ヘッドライン

モバP「フリーハグだァッ!! ぐへへへへ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501230119/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:22:00.02 ID:gOKOXAOSo

P「"温もり"ですよ"温もり"!」

P「現代人は温もりを求めているんです!」

P「おわかりですか、ちひろさん」

ちひろ「はい?」




2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:22:59.61 ID:gOKOXAOSo


P「こちらをご覧ください」

P「昨日夜なべして作ってきました」

ちひろ「……」

ちひろ「なんですかこれ、プラカード?」

ちひろ「これがどうかしたんですか」

P「なんて書いてあるか、読んでみてください」

ちひろ「ええと……」

ちひろ「"FREE HUGS"?」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:23:46.50 ID:gOKOXAOSo

P「その通り!」

P「ちひろさんも聞いたことがあるんじゃないですか」

P「もしくは街中で見かけたことがあるかもしれませんね」

P「フリーハグってやつです」

P「自由にハグしていいよっていうサインですね」

ちひろ「……」

ちひろ「まさか」

P「そう、そのまさかです」

P「やりますよ、俺は」

P「アイドルのみんなに、"温もり"ってやつを届けてやりますよ」

P「今日一日限定で、フリーハグ、やってやりますよ!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:24:46.54 ID:gOKOXAOSo

ちひろ「……」

ちひろ「Pさん」

P「はい」

ちひろ「セ」

P「セクハラだって言いたいんでしょう!」

P「断じて違いますよ!」

P「よく見てください、"フリー"ハグなんです」

P「つまり、俺はハグを強要するわけじゃないんです」

P「ただフリーハグというプラカードを掲げるだけです」

P「その上でするしないは相手の自由!」

P「ノットセクハラ、OK?」

ちひろ「……」

ちひろ「わかりました」

ちひろ「限りなく黒に近いグレーだと」

P「おわかりいただけましたか」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:26:26.63 ID:gOKOXAOSo

ちひろ「まあ、Pさんが奇行に走るのは」

ちひろ「今に始まった話ではないですし」

ちひろ「今回のだって、別に止めはしませんけどね」

P「さっすがちひろさん」

P「話がわかるゥ!」

ちひろ「ただ、騒ぎになったら困るので」

ちひろ「一つだけ制限させてください」

P「はい?」

ちひろ「絶対に私の目の届かない場所ではやらないこと」

ちひろ「特に事務所の外でハグするとかはやめてください」

P「変に噂になったら困りますしね」

P「了解しました」

P「じゃ、この部屋の中でだけやることにします」

P「プラカードはこの辺に立てかけておきますか」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:27:38.17 ID:gOKOXAOSo

ちひろ「そもそもの話」

ちひろ「誰がやってくれるんですかね?」

ちひろ「Pさんとハグしたいなんて人、いないんじゃないですか」

P「う」

P「い、いますよきっと」

P「というか、いてほしい」

ちひろ「いやーどうですかね」

ちひろ「魂胆みえみえですからね、こんなの」

ちひろ「ひっかかってくれる奇特なアイドルがいるかどうか」

P「誰もやってくれなかったら」

P「めっちゃ滑ってる感じになって悲しいですね」

P「頼む、誰かハグしてくれる優しい人――」

P「具体的にはキュートのアイドルとか来てくれ! 頼む!」

ちひろ「清々しいくらい欲望に忠実ですね……」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:28:14.99 ID:gOKOXAOSo


ガチャッ


凛・奈緒・加蓮「「「おはようございまーす」」」


P「げっ」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:29:02.76 ID:gOKOXAOSo


ちひろ「おはようございます」

ちひろ「今日はそろっての出勤なんですね」

凛「三人で合わせのレッスンがあるので」

奈緒「ちょっと早めに着いちゃったけどな」

加蓮「ていうか今」

加蓮「Pさん"げっ"って言ったよね?」

加蓮「何? アタシたちが来ちゃダメなことでもあった?」

P「いやいやそんなまさか」

P「めっそうもございません」ササッ

奈緒「……怪しすぎるな」

加蓮「なんか隠してるよね」

加蓮「凛!」

加蓮「Pさんの後ろ!」

凛「うん」

スッ

P「あ、ちょっ」

サッ

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:29:57.79 ID:gOKOXAOSo

凛「……? 何、これ」

奈緒「プラカード?」

奈緒「えーっと」

奈緒「"ふりーはぐず"? でいいのかな?」

加蓮「あー知ってる! これ!」

加蓮「持ってる人見たことある!」

奈緒「何なんだ、これ?」

加蓮「凛も知ってるでしょ? 駅前とかにいるもん、たまに」

凛「うん」

凛「誰もやってなかったけどね」

奈緒「え? 凛も知ってるのか?」

加蓮「でも待って、Pさんがこれを持ってるってことは」

加蓮「ひょっとして……」

凛「……」ジー

P「凛」

P「その視線キツい」

奈緒「なあ、ちょっと」

奈緒「さっきからあたしだけ蚊帳の外なんだけど!」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:30:52.35 ID:gOKOXAOSo

加蓮「奈緒、つまりね」

加蓮「Pさんは今、ハグし放題なんだってさ」

加蓮「それで合ってる? Pさん」

P「……はい」

P「絶賛ハグし放題にございます」

奈緒「ハグ?」

加蓮「抱きしめることだよ」

加蓮「奈緒、よかったじゃん」

加蓮「Pさんにハグしてもらったら?」

奈緒「……は?」

凛「フリーハグって、そういう意味だよ」

奈緒「いやいや、意味は分かったけど……」

奈緒「……」

奈緒「いやいやいや!」

奈緒「ちょっと待て! おかしいだろ!!」

奈緒「それセクハラだろ!! 何やってんだよPさん!!」

P「言うと思った」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:31:47.11 ID:gOKOXAOSo

