ヘッドライン

【モバマス】未央「探せ!」藍子「プレゼントを」茜「置いてきた?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501851169/

1 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 21:52:49.37 ID:xEK+FAb00

夕方
事務所


未央「茜ちん!」

未央藍子「「誕生日おめでとう(ございますっ)!」」

茜「ありがとうございます!!!」

未央「いやー、めでたいねー。茜ちんがさらにお姉ちゃんになっちゃったよー」

藍子「ふふっ。頼れるお姉ちゃんですねっ」

茜「そんなお姉ちゃんだなんて!なんだか照れますね!」

未央「今日くらいたくさん照れてもいいんだよ?」

茜「いえ!これくらいで私は照れません!」

藍子「茜お姉ちゃんっ♪」

茜「なっ!やめてくださいよ藍子ちゃん!」

未央「今のは私もドキッとしたよ」

2 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 21:54:29.10 ID:xEK+FAb00

藍子「えへへ。今日は茜お姉ちゃんに甘える日なんですっ」

未央「いいねいいねー。私も茜お姉ちゃんに甘えないとー!」

茜「も、もう!二人ともやめてくださいよ!」

藍子「茜お姉ちゃんの顔が真っ赤です♪」パシャリ

茜「ちょっと藍子ちゃん!?今写真撮りましたよね!?」

未央「誕生日だから記念に一枚だね」

藍子「いい写真が撮れました♪」

茜「んー!すぐ消してください!いいですか!?」

藍子「どうしようかなー?」

茜「私の誕生日なんですから、消すべきです!」

未央「これ以上は茜ちんが怒っちゃうね」

藍子「そうですね。では、この写真は(保存した後に)消去しておきますね」

茜「ほっ。未央ちゃんも藍子ちゃんも酷いですよ!」

未央「いやー、ごめんごめん。照れる茜ちんが可愛くて」

藍子「照れた茜ちゃんって本当に可愛いんですよね」

茜「その話はいいですから!」

3 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 21:55:53.50 ID:xEK+FAb00

未央「そうしてあげようか。さて、では今日のレッスンも終わったのでー」

茜(お祝いしてくれるんでしょうか!プレゼントでしょうか!)

藍子「茜ちゃんにプレゼントをお渡ししますっ」

茜「わー!!ありがとうございます!!!」

未央「ところが茜ちん!私はプレゼントを持っていないのですよ!」

茜「?」

未央「というわけで今ここでは渡せません!」

茜「なんと!お仕事が忙しかったんですか!」

未央「あっ、いやいや。プレゼントはちゃんと用意したよ」

茜「???」

藍子「つまりですね。普通に渡すのがアレなので、プレゼントをこの建物のどこかに隠してきたんです」

茜「ほう!」

4 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 21:56:29.76 ID:xEK+FAb00

未央「ちゃんとプロデューサーにも許可取ったからね。茜ちんが欲しいプレゼントは自分で探しだすのだ!」

茜「頑張ります!」

藍子「ただー、この建物も広いので、誰かにヒントを預けておきました」

茜「駆けずり回って地道に探さなくて良いんですね!」

未央「もちろん!それだと大変だからね」

茜「わかりました!二人のプレゼントを絶対に見つけてみせます!」

藍子「では、制限時間は一応一時間にしておきますね。それでも見つけられなかったら、私たちから普通にお渡しします」

茜「結局もらえることはもらえるんですね!」

未央「まあ誕生日だし。ただ、茜ちんも自力で見つけた方が気持ちいいかなって」

茜「やる気が出ましたよ!それでは、さっそく行きましょう!」

藍子「では、今から一時間ですね。スタートですっ」

5 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 21:57:39.74 ID:xEK+FAb00

ドア バーン!!!

