ヘッドライン

雪歩「ぽえぇ、ぽえぇ」 雪歩「えへへ、ゆきぽは可愛いなぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:27:12.81 ID:zDB5/ZRc0
小鳥(……)

P「小鳥さん? 何やってんですか、そんなところにしゃがみこんで」

小鳥(しっ! 静かにしてください)

P「え?」

小鳥(もっと声を低くしてください!)

P(もう……なんなんですか、一体)

小鳥(あっちを見てください)

P(あっち?)

雪歩「ぽえぇ?」

雪歩「うん、今日のライブは上手くいったよね」

雪歩「ぽえ!」

雪歩「そうそう! あんなにたくさんのお客さんが手を振ってくれて。うれしかったなぁ……」

雪歩「ぽえぇ?」

雪歩「うん、そうだねお茶入れようか。事務所の中、ちょっと乾燥してるみたいだもんね」

P(雪歩……)

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:29:01.88 ID:zDB5/ZRc0
P(小鳥さん、ゆきぽって一体なんなんですか?)

小鳥(うーん、私にもよくわかりませんけど、多分イマジナリーフレンドみたいなものじゃないでしょうか)

P(イマジナリーフレンド?)

小鳥(はい、空想の中だけに存在する、自分だけのお友達です。プロデューサーさんも子供のころいませんでした?)

P(いえ、俺はそういうのは……)

小鳥(そうですか、人によるみたいですね)

P(というか小鳥さん、妙に詳しいですね)

小鳥(わ、私のことはいいんですよ! 今、心配なのは……あ! ほら、また動きがありましたよ!)

雪歩「ぽえ! ぽえ!」

雪歩「はいはい、そんなに焦らなくてもちゃんといれてあげるよぉ。ゆきぽはせっかちだなぁ」

P(ちゃんと二人分お茶碗を用意している……)

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:30:01.11 ID:LR9bvWlk0
やばい……

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:30:58.02 ID:zDB5/ZRc0
雪歩「ぽえぇ……」

雪歩「うん、ようやく人心地着いたねぇ……ここ最近忙しかったからなぁ……」

小鳥(プロデューサーさん)

P(なんですか?)

小鳥(雪歩ちゃんに仕事入れすぎなんじゃないんですか?)

P(他のみんなと同じくらいに調整しているつもりなんですが……でも検討が必要みたいですね)

小鳥(もう……しっかりしてくださいね。雪歩ちゃんはアイドルですけど、その前に一人の女の子なんですから)

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:31:46.44 ID:zDB5/ZRc0
P(わかってますって……あ、雪歩が席を立ちましたよ……なんかノートみたいの持ってるな)

小鳥(あれは……まさか)

雪歩「ぽえぽえぇ!」

雪歩「わかってるよぉ、今日の想い出、忘れちゃわないうちに詩集に書いておかないとね」

雪歩「ぽえぇ」

雪歩「うん、いつもどおりちゃんとゆきぽにも聞かせてあげるから待っててね」

P(マイ詩集……だと)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:32:56.28 ID:zDB5/ZRc0
P(音無さん)

小鳥(なんですか、もう……いま雪歩ちゃんが詩を書いてるところなんてめったに見れないんですから)

P(ちょっと! まさか雪歩が詩を読むまでここにいるつもりなんですか?)

小鳥(え……?)

P(それはマズイですよ……いくらなんでも人のプライベートを覗くのは……)

小鳥(でも……いま立ち上がったら多分雪歩ちゃん気づいちゃいますよ? さっきよりこっち側に来てますし)

P(……すまん、雪歩)

雪歩「できた!」

雪歩「ぽえぇ♪」

雪歩「じゃあ一作目から読むね」

雪歩「ぽ……ゴホゴホ」

P(むせてる……わざわざ声に出さなければいいのに)

小鳥(それじゃあダメなんですよ)

P(そういうものなんですか?)

小鳥(そういうものなんです、私だって家でプロデューサーさんの……)

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:34:38.46 ID:zDB5/ZRc0
P(俺がどうかしたんですか?)

