ヘッドライン

【ミリマス】志保「私にとってのプロデューサーさんは」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502073141/

1 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:32:21.71 ID:w2YVWAok0
ミリオンライブのSSです。

地の文があるので苦手な方はご注意ください。


2 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:32:51.81 ID:w2YVWAok0


夢を見た。

家族みんなで過ごす夢を。

お父さんがいた。

母と、弟と、そして私と、微笑みながら話すお父さんが。

でも顔は光が反射して見えない。

私はどうしてもその顔が見たくてその人に近づいた。

近くで見たその顔は---


3 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:33:32.43 ID:w2YVWAok0


「あれ?志保ちゃん、めずらしくぼーっとしてどうしたの?」

「え?……なんでもないわ。ちょっと考え事をね」



いけない、可奈にぼーっとしてるなんて言われるほど呆けていたようだ。

もうすぐ仕事だ。プロとしてしっかりと切り替えなくてはいけない。



「志保、可奈、準備できたか?」

「はい!可奈は準備ばんたん~♪いつでもなんでもオールオッケ~♪」

「はは、可奈は今日も元気だな!志保は大丈夫か?」


4 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:34:05.27 ID:w2YVWAok0


どくん。

心臓が急にうるさくなる。

昨日まではこんなことなかったのに。

プロデューサーさんに名前を呼ばれるだけでこんなにも。

プロデューサーさんに微笑みを投げかけられるだけでこんなにも。



「……はい。問題ありません。行きましょう」

「……ほんとに大丈夫か?体調が悪いなら今日は休んでもいいんだぞ。謝罪は俺からしておくから」

「いえ、大丈夫です。そんなことより早く出ないで大丈夫なんですか?」

「ちゃんと余裕はもった上での出発だからな。まぁ志保が大丈夫っていうなら大丈夫なんだろう。じゃあ行くか」



なんとかごまかしきれたみたいだ。

相変わらず心臓は騒ぎ続けている。

なんであんな夢をみたんだろう。


5 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:34:32.17 ID:w2YVWAok0


今日はトーク番組の仕事だった。

今日の仕事の自己採点は今までで最悪と言っていいくらいで、まさに0点をつけたくなるような出来だった。

可奈に指摘されて切り替えようとはしたものの、そう簡単に切り替えられるほど、あの夢は私にとって軽く考えられるものではない。

収録が終わった後、案の定プロデューサーさんに呼ばれた。

どくん。

また心臓が騒ぎはじめる。



「志保、大丈夫か?」

「……平気です。それより、今日はすみませんでした。」

「うーん、俺は謝ってほしくて呼んだんじゃないんだけどな……」

「いえ、今日の私、最悪でしたから」

「別に志保を責めるつもりはないよ。どちらかと言えば謝罪よりよりそうなった理由のほうを聞かせてほしい」

「……ごめんなさい。話してどうにかなるものでもないので」

「……そうか。それなら志保が話したくなるまで聞かない。でも、いつでも話してくれていいからな」



そう言うとプロデューサーさんは立ち上がって、車で待ってるから、と言って歩いていった。

どくん。どくん。

まだこの音は止みそうにない。

私を苦しめるこの胸の鼓動が収まるまで少しじっとしていると、可奈が不安そうな顔をしながらこちらへ走ってきた。


6 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:35:11.53 ID:w2YVWAok0


「志保ちゃーん!大丈夫だった!?」

「大丈夫かって……仕事の出来は大丈夫じゃないけど、私自身は大丈夫よ」

「そっか、よかったぁ……プロデューサーさんに怒られてたのかと思って心配しちゃった、えへへ……」

「もう、そんなに心配しなくてもあまり怒る人じゃないでしょ、プロデューサーさんは…………」



どくん。どくん。どくん。

まただ。

少し落ち着いてきたと思ったらこれだ。

彼のことを少し考えただけでこうなってしまう。



「志保ちゃん?」

「え?……どうかした?」

「どうかしたはこっちのセリフだよ!急に寂しそうな顔するから心配になっちゃうよ!」

「え?私そんな顔……」



ふと横にある窓を見る。

そこには迷子でもなったかのような、そんな不安と寂しさを感じさせる顔をした私が映っていた。

もうこれは重症かもしれない。

どうしてこんな風になってしまったんだろう。


7 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:35:53.38 ID:w2YVWAok0


「……志保ちゃん!この後時間ある?」

「え?今日はお母さんが早めに帰ってくるから家のことは大丈夫だけど……」

「じゃあこれからうちにきて!それで志保ちゃんの話を私がききます!」

「そんなこと急に言われても、私は別に可奈に相談するようなことは別に無いわ。それにこんな時間に急に訪ねたら可奈のご両親も迷惑でしょう?」

「私の家のことはどうでもいいの!それにそんな顔して話すことはないなんて言わせないよ!」



そういうと可奈は私を引っ張ってプロデューサーさんの待つ車に乗り込み、私の家までお願いします!と言った。

そして可奈の家につくと、再び私を引っ張って車を降り、困惑するプロデューサーさんに素早く挨拶をすると家の中に私を引きずり込んだ。

そのまま可奈の部屋まで連れ込まれ、机をはさんで可奈と向かい合う形で座らされたのだった。


8 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:36:30.14 ID:w2YVWAok0


「さぁ志保ちゃん!今日は悩みを話してくれるまで寝かさないよ!」

「……ここまでされて話さないわけにはいかないわね。わかった。可奈に話すわ。でもその前に、可奈のご両親にちゃんと挨拶と、うちに連絡させて」

「そ、そうだね……志保ちゃんはこんな時でも冷静だなぁ」



そうして諸々を済ませると、改めて可奈と向かい合った。

正直こんなことを話しても理解してもらえるかわからない。

可奈のことだから、私をバカにすることは絶対にないと確信できるが、だからといって解決できるとも思わない。

話すだけ話して、暴走気味の可奈の気を済ませればいいだろうと思った。

そうして私は、あの夢のことを可奈に打ち明けた。


9 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:37:07.27 ID:w2YVWAok0


「…………というわけよ」

「うーん……それって何が問題なの?」

「はぁ、だから話してもわからないって……」

「そうじゃないよ!志保ちゃんはその夢が、夢の中でプロデューサーさんがお父さんになっちゃったのが原因で、プロデューサーさんへの接し方がわからなくなっちゃったんだよね?」

