ヘッドライン

【モバマスSS】奈緒「さて、罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501769345/

2 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:10:23.57 ID:iZz5eTGLO
【仮眠室】

P「Zzz…Zzz…」

【事務所・休憩室】

凛「…隣の部屋でプロデューサー寝てるし。静かにしてよっか」


加蓮「そうだね。奈緒。大きな声出しちゃ駄目だよ」


奈緒「…なんで私だけなんだよ」


凛「奈緒は油断すると大声出すからね」

加蓮「そうそう」

奈緒「…否定できない部分もあるから、まあ、気を付ける」

凛「うん。じゃ、とりあえずトランプでもしよっか」

奈緒「脈絡がないな」

加蓮「奈緒が来る少し前に見つけたんだよね。レッスンまで1時間くらい時間あるしやろうよ」

奈緒「いいよ。何やるの?」

凛「ババ抜き。罰ゲームもあるよ」

奈緒「罰ゲーム?」

ドサッッ!!!

デデーン!

奈緒「…何だよこの箱は?」

凛「この中にはたくさんの罰ゲーム指示の紙が入ってるんだよ」

加蓮「事務所のみんなが1人1枚のルールで作ったみたい」

奈緒「…七夕かよ」

凛「というわけで罰ゲームに困ることはないよ」

奈緒「そんなバリュエーション要らないけどな。てか、被りまくってそう」

3 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:10:50.77 ID:iZz5eTGLO
加蓮「ところで凛は中身を見たの? あたしはまだ見てないんだけど」

凛「私も見てないよ。自分で1枚入れただけ」

加蓮「そ。じゃ、とりあえず始めてみよっか」

奈緒「おーし。負けないぞー」

凛「ふふふ。私。ババ抜き強いよ」

加蓮「そういう人に限って弱いよね」

凛「大丈夫。目にものを見せてあげる

4 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:11:22.64 ID:iZz5eTGLO
シャッシャッシャッ…
ヒョイ。ポイッ…
ヒョイ。ポイッ…

(しばらくして)

凛「よしっ…あがりだ♪」

ポイッ…

奈緒「あー」

加蓮「本当に強いとかける言葉もないよ」

凛「私。人の表情を読むの上手いんだよね」

加蓮「おまけにポーカーフェイスときてるからねぇ」

奈緒「え? 凛、ババ抜きするときにそんなテクニック的なこと使ってるのか?」

凛「ちょっとだけね。負けるときは負けるよ?」

奈緒「…なんかずるっ」

加蓮「まぁまぁ。あたしはそんなことできないから。一騎打ちといこうか♪」

奈緒「…負けないぞ!」

5 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:11:56.37 ID:iZz5eTGLO
ヒョイ。ポイッ…
ヒョイ。ポイッ…

加蓮「…」

奈緒「…!」

加蓮「こっち?」

奈緒「…」(ニヤッ)

加蓮「やっぱ逆ー」

ヒョイ

奈緒「あ」

加蓮「わーい♪ そろったー」

ポイッ…

奈緒「ま、負けた…」

加蓮「奈緒。罰ゲーム♪」

凛「ほら。引いてよ」

奈緒「ぐぅ…し、仕方ないな。でも、ひどい罰ゲームだったらやらないぞ」

凛「うん。でもなるべく実行しようか」

加蓮「人に迷惑をかけないレベルならOKね」

奈緒「…了解。じゃ、引くぞ」

ガサゴソ、ガサゴソ…ヒョイ

【プロデューサーさんと10分間添い寝。正面からハグ付き(by:智絵里)】

奈緒「待った」

6 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:12:24.11 ID:iZz5eTGLO
凛「…」

加蓮「…」

奈緒「これ。罰ゲームじゃない。智絵里の願望だろ!」

奈緒「というか、本当に七夕の紙と間違えたんじゃないか。これ!?」

凛「…いや。紙の裏面に『罰ゲーム用紙』って書いてあるし。間違いないよ」

加蓮「罰ゲームだね。プロデューサーさんちょうど寝てるし。行ってらっしゃい」

奈緒「待てっ! これは違うだろ!」

凛「しー」

加蓮「しー」

奈緒「ぐぅ…」

凛「奈緒。嫌なの?」

奈緒「嫌に決まってるだろ!」

加蓮「じゃあ罰ゲームにちょうどいいね」

奈緒「待てっ。そうじゃないだろ!」

ぐいっ、ぐいっ

凛「ほら。仮眠室にGO」

加蓮「公然と抱きつけるチャンスだよ♪」

奈緒「まーてーよーっ!! これは無し! タンマ、タンマ!!」

凛・加蓮「「しー」」

奈緒「むぐっ…」

7 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:13:31.25 ID:iZz5eTGLO
奈緒「引き直す。引いたやつは絶対やるから勘弁してください」