小鳥(い、いえなんでもないです。あ、そろそろ雪歩ちゃんが読み始めるみたいですよ)

小鳥(……ってなにやってるんですか、プロデューサーさん)

P(耳をふさいでるんです)

小鳥(可愛い)

P(え? なんですか?)

小鳥(もう、バカなことしてないでくださいよ)

P(別に……これでも俺は真剣ですよ!)

小鳥(……まあいいです)

雪歩「一作目のタイトルは、『おふとん』。じゃあいくよ?」

雪歩「ぽえぽえぽえぽえ♪」パチパチパチパチ

P(ゆきぽは健気だな……)

小鳥(ちょっとプロデューサーさん、見えるんですか!?)

P(いってみただけです)

小鳥(もう……集中させてくださいよ、ほら、始まりますよ)

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:40:00.21 ID:zDB5/ZRc0
『おふとん』
お日様のかおり

わたしのかおり

そして

プロデューサーのかおり

いろんなにおいのついたあなただけれど

たよりのないわたしだけれど

これからも

どうかよろしく

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:44:38.44 ID:zDB5/ZRc0
小鳥(プロデューサーさん)

P(なんですか?)

小鳥(なんで雪歩ちゃんの家のお布団にプロデューサーさんの匂いがついてるんですか?)

P(ああ、一度雪歩の家で夕飯をご馳走になったことがあるんですよ)

小鳥(え?)

P(それでもう遅いからって、雪歩の家に泊めていただいて雪歩のふとんで寝たんです)

小鳥(……え?)

P(え?)

小鳥(問題はなかったんですか?)

P(問題というと?)

小鳥(いえ……なんか頭が痛くなってきたので後で聞きます……)

P(そうですか、あ、また雪歩が読むみたいですよ)

雪歩「ぽえぽえぇ!」

雪歩「うん、今のはおふとんへの感謝の気持ちをこめて詠んでみたんだ」

雪歩「あともう一人……大切な人への感謝も」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:46:39.17 ID:zDB5/ZRc0
P(大切な人……雪歩にもそんな人が……まあ年頃だしな、でも誰なんだろう?)

小鳥(思いっきり名前出してたやんけ)

P(何か言いました? 小鳥さん)

小鳥(いえ……なんでもないです。あ、今度こそ読むみたいですよ)

雪歩「じゃあ二作目いくね、今度のタイトルは『テレビジョン』」

雪歩「ぽっえぇえ~♪」

P(テレビじゃなくてテレビジョンにするのが雪歩らしいこだわりですね)

小鳥(雪歩ちゃんってそんなことにこだわりましたっけ?)

P(妙なこだわりはありますね)

小鳥(ああ……まあプロデューサーさんの解説は置いといて雪歩ちゃんの朗読を聞きましょう)

P(はい、そうですね)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:51:31.33 ID:zDB5/ZRc0
『テレビジョン』

やさしいテレビは みんながにっこり

こわいテレビは みんながゾゾゾ

おこるテレビは みんながカリカリ

わたしが映る テレビは 

みんなを どうするのかな?

しあわせな かおに

できていたらいいなぁ

お父さんとの けんかのたねに

なったりするけど わたしは

テレビを きらいじゃないよ♪

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 14:53:01.43 ID:zDB5/ZRc0
小鳥(ほっ……)

P(どうしたんですか? ため息なんかついて)

小鳥(いえ……こんどはあまり刺激的な内容ではなかったので)

P(一作目に刺激的なところなんてありましたっけ? 雪歩らしい優しい詩だったとおもいますが)

小鳥(……もうそういうことにしておきましょう)

P(でも雪歩もお父さんとチャンネル争いしたりするんですね)

小鳥(そうですね、今の子はインターネットが中心だと思ってましたからちょっと意外です)

P(最後が『きらいじゃないよ♪』とちょっと素直になれない感じが出ているのがポイントですね)

小鳥(それはよくわかりませんが……)

雪歩「この詩はね、最後に『きらいじゃないよ♪』っていうのがポイントなんだよ」

雪歩「お父さんに素直になりたいけどなれない女の子の気持ちを出してみたの、えへへ」

雪歩「ぽえぇ~~……」

雪歩「ふふん、もっと感動しなさい」

P(ほら)

小鳥(ホントだ……)