「ええ、そうよ」

「その夢の通りってわけにはいかないだろうけど、なんでその夢みたいに、プロデューサーさんに甘えちゃだめなの?」

「なんでって……プロデューサーさんと私はあくまで仕事仲間よ。家族みたいな関係じゃないんだからそういう接し方はできないわ」



そう。彼はプロデューサーで私はアイドル。

私たちはそういう関係で、それ以上でもそれ以下でもない。

人と人とは接し方というものがある。

仕事の関係で付き合っている人と家族に対してで、同じような接し方ができるはずがない。


10 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:37:39.28 ID:w2YVWAok0


「でも環ちゃんとかは仕事の仲間ってよりは保護者って感じがするし、美希さんなんてまるで恋人みたいに接してるよ?」

「それは人によって接し方が違うのは当然で……」

「じゃあ志保ちゃんもプロデューサーさんとの接し方が家族みたいでもいいんじゃない?私だってプロデューサーさんのことただの仕事仲間だとはおもってないよ!」



可奈にそう言われて、自分の中のもやもやみたいなものが少しずつ晴れていく気がする。

たしかにいままでプロデューサーさんのことをただの仕事仲間だと思っていた。

でもこの接し方にこだわる必要も特にあるわけではない。

それなら私は少しくらいプロデューサーさんに甘えることが許されるのだろうか。



「たしかにそうかもしれないわね……」

「よし!そうと決まったら明日から少しずつプロデューサーさんに甘えていこうね!名付けて志保ちゃん甘えん坊化計画!」

「私は別に甘えん坊になるつもりはないわよ……でもありがとう、可奈。少しスッキリしたわ」

「えへへ~、志保ちゃんにありがとうって言われちゃった~♪可奈の作戦だいせいこ~う♪」


11 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:38:10.69 ID:w2YVWAok0


こうして私の心の雲は、可奈という風によって吹き飛ばされてしまった。

この子にはどうにも敵わないところがある。

その後、可奈のご両親のご厚意で、そのまま泊めていただくことになったのだが、

その日の夜は可奈が私をどうやってプロデューサーさんに甘えさせるかを話し合う!と言って結局夜中の3時まで話に付き合わされることになった。



翌日、可奈と二人で寝ぼけ眼をこすりながら事務所に向かうと、プロデューサーさんがすでにいて、挨拶をしてきた。

横をちらっと見ると、可奈が目で、頑張れ!とメッセージを飛ばしてくる。

昨日とは違う緊張をしながら、私はプロデューサーさんに挨拶を返す。


12 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:38:47.53 ID:w2YVWAok0


「お、おはよう、プロデューサー。きょ、今日もよろしくお願いしm……よ、よろしくね?」

「!!? し、志保……その言葉遣いは……?」

「きょ、今日からこれで行くから、プロデューサーも慣れてくd……慣れてよね……?」

「お、おう……しかしどうして急に……?」

「き、気にしなくていいですから!そ、それと!今日から以前よりもあ、あ……」

「あ……?」

「あ、甘えていきますから!覚悟してくださいね!じゃなくて、か、覚悟してね!」



なんだかよくわからないけど辛い。心が折れそうだ。

可奈は満面の笑みを浮かべてるし、すでに事務所に居た小鳥さんは、なぜか床に倒れ込んでいる。

肝心のプロデューサーさn……プロデューサーも困惑している様子だ。

ただ、昨日のような苦しさはもうない。

心はこの青空のように澄んで、晴れ渡っている。


13 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:39:21.28 ID:w2YVWAok0


「……それじゃあプロデューサー、これからも、よろしくね」

「ん、おう。何があったかはわからんがプロデュースはまかせとけ」

「プロデュースもそうだけど、それ以外でも……ね?」

「なんか意味深だな……まぁ志保がそうしたいっていうなら甘えてくれてもかまわないよ」



そう言ってプロデューサーは微笑む。

この顔を私はどこかで見た。

そう、この顔は夢で見たあの顔だ。

可奈の言うとおり、今は夢の中のままで、とはいかないけれど、いつかはああいう関わり方もできるのだろうか。

できたらいいな。



14 : ◆eAB23W1ius 2017/08/07(月) 11:41:52.91 ID:w2YVWAok0
というわけで終わりです。

読んでくださった方がいればありがとうございます。

可奈ちゃん歌わせるの実は結構難しいですね……!

ではHTML化依頼を出してきます



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】志保「私にとってのプロデューサーさんは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502073141/

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02 (02&03連動購入特典:「デカジャケット(2枚セット)」引換シリアルコード付)
伊吹 翼 (CV.Machico) 北沢志保 (CV.雨宮 天) 桜守歌織 (CV.香里有佐) 徳川まつり (CV.諏訪彩花) 永吉 昴 (CV.斉藤佑圭)
ランティス (2017-09-20)
売り上げランキング: 278

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19433-5977b5b8