凛「…どうする? 加蓮?」

加蓮「あたしとしては是非1枚目の罰ゲームが見たいんだけど」

凛「同じく」

奈緒「勘弁してください。どうか。どうか」

凛「…仕方ないな」

加蓮「じゃあ貸しね。後でなんか奢ってよ?」

奈緒「ありがとうございます…じゃ、気を取り直して引くぞ」

凛「どうぞ」

ガサゴソ、ガサゴソ…ヒョイ

【1番近くにいる男の人と一緒に婚姻届を提出する(by:まゆ)】

凛「わぉ」

加蓮「じゃ。実行よろしく」

奈緒「待てぃっ!!!!」

8 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:14:01.24 ID:iZz5eTGLO
凛「次は絶対やるって言ったよね?」

加蓮「言ってたね」

奈緒「こ、こ、これは違うっ!!! こんなの駄目に決まってるだろぉ!!」

凛・加蓮「「しー」」

奈緒「うっ」

凛「ほら。ここに婚姻届もあるし。ちょうどいいよ」

奈緒「なんであるんだよっ!」

加蓮「事務所のあちこちにあるよね。プロデューサーの机の中にもたまに入ってるし」

凛「プロデューサーも奈緒と結婚したいんじゃない?」

奈緒「いやそれ。多分違う。他のアイドルが入れた気配がする」

奈緒「『婚姻届を持ってくるなんて。よほど結婚したいんですね』みたいな方向へ持っていきたがってるアイドルの気配を感じる」

加蓮「想像力が豊かだね」

凛「うん。これなら円満な家庭を築けるよ」

奈緒「さりげなくそういう方向へ持っていくんじゃない!」

加蓮「結婚式のスピーチは任せて」

奈緒「やめろぉぉ!!」

9 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:14:58.66 ID:iZz5eTGLO
凛「嫌な理由は?」

奈緒「駄目なもんは。駄目だから」

加蓮「プロデューサーのこと、そんなに嫌いなの?」

奈緒「好きとか嫌いとかの話じゃないっ!」

凛「事実を確認していこうか。好きか嫌いならどっち?」

奈緒「…」

奈緒「き、嫌いではない」

加蓮「好きだそうです」

奈緒「そんなはっきり言ってないだろ!」

凛「次に行きます。プロデューサーと一緒にいると楽しい。楽しくない」

奈緒「た、楽しくないってことはねぇよ。時々ムカつくけど…結構気は合うし。話聞いてくれるし…」

加蓮「じゃあ決定だね」

奈緒「…無理無理無理っー!!! 次の罰ゲーム引かせてくれぇ!!!」

凛「…どうする? 加蓮?」

加蓮「…ここまで嫌がられちゃうとねぇ」

凛「…はぁ。これで本当に最後だよ?」

奈緒「わかった。わかったから。もう2枚目のことは忘れてくれっ!」

加蓮「…でも4枚目は絶対無しだよ。少なくとも3枚目引いたら、その中から1枚は選んでね?」

奈緒「…」

凛「選んでよ? 散々、譲歩してるんだから」

奈緒「…うぃーす」

加蓮「返事が雑~」

奈緒「いいからっ。引くぞっ」

10 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:15:29.77 ID:iZz5eTGLO
ガサゴソ…ガサゴソ…ヒョイ

【1ヶ月間、プロデューサーさんと夜を共に過ごす。プロデューサーさんとの間に子ーーー】

ビリィィィィ!!!! ビリッ、ビリッ…!

凛「ちょっ! 何してるの奈緒!」

加蓮「何が書いてあったの!?」

奈緒「なーんでこの事務所は罰ゲームを『チャンス』と捉えてる奴しかいないんだよぉ!!!」

奈緒「これ絶対わざと負けて罰ゲームを引こうとしてたろ!!!」

奈緒「よくみたら紙に『触ったら自分のとわかる』ような切り込みが入ってるし!!」

奈緒「ていうか。最後の書いたの誰だっ!! 子供がみたらどうすんだよっ!!!」

奈緒「後でこの『罰ゲーム箱』は全部処分だぁぁぁぁっっっ!!!!!」

11 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/03(木) 23:16:06.46 ID:iZz5eTGLO
(しばらくして)