P「大丈夫、やるやらないは君らの自由だから」

P「別にこれ強制じゃないから」

P「だからセクハラじゃないんですー」

奈緒「ええ……なんだその屁理屈」

加蓮「いいじゃん奈緒、やってもらいなよ」

加蓮「Pさんもきっと喜ぶよ」

奈緒「ないないない!」

奈緒「ぜっったいやらないからな!!」

奈緒「だいたいPさんとハグなんて」

奈緒「どこ触られるかわかったもんじゃないだろ!」

凛「……ただハグするだけじゃないの?」

P「基本的にはそうだな」

P「俺はマネキンのように突っ立ってるだけで」

P「あとはハグするほうでお好きにどうぞ、てな具合だ」

凛「だってさ、奈緒」

奈緒「"だってさ"、じゃないよ!」

奈緒「なんであたしがやるみたいな流れになってるんだよ!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:32:33.08 ID:gOKOXAOSo

加蓮「え、むしろやらないの?」

加蓮「こんな機会、めったにないんだよ?」

奈緒「は、はあ?」

P「そうだぞ」

P「今日一日の限定だからな」

加蓮「だってさ」

加蓮「これを逃したら一生ハグできないかもしれないよ?」

加蓮「奈緒、それでもいいの?」

奈緒「う、え……」

奈緒「……」

奈緒「いやいやいや!!」

奈緒「だまされないぞ! その手には乗らないからな!」

奈緒「あたしはやらない! やらないってもう決めたから!!」

P「そっか……」

P「俺と奈緒との絆は、そんなもんだったか……」

奈緒「え、ちょ、おい」

奈緒「そ、そんながっかりしなくても……」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:33:25.09 ID:gOKOXAOSo

加蓮「(Pさん、いけそうだよ!)」

凛「(後一押しすれば落ちるよ、きっと)」

P「(よっし、まかせろ)」

奈緒「だああ! 何目配せしてんだ三人とも!」

奈緒「もー決めた! 何があってもやらない!」

奈緒「天地がひっくり返ってもやらないから!!」

奈緒「さ、行くぞ二人とも! レッスンだレッスン!」

加蓮「あらら、残念」

凛「うまく行きそうだったのにね」

P「なんかちょっとショックだわ」

奈緒「ったく、もう!」

加蓮「……」

加蓮「ね、Pさん」

加蓮「アタシたちの前に、もうハグした人っていた?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:34:10.04 ID:gOKOXAOSo

P「ん?」

P「いや、誰もいないけど」

加蓮「ふーん……」

P「なんかあった?」

加蓮「Pさん、そこ立って」

P「?」

加蓮「いいから立つの!」

P「は、はい、立ちました」

加蓮「ばんざーいってして」

P「ばんざーい」ヒョイ

加蓮「誰もいないんだよね」

加蓮「いままでハグした人」

P「うん」 


ギュッ


P「!」

凛「!」

奈緒「!!」

加蓮「じゃ、アタシが一番乗りだ♪」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:35:34.56 ID:gOKOXAOSo

奈緒「ちょ、ま、かれ……!」

凛「……」

加蓮「なーに? 二人とも」

加蓮「別にアタシがやってもいいんだよね?」

加蓮「だってフリーハグだもんねー」

P「う、うむ……」

加蓮「それにこのまま誰にもハグされなかったら」

加蓮「Pさんかわいそうでしょ?」

加蓮「だったらちょっとくらい、いい思いをさせあげたいじゃない?」

P「ど、どうも……」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:36:28.30 ID:gOKOXAOSo

加蓮「それでどう? Pさん」

加蓮「ファーストハグの感想は」

P「あの……」

P「たいへん情けないことに」

P「体が緊張して動けないです」

P「銃口を突きつけられたみたいになってる」

加蓮「ふふっ、体硬くなってるよね」

加蓮「いいよ、腕降ろしても」

加蓮「せっかくなんだから、もっとリラックス、しよ?」

P「……うむ」

スッ

P「……」

加蓮「落ち着いてきた?」

P「ああ」

P「びっくりした」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:37:27.55 ID:gOKOXAOSo

加蓮「他に感想は?」

P「他?」

加蓮「ハグされてるのに、何もないの?」

P「……」

P「加蓮、いい匂いがするな、と」

加蓮「んふふ、そうでしょ」

加蓮「アタシもPさんの匂いがするよ」

P(臭くないだろうか……)

加蓮「他は?」

P「他は……」

P「密着してる部分が熱いな、って」

P「腰に回してる手の部分とか……」

加蓮「……うん」

加蓮「アタシも何か、熱くなってる」

加蓮「でもあんまり嫌いじゃないかも」

加蓮「むしろ落ち着く感じ」

P「……確かに」

加蓮「……」

P「……」


ギュー


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:38:19.55 ID:gOKOXAOSo


奈緒「ど、どーすんだよ、凛!」

奈緒「完全に二人の世界になってるじゃんか!」

凛「奈緒、落ち着いて」

凛「……ねえ加蓮、そろそろいいんじゃない?」

加蓮「……んー? ふふっ、そう?」

加蓮「じゃあPさん、名残惜しいけどここまでね」

加蓮「これ以上やると、二人が怖いもんね」

パッ

P「……ぶはー」

P「なんかめっちゃ疲れたような」

P「反面、癒されたような……複雑な心境だ」

加蓮「でも、良かったでしょ?」

P「……うす」

P「たいへん助かりました」

P「このままだとハグ0ってこともありえたからな」

加蓮「ふふっ、どーいたしまして」

加蓮「またいつかやろーね」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:39:18.11 ID:gOKOXAOSo

