ヘッドライン

凛「今日の仕事はなに?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:45:38.17 ID:XafP4q9nO
モバP「枕営業だ」

凛「…え?」


モバP「枕営業だ……すまん」

凛「…………」

モバP「ほんとうはこんな仕事……とってきたくはなかったんだが」

モバP「ほんとうにごめん……」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:53:44.05 ID:XafP4q9nO
凛「…い…て」

モバP「凛…?」

凛「最低っ!」

パチンッ!

モバP「うん…………」

凛「最低!最低最低最低最低最低っ!」

パチンッ!パチンッ!パチンッ!

モバP「……ごめん」

モバP「ごめん……ごめん」

凛「ねぇ……プロデューサー」

モバP「…ん?」

凛「この仕事断ってもいいよね?」

凛「だって、私、そんな、の…ぐすっ…」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:58:19.37 ID:XafP4q9nO
モバP「それは無理だよ」

モバP「営業先の会社の社長はウチのアイドルグループのスポンサーだし……」

凛「…………」

モバP「な、なぁ?案外いいんじゃないか?少し我慢すればいいだけだしさ」

モバP「これだけで人気が増えるなら安いもんじゃないか?ははは!」

凛「…………」

モバP「…は…はは……」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:03:50.08 ID:XafP4q9nO
凛「……その仕事受けなかったら、プロデューサーは困るの?」

モバP「もちろん、大手のスポンサーの機嫌を損ねるのはやばいしな……」

凛「……少し考えさせて」

モバP「……あぁ」

凛「(わたしがこの仕事を受けなかったらスポンサーが離れて)」

凛「(この事務所はきっと潰れてプロデューサーは困って…それから私…はでも…)」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:08:48.16 ID:XafP4q9nO
モバP「考えは、決まったか?」

凛「うん……わたし」

凛「その……仕事受けるよ」

モバP「いいのか…?その俺から言っておいてなんだけど……」

凛「いいよ、もう決めたんだから」

モバP「凛……」

凛「さぁっ!プロデューサー!私はなにか準備とかしなきゃいけないのかな?」

凛「わたしこういうの初めてだから…さ…!」

凛「ぐすっ…なにか準備…とかしなきゃいけないのかわからないから……さ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:12:57.84 ID:XafP4q9nO
モバP「……まずは写真撮影だ」

モバP「撮影スタジオに移動するぞ」

凛「そっか…わかった」

凛「(私を慰めてくれないんだね……プロデューサー)」

モバP「それじゃあ、いこうか?」

凛「(私……もう一人なのかな)」

凛「うん……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:17:03.31 ID:XafP4q9nO
撮影スタジオにて

凛「ねぇ、プロデューサーお願いがあるんだけど」

モバP「なんだ?」

凛「写真……プロデューサーが撮ってくれない?」

モバP「え、でも」

凛「お願い、プロデューサー……私を一人だと思わせないで」

モバP「わかった……スタッフとなんとか相談してみるよ」

凛「ありがと……」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:20:55.41 ID:XafP4q9nO
凛「どうだった?」

モバP「簡単な撮影だけだからおれが撮影しても構わないってさ」

モバP「だけど指示は向こうがするって」

凛「そっか……よかった」

スタッフ「準備お願いしまーす!」

モバP「じゃ……いこうか」

凛「うん、いこ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:25:40.45 ID:XafP4q9nO
スタッフ「はい、ではこのシーツの上に横になってください」

凛「……」

スタッフ「はい、では次にスカートと胸元を少し乱してください」

凛「………」

シュルルルッバサバサッ

スタッフ「はい、ではここから撮影お願いします」

モバP「はい…!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:29:58.91 ID:XafP4q9nO
パシャッ!パシャッ!

凛「……ねぇ、プロデューサー」

モバP「ん?」

凛「……見えてないよね?」

モバP「なにがだ?」
パシャッ!パシャッ!

凛「いや、なんでもない……」

凛「(バカらしいよね、こんな仕事している途中に)」

凛「(下着が見えていないか、なんてこと気にするなんて……)」

パシャッ!パシャッ!

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:34:48.19 ID:XafP4q9nO
スタッフ「お疲れ様でしたー」

モバP「よし、これであとは写真をスポンサー会社に持って行くだけだな」

凛「それ、やっぱり私が行ったほうがいい?」

モバP「まぁ……そうだな」

モバP「でも、いいさ凛は事務所で休んでな」

凛「いいよ、休憩なんか」

凛「仕事は頑張らなくちゃね」

モバP「そうか……なら一緒に行くか」

凛「…!うん」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:40:41.11 ID:XafP4q9nO
スポンサー会社にて

社長「いや、どうもどうも」

モバP「これは社長みずから、わざわざありがとうございます、写真です、どうぞ」

社長「ふむ……おぉ……なかなか、かわいく撮れてるじゃないか」

凛「ありがとうございます」

ペコリッ

社長「はははっ、よしよし、いやぁ今から楽しみだなぁ」

社長「それではわたしは仕事があるのでそろそろ……それじゃあ、また明日ね凛ちゃん」

モバP「それでは、失礼します」

凛「……」

スタスタスタスタ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:44:26.88 ID:XafP4q9nO
凛「明日、なんだ……今日じゃないんだね」

