんの方です!」

P「先制のハグで一気に自分のペースに持ち込めそうですかね」

千早『も、もうっ、春香ったら……。とにかく、中に入りましょう』

春香『うんっ』

小鳥「千早ちゃんは困っていながらも嬉しさを全っ然隠せていません!」

小鳥「プロデューサーさん! ティッシュを一枚ください!」

P「はいどうぞ」シュッ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:52:21.02 ID:hZlYnwyn0
春香『それにしても、小鳥さんも面白いことを考えたよねぇ』

千早『本当よ。なんでこんな時間までカメラに撮られないといけないのかしら』

春香『まぁまぁ。そのおかげで久しぶりに千早ちゃんとお話しできるんだし、私は感謝したいなーって』

千早『けど明日も朝から撮影なんだから、夜更かしはしないわよ?』

春香『分かってるけど……、でもちょっとくらいなら、ね?』

千早『まったく、しかたないわね』

P「自然ですね」

小鳥「ええ。自然に、春香ちゃんは千早ちゃんと話ができる環境を作り上げましたね。美味いです」

P「春香が上手いってのもありますが、この様子だと、やっぱり千早も春香と話したかったようですね」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:56:35.73 ID:hZlYnwyn0
千早『私はもうお風呂に入ったから、春香も入ればいいわ』

春香『ありがとう。それじゃあ頂いちゃうねー』パタパタ

小鳥「なんと!?」

P「タイムリミットまで一時間しか無い状況下で、風呂に入るだと……?」

小鳥「千早ちゃんにとっては願ったり叶ったりの展開ですが……」

P「ええ、春香にとっては時間の無駄遣いだ」

P「いったい何を考えている?」

千早『……』

P「だからなんで千早はベッドの上で正座してるんだ」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:59:21.16 ID:hZlYnwyn0
春香『いいお湯でしたー』ホカホカ

P「……春香のやつ、ガッツリ40分も風呂に入ってましたね」

小鳥「ええ……普通にメイクも落としてますし、たぶん歯磨きもしたんじゃないかと思います」

千早『おかえりなさい、春香』

春香『あ、起きててくれたの? ごめんね千早ちゃん、疲れてたら先に寝ちゃってもいいからね?』

千早『なに言ってるのよ。春香だって早く寝なくちゃダメじゃない』

P「これは……自然を装って互いにけん制しあってる?」

小鳥「そうなんでしょうか。私にはただの同棲カップルの日常風景にしか見えないのですが」

小鳥「プロデューサーさん、ティッシュを一枚ください」

P「はいどうぞ」シュッ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:05:51.89 ID:hZlYnwyn0
千早『春香は、勝負をする気がないの?』

春香『あるよー』

春香『でも、せっかく千早ちゃんと一緒なのにドタバタしたくない、というのも本心かな』

千早『……私、もう寝ちゃうわよ?』

春香『いいよー』

千早『……』

小鳥「春香ちゃん、千早ちゃんのことを思うがあまり、勝負を半ば諦めてるんでしょうか」

P「アイツがそんなタマだとは思いません」

P「……なにを仕掛けてくるつもりだ?」

千早『……』

千早『おやすみなさい、春香』

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:12:17.12 ID:hZlYnwyn0
春香『でも一応これは勝負だから』



春香『これから、千早ちゃんが目を瞑るたびに、ほっぺにちゅーするね?』



千早『えっ!?』ガバッ

P「ばっ!?」ガタッ

小鳥「ピヨッ!?」ガタチャッダップッシャアア

春香『ベッド、失礼するねー』ゴソゴソ

千早『ちょ、春香!?』

春香『千早ちゃんは寝ててもいいからねー』

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:15:41.06 ID:hZlYnwyn0
小鳥「プロデューサーさん! ティッシュ! 箱で!! 早く!!!」

P「春香のヤツ、ここで一気にキメにかかりましたね……!」

P「先程までの緩やかな雰囲気からこの差し込み!」

P「なんという緩急!」

P「さっきしっかりと風呂に入ってたのはこのためか!」

P「やりおる!!」

小鳥「プロ! ティッシュ!! 早く!!!!」

P「黙っててください! ここからが熱いところなんです!!」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:20:30.10 ID:hZlYnwyn0
千早『あの、春香? カメラが回ってるんだけど……?』