奈緒「あ、あのなあ加蓮!」

加蓮「さーさー二人とも、レッスンの時間だよっ」

加蓮「それともどうする? 二人もPさんとハグしていく?」

奈緒「えっ」

凛「……ううん、私はいいかな」

加蓮「へー」

加蓮「凛はいいんだ、意外」

加蓮「じゃ奈緒だね」

奈緒「だ、だからあたしは……っ!」

加蓮「まーまー、そんなたいしたものじゃないって」

加蓮「海外で挨拶するときとかよくやってるし」

加蓮「それにけっこう癒されるよ?」

加蓮「Pさん、なんかおとなしい熊みたいだったし」

P「熊て」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:40:07.76 ID:gOKOXAOSo

奈緒「う……」

加蓮「(ほら、Pさん!)」

P「(え?)」

加蓮「(どーみても奈緒迷ってるでしょ!)」

加蓮「(今がチャンスだって!)」

P「……ええと」

P「奈緒、あのー、なんだ」

P「俺本当に、全然動かないからさ」

P「人形かなんかだと思ってくれていいんで」

P「軽い気持ちで、どうぞよろしくお願いします」

奈緒「……Pさんは、どーなんだよ」

P「俺?」

奈緒「その、あたしに、だ、抱きしめられるとか」

奈緒「Pさん、イヤじゃないのかよ?」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:41:02.13 ID:gOKOXAOSo

P「……」

P「いや、普通に嬉しいけど……」

奈緒「そ、そうなのか?」

P「奈緒に抱きしめられるとか」

P「どんなご褒美だよって思っちゃうわ」

奈緒「そ、そっか……」

加蓮「いっちゃえいっちゃえ」

奈緒「ああもうっ! 加蓮はうるさい!」

加蓮「はーいっ♪」

奈緒「じゃ、じゃあ……」

奈緒「Pさん、ば、ばんざーいってして、くれる?」

P「はい」

ヒョイ

P(これ毎回やんのかな)


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:41:55.07 ID:gOKOXAOSo


奈緒「よ、よし」

奈緒「Pさん絶対動くなよ、絶対だぞ!」

P「ハイ」


奈緒「……」スーハースーハー

加蓮「(深呼吸してる)」

凛「(かわいい)」


奈緒「い、いくぞっ!」

奈緒「っ!」


ガバッ


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:42:49.35 ID:gOKOXAOSo


P「……」

奈緒「……」


ギュー


P(これは……)

P(ハグというか……)

P("しがみつかれてる"って感じだ)

奈緒「~~っ!」


ギュウゥ


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:43:25.35 ID:gOKOXAOSo

加蓮「なーおー」

加蓮「それじゃ意味ないでしょー」

加蓮「もっとこう、腕を背中に回して」

加蓮「ぎゅーっとやんないと、ぎゅーっと」

凛「今のだと、ただ寄りかかってるだけだね」

奈緒「む、無理! もう無理!」

奈緒「限界! これが限界っ!!」

奈緒「は、は、恥ずかしすぎる…っ!」


ギュー


P「ぐええ」

加蓮「おお」

凛「力はいったね」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:44:06.04 ID:gOKOXAOSo

P(……いかん)

P(奈緒の頭が、目の前に)

P(髪の毛、すっごい近い)

P(なんだろう)

P(めっちゃ、なでたい……)

P(でも、勝手になでるのはNGだったハズ)

P(くそっ、俺の両手はどこに置けば……っ)

P「~~っ」

奈緒「~~っ」

加蓮「なんか、二人とも悶えてるね」

凛「あんまり癒されてないっぽいね」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:45:09.18 ID:gOKOXAOSo


ガバッ


奈緒「ぶはっ!」

加蓮「あ、離れた」

奈緒「はー、はー……」

凛「奈緒、大丈夫?」

加蓮「肩で息してるけど……」

奈緒「だ、大丈夫……」

奈緒「ちょっと、息止めてただけだから……っ」

加蓮「そ、そんなに?」

P(危なかった)

P(こっちはこっちで誘惑に負けるところだった)

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:45:39.19 ID:gOKOXAOSo

加蓮「ちょっと不安ですが」

加蓮「感想聞いてみましょう」

加蓮「奈緒、どーだった?」

奈緒「いや、あの、ゴメン」

奈緒「全然覚えてない」

奈緒「とにかく恥ずかしかった……」

凛「だと思った」

P「なんか、悪いことしたな」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:46:24.25 ID:gOKOXAOSo

奈緒「いや、Pさんが謝ることじゃないけど!」

奈緒「だけどなんていうか、こういうのは慣れが必要っていうか!」

奈緒「い、いきなりだとうまくできないっていうか……」

加蓮「へー」

加蓮「さっきのじゃ足りないってさ、Pさん」

奈緒「か、加蓮! 何言ってnーー」

凛「もう一回やれば?」

奈緒「り、りーんー!!」

P「まあまあ、二人ともあんまりからかうな」

P「俺は結構よかったぞ」

奈緒「えっ」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:47:31.23 ID:gOKOXAOSo

P「なんつーか、いい意味でどきどきしたな」

P「癒しとかそういうのはなかったかもしれないけど」

奈緒「そ、それって……」

P「なんでかしらないけど」

P「懐かしい気持ちになったな」

P「いい思いしたわ、ありがとう、奈緒」

奈緒「う、うん」

奈緒「ま、まあ、Pさんがよかったっていうなら……」

奈緒「あたしも、別に、イヤじゃなかったし……」

加蓮「」ニヤニヤ

凛「」ニヤニヤ

奈緒「な、何笑ってんだよ! 二人とも!」

加蓮「べっつにー」

凛「なんでもないよ」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:48:19.41 ID:gOKOXAOSo