モバP「あぁ、いろいろ忙しいみたいだし、準備もあるだろうしな」

凛「ふぅん……」

凛「ねぇ、今日はもう私の仕事終わりなの?」

モバP「あぁ」

凛「そっか、それじゃ私このまま家に帰るね」

モバP「送ろうか?」

凛「……うん、お願い」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:50:27.13 ID:XafP4q9nO
スタスタスタスタスタ

モバP「そうだ!なにかご褒美にアイスでも……」

凛「まだ営業は終わってないんだから」

凛「ご褒美をもらうならそのあと、でしょ?」

モバP「あぁ、そうだよな」

凛「……ご褒美はもっとイイものがいいな」

モバP「よし、任しとけ」

凛「ふふっ……」

スタスタスタスタスタピタッ

凛「……着いたね、それじゃまたね、プロデューサー」

モバP「あぁ、また明日な」

スタスタガチャ…バタンッ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:54:22.48 ID:XafP4q9nO
凛「(明日、か)」

凛「………うっ…」

凛「…ぐすっ……ふぇ…」

凛「うぇ…っ…ぐすっ…」

凛「ずずっ…ぐすっ…」

凛「(泣いちゃダメだ、泣いちゃ……)」

凛「…ふぇ…うっ……」

凛「…ぐすっ…プロデュー…サぁ…うぇ……」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:00:00.52 ID:XafP4q9nO
翌日事務所にて

ガチャ…バタンッ

凛「おはよう、プロデューサー」

モバP「あぁ、おはよう」

モバP「相手側はもう準備が出来ているみたいだ」

モバP「事務所に着いてさっそくだが、いこうか」

凛「こんな朝から、その、するんだね」

モバP「そうか?でも早いほうがいいと思うぞ」

凛「そう、かもね……」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:03:42.17 ID:XafP4q9nO
スタスタスタスタ

凛「ねぇ、プロデューサー」

モバP「なんだ?」

凛「昨日、ずっと考えていたんだけど」

モバP「あぁ」

凛「ご褒美は、少しぐらいワガママ言ってもいいよね?」

モバP「もちろん、なんせご褒美だからな」

凛「よかった……ふふっ」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:09:10.29 ID:XafP4q9nO
社長「いやぁ、いらっしゃい」

モバP「どうも、おはようございます」

凛「…………」

ペコリ

社長「それじゃあ、二人とも、さっそくこちらの部屋にきてください」

モバP「はい」

スタスタスタスタスタ

凛「え…?プロデューサーも一緒に、その…するの?」

モバP「え、当たり前だろ?」

凛「そ、そうなんだ……ごめんね」

凛「私、こういうの初めてだから…よくわからなくて…」

モバP「あぁわかってるよ、さぁ、行こう」

凛「うん」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:14:26.40 ID:XafP4q9nO
社長「どうだね、この自信作は」

モバP「流石の出来栄えですね、この渋谷凛抱きまくらは」

凛「…………」

社長「この抱きまくらにプリントされた等身大の写真」

社長「実に、魅力的だと思わんかね?わははは!」

モバP「まったくです、はははは!」

凛「……どういうこと?プロデューサー」

モバP「なにって……渋谷凛抱きまくらのことがどうかしたのか?」

凛「……はぁ?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:19:37.85 ID:LxEgaPxv0
よかった……泣いて枕を濡らす凛はいないんだ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:19:55.85 ID:XafP4q9nO
凛「……ちょっとこっちにきて」

グイッ!

モバP「うおっ!な、なんだよ、社長の前だぞ?」ヒソヒソヒソ

凛「どういうことなのか説明してよ、その枕営業…って言ってたじゃない!」

モバP「だから枕営業じゃないか」

モバP「凛の写真がプリントされた抱きまくらの販売営業なんだから」

凛「…………」

モバP「あれ……?もしかして俺……抱きまくらのこと言ってなかったっけ…?」

凛「この……ばかっ!」

パチンッ!

モバP「へぶっ!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:25:43.17 ID:XafP4q9nO
凛「あの昨日の深刻な感じはなんだったのよ!ばかばかっ!」

ペチンッ!ペチンッ!

モバP「いたっ!だって凛、この仕事が嫌そうだったし……いてっ」

凛「ばかっ!ばかっ!ばかばかばかっ!」

ペチンッ!ペチンッ!

社長「(……この二人仲がいいんだなぁ)」

モバP「あ、それでご褒美はなにがいいんだ?」

凛「もういいよ!ばかっ!」

ドガッ!

モバP「ぐはっ!」





おしまい

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 04:27:50.00 ID:Y41PBV0J0
平和で良かった



元スレ: 凛「今日の仕事はなに?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360086338/


[ 2017/09/05 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] モバマス 渋谷凛
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19828-57e77bbf