ヘッドライン

輝子「シャイニングゥ!」奈緒「ゴッデス!」美波「ミナミィ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501688456/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 00:40:56.64 ID:npUEYpTK0

速水奏「……っていうユニット、どうかしら?」


新田美波「ま、待って!? とりあえず、いろいろと整理させてもらってもいいかな!?」




・「アイドルマスター シンデレラガールズ」のSSです
・一部キャラクター崩壊の恐れがあります。予めご了承ください

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 00:42:25.76 ID:npUEYpTK0
美波「急に『二人に合わせてみて』って言われたから、とりあえずやってはみたけれど……」

美波「えっ、何? シャイニング……何!?」

奏「何って、ほら」

星輝子「シャイニングゥ!」


神谷奈緒「ゴッデス!」





美波「……え、えぇっ……!?」

輝子・奈緒「……」ジー

美波「ぁぅ…………み、ミナミ!」

奏「そういうことよ」

美波「どういうことなの!?」

奏「そこまで狼狽えるものでもないと思うけど。私の考えなんて、単純なものよ。ねぇ?」

奈緒「なあ」

輝子「あぁ……」

美波「えぇー……?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 00:43:45.30 ID:npUEYpTK0
美波「……あっ、思い出した! シャイニングゴッデスって、あの時……楓さんや川島さんと一緒にお仕事した時の!」

奏「ええ、そうね。あの経験は、とても有意義だったわ」

美波「確かに、大人組はもちろん、奏さんや涼ちゃんからも色々なことを学んで……」

美波「……って、そうじゃなくって!」

美波「奏さんったら、まだあの時のネタでからかうつもりなんですかっ!?」

奏「からかうだなんて、とんでもない」

奏「私はただ、あの時側で感じた貴女の輝きを、もっと多くの人に知ってもらいたいと思って、こうして提案しているだけよ」

美波「だ、だからって……」

美波「シャイニング、だとかゴッデス、だとか……恥ずかしいっていうか、私には分不相応だわ」

奏「うふふ。謙遜しちゃって」

輝子「フヒ……美波さんは、いつもキラキラしてるからな」

奈緒「それな。女神! って感じするよ」

美波「もう、輝子ちゃんに奈緒ちゃんまで……」

奏「あら、もてるのね美波。妬けちゃうかも」

美波「そ、そんなんじゃありませんってば!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:08:18.23 ID:npUEYpTK0
輝子「……もしかして……」

美波「えっ」

輝子「美波さんは……私たちと一緒にユニットやるの、嫌……かな?」

美波「!!?」

輝子「そ、そうだよな……。奈緒さんはともかく、私みたいな、ボッチで暗い子なんて……相手してもらえない、か。フヒ」ズーン

奈緒「お、おい輝子! しっかりしろ!」

美波「そ、そうよ! 私は、みんなと……輝子ちゃんとも、一緒にお仕事してみたいって、思ってる!」

輝子「お、おぉ……?」

美波「だって私、知っているもの! 輝子ちゃんの可愛いところも、カッコいいところも! ステージの上で、どれだけキラキラしてるかってことも!」

美波「そんな輝子ちゃんと、もし並んでステージに立てるなら、私も嬉しいな!」ニコ

輝子「あぅ……そ、そんなに見つめないでくれ……眩しくて目が眩みそうだ……///」

奏「うーん、さすがシャイニングゴッデス美波ね」

奈緒「その瞳は見る者全てを浄化し、その微笑みは見る者全てを虜にする、か……恐るべし、だな」

美波「ちょっと奈緒ちゃん? やめてよ、そんな大仰な表現するのっ」

奈緒「って、こないだアーニャが言ってた」

美波「アーニャちゃんっ!?」

輝子「シャイニングゥゥ!」

奈緒「ゴッデスッ!」

美波「ミっ……あぁ、もう! 乗せようとしないのっ!」

奈緒「惜しいっ」

美波「ふぅ……そもそもそれって、もとは二人と智絵里ちゃんとのユニットの自己紹介じゃなかった?」

美波「私がどうこうって言うより前に、智絵里ちゃんの気持ちも考えるべきじゃないかしら?」




美波「というか、智絵里ちゃんさっきからずっとここにいるのよ!?」

緒方智絵里「……」チョコン


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:16:13.43 ID:npUEYpTK0
美波「ねぇ、智絵里ちゃん。ユニットで一人だけのけ者にされるの、嫌じゃないの?」