茜「プロデューサー!プレゼントを出してください!!!!!」

P「うるさい!もっと静かに入れ!」

茜「さあさあプレゼントですよ!」

P「なんだよいきなり。……あー、未央たちが言ってたやつか」

茜「二人のプレゼントがここにあるんじゃないですか!」

未央「茜ちん速い……」

藍子「最初はプロデューサーさんのところに来ましたね」

P「俺のところにはないよ」

茜「なんと!!!」

未央「茜ちん茜ちん。問題ない範囲でデスクの中探してみたら?」

P「おい未央!何言って」

茜「いいんですか!プロデューサー!!」

P「引き出しの二段目以外ならな」

茜「ありがとうございます!!!」

6 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 21:58:13.06 ID:xEK+FAb00

未央「あれって引き出しの二段目になんかあるってことじゃないの?」

藍子「もしくは、本当に大切な資料の可能性も」

茜「資料!写真!CD!ぴにゃこら太!私たちの写真集!未央ちゃんの水着写真!何か飲み物がたくさんありました!!!」

未央「ちょっと待て!私の水着写真ってなんだ!!!」

藍子「どういうことですかプロデューサーさん!」

P「まあまて。これは見本で届いたやつで決して怪しいものではない!」

未央「反応が怪しいぞ!没収だ!!」

茜「これは没収します!ということで私がもらっ……、預かっておきます!」

未央「ちょっと」

P「やめろ、返せ!」

7 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:00:08.45 ID:xEK+FAb00

茜「駄目です!これはプロデューサーさんからのプレゼントということにします!」

P「返せ!俺からのプレゼントは別であるから!二段目の奥に箱があるだろ!」

茜「へ?」

P「こっちが誕生日プレゼントだよ!おめでとうな、茜」

茜「あ、ありがとうございます……」

藍子「意外なところで茜ちゃんが照れましたっ」パシャリ

P「さあ!プレゼント渡したからその写真を返すんだ!」

茜「……他のところ探してきます!ボンバー!!!」

P「おい!」

藍子「相当恥ずかしくて走っていっちゃいました」

未央「私の写真持ったままね!!追いかけるよあーちゃん!」

藍子「は、はい」

8 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:01:08.01 ID:xEK+FAb00

茜「ボンバー!!!」

凛「あっ、茜だ。誕生日おめでと」

茜「凛ちゃんですか!ありがとうございます!」

凛「なんだか顔が赤いけど大丈夫?」

茜「はい!大丈夫です!」

凛「あれ、もうプレゼント持ってるね。どっちかの見つけたの?」

茜「あ、いえ!これはさっきプロデューサーからもらったものです!」

凛「なんだ、そういうこと。それじゃあこれ。プレゼントじゃないけど、未央から渡されてたから」

茜「何でしょうか!」

凛「ヒントの紙だよ。……私からヒントの答えは言えないけど」

茜「ほう!ありがとうございます!!」

9 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:02:00.28 ID:xEK+FAb00

『茜ちんが走るために必ず通る場所にあるよ!』


茜「走るために通る場所ですか!!!」

凛「うん。それでわかるのかな?……それと、その手に持ってる写真?それ何?」

茜「これですか!プロデューサーが持ってた未央ちゃんの写真です!!」

凛「そうなんだ。未央の?」

茜「はい!ヒントをもらったお礼にこの写真あげますね!」

凛「どうも」

茜「それでは!行ってきます!」

凛「行ってらっしゃい。見つかるといいね」

茜「ボンバー!!!」

凛「……ふーん。大胆な写真だね」

10 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:02:44.81 ID:xEK+FAb00

未央「あっ、しぶりーん!茜ちん見なかった?」

凛「未央。茜なら私のヒント持って走ってったよ」

藍子「あー。追い付けませんでしたー……」

未央「くっ。やっぱり茜ちんは速いなー!」

凛「…………」

未央「どしたの、しぶりん?そんなに私のこと見て」

凛「いや、改めて未央ってスタイルいいなーって思って」

未央「は?」

藍子「未央ちゃん。早くいかないと茜ちゃんに追いつけませんよ」

未央「あっ、そうだった。それじゃあしぶりん、また明日ね!」

凛「うん。追いつけるといいね」

藍子「それでは行きましょうっ。凛ちゃん、ばいばい」

未央「茜ちんならきっとエントランスってわかるはずだー!」

凛「……この写真どうしよ。卯月と鑑賞会でも開こうか」

11 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:03:55.22 ID:xEK+FAb00

ドア バーン!!!