凛「それよりいいの? 二人とも」

凛「もうこんな時間だけど」

加蓮「あ」

奈緒「あわわ、やっばい! は、早く行かなきゃ!!」

加蓮「なーんだ、残念」

加蓮「もっと奈緒のかわいいところが見られると思ったのに」

奈緒「そんなこと言ってる場合か! ほら、急ごう!」

加蓮「はーい、じゃーね、Pさん」

P「うす」

P「お気をつけて」


ガチャ


凛「……」チラッ

P「?」


バタン


タタタタ……


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:49:07.77 ID:gOKOXAOSo

ちひろ「……終わりましたか」ヒョコッ

P「うわっ」

ちひろ「0ハグ回避、おめでとうございます」

ちひろ「幸先いいスタートでなによりですね」

P「ど、どうも」

ちひろ「それで、与えられましたか?」

ちひろ「"温もり"とやらは」

P「いや~、どうでしょうね」

P「逆に元気をもらってる側な気がしますね」

ちひろ「完全にもてあそばれてましたしね」

ちひろ「まあ、健全な範囲だったので、不問としましょう」

ちひろ「今後も変なことはしないようにお願いしますよ」

P「あ、はい」

P「そうか、温もり、温もりか……」

P「よし、次こそ主導権をとってみせるぞ」

P「キュートのアイドル、来てくれ~」

ちひろ「……」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:50:01.05 ID:gOKOXAOSo


ガチャッ


未央・茜・藍子「「「おはようございまーすっ!」」」


P「お」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:50:47.12 ID:gOKOXAOSo

P「パッション勢か」

未央「おっはよー、Pさん!」

茜「おはようございます!!」

藍子「おはようございます、Pさん」

P「はい、どうも」

P「お揃いのところ恐縮だけど」

P「今これ、やってるよ」サッ

藍子「……なんですか、これ?」

茜「ふりー……読めません!!」

未央「あっ! フリーハグだ!」

未央「Pさん、これフリーハグのカードでしょ!」

P「ご明察」

茜・藍子「「ふりーはぐ?」」


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:51:26.57 ID:gOKOXAOSo

未央「ん? 待てよ、ということは……」

未央「……ふぅーむ、なるほど、なるほど」

未央「Pさんも、なかなかワルですなあ」ニヤリ

P「なにをいう」

P「俺は純粋な気持ちからだな」

未央「まーまー、いいっていいって細かいことは!」

未央「それで、どうかな? 成果はあったのかな?」

P「まあ、おかげさまで」

P「ご好評いただいております」

未央「おー! いたんだ、やってくれる人!」

未央「え、だれだれ!? これって聞いてもいいのかな!」

P「うん、さっきな……」

藍子「……茜ちゃん、二人が話してること、わかる?」

茜「はいっ!」

茜「まったく!!」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:52:30.12 ID:gOKOXAOSo

未央「ふふふ、茜ちんにわかるよう簡単に言うとね」

未央「Pさんが練習台になってくれるんだってさ」

未央「タックルの」

P「ちょ」

未央「しかも無料で、何回でもオッケーだって!」

茜「!!」

茜「本当ですかっ! Pさんっ!!」

P「ぜってえこうなると思った」

P「落ち着け茜」

P「俺が言いたいのはな……」スッ

未央「あっ、立ったよ!!」

未央「いまだっ! 茜ちんっ!!」

茜「はいっ! いきますっ!!」


茜「うおおおぉおっ! ぼんばーーーっ!!!」


ドムッ


P「ぐふっ」


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:53:29.09 ID:gOKOXAOSo

未央「よーし、あたしも続くぞー!」

P「まって」

P「これ以上はむr」

未央「ぼんばーーっ!!」


ドゴォッ


P「オアアーッ!」


バターン


藍子「わああ! P、Pさんっ!?」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:53:59.48 ID:gOKOXAOSo


―――


P「座れ」

未央・茜「ハイ」


P「聞け」

P「人の話を」

未央・茜「ハイ」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:54:45.83 ID:gOKOXAOSo

P「まず君らのはハグではない、いいね?」

茜「えっ!」

茜「違うんですか!?」

P「あんな殺意をこめたハグがあるか」

P「激しすぎるわ」

未央「はいはい! せんせーじゃあ質問でーす!」

未央「普通のハグってなんですかー!」

P「うん」

P「いい質問だ」

P「そいつをこれから披露しようと思う」

P「そう、俺と――」

P「……」チラッ

藍子「えっ」

藍子「わ、私ですかっ?」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:55:52.44 ID:gOKOXAOSo

P「藍子、そういうわけなんだ」

P「すまないがひとつ、頼まれてくれるか」

藍子「えっ、ええっ」

藍子「といわれても私、そんな、あの……」

未央「ちょちょちょちょちょ!」

未央「まったー! まったまった!!」

P「なにか?」

未央「なにか? じゃないよ!」

未央「私のあーちゃんに何させようとしてるのさっ!」

P「別に俺は何とも言っていないぞ」

P「ただ、頼まれてくれるか? って聞いただけだ」

P「なあ、藍子?」

藍子「え、あの……え?」

未央「あーちゃんダメだよ耳を貸しちゃ!」

未央「これ、Pさんのいつものやり口だもん!!」

未央「こうやって数多の女の子を口説(スカウト)いてきたんだから!」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:56:52.32 ID:gOKOXAOSo

P「ほーう」

P「何か知ってる風じゃないか、未央」

未央「うっ」

P「本当は俺が教えずとも、わかっているんじゃないかね」

P「"普通のハグ"とはいったい何なのかを」

未央「ううっ!」

未央「な、なんて卑劣な!」

未央「あーちゃんを人質に、私たちを脅そうって腹だね!」

茜「?」

未央「あーちゃん! 私の後ろに隠れてっ!」

未央「一刻も早くPさんの魔の手から遠ざけないと!」

藍子「え?」

P「ふふふ……」

P「さあ藍子、こちらにくるがよい……!」

藍子「えっ? えっ?」

茜「?」

茜「??」キョロキョロ


ちひろ(……)