凛「では、二択です。お選びください」

加蓮「私が選んであげよっか?♪」

奈緒「それ100%『結婚』になるやつだろっ」

奈緒「…どっちも嫌だけど」

ヒョイ

【プロデューサーさんと10分間添い寝。正面からハグ付き(by:智絵里)】

奈緒「…こっちにします」

加蓮「プロデューサーと寝たいわけね」

奈緒「誤解を招くような言い方するなっ」

凛「わかってるよ。抱いたり、抱かれたりするのが好きなだけだよね」

奈緒「それは完全に誤解だ!!」

凛「じゃ、仮眠室に行こうか。キッチリ10分間計測するから逃げちゃ駄目だよ?」

奈緒「…おぅ」

加蓮「楽しみだね♪」

奈緒「…帰りたい」

18 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:03:19.05 ID:dIPJ25+A0
【仮眠室】

こそっ…ギィィィィ…

P「Zzz…」

奈緒「…」

凛「さ。行っておいで」

加蓮「楽しんできてね♪」

奈緒「た、楽しめるかよぉ…!」

凛「ほらほら。やらなきゃ終わらないよ」

奈緒「くっ…くそぉ…!」

てくてくてく…

ぼすっ

奈緒「…」

凛「プロデューサーの隣に寝てるだけじゃ駄目だよ。抱きつかなきゃ」

奈緒「い、い、今やるってのぉっ//」

加蓮「早くしないとプロデューサー起きちゃうよ?♪」

奈緒「…うぅ…」

もぞもぞもぞ…

奈緒「ん…うわぁぁぁっ…ぅ」

じたばたじたばた…

凛「目と鼻の先に来て悶絶してるね」

加蓮「聞いたこともないような呻き声をあげてるね」

奈緒「…っくぅ…///」

もそもそ…ぎゅっ…

P「Zzz…ん…ぅ…Zzz」

奈緒「~っ…///」

奈緒「(ぷ、ぷ、プロデューサーさんに、だ、抱きついちまったぁぁぁぁっっっ!!!)」

奈緒「(やばいやばいやばい…!!!! なんでこんなことやってるんだよあたしはぁぁぁっっ!!!)」

凛「ふーん…じゃあ。計測スタートね」

加蓮「お願いします♪」

奈緒「…うぅ…///」

奈緒「(頼む…プロデューサーさん! 気付かないで寝ててくれっ…!!!)」

19 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:03:47.55 ID:dIPJ25+A0
P「Zzz…んごっ…」

スピー…スピー…

奈緒「…///」(ぎゅっ)

凛「普通に抱きついてるだけで終わっちゃいそうだね」

加蓮「プロデューサー。ずいぶん疲れてるみたいだしねー」

奈緒「い、いいよ。このまま終わって…さ…///」

奈緒「…ていうか。目を覚まされたりしたら…ホントあたし死ぬ…///」

加蓮「奈緒。顔がかつてないほど真っ赤だね」

凛「プロデューサーの胸に顔を埋めてるのは、顔が真っ赤なのがバレたくないのか。それとも好きでやってるのか」

奈緒「…///」

もそもそ…

加蓮「あ。さらに顔を埋めた。身体を丸めて縮こまった」

凛「もう何も言いたくないみたいだね」

加蓮「単にプロデューサーに抱きつくチャンスを堪能してるんじゃない?」

奈緒「…///」

凛「もう。ツッコミを入れる余裕もないみたい」

加蓮「可愛い♪」

20 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:04:35.81 ID:dIPJ25+A0
P「Zzz…ん…ぐぅ…」

ぽりぽりぽり…ごろん…ぎゅっ…

奈緒「!?!?」

凛「プロデューサーが寝返りを打ったね」

加蓮「奈緒がハグされる形になったね♪」

奈緒「…~っ!!!!///」

もそもそ…もそもそ…

凛「奈緒。必死に逃げようとしてるね」

P「Zzz…」

ぎゅむー…

奈緒「…~っ…///」

加蓮「しかしプロデューサーの寝ぼけハグ。逃げられません♪」

P「んー…愛してるぞぉー…」

ぎゅむー…

奈緒「…な、な、なぁ…ぁぁ…!!////」

P「Zzz…Zzzz…」

奈緒「」

凛「…寝言でとどめを刺したね…」

加蓮「あと5分。放心状態のままかな♪」

凛「奈緒も逃げられないみたいだし。少し部屋を出てよっか」

加蓮「そだね。タイマーだけセットしておくよ」

コトリ…

カチャッ…バタン…

奈緒「…ん。ち、ちょ、凛!? 加蓮!?」

P「Zzz…」

ぎゅっ…

奈緒「ま、ま、待ってください…!!/// に、逃げられないのに…////」

21 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:05:24.62 ID:dIPJ25+A0
P「zzz…」