茜「プレゼントはどこですかー!!!」

P「だからうるさいっての!!」

茜「プロデューサー!ここにプレゼントはありませんか!」

P「はあ?さっき俺からもらったじゃねーか」

茜「いえ、未央ちゃんか藍子ちゃんのプレゼントがあると思うんです!」

P「……ないって言った気がするけど、どうしてここにあると思った?」

茜「さっき凛ちゃんからヒントをもらったんです!」

P「ほう。そのヒントってのは?」

茜「私が走るために通る場所だと!」

P「馬鹿じゃねーの!?ここ室内だぞ!?」

茜「はっ!?」

12 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:04:53.13 ID:xEK+FAb00

P「逆になんでここで走るの?」

茜「いっつもここからスタートしますので!」

P「あのさ、外に出てから走ってくれよ?」

茜「はい!!」

P「いい返事だな」

茜「もちろんです!!!」

P「で、これだけヒントもらったけど場所はわかるな?」

茜「さっぱりです!!!」

P「……………」

茜「どこでしょうかね!!」

P「仕事したいからエントランス行ってくれない?そこにあるだろうから」

茜「はっ!?確かに通る場所です!プロデューサーはすごいですね!!」

P「これくらいですごいって言われてたまるかぁ!」

茜「それでは行ってきます!」

P「おう。頑張れよ」

13 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:05:58.44 ID:xEK+FAb00

未央「さて、エントランスについたわけですが!」

藍子「茜ちゃんの姿がないですねー」

未央「んー、プレゼントもあるっぽいし、ヒントが解読できなかったのか」

藍子「それとも、別のところで誰かに会ったとかですかね?」

未央「さすがにここには来てくれると思うけど」

藍子「そのまま外に行っちゃったとか」

未央「そうだったらまずいねー」

飛鳥「やあ。二人とも」

未央「ん?おー、あすあすだー」

飛鳥「その呼び方はやめてくれないかい?」

藍子「飛鳥ちゃん。茜ちゃんを見ませんでしたか?」

飛鳥「茜さんかい?いや、見てないな。ちょっとコンビニまで行っていたから、建物内のことはわからないんだ」

未央「コンビニ?だったら外にもいないと」

飛鳥「通った範囲で、だけどね。いつものように走っていったならわからないさ」

14 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:06:44.17 ID:xEK+FAb00

藍子「んー、その可能性は低そうだけど……」

芳乃「茜さんならー、この建物の中にいますよー」

未央「あっ、よしのん」

芳乃「お疲れさまですー。……飛鳥さん、置いていくなんて酷いですよー?」

飛鳥「ちゃんと行く前に声はかけたよ?それでも煎餅に夢中だったのはキミじゃないか」

芳乃「むー」

藍子「お二人とも仲が良いんですね」

飛鳥「仲が良いというより、ボク的には懐かれたと言いたいけどね」

芳乃「私は飛鳥さんのペットではありませぬよー?」

未央「ねえねえよしのん。茜ちんがまだ中にいるってほんと?」

芳乃「はいー」

藍子「どうしてわかるんでしょうか?」

未央「やっぱりよしのんには不思議な力が」

芳乃「いえー、あちらにお姿がー」

未央「ん?」

15 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:07:54.48 ID:xEK+FAb00

茜「ボンバー!!!」

藍子「あっ、来ましたね」

茜「未央ちゃん!藍子ちゃん!先回りしてたんですね!!」

未央「いやー、先回りっていうか、追いかけてただけなんだけど」

茜「そうでしたか!飛鳥ちゃん、芳乃ちゃん!お疲れさまです!!」

飛鳥「おつかれさま。相変わらず元気だね」

芳乃「お疲れさまですー」

茜「もちろん元気ですよ!!」

芳乃「茜さんたちは何をー?」

未央「この建物の中にプレゼントを隠したから、茜ちんに探してもらってるんだよ」

芳乃「ほー」

飛鳥「今日は茜さんの誕生日だったね」

茜「はい!それでプレゼントを探していて、ここにあるんではないかと!」

藍子「それで、凛ちゃんにヒントを聞いた茜ちゃんを追いかけていたら、先に私たちがここについたってことです」

飛鳥「なるほどね」

芳乃「探し物ですかー」

未央「あっ、よしのんの得意分野じゃん!?」

16 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:09:17.55 ID:xEK+FAb00

茜「芳乃ちゃん!」

藍子「うわー。駄目ですよ茜ちゃん」

芳乃「ふむー。頼られれば答えたくなりますがー。では、少しだけー」

未央「あちゃー」

芳乃「茜さん、本当に大切な探し物は自分で見つけることに意味があるのですー。ぷれぜんとは大事ですがー、本当に大切なものは常に側にあるのですよー」

茜「ほう!」

藍子「これは……」

未央「何もわかってない顔だ!」

茜「つまり!この近くにあるんですね!」

未央「理解してないけど合ってる!」

藍子「なんだか、茜ちゃんらしいですね」