ちひろ(茜ちゃん、完全に置いてきぼりじゃないですか)


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:57:41.77 ID:gOKOXAOSo

P「――と、冗談は抜きにしても」

P「君らのはちょっと、あっけらかんとしすぎてる」

P「ハグってのはもっとこう、慈しみの精神が無いとダメなんだよ」

P「二人きりで、静かで、豊かで……」

未央「な、なんか語り始めたっ」

P「ハグソムリエの俺から言わせてもらうと」

P「全体的に軽いんだよね、君らのスキンシップは」

P「もっと恥じらいっていうか、しっとりした感じがほしいよね」

未央「うわあ……」

未央「ハグを要求するだけでもアレなのに」

未央「シチュエーションにも口を出し始めるとか」

未央「どん引きですよ、未央ちゃんは」

P「この三人相手だと」

P「好き勝手言えて楽だわ」

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:58:37.86 ID:gOKOXAOSo

P「それに実際、ハグには癒し効果があるみたいなんだよ」

P「脳内でオキシなんちゃらとかいうホルモンが分泌されて」

P「幸せな気持ちになれるんだって」

藍子「……幸せ、ですか?」

未央「なるかなー、Pさんとハグして」

P「俺とハグして幸せになるかは、人によるだろうけど」

P「アイドル業は何かとストレスフルだろ?」

P「精神的なケアがやっぱり必要かなって思うわけよ」

P「俺としては少しでも力になりたいわけよ、アイドルたちの」

P「だからできることは何でもしてやりたいのよ」

未央「ほうほう」

未央「たいへんご立派なことですけれども」

P「だろ?」

未央「でもやっぱり、見え隠れしちゃうよね」

未央「Pさんの下心? っていうのがさ」

P「……しゃーない、それは」

P「もはや俺も隠しません! そういうところは!」

未央「うわっ、開き直った!」

P「すべて承知の上で、ハグしてほしい!」

P「ただただアイドルからのハグがほしい!」

P「私からは以上です!」

P「どうじゃっ! 誰か、誰かおらぬかっ!」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 17:59:12.79 ID:gOKOXAOSo

未央「……などと意味不明な供述をしておりますが」

未央「二人とも、いかがかな?」

藍子「……」

茜「あのっ!」

茜「結局、タックルとハグって何が違うんですかっ!!」

P「そこからか?」

P「茜はそこから説明しないとダメか?」

未央「ふふふ」

未央「あんまり響いてないっぽいねー」

藍子「……」

藍子「あの」

藍子「私、少し、興味があるかもしれません」

P「えっ!」

未央「うえっ!?」

P「こ、これは意外なところから……!」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:00:01.52 ID:gOKOXAOSo

未央「だ、ダメだよあーちゃん!」

未央「考えてみてよ? 相手はあのPさんだよ!」

未央「絶対ハグだけじゃすまないって!」

P「俺の評価って基本低いよね」

P「そんなに信用されてないのかっていう」

藍子「あ、いえ、ハグはできないかもしれないんですけど……」

P「へ?」

藍子「さっきのPさんの話、すごく共感するところがあったんです」

藍子「私もよく、"幸せ"について考えますから」

藍子「アイドルとして、どうやったらみんなに幸せになってもらえるかなって……」

未央「あー」

未央「確かにあーちゃんよく言ってるイメージある」

藍子「だから、本当に幸せになる効果があるかどうか」

藍子「興味があって、確かめてみたいんです、その……」

藍子「は、ハグは私にはハードルが高いかもしれませんけど……」

P「……ふむ」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:00:38.30 ID:gOKOXAOSo

P「そういうことなら俺も譲歩しよう」

未央「譲歩?」

P「さっき俺、ホルモンの分泌がどうのって言ってただろ?」

P「アレは別に、ハグだけに限った話じゃないらしい」

P「抱っこするとか肩を組むとかでも同じ効果が得られるんだそうな」

未央「というと?」

P「要するに肌の触れ合いがあるかどうかが大事で」

P「方法はなんでもいいみたいだ」

未央「へー」

未央「柔道の寝技とかでもなるのかな」

P「タックルもそうだけど」

P「お互い敵意がないことが大前提ですからね」

未央「あ、そっか、そうだよね」

P「まあ、だから別にいいよ、ハグじゃなくても」

P「藍子の好きなようにしてくれていい」

P「どうだろう、これで」

藍子「は、はいっ」

藍子「それならなんとかできるかもしれません」

未央「ええー……あーちゃん本気でやるの?」

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:01:09.73 ID:gOKOXAOSo

藍子「ふふっ、大丈夫ですよ」

藍子「未央ちゃんと茜ちゃんにも協力してもらいますから」

未央「協力?」

茜「ですか?」

藍子「じゃあ、Pさんは座ったままで」

P「ハイ」

藍子「こっちのイスお借りしますね」

藍子「それで、みんなで座って輪になりましょう」

茜「輪?」

未央「よくわかんないけど、やってみよっか」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:02:18.06 ID:gOKOXAOSo

――


藍子「……みなさん輪になりましたか?」

P「うす」

茜「はいっ!」

未央「オッケーだよっ」

藍子「そしたら、両隣の人と手をつなぎましょう」

藍子「私はPさんと、未央ちゃんに……」ギュッ

未央「わわっ」

藍子「そしたら未央ちゃんは茜ちゃんとも……」

未央「う、うん」ギュッ

茜「そして最後に私がPさんと手をつなげばいいんですね!」ギュッ

藍子「はいっ、これで輪になりましたね」

P「なるほどね」

P「まあ手をつなぐのが一番ハードル低いわな」

藍子「Pさん、どうでしょう、こんな感じで」

P「当初の目論見からは大きく外れてしまったが……」

P「平和な感じにおさまったんで、まあオッケーです」

藍子「ふふっ、ありがとうございます」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:03:03.12 ID:gOKOXAOSo

