ヘッドライン

【艦これ】霜月に降る初雪と

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480254049/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:40:50.54 ID:Veu3Xsf20

初雪「……さむい」

布団の中で目覚めて開口一番、初雪はそう呟いた。

既に同室の住人はいないようだ。そのせいか、部屋の中はやけに静かに感じられる。

しばらくして、部屋の外から話し声が聞こえて来たかと思うと、ガチャリと部屋の扉が開かれた。

吹雪「あ、おはよう初雪ちゃん」

白雪「おはようございます」

初雪「……おはよう」

かけ布団から頭だけを出した状態で、初雪は挨拶を交わす。起きようとする気配すら感じられない。

二人は厚手の防寒着にマフラー、手袋、耳当てと、万全の防寒態勢。

吹雪「雪が降ってるんだよ! 初雪だよ、初雪!」

上着を脱ぎながら、吹雪が興奮した様子で話す。その服に、雪がちらほら付いているのが見える。

初雪「……初雪?」

カーテンが開かれた窓から外を窺うと、白い雪がしんしんと降っていた。外一面雪景色だ。

初雪「……どおりで寒い訳だ」

そう言って、頭の上まで布団を被る。

吹雪「ちょっと初雪ちゃん! もう起きないとダメだよ!」

白雪「頑張って起きてください!」

姉二人の必死の説得に、初雪は重い体を起こす。というのも、毎朝毎朝いつものことなのではあるが。今日はそれに加えて、寒さが身に凍みる。



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:42:29.52 ID:Veu3Xsf20

深雪「おっ、おはよう初雪」

叢雲「おはよう。……初雪、あんたいつもに増して酷い顔ね」

磯波「おはようございます」

部屋を出てすぐ、隣の部屋から出てきた吹雪型の妹たちと鉢合わせた。

初雪「……おはよう」

深雪「今日は初雪だぜ! 初雪!」

いつも元気のいい四番艦は、早すぎる降雪にも大喜びのようである。

叢雲「降るとは言っていたけど、まさか本当に降るとはね……」

磯波「びっくりですよね……」


季節外れの初雪に、艦娘たちは浮かれているようだった。食堂でも、今日は雪遊びしようとか、寒いから部屋でゆっくりしたいとか、そんな話ばかり飛び交っていた。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:44:18.94 ID:Veu3Xsf20

深雪「なあ初雪。せっかくだし、一緒に外で遊ばない?」

初雪「あー、……パス」

深雪「……そっか」

初雪「……じゃあ」スタスタ

深雪「…………はー」


初雪は、しばらく一人部屋にいたのだが、そのうち部屋にいるのにも飽きてきたので、特に行くあてもなく部屋を出た。


廊下を歩いていると、外から雪にはしゃぐ声が聞こえてくる。

少し羨ましいような、そんなもどかしい気持ちに苛まれる。が、そんな気持ちを胸の奥に無理やり押し込めながら、一人窓の外を見ていた。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:45:50.13 ID:Veu3Xsf20

そうして、窓の外に降る雪をぼんやり眺めていると……。

提督「おっ、初雪」

初雪「……司令官」

提督「よっ。雪見か?」

初雪「……うん。司令官は? サボり?」

提督「失敬な。仕事ならちゃんと終わらせたぞ」

初雪「……そう」

提督「……今日は寒いな。もう冬って感じだ」

初雪「そもそも、十一月に雪が降るなんておかしい」

提督「まあ、そう言うなって。……俺は嫌いじゃないな。この季節に降る初雪も」

初雪「……ん」

提督「……外、出てみないか? 見てるだけじゃなくてさ。他の娘は楽しく遊んでるぞ」

初雪「……絶対寒いし、ヤダ」

提督「……俺は行くぞ」

そう短く言うと、提督は一人駆け出した。

提督「ああっ! さ、寒い!!」

初雪「…………」

初雪はその場から逃げるように立ち去ろうとしたが、少し思い直して自分の部屋に足を向けた。

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:47:12.02 ID:Veu3Xsf20

初雪「……やっぱ寒い」

はあ、と息を吐くと、煙のように白く色づいてふっと霙雪の中に消えていった。

提督「とりゃあ」

と叫び声が聞こえた直後、ぼふっと顔に何かがぶつかった。それからワンテンポ遅れて、冷たさがじんわりとやってくる。

提督「ふははー。どうだ初雪!」

既に防寒態勢を整えていた提督はそう言いつつ、次弾装填済みである。

提督「いくぜ――ボホッ」

今度は、提督の顔に雪玉がぶつかった。

深雪「深雪さま参上! 大丈夫か、初雪?」

初雪「……深雪」

提督「……新手か。やってやるぜ――ゴホッ」

バスバスと複数弾が顔に着弾。

吹雪「やった!」

夕立「決まったね!」

睦月「にししー」

初雪「……ふふふ」

提督「……いいだろう。まとめてかかってこい!!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:49:28.12 ID:Veu3Xsf20