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:06:03.26 ID:zDB5/ZRc0
雪歩「じゃあ、三作目、『ダージリン』」

雪歩「ぽえ?」

雪歩「あぁ、今朝はお茶じゃなくて紅茶にしたんだよ」

雪歩「ぽええ?」

雪歩「うん、いつもよりちょっとだけ強いわたしになれるように、っていうおまじない」

雪歩「ライブだったからね……あの人のためにも、絶対いいものにしたいと思ったから」

雪歩「ぽっええ♪」

雪歩「……もうっ、ゆきぽったらからかわないでよぉ! はぁ、それじゃあ読むよ」

雪歩「ぽえ!」

P(くそっ……雪歩の想い人はいったい誰なんだ……ウチのアイドルに手を出すなんて……)

小鳥(……案外プロデューサーさんの近くにいるんじゃないんですか?)

P(……まさか……小鳥さんが?)

小鳥(なんでそうなるんですか! もう……ほら、始まりますよ)

P(ホントだ、静かに聴かないと……)

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:07:33.17 ID:zDB5/ZRc0
『ダージリン』

ダージリンさん ダージリンさん

あなたはいったいどこから来たの?

お嬢さん お嬢さん

わたしは遠いインドから はるばる 会いにきたんだよ

あなたに会いに きたんだよ

ああ もったいないお言葉です

あなたは あなたは 甘い香りを つよくつよく 纏っていられる

けれど わたしは 貧しい 容貌

どうすれば あなたに 釣り合うの?

お嬢さん お嬢さん

変わりたい 気持ちがあるのなら いかにもあなたは美しい

どうか あなたの くちづけを 

この身 一身に あびせてください

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:12:30.34 ID:zDB5/ZRc0
P(どうも……恋愛系の詩のようですね)

小鳥(恋愛、ですか?)

P(ええ、ダージリンの葉に想い人の姿を重ねているんでしょう)

P(それに引き換えて自分はなんて貧相なんだという想いを吐露している……)

P(最後には雪歩がダージリンを飲んで一件落着のように見えますが)

P(それは結局妄執に過ぎない。……悲しい詩ですね)

小鳥(は、はあ……よくあの詩からそこまでの内容を読み取れますね)

P(鍛えてますから)

小鳥(何をですか?)

P(感受性、ですかね)

小鳥(うざい……)

P(何か言いましたか? 小鳥さん)

小鳥(……いえ、プロデューサーさんの耳って本当に都合がいいなぁって思っただけです)

P(そうですか……あ、またはじまるみたいですよ!)

小鳥(……この人最初はプライベートがどうとかいってなかったかなぁ……)

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:16:24.08 ID:zDB5/ZRc0
雪歩「ど、どうだった? ゆきぽ」

雪歩「ぽえ、ぽっえぇ」

雪歩「え? 悲しい詩に聞こえた? ……うん、少しだけ、ね」

雪歩「あの人がいつまでもわたしの気持ちに気付いてくれないから、ちょっとだけ、哀しさをこめちゃったのかな」

雪歩「ぽっえ♪」

雪歩「……うん、そうだね。元気出さないと……じゃあ次の詩、いくね。『私トアイドル』」

小鳥(随分ストレートなタイトルですね)

P(ええ……雪歩がアイドルとしての自分をどう思っているのか……気になるところではあります)

小鳥(緊張しますね)

P(小鳥さんが緊張してどうするんですか)

小鳥(もう……プロデューサーさんはいけずです……)

P(似合わんなぁ……)

小鳥(あ、今のひっど、酷いですよ! プロデューサーさん!)

P(もう! 静かにしてください! 今から雪歩が詠むんですから!)