茜「それで、これからどうしましょうっ!」

茜「みんなで回転しますか!? それともジャンプしますか!?」

茜「もしくはスクラムを組みますかっ!?」

藍子「あ、茜ちゃん落ち着いて」

藍子「何もしなくていいんだよ」

茜「……何、も?」

藍子「そう、ただ手をつないでじっとしているだけでいいんです」

藍子「そのまま楽にして、ゆったりした時間を過ごしましょう」

茜「楽に……わかりました!」

未央「しっかし相手があーちゃんと茜ちんとはいえ」

未央「ずっと手をつないでいるってのは気恥ずかしいねー」

藍子「ふふっ、私も同じです」

藍子「でもきっと、じきに慣れますよ」

藍子「のんびり静かに、いきましょう」

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:03:31.97 ID:gOKOXAOSo


P「……」

藍子「……」

未央「……」

茜「……」ソワソワ


P(ポジパ+俺で輪になって手をつないでいる)

P(なんかの儀式っぽい)


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:04:25.82 ID:gOKOXAOSo


P「」チラッ

茜「?」

P(……茜、手がめっちゃ熱いな)

P(しかも、がっつり握り返してきてる)

P(どうしよう、手汗かかないか心配だ……)


P「」チラッ

藍子「?」

P(……藍子の手は、小さいな)

P(こっちは茜と比べると控えめで)

P(お手してるみたいな優しい握手だ)


未央「……」ジー

P(対面の未央は――)

未央「……! ……!」パクパク

P(なんか口パクしてきてる)

P(……悪口言われてる気がする)


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:05:07.61 ID:gOKOXAOSo

P「……」

藍子「……」

未央「……」

茜「……」


P「……」

P(確かに、ただ握手するだけでも効果はあるかもな)

P(この状況、最初は違和感しかなかったけど)

P(慣れてくると、藍子や茜と"繋がってる"感が強くなってきた)

P(直接手をつないでいるわけじゃないけど)

P(未央とも通じ合えている気がする……)

P(握手のパワー、すごい)

P(なんていうか)

P(肩から力が抜けていく)

P(そうか、これが)


54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:06:02.42 ID:gOKOXAOSo


P(ゆる)


P(ふわ――)