もそもそ…

奈緒「(は、ハグをがっちりされてて逃げられない…まずい…このままプロデューサーさんが目を覚ましたら…間違いなく誤解されるっ…)」

奈緒「(なんとかして逃げなきゃ…ど、どうしよう…)」

P「ん…ぐぅ…」

もそもそ…もそもそ…

奈緒「ちょ、ちょ、まっ…!!!///」

奈緒「(か、か、顔が目の前にっ…////)」

奈緒「ぷ、プロデューサーさんっ。ちょい、やめろっ! 馬鹿っ! 離れろっ!」(小声)

P「ん…んぅ…ずっと側にいろよ…」

ぎゅむー…

P「…zzz」

奈緒「…」

奈緒「…は、はい///」

ぎゅっ…

奈緒「(…じゃねえよっ!! なんであたしは寝言に返事してんだっ)」

奈緒「(嬉しくなんかないっ…嬉しくなんかっ…)」

P「Zzz…」

ぎゅむー…

奈緒「…えへへ///」

22 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:06:00.17 ID:dIPJ25+A0
奈緒「(はっ! やばい。顔がにやけちまってるっ!!)」

奈緒「(気を引き締めないと…気を…っ!)」

奈緒「(…で、でも、プロデューサーさんにこうして強く抱きしめられるのは…結構安心する…かも…///)」

奈緒「…」

もそもそ…ぎゅぅぅ…

奈緒「(こ、こ、今回だけ…特別だからな…ハグされてるから仕方なくハグ仕返してるだけだからなっ…)」

奈緒「(…あたしは誰に言い訳してんだよっ)」

奈緒「…~っ///」

ぎゅっ…

奈緒「(あー、もういいや。ずっと…こうしてたいかも…)」

奈緒「(抱きしめられるの好きだ…プロデューサーさんの匂いとか感じられるし…)」

奈緒「(…い、いやいやいや。匂いとか変態っぽくないかぁ…?)」

奈緒「(てかやばい…あたし。このままだとおかしくなりそう…///)」

奈緒「…」

ぎゅぅぅ…

奈緒「(いいや…今日くらいは素直になっとこう、かな)」

奈緒「…プロデューサーさん。大好き」(ボソッ)

P「Zzz…」

ぎゅむー…

奈緒「い、いつかちゃんと返事してくれよな…ったく///」

P「Zzz…」

奈緒「…まだ起きない、のか?」

奈緒「…」

奈緒「お、おーい。プロデューサーさん。好きだぞ…///」

P「…んん…Zzz…」

奈緒「…へへ…///」

ぎゅっ…

奈緒「…そろそろ時間か…な…」

奈緒「…」

ピピピピピピピピピピッ!!!!

奈緒「!?」(ビクゥ)

P「!?」(ビクゥ)

23 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:06:53.08 ID:7ReE4SnMO
P「うおぉぉいっ!! 目覚まし!?」

ガハッ

奈緒「ま、ま、ま…」

P「おおぅ…なぜ奈緒がいる…」

ぎゅぅぅ…

P「というか。なぜ抱きついている?」

奈緒「う、う、う…」

P「う?」

奈緒「うるさいーーっっ!!!!」

P「!?」

奈緒「ぷ、プロデューサーさんなんて大っ嫌いだぁぁ!!! 馬鹿ーっ!!」

ダッ…タッタッタ…

P「えぇ…」

25 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:07:19.61 ID:7ReE4SnMO
(後日)

凛「あれ。罰ゲーム箱まだ捨てられてないけど…いいの? 奈緒?」

奈緒「い、いや。みんながせっかく書いたんだし…捨てることはないかな~…って思ってさ」

加蓮「…へぇ~」

奈緒「な、なんだよっ! その目は! 加蓮!」

加蓮「べっつにー…♪」

奈緒「くそっ…」

奈緒「…と、ところでさ」

凛「?」

加蓮「?」

奈緒「2人とも。ま、またトランプやらない?」

終わり

26 : ◆hAKnaa5i0. 2017/08/05(土) 08:08:48.07 ID:7ReE4SnMO
以上です。お読みいただきありがとうございました。
今度のスカチケは奈緒を取ってトライアドプリムスを完成させるんだ…

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/05(土) 08:40:20.30 ID:qSVe2vKFo
とても良かった



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマスSS】奈緒「さて、罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501769345/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story(初回限定生産)[Blu-ray]
日本コロムビア (2017-08-30)
売り上げランキング: 18

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19731-42a46d58