小鳥(……全くこういう時だけ雪歩ちゃんを持ち出すんですから……)

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:19:55.58 ID:zDB5/ZRc0
『私トアイドル』

イツワリノウタ  イツワリノ私

それだけを見て 喜ばないで

甘い言葉と  優しい声と

ゴマカシだらけの ガラス細工

アナタが抱けば 崩れてしまうよ

壊して 壊して 壊した先で

アナタに私を見つけて欲しい

強クナッタワ モウ泣カナイ

自分デキメタコトダカラ

だけど 心は耐えられないよ

あなたがいないと 壊れそう

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:21:45.36 ID:zDB5/ZRc0
P(……これは……)

小鳥(雪歩ちゃん……あんなことを思いながら歌っていたんですね……よくわからないですけど……)

P(ええ……あの詩……雪歩の想い人がアイドルとしての自分しか見てくれないことを嘆いていますね)

小鳥(プロデューサーさん……もっと雪歩ちゃんのこと見てあげてくださいよ)

P(俺はちゃんと見てますってば……見てないのは雪歩が惚れたスケコマシの奴ですよ……全く)

小鳥(プロデューサーさんにはアイドル活動してる雪歩ちゃんはどう見えたんですか)

P(どうって……最初は弱々しかったけど……だんだんとライブにも慣れてきて……最近は頼もしい印象でしたよ)

小鳥(……はあ、もっと雪歩ちゃんに構ってあげてくださいね。難しい年頃なんですけど)

P(うーん、どうもその必要があるみたいですね。どうにかしないと……本当にアイドル活動に支障をきたしかねませんから)

小鳥(ホントに……アイドルとしての雪歩ちゃんはプロデューサーさんしか頼る人がいないんですからしっかりしてくださいよ! もう)

P(わかりましたって……ん、ほら雪歩がまた会話を始めるみたいですよ)

小鳥(会話って……あれは独り言じゃないですか)

P(そんなの……どっちでもいいじゃないですか、ほら、はじまる、静かにしてください)

小鳥(はいはい、わかりましたよ、はぁ……)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:26:10.67 ID:zDB5/ZRc0
雪歩「ぽぇぇ~……」

雪歩「うん、ホントはもっと明るい詩にしたかったんだけどね……」

雪歩「ありのままにライブの中で感じたこと、ぜんぶを詩にしちゃったら、こうなっちゃった」

雪歩「ホントはこういうのって……詩を作るのにはよくないんだけどね……」

雪歩「ぽえ! ぽえ!」

雪歩「……! ふふ、ありがとう、ゆきぽ。そうだよね、いいんだよね、たまには吐き出しちゃっても」

雪歩「あの人の前では、ちゃんと綺麗なユキホだけを、見せたいものね」

P(くそっ……なんだって雪歩は俺も知らないような奴のためにあんな想いをしなきゃいけないんだ……)

小鳥(……あの~、ホントに気づいてないんですか?)

P(なにがですか! 雪歩は……俺と……765プロのみんなと頑張ってきたんです! それを……)

小鳥(はぁ……わかりました、落ち着いてくださいよ、もう。ほら、また雪歩ちゃんが準備に入りましたよ)

P(そうですね……心頭滅却すれば火もまた涼し……耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ……ふぅ、なんとか落ち着きました)

小鳥(大丈夫かなぁ……この人がこの先もプロデューサーで……)

P(しっ! 雪歩がしゃべるんだから静かにしてください!)

小鳥(もう……さっきまでは自分がうるさかったくせに……)

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:47:45.73 ID:zDB5/ZRc0
雪歩「これで最後の詩……今日一日の出来事だけで結構つくれたなぁ」

雪歩「ぽえ?」

雪歩「うん、最後は明るい詩にしたんだ」

雪歩「♪ぽっぽーえ、♪ぽぽぽぽーぽぽーええ」

雪歩「そうだね、『今日が笑えたら、明日もきっと幸せ』……だもんね」

雪歩「だから……書かないと。私がこれからもアイドルを続けるためにも」

雪歩「ぽえぇ……」

雪歩「うん……分かってるよ、こんなの……間違ってるって」

雪歩「自分で自分の気持ちを勝手に決めて、それにがんじがらめになってるだけなんだよね……」

雪歩「私だって……もうポエムを書かないでも生きていけるようになりたいよ……ゆきぽがいなくても大丈夫なようになりたいよ……」

雪歩「でも……今の私にはこれしかない……こうやってないとアイドル続けられないの」

雪歩「ぽ、ぽえぇ……」

雪歩「だから……ちゃんと聞いててね。最後の詩は『あなた』」

P(雪歩……)

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 16:57:31.17 ID:zDB5/ZRc0
『あなた』