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:10:54.12 ID:gOKOXAOSo


――――
――


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:11:21.84 ID:gOKOXAOSo


ガバッ


P「はっ!」


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:12:10.12 ID:gOKOXAOSo

ちひろ「起きましたか」

P「お、俺は一体……」

ちひろ「びっくりしましたよ」

ちひろ「Pさん、いきなり寝ちゃうんですから」

P「寝た?」

P「あれ? ポジパの三人は?」

ちひろ「もうとっくに仕事に行きましたよ」

ちひろ「まったく、大変だったんですからね」

P「……状況が把握できない」

58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:12:43.68 ID:gOKOXAOSo

ちひろ「みんなで手をつないでいたじゃないですか」

P「それは覚えてます」

ちひろ「そしたらPさんが船をこぎ始めたんですよ」

ちひろ「電車で寝てる人みたいに首をかっくんかっくんし始めて」

ちひろ「三人ともそれ見て笑ってましたよ」

P「なんてこった」

P「あまりにゆるふわな空間だったもんだから……」

ちひろ「それだけならよかったんですけどね」

ちひろ「Pさん、終いには倒れ込んじゃったんですよ」

ちひろ「未央ちゃんに覆いかぶさるようにしてね」

P「へ?」

59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:14:03.06 ID:gOKOXAOSo

――――――――――――――――――――――――――

未央「ほらほらPさんっ! 寝るなら仮眠室でね!」

P「うむ……む」

未央「ほら立って! 歩ける?」

P「ゆるふわだ……ゆるふわ」フラフラ

未央「あーあ、うわごと言っちゃってるよ」

藍子「だ、大丈夫でしょうか」

茜「私、肩をかしますよっ!」

未央「Pさんでっかいからなー……茜ちんより私がやった方がよさそう」

未央「Pさん、腕こっち回して! できる?」

P「……」

未央「Pさ――」

フラッ

藍子「あ」

茜「あ」

未央「え」

ガバッ

未央「へ?」

P「……」

ギュッ

未央「ちょ」

P「……」

P「……未央」ボソ

未央「」

――――――――――――――――――――――――――

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:14:47.60 ID:gOKOXAOSo

P「やばい」

P「鳥肌立った、やばいやつじゃないですかそれ」

ちひろ「ほんとですよ」

ちひろ「具体的には言いませんけど」

ちひろ「有らん限りの罵詈雑言を吐いてましたよ、未央ちゃん」

P「次会ったとき土下座確定ですね」

P「誠心誠意、謝罪いたします……」

ちひろ「そうしてください」

P「でも、仮眠室にいるってことは」

P「なんだかんだ、ここまで運んでくれたんですね」

ちひろ「三人で頑張ってました」

ちひろ「未央ちゃんもぷんすかいいながら協力してましたよ」

ちひろ「ぽこぽこPさんの肩をたたいてましたけどね」

P「優しいかよ」

P「今度何かおごってやることにします」

ちひろ「そうしてください」

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:15:55.79 ID:gOKOXAOSo

P「とはいえ、意識を失うとは」

P「とんだ不覚を打ちました」

P「アイドルの精神的ケアがどうのと言ってましたけど」

P「本人がこんなになってちゃ世話無いですね」

ちひろ「フリーハグと銘打っておきながら」

ちひろ「ハグされる側が癒されちゃってますからね」

P「面目ねえことです」

P「でも、次こそは汚名返上してやりますよ」

ちひろ「……まだやるんですか?」

P「このままじゃ終われないでしょう」

P「だって、まだキュートのアイドルが来てないんですよ!」

ちひろ「は?」

P「キュートのアイドルが来るまでは……」

P「キュートのアイドルのハグをもらわぬことには」

P「終わるに終われませんよ!」

P「頼む、頼むぞー! きてくれー!」

ちひろ「……」

P「なにか?」

ちひろ「いえ」

62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:16:42.25 ID:gOKOXAOSo


ガチャッ


P「お」


仁奈・薫・千枝「「「ただいまーっ!!」」 でごぜーますよ!」


P「わ?」


63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:17:37.61 ID:gOKOXAOSo

P「年少組か」

P「意外なところだ」

薫「せんせぇ、ただいまーっ!」

P「はいお帰り」

P「三人とも、仕事終わり?」

仁奈「そうでごぜーます!」

仁奈「いっぱいほめてもらったですよ!」

千枝「えへへっ、"良かったよ"って言ってもらえましたっ」

P「ほおー」

P「だいぶ好印象だな」

P「先方にお世話になりましたメール送っとかなきゃな」

仁奈「ぷろでゅーさーもほめてくだせー!」

P「もちろん褒めるぞ」

P「だが今日はちょっと趣向を変えてだな」

P「こういうキャンペーンをやってるんだ、今」サッ

仁奈「んー?」

薫「なぁにーこれーっ?」

千枝「えっと……」

千枝「"ふりーはぐ"、であってますか?」

P「えっ」

P「千枝読めるの」

千枝「あの、意味は分からないんですけど……」

P「すっご」

64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:18:23.51 ID:gOKOXAOSo

仁奈「ふりーはぐって、なんだー?」

P「要するにな」

P「ぎゅーってすることだ」

P「俺は今日だけ、ぎゅーってし放題なんだ」

薫「えっ!」

薫「せんせぇにぎゅーってしてもらえるの!」

仁奈「ほんとでごぜーますか!!」

千枝「……!」

P「もちろんだ」

P「ぎゅーだけじゃない」

P「なでなでだってしてやるぜ」

P「たかいたかいだって、お手の物だ」

薫「わあー! やったーっ!!」

仁奈「ひょえー! ふとっぱらだ-!」

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:19:30.86 ID:gOKOXAOSo

P「さあ、もう言葉はいらないだろう!」

P「全力で来い、二人とも!!」

P「俺の全身全霊をもって受け止めてやる!」

薫「いっくよー! せんせぇっ!」

仁奈「とつげきー! でごぜーますよ!!」


ダダダダッ


ドカーン


P「ウワー!!」


バターン


千枝「あわわ、P、Pさんっ!?」

66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:20:28.85 ID:gOKOXAOSo

P「やられたー」

仁奈「あははっ、ぷろでゅーさーにぶらさがってるですよー!」

薫「せんせぇせんせぇ! かおるもやるー!」

P「よーしっ、薫はこっちの腕にぶらさがるといい」

P「いいかーゆらすぞーほれほれー」ユッサユッサ

仁奈「ひゃー!」

P「こんどは回るぞーほらほらー」クルクル

薫「わぁー! 目が回るー!」

仁奈「ぐーるぐるでごぜーます!」

薫「せんせぇ! もっとやってー!」

P「ふふふ」

P「好評なようでなによりだ……ん?」

千枝「……」ジー

P「……」

67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:21:19.36 ID:gOKOXAOSo

千枝「……あ、あの、Pさん」

千枝「その……千枝……えと……」

P「……千枝」

P「フリーハグはな」

P「"誰でも"ウェルカムなんだ」

千枝「えっ?」

P「老若男女問わず、誰だってハグしていいのさ」

P「人種国籍を超えて、誰もが愛と平和を叫ぶことができる」

P「それがフリーハグの精神だからな」

P「もちろん、千枝だって例外じゃない」

千枝「……!」

薫「千枝ちゃんも、いっしょにやろー!」

仁奈「あったけー気持ちに、なるですよー!」

P「俺の心配ならいらないぞ」

P「三人同時にだって、へっちゃらだ」

P「なぜなら俺は、みんなのプロデューサーだからな!」

千枝「……はいっ!」

千枝「Pさん、千枝、ちょっと大胆になります!」

P「しゃあ!」

P「どんと来い!」

68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:22:11.25 ID:gOKOXAOSo


千枝「いきますっ! Pさんっ!」

千枝「千枝のこと、受け止めてくださいっ――!」




69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:22:44.93 ID:gOKOXAOSo