各々別々の場所で遊んでいた娘たちも集まってきて、雪合戦が始まった。


島風「みんなおっそーい」

天津風「……あんたそれで寒くないの?」

雪風「それっ!」シュッ

不知火「」バスッ

不知火「……ふふふ。不知火を怒らせたわ――」

時津風「それー」シュッ

不知火「――ぬい」バスッ

清霜「それー!」シュッ

深雪「とりゃあ!」シュッ

涼風「てやんでぇー!」シュッ

提督「もうやめてくれー!!」バスバスバス

初雪「…………」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:50:27.50 ID:Veu3Xsf20

提督「はあー、楽しかった」

初雪「……司令官、子供みたいだった」

提督「はっはっは。何事も楽しまなくちゃあな」

初雪「……」

提督「こういうのもさ、悪くないだろ?」

初雪「……」フイ

吹雪「さっ、初雪ちゃんも一緒にやろうよ」

白雪「きっと楽しいですよ」

初雪「え、えっと……」

提督「……行って来い。ほら」

提督は自分のマフラーを外すと、初雪の首にかけた。

初雪「……ん、ありがと」

そう言うと、初雪は駆け出していった。


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:51:49.58 ID:Veu3Xsf20

叢雲「あんたって、ほんと世話焼きよね」

提督「そうか?」

叢雲「どっからどう見てもそうでしょうが」

提督は少し考えた後、ふと言った。

提督「……多分、俺とあいつが似てるから、かな」

叢雲「……ふーん」

叢雲(なんとなくわかるような……)


初雪(司令官……ありがと)ギュッ

深雪「深雪スペシャル! いっけー!!」シュッ

初雪「わぷっ! ……やったな」シュッ

深雪「ははは!」バスッ

深雪(司令官……サンキューな!)

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:53:23.41 ID:Veu3Xsf20

   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

カーテンの隙間から射す朝日が、容赦なく初雪を襲う。

かと思えばサッとカーテンが開かれ、その光は一気に凶暴性を増した。

吹雪「初雪ちゃん起きて! 朝だよ!」

初雪「うう……もうちょっと」

そう言いながら布団にもぐる初雪。

白雪「起・き・る!!」バサッ

初雪「……うう……」

掛け布団を失ってはどうしようもないというふうに、重い瞼を擦りながら、初雪は体を起こした。

吹雪「今日は出撃があるんだから、シャキッとしないと!」

初雪「……え?」

白雪「もう、忘れていたんですか?」

初雪「……うん」

白雪「……」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:54:56.68 ID:Veu3Xsf20

深雪「みんな、おはよう!」

叢雲「おはよう」

吹雪「うん、おはよう」

磯波「おはようございます。今日はいい天気ですね」

白雪「おはようございます。そうですね」

叢雲「昨日雪が降ったなんて嘘みたいよね」

初雪「……おはよう」

吹雪「さあ! 今日も一日頑張ろう!」

吹雪型一同「おー!」

初雪「……おー」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 22:58:11.80 ID:Veu3Xsf20

ローマに良く似た雪だるまが、日の光に当てられて溶けていた。

昨日とは打って変わっての快晴だ。その眩しいほどの光に、初雪は溶けるんじゃないかとさえ思った。


叢雲「何言ってんのよ」

吹雪「さあ、みんな行くよ! 第十一駆逐隊、吹雪! 出撃します!」

初雪「……」チラ

提督「……」フリフリ

初雪「……」ドキ

初雪(私だって、本気を出せばやれるし)

初雪(だから……見てて)


吸い込まれそうなほど蒼い空の下、彼女たちは漣立つ海に飛びだしていった。

少し早い初雪は、まだ溶けきっていない。



 終わり

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 23:07:52.58 ID:Veu3Xsf20
明日から本気出すと言い続けて今日に至った訳ですが、気付けば初雪溶けきっちゃってますね。

読んでくださった皆様、ありがとうございます。

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/28(月) 01:08:53.55 ID:xJH8xyW0o
おつー
初雪かわいいよね



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【艦これ】霜月に降る初雪と
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480254049/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19353-6480ff0f