あなたがいれば あなほりしないよ

あなたといると  胸はぽかぽか

あなたの目には わたしだけ 映して

あなたの手も わたしだけ 触って

あなたの脚は わたしだけに 近づいて

あなたのこころは わたしだけを 想って

わがまま言って ごめんなさい

あなたが いれば いいこと あるの

晴れの日でも 雨の日でも

あなたが いれば いいこと だけよ

だから わたしだけを みててください 

プロデューサーさん 

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 17:05:06.41 ID:zDB5/ZRc0
P(雪歩…………)

小鳥(プ、プロデューサーさん、お気持ちは分かりますが、飛び出さないでくだ……)

P「雪歩ぉおおおおおおおおお!!!!」

小鳥(あーあ、行っちゃった……)

雪歩「プ、プロデューサー!?」

P「雪歩……」

雪歩「今の聞いてたん……ですよね?」

P「……ああ」

雪歩「いつから……聞いてたんですか」グスッ

P「雪歩がお茶を入れ始めた時からだ」

雪歩「…………そんな」

P「なぁ、雪歩、たしかに俺は頼りないプロデューサーかもしれない」

P「俺の知らないところで雪歩がこんなに追い詰められてるなんて……知らなかった、思いもしなかった」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 17:26:01.70 ID:zDB5/ZRc0
P「雪歩に……好きな奴がいたっていいと思う」

P「そういう経験も、確実にアイドル活動の糧になるから」

P「詩をつくるのだっていいさ。雪歩は否定していたけど、時々はああやって心の整理をすることだって大切だよ」

P「だけど……ゆきぽはやめよう、雪歩」

雪歩「…………ゆきぽは、子供の頃からの私の大切な友達なんです」

P「現実には存在しない友達なんて……」

雪歩「プロデューサーにはわからないですよ!」

雪歩「臆病で、ずるくて、弱虫で……すぐ泣いちゃうダメダメな私には……ゆきぽしかいないんです……」

雪歩「765プロに入って真ちゃんに出会えました。みんなに出会えました。オーディションで一緒に競い合う子とも……友達になれました」

雪歩「だから私……強くなれた気でいたんです。もう弱い私じゃない、ゆきぽしかいなかった頃の私じゃないって」

P「雪歩……」

雪歩「でも、でもね、ダメなんですよ。私はダメなんです。アイドルとしての活動に集中しなくちゃいけないのに他のことで……胸が苦しくなって」

雪歩「レッスンに集中して集中して、ようやく踊れて、歌えるようになってたのに……今は新しい曲のレッスンにも身が入らないんです」

雪歩「だから、ライブの度に怖くて怖くて仕方ないんです。それで……それで私はまだ弱いままなんだって、弱い女の子から一つも変われてないんだなって気づいちゃったんです」

雪歩「そんな時…………またゆきぽがみえるようになったんです……」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 18:09:17.34 ID:zDB5/ZRc0
小鳥(リアルシャドー……傑出したイメージ力を持つ者だけが習得できる奥義……噂には聞いていたけどまさか実在するとはね)

小鳥(雪歩ちゃん……重症だわ……)

雪歩「すぐそばにいる人に想いも伝えられない私なんて……こんな弱い私になんて……やっぱりゆきぽしかいないんですよぉ」グスッ

雪歩「だから……だからもう、放っておいてください、プロデューサー。アイドル活動には支障は出しませんから」

P「…………俺じゃダメか?」

雪歩「え?」

P「俺じゃ、雪歩の支えには、なれないのかって聞いてるんだ」

小鳥(…………あの人、耳どうなってるんだろう)

雪歩「それってどういう……」

P「……お前が好きだ、雪歩」

小鳥「ちょ、ちょっとプロデューサーさん! 担当アイドルにそんなこと言ったらダメですよ!」ガタッ

P「小鳥さん……でも……」

小鳥「でも、じゃないでしょう! ……ゴシップ記事でも書かれたらどうするつもりなんですか」

P「その時には……俺が責任を取ります」

小鳥「こんな事務所の安月給で……雪歩ちゃんを養えると思っているんですか?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 18:36:12.15 ID:zDB5/ZRc0
P「お金のことなら何とかしてみせます、バイトも入れて、残業もします」