智絵里「あっ……いえ、その……私なんかよりも、美波さんのほうがステキで、輝いてて……このユニットには相応しいと思うから……」

美波「もうっ! 智絵里ちゃんまでそんな謙虚なこと言って……」

奏「だって、目の前に女神のような存在がいるんですもの。誰だって謙虚にもなるわよ」

奈緒「女神のようなっていうか、女神そのもの?」

美波「ちょっとっ、私、女神とかじゃないから! 人! 人だから!」

奈緒「つーか、別にシャイニングゴッドチェリーを解散するとか、そういう話じゃないしな」

輝子「あぁ……ユニットの掛け持ちは、よくあることだしな」

奏「輝子なんて、特にいろいろと引く手数多だものね」

美波「そうだけど……そうだけどっ!」

輝子「フヒ……だから、美波さんにはこのユニットのセンターとして、最高のきらめきを見せてほしい……」

奈緒「だな。あたし達に美波のバックが務まるかは不安だけど……精一杯頑張るからさ」

美波「……え? 待って。私がセンターなの?」

奈緒「そりゃそうだろ」

奏「そりゃそうよね」

輝子「むしろ、私たちはオマケみたいなものだな……」

美波「えええっ!? そ、そんなこと言わないで! せめて対等にいきましょう! ねっ!?」

奈緒「いやいやいや! 女神と対等だなんて、そんな恐れ多い!」ブンブン

美波「ああっ、また女神って言った!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:19:38.96 ID:npUEYpTK0
美波「私、そんなに女神女神してるかな? ねぇ、どのあたりが女神なの?」

奈緒「えー? まず、大人っぽいところだろ?」

奏「シャイニングアダルトね」

奈緒「ろ、露出の多い衣装なんかもカッコよく着こなすしさ」

奏「シャイニングセクシーね」

輝子「ああ……いつも綺麗で……目を奪われる……」

奏「シャイニングビューティね」

奈緒「電気タイプのジムリーダーかな?」

美波「なんでもかんでもシャイニング付けるのやめてくれない!?」

奏「あら、シャイニングツッコミ?」

美波「だから!」

輝子「シャイニングゥゥ!」

奈緒「ゴッデスッ!」

美波「ミナミ!!」

美波「……じゃ、なくてっ!!」

美波「時々アイキャッチみたいに会話に混ぜてくるの、何なの!?」

奈緒「こうやってアピールすれば、ファンにも名前を憶えてもらいやすくなるだろ?」

美波「むしろ私に刷り込ませようとしてない……?」

奏「サブリミナミね」

美波「奏さん! 私の技みたいにしないで!」

奈緒「だって、美波にはファンを虜にする99の必殺技があるとか」

美波「な、何その凄い設定!?」

奈緒「って、こないだアーニャが言ってた」

美波「アーニャちゃんっ!?」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:21:19.15 ID:npUEYpTK0
輝子「フヒ……みんな、美波さんに、首ったけ……」

輝子「あ。ちなみに、首ったけの『タケ』は、キノコとは関係、ないよ」

美波「わ、私も! 私と女神は何の関係も無いから!」

奏「美波が女神じゃないっていうなら、誰が女神だって言うのよ」

美波「えぇと……あ! ほら、楓さんとか!」



高垣楓「呼びましたか?」ヒョコ


奏「あら、噂をすれば」

楓「うふふ。私にも、美波ちゃんは眩しすぎて……目がみ、えなくなりそう」

奏「ほら、楓さんもああ言っているじゃない」

美波「それただダジャレ言いたかっただけですよね!?」

輝子「……足湯で疲れを、フットバス……なんちゃって」ボソ

奈緒「なんか輝子が対抗しだした」

奏「そもそもよ、美波」

奏「ヴィーナスの名を冠したソロ曲を持っていて、ユニットでは神話のヴァルキュリアをモチーフにした歌を歌って……」

奏「そういうイメージを持たれない方がおかしいと思わない?」

美波「あぅっ……そ、それは、プロデューサーさんの方針で……」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:27:51.14 ID:npUEYpTK0
奈緒「そういう方針がまかり通ること自体、美波がゴッデスしてる証拠だよ」