茜「あー!!!あれってプレゼントじゃないですか!?」

未央「ようやく見つけてくれたよ」

17 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:09:55.87 ID:xEK+FAb00

茜「はい!これはどっちのでしょう?」

未央「それは私が用意したやつだよー」

茜「未央ちゃんのですね!ありがとうございます!!」

未央「うんうん。どういたしまして!」

飛鳥「さて、それならボクは事務所に戻ろうと思うが」

藍子「そうでしたね。引き止めちゃってすみません」

飛鳥「なに、別に問題ないよ」

未央「あすあす、よしのんありがとね!」

飛鳥「だからそれはやめてくれ」

芳乃「ほー。ではー、私からもこんびにで買ったものですがー、おせんべいをー」

茜「ありがとうございます!」

芳乃「どういたしましてー。それでは飛鳥さんー、まいりましょー」

飛鳥「ん。行こうか」

18 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:10:44.24 ID:xEK+FAb00

未央「……あすあすとよしのん手繋いでたね」

藍子「意外と仲が良いんでしょうか?」

茜「微笑ましいですねぇ!」

未央「さて、それよりも茜ちん。プレゼント一つゲットだね!」

茜「はい!残りは藍子ちゃんのですね!」

藍子「そうですねー。ちゃんと見つけてくれるでしょうか?」

未央「さあ?茜ちんのことだからきっと見つけてくれると思うけど」

茜「まだヒントも何もないですからね!」

藍子「時間は残り……30分くらいですよ」

茜「見つけてみせます!」

未央「茜ちんがやる気に燃えている!まあ、私のも30分で見つけれたし、きっと大丈夫でしょ」

藍子「だといいんですけど……」

19 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:11:30.69 ID:xEK+FAb00

25分後

茜「見つかりません!!!!!」

未央「いろいろ探し回ったよねー」

藍子「はい。エントランスから屋上まで全部見たと思います」

未央「約30分で全部見れることに私は驚いたよ」

藍子「あはは……」

茜「藍子ちゃんのプレゼントがどこにもありません!!!」

未央「そもそもヒントくれる人がいなかったからねー」

茜「なんでいないんでしょうか!?」

藍子「そもそも、誰にも頼んでいませんからー」

茜「なんと!?ノーヒントで見つけないといけないんですか!!!」

未央「さすがの茜ちんでも、ここでギブアップかー?」

茜「いえ!最後まで諦めませんよ!!必ず見つけてみせます!!!」

20 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:12:21.65 ID:xEK+FAb00

藍子「でも残り5分切ってますよ?」

未央「一応時間になったら答えは発表するけど」

茜「自力で藍子ちゃんのプレゼントをもらうことに意味があるんです!」

藍子「これはー、どうしましょうか」

未央「さすがにノーヒントは難しいかな。ということで未央ちゃんから大ヒントだよ!」

茜「おおっ!!!」

未央「茜ちんはねー、あーちゃんのプレゼントにかなり接近してるよー?」

茜「なんと!この部屋にあるんですね!!」

藍子「始まったとき、何も確認しないで飛び出していきましたからね」

未央「そうそう。いきなりプロデューサーのところに行ったのは意外だったよね」

茜「どこにあるんでしょうか!……っ!」

未央「おっ?」

茜「藍子ちゃん!バッグの中を見ても良いでしょうか!!」

藍子「バッグですか?いいですよー」

茜「それでは、中を失礼しますね!」

21 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:13:08.03 ID:xEK+FAb00

未央「ふむふむ。カメラにアルバムにスケジュール帳に……」

藍子「未央ちゃん、中身を解説しなくて良いですから」

茜「……ありませんよ!?!?」

未央「あちゃー。最有力候補のあーちゃんのバッグも違いましたー」

藍子「そんなに難しいでしょうか……?」

茜「なんでないんですか!?藍子ちゃんからプレゼントもらいたいのに!!」

未央「おっ」

藍子「茜ちゃん、もう一度言ってもらえますか?」

茜「へ?」

未央「ほらほら、最後の言葉をもう一回!」

茜「えーっと?藍子ちゃんからプレゼントをもらいたい。ですか?」

藍子「はいっ。それでは、どうぞっ」

茜「……へ?」

未央「なーんと!あーちゃんのプレゼントは、あーちゃん自身が持っていたのでしたー!」

22 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:13:52.12 ID:xEK+FAb00

茜「……隠してないじゃないですか!?」

藍子「私は一言も持っていないなんて言ってませんよ?」

未央「隠したのは未央ちゃんだけだからねー」

茜「……騙されました!?」

藍子「騙したなんて……。少しだけ?」

未央「でも、あーちゃんのも隠してあるって思ったのは茜ちんだからなー」

茜「つまり、最初からすぐ側にあったってことですね!?」

