ヘッドライン

【ガヴドロ】サターニャ「なにこれ…魔法のランプ…?」


2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:50:28.261 ID:wYr8lv/u0.net
―教室―


ガヴリール「はあ……やっと、昼休みか……ヴィーネ、もう家に帰ってもいい?」

ヴィーネ「駄目よ。授業を受けないと留年しちゃうわ」

ヴィーネ「それとも……私と離れ離れになってもいいの?」

ガヴリール「それは嫌だ」キッパリ

ヴィーネ「そう……もうちょっとだから、頑張りましょう! 後で、美味しいご飯を作るからね」

ガヴリール「それは楽しみだ……! ヴィーネの料理は上手いからな!」

ヴィーネ「もう、ガヴったら……///」


サターニャ「……」   イチャイチャ キャッキャッ

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:51:56.590 ID:wYr8lv/u0.net
ガヴリール「それはそうとヴィーネ。今日は泊っていくか?」

ヴィーネ「そうね……昨日はガヴが私の家に泊まったから、今日はガヴの家ね」

ガヴリール「なんか、最近お互いの家に行ったり来たりしているな」

ヴィーネ「私はガヴと少しでも長く、一緒にいたいからね……駄目?」

ガヴリール「駄目じゃないよ」

ガヴリール「私もヴィーネと一緒にいたいし」ボソッ

ヴィーネ「!! さっきの言葉をもう一回言って!! ガヴ!」

ガヴリール「恥ずかしいから言わない///」プイッ

ヴィーネ「ガヴのけち……」


サターニャ「……」   イチャイチャ イチャイチャ

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:53:23.051 ID:wYr8lv/u0.net
ラフィエル「皆さん、お待たせしました! では、お昼ご飯を食べましょう!」スタスタ

サターニャ「ラフィエル!! 遅いわよ!」

ラフィエル「どうしたんですか、サターニャさん?」

ラフィエル「も、もしかして……早く、私と一緒にお昼ご飯を食べたい……とか?」ドキドキ

サターニャ「いや、そうじゃないわ」

ラフィエル「そうですか……」ションボリ

サターニャ「この二人だけの空間が嫌なの!!」ビシッ

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:55:06.929 ID:wYr8lv/u0.net
ヴィーネ「お互いの家に行き来するより……もういっそ、同棲しちゃう?///」チラッ

ガヴリール「それは……まだ、早いかな///」



ラフィエル「……確かにこの甘々空間は近寄りがたいですね」

サターニャ「分かる!? さっきまで、一人でいるような気分を味わったのよ!?」

ラフィエル(その光景を遠くから眺めていたかったです……面白そうですし)プクク

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:56:29.878 ID:wYr8lv/u0.net
ガヴリール「お、ラフィエル来たか。じゃあ、食べるか」

ヴィーネ「はい、ガヴのお弁当」スッ

ガヴリール「ん、ありがとう」パカッ


ラフィエル(しかし……もう、ヴィーネさんの愛妻弁当には慣れましたね)

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:57:41.479 ID:wYr8lv/u0.net
―放課後 帰り道―


ヴィーネ「それじゃあ、私達はこっちだから……また、明日ね!」

ガヴリール「じゃあな、二人共」テクテク

ラフィエル「ガヴちゃん、ヴィーネさん。また明日」ペコリ

サターニャ「じゃあね! ガヴリール! ヴィネット!」ノシ

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:59:34.571 ID:wYr8lv/u0.net
サターニャ「……しかし、今日も疲れたわね」スタスタ

ラフィエル「そうですね……まさか、あの二人が付き合うと、ここまでバカップルになるとは思いませんでしたね……」スタスタ

サターニャ「そうね……」

サターニャ「……」

サターニャ「……恋人っていいものかしら?」

ラフィエル「!! サ、サターニャさんは……そういうのに興味……あるのですか……?」ドキドキ

サターニャ「ないわね」

ラフィエル「……そうですか」シュン


サターニャ「それじゃあ、私はこっちだからまた明日! ラフィエル!」

ラフィエル「はい、また明日です……」トボトボ

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:01:28.923 ID:wYr8lv/u0.net
サターニャ「ラフィエルの奴、最後は元気なかったわね……何かあったのかしら?」ウーン スタスタ

サターニャ「……」スタスタ

サターニャ「……ん? なにあれ……ゴミ捨て場の上に変な物があるわね」

サターニャ「行ってみましょう」



サターニャ「これは……金色のランプ?」

サターニャ「……結構、デザインいいわね。捨ててあるなら、持って帰りましょうか!」ヒョイ

サターニャ「何に使おう……そうだ! 魔界植物の植木鉢として、使ってみましょう!」

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:04:28.379 ID:wYr8lv/u0.net
―サタニキア邸―


サタ―ニャ「よし! 早速、ランプの中に土を入れて、種を植えてみましょう! えーと、どこにやったかな」ガサゴソ

ランプ「」ガタガタ

サタ―ニャ「……ん? ランプが独りで動いたような……?」

ランプ「」ガタガタガタガタ!!   ボン!


ランプの精霊「……」

サターニャ「……」

サターニャ(なんか出てきた!?)