春香『ほっぺにちゅーくらいなら映っても問題ないと思うよ?』

春香『外国だと挨拶みたいなものだからねっ』

千早『いや、あの、でも』

春香『千早ちゃん、寝ないの?』

千早『こ、こんな状況で寝れるわけがないでしょう!』

P「すごいな……! たった一つのアクションで一気に春香は優位に立った!」

P「油断をさせておいて一気に攻める!」

P「これが最強の矛!!」

春香『えへへ///』

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:25:30.65 ID:hZlYnwyn0
春香『寝ないんだったら、ちょっとだけお話しようよ』

千早『だめよっ。わ、私はもう寝るんだから』

春香『そっか、じゃあしょうがないね。おやすみ、千早ちゃん』

千早『えッ? え、えぇ、おやすみなさい、春香』

千早『……』

春香『……』

千早『……』

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:28:59.49 ID:hZlYnwyn0
春香『……』

千早『……』

春香『えへへ』

千早『ッ……』

春香『……』

千早『……』

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:31:56.92 ID:qAyDSzGj0
この春香さんは千早に押し倒されても仕方ないレベル

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:32:32.72 ID:hZlYnwyn0
春香『……』

千早『……ッ』

春香『……』

千早『……?』

春香『……』

千早『な、なにもしないの……?』

春香『千早ちゃんはかわいいなぁ』

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:37:29.93 ID:hZlYnwyn0
千早『もう……! ふざけてないで、自分のベッドに戻りなさい』

春香『えー、まだなにもしてないのに』

千早『私のベッドに潜り込んできてるだけでも十分でしょうっ』

千早『あのねぇ春香、明日も早い時間から仕事なのよ?』

千早『それなのにこんなことをして遊んで……アイドルとして恥ずかしいとは思わないの?』

P「おっ、この土壇場で千早は反撃をするか」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:42:12.34 ID:hZlYnwyn0
千早『ほら、早く戻りなさい』

春香『……』ムスー

千早『? 春香?』

春香『き、聞いたんだけど、なー』

千早『聞いた? なにを?』

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:46:23.05 ID:hZlYnwyn0
春香『美希とは、同じ部屋に泊まった時、同じベッドで寝たって』

春香『なでなでしてくれたって、聞いたんだけど、なー』

千早『……まったく、美希ったらもう』

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:49:30.98 ID:yGFvuO9P0
これは卑怯

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:49:31.95 ID:hZlYnwyn0
春香『……』

千早『……』

春香『……』

千早『……もう、分かったわよ。美希にしてあげたこと、春香にもしてあげる』

春香『! 千早ちゃぁん!』パァッ

千早『まったく、春香はいつからこんなに甘えん坊になったのかしら』

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:53:29.50 ID:hZlYnwyn0
千早『それじゃあ、撫でるわよ』ナデナデ

春香『あ……』

千早『……』ナデナデ

春香『……』

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:56:13.89 ID:hZlYnwyn0
千早『……』ナデナデ

春香『……すぅ……』

千早『……ふふっ』

千早『おやすみなさい、春香』

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:00:03.25 ID:oSZXrNUu0
千早『ところで今は何時かしら』チラッ

千早『……0時ちょうど』

千早『……』

千早『やっぱり、春香には勝てないわね』ナデナデ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:03:30.93 ID:oSZXrNUu0
P「――――決ッッ着ッ!!!」



P「天海春香VS如月千早、勝ったのは、隠された寂しがり屋のスキルをフルに発揮した、春香だあ!!」

P「しかし、勝負をした二人は今、とても穏やかな顔で眠りについている」

P「どちらも最高のパフォーマンスを出しきった、良い夜となったことだろう!」

P「想像を遙かに名勝負を繰り広げた両者に、拍手!」



P「……」

P「いろいろ噴き出して気を失っている小鳥さんは、見なかったことにしよう」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:04:36.88 ID:6C28OxHr0
何を噴き出してるんですかねぇ…

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:07:47.28 ID:oSZXrNUu0
春香『……千早ちゃん、もう寝ちゃった?』

千早『……すぅ』

春香『……』

春香『えへへ』

春香『千早ちゃん、お疲れ様』チュッ



おしまい

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:09:42.50 ID:oSZXrNUu0
お付き合い頂きありがとうございました。
今年もはるちはわっほい。

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:11:48.04 ID:SFLaDlU60
これはいい乙

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:34:48.31 ID:h/qMvDHW0

やはりはるちはは良いもんや……

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 00:47:11.29 ID:2PjBlYDG0
なんて可愛さなんだ…乙



元スレ: P「ほこ×たて?」 小鳥「いいえ、はる×ちはです」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357388674/


コメント
8110: 2017/09/10(日) 23:43
やっぱり僕は、王道を征く…はるちはですかね
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19885-fbe829e3