藍子「はいっ。茜ちゃんが私にプレゼント欲しいって言えばあげるつもりでした」

茜「……してやられました!」

未央「時間も……ちょうど今で一時間だね」

藍子「ということで、茜ちゃん。プレゼント探しはクリアですねっ」

茜「なんだか納得がいきませんが、ありがとうございます!」

23 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:14:35.69 ID:xEK+FAb00

未央「もう開けてもいいんだぞー」

茜「急にドキドキしてきますね!……まずは先に見つけた未央ちゃんのから開けます!」

未央「どうぞー」

茜「……これは、シュシュですか!」

未央「うんうん。いつもポニーテールの茜ちんに未央ちゃんからのプレゼント!」

茜「ありがとうございます!さっそくつけますね!」

藍子「……わー!すごく可愛いですよ茜ちゃんっ」

未央「似合うねぇ。我ながら、良いセンス!」

茜「すっごく可愛いですね、このシュシュ!」

未央「そりゃあ、茜ちんが可愛いからね!」

茜「大切にします!」

未央「うん!大切にたくさん使ってね!」

茜「さて、次は苦労した藍子ちゃんのプレゼントですね!!」

藍子「そんなに難しかったかなー?」

24 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:15:33.51 ID:xEK+FAb00

茜「とっても難しかったです!……これは、何でしょう?お茶っ葉?」

藍子「そうですよー。お茶が美味しいカフェがあるんですけど、そこのグリーンティーを少し分けてもらいました」

未央「分けてもらうって、あーちゃんすごい……」

藍子「もちろん、お金は払ってますよ?」

茜「ありがとうございます!グリーンティーというと、抹茶ですよね?」

藍子「あっ、一般的には抹茶なんですけど、そこのお店のは緑茶なんです」

茜「ほう!」

藍子「抹茶もメニューにあるんですけど、結構濃い味で、飲むのが大変なので」

茜「いえ!そういうことでしたら嬉しいです!」

未央「茜ちんってよく麦茶飲んでるけど、緑茶も好きなの?」

茜「もちろんです!!お茶は何でも好きですよ!!!」

藍子「えへへ。それなら良かったですっ」

茜「はい!二人とも、素敵なプレゼントをありがとうございました!!」

未央「いえいえ!」

藍子「私もこの前もらいましたし、そのお返しですねっ」

25 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:16:10.77 ID:xEK+FAb00

茜「では!次は未央ちゃんにお返しする番ですね!」

未央「私の番だなんて。12月だし、もうちょっと先だぞー?」

藍子「もらったものの恩は忘れませんからっ」

茜「そうです!未央ちゃんにプレゼントを渡して、その次に藍子ちゃんに渡す!そうやって一年が回るんです!!」

未央「そっかー。じゃあ期待して待ってるよ!」

茜「はい!!!」

藍子「さて、ではそろそろ帰りましょうか」

未央「そうだね。ずっと茜ちんの誕生日を祝ってたいけど、帰りが遅くなっても困るからね」

茜「二人とも、本当にありがとうございました!」

藍子「どういたしましてっ」

未央「いいってことよー!」

茜「これからも一年よろしくお願いします!!」

藍子「それじゃあなんだか」

未央「お正月みたいだね!」

茜「はっ!?」

26 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/04(金) 22:21:44.50 ID:xEK+FAb00

終わりです。

茜ちん、誕生日おめでとう!

調べてなかったせいなんですけど、今日が誕生日ってことが完璧に抜け落ちていました。

無事に今日中に完成してよかったです。

ほとんど勢いとノリとテンションとファンファンのファンって感じで書きました。

けど書いててめちゃくちゃ楽しかったです。

それでは、読んでいただきありがとうございました。



今まで書いたポジパ

【モバマス】茜「藍子ちゃんの1日を」未央「体験しよう!」藍子「……え?」

【モバマス】藍子「未央ちゃんのお家に」茜「突撃です!!!」未央「待って!?」

【モバマス】未央「24時間耐久!」藍子「ランニング大会」茜「しませんよ!?」

【モバマス】 茜「海に!」未央「プールに!」藍子「行かせません!」

【モバマス】藍子「年に一度の」茜「藍子ちゃんの」未央「誕生日♪」



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】未央「探せ!」藍子「プレゼントを」茜「置いてきた?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501851169/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story(初回限定生産)[Blu-ray]
日本コロムビア (2017-08-30)
売り上げランキング: 56

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19395-7ff2f29d