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:06:01.297 ID:wYr8lv/u0.net
ランプの精霊「……植木鉢として使うのはやめてくれ」

サターニャ「あ、ごめん……じゃないわよ! 誰よあんた!!」

ランプの精霊「私はランプの精霊。なんでも願いを叶えられる存在だ」


ランプの精霊「それでお嬢さんの願いはなんだ?」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:09:19.859 ID:wYr8lv/u0.net
サターニャ「へえ……なんでも叶えられるの?」

ランプの精霊「なんでもだ。大金持ちになりたいとか世界を自分の物にしたいとか……」

サターニャ「ああ、別に私の願いは叶えなくていいわよ」

ランプの精霊「大悪魔になりたいとか…………ん? 今、何と言った?」

サターニャ「だから、願いを叶えなくていいと言ったの」

ランプの精霊「……」

サターニャ「なんで黙るのよ!」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:10:51.315 ID:wYr8lv/u0.net
ランプの精霊「いや……きっぱり、断わられたのは初めてだから……」

サターニャ「だって、願いを叶えてもそれは私の実力なの?」

ランプの精霊「私の力だ」

サターニャ「欲しいものは自分の力で勝ち取るのが、大悪魔になるためには必要不可欠なのよ!」フフーン

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:11:28.015 ID:wYr8lv/u0.net
ランプの精霊「そうか……では、なぜ私を呼び出したのだ?」

サターニャ「あんたが勝手に出てきたんでしょ!」

ランプの精霊「……そうだったな」

ランプの精霊(なんかこの子と話していたら、調子狂うな)

ランプの精霊「では、願いがないなら私は戻るぞ」

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:13:56.009 ID:wYr8lv/u0.net
サターニャ「あ、ちょっと待って!」

ランプの精霊「なんだ、サタニキア?」

サターニャ「願いはたった今、思いついたわ!」

サターニャ「それは……ある天使の弱点を知りたいんだけど、あんた教えてくれるの?」

ランプの精霊「大悪魔は自分で、何とかするのではなかったのか?」

サターニャ「それとこれとは別なの!」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:15:19.836 ID:wYr8lv/u0.net
ランプの精霊「…………最近、天真=ガヴリール=ホワイトとヴィネットが構ってくれないのか」

サタ―ニャ「んなっ!?」

ランプの精霊「それで、天使の弱点を聞いて、それをネタにして勝負をしかけ、また構ってもらいたい……ということだな」

サターニャ「あんた私の心を読めるの!?」

ランプの精霊「まあ、なんでも願いを叶えられる力があるからな」

サターニャ「あんた凄いわね……」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:16:06.783 ID:wYr8lv/u0.net
サターニャ「それよりも! 教えてくれるの? 教えてくれないの?」

ランプの精霊(……まあ、弱点ぐらいなら言ってもいいか)

ランプの精霊「彼女の弱点を君に教えよう。願いとは別にな」

サターニャ「ほんと!? ありがとう!」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:17:05.745 ID:wYr8lv/u0.net
ランプの精霊「彼女の弱点は……ヴィネットだ」

サターニャ「……へっ?」

ランプの精霊「彼女にとって、一番大事なものはヴィネットだ」

サターニャ「…………? ということは、ヴィネットを賭けて、ガヴリールと勝負すればいいのね!」

ランプの精霊「あまり意味が分かっていないだろ? 後、それはやめておけ。消されるぞ」

サターニャ「ちょっと……怖いこと言わないでよ」ビクッ

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:18:36.606 ID:wYr8lv/u0.net
ランプの精霊「まあ、友達思いの君が、ヴィネットをどうこうする気はないと思うがな」

サターニャ「そんなの当たり前じゃない!!」

ランプの精霊「そうだろうな。……では、そろそろランプに戻るぞ」

ランプの精霊「もし、何か願いがあったら私を呼べ。君の願いがどういうものか気になるからな」

ランプの精霊「もし、ランプの持ち主がいなくて、願いがまだ叶えられていないなら、君の願いを叶えよう」

サターニャ「分かったわ! ありがとう!」

ランプの精霊「では……」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:19:22.753 ID:wYr8lv/u0.net
サターニャ「あ、最後に一つだけ!」

ランプの精霊「……なんだ?」

サターニャ「ラフィエルの弱点はなんなの? カエルはすでに知っているわ。他にあるなら教えて!」

サターニャ(明日、それでからかいましょう!)プクク

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:21:41.335 ID:wYr8lv/u0.net
ランプの精霊「…………君だよ、サタニキア」

サターニャ「……えっ?」

ランプの精霊「しかも、ガヴリールがヴィネットに対して抱くものと一緒だ」

サターニャ「それって……」

ランプの精霊「では、さらばだ」シュン

サターニャ「……」

サターニャ(ガヴリールがヴィネットに対して抱いているものって……)

サターニャ(つまり、ラフィエルは……私のことを……)

サターニャ「……」

サターニャ「えええええええええええ//////」カアア

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:22:43.034 ID:wYr8lv/u0.net
終わり 

次回 ラフィエル「これが…願いを叶える魔法のランプですか」

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/30(水) 23:48:17.820 ID:PTUJ5O4Q0.net
いいとこで終わらせる

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/31(木) 00:23:40.395 ID:uEU/J+D8d.net

願いは自分で叶えるもの……って如何にもサターニャらしいセリフだなぁ
植木鉢にされそうになってるランプさんにワロタw



元スレ: 【ガヴドロ】サターニャ「なにこれ…魔法のランプ…?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1504100946/

ガヴリールドロップアウト(5) (電撃コミックスNEXT)
うかみ
KADOKAWA (2017-09-27)
売り上げランキング: 1,207

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19785-9fb02faa