美波「その動詞、初めて聞くんだけど」

奏「知ってる? 美波がいつも使っている更衣室のロッカー、『神棚』って呼ばれてるのよ」

美波「それも初耳ですけど!」

輝子「あと、うちの事務所のPC……『めがみ』で『新田美波』に変換出来るように辞書登録されてるって、ちひろさんが……」

美波「知らないところで私の神格化が進んでるんですけどぉー!?」

輝子「……な、なんか、リアクションが乃々ちゃんみたいになってきた、な……」

美波「変に崇められるくらいなら、机の下で静かにしてようかな……」

奈緒「乃々のサンクチュアリが、ガチの聖域になっちまうな」

奏「むしろ神域よね。神の領域」

美波「うぅ……逃げ場が無い……私は、ただの人でありたいのに……」

奏「あら、急にポエミーなことを」

奈緒「でもさ、ただの人じゃ締まらなくないか?」

美波「締まらないって……何が?」

輝子「シャイニングゥゥ!」

奈緒「ひと!」

美波「ミナミっ!」



奈緒「……な?」

美波「あのね奈緒ちゃん。そうじゃなくて」

美波「その名乗りをするのが前提じゃなければ、シャイニングについても前提じゃないの」

奏「そう言いつつ、もう乗っかることには抵抗は無さそうね」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:31:25.19 ID:npUEYpTK0
輝子「名乗る必要が無い……そうか。その姿を見せるだけで、ファンたちは全てを理解する、と……」

奈緒「なるほど……その神々しさ溢れるオーラの前には、言葉なんか不要ってことか……!」

美波「違うの! 言葉大事! 意思疎通はしっかりと!」

奏「ふふっ、心配しないで。真に想い合う間柄なら、言葉なんて無くても通じ合えるはずよ」

美波「今この瞬間、みんなと通じ合えていないんだけど……」

輝子「大丈夫……みんな、美波さんのことを信仰してる……」

美波「信頼の間違いよね? そうよね?」

奈緒「美波なら、トップ女神になれるよ!」

美波「トップアイドルみたいに言わないで!」

輝子「シャイニングゥゥ!」

奈緒「ゴッデスッ!」

美波「ミナっ、みません!」

美波「ああもう、ミナみませんって何!?」

奏「ちょっと、落ち着きなさいよ。ほら、神呼吸でもして」

美波「漢字!!」

輝子「まさに、ゴッドブレス……」

奈緒「美波の吐く息は、人々に幸運と活力を与えるんだよ」

美波「そんなわけないでしょっ! ただの二酸化炭素ですっ!」

奈緒「って、こないだアーニャが言ってた」

美波「アーニャちゃんっ!?」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:34:48.74 ID:npUEYpTK0



美波「……はぁ、はぁ……お願い、もうやめにしない?」

美波「ユニットで活動したいって言ってくれるのなら、それは喜んで参加させてもらうわ。……だから、女神とかじゃなくて、仲間として、ね?」ナミダメ

輝子「うぅ……そんな顔で言われちゃ、な……」

奈緒「まぁな。……どうだ? 言い出しっぺの奏?」

奏「ふふ。仕方ないわね」

美波「みんな……!」パァァ

奏「それじゃあ、改めて……」



奈緒・輝子・奏『よろしく、美波様!』

美波「様付けしないで!!」



おわり

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/03(木) 01:39:26.32 ID:npUEYpTK0

以上、お付き合いありがとうございました。
たまには頭真っ白にして好き勝手書きたくなることもあるのです。夏だし。


前作
キャンディアイランドのとにかく毒にも薬にもならないおしゃべり

も、よろしければどうぞ。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 輝子「シャイニングゥ!」奈緒「ゴッデス!」美波「ミナミィ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501688456/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS MASTER SEASONS SUMMER!
ゲーム・ミュージック
日本コロムビア (2017-08-09)
売り上げランキング: 95

コメント
7856: 2017/08/03(木) 13:09
テンポが良い
7859: 2017/08/03(木) 20:13
美波は女神だから仕方ない
7861: 2017/08/03(木) 22:36
美波さんは存在がセックス女神だからね。仕方ないね
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19368-887dcbec