P「雪歩が俺のことを好きじゃなくたって、いいんです。でも……雪歩がこんなに辛そうにしてるのはもう見てられない」

P「だから……雪歩がアイドルをやめてもいいように……俺が……」

小鳥「……プロデューサーさん」

小鳥(なんだか暴走しちゃってるなぁ……この人……)

雪歩「もうやめてください!」

P「雪歩……」

小鳥「雪歩ちゃん……」

雪歩「私……私もちゃんと伝えます。自分の気持ちを……大切な人に」

雪歩「……好きです。プロデューサー、ずっと前からプロデューサーのことが、好きでした」

P「……え?」

雪歩「ごめんなさい、ホントは私から言おうと思っていたのに……」グスン

P「じゃあ雪歩の『大切な人』って……」

雪歩「あなたですよ、プロデューサー」

P「…………マジで?」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 18:48:32.86 ID:THV2p0Ij0
全然気づかなかった…

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 18:53:20.41 ID:zDB5/ZRc0
雪歩「ホントは……トップアイドルになったら言おうとおもってたんです」

雪歩「でもそのために頑張れば頑張るほど空回りしちゃうなんて……本末転倒ですよね」

雪歩「だから……今、言っちゃいました。えへへ」

P「雪歩……ごめんな。これからは、俺がもっとちゃんと雪歩のこと見るから」

雪歩「……はい! お願いしますね。 プロデューサー♪」

P「だから……雪歩も悩みがあったらいつでも相談してくれよな、雪歩のことだったら、全部知っておきたいから」

雪歩「…………ダメです」

P「え?」

雪歩「乙女の秘密を覗いたバツですよ、えへへ」

小鳥(うぜえ……)

P「はは、やっぱり強くなったよ。雪歩は」

雪歩「そうですか……えへへ、嬉しいなぁ」

ゆきぽ(ぽえぇ…………)

雪歩(あ……ゆきぽが……薄くなってる?)

ゆきぽ(ぽええ……)

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 19:00:32.65 ID:zDB5/ZRc0
雪歩(さよなら……って言ってるんだね……ゆきぽ)

ゆきぽ(ぽえ! ぽえ!)

雪歩(ありがとう……今までゆきぽのくれた元気のおかげで頑張れたもんね……)

ゆきぽ(ぽっえ~~~!)バイバイ

雪歩(これからは頑張っていくから、みんなと、そして……プロデューサーと)

ゆきぽ(ぽえ~)サァァァァァァ………………

雪歩(だから……いままでありがとう……ゆきぽ)

――こうして私はゆきぽを見ることはなくなりました。

ゆきぽと一緒にいた日々を思い出すと――辛かったこともなんだか懐かしく感じます。

今でも……時々はゆきぽを探してしまって……

P「ん? どうした、雪歩、探し物か?」

雪歩「い、いえ……なんでもないです」

P「はは、そうか」

P「やっぱり雪歩は可愛いなぁ」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 19:10:28.38 ID:zDB5/ZRc0
完結できたのも皆さんのおかげです
これで心残りなく日課のジョギングに行けるというものです
支援ありがとうございました

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 20:15:09.20 ID:zDB5/ZRc0
まだ残ってた……一応、雪歩の名誉の為に言っておくとゲーム本編では彼女はもっと強い子ですので安心してください
ちなみにゲームでの雪歩のポエムのセンスはこんな感じです……あんまり再現できませんでしたね
http://www.geocities.jp/sojimh/imas/mail/yukiho/003.htm
それでは、ありがとうございました!



元スレ: 雪歩「ぽえぇ、ぽえぇ」 雪歩「えへへ、ゆきぽは可愛いなぁ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370064432/

THE IDOLM@STER MASTER PRIMAL ROCKIN’ RED
如月千早(今井麻美),四条貴音(原由実),秋月律子(若林直美) 天海春香(中村繪里子) 天海春香(中村繪里子) 如月千早(今井麻美) 四条貴音(原由実) 秋月律子(若林直美)
日本コロムビア (2017-08-22)
売り上げランキング: 153

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19503-b8cdc597