70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:23:18.69 ID:gOKOXAOSo


――――
――


71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:23:47.89 ID:gOKOXAOSo


P「――終わりよければ、すべてよし」

P「最後のは、文句ないんじゃないですか?」

P「みんな、満足してくれたみたいですしね」



72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:24:31.38 ID:gOKOXAOSo


ちひろ「……まあ、そうですね」

ちひろ「Pさんの言う"温もり"とやら、わかった気がしますよ」

P「ああいうのがやりたかったんですよね」

P「それまでは振り回されてばっかりだったけど」

P「最後の最後であったけえ気持ちになれました」

P「年少組には感謝しなくちゃいけませんね」

ちひろ「企画倒れにならなくてすみましたしね」

ちひろ「結局、キュートのアイドルは誰一人来ませんでしたけどね」

P「……」

P「そればかりが心残りだ……」

P「後一日くらい延長しようかな」

ちひろ「今度はもう許可しませんよ」

ちひろ「本当に今日だけの特別でしたからね」

P「ええー」

P「せっかくこんなプラカード作ったのに……」


73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:25:20.12 ID:gOKOXAOSo

ちひろ「それじゃ、私はそろそろ」

P「あっはい」

P「お疲れさまです」

ちひろ「戸締まりだけはきちんとしてくださいね」

ちひろ「電気はどうします?」

P「消しちゃっていいですよ」

P「机に明かりついてるんで、大丈夫です」

ちひろ「わかりました」

ちひろ「それじゃあ、失礼しますね」

P「……」ジー

ちひろ「……なんですか?」

P「ちひろさん、このフリーハグですが」

P「これ別に、アイドル限定ってわけではないんですよ」

ちひろ「そうですか」

ちひろ「では」


ガチャ


バタン


P「つれねえ」


74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:26:15.93 ID:gOKOXAOSo


――


カタカタ…


カタカタ…


P「なんやかんやあっても」

P「最後は一人か」

P「そんなもんよね」

P「よっしゃ、さっさと終わらせて――」


ガチャッ


P「?」

P「ちひろさん?」

P「忘れ物でも――」


??「――振り向かないで」

??「そのまま、前だけ見てて」


P「」

P「凛、か」


75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:26:54.51 ID:gOKOXAOSo

凛「当たり、すごいね」

凛「声だけでわかるんだ」

P「そりゃお前」

P「何年この仕事やってると……」

P「ってそうじゃない」

P「なんでここに凛がいるんだ」

凛「加蓮と奈緒がうるさくてさ」

凛「私はいいって言ってるのに」

凛「行かなきゃ絶対後悔する、なんて言うんだよね」

P「……」

凛「今日一日、限定だったよね」

凛「……まだ、大丈夫?」

P「……もちろん」

P「お好きなように、どうぞ」

76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:28:17.73 ID:gOKOXAOSo

凛「動かないでね、プロデューサー」

凛「本当にそのまま、前だけ見ていればいいから」

P「うん」

凛「……」

凛「それじゃ」

凛「いくよ」


フワッ


ギュッ


P「……」

P(まさか、後ろからとは)

P(ぜんぜん想像してなかった)

P(こういうの、なんつったっけ)

P(あー、そうだ)

P("あすなろ抱き"、だこれ)

凛「……大丈夫?」

P「うん、大丈夫」

77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:29:15.68 ID:gOKOXAOSo


凛「……」

P「……」


P(凛の顔が、すぐ横にある)

P(長い髪に隠れて、表情は見えない)

P(いい匂いがする)

P(首に回された、凛の腕)

P(結構、力強い)

P(……)

P(静かだ)

P(互いの吐息すらも、聞こえてきそうだ)


78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:29:58.95 ID:gOKOXAOSo


凛「……」

P「……」


ギュー



79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:30:42.84 ID:gOKOXAOSo


凛「……プロデューサー」

P「うん?」

凛「私たちが行った後、どうだった?」

凛「他にも誰か、やってくれる人いた?」

P「……うん、まあ」

P「ぼちぼちだったよ」

凛「何、それ」

P「年少組には好評だったけどな」

P「それくらいさ」

P「まともにやってくれたのは、そんなにだな」

凛「……ふーん」

凛「そうなんだ」


ギュー


P(露骨に力入れてきたな)

80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:31:22.49 ID:gOKOXAOSo

凛「……聞いていい?」

P「どうぞ」

凛「なんで、こんなことしようとしたの?」

P「……なんでだろな」

P「半分は下心だろうな」

P「現役アイドルからハグもらえたら、うれしいだろ?」

凛「そう?」

P「そうさ」

凛「今も?」

P「今も」

凛「……そっか」

凛「残り、半分は?」

81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:32:02.56 ID:gOKOXAOSo

P「後は、三割くらいウケ狙いだよな」

P「セクハラだのいわれるのも、想定内だったし」

P「ちょっと面白いかなってさ」

凛「……」

凛「後は?」

P「残りは、そうだな」

P「他は全部、純粋な気持ちからだよ」

P「"温もり"なんつーもんが本当にあるかは怪しいところだけど」

P「もしハグすることで、少しでも誰かの救いになるのなら」

P「やってみるのも悪くないなって思ってな」

凛「……」

凛「効果は、あった?」

P「……」

82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:32:41.52 ID:gOKOXAOSo


P(真っ暗な事務所の中)

P(俺と凛だけがぼんやり照らされている)

P(辺りは静寂)

P(物音一つしない)

P(二人だけの空間)

P(だけど、不思議と寂しさはない)

P(まあ、これはきっと、そういうことなんだろうな)


P「効果は、あったよ」

P「なんとなく、だけどな」


83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:33:31.80 ID:gOKOXAOSo



P「――なんとなく、優しい気持ちになれた気がするよ」




終わり


84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:34:55.95 ID:gOKOXAOSo


PCSにおかれましては、皆様の脳内で補完していただきたく……


html依頼してきます

85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 18:39:39.71 ID:iwrAvAoso
なんだよこの気持ちは
すごく言葉に表せない幸せな気持ちだ
おつおつ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「フリーハグだァッ!! ぐへへへへ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501230119/


コメント
7800: 2017/07/29(土) 03:22
オタクの大好きな2大キモ表現の1つ、「あすなろ抱き」がまたもや…
もう1つは、「月が綺麗ですね」
7806: 2017/07/29(土) 12:44
キモオタってなんにでもかみつくよね
↑みたいに
7811: 2017/07/29(土) 23:02
あすなろ抱きの初出は漫画だけど、ドラマで世間に広まった事時に漫画の名前から取られた事を知らないガキがいるとはな・・・
7871: 2017/08/05(土) 23:39
あすなろ抱きは良いよ。するのも、されるのも。
機会があれば、体験してみることを勧める。
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19291-2f970b84