ヘッドライン

渋谷凛「プロデューサーは何派?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503383683/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:34:43.84 ID:ryn1QpcY0

「それ、この前の?」

ついこの前の動物モチーフのお仕事、その撮影の合間に撮った写真たちがモニター上に並んでいたから、思わずプロデューサーに声をかけた。

どうやらプロデューサーは作業に集中していたらしく、少しびくっとして振り返る。

「あ、ごめん。びっくりしたよね」

「大丈夫。うん、この前の」

「この子、かわいかったよね」

表示されているたくさんの中の一つを指で示すと、プロデューサーはそれを開いてくれた。

私と、一緒に写真を撮ってくれたオオカミの子がモニターにでかでかと表示される。

プロデューサーがマウスをかちかちと操作して、撮影時間順に写真を送っていくと、ついこの前の記憶が鮮明に蘇る。

強張った顔で、おっかなびっくりオオカミの背中に手を伸ばす私に始まって、にやけた顔でオオカミを撫でまわす私で写真は終わる。

最後の一枚は、少しだけ私の髪がぼさぼさだった。

「最後の、髪ぼさぼさになってるな」

「いや、プロデューサーのせいなんだけど」

私が言い返すと、プロデューサーは「そうだったっけ」なんて言って、とぼける。

ぼさぼさの理由は、あのとき「プロデューサーも撫でてみて」と私が促したら、どさくさに紛れて私の頭まで撫でてきたからだった。


2 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:35:08.36 ID:ryn1QpcY0



「お仕事中に邪魔してごめん。もう行くね」

「ああ、これ、仕事じゃないよ」

「じゃあいつものだ」

「そう、いつもの」

“いつもの”。プロデューサーのパソコンには、そんな写真がたくさん入っている。

お仕事の合間だとか、移動中だとか、行く先々で撮った写真たち。

「また送ってよ」

「この前の?」

「うん」

「了解、送っとく」

言うや否や、プロデューサーはメールを送信してくれた。

「なんか、専属のカメラマンさんみたいだよね」

「カメラマンさんほど技術はないけどな」

届いたメールの中から一つのファイルをダウンロードして開く。

携帯電話の画面いっぱいに、ぼさぼさの髪とにやけた顔の私が映し出された。

「こんな表情の私を撮れるカメラマンさんは、一人しか知らないけどね」

べぇ、と舌を出して言ってやると、プロデューサーは照れ臭そうに「かもね」と言った。

3 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:35:36.22 ID:ryn1QpcY0



「それより、プロデューサー、そんなことしてる余裕あるってことはもう上がれるの?」

「ああ、うん。珍しく」

「そっか」

「お茶してく?」

「してく」

「車で待ってて」

ぽーんと投げ渡された鍵をポッケにしまって、事務所を出た。

4 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:36:02.42 ID:ryn1QpcY0



車で待つこと数分。

少しして、プロデューサーがやって来た。

「お待たせ」

「うん。待った」

「手厳しいなぁ」

「冗談だよ。はい、鍵」

「ん。じゃあ行くか」

行先はたぶん、いつもの喫茶店。

5 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:36:30.89 ID:ryn1QpcY0



予想どおり、いつもの喫茶店に到着し、一番奥の席に通してもらう。

銀のトレンチにお水とおしぼりを乗せた店員さんが来て、プロデューサーがアイスコーヒーを二つ注文する。

「ケーキ、食べる?」

「今日は遅いし、ご飯食べられなくなっちゃうから、やめとこうかな」

「じゃあ、アイスコーヒーだけで」

プロデューサーがそう言うと、店員さんは「かしこまりましたー」と下がっていき、程無くしてアイスコーヒーが運ばれてきた。

シロップとフレッシュを入れて、ストローでくるくると回すと、氷とグラスとが当たって、からんころんと小気味の良い音がする。

6 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:36:57.53 ID:ryn1QpcY0



「そういえば、聞きそびれたんだけどさ、結局のところどっちなの?」

「え、何の話?」

「犬派か、猫派か」

「あー、どっちだろうなぁ」

「どちらかと言えば?」

「うーん。決められないかなぁ」

「優柔不断」

「難しい言葉知ってるな」

「ばかにしてるでしょ」

「してないしてない」

「っていうか、はぐらかそうとしたでしょ」

「それは、その、まあ。……でも、なんでまたそんなこと気にするんだ?」

「なんとなく。プロデューサーの好みとか、そういうの、これだけ長い付き合いなのにそこまで知らないなぁ、と思って」

「知りたくなっちゃった、と」

「そういう言い方されると、否定したくなるなぁ」

「冗談だって。でも、どっちも好きだよ。優劣つけようとは思わない」

「なんか、模範解答だね」

「凛だって、どっちも好きって言ってただろ?」

「それはそうだけど」

「じゃあ、お揃いってこと」

「んー。まぁいっか」

7 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:37:30.22 ID:ryn1QpcY0



「でも、派閥っていろんなことにあるよね」

「あるなぁ。肉でもタレ派、塩派とか、いろいろ」

「ちなみにプロデューサーは?」

「肉次第かなぁ。ここの部位はこう、みたいに。凛は?」

「私もそんな感じかな」

「例題が悪かった気がする」

「そうだね。すぱっと二分できそうなお題を出してよ」

「うどんとそば、とか」

「気分次第かなぁ」

「今の気分は?」

「おそば。プロデューサーは?」

「じゃあ俺も」

「……これ、結局好みの話じゃなくない?」

「気付いた?」

「うん」

謎のやりとりをして、目を見合わる。

我慢しきれず、私もプロデューサーも声を出して笑った。

8 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:38:07.33 ID:ryn1QpcY0



それからも、くだらない話を繰り広げた。

すっかり空っぽになったグラスの中の氷がとけて、からんと音を立てる。

時計を見やると、十九時前だった。

「話し過ぎちゃったな」

「ほんとにね」

「帰ろうか」

プロデューサーが伝票を抜き取って席を立つ。

それに従って、後ろをてくてくついていく。

お会計を済ませて、お店を出た。

9 : ◆TOYOUsnVr. 2017/08/22(火) 15:38:34.28 ID:ryn1QpcY0



家の前まで送ってもらって、降りる前に軽口を飛ばし合う。

「またね。どっちつかずのプロデューサー」

「いやいや、一つだけきっぱりこっち派って言えるものもあるよ」

「ふーん」

「聞かないの」

「聞いて欲しいんだ」

「いじわるだなぁ」

「じゃあ、聞いてあげる」

「凛派」

「はいはい」

「反応薄くないかな」

「だって、知ってるし」

「それもそうか」

「最後に撫でとく?」

「お言葉に甘えて」

「はい。もう終わり。また明日ね」

ばいばい、と手を振って車を降りた。

ぼさぼさの頭で。



おわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 渋谷凛「プロデューサーは何派?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503383683/


[ 2017/08/22 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19632-a704d04f